Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月22日 関東遠征記~永遠のサンクチュアリ!?編

今夜は、とある飲み会があり(野球関係ではありません、念のため)大阪・梅田のハービスPLAZA ENTの、あるお店へ。

美味しい料理とお酒。

そして久し振りにお会いする方々との楽しいひと時を過ごし、いい気持ちで帰宅して、さらに気持ちのいいニュースでも(笑)といつものようにネットの波に揺られておりました・・・。


すると!!


オリ清原、今季最終戦あいさつ欠席へ

今季最終戦(27日楽天戦、スカイマーク)で行われる恒例のファンへのあいさつに、出場選手登録を抹消されて左ひざ治療中のオリックス清原は欠席することになった。20日、中村監督に確認を行い、同監督は「無理はしなくていい」と治療を優先するように伝えた。

・・・・・・・。

やはり、監督より権限が上のGMは必要ですね。

誰か替わりに言えないんでしょうか?

まだ、一週間も先のことだよ。」と。

スタメン・ファーストで試合に出ろ、って言ってるんじゃないよ。」と。

たかがファンの前に姿をあらわすだけのことが『無理すること』かい?」と。


私が監督なら、一言。

最後ですよ。這ってでも出なさい」・・・・・。



そんなこと、言える訳ありませんよね・・・・・。

きっと、他にも特別な理由があるはずなんですよ。

来季私達の為に、今も死に物狂いで左足の治療に取り組んでいらっしゃるため忙しくて時間が取れないのですよ。だから欠席も、実は「私達ファンのため」なのですよ。

また、先の大阪最終戦でも欠席でしたから、神戸にだけ出ると不公平ですもんね!

・・・きっと、そうに違いありません

ちょっとお酒の勢いで、くだらないことを口走ってしまいました。お許しください。

でも、このニュースは何よりもファンを大切にされてきた仰木さんですら誤解されるかも知れませんので、お耳にだけは、絶対に入れないでいただきたいと切に望みます。


もう、酔いはほとんど完璧に覚めました

お蔭でブログ更新作業も、はかどりますわ(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


またまた、時間軸は無視してのアップです。ご了承願いまする(笑)



関東遠征記 ~ 永遠のサンクチュアリ!?編


関東遠征初日、9月16日です。

今回の遠征において最も悩んだのがこの問題でした・・・。

ここまで私はブログを続けるうえにおいて、現地観戦、テレビ中継観戦、そしてどんなに遅く帰っても録画した映像には必ず目を通して(最後まで目が開いていたか閉じていたかは別として・汗)全試合観戦してきました。

しかし、今回の遠征ではどうしても「行きたい場所」がありました。

そこへ行くと、デー・ゲームのBs対ライオンズ第19回戦物理的に見られなくなってしまいます・・・。

大いに悩みました・・・。

しかし熟考の末に導き出した答えは、試合観戦を諦めてもそこへ行く」ことでした・・・。

よく考えたら、オープン戦は放送がなかったので見ていない試合も多かったことを思い出しました(笑)

残念ですが、1試合は涙を呑むことにしました。

しかしその日の夜、同じホテルに宿泊されていた観戦仲間のAさま(仮名)が私の為に試合の詳細を綴っていただいたテキストと画像をくださいましたので、完璧に試合を見た気にさせていただきました(笑)。本当にありがとうございました!

そこまでして、私が行きたかった場所というのは・・・。

正確に言えば、「帰ってきたかった場所」・・・。

私は2度目ですが、前に訪れたのはかれこれ17・8年近く前になるでしょうか?

私は「いつか再びこの場所へ帰る」という過去の自分自身との約束を果たす為に、そこへ向かいました。

東京ドーム

案内

その場所とは、純然たる日本プロ野球ファンのメッカ

正面入口

野球体育博物館」及びその中にある誉れ高き「野球殿堂」です。


海の見える小高い丘の上にポツンと建つ、ともに青春時代を過ごした今は亡き彼女のお墓。とか想像していた方、ごめんなさい

野球馬鹿が試合をほっぽらかしてでも行きたい場所といえば、ここ以外にどこがありますか!?

帰って参りました。 I’ll be back! の約束どおりに。


前回に来た時とは、さほど大きく様変わりはしていません。嬉しいことです。

しかし、新たな展示物は当然増えていました。

ウイニング・ボール

WBCは今年が第1回目ですからね。

そのウイニング・ボールやメダル、トロフィーなどがありました。

また、高らかに翻った全日本代表選手たちのサイン入りの「日の丸」も飾られていました。

WBC日の丸

次に進むと、現在の12球団のホーム・ユニフォームやその球団のスター選手の野球用具などが一堂に展示されています。

昔撮った写真と見比べると、展示方法はそのままでも中身がまるで変わっています。

当然ですね。

ユニフォームは、Bsだけが唯一2着飾られています。大阪と神戸の2着ですね。

ちなみにノリ・キヨではなく、よしくんのものでした(喜)

次のコーナーでは、その当時の世界記録という前人未到の金字塔を打ち立てた4人のスーパー・スターの当時のユニフォームや実際に使用されていた野球用具が飾られています。

これは以前と全く変わっていませんでしたね。

フラミンゴ!

