Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月30日 賛否両論、馬耳東風
6月も今日で終わり。

明日からはもう7月です。

それがどうした、と言われれば返す言葉も無いですが・・・・・。


7月攻勢を夢見て、来月も生ぬるく楽しみましょう(笑)





ちょっと古いニュースですが・・・・・。


復刻ユニホームでパ界セイフク!? オリックスも検討


ファンの間でオールドユニホームの復刻版が大人気を呼ぶ中、オリックスが来年以降の「ユニホーム商法」を検討し始めた。

 交流戦初年度(05年)に阪神が導入した復刻ユニホーム。昨年は巨人がV9時代、西武が常勝時代のユニホームを着用したほか、今年はソフトバンクが南海、ダイエー時代、西武が西鉄時代、ヤクルトがアトムズ時代のものを着用。ファンには垂涎のお宝グッズとなっている。

 「中でも南海モノは空前のブームとなっています」と球界関係者。ソフトバンクが6日の阪神戦で着たユニホームは64年に2度目の日本一に輝いた黄金時代タイプ。背中に選手のネームが入らず、左腰には「腰番号」、肩から袖に緑色のラインが入るのが特徴だ。

  選手と同じプロ仕様(4万9000円)とレプリカ(5900円)の2種類を南海沿線の駅売店、コンビニ、甲子園球場のタイガースショップなどで売り出したところ、即座に完売。球団のネットショップでも半日で売り切れ、追加販売に乗り出すなど大人気になった。あまりの反響に8月3、4日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で追加着用する予定だ。

 「見過ごすことができない現象です」とオリックス関係者。新球団は旧球団と別のスタンスを貫くのが普通。だが、今回のソフトバンクが旧球団とのタイアップ商戦で成功を収めただけに、阪急を買収し、近鉄と統合したオリックスもその戦略を参考にしないわけにはいかないよう。

 「西武は30周年、ソフトバンクは南海、ダイエーから通算して創設70周年のイベント。ウチも今後、節目の年を迎えますから」(先の関係者)。オリックスにとって来年は球団スタートから20周年。チーム名のバファローズを継承する近鉄がパールスを創設してから再来年で60周年を迎える。

 20周年イベントに向けて知恵を絞る営業関係者も「買収、合併の特異な経緯があり、阪急は今は阪神と経営統合し、ユニホームの問題は慎重に配慮する必要がありますが、営業的なチャンスは多い。ファン掘り起こしのヒントになるかも」と大きな興味を示す。

 近鉄の伝説となった10・19当時や、阪急の黄金時代のユニホームが復活すれば話題になるのは確実ついでに「パ・リーグの灯を消す」とまでいわれた往年の強さがよみがえれば、言うことはないが。





私も確かに「南海」「西鉄」ユニを羨ましく思っておりましたが・・・・・。



営業的なチャンスを逃さない」ためにこの企画が実現するのであれば、ファンとしては悲しすぎます・・・・・。



いっそ、このまま放っておいてほしい!という方も多いことでしょう。



結局は、どっちに転んでも賛否両論。巻き起こるのは必至です。


が、球団フロントは「ビジネス・チャンス」とあらば、ファンの存在や感情などお構いなしですからね(爆)






大阪(の)ドームの壁面広告には・・・・・。




080630 (1)


2文字違い。


わかっていても胸躍ります(笑)




しかし、合併(統合)の爪痕も・・・・・。


080630 (2)


阪急電車の車内でもタイガース戦の広告が吊り下げられている時代です。



かの一三翁の目には、一体どのように映るのでしょうか。



私は、このドームに来る度に悲しい歴史を毎回思い出さされています・・・・・。






でも、純粋にオールド・ユニそのものは、魅力抜群ですね!



ただ、現在の選手たちに着こなせるでしょうか?





かつて最も美しく着こなしていた選手と言えば・・・。





080630 (3)



ミスター・阪神阪急ホールディングス!




080630 (4)



いろんな意味で、同一人物とは思えませんねぇ(笑)


チャンチャン。




でも間違いなく昔は、イチローくん光尊さま以上に大好きでした、私(爆)




スポンサーサイト
6月29日 対北海道日本ハム09回戦(大阪(の)ドーム)

今日はスタメンを見た時点で(以下略)


「1番・ブランボー」


そんな時代もああ~ったねと~♪




Bs 4 - ⑨ Fighters



080629 (1)






先発の近藤くん・・・・


080629 (2)


守る時間が長いので、アレちゃん腰にキテいる模様。

近藤くんには、またKONDO頑張ってもらいましょう!





