Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月31日 虚ろな街に風が吠えぬける・・・・・

プロ野球に別れと出会いはつきものだと言うけれど・・・・・。



そこには、いろんな 「かたち」 ってありますよね。



我々の世界だと、定年退職とか転勤とか。



プロ野球の世界の別れの一つの 「かたち」、 トレード


でも、これにも様々な 「かたち」 が隠れているような気がします。



自らが望んで新天地へと羽ばたく人もあれば・・・・・。



『放出』



という 「かたち」 で放り出される人もいます。




何だか、2年前のよしくん放出を思い出しました・・・・・。





つい先日の記事で、ほっとした矢先に、寝耳に水でした。



またFA権を保有している北川博敏内野手(36)と村松有人外野手(35)は、ともに権利行使せずの残留方針をこの日までに球団側に伝えた




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。




081031 (1)




福岡ソフトバンクホークスとのトレード成立のお知らせ

オリックス・バファローズでは、村松有人選手と福岡ソフトバンクホークス大村直之選手との交換トレードが成立しましたのでお知らせいたします。




ああ・・・・・。





前回のFAで、日本一のチームから3年連続最下位のチームにわざわざ来てくださいました。


しかも、 「神戸に骨を埋める覚悟」 とまで宣言してくださいました。


常に存在そのものが、若手たちへの無言の「師匠」であり続けました。


ストイックなまでの野球への取り組み・・・・・。


影響を受けた「弟子たち」は、球団の垣根を越えて今も進化しています。




Bs初年度の「神戸開幕」


派手なセレモニーが無いことで合併以前からのファンに寂しい思いをさせまいと、自らのポケット・マネーで花火を打ち上げてくれたこともありましたね。



颯爽としたプレースタイルだけでなく、そんな心優しい人柄に惚れて、このブログ内で私は最大限の敬意を込めて 「さま」 をつけて呼ばせていただいておりました・・・・・。



081031 (2)



その村松さまが、放出されてしまいました。 



  

081031 (3)  




● 村松有人選手コメント

「5年間お世話になりました、オリックス球団、そして大阪、神戸のファンの皆様には、フリーエージェントで入団し期待に沿うような活躍が出来なかったにも関わらず、温かいご声援をいただき本当に感謝しています。再びホークスのユニフォームを着ることになりましたが、新たな気持ちでチームの勝利のために全力でプレーしていきたいと思います。




いえいえ、充分過ぎる活躍をしてくださったと私は思います。


もちろん、ご本人はもっともっと活躍したかった、との思いが強いことでしょうが、その機会は年々少なくなっていったことが残念でなりません・・・・・。






ちょっと動揺が激しいです・・・・・・・・。


何を書いているのかわからなくなってしまいました。


落ち着くまで、少し時間が必要かも知れません。





081031 (4) 





今、村松さまにお伝えすべき言葉があるとするならば、




ごめんさない。


そして




ありがとうございました!




だけです。







081031 (5) 

Bsでの公式戦最後の打席






081031 (6) 

10月1日の、今季最終戦でした。




081031 (7)


で、 Bsでの公式戦最後のヒット!



 



081031 (8) 

Bsでの「最後の」打席は、クライマックス・シリーズでの代打でした・・・・・。






Bsに村松さまがいなくなる。

という事実を、まだ心と体が完全に理解できておりません。





いま、まさに 「思秋期」です、私。




虚ろな 「こころ」 に風が吠えぬけています・・・・・。





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







スポンサーサイト
10月28日 プロ選手としての生き様
我々の世界では「春」ですが、プロ野球の世界は今がその時・・・・・。


出会いと別れ


まだこれで終わりではないかも知れませんので、まだ少し先に書こうと心に決めていたにもかかわらず、全く心の準備ができていないところに・・・




まさに青天の霹靂




気力が萎えるのをヒシヒシと感じながらも、触れずにはおられませんでした・・・・・。



戦力外通告のお知らせ

オリックス・バファローズでは、下記の2選手に対して戦力外通告を行ないましたのでお知らせいたします。

◇投手:ユウキ(田中祐貴)

◇内野手:牧田勝吾

なお、牧田選手は来季、球団フロント入りすることとなりましたので併せてお知らせいたします。





今回のユウキ@元祖ユウちゃんを含めて他にも多くの選手たち戦力外通告がなされましたが、今日は特に個人的に長期間にわたって思い入れが強かった「私の」マッキーについてのみ取上げさせていただくことをお許しください。



081028 (1) 


結果的に最後のスタメンとなったのは、7月25日のイーグルス戦でしたね。


6番・セカンドでした。


ちなみに光尊さまは、この日はスタベン


081028 (2) 


スタメンを見るだけでイーグルス先発の片山くんサウスポーであることが、素人でもわかった頃ですね。



それだけ、マッキー左キラーぶりは驚異的でもありました!


081028 (3) 



今シーズンだけを見ても、28打数7安打の内訳は・・・・・


対右投手
の場合、16打数2安打で打率.125


しかし、これがサウスポーになると!


対左投手の場合、12打数5安打の打率.417



今季の恵まれなかった出場機会でさえも、自分の持ち味を地味ながらしっかりとアピールしていたのです!









満足なチャンスも与えられないまま、一軍から二軍への降格を告げられました。



その時、交替で上がったのはキヨ元選手でした・・・・・。








口だけではなく本当に泥水を飲むような苦労を乗り越えて、ようやく戻って来られた戦いの場(一軍)



打つことも守ることも走ることも、それなりに勝負できる時間はそれほど長くないことは本人もわかっていたことでしょう。



だからこそ、落ちるなら勝負に敗れて納得して、落ちたかった・・・・・。


一軍では僅か13試合、31打席しか打席に立っていないので、自分自身ともまだ戦っていない!


そして何より、自分を支えて応援してくださっているファンの皆様の期待に応えていない!!








悔しくて悔しくて、言いたいことは山ほどあったでしょうが、マッキーはグッと堪えました。


しかし、湧き上がる悔しい思いと涙は、とうとう堰を切って溢れ出てしまいました。







号泣だったそうですね。


支えられないと歩けないほどの・・・・・。






花道を飾ってもらった人の陰で、花道すら自分で飾ることを許されなかった男の悔し涙があったこと、私は絶対に忘れません。




081028 (5)


最後のホームラン、そして最後のヒーローインタビューは、2007年9月22日のファイターズ戦でした。



9月22日 対北海道日本ハム24回・最終戦(札幌ドーム)



081028 (6)


081028 (7) 



もうあの甲高くて「美声」のヒーローインタビューを聞くことはできなくなりましたね・・・・・。





活躍すれば謙虚な気持ちでファンに感謝


失敗してヤジられても励ましてくれるとファンに感謝


サインをお願いしても、逆に「ありがとうございます!」




どんなときにでもひたむきに・・・・・。


ただ、ただ、ファンのために・・・・・。




決してスマートではないけれど、

決してカッコ良くはないけれど、

もちろんイケメンでもないし、

残念ながらスターにはなれなかったけれど、




いつでもあなたは私たち「万年最下位チームのファン」温かくそして優しく照らしてくれました




あなたの姿から、私はどれだけ励まされたことでしょう!





そんなあなただからこそ、本当は戦力外通告などではなく「花道」を飾らせてあげたかった!!




・・・・・もう心が折れそうです・・・・・。




しかし今後は球団のスカウトに転身されるらしいというのが唯一の救いです。




いつかまたユニフォーム姿を見られることを夢見ながら、


私も乗り越えなければいけませんね・・・・・。



081028 (4) 



Heaven Is A Place On Earth


 
ありがとう!そしてお疲れ様でした!



『私の』マッキー



こと



牧田勝吾選手!





大好きでした!!






ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月27日 新首脳陣船出!
昨年の10月27日は、何をしていたっけ?


何気なく、振り返ってみました・・・・・。



10月27日 秋の祭典詳細・・・序章


081027 (1) 



夢のような時間でした・・・・・。


しかも、2年も続けて下さいましたね。



しかし、今はもう昔。



どんなときも常にファン目線で、様々な楽しい企画を仕掛けてくださった我らのはなき元球場長さまが、サラリーマン故の悲劇(何もわかっていない球団首脳の特に上の方の人によって野球に直接関係ない場所へ突然の配置転換、しかも好評のブログまで休止に追い込まれ)に見舞われた今となっては、もう二度とできない企画なのでしょう・・・・・。(あくまでも妄想ですが)


過去2年間、この素晴らしい企画に参加させていただいたことを誇りに思い、プロ野球ファンとしての大切な思い出としていつまでも胸の奥にしまっておきたいと思います。



しかし、いつまでも不遇が続くことはないと信じたいのがサラリーマンの切なる願い。



臥薪嘗胆の末、返り咲くこともあるようです。




2009年度 コーチングスタッフ発表


<一軍>

監督  大石 大二郎

ヘッドコーチ  住友  平

投手チーフコーチ  佐々木  修

投手コーチ  清川 栄治

投手コーチ  赤堀 元之

打撃コーチ  水口 栄二

内野守備・走塁コーチ  馬場 敏史

外野守備・走塁コーチ  松山 秀明

バッテリーコーチ  三輪  隆

トレーニングコーチ  米村  理

コンディショニングコーチ  赤川 貴弘


 <サーパス>

監督  古屋 英夫

チーフ兼守備・走塁コーチ  弓岡 敬二郎

投手コーチ  酒井  勉

投手コーチ  小林  宏

打撃コーチ  藤井 康雄

内野守備・走塁コーチ  大島 公一

バッテリーコーチ  吉原 孝介

ブルペン兼育成コーチ  別府 修作

トレーニングコーチ   安田 昌玄

コンディショニングコーチ  本屋敷 俊介




そうです。


あの 「やすお~ ふぅずぃい~」 が

再びユニフォームに袖を通すことになりました。


081027 (3) 


毎年毎年、部署を変えられて本当に大変でしたが、それだけ球団内部を深く知る機会に恵まれたとプラスに解釈して(汗)


081027 (2)


満を持して、ミスター・ブルーウェーブ(兼最後のミスター・ブレーブス)がグランドに帰って来ることになりました!


081027 (4) 


藤井選手を知らない小さいお子様たちにも、今ではお馴染みですね(笑)




不遇を経て、再び第一線へ・・・・・。



はなき元球場長さまにも是非同じ道を歩んでいただきたいと、いちファンとしてはいつまでも待ち続けていたいと思っております。






もう一人、とっても嬉しいカムバック組がっ!


現役時代は三塁を鉄壁の守備で守り抜いて日本一に貢献したにもかかわらず、例の岡添大粛正の嵐により、セントラルへと吹き飛ばされた馬場ちゃんが、帰ってきました。


081027 (5) 


オリックス来季三塁コーチは馬場氏

 オリックスの来季の三塁コーチは、ヤクルトから5年ぶりに古巣復帰した馬場敏史内野守備走塁コーチ(45)が務めることが26日までに決まった。今季ヤクルトは12球団断トツの148盗塁を決めたが、そのクセ盗みのテクニックや高度な走塁技術のノウハウを大石監督が評価。この日スカイマークでの秋季練習に参加した同コーチは「(三塁コーチは)ヤクルトでも4年間やりました。守備面でもこの秋は勝負して欲しい」と意欲的に話した。これまで同ポストを務めていた松山秀明外野守備走塁コーチ(41)は一塁コーチに回る




このニュースに癒された方は少なくないのではないでしょうか?


私もその一人です。



それにしても今シーズンのスワローズの148盗塁というのは凄過ぎますね!


