Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月21日 交流戦対中日第04回戦(ナゴヤドーム)●

一昨年・去年とは全く逆の、辛く苦しかった今年の交流戦・・・。


いろいろな(希望が見えない)出来事も沢山ありましたが、それも今夜が最後



こんな成績で言うのも大変烏滸(おこ)がましいことですが、




「終わり良ければ全て良し」




最後は何か一つでも「希望」を見せてもらって、公式戦再開に臨みたいものです・・・


・・・でした・・・・・orz



090621a (1) 





今日も今日とて、初回で試合の大勢は決まったも同然


090621a (2) 


こちらがチャンスを悉く潰すのとは対照的に、ドラゴンズは着実に先制点を挙げます。



090621a (3) 


まさか初回から満塁ホームランを浴びるとは・・・・・絶句。


あの完封勝利が懐かしい、若き万年エース候補筆頭の平野佳くんでした。












希望らしきものが見えたのは、ようやく7回になってから。


お酒は二十歳になってから。




2アウトまでは昨日同様に逆完封ペース


ところが、ここからヒットが連なりました・・・・・。


辻っちゃんとコージ、どちらも久々のヒットでした!



そして、ここの場面で、長打力のある良太に代えて代打が告げられました。



打席に向かったのは、キタガーでもなく、一輝でもなく、塩Zでもなく・・・。



最も打率の低い
おぜりん
でした。



正直に申しますと 「えっ!?・・・(絶句)」 


我が耳を疑いました(汗)




がっ!!!



090621a (4) 


「私にはわかっていました」 でお馴染みの○宮氏ばりの先見性を見せたのは、栄二さまか、大ちゃん監督さまなのか?



起用する方もする方なら・・・。


2試合連続の完封を阻止したばかりか、僅か1点ながらも終盤の逆転に一縷の望みを繋ぐ3点差に迫るタイムリーを放ち、見事に期待に応えた起用された方もされた方


プロの凄み、というものを少し垣間見た気がしました。





しかし、そんな気持ちの良い時間など最下位チームに長く続くはずもありません・・・・・。




逆転許すまじ!



1点を返した直後、お約束の中継ぎ崩壊・・・orz



れすたあが一瞬にして試合を、希望を、木っ端微塵に破壊する4失点。





それでも、8回にはグレちゃんの、久し振りのHR(2ラン)が飛び出しました!


090621a (5) 


ホームランも久し振りなら、チームとして諦めない気持ちが伝わったのも久し振り。


090621a (6) 


交流戦の最終戦で、意地のホームラン


そういえば、タフィさんとアレちゃんを埋めて、主軸としてそれなりに最後まで頑張ってくれたのは、病み上がりのグレちゃんでした。


私は、個人的には今年の交流戦のチームMVPを、きんこくんコージと並んで、贈りたいと思っています。



無理矢理ではありますが、終わり良ければ全て良し・・・




ここ名古屋に、交流戦の悪い思い出は全て捨ててしまいましょう。


そして、気持ちを切り替えてリーグ戦に新たな気持ちで臨みましょう。



もし、それがチーム浮上のきっかけにでもなろうものなら・・・・・。



尾張良ければ全て良し」



Bsファン語り草となるやも知れませぬ。






ドラゴンズで目立った選手は、このお方


090621a (7) 


第4打席まで全てヒットの4安打!



ほんっとに・・・・・。


いいバッターですねぇ。




しかし、第5打席のヒットは、カーゴエ前会長が身を挺して阻止!!



四球で・・・ (笑)






オリックス・バファローズの今後の日程です。


090621a (8) 


Bsファンしか、気が付かないのが悲しいです・・・・・。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/765-5c95de1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。