タフィさんに当たりが戻って来た兆しが見られました。


080629 (3)


昨日、兆しが見えたアレちゃんとともに復調してくれたなら・・・・・。

プラス思考で喜びたいと思います。





早々と勝負の行方が決してしまったこの試合。

数少ない見どころと言えば・・・・・!


080629 (4)



やっぱり、今いていますね!(笑)



今日も第1打席から落ち着いてファイターズ・勝さんから四球を選び、第2打席はヒット!


080629 (5)


第3・第4打席のことは置いておいて

もはや、他球団の一塁手にも「こいつ誰や?」と一目置かれる存在になりました。




守備力も注目の的です。


チャラかしを期待してか セカンドに打球が飛ぶ度に、ライトスタンドは一瞬の緊張が走ります(爆)



080629 (6)


そういえば、今の内野陣を見ていると・・・・・。



「インディ・ジョーンズ」を見たくなりました。



ハラハラ・ドキドキは、どちらが上でせうか?







でも、今日は私的には負けてもモトが取れました




素晴らしいお土産をいただきましたので。




(試合前ですが・・・)










080629 (9)

By いきなりピンポイントで私の手の中に飛び込んで来たので、子供並みにテンションが上がってしまったホクセツマン




6月28日 対北海道日本ハム08回戦(大阪(の)ドーム)

出口の見えそうで見えなかった無限回廊のような連敗トンネルから、ようやく脱出できました!


まさに泥まみれの勝利!


そしてコレが、記念すべき後半戦初勝利となりました。


本当の意味での ReStart となってくれることを祈らずにおられませんでしたね!



Bs ⑤ - 1 Fighters





080628 (1)


我が光尊さまは、ショートに入られても美技連発

相変わらずですね・・・・・。

いや、いい意味ですよ、もちろん(笑)



新しいにゆーかんを引っ張ってくれています。




バッティングでも・・・・・


080628 (2)


あっつ!!! 

ガッツゴッツを間違えました。



080628 (3)


チャンスには滅法弱いものの、何でもない場面には鬼のように打ちまくり、現在も2割5分を堂々キープ!



このままいけばオールスター出場は(以下省略)



そのそーじょー効果も現れ始めました。



チャラ夫とチャラ次郎によるチャラチャラ二遊間!


080628 (4)

080628 (5)

080628 (6)



このような日が来ること など夢にも思いませんでした は、信じてました


080628 (7)


ビッキーが戻る場所がなくなるのではないかと、無用の心配までしてしまう始末です(笑)






泥まみれ、と言えば久々に出場のマサヒロ!


080628 (8)

080628 (9)


駄目押しの駄目押しとなる5点目を、足と執念でもぎ取りました!


まぶしく輝くユニフォームの土が、マサヒロ意地と決意を強烈にアピールしているかのようです。



マサヒロ・ファンの皆様と同様に、私も・・・・・





惚れ直しました。




6月25日 交流戦の反省材料

今年の交流戦は、思いがけないサプライズから始まり、同じく思いがけない5連敗で幕を閉じました。

特に最後のプチ連敗(継続中)は、細かいミスのオンパレードでもありましたね・・・・・。

ここでも幾つかを振り返り、後半戦反攻の反面教師にしたいと思います(意味不明)




作戦は、相手に筒抜けも・・・・・。


080626 (1)



080626 (2)


見事、アレちゃん特大サヨナラ驚弾作戦大成功!




そして翌日は・・・・・。


080626 (3)


調子に乗杉(爆)

蔑称は、いけません



これがミソの、いやケチのつき始め。



あれ以来、「勝ち試合」を見せてもらえなくなりました(継続中)




味噌カツは、確かにおいしいです(矢場とん最高!)が、食べ過ぎるとお腹に良くないです。


人間、謙虚さを忘れるとロクなことがございません。



手痛い味噌、いやミスでした。





我らがぐっち!?

080626 (4)


いや、別人!?


080626 (5)


本当は、「坂口」と書いて「カサグチ」というのが正しい読み方だったのでしょうか?






