Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月12日 遂に!嬉しいけど、1年前ならもっと良かったのに。

この日が来るのをどれほど待ち望んだことでしょう!

でも、1年遅かったです・・・。

もう1年早ければ・・・。


残念ではありますが、ファンとしてようやく正式に決定したことを心から喜び合いたいと思います!

・・・今でも根強いファン沢山おられます。




ねっ!阪急ブレーブス・ファンの皆様!!



・・・・・何か文句でも!?(笑)


舞い上がってしまったのはこのニュースのせいです。


故梶本氏と松永氏が殿堂入り

野球殿堂入りを決める野球体育博物館の競技者、特別両表彰委員会は12日、競技者表彰として元阪急(現オリックス)投手の故梶本隆夫氏、特別表彰として1984年ロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した野球(公開競技)の日本代表監督だった松永怜一氏(75)の殿堂入りを発表した。殿堂入りは計161人となった。

梶本氏は阪急の低迷期に快速球左腕として活躍。通算で歴代3位の867試合に登板し、254勝255敗。1957年の9連続奪三振はプロ野球記録。シーズン20勝を4度マークしながらタイトルとは無縁で「無冠のエース」としても知られた。引退後は阪急の投手コーチを経て、79、80年には同監督を務め、昨年71歳で死去した。

松永氏は65年に母校の法大監督に就任し、田淵幸一氏(元ダイエー監督)、山本浩二氏(前広島監督)らを育て上げ、東京六大学リーグで6度優勝した。社会人野球の住友金属を率いては日本選手権で2度優勝し、ロサンゼルス五輪の日本代表を指揮して金メダルを獲得した。その後は日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化本部長などを歴任した。

競技者表彰は、プロ野球取材経験15年以上の記者による記名投票(10人までの連記)で有効投票総数の75%(今年は229票)が当選必要数。故梶本氏は261票を獲得した。

表彰式は7月20日のオールスターゲーム第1戦(東京ドーム)で行われる。



Wall  of  Fame .

梶本さん!

球歴


毎年、毎年、次点に泣いていた梶本さんでした。

競技者としての実績は申し分なし。

高校時代

18歳でオールスター

強力な打撃も伝説

暗黒時代を支え続けた左腕


また指導者としても、老若分け隔てなく慕われる人望の厚さも申し分なし。

監督時代


なのに永年、後一歩のところで「殿堂入り」を逃し、いつしか「球界の七不思議」の一つとして数えられるようになりました。

そして昨年、まだまだこれからという時に、天に召されてしまわれました・・・。

球場全員で黙祷を捧げました


私自身は「ヨネ・カジ」世代ではなく「ヤマ・ヤマ」世代ではありますが、監督や監督代行、コーチや解説者時代の温厚な笑顔と優しい語り口は、今流行のまさに「癒し」そのものでした。

現役時代を知らない世代ではありますが、私はファンになって以来、ずーーと大好きな方でした。(米○さんよりも・笑)

追悼のセレモニー


できることなら、「殿堂」に飾られる自らのレリーフをその手に抱いて、満員の観衆の喝采を浴びて欲しかったと心から思いますが、もうそれは叶わぬ夢と終ってしまいました。

そのことに対する悔しさを消すことはできませんが、本来ならばとっくに選ばれても何ら不思議ではない「偉大なる勇者」の殿堂入りがようやく叶ったことは、素直に喜びたいと思います。

優しい笑顔が忘れられません



そしてまたいつか、東京の野球博物館内の「野球殿堂」へ梶本さんを訪ねてみたいと思います・・・。



(次に殿堂入りを目指すのは我らのヒデジ@ちゃーさんですね!)

殿堂入りがまだなのは・・・




余談ですが、「故梶本氏と松永氏・・・」の文字を見て思わず飛び上がって天井に頭をぶつけた阪急ファンは、私だけではないでしょう(爆)

本当ならあのお方も将来は・・・・・。いや、ここでは止しましょう

通算2000本安打」を先日見事に達成されたあのお方勇姿は、来週大阪(の)ドームで約10年振りに拝見することができます!

私の心の中の永遠のヒーロー


今からドキドキしています(笑)

とっても楽しみです!

