Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月12日 対東北楽天22回戦(仙台宮城(の)球場)
遥かなり、4連勝・・・。 遥かなり、5位・・・。

勝てば久々の最下位脱出、しかも状況によっては一気に4位の可能性も!


大一番の真っ只中にあって、プレッシャーに押しつぶされてしまったのでしょうか?


優勝争いのプレッシャーも同じような感じですか?


前半から守備でのミスが頻発・・・。

遣らずもがなの失点を重ね、3点のリードは儚くも夢と共に散りました・・・。


最下位脱出に向けて、ここが正念場です!


・・・・・orz





Bs  - 6× Eagles

   スコアはこちら 



070912 (1)



楽天が6度目のサヨナラ勝ち

楽天が今季6度目のサヨナラ勝ち。3点を追う7回にフェルナンデスの21号ソロと高須の右前打で1点差とし、8回に鉄平の右前打で同点。9回一死満塁から山崎武の遊ゴロの間に決勝点を挙げた。
オリックスの連勝は3でストップ。




今日は、タケシに始まり、タケシに終りました。

ただし、バットではなく決して速いとは言えない 「足」 で(泣)


本当に、止ーまーらなーいぜー、でした・・・。



先制された4回は、平野佳くんワイルド・ピッチで先制点を許し・・・。


070912 (2)


その直後、今度は二盗のランナーを挟んだは良いものの、三塁ランナーの本盗に気付かず、2点目を献上してしまいました・・・。

ホームに滑り込んだのは、タケシでした・・・。



しかし、5回に一気5点を奪い早々と逆転

この時点で5対2と3点のリードがあったので、最下位脱出は時間の問題かと思われました。



しかし、7回に2点を返されて1点差に迫られました。



8回からは本やんがマウンドで、3番・しょーとさんと4番・タケシを続けて打ち取り、2アウト


いよいよ勝利がぐっと近付いたと感じました。



しかし、ここで何故かトシオさんがマウンドへ・・・・・。


次打者は右のほせさんでしたから、もちろん交替はなし。



何の用事だったのでしょうか?



070912 (6)



この瞬間から、勝利の女神に完全に見放されてしまいました・・・・・。



本やんは、ほせさんにヒットを浴びて降板。

替わった省吾連打を浴びて、遂に同点に追いつかれてしまいました



流れは完全にイーグルスに傾いてしまいました。




9回・・・。 ミスが重なり1アウト満塁

打者は、タケシという絶体絶命のピンチです。




今度は、守備体形を徹底させるため、コリンズ監督様が自らマウンドへ。


070912 (3)



タケシが打った打球は、センター寄りのショートゴロ!



これで、ゲッツー! 最高! と叫んだ瞬間・・・・・。

時間が止まり、記憶が飛びました・・・・・・・・orz





光尊様バック・トスが、右方向にずれてマサヒロ捕球するのがやっと

070912 (4)


マサヒロ、懸命に一塁へ送球しますが、時既に遅し

070912 (5)


先制点とサヨナラ決勝点
は、どちらもタイムリーやホームランではなくて・・・

痛い痛い、守備でのミスが絡んでしまいました。



見る人が見たならば、きっとこう言われることでしょう・・・・・。


「だから最下位なんや。」


ねえ・・・・・仰木さん



さて、今日はいつもよりほんの少し早く寝て嫌なことは綺麗さっぱり忘れることにいたします(笑)



ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/569-11cc6288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。