12球団中第2位ライオンズですら107個ですから、更に際だちます。



ちなみにBsは63個(12球団中第9位)でした・・・・・。


これでも多くなったと喜んでいたのですがね(汗)



来シーズンのBs打線は、F1のスピードを持つ重戦車というかつてのマイクタイソン?のような打線に生まれ変わってくれることでしょう!





しかし、この煽りを受けてせっかくユニフォーム組に返り咲いたがっちゃんがフロントへ逆戻りになるのですよね、寂しいですが。


第2の 「背番号はないけれど」 ですね・・・・・。



がっちゃんと言えば「ノック」 「ノック」と言えばがっちゃん といわれるほどがっちゃんのノックは有名でしたが、ノックの練習に駆り出される若手選手たちの困惑が解消されるなら、それも・・・・・ですかね(笑)


081027 (6) 





それにしても・・・・・



このチームは来期も外野守備に不安を抱えたまま戦うことになるのですね。



一体いつになったら本職の外野守備コーチを雇うのでしょうか?



内野守備の鬼・馬場ちゃんときたら、外野守備の鬼のあの方しかいないと思うのですが・・・・・。



MLBの解説などで腐らせている場合ではないと思います(笑)





解説と言えば・・・・・




最初「佐々木さん」と聞いたときには、「あの、ちぇっの人」か!?と思いました。



別人とわかった後、以前イーグルス戦の中継の時にはあなたと村上さんの時には「声を消して」観ていたことをすぐさま思い出しました・・・・・。



しかし、解説及びキャラクターと実際の現場での指導とが、必ずしも反比例するとは限らない、ということを今季のライオンズから痛いほど学びましたので、始まっていない今は、何も言わないでおきます。



大ちゃん自らが信頼して招聘した人物ですからね。



あの解説で見せた「凄まじい愛情」を、今度はBsに注いでいただけるはずです(汗)


おばちゃん受けも良いようですし





もう一人の返り咲き組は、マスターズ・リーグで見る度にまだ投げられるのでは?とさえ思える、スリムな元祖「コバヒロ」



あの伝説の「オマリーとの14球」の主役です。



レジェンドは、多分今年の流行語大賞(?)ですから、復帰は全くもってタイムリーであると言わざるを得ませんね!


まさかカーゴエ前会長の代わりにセットあっぱ


頑張って欲しいです!





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月25日 フェニックスリーグ成績~投手編

では、投手編に参りましょう。



7勝2敗2分けで優勝サーパスの勝ち星内訳は・・・・。


2勝トリオワン


一軍みたいに「カルテット」にはなりませんでしたが。





嬉しいのは、高卒ルーキーの山崎くん


081025 (1) 


私は投げたところはナマで一度も見たことはないのですが、2つの勝ち星をゲット。


先発は一度もなかったのですが、中継ぎとしての好投に、先輩打者たちが応えてくれたということでしょう。



通算7イニングスを投げて防御率は1.29

自責点は何と「1」点



同期のライバルで市船ツインタワーの一人、ホークス・岩嵜くんは今季プロ初マウンドを踏みました。


来期は先に、プロ初星を掴んで一気に逆転すると良いですね。


最近は各チームで高卒ルーキーや二年目の投手が話題になっておりますが、Bsにも遂に誕生するのでしょうか?

楽しみですね~。





続いては、久々のみっつー


081025 (2) 


彼も先発登板は1度もありませんでしたが、中継ぎのみで2勝(1敗)。


おしなべて、今フェニックスリーグでの打線のエンジンは、主に後半に爆発することが多かったようです。


それでもチーム第3位の13イニングスを投げて防御率は2.08


かつては(Bs限定で)一世を風靡したみっつーも、ここ最近は毎年正念場


何とか復活のきっかけを掴み取って欲しいと、いつも願っています!





さて、7勝全て先発投手以外なのか? と思われた皆様、ご安心を。


3試合全てに先発登板して2勝0敗!


通算チーム第2位の14回を投げて(防御率2.57)しっかりとローテーションを守って結果を出したのは、梶本くんでした。


081025 (3) 


彼も一応は、ルーキー

しかし、四国ILリーグで培った土台は、他のルーキーよりも一歩リードしているイメージがあります。






Bs内の年齢構成上、同級生が一人もいないというハンデ(?)も今秋のドラフトで解消されることでしょう。

来年は、マンダリン豊作になると良いですね!





勝ち星の残り1つは、中山くん先発で讀賣戦に勝利したもの。


通算12回を投げて失点1、防御率は0.75。


特筆すべきは、相変わらず高い三振奪取数・・・・・。

イニング数を上回る13個を奪いました。


しかし、彼の場合は、これくらいやってくれても何の不思議もありません

望むべきはただ一つ。


安定感


来期こそ、「NHK」のローテ揃い踏みを期待しています!





N ときたら、今度はH



今フェニックス・リーグで、最も注目は、皆さんも同じでしょう。


081025 (4) 


一昨年と昨年の2年間、苦しい投手陣の屋台骨を支え続けた、永遠の若きエース候補・平野佳くんの回復ぶりですよね!

大石大ちゃん監督も、わざわざ2度にわたってそのピッチングを見極めるために、宮崎を往復したと聞きます。


キッチリと中4日で先発し、3回、4回、5回と投球回数を延ばして、通算12イニングスを投げて失点は0!


もちろん防御率は0.00!


それで勝ち星が一つもつかなかったのが不思議・・・・・・でもありませんか・・・・・。


平野佳くんが好投したときに、よく見られた傾向ですね(笑)



おまけに四死球は「0」

風の噂では150KMもマークしたとか・・・・・。


(被安打11は、ご愛敬)


と言うことは、もはや・・・・・



完全復活の準備は万端!



といっても過言ではないでしょう!





本物のKは、クライマックス・シリーズにも登板して良い経験値を積み重ねていますので、違うKを・・・・・。


チーム最多の16イニングスを投げ抜きました、小林くんでした。


081025 (5) 


しかし、イニング数を遙かに上回る被安打もダントツの22本・・・・・。

与四死球もチームトップの11失点は15・・・・・。


言わずと知れた昨年の大社ドラフト1巡目指名の期待の即戦力ルーキーでしたが、今季は一度も一軍に呼ばれることはありませんでした・・・・・。


しかし、今フェニックス・リーグでは先発ローテーションを任されて、チーム最多イニングス。


期待の大きさは、ハンパではありません!


Bs伝統の、育成型即戦力として、長い目で見守りたいと思います。



081025 (6) 



ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月24日 フェニックスリーグ成績~打者編

こんなニュースが飛び込んできました。



秋の夜長に勉強会…“なぜ”をもう一度考える

 “勉強の秋”だ。11月1日から始まる秋季キャンプの練習終了後に、チーム宿舎で全投手陣と野手数人参加のミーティングが開催されることとなりそうだ。練習スケジュールは基本的に4勤1休が濃厚で“勉強会”は各クール前半3日間の練習終了後に行われる予定。内容について大石監督は「なぜこの投手が打てなかったか”“なぜこの打者を抑えられなかったのか”ということをもう一度思い出して次につなげてほしい」と期待を込めた。



この 「なぜ?をもう一度考える」 という行為は、私たちファンの 飲み会での主要行事の一つ ですよね?。


私たちファン代表も、参加させてくれないですかね?(笑)




をい! ちょっとそこへ座れっ!



それこそ、小一時間・・・・・・・・(以下自粛)





また、こんなニュースも飛び込んできました!



なんば湊町「サンタランドツリー」点灯式イベントにスコット出演


081024 (9) 



某氏は10/24の記事にて、これを スコット・シェルドン」 の緊急来日、と捉えられたようですが、私は違う解釈として捉えました。


スコット


とは、名前を表す名詞ではなく、出演するという動詞にかかる副詞なのでははないかと・・・・・。



一般的な意味としては、超有名な 「スコる」 という動詞がありますね。


「期待度は相当大きい。しかしそれは(どちらかと言えば)相手チームからのものであり、いみじくもその期待に応えてしまうさま」




ちょこちょこっと とか こそっと とか 混沌と とかとよく似た副詞として考えてみますと・・・・・。



スコット・・・・・スコッと


このニュアンスを少し含んで、マスコットはもちろん出演いたしますが過去の経験から、あんまり盛り上がりませんよ、との自虐ネタメッセージなのかな?と私は受け止めました。




しかし、真相は闇の中。



勉強会の議題に上がるでしょうか・・・・・。





しょうもないことを書いている場合ではありません(汗)




優勝した今年のフェニックス・リーグで活躍した選手たちのご紹介でした。



まずは打者部門。



堂々の新4番の誕生です!


081024 (1) 


全9試合でスタメン4番を張り、堂々のチーム首位打者(0.361)に輝きました。


更に、安打数(13)、打点(9)ではチーム第2位


もちろんホームランFs戦1本放っています。


気になる(笑)守備位置は、9試合でスタメン三塁、2試合は一塁でした。


ライバル大西くんのプチ・ブレイクに悔しい思いをしたトレード一年目。


来期は何度も(良い意味で) 「古木、ああっーーと!」 叫ばせてください!





チーム打点王(12)そして最多安打(14)は、皆さんの予想どおり(汗)


081024 (2) 

帝王


今年は、せっかく掴んだ開幕スタメンのチャンスをモノにすることはできず、二軍でも不完全燃焼に終わりました。


ある意味 「悲愴感」 を持って臨む来シーズン。


後輩のぐっちの昨年と今年を思えば、来期こそ迎くんブレイクの番だと信じています!





未完の大器は、相変わらずオフ・シーズンには大爆発!


081024 (3) 


帝王・迎くん(2)、ウエスタンHRキング良太@アイカー(0)を抑えて、堂々チーム本塁打王(3)に輝きました!


さらに、打率(0.343)はチーム第4位打点(6)、安打数(12)はともにチーム第3位


安定感が出てきたのでしょうか?



081024 (4) 


Bsファン全ての願い・・・・・タフィ二世(notカールJr)の襲名を!


そして来期こそ一軍で・・・・・


豪快なアーチを、勝利を待つスタンドへ!



見た目は、信彦さんですが




チーム最多安打を迎くんと分け合ったのは、亮くんでした!


081024 (5) 


ビッキーが合流するまで、8試合全てでスタメン1番ショートでフルイニング出場

その後は二塁に廻りましたが、最終戦以外の出場9試合全てにヒットを放ち、そのうちマルチ安打5回は、迎くんと並びもちろんチーム最多


期待度に比例して、打数チーム最多の40。


そして打率チーム第3位(0.350)、先頭打者ホームランも放ちました。


081024 (6) 


同じ、愛工大名電出身の俊足巧守巧打の左打者


「正統・直系のイチロー二世」 の資格があります!


近い将来、パ・リーグに新しいイケメン内野手が誕生します。





イケメンといえば・・・・・


081024 (7) 


チームの大命題の一つ


ダカヒー後継者育成



現在、英才教育を受けているのが光くんです。



9試合でスタメン・マスクを任せられて優勝に大きく貢献


そして打率は、ダカヒー並みの0.231・・・・・


充分、合格ですね! (汗)


081024 (8) 


イケメンスタイルが良く俊足キャッチャー・・・・・。

誰かとイメージが重なりますが、若さで 「挑戦」 し、できるだけ早く一軍で光り輝いてもらいたいものです!





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月23日 PL終了、おめでとうサーパス!
さて、昨日はCS(クライマックス・シリーズ)ライオンズの優勝で幕を閉じましたが・・・・・。


本日はPL(フェニックス・リーグ)が終了し、何と我がサーパス有終の美を飾りました! 




優勝しました!





