Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月 8日 対東北楽天12回戦(仙台)
小松っちゃんプロ初完投!


しかも勝利!!!



小松っちゃんの季節がぁ・・・・・・。



キターっっ!!!





Bs ⑤ - 1 Eagles





080708 (1)



080708 (2)



080708 (3)



080708 (4)



080708 (5)



080708 (6)





スポンサーサイト
7月 6日 対北海道日本ハム11回戦(帯広)

私的には昨日の光尊さまショックを引きずって迎えた今日の試合でしたが・・・・・。

やってくれました。



 光尊にぃさんの抜けた穴は、

 この俺がっ!!




チャラ夫の弟分のチャラ次郎こと、フェニックス一輝の右の翼が羽ばたいて、左の翼も羽ばたくと・・・・・。

打球は、ライト・スタンドとレフトスタンドへ!



鳳翼天翔2連発!!



光尊さまも真っ青(笑)


プロ入り初の2打席連続ホームランを含む、これもプロ入り初の4安打固め打ち

守備での好プレーは、もはやファン・サービスとさえ思うほどでした(笑)


080706 (2)


光尊さまの分までというより、軽々超える(笑)素晴らしい活躍を見せてくれました!




村松さまに続いて光尊さままで・・・・・。


相次ぐ主力選手の怪我で、多くの方々の心には大きな穴がポッカリ空いてしまいました。



私も例外ではありませんが・・・・・。


これで、心は少し軽くなりました。






Bs ⑧ - 5 Fighters




080706 (1) 





第2打席はライトへ。


080706 (3)




第3打席はレフトへ!


080706 (4)


我が目を疑い、ほっぺたを抓りましたが、夢ではありませんでした(笑)





絶好調タフィさん同じく2打席連続でライトスタンド上段へ打ち込みました。


一輝風?に言うならば、


ブラッディ・ローズ、2本。



080706 (5)


やはり7月の声を聞いたタフィさんは、手が付けられません。

これでカールくんダディが来日した日にゃあどういうことになるのでしょうか!?(笑)





試合を決める一打を放ったのは、久々の微笑みの貴公子・キタガー会長でした。


080706 (6)


ド派手な空中戦ながら、ただ一人ランナーのいる場面での一発が最後に大きくモノを言いました!





乱れ飛ぶホームラン競争(笑)のトリを務めたのは・・・・・。


080706 (7)


貴重なダメ押しの一打を放ったアレちゃん


待ちに待った量産モードに突入でしょうか(笑)




久さんの残念そうな顔がとても印象的でした・・・・・。


080706 (8)





これでまた、新しいユニットが揃い踏み



タフィさんアレちゃん、そして一輝を加えた



新・ビッグボーイズ・パート2!



(ご意見ご無用)




そして、もう一つの勝利の方程式がここに誕生しました。



タフィさんとアレちゃんのアベック弾 + チャラムラン = 勝率100%



まだ、2試合だけですが(笑)



080706 (9)


一輝には、怪我だけには特に注意して、このままスマートとはほど遠い、ガムシャラで泥臭いプレースタイルを貫いて、パ・リーグを代表する若手成長株へと一輝に階段を駆け上って欲しいです!



ガッツだ燃えろ!フェニックス!




7月 5日 対北海道日本ハム10回戦(釧路)

4連勝は、またしてもならず。

今回も大きな壁が立ちはだかり、跳ね返されました・・・。


加えて、今や内野の要と言っても多分誰にも怒られないであろう我らが光尊さまが、ひらりんをも思わせるような超人的プレーで失点を防いだ代償として、よもやの負傷退場・・・。


しかも長期離脱になりそうな悪寒




痛いです・・・・・痛すぎます。



チームにも光尊さま自身にも。


そして私たち光尊さまフリークスも・・・・・。




今は、一日も早い復帰を、心からお祈りしたいと思います。





Bs 3 - ④ Fighters




080705 (1)





今日も響鬼・イナバさん(ほぼ)一人にやられた気がします。


080705 (2) 