最後のミスター・ブレーブスのあの方の阪急・オリックス時代の背番号を引き継いだのは、最後のミスター・ブルーウェーブ藤井さんでしたね!



その栄光の背番号は「8」でした・・・・・。



そして今日、その「8番」のBsでの後継者の退団が正式に決まりました。

スルーしようと思いましたが、間違いなく昨シーズンは我々とともに戦ってくれたBs戦士でした。

良くも悪くも強烈なインパクトを与えて、Bsを去ることとなった中村選手・・・。

今までの活躍に感謝を込めて、その最後の姿をお伝えしたいと思います。


ノリ決裂、トレードか自由契約へ

オリックス中村紀洋内野手(33)の退団が12日、決定した。この日、午後4時半から中村と球団が最後の交渉を行ったがこれまで同様、妥協点を見いだせず、決裂した。今後、球団はトレードを探り、成立しない場合は自由契約にする。

退団を伝えるニュース

違う球団で手を挙げてくれるところがあれば

今度は


今季はどこのユニフォームを着ようとも、「今度は命を懸けてまでプレーをしたいと思います」という言葉を忘れずに頑張ってほしいと思います。


遂に、ブログ上でしか語られることのなかった「ファンを想う気持ち」・・・。

近鉄時代から中村選手を愛し、応援し続けた方々の気持ちを思うと、最後の一言くらい「ファンへの感謝の言葉」を聞かせてあげてほしかったなぁ、というのが私の正直な気持ちです。

もぎたてさんの印象的なお顔
(もぎたてさんもお疲れ様でした)

1年間、ありがとうございました!

これで長かった「W中村の1年」が終わりました・・・。



この交渉の前には、未更改で交渉中であったダカヒーの4回目の交渉がありました。


オリックス日高、保留も残留宣言

オリックスからFA宣言した日高剛捕手(29)が12日、ようやく残留を宣言した。辻口信良弁護士(59)ら「チーム日高」の3人の代理人が大阪市の球団事務所を訪れ、宣言後4回目の契約更改交渉。冒頭で同弁護士は「残留させていただきます」と球団に伝えた。ただしFA宣言前の2年1億6000万円より低い条件を提示されたもようで、同弁護士は保留。同弁護士は「きょうはまとまっていません。あとは球団に聞いてください」と言葉少なに話した。(金額は推定)


こちらは何とか契約がまとまりそうですね・・・。


一安心。


代理戦隊「ベンゴシジャー」の3戦士の合体アタックも実らず、査定担当怪人の軍門に下りました。

でも、これ以上の長期戦闘銭闘になると「退団する?」と思われるので仕方がありません・・・。

球団は、確かに「大砲」を一門失いましたが、それを上回るもっと強力な「抑止力」を手に入れたのかも知れません。


この調子塩Zひらりんも、抜いた刀は元の鞘に収めさせられることになるのでしょうか。

ファンにしてみると、早くすっきりと全員の「鼓動を一つに」してほしいと願うばかりです。

あと約半月でキャンプ・インですよっ!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「今度は」命を懸けて…
 この会見のニュースはまだテレビでは見ていませんが、このブログでフォントの色を変えてあるように、私も、この言葉の「今度は」には突っ込みを入れたくなりました。「今度も」ではないのですね(苦笑)。

 まあ、いいでしょう。それにしても、思い入れが失われたせいでしょうか、ノリの「命を懸けて」という言葉が何とも空々しい。不誠実だと感じてしまったノリを許せるには、しばらくの時間が必要な私です。

 ところで、塩崎はこの決定を待っていたのかもしれません。ゲームにたくさん出なければお金がもらえない世界ですから、「ノリがいなければ」と願う意識があったとしても、プロとしてはおかしくありません。ノリ退団の決定を受け、日高とともに早く残留契約が進むことを願っています。
2007/01/13(土) 00:37:36 | URL | monkey #q32Ak39U[ 編集]
やはりわたしだけじゃなかった
どうも。
私も晩年の3年だけですが、阪急ブレーブスファンとして、喜ばすにはいられませんでした。
梶本さんは、コーチ、解説としてしか知りませんが、阪急、オリックス一筋の貴重なOBですよね。
しかし、まあエライ貴重な古い画像をお持ちですよね(笑)

