Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月31日 交流戦対横浜第02回戦(スカイマークスタジアム)○

辛い思い出が多かった五月も、気が付けば今日でおしまい



最後を白星で飾り、終わり良ければ全て良し。



その、五月最後の試合のヒーローは、もはや異論のある方はいないでしょう。



090531 (1) 



先週のジャイアンツ戦2年ぶりの復活星を手にした若きエース・平野佳くん



090531 (2) 



この日も勝って2連勝



090531 (4) 


しかも、2年振りの完封勝利!




かつて「ミスター完封」と呼ばれた若きエース候補が、ここに完全に蘇ったのです。



090531 (3)



失った時間を取り戻すように・・・。


払い過ぎた利息を取り返すように・・・。





しかし、借金は山積



ご利用時には無計画に借りまくってしまいましたが、ご返済こそは、計画的に!



6月は、とりあえず8連勝で完済を目指しましょう(笑)





・・・傷心のベイスターズファンの皆様。


ちょっと調子に乗りました。


すみません。


後半戦(於横浜)は、今回のように最下位決戦にならないようにお互い最下位脱出に向けて頑張りましょう。

お気持ちは、痛いほどわかりますので(汗)・・。





の立役者が平野佳くんならば、のヒーローは、もちろんこの二人! 



  


[5月31日 交流戦対横浜第02回戦(スカイマークスタジアム)○]の続きを読む
スポンサーサイト
5月30日 交流戦対横浜第01回戦(スカイマークスタジアム)○
 今年もやって参りました、交流戦のこころのオアシス・・・。


セ・パ裏日本シリーズ


・・・とでも言いましょうか。



お互いに、連勝を当たり前のように計算して迎えたこのカード。



リーグの意地とプライドに懸けて!




激突する 「ザ・最下位対決」


さあ、キング・オブ・テールエンドの称号は、どちらの頭上に輝くのか!?



注目の初戦の結果は、下記のとおりです。


090530 (1) 




投手陣は、みんなでひとつ。


誰かが崩れると、誰かが安定する・・・。


投げる度に、安定感が増してきたきんこくん!


090530 (2) 


今のチームが勝つためには、これしかない!


横浜マシンガン打線を、7回まで散発2安打の失点0に抑える「神ピッチ」。


魂の叫びは、私たちライトスタンドまで、ハッキリと聞こえくるようでした。


とにかく今は、きんこくんに対して、どうしてもヒトコト言わせて下さい!





「ありがとう(はあと)」





そしてその叫び声が、遂に眠れる大砲を目覚めさせました!





[5月30日 交流戦対横浜第01回戦(スカイマークスタジアム)○]の続きを読む
5月28日 交流戦対東京ヤクルト第02回戦(神宮)●

今日は、ヤクルトの良いところだけが出た試合でしたね。



ここでスクイズなんか良いと思いますよ~。


  ・・・・・ああ、1・2塁でしたね。



   by カミソリ政次



090528 (1) 



今年の「神宮シリーズ」の幕切れは、今季3度目の0封負け・・・orz



スワローズというチームが強過ぎるのか、明治神宮野球場から完全に嫌われているのか?



阪急BWBuも、日本シリーズでは勝てませんでしたよねぇ。



090528 (2) 




いっそのことノー・ゲームコールドにして欲しかったです。



その方が


「最後までやってたら、逆転してたのに。」



とかいう負け惜しみが言えましたものを・・・・・。





[5月28日 交流戦対東京ヤクルト第02回戦(神宮)●]の続きを読む
5月27日 交流戦対東京ヤクルト第01回戦(神宮)●

男が大地の花と咲く


野球はドラマだ


人生だ!



そして、今日も・・・。


いや、今年も!?



遙かなり、神宮の杜。




人生に最も必要なこととは・・・・・。



そう、忍耐。



090527 (1) 



4点差を、たった1イニングだけでイッキに追い付くという「奇跡」と・・・



もう一つ「奇跡」が見られただけでも良しとしましょうか。



090527 (2) 



祝!プロ入り初安打!