通算756号ホームランのさん。

1億円の足

シーズン106盗塁のちゃん。

あとの2名は誰だかわかりますか?(答えは最後に

日本野球の歴史を振り返るコーナーに続きます。

昔の野球道具の展示や元祖・野球ゲームである「野球盤」の歴史も楽しいですね。

そして「野球」という言葉の生みの親、中馬庚(かのえ)の日本で最初の野球専門書の展示や

のだま?

「野球」というスポーツの育ての親、として正岡子規の紹介もありました。

野球王国松山の始祖


次の大学野球、社会人野球、高校野球のコーナーを抜けると、かの「アテネの長嶋ジャパン」のコーナーがありました。

脳梗塞で倒れた長嶋さんが、左手で書き込んだ「3」の文字に目頭が熱くなりました。

for the Flag!

For The Flagフラッグです。

思えば、よしくんもノリもこの時に怪我を・・・。いえ、何でもありません。

ここを抜けると、遂に到着です。

殿堂!

俗に言う「殿堂入り」の「殿堂」が、ここです。

日本プロ野球界で最も気高く、最も厳かな場所。まさに日本プロ野球ファンにとっては最も神聖な場所であります。

ずり落ちそうだったズボンをビシッとあげて、シャツのすそを中に入れて(笑)、厳粛な気持ちで足を踏み入れました・・・。

まず嫌でも私の目に飛び込んできたのは、昨年のシーズン開幕時に順次全国の球場で展示されて話題を振りまいた巨大な「誓いの白球」でした。

巨大なボール!

懐かしさのあまり、思わず探しました・・・。ありました

仰木さん!

あの人懐っこい笑顔を思い出して、ウルウルしてしまいました。

もう一つは、偶然見つけてしまいました(笑)

光尊様!


殿堂とは、過去の栄光と実績を称え、将来にわたり顕彰していくために設けられた場所です。

前回よりも飾られている肖像レリーフは当然増えています

真っ先に走りました

2年前でした

仰木さんは、師匠である三原修さん、西本幸雄さんとともに、選手ではなく監督として殿堂入りを果たされています。

将来オリックスという会社が仮に神戸を捨ることになろうとも、ここに来ればいつでも仰木さんに会えます

もちろん、仰木さんだけではありません。失われた阪急ブレーブス、近鉄バファローズの歴史もここでは最大のリスペクトを払われて、守られています・・・。


今回は、今年度の殿堂入りを果たされた方々の特別展示がありました。

今年度選出された5名の方々の中で私が特に馴染みが深いのは、永遠の阪急ブレーブスの大エース・3年連続MVPの山田久志さんと、私にとってはオリックス・ブレーブスの4番、ブルーサンダー打線の不惑のホームラン王・門田博光さんのお二人です。

ヤマさんのユニ

ヤマさんのレリーフ

南海の門田・佐々木・ニャンコ

グランド照らす太陽の♪

おっちゃんのレリーフ

思いがけず、このような特別展にも出会えて幸せでした


殿堂を抜けると、特別室ではWBCの写真展が開催されていました。

日本中を沸かせたWBCの興奮が蘇ります・・・。

パネルの中で躍動する王監督、千葉マリーンズの選手たちをはじめとする選手たち・・・。

WBCでの活躍とは裏腹に、シーズンに入れば怪我や病気、極度の不振に多くの選手達が悩まされましたね。

次回の選手派遣にどう影響を与えるのでしょうか?

しかし、誰一人代表に呼ばれなかったBsとイーグルスは、ダントツの最下位争いを展開いたしておりますが(汗)

イチロー君と大塚さんの実使用ユニ

JAPANのユニフォーム。最初見た時はカッコ悪いなぁ、なんて思っておりましたが実際にイチロー君が着用していた本物を目にしたら、痺れるくらいカッコイイですね!(爆)

こうして、ひととおり見学してふと時計を見ましたら既に入館から4時間が経過しておりました・・・。

もちろん、インボイスでの試合は終わっているでしょう。

携帯サイトをチェックしましたら、Bsは中山君の力投でライオンズを降して中山君が念願のプロ入り初勝利を挙げたというニュースが確認できました。

その瞬間を見られなくて残念でしたが、後悔はありません

勝利の一つや二つだったら、明日でも明後日でも期待できますしね!!