081023 (1)




教育リーグといえども、優勝という言葉の響きは格別です。



ホント、優秀ですね(笑)




後半は雨にたたられて試合中止が相次ぐ幸運、いや不運もものともせず、見事7勝2敗2分けで勝率第一位


ダントツ最下位
だったウエスタン・リーグでの成績がウソのようです。




中でも、Bsが敗れたCL第一ステージの対戦相手のファイターズには2度戦って2勝



これで 「おあいこ」 ですかね?(涙)



チームの皆様明るいニュースをありがとうございました!





流石に優勝というだけあって、選手たちの成績も頗る奮いました!!



081023 (2) 



・・・・・詳しくは、明日お伝えします。



(ただいまデータ整理整頓中)





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月22日 CS終了、おめでとうライオンズ

パシフィック・リーグのクライマックス・シリーズが全て終了し、レギュラーシーズン優勝(第1位)のライオンズが通算4勝2敗でこれまた優勝(ややこしや)を決めました。


081022 (1)


というか、レギュラーシーズン1位のチームが日本シリーズに進出して覇権を争うという極分かり易い図式に落ち着きました。




それにしても、前年5位のチームが今年は優勝


ちなみに、Bs最下位から2位


(お互いに) 大躍進ですよね!!



とりあえず、ライオンズのチームの皆様方、そしてファンの皆様方には心よりお祝いを申し上げます。


081022 (1b)


この第2ステージは、どちらに勝ってほしいとかの希望が全くなく、ただ純粋に野球を楽しむことができました・・・・・。



しかし、日本シリーズは別腹です!



もちろん、パシフィック・リーグの代表を応援しようと思います。



今年は特に、私たちパ・リーグの代表・・・・・。


私たちも頑張った、という実感今年はあるので(笑)、今年の日本シリーズは楽しめそうです。 




081022 (2) 


前列向かって左から2人目の人は、監督よりも大はしゃぎ






だるびっしゅさんは、明日の先発予定でした・・・・・。


081022 (3) 


今日、勝っていたら・・・・・。


ご本人も、Fsファンの皆様方も・・・・・。

さぞ、無念でしょうねぇ。





その、だるびっしゅさんを歯ぎしりさせるとともにファイターズの息の根を止めたのは・・・・・。


081022 (5) 


親友の涌井くんでした。


081022 (6) 


シリーズMVPも手中に。

開幕及び胴上げ投手になりました。


全日本のエース争いは、レベルが高いですね。





武敏さんは、先制HRを含む3安打4打点で試合を決める大活躍。

余談ですが、「西鉄ユニ」が似合う選手としては、じぃじぃさん双璧でした。


081022 (4)


来年は、年上のもう一人の後藤さんも活躍して欲しいですね(笑)





キタガー先輩! 後輩の吉野!

見てますか~?


081022 (7) 


元えふわん・せぶん




昨年まで「ビール掛け」とは、他球団の選手の弾けっぷりを見て楽しむものでしたが・・・・・


081022 (8) 


今年は、もしかしたらBs選手によるの「ビール掛け」が見られた可能性があったのですよね。




来年は是非見たいと思います。




そう言っても、バカにされませんよね?(汗)



081022 (9) 




ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月21日 CSその後

既に昨日の話題で恐縮ですが、セ・リーグもCS第1ステージが終わったそうですね。

我らがBsの時と同じく、大阪(の)ドームで行われていたそうです。



ドラゴンズ劇的な勝利を納めたそうですね!


たいろんさんの値千金のホームランだけは見ました)



関係ありませんが、もし来年たいろんさん阪神へ移籍したとしたら、文字どおり「タイガー・ウッズ」になりますね(笑)





阪神は、熱心なファンの願いが通じなかったようです・・・・・。




20歳の虎ファン、日本一願い道頓堀にダイブ

巨人の優勝決定から約1時間後、大阪・中央区の道頓堀川に飛び込む男性が現れた。お笑い芸人・たむらけんじの物まねをしながら戎橋に登場すると、川に向かって2度ダイブ。阪神ファンだという堺市の20歳の会社員で「リーグ戦は負けたけど、阪神にはCSを勝ち抜いて日本一になってほしいと思って飛びました」と、話していた。


081021 (1) 




勝っても、負けても・・・・・。


しかも、ほぼ裸で。


本当に凄いですね。


私には、とてもマネはできません。






日本一になって欲しいと思ってダイブ・・・・・。



ああ。


そういう思いが込められて、スタンドからグランドへ次々「ダイブ」させておられたのですね。


081021 (2) 


もっと早く知っていたら、こんなシーンを見ても悲しくならなかったものを・・・・・。





BsがCS第1ステージでひとつも勝つことなく敗れたあの日



ライト・スタンドからグランドに投げ入れられたメガホンその他のゴミ類は、皆無


まぁ、これはいつものことですがね・・・・・。



阪神の、一部の心あるファンが何だかtとても気の毒に思いました。





それはそうと・・・・・。





岡田監督さん(notサッカー)が辞任とのこと。


イクローを、アベケンを、そしてひらりんを、使い育てていただいてありがとうございました


元BW戦士初の 「一軍監督」 でもありましたね!


本当にお疲れ様でした。




早速ですが、WBCの監督はいかがですか?

某氏より遙かに良いと思いますが





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月17日 CS第1ステージ対Fs2回戦(大阪(の)ドーム)

今日はもちろん10月12日です。


夢にまで見たクライマックス・シリーズも、気が付けば崖っぷちの第2戦。


前日の「想定内の敗戦」を踏まえ、今日は絶対に負けられない試合となりました。



しかし、先発も「想定内」



登板前日の敗戦を力に変える男!


連敗未然防止のスペシャリスト!


エース・小松っちゃんが、満を持して登場です。






今日も淡々と振り返りましょう・・・・・。



いや、混沌と・・・・・か。





Bs  2- 7 Fighters




081012 (1) 






まずは先発オーダー。


我が目を疑いました・・・・・。


081012 (2)


1番に、一輝です!


それは良しとして(笑)・・・・・。



問題は、レフトです。



前日プロ初の3安打猛打賞を、あのだるびっしゅさんから記録したルーキー・小瀬りんではなく!



濱ちゃん
でした。




短期決戦を制するためには、必ずと言って良いほど出現が待たれる「ラッキー・ボーイ」

さらに、その「ラッキーボーイ」に選ばれし選手は、以降のシーズンでも大ブレークする可能性が高いという事実・・・・・。


過去の歴史
が証明しています。




初戦のツキと活躍を見て「それが小瀬りんである」と私は思っていましたので、例え今日の先発がサウスポーであったとしても、スタメンは外れないだろうと勝手に思い込んでおりました・・・・・。




が、この 「ひらめき+データ=本日のオーダー」 こそ、大石大ちゃん采配の基本(?)





信じて応援するのみ
でした・・・・・。





エース・小松っちゃん。 


081012 (3) 


いつもどおりの気合いの入ったピッチングでしたが、まさかの「守備の乱れ」でリズムが大幅に狂いました。


いつもなら「たった」と思えた先制点の「2点」が、最後まで重く重くのしかかりました・・・・・。




恐らくは初めて見ました。


セカンド前ポテン2点タイムリー・ヒット




結果論から申し上げますと、セカンドが光尊さまだったなら・・・・・。


挑み飛び込んだ打球を、絶対に離すことはなかったことでしょう。



(ハナから、飛び込まないという選択肢は無しで・笑)





重いムードを払拭すべく・・・・・。


081012 (4) 


主砲のタフィさんが、シリーズ初のヒットがタイムリー!


ようやく4回に反撃の狼煙を上げました。








が・・・・・重苦しいムードは変わらないまま。









そのムードを変えるべく、この方も立ち上がりました。


081012 (5) 

081012 (6) 


乙でした。





2回に信じられないエラーを犯してしまった我らの一輝ではありましたが・・・・・。


081012 (7) 


打つ方では、3打数2安打1四球で3出塁

初の大舞台のスタメンで、あれだけのエラーの後だというのに以降は全出塁



1番打者としては充分過ぎる活躍だったと私は思います!



サーパスでは、直前のフェニックス・リーグまで殆どを「レフト」で過ごしてきた一輝


この悔しさを糧に、来期は不死鳥の如く、更に大きく羽ばたいてください!


是非とも「サード」でレギュラー争いを!(謎)





7回には、キッシーが連打を浴び、カーゴエ前会長未練を完全に断ち切る決定的なホームランを被弾・・・・・。





Bsの2点目は、前日の第1戦と同じく・・・・・。



ぐっち2試合連続ヒットから。


081012 (8)  


アレちゃん犠牲フライ


081012 (9) 


追い越さない程度の怒濤の攻めが見たかったのですが・・・・・。



081012 (12)






それでも最後まで諦めない姿勢が見えたのは最終回でした。



スタメン5番レフトで3タコ(1エラーアシスト)濱ちゃんに変わった先頭小瀬りん


081012 (10)


昨日の、あのだるびっしゅさん攻略に続き、今日はあのまいけるさんから四球で出塁




結果論ですが・・・・・。







虚しいだけなので、止しましょう(涙)





来期以降の無限の可能性を信じて!





さらにダカヒーも粘りを見せて連続四球を選び、ノーアウト1・2塁の最後のチャンスを得ます。




キタガー会長はライトフライに倒れて、迎える打者は・・・・・。


081012 (11)  


昨晩の全国大会の甲斐なく(笑)、最終打席も三振に終わりました。



超ファインプレー
あり~の。


信じられないチャラんプレー
あり~の。


ある意味、持ち味は発揮してくださいましたが(笑)




打つ方では全く良いところがなく終わってしまった初めてのCS



しかし、この一年間での様々な汗と涙と感動(と笑い)を随所で魅せていただけて心から感謝しています。




ありがとう、光尊さま!




初めての「クライマックス」は、右も左も見えない「暗いMAX」になってしまいましたが、来年は是非とも「明るいMAX」にしてください!





081012 (13)


思いもよらず、今年もう一度最後の勇者中嶋が見られて嬉しかったです。

梨田さん、ありがとうございました。 





戦い済んで・・・・・。


誰よりも真っ先に、ファンへの挨拶に向かう我らが大石大ちゃん監督


081012 (14)


あまりに激動の1年でしたが、私たちに予想以上に大きなプレゼントを与えてくださいました。



あの仰木さんもかつて20年前・・・・・。


あの10.19で流した悔しい泪を、翌年に見事晴らしてナンバー・ワンに輝きました。



次は、その教え子たちが同じ目標を達成する番ですよね!



081012 (15) 



チームの皆さん!


素晴らしい1年を本当にありがとうございました。




081012 (16) 





ファイターズの皆さんも素晴らしい戦いをありがとうございました。


081012 (17) 






となってしまった「第3戦のチケット」・・・・・ 



この悔しさを絶対に忘れないため



払い戻しなどせずに



来年まで大切に持っておくことにしました。











嘘です。



081012 (19) 



ここに、今シーズンのBsの戦いが全て終了致しましたことを謹んでご報告申し上げます。







ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月16日 CS第1ステージ対北海道日本ハム1回戦(大阪(の)ドーム)

今日は10月11日です。


夢にまで見たクライマックス・シリーズ開幕です。






淡々と振り返りましょう・・・・・。





Bs  1- 4 Fighters




081011 (1) 




ようやくここまで辿り着きました。


081011 (2) 


真紅の魂 が One Heart Beat!




081011 (3) 


我らが光尊さまもクリーン・アップ、5番でスタメン。


この日のために、全国からファンも集結しました(笑)


いざ、晴れ舞台での晴れ姿!