ここに、韋駄天左腕エース・省吾に新たな称号が加わりました。


走攻守三拍子揃ったスーパー・マルチ・サウスポー・省吾!




しかし、肝心の本職では・・・。



090527 (3) 


KO・・・


KO・・・



陸の王者、慶應。





[5月27日 交流戦対東京ヤクルト第01回戦(神宮)●]の続きを読む
5月25日 交流戦対讀賣第02回戦(東京ドーム)●
昨日の勝利は、何かの力が働いたからこそ、だったのでしょうか?


このところ負けるときは、いつもそう。


なかなか接戦にはなりませんねぇ。



大量の借金をコツコツ返していきたいところなのですが


交流戦開幕後、3カード連続で1勝1敗



ガッチリ5割キープです・・・・・。



090525 (7) 





コンちゃん


090525 (1) 



前回のカープ戦と同じく、3本のHRを被弾・・・。

ビッグイニングを作ることはありませんが、コンスタントに失点イニングを作ってしまう最近の傾向


波の大きなピッチャーですから、再び「ビッグ・ウェーブ」に乗るときが必ず来ると信じています!




初回、いきなりビッキーびっくり箱的一発がドームの風に乗ってスタンド・イン


090525 (2) 


これが空中戦突入の合図!?


火蓋が切って落とされました・・・。




ラブリーエレガント(笑)なコージは、今夜もシュアーなバッティング。


090525 (3) 


「ありがとう」 ♪





そして、5月の月間MVPを狙う我らが真ちゃん


090525 (4) 


2試合連続5月だけで7本目HRをレフトスタンドに叩き込んでくれました!




されどこれが、負け試合。





[5月25日 交流戦対讀賣第02回戦(東京ドーム)●]の続きを読む
5月24日 交流戦対讀賣第01回戦(東京ドーム)○
本人にも、私たちBsファンにとっても、待ちに待った日がやってきました。


最後は、ヒヤヒヤ・・・・・。



いや、そんな生やさしいもんじゃ無かったですね。





あわや 「逆流」 !?





取り敢えず、パ・リーグ断然トップ(略して断然トツ)の最下位セ・リーグ断トツ首位の対戦は、最下位が辛うじて逃げ切り、緒戦を取りました



090524 (1) 





平野佳くん


090524 (2) 


本当なら、今頃は「若き真のエース」と呼ばれていても不思議ではありませんでした。


しかし、ルーキー・イヤーの某本部長さまが監督さま時代に行われ続けた強制完投の刑が祟ったのでしょうか?



プロ2年目(一昨年)のオフ、遂に右肘が悲鳴を上げました・・・・・。



そこからは、プロ野球選手にとっては「地獄」の日々・・・・。


手術そしてそれに伴う辛いリハビリ


プロ3年目の昨年は、シーズンのほぼ全てを棒に振りました。


そして満を持して復活を期して迎えた今季。


今度は「逆流性食道炎」という珍しい病気が、を襲いました・・・・・。



今でも、体重はベストから-5kg (ウラヤマシス)


2軍での調整登板も無難にこなし、じっくり時間をかけて今日の試合に臨みました。


090524 (3) 


ルーキー・イヤーを彷彿とさせるキレのあるピッチングが、私たちの目の前に蘇りました!


苦労を知るチームメイトも、何とか平野佳くん復活星を!