・・・実際は、その「明日も明後日も敗れて」一度も勝ち試合を見ることなく大阪に帰ることになろうとは、この時はこれっぽっちも思っておりませんでした(爆)・・・。


野球馬鹿の里帰り」とも言うべき時間は、こうしてゆったりと、そしてあっという間に過ぎてゆきました。

今回も、いつかまたここに帰って来ることを最後に誓って、このすべての日本プロ野球ファンにとってのサンクチュアリを後にしました。

次回来た時には、キヨやイチロー君のレリーフが見られるのかも知れませんね・・・。



問題の答え

通算3509奪三振の元祖・金やんと2131試合連続試合出場の衣笠さんでした。答えが写ってましたね(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


関東遠征記も、いよいよ残すところあと1回。この日のその後の出来事を残すのみとなりました。

そう言えば、もう1週間が過ぎるのですね(笑)




blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
福岡行ってきます!
彰君が抹消されてますね。まさかとは思いますが・・・。
希望を胸に旅立ちます。
2006/09/23(土) 00:05:04 | URL | あき #-[ 編集]
早いもので
今年も残り4試合になりましたね。
遠征は球場外でもいろいろと楽しまれたようで。
最後の日暮里駅でお別れのときは、寂しい気持ちでしたが、ビジターの熱い応援を堪能出来ました。
これで私の遠征の生涯成績は5勝2敗となりました(初遠征は、1992年の米子市民球場の2連戦)。
まだシーズンは終わっていませんが、なんか明るい話題のないままシーズンが終わりそうですが、最後の最後まで応援していく所存です。

今、昭和63年冬に関西テレビで放送された「阪急球団53年史」を視聴しています。
2006/09/23(土) 01:48:53 | URL | 外野自由席 #-[ 編集]
良い天気ですね~。
清原選手がホーム最終戦を欠席する記事見て残念だなと思いました。
顔出すくらいなら出来そうなのに、どこまで気遣いするんだろう?って。
ビジョンの映像で挨拶すると思うけど、何か腑に落ちないですね。外せない用事があると思いたいですね。。。

野球体育博物館には行った事ないです。
お宝な物が沢山展示してありますね!
博物館や美術館って、自分のペースで見ていくのがいいと思います。私は友人などと一緒だとゆっくりと鑑賞出来ない方ですね(^^;)
行ってみたいなと思いましたよ☆

今日からホークス2連戦ですね!!
スカッとする試合をして欲しいですね♪
2006/09/23(土) 08:06:17 | URL | ぺん #-[ 編集]
>あきさま!
もう博多へ着かれた頃でしょうか。

替わりに誰が上がって欲しいのか、ファンの気持ちは全員同じですね!

あの方だと思いますが、あの方かも知れませんが。

早く結果が知りたいです!
2006/09/23(土) 11:38:12 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>外野自由席さま!
遠征、お疲れ様でした。

日暮里でお別れしたときは、後ろ髪を引かれる思いをされたことでしょうね。

1年に1回は遠征に行きたいですね。

間もなく本当の終焉が近付きました。

最後まで頑張りましょう!楽しみましょう!

>「阪急球団53年史」・・・

この件については、後日詳しくお話を(笑)
2006/09/23(土) 11:38:38 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
>ぺんさま!
>清原選手

最高の看板選手ですからね。

ソースのないお好み焼きは食べられません・・・。

ファン・フェスタには来てくださることでしょう。

>友人などと一緒だとゆっくり鑑賞出来ない方・・・

私もです~! 2周くらい普通です(笑)


今日の天気同様、スカッと勝ち試合を見せて欲しいですね!

こういう気候でスカイのデー・ゲームは最高ですのにね。
2006/09/23(土) 11:39:04 | URL | 北摂 #ECgHHPoo[ 編集]
まぁ・・
僕らは気楽な立場なんでね。
実際キヨは今満足に歩くこともできない状態なのでは?
完全に中村勝広終身名誉監督のお言葉っていつも「余計なお世話」なんですよね。
かえってキヨに対する間違った印象をファンに植えつけてしまうっていうか・・まあそれもまた中村勝広終身名誉監督の醍醐味ですな。
本当ならキヨは来てほしいんですがね、とにかく来られないぐらい辛いんだと思いますよ、僕は信じていますよ。
遥か昔、野球教室的なイベントでキヨが来てくれましたが、本気を出して取り組んでくれたのはキヨだけでした。
あとの選手も真面目なんだけど、何となく手を抜いているというか、余計な労力を費やしたくないという感じというか・・ね。
2006/09/23(土) 11:42:03 | URL | くまちき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hokusetsu2006.blog49.fc2.com/tb.php/246-e8795a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。