しかし、結果は4タコ



ほろにがCSデビューとなりました・・・・・。





公約どおり、「先頭打者セーフティー・バント」を見事決めたぐっち!


  


更に、最終打席でもこの日2つ目のセーフティー・バントを成功。


今年の成長ぶりを示すに充分なマルチヒットを記録しました!


081011 (9)


そしてこの日唯一の得点となったホームを踏みました。


プレッシャーの掛かるCS、そしてその初戦・・・・・。


上々のデビューを果たすことができました!





」が活躍するなら「」も!


何と、プロ入り初の3安打猛打賞を・・・・・


081011 (4)


初のCSで、しかも第1戦・・・・・

しかも全日本のエース・ダルビッシュさんから!!!!



持ってますね!



確かにぃ。





もう一人の2安打マルチは、アレちゃん


081011 (10)


今季、何度見せてもらったことか・・・・・。


チームの完封負けを阻止する「意地の一撃」を!


この日もチーム唯一の打点(犠牲フライ)を挙げてくれました。





栄えある開幕投手となったコンちゃんでしたが・・・・・。

ランナーを出してもホームは踏ませない、いつもの粘りのピッチング5回を投げ終えて1失点


しかし、6回についに力尽きてしまいました・・・・・。


081011 (7)
 

援護射撃があればまた違う展開になったかも知れませんが、私は良く投げてくれたと!の気持ちで一杯でした。


この悔しさを確実に未来へ活かしてくれる。


限りなく確信に近い予感がしました。




その後は、豪華で小刻みな継投。



2ケタ勝利のきんこくんが!

081011 (11)



後半はローテで活躍のキッシー

081011 (12)


勝っていたら、間違いなく「ファン感謝デー」状態でしたが(汗)





サプライズ昇格となった一輝


081011 (5)


私の願いが宮崎まで届いたのでしょう(笑)


フェニックス・リーグでは10打数4安打秘密兵器としての準備は万端!





・・・・・のはずでしたが・・・・・。




メガホンを持って、清原氏(キヨ)チームを鼓舞


081011 (6)  


 しかし、「魂の応援」は届きませんでした・・・・・。




この日の勝敗は、ラッキー7に決していたのかも知れません。 


081011 (8)  


いつもの「超スリムダイエット・ネッピー」は周りのスタッフの奮闘も空しく、最後までこの状態。


完全屈服・・・orz





最後の打者となった濱ちゃんは・・・・・


081011 (13) 


だるびっしゅさんの前に、キヨ譲りの「魂の三振!」





第1戦は、ファイターズの前に敗れ去りました。


081011 (14) 


しかし、今日の相手はエースだるびっしゅさん


明日はウチエース小松っちゃん



想定内の敗戦



はずでした・・・・・。



もっと正確に申し上げると、この言葉を呪文のように心の中で何度も何度も反芻して、心を静めておりました・・・・・。




そして、最後は魔法の言葉







また明日だな。





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 11日 また明日だな。
また、ゆっくり更新します。

全国からお集まりいただきました皆様方、お疲れ様でした。

とっても楽しい 「決起集会」 となりました。


本当にありがとうございました。


(敗戦のショックが吹き飛びました・笑)



081011a.jpg 


写真を見ただけでは何の集まりなのかさっぱりわかりませんが、それが良さでもあるのです。


081011b.jpg 


球団の枠など軽く越えて、これだけの人々を魅了し続ける我らが光尊さま・・・・・


明日 「は」 、きっとやってくださるはずです!






ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 10日 いよいよ、明日だな
いよいよ開幕が明日に迫りました。


1年に2回も「開幕」を迎えるなんて、随分と久し振りです・・・・・。


でもそれは、もちろんBsとしては初めてのこと。


新鮮な気持ちで・・・・・。


そしてどのような結果になろうとも、今シーズンここまで私たちを導いてくれたチームの皆様への感謝の気持ちを忘れずに。


Bs初代監督であった仰木さんの「夢」の、とりあえず「第一歩」です。





<パ・リーグ>11日からCS オリックスと日本ハムが激突

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は11日、京セラドーム大阪で開幕し、レギュラーシーズン2位のオリックスと3位の日本ハムが対戦する。オリックスはプロ7年目で初の2けた勝利(10勝)を挙げた近藤、日本ハムは今季16勝のエース・ダルビッシュが初戦の先発を務める。10日はオリックス、日本ハムとも京セラドームで最終調整を行った。


 ◇カブレラに硬さみられず…オリックス

 午後1時から始まったオリックスの全体練習。CS初出場ながら、内野手のカブレラが中堅守備に入ってチームメートの笑いを誘うなど硬さは見られなかった。第1戦の先発となる近藤もノースローでの調整で、「シーズン中と同じで特別な感じはない」とひょうひょうと語った。

 ダルビッシュ対策としては小瀬、大引、坂口のスピードのある若手3人を並べ、犠打や足など小技で揺さぶりをかける構え。さらに相性の良い下山を2番に起用してつなぎ、カブレラローズの主軸で得点を狙う。近鉄時代の01年に梨田監督の下でリーグ優勝を経験したローズは「梨田さんは監督だったし良き友人だが、このチームのために勝利する」と力をこめた。


 ◇第1戦先発のダルビッシュは軽めの調整…日本ハム

 06年プレーオフ、07年CSの第2ステージを経験済みの日本ハムは、終始リラックスムードで、選手たちは打撃練習などで汗を流した。06、07年に続き第1戦の先発を任されるダルビッシュは、ランニングなどで軽めの調整。「いつもの試合前と変わりません。勝つピッチングをするだけ」と淡々としたもの。

 ただ、「終盤のピンチの場面でローズ、カブレラを迎えたら、歩かせるか」との報道陣の質問には表情を険しくし、「今までそんなことありましたか?」と逆質問。「普通に考えたらしないでしょ」と語気を強め、真っ向勝負を強調した。梨田監督は「短期決戦は初戦が大事。ダルビッシュで先手を取って、他の投手も乗っていければ」と語った。



081010 (1) 




【オリックス】先発近藤序盤から全力投球

 11日のクライマックスシリーズ初戦(対日本ハム、京セラドーム大阪)に先発するオリックス近藤一樹投手(25)が先勝を誓った。

相手先発はダルビッシュだが「点を与えなければ負けない」きっぱり

金子、岸田の両先発も中継ぎ待機するなどブルペンが厚くなることから「最初から飛ばしていきます」と序盤から全力投球で挑む決意を明かした。「日本ハムは足のある打者が多い。1番から9番まで気合を入れて投げて、無駄なランナーを出さないようにしたい」。ダルビッシュ食いで一気に王手をかける意気込みを示した。




081010 (2) 





羞恥心改め「秀智神」の3人が嵐を起こし、シモヤマンが爆発、そしてタフィさんアレちゃん光尊さまの主軸が轟き、さらにダカヒーでトドメを・・・・・。


決定力不足、の心配なし


そして、世間的にはダークホースコンちゃんがいつものようにマウンドで舞い踊る!



嗚呼、すばらしすぎる。



野球界には、13ゲーム差をひっくり返して優勝という「メイク・レジェンド」が実際に起こるのです・・・・・。



誰が「そんなこと起こり得ない」と言えますか?



一月半前は、私たちBsファンが思ってましたが何か?(笑)



ジャイアンツファンの皆様、おめでとうございます!! 



阪神ファンの皆様は、残念でした。


081010 (4)


元・Bsファンか?

逆パターンは嫌と言うほど見ましたが、このパターンは初めて見ました・合掌)





戦前の予想では、ファイターズ有利が多そうですが・・・・・。


仰木マジックを受け継ぐ大石Bsマジック、必見です。


081010 (3)




ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 9日 カウントダウン

もういくつ寝ると・・・・・(略)

早く見たい気持ちと、もう少しこのまま幸せ(暇)でいさせて欲しい気持ちが半々です。


でも、もう待ってはくれません。


SMAPのコンサートも終わってしまいました。


( ↑ 行ってません)



祇園祭なら、宵々山ですよ。


初めてのクライマックスを迎えるのです。


高ぶる闘志を抑え、カウントダウンをも楽しもうじゃありませんか!





今日のフェニックス・リーグは、とても大きな意味を持つ試合でした・・・・・。




10/9 サーパス vs 日本ハム 試合結果

フェニックス・リーグ試合結果
(10/9 清武)


日本ハム 000000000 0

サーパス 20000110× 


日本ハム:投)植村、豊島、伊藤   捕)今成

サーパス:投)梶本、大久保、光原、鴨志田   捕)辻、横山

サーパスは初回日本ハム先発植村から古木相川イムリーで2点を先制。6回裏にも日本ハム2番手豊島から岡田タイムリーで1点を奪うと7回にも犠牲フライで1点を追加。投げては先発梶本が5回、2番手大久保が2回、光原鴨志田と継ぐ完封リレーで日本ハムに勝利





前哨戦に、見事勝利です!

きっと同じことを選手たちも言っているでしょう(笑)


プラス思考は、短期決戦では不可欠ですよね。





オリックス、CS初戦は近藤、第2戦に小松!

 オリックスの大石監督は9日、クライマックスシリーズ(CS)第1ステージ第1戦の先発投手に近藤を起用することを明言した。第2戦は小松。第3戦までいけば山本が先発する。

 同監督はチームトップの15勝を挙げた小松を第2戦に回し、初戦に近藤をぶつける理由を「(リーグ)終盤の近藤の勢いと小松の安定感から(決めた)」と説明。日本ハムのダルビッシュと投げ合うことが予想される近藤は「自分の投球をして、悔いが残らないようにしたい」と話した。



081009 (1) 


晴れの開幕投手は、コンちゃんになりました!


私も含めて、小松っちゃんと思っていた人も多かったでしょうが・・・・・。



しかし・・・・・。

思えば、後半戦は5連勝でフィニッシュ

中でも、神戸最終戦王監督の福岡最終戦、そして記憶に新しいキヨ引退試合兼今季最終戦という今シーズン指折りの大舞台全て勝利!


物怖じしない大胆なピッチングが冴え渡りました。


勝ち頭同士の対決も見たかったのですが、かつて甲子園を沸かせたヒーロー同士の投げ合いもファンには堪えられない好勝負となることでしょう。



さらに・・・・・。


081009 (2) 


小松っちゃんは、登板前日にチームが負けているときの方が・・・・・(以下自粛)


最も頼りになる男が、控えているのです。


こんな贅沢なことが他にあるでしょうか?(笑)






日本ハムがCSオリックス戦へ大阪入り

 日本ハムが9日、11日から始まるオリックスとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージを前に、敵地大阪に入った。シーズンの京セラドーム大阪での成績は4勝6敗で、CSと同じデーゲームに限ると1勝6敗と分の悪い条件だが、2年ぶりの日本一奪回に突破しなければいけない最初の関門だ。

 散髪してから大阪に移動した稲葉は「どんな形でも勝てればいいよ」と話していた。




081009 (3) 


我らライトスタンドアイドル(笑)、稲葉さん

CSでも爽やかに、そしてお手柔らかく。



081009 (4) 

注) 本文とは関係ございません





オリックス、CSチケットが売れ行き好調!

 オリックスは8日、CS第1Sのチケットの販売を開始した。前売りで各試合3万3000枚を用意しているが、午後3時で第1戦、第2戦ともに2万枚以上を販売。

 球団の営業担当者は「予想以上の売れ行きです。当日券を減らして、前売りに回す可能性もでてきた。3万人以上の観戦が期待できる」と語った。





おめでたいことです・・・・・。


3万枚のチケットが売れても、3万人が観戦に来るとは限らないことは、(10月1日の観客席を見たのならば)当然わかっているはずです。


またまた得意の煽り商法ですか?