セ・リーグ連覇中で今年も断トツで首位を征くジャイアンツに対しても気魄で向かっていきました。





[5月24日 交流戦対讀賣第01回戦(東京ドーム)○]の続きを読む
5月23日 交流戦対阪神第02回戦(スカイマークスタジアム)●

関西対決・・・・・改め


阪神なんば線沿線シリーズ



前半戦は、仲良く1勝づつ


連勝は、なりませんでした。


090523 (1) 


時々映される映像の中のライトスタンドは、昨日とは全く様子が違っていたように見受けられました。


そしてこのゲーム展開・・・。


090523 (11) 


同志たち
の帰り道の心と足取りが、どれほど重たかったか・・・・・。



想像に難くありません。



本当にお疲れ様でした。







[5月23日 交流戦対阪神第02回戦(スカイマークスタジアム)●]の続きを読む
5月22日 交流戦対阪神第01回戦(大阪(の)ドーム)○
2週間ぶりの「連勝」だそうです。



と言うことは、9連敗より前のことですが、随分と昔のことのように思われます(汗)



長かったなぁ・・・・・・。



090522 (1) 





本名・赤星さん

090522 (2) 




タイガースの先発は、エースの?安藤さん



ちなみに、関西に住んでいると、タイガースのエースが誰なのかあんまりわかりません(汗)

余りに沢山いすぎて。


090522 (3) 


実は、大企業の御曹司だったのか・・・・・。


090522 (4) 


ウイキペ何とかで調べると、全くの無関係でした。

スミマセン、勘違いでした(笑)



という訳で。



大阪(の)ドームで野球観戦した人が関東で新型インフル発症のニュースなどものともせず、

逆アウェイのドームの中ではほんの一握り



我らがライトスタンドへ集いしマイノリティ達・・・・・。


私たちには、昨年に続き、狂喜乱舞の一夜となりました!




タイガースに、エースが何人もおられるように。


Bsでも、今日も沢山の「救世主」が大活躍!




090522 (5) 


ダカヒーも真っ青!?


既に正捕手と呼んでも「単なるネタ」ではなくなったフミヒロ!


今日も逆転の引き金となるヒットを記録。


何とこれで3試合連続ヒットです(汗)


そして先発マスクを被って2連勝



090522 (6) 


交流戦男と言われた意味が、ようやくわかったような気がします。 



そういえば真ちゃんもお立ち台の上で、普段から付け慣れていない人に対してしきりに


マスク、マスク!


とハッパをかけていましたね。


期待に応えた、同期のフミヒロでした。


090522 (7) 





まだまだ続きます!





[5月22日 交流戦対阪神第01回戦(大阪(の)ドーム)○]の続きを読む
5月21日 あの頃へ・・・・・

ただ今より・・・・・。







旅行に出かけて参ります。








行き先!?











西宮あたりかなぁ・・・・・。









自分自身の



「アイデンティティ」



を呼び起こしに行って参ります。




090521.jpg  


 

私たちは、本当は今なおブレーブスを応援していたかったのです・・・・・。



しかし、それはもう叶わぬことと知っています。




ならば、その輝かしい歴史をいつでも振りかえられるような映像ソースを、いつまでも手許に残しておきたい!




我ら勇者党永年の思いが通じました。



まさに夢のようです!





しばしの時間旅行へ・・・・・




行って参りま~す!





5月20日 交流戦対広島東洋第02回戦(大阪(の)ドーム)○

祝! 交流戦初勝利!


もしかしたら、もう今年の交流戦は一つも勝てないのではないか?と大げさにも考えてしまうくらい、昨日の負けは堪えたのですが・・・・・。


一夜明ければ、チームは豹変(笑)



一言で表すとしたら?



「お祭り」 でした。



090520 (1) 



お立ち台とは、その試合のヒーローにのみ与えられる晴れ舞台


ヒーローと言えば、もちろんこの方!


090520 (2) 


逆転3ランを放ち、チームに交流戦初勝利をもたらしてくれました。


「ヒーロー」と言う言葉が最も似合う選手のひとりですね!




先制打は、知る人ぞ知る貴公子・フミヒロでした。


090520 (3) 


この時点では、フミヒロこそチームの救世主だと確信しておりましたが・・・。


直後の守備では自身のエラーが絡んで逆転を許してしまいました。


まだまだ、乗り越えなければならない壁は、沢山ございますねぇ。




逆転を許した直後の3回。


090520 (4) 


すかさず、ライトスタンドへ紅蓮の閃光!


