Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月 4日 今季最終戦の長~い一日(その惨でなくて燦!)

Bsナインは、今日から練習再開だったそうです。

ただし、例年のように「秋季練習」ではございません(笑)


シーズンが終わったばかりというのに、大変ですね。


・・・・・って、この時期にまだ続く戦いに向けて練習を行うというのは、野球選手なら誰もが羨むことなのでしょう。


それは、私たちファンも同じですよね。



昨年までは、全くの他人ごとでしたが、今年は何故か気が付けばニヤニヤしている自分がいます(笑)




チームの皆様方におかれましては気持ちを新たに、まずはプレーオフ第1ステージ突破を目指して、熱戦の舞台となる我がホームである大阪(の)ドームで心身を更にもう一段高めて下さい!




・・・・・・・・。




今日からの練習場所は、スカイマークスタジアム!?・・・・・。




えっ!?





7日から9日まで

SMAPのコンサートがぁ?






でも、無理ありませんよね・・・・・





球団も私たちと同じく・・・・・・・・




今年の開幕前は「2位通過してCSを地元開催」など想像すらしていなかったのですよね(爆)




チームの皆さんの「クライマックス・シリーズ」は、もう始まっています






間もなくプレイボール


を経て


今、始まります!


と引っ張って参りまして・・・・・



もう始めないと、苦情が殺到すると思われますので(笑)



(いろんな意味で)球史に残るであろう10月1日


今シーズンの最終戦です。



では、高らかに・・・・・



プレイボール!






この日の主役は、一般的にはキヨですが・・・・・。



Bsファンなら、多くの選手が「自分との闘い」の主役であると知っています。



中でも全国に散らばる熱狂的な信者たちと同じく(笑)、キヨ以上に注目していたのは、もちろん光尊さまの打席でした。


081004 (1) 


第1打席は、固くなったのか珍しく三振でしたが(←ツッコミ禁止)・・・

第2打席では、叩き付けた打球(打ち損じのボテボテ)が高く弾む間に、100メートルを5秒から12秒の間で駆け抜ける俊足を活かして見事内野安打に!


081004 (2) 


そして、運命の第3打席は職人らしく(←問答無用)送りバントをキッチリと決められました。


この結果、プロ入り初の規定打席到達を果たされました!



規定打席到達は、レギュラーの証



再起不能か!?と噂された大怪我から僅か1ヶ月足らずで一軍復帰された今季の光尊さまが掴み取った大きな勲章です!




しかし、私たちフリークスはまだまだ油断できません。



なぜなら・・・・・



それが光尊さまだから(笑)



これで説明がつくでしょうか?


規定打席到達後の初打席、即ち今季最終打席は、キヨと同じく豪快な「空振り三振」でございました(笑)





二人目の「自分との闘い」の主役


不惑40歳のアーチスト、タフィさん


081004 (3) 


0対0で迎えた4回裏の攻撃。

前述の、内野安打で出塁した光尊さまを置いて放った打球は、美しい弧を描いて私たちが待つライトスタンドへ!!


均衡を破る、貴重な先制2ランHRになりました。


これで、日本プロ野球史上二人目の(一人目は元オリックス・ブレーブスの門田さん40歳・40HRを達成です!!





「5回」 という投球回数は、コンちゃんにとっては2年連続での挑戦となります・・・・・。


昨年の最終戦(神戸)では、1点リードをもらいながら 「4回2/3」 ・・・勝利投手の権利まであと一人というところで無念の降板という苦い思い出が蘇ります。



そしてやっぱり、ピンチは待っていました。



2つの四球のランナーを塁上に置き、2アウトまでこぎ着けながら、タイムリー・ヒットを浴びて1点を返されしまいました。


しかし、なおも続くピンチは何とか気力で乗り切り、追加点を許すことはありませんでした!



この1年間に大きく成長したことが改めて証明されましたね!



このコンちゃんも、三人目「自分との闘い」の主役でした。





6回の裏。


四人目「自分との闘い」の主役先頭打者で登場・・・・・。


ここまで今季通算149本のヒットを放ったぐっち



節目の150本の大台到達は、ぐっちらしくショートへの内野安打でした。





そのぐっち光尊さまは、華麗に送られます(笑)


1アウト2塁。追加点のチャンス。


打席は、何故か早々とベンチに下がったアレちゃんに替わって3番に入ったマサヒロ


081004 (4) 


大きな期待に応え、打球がセンターへ抜けるとぐっちは2塁から余裕で生還。


リードを2点に戻す貴重なタイムリーヒットになりました!


081004 (5) 


マサヒロにとっては苦しいシーズンであったと思います・・・・・。


しかし、最後の最後に大観衆の前でド派手な活躍


やはり、なくてはならない貴重な存在であるということを大きくアピールしてくれました!



まさに五人目「自分との闘い」の主役でした。





そして、4番DH・キヨの第3打席が廻ってきました・・・・・


081004 (6) 


大観衆が、そしてベンチの中の誰もが、立ち上がって見守ります。




・・・・・おっと、ここで時間となりました(笑)




この続きは、また明日~♪ ということで。 




(結果は、ご存じでしょうが・・・・・)







ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。