Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月8日 OP戦第10戦 対東京ヤクルト戦(大阪(の)ドーム)
今日のドーム内のお天気は・・・・・。


晴れのち雨


ところにより暖かな日差しが差し込むこともありましたが、全般的にヒットの雨に打たれました



OP戦なので試合の勝ち負けは二の次だというのは無論、わかってはおりますが・・・・・。


もし今日勝っておれば、通算成績は 4勝4敗2分け となり・・・・・。


魅惑の・・・・・。



GO・WA・RI



を胸に、久々に嬉しくて眠れない夜を過ごすことができたところでしたのに(泣)





こうなったら、悔しさを心に秘めて・・・・・。



叫べ!


Go! War! I!

(行け!戦いのまっただ中へ。俺!)





 Bs 3 - ⑦ Swallows


    スコアはこちら


080308 (1)




オリックス ラロッカが2ラン放つ

 オリックスの中山は5回3失点。球の切れがもうひとつで不安を残したローズ適時二塁打ラロッカ2号2ランを放ってともに順調な仕上がりを印象付けた。ヤクルトの館山は4回3失点で、立ち上がりの制球に課題。

 ≪ローズ打ってラロッカ続く≫
期待のトリオが調子を上げてきた。1回2死二塁。ローズが左中間へ、変化球をすくい上げる技ありの適時二塁打。続くラロッカは「シーズン中に取っておきたい当たりだよ」と自画自賛する2号2ランを左中間席に運んだ。
 
昨季チームを引っ張った2人と、新加入のカブレラが中軸に並ぶ打線は脅威だ。最下位脱出の鍵を握る3人は「開幕に照準を合わせて調整している」と口をそろえる。オープン戦初打点を挙げたローズは「センター方向を意識して良い感じで打てた」と言い、ラロッカも「1試合ごとにフォームを考えながら積み重ねてきた。調子は上がってきている」と順調な仕上がりを感じ取っている。
 カブレラも7日に古巣の西武相手に初本塁打を記録し、この日の第2打席では中前打を放った。長年の経験で培った調整方法に狂いはなく、トリオのスイングは日増しに鋭さを増している



080308 (2)


080308 (3)


080308 (4)


080308 (5)





迎が開幕スタメンへ前進

 昨年のウエスタン3冠王で9年目のオリックス迎祐一郎外野手(26)が、初の開幕スタメンにまた1歩前進した。オープン戦初の2番起用にこたえ、初回は2ストライクと追い込まれながら粘って四球出塁。その後二盗も決め、4番ローズの左越え適時二塁打で先制ホームを踏んだ。「自分なりに2番の役割にトライしました。開幕1軍ではなくレギュラーで出ることしか考えてません」。8回には五十嵐の速球をはじき返す左中間二塁打で、打率を3割9分1厘とした。コリンズ監督は「2番の迎を見たかった。3、4、5番の前に塁に出る選手が欲しいからね。疑いなく高い評価をしている」と絶賛した。


080308 (10)





080308 (6)


080308 (7)


080308 (8)


080308 (9)


080308 (11)



オープン戦では珍しい9連戦明日が最終です。

それが終われば、関東への旅立ち。

次にホームで見られるのは、既に開幕後となります。



今年1回目の、 「終わり良ければ全て良し」 が見たいです(笑)



大西くんの元気な姿も見られると良いと思うのですが、実は大西くん横浜移籍後初ヒットが未だ生まれていないようです・・・・・。



何とか頑張ってもらいましょう!



(どっちに?)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/633-537a9912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。