梶本さんの殿堂入り以上に一瞬宙に舞ったのが、これまた北摂さま同様、松永氏
一瞬の夢を見させていただきましたが、十数年後くらいには夢じゃなく(以下略)
私がファンになった86年は、山田、福本が晩年を迎え、松永、石嶺が中心選手に世代交代が徐々に始まった、一番思い入れのある選手でした。
しかしまあ、某新聞社も我々阪急ファンに対してイタズラな見出しの書き方をしてくれますなあ。

中村選手。
昨年の甲子園での逆転ホームラン。
サヨナラ負けしたけど、あのホームランが一番印象に残っています。
本当に燃えました。
今年も燃えさして欲しかったのに残念です。
2007/01/13(土) 01:01:56 | URL | 外野自由席 #-[ 編集]
梶本氏と松永氏
私はよく存じ上げませんが
梶本氏が昨年お亡くなりになったのは知っていました。
そうですね・・もう1年早ければご本人もさぞかし喜んだことでしょうに・・。
今頃は天国で祝い酒でも召し上がってるんでしょうか^^
松永氏の「辛く苦しいときもあったが、乗り越えてきて良かった。 」の言葉にグっとくるものがありました。
本当に良かったですね^^

>ノリ
ファンのことなんて考える余地はないんでしょうね。まぁ、せいせいしました。
どこに行くか知りませんが「今度は」命懸けでプレーしてください。ってとこですね。
2007/01/13(土) 01:28:30 | URL | myu #oV14fCc6[ 編集]
あと半月でキャンプイン!
1.そう言われてみれば、確かにもうすぐですね。コリンズ新監督がどんなチームを作っていくのか...今年は特に楽しみです!
2.しかしまだ保留者が数人。今年は査定が一層厳しく(フロントが数枚も上手?)なった感はありますが...本当に早くすっきりした形で(プロ野球の)新年を迎えたいですね。
ただ厳冬の交渉で選手のモチベーションがかなり下がってしまっている気がしてならないのですが...(フロントにはキヨまでとは言わないがある程度どんぶり交渉で入団したくなるような球団を目指して欲しいです)
3.ここ数日書き込みをスルー(笑)していたのですが、決定したのでノリについて
本当に言いたい事は皆様にお任せして...天邪鬼な私はあえてエールを送ります。
ノリは最後のいてまえ戦士でした。ただ、合併によってノリの理想とする球団ではなくなってしまったのです。球団の顔を簡単にトレードに出し、選手には全力プレーをしなくていい。皆勤賞を目指す「サラリーマンたれ」とでも言いたげな交渉。
方向性が感じられにくい球団運営。
ノリのいる(近鉄)バファローズは死んでしまったのです。
戦士たるノリには我慢できなかった事ばかりだったでしょう。球団のイエスマンしか契約してもらえないのですから...
残念ながら年俸が少しだけ高かったようでした。悪役になるべきの代理人が仕事をしなかったようでした。
本当なら一発更改で「来年取り返す」程の活躍をしてほしかったです。
最後のいてまえ戦士「中村紀洋」ありがとうございました。我々はいい夢をいっぱい見る事もできました。
新天地でもその「いてまえ魂」を持って頑張って欲しいそしてオリフロントを見返してやって欲しいと思います。

長々とすみませんでした。(ミッドナイトハイ)と言う事でお許し下さい。
ここ最近のノリの行為には全く同意できませんし他の方の意見と同調する事大なのですが、彼も合併被害者の1人。あまりにも叩かれ過ぎなのではと...
近鉄を背負った功績は決して忘れません。
最後に一言

「フルスイング」「フル出場」ですよ!!!
2007/01/13(土) 02:33:15 | URL | T.ポリマー #-[ 編集]
梶本さん~
野球殿堂入り、おめでとうございます!
お亡くなりになってからの殿堂入りだったのが少し残念ですが、空から見られていると思いますよ~☆

>中村紀選手
公傷を認めてもらえなかったのが決裂の要因みたいですね。代理人を使わずに自分で話し合いを進めていった方が早く解決できたのではと思います。
近鉄ファンの私は中村紀選手の発言に内心ヒヤヒヤしてました。時と場合をわきまえて発言せなアカンよって思ってました。
退団になりましたが、「野球をやりたい」と言う気持ちをふまえて初心に戻って、プレーで頑張って欲しいなと思いました。
私はトゲのあるコメントした事あるので偉そうに言えませんが、中村紀選手、もう一度輝いて欲しいです!