再逆転3ランHR!!


これがこの日の勝利打点となりました。




1点差に迫られた5回には。


090520 (5) 


バックスクリーンへ鮮やかに一直線!

貴重な中押しとなる2ランHR!!!





ダメ押しの集中打は、8回。


090520 (6) 


2試合連続でスタメンで起用された、地元・大阪の星ゴジくん




果たして期待にこたえることはできたのでしょうか?




(って皆様、ご承知のとおり)



※ 追記、完了しました。




[5月20日 交流戦対広島東洋第02回戦(大阪(の)ドーム)○]の続きを読む
5月19日 交流戦対広島東洋第01回戦(大阪(の)ドーム)●

今年も交流戦の火蓋が切って落とされました。


が、初戦は黒星スタートになりました・・・。



090519 (1) 



ぐっち個人応援歌が、満を持して発表されました。



素早く 力強く 先陣を切れ

激闘の中で 紅く 【炎(も)やせ!】

武士(もののふ)の心

(注意 【 】はシャウト)



メロディは、先週の金曜日から流れていましたが、最終的な歌詞が決まるまで正式な発表が延ばされていた模様です。



どうですか?


球場で、またテレビやネット中継で聞き、そして口ずさんでみて下さい。


戦国時代の戦場の中、たった一騎で敵本陣に颯爽と切り込んで行く、命知らずの若武者の姿が瞼に浮かんできませんか?


さながら、黒澤明監督の映画のワンシーンのようです・・・。



あるいは、宇治川の先陣争いと重なります。


麿墨(するすみ)に乗った梶原源太景季か?

生喰(いけづき)に乗った佐々木四郎高綱か?



ぐっちはどちらでしょうか?(笑)




この新曲。

私は、メロディ、詞とも、ぐっちのイメージにぴったりだと思います。


ぐっちには、是非この歌に「負けない」選手になっていただきたいものです!



090519 (2)



などと思っていたら、8回にチーム唯一の得点を叩き出してくれましたね!


天晴れです(笑)





 
交流戦ならではの場面もいろいろありました。





[5月19日 交流戦対広島東洋第01回戦(大阪(の)ドーム)●]の続きを読む
5月17日 対北海道日本ハム第11回戦(大阪(の)ドーム)○

遂に大型連敗が止まりました。


090517 (1)


この日が来るのが、どんなに待ち遠しかったことか!



その思いは、私たちファンだけのものではありませんでした。



おめでとう!





・・・その前に。


実は、昨日の試合についてこんなニュースがありました。



 オリックスが再三のチャンスにも決定打が出ず、泥沼の9連敗を喫した。九回には二死一、二塁のチャンスにもかかわらず応援団がトランペットの演奏をやめ、4番・フェルナンデスへの応援をボイコット。・・・・・・・・



確かに、意識的にトランペットの演奏はストップしましたが、それはライトスタンドからチームへの「当たり前」ではない、いつもと違うかたちの応援でチームを鼓舞する目的もあってのこと。


私たちライトスタンドのファンは、


いつも以上に声の限りを振り絞って声援を送りました!



決してボイコットなどしておりません。


事実を伝えることがマスメディアの使命であると漠然と思っていましたが、そうとも限らないこともある、ということですね。

一応、(ライトスタンドに来たことがない)記者さんの事実誤認がありましたので、いちファンとして訂正させていただきます。




・・・戻ります。




待ちに待った新戦力が現れました!