前売りに回さずにあえて当日券で売る方が確実に観戦者が増えるということは、この球団の営業は学習したくないないようです。


オークションに大量に出品されようが、金券屋の店頭で大量に陳列されようが、前売りが売れさえすれば自分ところの営業的には全く影響がないのでノー・プロブレム・・・・・。



そしてまた、入りたいのに入れないBsファイターズのファンが大量に生み出される訳です。



「野球ファンの気持ち」 なんてわかろうともしない会社ですねぇ・・・・・orz






おまけ


081009 (6)  


今日は一夜限りの「大西くんDAY」でした。


081009 (7)


Bs時代の応援歌が、今夜だけ特別に復活!


長く険しい 荒れた道こそ

打撃道! 上り詰めろ!

誇り高き師を胸に・・・




隠れた名曲です!

久し振りに聞いて、鳥肌が立ちました。


残念ながらノー・ヒット(1番・センターでスタメン)でしたが、チームM2が点灯したジャイアンツに痛烈な足踏みを余儀なくさせる快勝・・・・・。


だから、その効果は絶大なものとなりました(笑)


できれば来年は、是非ともナマで聞いてみたいものです。



大西くん、移籍1年目・・・。

メッチャ頑張っていました!






業務連絡


081009 (5)


お待ちしています(笑)





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!





10月 8日 今季最終戦の長~い一日(おまけ・・・??)
運命の開幕まであと3日。

いよいよ、戦闘モードに突入です!


ファイターズは、いよいよ本気ですね・・・・・。




日本ハム、ファン1万人を前に紅白戦で仕上げ

8日、クライマックスシリーズ第1ステージへの仕上げとして札幌ドームで1万1416人の観衆を集めて紅白戦を行い、最終調整を終了した。
 4番候補のスレッジが中越え2ランを含む3安打と活躍。「気分もいいし、体力も戻ってきた」と自信を回復した様子。主力の田中や稲葉らも安打を放ち、好調ぶりを示した。梨田監督は「調整はうまくできたと思うが、結果が出てこそいい調整と言える」と気を引き締めた。チームは9日に決戦の地、大阪へ移動する。




ちなみにBsの今日は、シリーズ前の最後のお休みでした。

「紅白戦」兼「壮行会」・・・・・。

有料でも、羨ましいなぁ。





サーパスは、今日も戦いました。

今季のウエスタン・リーグではダントツの最下位でしたが(汗)・・・・・




10/8 巨人 vs サーパス 試合結果

フェニックス・リーグ試合結果
(10/8 アイビー)


サーパス 002232000 

讀   賣 010000020 3


サーパス: 投)中山、康介、延江   捕)伊藤
巨人: 投)栂野、村田透、林羿豪、深町   捕)伊集院、星

本塁打:矢野(巨人)、迎(サーパス)


サーパス先発中山は2回裏に矢野の本塁打で1点を奪われるが6回1失点と好投。巨人先発栂野は3回表にエラーで2点を奪われると4回表にも2ラン本塁打で追加点を奪われる。サーパスは5回表にも巨人2番手村田透から古木木元のタイムリーで3点、6回表にも由田のタイムリーなどで2点を追加。8回裏に巨人も中井のタイムリーなどで2点を返したが試合は9-3でサーパスが勝利した。



めでたく2連勝スタート!


3連戦なら勝ち越し





オリックス、CS第1戦は先発近藤が濃厚

オリックスは全体練習が休みだった8日近藤がスカイマークスタジアムでランニングなど軽めの調整を行った。日本ハムとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ第1戦の先発候補に浮上した右腕は「ダルビッシュは日本のエースだけれど、点を取られなければ勝てる」と自信をのぞかせた。
 
ダルビッシュの先発が予想される第1戦に、誰を先発させるか。大石監督明言していない。ただ7日の練習後に「明日の練習を見れば分かるでしょう」と話しており、今季自身初の10勝を挙げた7年目右腕が先陣を切ることが濃厚になった。



大方の予想では、エース・小松っちゃん開幕投手と見られていましたが・・・・・。

やっぱり、あの異様な雰囲気と想像を絶するプレッシャーのキヨ引退試合で、安定したピッチングを披露、しかも完投勝利をゲットしたコンちゃんに懸けるのでしょうか?

しかし、こういうのは相手を惑わせる短期決戦ではお約束(笑)


大ちゃんは、私たちファンに対しても 「予想」 というを楽しみをくださいました。





さて、そのコンちゃんが完投勝利を挙げた今季最終戦延々と引っ張って参りましたが、いよいよ賞味期限となりました・・・・・。


なので、今日はおまけとして、あの日ドームにお越しいただきましたご来賓の方々をご紹介してグランド・フィナーレとさせていただきたいと存じます。




おまけ・・・・・・・。


クライマックスの前に縁起が悪いですね・・・。



お負け!



嫌です(笑)






おおっ!この構えは!?


081008 (1) 





世界のイチローくん


081008 (2) 


どこかヨーロッパの小国の皇太子と間違えそうな 「ロイヤル感」 が漂っていますね(笑)


Bsで言えば漢・塩Z同級生

キタガー会長村松さま一コ下・・・・・。


まさに、ミスター「アンチエイジング」






普通なら、お一人でこのドームくらい満員にされるお方と聞きます。


081008 (3) 


今度、レンタルCDを借りに行こうと思います。





ヤングさん?


081008 (4) 


あっ、間違えました。

元PL学園の中村ジュンジ監督さまでしたね。


普通の席なのですね(汗)


失礼いたしました。





K-1つながりですか?


081008 (5) 





この方も・・・・・


081008 (6) 


韓国の人気ナンバーワン俳優として凱旋来日中の秋山@ぬるぬるさん。





この方も・・・・・


081008 (7) 


将来は、キヨリングで戦うのでしょうか?(笑)





西武時代恩師の一人、土井正博元コーチ。


081008 (8)


博元コーチではありません(笑)





 前出の格闘技の秋山さんには大変申し訳ありませんが・・・・


やはりキヨときたら秋山さんは、この方!


081008 (9) 


やっぱり本物のAK砲
には敵いません!


来期は、いよいよ監督ですね。


ホークス新時代の幕開けです。





全ての皆様方、ありがとうございました。


081008 (10) 


081008 (11) 



記録よりも記憶に残る男。



タイトル?



何を炊いとるんや?






(業務連絡)

「全国チャラ夫会臨時総会開催」の件







ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 7日 今季最終戦の長~い一日(その六でなくて録!)

パ・リーグ史上初の天下分け目の「裏」天王山!

イーグルスホークスとの最終戦。


恐らく「最後のON対決」になることでしょう。 (OHOMURA


結果は割愛しますが、今季のパシフィックリーグを象徴するような、最後まで息の抜けない戦いでした。



王監督様は、惜しまれつつ静かにグランドを去られました・・・・・。

パ・リーグ、ホークスでの監督生活、本当に長い間お疲れ様でした。




これで2008年度のレギュラー・シーズンが終了しました。





終わりがあれば、始まりもある。それが人生・・・・・。




しかも、その開幕戦に勝利!?



今日、南国・宮崎で開幕でした。



フェニックス・リーグ試合結果

10/7 ヤクルトvsサーパス 試合結果(西都原)

サーパス 120 043 110 12
ヤクルト   000 010 00×  1 

サーパス: 投)平野,大久保,光原,山崎,鴨志田 捕)伊藤
ヤクルト:  投)高木,岡本,丸山,西崎        捕)水野、小山田

ヤクルト先発高木からサーパスは初回由田のタイムリーで先制、2回にも伊藤山浩のタイムリーで2点を追加、5回にも一輝の2点タイムリーなどで試合を決めると、その後もヤクルト投手陣から5点を追加し、投げては平野大久保光原山崎鴨志田の5投手がエラーによる1失点に押さえ12-1で勝利





幸先の良い結果ですね。

CSに向けて調整が続く「本隊」へ、力強いエールになったことでしょう。


もしかしてこの中に、CSの秘密兵器が隠れているのでしょうか?



このままでは終わらないぜ!

絶対に蘇ってみせる!




そういえばこの教育リーグの名称って何でしたっけ?


・・・・・フェニックス!





その「本隊」の今日の様子は?




オリックスが全体練習…ダル攻略に自信あり

 オリックスは7日、スカイマークスタジアムで全体練習を行い、シート打撃では川越山口ら中継ぎ陣が投手を務めた。

 ローズオルティズからバックスクリーンに本塁打を放ち、大石監督は「機嫌良くやっているし、体調もいいみたい。ダルビッシュに土をつける可能性も結構ある」と、第1戦で日本ハムの先発が予想されるエースの攻略に自信をのぞかせた





全く無いのではなく、結構あるのですね!


そりゃ、普通にいけば少なくとも2回ほどをつけられたハズでしたからね・・・・・orz


特に前回は、完封負け間近という逆境から一気に逆転という奇跡を起こしました。


その時の良いイメージが鮮烈に残っていることでしょう。



その後、奇跡的にサヨナラを喰らったのは・・・・(以下自粛)



楽しみですね!




もう一つ、ニュースが・・・・・。




オリックスが本柳を登録抹

 オリックスは7日、本柳和也投手(31)の出場選手登録を抹消した。




中継ぎ陣から本やんが外れて、をるてす今日登板したとなると・・・・・。


もしかして、まただるびっしゅさんに当てるのですか?



勘弁して欲しいです(爆)






・・・・・こちらの方は、「勘弁して欲しい」との声は完全に無視して(笑)


今日も行きます!




どこからでしたっけ?



ああ、長渕さんのお歌が終わったところでしたね・・・・・。




続いて、本日のメイン


キヨ自身による 「最後の挨拶」 です。



081007 (2)



ライトスタンド上段にあった謎の物体は、この時のための巨大なピンスポットライトでした・・・・・。



081007 (1)  


スピーチの全文を、私自身のための記録として、ここに残したいと思います。



皆さん、本日は清原和博のために、そしてオリックスバファローズのために来てくださり、本当にありがとうございました。

プロ入りして23年間、いろいろありましたけれども、きょう子供のころ、いつもテレビで見ていた世界の王さんから花束をいただき。心から感謝しております。


そして11年間、僕を育ててくれた西武ライオンズ・・・・・。

昨日(9月29日)、渡辺監督、西武ナインにファンの前で胴上げしていただき、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

西武ライオンズの皆さんありがとうございました。


そして、自分の夢であったジャイアンツで9年間お世話になり、つらいこと、悔しいこと、たくさんありました。

それでも一番の僕の心の支えは、球場に帰ってきたとき、ファンの皆さんの温かい声援と拍手でした。

ジャイアンツファンの皆さん、9年間どうもありがとうございました。


そしてオリックスバファローズに入団しましたが、思うように活躍できず、大阪そしてオリックスバファローズの皆さん、申し訳ありませんでした。

 
でも今年はクライマックスシリーズに進みます。僕は出場できませんが、オリックスの若い選手が必ずやってくれると信じています。


そして・・・・・このユニホームを着させてくれた・・・・・・・・・・・・天国の仰木監督っ!!!・・・・・・・・。

きょうはイチローもシーズンを終えてすぐ来てくれました。ありがとうございます。

阪神タイガースの金本選手は僕が足をけがしたらファンの中に交じって治療器を持って立ってくれるような、そんな男でした。

金本選手・・・カネもっちゃん!! ホンマにありがとう!!