敵ながら、本当に素晴らしい選手ですね。






後藤が右肩鎖関節脱臼=プロ野球・オリックス

 オリックスの後藤光尊内野手は5日の日本ハム10回戦(釧路)で、1回の二塁守備でダイビングキャッチを試みた際に右肩を強打し、途中交代した。北海道釧路市内の病院で「右肩鎖関節脱臼」と診断された。帰阪後に再検査する。
 


080705 (3)


080705 (4)


080705 (5)


080705 (6)


080705 (7)


080705 (8)


080705 (9)


080705 (10)



オリックスの守備の要がまた一人、戦線離脱した

二塁・後藤が一回、1死二、三塁のピンチで、日本ハム・稲葉の右前に落ちそうな飛球を飛びついてキャッチ。しかし、直後に地面に落ちた際に、右肩を打った。そのまま病院に運ばれ、診断の結果は「右肩鎖関節脱臼」。失点を防ぐ好プレーだったが、大石監督代行は「痛い代償だね」と険しい顔。今季は、ラロッカ大引と内野陣が相次いで故障し、ただでさえやりくりが苦しくなっている。大石監督代行は、「後藤は1カ月以上はダメでしょう。内野の要だからすごく痛いけど、何とかやりくりするしかない」。



080705 (11)



一日も早い復帰を、今から首を長くして待っています!



頑張れ!光尊さま!






気を取り直して・・・・・。


見過ごせない ネタ ニュースが!



6回から、2番手として登板した香っちゃんでしたが・・・。


080705 (12)


ん!?


080705 (13)



背番号『102』が登場…ユニホーム忘れて

六回からオリックス・香月が2番手として登板すると、球場内がざわついた。背番号が『102』だったためで、右腕は「忘れました」。
 ビジター用のユニホームを持ってきておらず、打撃投手に借りて出場した。
 肝心の投球の方は2者連続三振などで1回を完ぺきに抑えた。
 香月は「ストライク先行でよかった」と満足そう。「(ユニホームは)寮の人に送ってもらったので、あす(6日)には届く」と安心した表情で球場を後にした。


080705 (14)



今日は、久し振りに素晴らしいピッチングでした。


もしかしたら中の人は・・・・・。




ベタ過ぎました(汗)



でもこれから彼の新しいニックネームは、「ヤマオカ」になることは否定できませんね。





7月 3日 対福岡ソフトバンク11回戦(大阪(の)ドーム)

3連勝大作戦は、見事成功!


そして遂に 「揃い踏み」 までも達成!



何のことかって?



この日放った3本の矢、ならぬ3本のホームラン


パの主砲・タフィさんに、超大砲・アレちゃん。


そして我らがミスターKTV!



この3人を称して誰が名付けたか!?






新 ビッグ・ボーイズ !




(ご意見ご無用)





Bs ⑥ - 5 Hawks





080703 (1)






今日は、ある意味「光尊さま」デーでした。



打っては、初回の同点ホームランに始まり、久々の3安打猛打賞!


080703 (2)





ホームランとタイムリーの2打点!1盗塁!(1三振)


080703 (3)




そして、久し振りの「チャラかし」までも(笑)



7回。ホークスの反撃が始まりました。


狙い澄ましたかのように、打球は光尊さま方面ばかりに飛びます・・・・・。


3本のヒットでランナーが貯まり、1アウト満塁



ここで大村さんの打球は、三遊間を真っ二つ!



・・・かに見えましたが、光尊さまがコレに飛び込みキャッチ!!


崩れた体勢からもアグレッシブに2塁へ送球!



しかしコレが悪送球となり、2人の走者をホームまで還してしまいました・・・。


更にその後、犠牲フライで遂に1点差に詰め寄られてしまいました。


080703 (4)


他のBsファンの皆様には大変申し訳ございませんが、私は不謹慎ながら少しホッとしてしまいました。



私は決してミスを喜ぶものではありませんが、最近の好守備・神守備連発我らが光尊さまのことが・・・・・。


「何となく遠くに行ってしまった」 ような気がしていましたので(笑)


 


試合の方は・・・・・ここのところ飛ぶ鳥を落とす勢いの


勝負強い打撃で打ちまくる真ちゃんが、この日もシモヤマンぶりを発揮してくれました。


080703 (5)


結果的に、決勝打になりました!





080703 (6)


見事、3連勝!