090517 (2) 


最近からファンになられた方にとっては、誰?だったことと思いますが・・・・・。



ローテーションの谷間ではありますが、今季初先発のチャンスを得たみっつーでした。


ルーキー・イヤーには、低迷するチームにあって孤軍奮闘


前半戦だけで7勝を挙げ、チームナンバーワンの勝ち運をもったピッチャーとして名を馳せました。



しかし、その後は故障不調との闘いの日々・・・・・。



昨年ゲットした2度の先発機会では、復活を期しながらも残念ながら連続して大炎上


防御率は 59.40 という天文学的数字に終わりました。




もし今年駄目だったら・・・・・。



その思いは、みっつー本人やご家族にとっての方が、私たちファンよりも遙かに強かったのではないかと推察いたします。



様々な思いと、チームの現状。



090517 (3)


プレッシャーは相当なものがあったことでしょう。




しかし、ようやく!


ようやく! ようやく!



待ちに待った白星
が、みっつーチームと、私たちファンにもたらされたのです!





[5月17日 対北海道日本ハム第11回戦(大阪(の)ドーム)○]の続きを読む
5月16日 対北海道日本ハム第10回戦(大阪(の)ドーム)●

また負けです。


でも、暗くなってもしようがないので努めて明るくいきましょう。



9連敗どえ~す!



と言うより、今日も連敗脱出の感動シーンを見ることはできませんでした。


その Xデー は、一体いつやってくるのか!?



090516 (1) 



楽しみですね~!






今日は入場直後、球場内が騒然としました。


既にご存じかと思いますが、とんでもないニュースが飛び込んできたのです。



090516 (2) 





【オリックス】後藤が右太もも裏肉離れ

 オリックス後藤光尊内野手(30)が16日、右太もも裏肉離れのため出場選手登録を抹消された。

 15日の日本ハム9回戦(京セラドーム大阪)の4回、一塁走者で二盗を試みた際に痛めたもの。その後
我慢しながらプレーを続けたが、8回守備から交代していた。

 幸い重傷ではなく、最短10日間での復帰を目指す。

 この日京セラドームを訪れ、出場に意欲を見せていた後藤「チーム、ファンの皆さんに申し訳ない。最短で戻れるよう最善を尽くしたい」とコメントした。





あああああああああ。


とんでもないニュースですね!


これで BIG4 の中で残っているのはグレちゃんだけになりました。 (←ツッコミ禁止)

 

冗談はさておき(汗)、昨年の怪我・抹消の際、復帰には最低三ヶ月はかかる重傷と報道されたにもかかわらず、一月半ほどで復帰した我らが光尊さま


復帰後は、それまでのバッティングと守備が嘘のように大変身を遂げられ(笑)、私たち光尊さまフリークス狂喜乱舞させたということは、記憶に新しいところですね。



ということを前向きに捉え、ここでは敢えて申し上げましょう。



吉兆 と。




あっ、あんまり縁起が良くないですね・・・。



頭が真っ白になってしまいました。







[5月16日 対北海道日本ハム第10回戦(大阪(の)ドーム)●]の続きを読む
5月15日 対北海道日本ハム第9回戦(大阪(の)ドーム)●

 8連敗です。


090515B (1)



まあ、考えようによったら・・・・・。


この8(漢数字の八)という数字は昔から「末広がり」などと呼ばれ、とても縁起が良いとされてきた数字です。


縁起が良いので、これで連敗も終わってくれることでしょう・・・・・か!?



無いとは、わかっていても、思いつつも、心のどこかに潜む


「奇跡のだるびっしゅさん撃破で連敗に終止符」という夢を捨てきれず、


今日も最下位チームの応援に吸い寄せられた多くのBsファンに、早く美味しいビール(発泡酒でも可)を飲ませてくださいまし。




8連敗は紛れも無い現実ですが、今日はだるびっしゅさんからまさかの得点を奪いました!(本当ですよ


090515B (3) 


090515B (4) 



口の悪いBsファンからは、


接戦でないと本気を出せないだるびっしゅさん自身の作戦?


とか言われておりましたが(笑)。



今季のBsだるびっしゅさんから初めての得点となるタイムリーヒットが生まれました。



しかも、二本も!