本当に大阪そして、オリックスのユニホームを着たことを誇りに思い、きょう引退させていただきます。

全国のプロ野球ファンの皆さん、23年間応援どうもありがとうございました。
 




081007 (3) 


キヨに対しては、その入団経緯から今に至るまで、いろいろと思うことがありましたが・・・・・。


ここで言うと、「辞めていく人間に後ろから斬りつけるようなもん。」と言われて「がっかり」されてしまうと思うので、全て忘れることにいたしました・・・・・。


・・・・・などと悪態をつくことは、あの日あの時あの場所では無理でした。



「仰木さん」の名前を出すのは、やっぱり反則です。



涙を堪えられる限界点を超えました・・・・・。



 

Bsファンよりも選手から愛された(?)キヨ


081007 (4)


選手たちは、感動に打ちひしがれておりました。





その後は、一人でグランドを一周してファンに直接別れを告げます・・・・・。


081007 (5) 


もちろん、私たちのライトスタンドにも!


081007 (6) 


一軍復帰から今まで、勝利の挨拶ではライトスタンドに向いてくれたところを一度たりとも私は見たことが無かったのですが・・・・・。


おっと、一言多かったですね。




今日は目が合いました(笑)



気の小さい私の口が、勝手に「ありがとう!」と叫んでいました(爆)




胴上げ。


081007 (7) 




後を託された男たちと恩師の花・・・・・


081007 (8) 


ここに


男の花道 が完成。






さらば!つわものよ!


最後まで威光を放ち続けた23年間・・・・・。


時には目が悪くなりそうなくらい、眩しかったです。



081007 (9) 


でも、その光は間違いなく日本プロ野球の歴史の中で燦然と輝き続けることでしょう。


お疲れ様でした・・・・・。



081007 (10) 


私たちはあなたのことをずっと忘れることはないと思います。



できることならあなたにも、



これからも一生、オリックスのユニホームを着たことを誇りに思っていてほしいと願うばかりです。 



仰木さんのご存命のうちに入団を決意しておれば・・・と嘆き悔いたあなただからこそ





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 6日 今季最終戦の長~い一日(その伍でなくて娯!)
雨はようやく上がり、今日はグランドで全体練習が行われたそうです。

その様子を伝えるニュースもございました。



オリックス・小松はCSへ順調そのもの

オリックスは6日、スカイマークスタジアムで、練習再開後は初となるシート打撃を行い、クライマックスシリーズ(CS)第1ステージで先発が予想される小松、山本、近藤らが投手を務めた。

 小松ローズから空振り三振を奪うなど、打者7人を1安打に抑え「試合のつもりで投げた。いけと言われたらいつでもいく」と話し、仕上がりは順調。大石監督は「打者を見ても調子は良さそうだった」と満足そうな表情を浮かべた。




リンク先には、きんこくんが登板している写真もありました・・・。

Bs開幕投手が誰になるのかは諸説飛び交っておりますが、私は「来る」と思います(謎?)



久し振りに選手たちのユニフォーム姿を見ると、いよいよ始まるのだなぁと思って急に緊張して参りました(笑)





ちょっといいニュースをもう一つ。

長いですが、私はとても感動しました!



オリ熱血でCS制覇! 北川、我欲捨てナイン引っ張る

 オリックスのチームリーダー、道化師、はたまた清原の影武者と八面六臂(ろっぴ)の活躍を見せてきたのが、選手会長・北川だ。Aクラス入りのためなら、我欲を捨てる潔さがナインの士気を高め、「彼を中心に盛り上がっている」と大石監督も絶賛。その勢いで11日からのクライマックスシリーズに臨む。

 「ペイ(北)」「アンパンマン」の愛称で老若男女から幅広い支持を受ける源は、明るいキャラクター。だが、内に秘めた志は熱い。「昨年は屈辱(6位)だった。今年は絶対にAクラス入りしてクライマックスシリーズに出場する」と宣言。ナインに8年連続Bクラスからの脱却を促してきた。

 キャンプで右ふくらはぎ肉離れでリタイア。1軍入りは開幕から1カ月遅れたが、右ひじ手術で戦線離脱した三塁ラロッカの穴を不慣れながら埋めてきた。

 「ミス(10失策)は仕方がない。ペイから『いつでも交代します』と言ってきてくれているし、守備固めでは躊躇(ちゅうちょ)することはない」と大石監督。

 “チームのためなら出場機会が減っても”をまさに体で示してきた。左ひざ手術から復帰した代打・清原の21打席のうち、6打席は北川の場面だった

 「北川もキャリア14年のベテラン。普通なら『なんでオレの打席で』となるところだけど、彼は『ファンも喜ぶし、キヨさんはオーラがある』と、本音は別としてサラリとしたもの。プロの世界では言えそうで言えないセリフですよ」(球団関係者)

 一昨年に入団した清原が、春のキャンプで真っ先に親しくなったのも北川。清原復帰後も、試合前の打撃練習ではコンビを組み、「緊張しますワ」と先輩を立ててきた。

 清原に笑いを呼ぶのもやはり北川の役目。ある時、楽天・永井の投球が北川のヘルメットをかすめてぶっ倒れ、ベンチ裏のトレーナー室に直行。場所が場所だけにベンチ内は凍り付いたが、1分後、ケロッとした表情で登場。その際、笑顔の清原からヘルメット越しに頭を叩かれて、ベンチ内を爆笑の渦に。

 打率.265、13本塁打、49打点ながら、ベンチ内外の働きはチームNo.1で異論はない。清原の影武者として支えたアンパンマンがクライマックスシリーズでも陰日なたなく、チームを牽引する。

(夕刊フジ編集委員・高塚広司)



081006 (1a) 


もう何も言うことはありません。


一昨年の終盤は、今すぐ手術の必要有りと診断された肩の故障を押して、最後まで孤軍奮闘してくれました。

昨年は手術明けにも関わらず、最下位チームにありながら選手会長の責任としてフル・イニング出場

今年は、(成績はさておき) 故障帰国のグレちゃんに替わって急遽三塁へのコンバートでチームの危機を救ってくれました。



アンパンマンは、空腹で困っている人には例え自らの顔ですら分け与える慈悲深き正義のヒーロー



似ているのは、顔だけではなかったのですね。





それにしても、この素晴らしい記事を書いてくださった高塚御大・・・・・。


流石は隠れBsファンだけのことはありますね(笑)



来年は、「BsTIME」の編集をお願いできないでしょうか?






 
さて、ようやく試合が終わったところでしたね(汗)




そろそろ鮮度が落ちてくる頃ですが・・・・・。


そんなの関係ねー!



ちゃんと冷凍庫に入れて「長期保存」していますので、ご安心あれ。




では、懲りずに続きをお送りします(笑)





セレモニーの第1部


首脳陣・選手がマウンドを中心に整列してシーズン終了のご挨拶・・・・・。


081006 (1) 


「今年はまだまだ続きます。

クライマックス、一緒に頑張りましょう!」


081006 (2) 


大石大ちゃん監督力強い決意が、ドームにこだましました。


私たちの「夢」を実現してくださって本当にありがとうございます!


今度は、「奇跡」を信じたくなりました(笑)



他の人はどう思われているかわかりませんが、今シーズンのここまでの躍進に対して私個人的にはコリンズ前監督様にも感謝を申し上げたいと思っております。




ほんの5分足らず・・・・・。


今年のホーム最終戦セレモニーは、例年のようなサインボールの投げ込みもなく、さっくりと地味~に終わってしましました(涙)


 


野球ファン以外の方々には極めて退屈だった時間がようやく終わり、待ちに待ったイベントがいよいよ始まります(汗)


081006 (3)


でも、準備には時間がかかるものなのですね・・・・・。


大石大ちゃん監督のスピーチの7倍ほどの時間が掛かりました(笑)





何かが運ばれてきました。


081006 (4) 


それも次々と・・・・・。


081006 (5) 


トランスフォームでもして観客の度肝を抜くのかと思いました(汗)





一方で・・・・・。


081006 (6) 


黄色い何かが並べられています・・・・・。


よく見ると、鉢植えのお花のようです。


081006 (7) 


なんでも、この黄色の花は「オンシジウム」というラン科のお花だそうです。



オンシ・・・・・おんし・・・・・恩師・・・・・



今日はPL時代の恩師・中村監督も、名古屋から駆けつけてくださいました。


そして・・・・・


081006 (9)





・・・・・ん!?






おおっ!




081006 (9b)


忘れられない恩師の一人、俺たちの埃、いや誇り中村元監督様もお越しになっていらっしゃいました。


堀内さんは、所用により欠席



そして、この場を与えてくださった人生最大の恩師・仰木さんも間違いなく見守っておられます。



それら恩師への思いを込めて、選ばれたのだとか・・・・・。



081006 (8)  


レッドカーペットではなく、文字どおり「花の道」が作られた訳です。
  




 さあ、準備は整いました。


081006 (10)


場内の照明が落とされて
、セレモニーはスタートです! 





セレモニーの第2部



まずは、我らがキタガー選手会長から球団を代表して花束の贈呈。


081006 (11) 


本日の高塚様の記事を読んだあとに改めてこのシーンを見ると・・・・・泣けます(汗)





続いては、盟友・タイガースの金本さん、・・・・・いや、カネもっちゃん


081006 (12) 


ホンマ、ありがとう!


081006 (13) 


金本さんキヨどちらも泣いていたのが、ビジョンを見てわかりました・・・・・。


このあたりは、私は必死で涙を堪えていましたね(笑)





そして本日のスペシャルゲスト長渕剛さんが登場!


081006 (15)



魂の「とんぼ」大絶唱!



 081006 (14) 



魂の「とんぼ」大合唱!



081006 (16) 



このブログをご覧になっているあなた!


きっと今、一緒に口ずさんでいらっしゃいますね。



081006 (17)



正しいです(笑)

 


081006 (18) 



君に幸せ、あれ~ ♪




あっ、歌詞が違ったか・・・・・。




でも、何故かそうキヨに語りかけているように思えます。




このままにしておきましょう。





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!








10月 5日 今季最終戦の長~い一日(その四でなくて士!)

今日の大阪は、雨模様・・・・・

神戸でも雨だったそうですね。


大阪(の)ドームで開催される晴れ舞台となるCS第1ステージですが、事前の練習ではほとんど使用できないという内なるハンデ


おまけにでは踏んだり蹴ったりです(笑)



でも、出られるだけで幸せだと思うほかありませんね・・・・・。


チームの皆さん、頑張って下さい!






それではまた、今日もタイムスリップ!!!!






10月1日大阪(の)ドームのナイト・ゲーム。


6回裏、Bsの攻撃。



得点は2対1の1点差リードの場面、ぐっちを塁上においてマサヒロがタイムリーヒットを放ち3対1と差を広げた直後でした。


それまでの2打席は(普通に)凡退していた本日の主役・キヨ



刻一刻と迫るプロ生活の最終打席・・・・・。



もしかしたらこれが最後になるかも知れないという観衆の思いが一致したその第3打席は、この日最高潮のボルテージとなりました。



応援歌は、Bsライオンズジャイアンツのメドレー。


応援団もちろんライトスタンドの)の英断には感激しました!



ホークスのエース・杉内さんは、最下位脱出というチームの大命題を抱えながら、ビハインドの苦しい場面でも「ストレート」以外の選択肢はありませんでしたが(汗)



キヨの望みどおりストレートで真っ向勝負。 (←ツッコミ禁止)


(杉内さん、ありがとうございます)



3打席目にして、神様が微笑んでくれました!



右中間を真っ二つの大飛球!


(ライトが大村さんでなかったという偶然も重なりました)


081004 (7) 


マサヒロが生還し、引退試合を自ら飾るタイムリー2BHとなりました!