今回こそ、4連勝の壁を破れるでしょうか?





忘れてはならないのは、今やエースの風格!


080703 (7)


今季はまだ俊足を活かす場面はありませんが(笑)


登板回避でファンの心をヤキモキさせておいて、この快投


そしてクレバーお立ち台での受け答え!



流石は、慶應ボーイですね(謎)



080703 (8)


(某氏がGETされたものを記念に撮らせていただきました)




7月 1日 対福岡ソフトバンク09回戦(大阪(の)ドーム)

小松っちゃんに、久し振りに勝ち星が・・・・・・・。

あの、杉内さんプロ入り初めて対Bs戦での黒星が・・・・・・・・。



ちょっとタメて・・・。





キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!



21083.jpg






あっつ、違った。



080701 (2)



流石はBsを代表するネタ職人でしたワン





Bs ④ - 1 Hawks





080701 (1)





初回にタフィさん逆転3ランが飛び出したものの、その後は結構淡々と試合が進みました。


でもその素晴らしいシーンには、私は間に合いませんでした(汗)




淡々とイニングが刻まれながらも、2軍落ちを懸けた背水・濱ちゃんにホームランが飛び出したり・・・。


080701 (3)





今年は異常なくらいBs戦打ちまくる Bs投手陣打たれまくる)、信彦さんに追撃の一発が飛び出したり・・・。


080701 (4)





相変わらずBs戦が得意な宗リンさんにも3安打猛打賞と掻き回されたりしながらも・・・・・。


080701 (5)





何とか粘り強く逆転を許さず、リードを保ったまま後半を迎えました。





Bs検定タイム


今シーズンから始まった、球場内企画。


かつてのブーブー・カーレース等と違って、賞品が出るところは素晴らしいですね(笑)


でも、なかなか当たらないんですよねぇ、コレが。


しかも、何故かホークス戦の時に限って、私の「SoftBank携帯」は、検定サイトに繋がりません(笑)






この日の問題は、珍しく「阪急関連」の問題が出題されました・・・・・。



問題 「オリックス球団発足時の、監督は誰だったでしょう??」


答え A 上田利治  B 土井正三  C 仰木彬



私たち「現・阪急ファン」なら答えは簡単ですが、引っかけのBが効いてか正解率は54%と、普段よりかなり低かったようです。


080701 (6)


間違えるわけはありません。


断腸の思いで就任された阪急ブレーブス最後の、そして某バカ婿養子から買い取ったオリエント・リースという会社のもちものとなってしまったオリックス・ブレーブス初代にして最後(その後、ブルーウェーブと改称)の監督である上田利治大監督の名前を!



今も私の心の中には3人の大好きな監督がいます。


もちろん仰木さん、そして上田監督、そしてパ・リーグを、いや日本を代表する2大名将の共通の師匠西本さんです!



いろんなことを思いながら、何だか勝手に大きな使命感をもって「回答」しました。

何度かのチャレンジの末、携帯も無事に繋がりました(笑)







すると・・・・・。






キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!



080701 (7)






賞品は、選手の実使用グッズやサインボールとか?


ワクワク、ドキドキ!



贅沢は言いませんので、出来れば「光尊さま」か「一輝」か「マッキー」か「迎くん」か「クニー」か・・・・・。




080701 (8)


汚職事件、いや・・・・・お食事券でした。



私は非常に落胆しましたが、家人からは大いに喜ばれたのは言うまでもありません。




でも、珍しい「阪急関連」の問題が出題された日に私が球場に行っていて、ホークス戦なのに携帯がちゃんと繋がり、正解して当選するとは・・・・・。



野球の神様は、確かにそこにおわしましたね(笑)





080701 (9)


もちろん、チームもそのまま勝利!




苦手な僅差での登板も3人で抑えるという神懸かりなピッチング大輔の活躍もあり、小松ちゃんの勝ち星は、最後まで消えずに済みました!


080701 (10)


小松っちゃん、ベンチでハラハラしながらも、ヒーロー・インタビューでの「ネタ」仕込みに余念が無かったとは、流石に肝っ玉ルーキーと言われるだけはあります。


このまま新人王という終着駅に向けて、JR(九州)特急が出発進行!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。