Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月8日 交流戦対広島東洋第04回戦(尾道しまなみ)●
サプライズで「行ってやろうか」と思っておりましたが、仕事が忙しくて断念・・・。


残念・・・。




ちょっとサボります。


記録のみ。


090608 (1) 





ただ、昨日の廣島遠征の模様は、


その壱


その弐


ともに、更新完了しました。











 尾道しまなみ球場でのC4回戦。

Bs打線は初回、2番小瀬の四球、3番大村の左線2BH、4番ラロッカの四球で1死満塁のチャンスを迎えると、5番フェルナンデスが犠飛を放ち1点を先制する。

先発のマウンドには山本が上がる。先制点をもらった山本は、序盤走者を出すものの要所を締め、まずまずの立ち上がりをみせる。

しかし中盤4回、3連打で同点に追いつかれると、後続にも2点適時打を浴び逆転を許してしまう。

結局山本は、先発4回、6安打、3失点でマウンドを降りる。

 2点を追う打線は5回、7番塩崎、8番大引の連打で1死1・2塁のチャンスを作ると、1番坂口が右中間を深々と破る2点適時2BHを放ちすぐさま同点に追いつく。


090608 (2) 


 5回以降7回までBsリリーフ陣は、2番手川越、3番手香月が無失点に抑えるものの、8回4番手菊地原が安打と失策などで1死1・3塁のピンチを招くと、適時打を浴び勝ち越しを許してしまう。


090608 (3) 


さらに5番手大久保が与四球で2死満塁のピンチを招くと、6番手清水が2点適時打を浴びリードを広げられてしまう。

 9回、何とか反撃したい打線は、1死から塩崎、大引の連打で1・2塁のチャンスを作ると、代打北川の右前適時打で1点を返す。


090608 (6) 


090608 (7) 

090608 (8) 

090608 (9) 


しかし、1・3塁から坂口が犠飛を放ち1点差に詰め寄るものの反撃もここまで。

中盤、終盤と打線が反撃をみせるが、あと一歩届かずCに連敗を喫した。





 これで6連敗となったBsだが、明日の移動日を挟みホームでの巻き返しをはかる!!


◇ 大石 大二郎 監督

「最後は上手く繋がったんですが・・・。次に繋がる攻撃であってほしいですね。

切り替えて、明後日からがんばるしかないです。








090608 (4) 


090608 (5) 


緒方さんの歴史の1ページを共有できたことは、これからの宝物となるでしょう!


おめでとうございます。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/757-6ec4b798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。