081004 (8)  


スタンドには少し届きませんでしたが、あの強い打球で「右中間」というところは、かつて西宮球場でさんざん見せつけられたライオンズ4番・清原の恐怖感を彷彿とさせるものがありました・・・・・。



キヨ自身の努力、ご家族の支え、本屋敷さんを一とするBs球団の完全無欠のいろんな意味でのサポートがあったればこそのこの結果というのは間違いありませんが・・・・・。




わたしはそこに、


最後の仰木マジック


が大きく発動したと思わずにはおられませんでした。



081004 (9)



ちなみに、自宅に帰ってテレビをチェックしましたが、間違いなくあの打球は完璧なヒット性の打球でした。


守備側の「引退試合用の特別な配慮」など全くなかったことを、ここに申し添えます・・・・・。


081004 (10)


試合終了後の引退セレモニーへの、大きな手土産になりましたね(笑)





ホークスのラッキーセブンの攻撃前には、ビジョンに王さんを称える映像が映し出されました。


081004 (11) 


今のユニフォームより、この方が完全にカッコ良かったと思うのは私だけでしょうか?

改めて見た、素直な感想です。

(お気を悪くされたホークスファンの皆様にはお詫び申し上げます・・・)



081004 (12)


をいをいっ!

それを出すのか?(爆)




 
とにもかくにも、現在のパ・リーグ人気を築き上げた最大の功労者の一人であることは間違いありません。


ソフトバンクの永遠の目標である「世界一」も、WBCで果たされた有言実行の人でしたね。



今更ながらも、JP問題が残念でなりません


081004 (13) 


レフトスタンドのホークス応援団の皆さんが掲げられた「14年間お疲れ様」の横断幕は、ライトスタンドからは涙で滲んで良く見えませんでした・・・。



王監督様、本当にありがとうございました!





この日は、数多くの著名人キヨの最後の勇姿を目に焼き付けようと見に来られていました。


イチローくん金本さんや紀香さんなどは、事前に報道されて知っておりましたが、ライバルチームのエースお忍びで来られていたのですね・・・・・。




でも、バレバレでした。




081004 (14) 


本当にありがとうございます(笑)





この日の来場者は、超満員にはほど遠いものがありましたが・・・・・。


4年間通って初めて目にする光景に、少し感動したシーンがコレです。


081004 (15)



おわかりになられたでしょうか?



被写体は、ライトスタンドの丁度正面。

三塁側のスタンド。

もちろんBsのラッキーセブンの攻撃前のワンショットです・・・・・。




私はこの場所にこれだけの「青色の風船」が上がるのを初めて見ました。



いつものホークス戦なら、Bsファンのものより遙かに多い「黄色(レボリューション・イエローでしたっけ?)の風船」が誇らしげに上がり、私たちを寂しい思いにさせているところです。


「普通の黄色」なら、ほぼ球場全体を埋め尽くします・・・。



こんなことが現実に起こり得るとは、正直思ってもみませんでした(汗)





8回、とうとうキヨ最後のバッターボックスに入りました。 


最後の「威光放つ男」・・・・・。


081004 (16)


恐らく最後の打席であることは、Bsファン以外は誰もが思ったことでしょう。


Bsファンは、最後のどんでん返しを何度も・・・・・(以下省略)


数十秒間にわたっておびただしい数のカメラのフラッシュが、あちこちで眩しく瞬きました。



まさに、「威光」が目に見えて輝いているかのようでした。





最後の打席だけは、


何が何でもキヨらしく




留めたバットにボールが当たり、力なくボテボテの内野ゴロなんて絶対に見たくはありません!



豪快にスタンドへ運ぶか・・・・・

豪快にバットで空を斬るか・・・・・


081004 (17) 


スーパースターは、期待を裏切りません。



想像どおりの結果を残したまま、笑顔でベンチに下がりました。


081004 (18) 


そのスーパー・スターと同じユニフォームを着て、同じベンチにいて、何人かはサーパスでもチームメイトになり、同じ時間を共有した後輩たちは、敬意と感謝を込めてハイ・タッチで迎えます。


ホームランの出迎えと全く同じように・・・・・。



彼のBsでの役割は、あとはセレモニーを残すのみ。

お疲れ様でした。





勝利投手の権利を手にして自分との闘いに勝ったコンちゃんは、中盤から後半に掛けては自分のリズムを完全に取り戻してアウトの山を積み重ねて行きます。


081004 (19) 


あれよあれよと言っている間に、何と9回のマウンドにも立ちました!


そして、ランナーを出しましたがこの日4つめの併殺打で切り抜けゲームセット!


081004 (20) 


ただでさえキヨの引退試合という異様な雰囲気の中で行われた今季最終戦に・・・・・


見事、5安打完投勝利!


自身のプロ初の規定投球回数クリアに加えて・・・・・


りょうてのゆびのかずのしろいおほしさまのげっとをたっせー!

 (訳:10勝目を達成)



夢の10勝カルテットが、本当に誕生しました(笑)




終盤の投手陣の中では、小松っちゃんと並んで1・2を争う安定感でした。



CSでも必ず登板のチャンスがあることでしょう。



魔球「ちぇんじあっぷ」を駆使して、良い意味で(笑)マウンドで舞い踊る姿をまた見せてください!





Bs誕生以来、最終戦と言えば昨年まで3年連続で神戸そして大阪ともに敗れて参りました。


しかし、今年は先の神戸に続いてこの日の大阪もどちらも勝利!


いろんな意味で、「終わり良ければ全て良し」 で締め括ることが出来た一年(公式戦限定)でしたね。



改めて、このチームに関わって下さった全ての皆様方・・・・・



ありがとうございました!



あとはCSそして日本シリーズを終えて(夢)、この言葉を再び噛みしめることができるでしょうか・・・・・。


とっても楽しみですね!





明日のブログ?


もちろん、引っ張ります(笑)





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 4日 今季最終戦の長~い一日(その惨でなくて燦!)

Bsナインは、今日から練習再開だったそうです。

ただし、例年のように「秋季練習」ではございません(笑)


シーズンが終わったばかりというのに、大変ですね。


・・・・・って、この時期にまだ続く戦いに向けて練習を行うというのは、野球選手なら誰もが羨むことなのでしょう。


それは、私たちファンも同じですよね。



昨年までは、全くの他人ごとでしたが、今年は何故か気が付けばニヤニヤしている自分がいます(笑)




チームの皆様方におかれましては気持ちを新たに、まずはプレーオフ第1ステージ突破を目指して、熱戦の舞台となる我がホームである大阪(の)ドームで心身を更にもう一段高めて下さい!




・・・・・・・・。




今日からの練習場所は、スカイマークスタジアム!?・・・・・。




えっ!?





7日から9日まで

SMAPのコンサートがぁ?






でも、無理ありませんよね・・・・・





球団も私たちと同じく・・・・・・・・




今年の開幕前は「2位通過してCSを地元開催」など想像すらしていなかったのですよね(爆)




チームの皆さんの「クライマックス・シリーズ」は、もう始まっています






間もなくプレイボール


を経て


今、始まります!


と引っ張って参りまして・・・・・



もう始めないと、苦情が殺到すると思われますので(笑)



(いろんな意味で)球史に残るであろう10月1日


今シーズンの最終戦です。



では、高らかに・・・・・



プレイボール!






この日の主役は、一般的にはキヨですが・・・・・。



Bsファンなら、多くの選手が「自分との闘い」の主役であると知っています。



中でも全国に散らばる熱狂的な信者たちと同じく(笑)、キヨ以上に注目していたのは、もちろん光尊さまの打席でした。


081004 (1) 


第1打席は、固くなったのか珍しく三振でしたが(←ツッコミ禁止)・・・

第2打席では、叩き付けた打球(打ち損じのボテボテ)が高く弾む間に、100メートルを5秒から12秒の間で駆け抜ける俊足を活かして見事内野安打に!


081004 (2) 


そして、運命の第3打席は職人らしく(←問答無用)送りバントをキッチリと決められました。


この結果、プロ入り初の規定打席到達を果たされました!



規定打席到達は、レギュラーの証



再起不能か!?と噂された大怪我から僅か1ヶ月足らずで一軍復帰された今季の光尊さまが掴み取った大きな勲章です!




しかし、私たちフリークスはまだまだ油断できません。



なぜなら・・・・・



それが光尊さまだから(笑)



これで説明がつくでしょうか?


規定打席到達後の初打席、即ち今季最終打席は、キヨと同じく豪快な「空振り三振」でございました(笑)





二人目の「自分との闘い」の主役


不惑40歳のアーチスト、タフィさん


081004 (3) 


0対0で迎えた4回裏の攻撃。

前述の、内野安打で出塁した光尊さまを置いて放った打球は、美しい弧を描いて私たちが待つライトスタンドへ!!


均衡を破る、貴重な先制2ランHRになりました。


これで、日本プロ野球史上二人目の(一人目は元オリックス・ブレーブスの門田さん40歳・40HRを達成です!!





「5回」 という投球回数は、コンちゃんにとっては2年連続での挑戦となります・・・・・。


昨年の最終戦(神戸)では、1点リードをもらいながら 「4回2/3」 ・・・勝利投手の権利まであと一人というところで無念の降板という苦い思い出が蘇ります。



そしてやっぱり、ピンチは待っていました。



2つの四球のランナーを塁上に置き、2アウトまでこぎ着けながら、タイムリー・ヒットを浴びて1点を返されしまいました。


しかし、なおも続くピンチは何とか気力で乗り切り、追加点を許すことはありませんでした!



この1年間に大きく成長したことが改めて証明されましたね!



このコンちゃんも、三人目「自分との闘い」の主役でした。





6回の裏。


四人目「自分との闘い」の主役先頭打者で登場・・・・・。


ここまで今季通算149本のヒットを放ったぐっち



節目の150本の大台到達は、ぐっちらしくショートへの内野安打でした。





そのぐっち光尊さまは、華麗に送られます(笑)


1アウト2塁。追加点のチャンス。


打席は、何故か早々とベンチに下がったアレちゃんに替わって3番に入ったマサヒロ


081004 (4) 


大きな期待に応え、打球がセンターへ抜けるとぐっちは2塁から余裕で生還。


リードを2点に戻す貴重なタイムリーヒットになりました!


081004 (5) 


マサヒロにとっては苦しいシーズンであったと思います・・・・・。


しかし、最後の最後に大観衆の前でド派手な活躍


やはり、なくてはならない貴重な存在であるということを大きくアピールしてくれました!



まさに五人目「自分との闘い」の主役でした。





そして、4番DH・キヨの第3打席が廻ってきました・・・・・


081004 (6) 


大観衆が、そしてベンチの中の誰もが、立ち上がって見守ります。




・・・・・おっと、ここで時間となりました(笑)




この続きは、また明日~♪ ということで。 




(結果は、ご存じでしょうが・・・・・)







ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 3日 今季最終戦の長~い一日(その弐)

ファンの方ならば既にご存じでしょう。

本日、Bsに関する大きなニュースが発表されました。



でも、今はあえて触れずにおくことにします・・・・・。



贔屓にされていたファンの方々の心中は、察して余りあります。


今掛けるべき言葉を、私は持ちあわせておりません。





さて、話を変えます。





昨日の続きですが、どこまで進んだでしょうか?


ああ、プレイボールまであと僅か!でしたね。



どんだけ引っ張るねん、と言う声はスルーで(笑)




では、ノー天気で参りましょう!



081003 (1) 




前売り券は発売後45分で完売。

当日券の発売はありません。



果たしてコレは真実だったのでしょうか?