次回の対戦が、待ち遠しいですね!  (←超プラス思考)





[5月15日 対北海道日本ハム第9回戦(大阪(の)ドーム)●]の続きを読む
5月14日 対埼玉西武第9回戦(大阪(の)ドーム●
遂に7連・・・・・。

かのイチローくん日本で樹立した不滅の大記録、首位打者の連続獲得年数は?



年連続。


○連Tシャツとか、懐かしいですねぇ・・・。


しかし、最後に獲得した2000年秋を最後にメジャーへ行ってしまいましたので、日本での連続首位打者獲得記録は、「7でストップ」したのでした。




ト言ウ訳デ・・・・・。




Bsの連敗も、これで止まるはずです(謎)


いや、是非そうあって欲しいものです!!


090514 (1) 



ソウ言エバ・・・・・。


明日の予告先発は誰でしたっけ?




そして更に、もっと絶望的なニュースも・・・・・。


まさに、弱り目に祟り目


暗黒時代へ逆戻りでしょうか?





[5月14日 対埼玉西武第9回戦(大阪(の)ドーム●]の続きを読む
5月13日 対埼玉西武第8回戦(スカイマークスタジアム)●
悲しみが 雪のように 積もる夜に・・・。


黒星が 雪だるまのように 増える夜に・・・。


090513 (1) 



今日も今日とて、相手を上回るヒットを放ちながらの敗戦・・・。



090513 (2) 


これで3試合連続になりました。 (ちなみに4試合前は同数)



ある意味、珍しい記録を伸ばしているのでしょうか?



でも、あんまり誇れるものではありませんね・・・・・(涙)。



それともいっそこのまま!



コツコツと地味プロ野球新記録でもうち立てていただきましょうか?


「キター!」に続く、新たな「営業戦略」が生まれそうな香りです。





[5月13日 対埼玉西武第8回戦(スカイマークスタジアム)●]の続きを読む
5月12日 対埼玉西武第7回戦(スカイマークスタジアム)●

連敗5つも連なりました。


●●●●●


誰かさんではありませんが、「団子屋」でも開きたい気分です。



今日も相手を上回るヒットを打ちながらも


まるで計ったかのように


味方投手が失った得点の、丁度マイナス1点という所謂、寸止め・・・・・。


090512 (1) 


決して、手も足も出なかったのではないのです。



中盤までの6対0という絶望の淵から、あわや逆転を予感させるに充分な



追い付かない程度の怒濤の攻め



伝統は、しっかりと根付いておりますね(笑)





[5月12日 対埼玉西武第7回戦(スカイマークスタジアム)●]の続きを読む
5月10日 対北海道日本ハム第8回戦(札幌ドーム)●
大阪は汗ばむ陽気ですが


まだ桜が舞い散る季節の北の大地にて。



サンタテで遂に4連敗。



遅ればせながらやってきた「G・W」 ですね。



ファンの皆さん、長期連敗になってしまって


omennasai eek



090510 (1) 


5月病」の始まりでないことを祈ります。



傷心の (ビジターではからっきし弱い) チームの皆さん、早く帰っておいで~!





[5月10日 対北海道日本ハム第8回戦(札幌ドーム)●]の続きを読む
5月9日 対北海道日本ハム第7回戦(札幌ドーム)●

今日も負けました。


これで3連敗



しかし。



小松っちゃん。




今日は、こまっちゃんにはならずに済みました。


090509 (1)  


5回2失点なら、「普通のピッチャー」ですよね。


ようやく暗闇の中に一筋の光が見えてきたと思いたいです。



頑張れ!小松っちゃん!



これを足がかりにして、もがきながらも這い上がって行く姿を静かに見守っていきたいと思います。





[5月9日 対北海道日本ハム第7回戦(札幌ドーム)●]の続きを読む
5月8日 対北海道日本ハム第6回戦(札幌ドーム)●
  今日はまぁ・・・・・アレですね。


相手はWBC日本代表、世界一の「クローザー」


対するBsは、秘かに園川さんからエールを送られた中山くん。




完封勝利
を期待したのですがね!