今日は寒くなる予報だったのに穏やかになりそうですよ~。
元気出していきましょ~う♪
2007/01/13(土) 08:02:46 | URL | ぺん #-[ 編集]
>monkeyさま!
>今度は

勢いで「は」と「も」を間違えただけなのか、あえて「は」と言ったのか・・・。

真意はわかりませんが、Bsのノリ・ファンの方には心に突き刺さったことでしょうね・・・。

最後も多くの方の名前を出していましたが。

「平野の力になれなかった」

「代理人は必要なかった」

「清原に感謝」

「働き場所が決まれば仰木さんの墓前に」

やはり「ファン」に対しては何もなかったのは残念です。

でも、新天地では活躍は祈ります。


残りの未更改者の契約も拍車がかかることでしょう。


2007/01/13(土) 11:53:07 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>外野自由席さま!
やはり一瞬、空中浮遊されましたか(笑)

彼が今も大嫌いな会社が保有する球団を応援している身ではありますが、今なお大好きな選手です!

マスターズ・リーグで初めて見ることができそうで、興奮しております!

>甲子園での逆転ホームラン

一緒に見てましたね(笑)

私が見た数少ない貴重な「驚弾」でした。

新天地での活躍は祈ります。


2007/01/13(土) 11:53:35 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>myuさま!
>天国で祝い酒

そうですね!私たちは寂しいのですが、仰木さんには飲み仲間が増えて喜んでいたりして(笑)

>「今度は」

皆さん、やはり気にされてますねぇ(汗)

新天地では活躍は期待はします。

「は」の使い方って、深いですね(笑)



2007/01/13(土) 11:54:07 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>T.ポリマーさま!
>ミッドナイトハイ

まず、これに大変驚きました(笑)

長文、本当にありがとうございました!


プロ野球の「迎春」の為のいろんな準備が一気に進むような感じです。

ただ、選手にとっては「厳しい」球団と映っていることでしょう。

選手が「愛着」とか「チーム愛」を持って欲しいと願ってはいるのですが・・・。

私もモチベーションの低下が気になります。

しかし、新選手会長を中心にチームは良い方向へ必ず変わると信じたいです。

>あえてエール

ノリについては、是非復活して欲しいとの思いは私も昨年から持ち続けていました。

これからも、元Bs選手として他球団に行かれても見守りたいとは思っています。

私以上に、元近鉄ファンの方の傷心は比べものにならないことと思いますが。

今回のことで悲劇のヒーローになったかも知れないので、所属チームさえ決まればチャンスはあると思います。

ただ、故障したら「無理せずに休みなさい」と強く言えるチームでないと、また「公傷問題」は繰り返されるはずです・・・・・。

それを次の球団がどのように対処し、ノリがどのようにオフに振舞うのかは非常に興味があります。


>オリフロントを見返して

ただ、中傷は聞きたくないものです・・・・・。キヨのG批判のように。

ノリ対キヨの因縁のマヨソース対決で盛り上がるといいですね。


2007/01/13(土) 11:54:53 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>ぺんさま!
>お亡くなりになってから

それが今回の選定の「大きな要因」になったのかと思うと皮肉です・・・。

私も空の上で喜ばれていると思いたいです。

>公傷

最後に「平野恵一の力になれなかった」というのはいらない一言だったように感じます。
そういう一言で、随分ファンの印象が変わっていったような気がします。

「代理人任せにしなければ良かった」というような発言も正直驚いてしまいました。

>初心に戻って

そうですね。野球選手に最も大切な結果で勝負してほしいと思います。そしてプロセスでも感動させて欲しいと思います。


2007/01/13(土) 11:55:22 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/13(土) 16:18:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/359-b0ab9ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東京ドームシティーに行ってきました。
2007/01/13(土) 22:33:26 | 風に流され・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。