081003 (2) 


見にくいとは思いますが、三塁側上段内野自由席はガラガラ


ダフ屋や悪質な転売屋に天誅が下ったのだと思うと非常に痛快ですが、実際にチケットが手に入らずにこの日の観戦を敢えて断念されたBs及びホークスファンのことを思うととても胸が痛みます・・・・・。





バックスクリーン下には謎の物体がスタンバイ。


081003 (3) 

久し振りにスカイマーク・スタジアム名物の「ファイヤー」が復活するのではないか?とワクワクしていたのですがね(笑)





試合に先立って、永年の功績を称えてBs球団から今季限りでユニフォームを脱がれるホークス・王監督様花束贈呈が行われました。


男の花道 のもう一人の主役。


081003 (4) 


プレゼンターは、大石大ちゃん


081003 (5) 


ONと言えば、泣く子も黙る日本プロ野球の輝かしい光そのものの存在でした。


また、その偉大さ故に「セントラル・リーグでなければ野球にあらず」との世間の風潮を生み、パ・リーグ不遇の時代が始まったことも事実・・・・・。


081003 (6)


しかし、幾度かの讀賣復帰を全て拒否された揚げ句、最後のユニフォームを我らのパ・リーグにおいて脱がれるということに対して、いちパ・リーグファンとして心より敬意を表したいと思います。


 


ホーム最終戦の恒例行事

ガガガSPの前田さんと同じく私たちライトスタンドの仲間(笑)、メガ・ストッパーによる「SKY」が生演奏されました。


081003 (7) 


この日球場に訪れた多くの著名人の中の誰よりもBsを愛してくれていることは、ライトスタンドのBsファンなら知らない者はおりません!





続いては、球団キヨも 「予想外」


流石はソフトバンク(笑)


王さんからキヨへの花束返し


081003 (8) 


運命の二人が固い握手を交わしました・・・・・。



「今度生まれ変わったら、是非同じチームでホームランを競い合おう!」





昨年話題となった小林さん江川さん歴史的な和解を思い出しました・・・・・。



縺れに縺れてどうしようもなくなった運命の糸が、スルスルとほどけていくのを感じたのでしょうね。


ここでまず、キヨ涙腺はやられました。


私は何とか耐えました(笑)



王さん、本当にありがとうございます!






いよいよ国歌の演奏です。



私たちライトスタンドの真っ正面に、いつも王さんはいらっしゃいます。


081003 (9) 


見事な「昭和スタイル」



いつもの見慣れたこの光景も、ふとこの日が最後なのかなぁと思うと本当に寂しさがこみ上げてきました。


081003 (10) 


最後と言えば、こちらもですね・・・・・。


081003 (11) 






男の花道 と言えば、もう一人!


世界の王さん、そしてキヨと同じく、一時代を築きその道を極めたスーパー・スターです。




言わずと知れた俺たちの小寺さんですね。





キヨ最後のHRが見たいのと同じく、私は「最後のコデライク」が見たかったのですが・・・・・。




残念ながら球審ではなくて二塁塁審でした・・・・・orz


081003 (12) 


関西のNPB主催ゲームはこの試合が最後なので、小寺さんもこの日で引退ということになるのでしょうか?


もしも本当に最後であったなら、心より お疲れ様でした の言葉をお贈りしたいです。





さあ、ここまで長かったですが(笑)いよいよプレイボールです!





081003 (13) 


コンちゃんの初の二ケタ勝利への挑戦と、同じく先発した昨年の最終戦では1点リードを守ったまま、あと一人のところで交替を命じられた悔しい思い出を晴らすべく「昨年の最終戦のリベンジ」が今、始まります!


081003 (14) 



081003 (15)


勇者の魂も、静かに見守ります(笑)

G J !






ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!








10月 2日 今季最終戦の長い一日(その壱)

クライマックスシリーズ・第1ステージの対戦相手が決まりました。

昨年までパシフィック・リーグ2連覇中ファイターズです。


081002 (15) 


マリーンズとの「CS行きの最後の1枚の切符」を懸けた壮絶な戦いを制しました。


081002 (16)




相手にとって不足は無し!







言ってもらえるくらいにはなったでしょうか、我らがBsは・・・・・。 





参加することに意義がある、とも思いますが、せっかく掴み取った日本一へ通じる扉の鍵



球史に残る戦いを是非とも期待したいですね!




<プロ野球>CSの開催概要を発表…セ・パ両リーグ

 セ、パ両リーグは2日、クライマックスシリーズ(CS)の開催概要を発表した。11日に開幕するパ・リーグの第1ステージ(第1S=3試合制)、オリックス・日本ハム戦は京セラドームでデーゲームで行われ、第1戦(11日)、第2戦(12日)が午後2時半プレーボール。第3戦が行われる場合は13日午後1時半に開始予定。

 西武と第1S勝者が戦う第2ステージ(第2S=6試合制)は17日に開幕し、第1戦は大宮で午後6時開始。第2戦からは会場を西武ドームに移し、第2戦は18日午後2時、第3戦は19日午後1時開始。第4戦(21日)~第6戦(23日)が行われる場合は午後6時15分開始となる。

 セ・リーグは第1S(18日開幕)、第2スS(22日開幕)とも全試合が午後6時開始。甲子園球場が改装中のため、阪神のホームゲームは京セラドームで行われる。

 CSは、第2Sでペナントレース優勝チームに1勝のアドバンテージが与えられる。延長は12回までで引き分け再試合は行わない。




ヤキモキしていた第1戦の開始時間が、結局は当初の予定どおりデーゲームとなりました!


これで、某会in大阪の開催が確実に(笑)





ここのところ激戦続きで疲れているため、ひとときの休息はありがたいですね。





・・・・・でも、早くも心は11日に・・・・・。



皆さんも同じでしょ?




もっともっと、Bsの試合が見たい!




この時期にそう思えることのありがたさがとっても身に染みますね \(^^)/





という訳で・・・・・。




その、心の隙間を埋めるべく・・・・・。



昨日(10月1日)の今季最終戦の模様を、いろんな角度からゆっくりと小出しにして(笑)お届けしようと存じます。





では、時計の針を少し戻しま~す!





時は、10月1日の午前6時・・・・・。


081002 (1) 


様々な憶測が飛び交ったお蔭で(笑)、257名「入場列をつくるための列」を作りました。


私は運良く有給休暇が取れましたが、多くの方々はこのあとお仕事に向かわれました。


思えば、この日の「狂想曲」のプロローグは、この時から確実に始まっていたのでした・・・・・orz




(雨風でとても寒い中、長時間列ばれた方々には、本当にお疲れ様でした)





最初に、「列に並ぶ順番を決めるための抽選に参加できる順番」は、午前6時現在に列んでいる順番の先頭から配られたこの抽選券の番号順。


081002 (2) 


抽選では、誰もが一桁台の良い番号をゲットしたいと願いました。


そこに・・・・・


「当てる」 と関わりの深い番号が私の手許に(爆)





そして、本抽選が始まりました。


方法は、中の見えない箱の中から、1枚の紙切れを選ぶというものでした。



なんだか、ドラフト会議でのくじ引きを思い出しました。

・・・って、私は参加したことはありませんが(笑)



081002 (3) 


緊張はしていましたが、ぬか喜びにならないことだけは咄嗟に頭に浮かびました(爆)




黄金の左腕で引き当てた番号は・・・・・




081002 (4) 


微妙な数字ですが、菊様なので良しとしました(謎)


それでも、私たちのグループ内では最も若い番号でした。


間違いなく宮島さんのお蔭ですよね!




しかし、そもそもの予想を大幅に下回る、たかが250余名(あえて)に対して抽選など必要あったのでしょうか?


更に、この行列と抽選の模様を取材するマスコミも現れました。



この行列に参加している大部分は、ずっと弱くて辛酸を嘗めてきた頃からずーっと球場に通い続けて来た常連さんたち。

何年も変わらぬスタンスと場所で、チームと共に歩んできました。


今季ようやく悲願のCS出場を決めた喜びを、チームと共に喜び合いたい・・・・・。

いつもの場所で、いつものライトスタンドの仲間たちとともに・・・・・。




ただそれだけの気持ちです。




しかし、今日はその他ジャンルの違う方々が大挙して押し寄せるとか。




私たちの多くは、その自己防衛のためにやむなく早朝から列ばざるを得なかっただけです。



マスコミが思っているように、キヨの引退試合を待ちきれなくて列んでいる訳では、少なくとも私は、ありませんでした


本当は誤解を解きたかったところですが、大人なのでグッと堪えましたけど(笑)



大きなトラブルはありませんでしたが、多くの人々の心の中にはやるせなさだけが残りました・・・・・。








そんなこんなで、午後3時の開門時間まで、長時間の時間つぶし・・・・・。





流石に1時間前には相当な人が集まっておりましたので、開門時間は30分早められて午後2時30分の開場となりました。





081002 (5) 



いつもなら、開場したらビジターのバッティング練習中なのですが、今日は今年最初で最後のドームでのBsのバッティング練習が見られたのは嬉しい誤算でした(笑)





CS2位通過を決めた選手たちは、一様にリラックスしているように見えました。


081002 (6) 


今年はとても充実したシーズンを送るダカヒーと光尊様2枚目コンビ (←何か?)





エース・小松っちゃんにも多くの声援が飛びました。


081002 (7) 


ふと気が付けば、ほぼ全員が同じTシャツを着ていました。



CS出場記念? シーズン2位記念? 最下位脱出記念?





気になる背中は?・・・・・・・・


081002 (8) 


K・I・T・A  でなく




K・I・Y・O  でした(笑)


081002 (9) 



野球人生最後のバッティング練習ですね。


081002 (10) 


ゲージの後ろには、ライオンズ時代の恩師にして元近鉄、十代の4番打者土井さんのお顔も。



おや、3塁ベンチにもの凄い数のマスコミの人だかりが・・・・・。


081002 (17) 


キヨと同じく今シーズン限りで「男の花道」を歩む世界の王さんでした。


081002 (11) 


思えば、キヨの野球人生の「恨み辛みの生みの親」とも言える存在だったのかも知れませんね(汗)

ユニフォームを脱ぐ今シーズン、残り2試合を残してもまだ最下位の可能性が消えません・・・・・。


本当にお辛いシーズンでしたね。





アレちゃんは、守備でも元気ハツラツ


足の故障も心配なくなったようですね。

ホッとしました・・・・・。


081002 (12) 





・・・・・ん!?




何か変ですね(笑)











081002 (13) 


今日は、キヨ1塁の守備に就くのでしょうか?(爆)


ここに古木が入れば、ある意味完璧





久々のスタメン出場が予想される本日の主役


081002 (14) 


キヨの久々の試合前のパフォ・・・いや、ウオーミング・アップも今日で見納め。



いろんな意味で歴史に残る試合は、間もなくプレイボールです!






ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







10月 1日 対福岡ソフトバンク24回戦(大阪(の)ドーム)
今日から10月です。

朝晩、めっきり寒くなりました。


季節はもう、すっかり秋でしょうかねぇ・・・・・。



今日、初めての 『とんぼ』 を見ました。




081001 (1) 





Bs  ④- 1 Hawks 




081001 (2) 






公式戦最終戦は、見事な勝利で飾ることができました!


081001 (3) 





今日はいろんな意味で本当に疲れました・・・・・。


なので、キヨ狂想曲(と呼べる1日)の様子は、明日改めて更新させていただきます。



あしからず、ご了承ください。





ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリック
していただければ嬉しいです! 


沢山の方々にご覧いただき、いつも
ありがとうございます! 多謝!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。