夢は叶わなかったけれど、前回登板時に比して失点は1/4に激減しました(汗)。


090508 (1)


視線の先の何かを見詰める中山くん・・・・・。


のどかな北神戸の風景が、瞼に浮かんでいるのでしょうか?







ところで・・・・・・・・



野球実況放送で、解説者の声だけを消せる装置って無いものですかねぇ。



誰か発明してもらえませんか?




明日は光山さんでありますように!!!





[5月8日 対北海道日本ハム第6回戦(札幌ドーム)●]の続きを読む
5月6日 対福岡ソフトバンク6回戦(大阪(の)ドーム)●

長かったGW・・・・・。

そして、長かった9連戦もこの日でお終い。



勝って締め括りたいところでしたが・・・・・。



「勝てばサンタテ、3連勝」



・・・夢は夢のまま、終わりました。



さあ、明日から「連休ボケ」との孤独な闘いが始まるのですね。





先発は省吾


090506 (1) 


五回までは、がっぷり四つ。


1対1の「我慢比べ」。


我慢できなかったのは、ホークス先発の大隣くんとの息詰まる投げ合いに対してなのか、


それとも、自分に対するホークス打線以上に手も足も出ないBs打線不甲斐なさに対してのものなのか・・・・・。 



090506 (2)



泣くな省吾!



明日・明後日を乗り切れば、また週末だ!(謎)



[5月6日 対福岡ソフトバンク6回戦(大阪(の)ドーム)●]の続きを読む
5月5日 対福岡ソフトバンク第5回戦(大阪(の)ドーム○


柱の傷は一昨年の、5月5日の鯉のぼり・・・・・。


今日は、「カープ」が心強い味方でした。


090505 (1) 



一昨年といえば・・・・・。


5月5日は遠征中で、5月8日がホームに帰って来たカード初戦のマリーンズ戦でした。



奇しくもその日は、今日の勝利の原動力・きんこくんもリリーフ登板しておりましたね。



こんな時代もあったねと

いつか話せる日が来るわ。


あんな時代もあったねと

きっと笑って話せるわ。




[5月5日 対福岡ソフトバンク第5回戦(大阪(の)ドーム○]の続きを読む
5月4日 いっぱつかましてくれました○


きょうは、みんなのひーろーがしあいをきめてくれました。


090504 (2) 



おかげで、ちいさなおともだちも、おおきなおともだちもおおよろこび!




さいごは、いつもどおり逆一発をかまされそうになりましたが、パパのびーるがまずくなることはなかったよ。

090504 (3) 


ていがくきゅうふきんいじょうのかちのあるおもいでができたので、ママもぼくもだいまんぞくのいちにちだったよ。


090504 (1) 



090504 (4) 



ありがとう、しもやまん



ありがとう、おーちゃん(いろいろと)。 


あっ、これはひとことおおかったね(わらい)。



きょうはキッズ・デイだからゆるしてね。



ちなみにぼくは、こんちゃんじゃないよ。


090504 (5) 



勝って兜の緒を締めよ


って、おじいちゃんが五月蠅いよ。



5月3日 天才は忘れた頃にやってくる●

3試合「も」続けて無失点だったことで、すっかり心の準備を怠っておりました。

やっぱりある意味、「天才」ですね。


まあ、あのkyuujiさんでも打たれるときはある、と今頃は自分を慰めていることでしょう・・・か?。


1点リードという苦手な場面での登板を余儀なくさせた野球の神様を恨むしかありませんね。


(打線も、あと一押しがほしかったですね、10点くらいの)



結果は、1アウトも取れずに7失点。


去年の終盤まではここまで酷くなかったと思うのですが・・・・・。



悪い予感が裏切られない確率は、打率で例えると首位打者に匹敵しそうです。


Bsファン以外の新しいファン層が、仙台でも確実に増えそうですね




昨年との大きな違いは・・・・・。



[5月3日 天才は忘れた頃にやってくる●]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。