Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月24日 交流戦対讀賣第01回戦(東京ドーム)○
本人にも、私たちBsファンにとっても、待ちに待った日がやってきました。


最後は、ヒヤヒヤ・・・・・。



いや、そんな生やさしいもんじゃ無かったですね。





あわや 「逆流」 !?





取り敢えず、パ・リーグ断然トップ(略して断然トツ)の最下位セ・リーグ断トツ首位の対戦は、最下位が辛うじて逃げ切り、緒戦を取りました



090524 (1) 





平野佳くん


090524 (2) 


本当なら、今頃は「若き真のエース」と呼ばれていても不思議ではありませんでした。


しかし、ルーキー・イヤーの某本部長さまが監督さま時代に行われ続けた強制完投の刑が祟ったのでしょうか?



プロ2年目(一昨年)のオフ、遂に右肘が悲鳴を上げました・・・・・。



そこからは、プロ野球選手にとっては「地獄」の日々・・・・。


手術そしてそれに伴う辛いリハビリ


プロ3年目の昨年は、シーズンのほぼ全てを棒に振りました。


そして満を持して復活を期して迎えた今季。


今度は「逆流性食道炎」という珍しい病気が、を襲いました・・・・・。



今でも、体重はベストから-5kg (ウラヤマシス)


2軍での調整登板も無難にこなし、じっくり時間をかけて今日の試合に臨みました。


090524 (3) 


ルーキー・イヤーを彷彿とさせるキレのあるピッチングが、私たちの目の前に蘇りました!


苦労を知るチームメイトも、何とか平野佳くん復活星を!


セ・リーグ連覇中で今年も断トツで首位を征くジャイアンツに対しても気魄で向かっていきました。





[5月24日 交流戦対讀賣第01回戦(東京ドーム)○]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。