080626 (6)


ローズ・チェン という名の中国系新外国人選手かとも思いました。




080626 (7)


夢の対決か、はたまた紅白戦か!?


しかし、タフィさん・・・・・。

未だノーヒットですが、盗塁は1って(笑)





バッター・ボックスに立つ慎太郎くんでしたが・・・・・。


080626 (8)


どうしてもピンチヒッターとは認めてもらえず、寂しく凡退してしまいました。


が、あとで聞いたらあれはピンチ・ランナーの表示ではなくPR (ピー・アール=売り出したい)という球団上層部のさりげないバックアップであったそうです(嘘)





これはミスという訳ではありませんが・・・・・。


080626 (9)


一体何人くらいの田中さんと橋口さんが集まられたのでしょうか?

気になって、その夜は朝まで寝られませんでした。





新聞でもありえないミスがっ!!


080626 (10)


誤植とわかっていても、何だか嬉しくなりました(笑)


080626 (11)


もしや、水面下で?





最後に。


080626 (12)


何を「最後まであきらめない!」のか、だんだんわかりにくくなって参りましたが(汗)



後半戦も日本プロ野球&パ・リーグ・レッドカーペットを共に楽しみましょう!







6月18日 対讀賣04回戦(東京ドーム)

試合の結果は軽くスルーで・・・・・(汗)



Bs
 1 - ② Giants
 





そんなことよりも、今日はこれで一杯やりましょう!




鳳翼天翔!!!



080618 (1)



祝!プロ入り初ホームラン!



080618 (2)



おめでとう!一輝



一軍に昇格しては力みに力み倒して失敗・・・。

そして2軍へUターン。

その繰り返しを私たちは幾度目にしたことでしょうか。



しかし、存在を忘れられそうになった今年に、不死鳥の如く蘇ってきた我らの一輝!


080618 (3)


中の人は一体、誰!?


信じられない勝負強さを発揮している今季の一輝


流石に住友野球の申し子ですね!


080618 (4)


フェニックスの異名が、ようやく浸透しそうで嬉しいです(謎)



このまま一気だ!

頑張れ!


(右から読んでも左から読んでも)


IKKI!






6月8日 対阪神03回戦(甲子園)
いつもながら殺伐とした雰囲気を満喫させていただきました。


負ける試合なんて慣れっこ私たち(笑)・・・・・。


負け試合でもそれなりに楽しむ術を知っております。


でも、この球場での負け試合だけは格別ですね。



どちらのチームのファンの方か存じないのですが、今年も相手チーム及びそのファンに敵意丸出しで、それを楽しんですらおられるのではないかと思われる方たちが多くいらっしゃいました・・・・・。


Bsファンの中にもそのような方がおられたことが精神的苦痛の蓄積に更に大きく拍車をかけたことは、残念でなりません・・・・。




昨日の広島市民球場での楽しい思い出が色褪せてしまいそうなので、もうあんまり書く気にはなれません。


ずっと忘れたくない一日の翌日は、一刻も早く忘れたい一日でした。


やっぱり「チャラ」がよく似合うチームなのでしょうかね。





Bs 負け - 勝ち Tigers





080608 (1)



080608 (2)



080608 (3)



080608 (4)



080608 (5)






080608 (6)


彼が憎しみに満ち、挑発的に見据えるその方向にあるのは、私たちBsファンが座っているビジター応援席です。





天然芝が映える美しい球場に見えるのですが・・・。


080608 (7)


毎年行っていますが、ほぼ毎年「嫌な思い出」がお土産になっています。



「交流戦」とは名ばかりと、ここでは思い知らされます。




6月7日 対広島東洋04回戦(広島市民)
私にとって最初で最後市民球場・・・・・。


あの昭和50年昭和59年日本シリーズのテレビ映像が、脳裏で色鮮やかに蘇りました。

昭和の匂いが所々で立ちこめる、素晴らしき「スタジアム」ではなくて「野球場」。


新球場移転前に、最後の姿を目に焼き付けるべく向かった今回の日帰り広島遠征・・・。


忘れられない思い出が沢山できました。




Bs
 ⑪ - 3 Carp




080607 (1)



080607 (2)



080607 (3)



080607 (4)




080607 (5)


080607 (6)


080607 (8)


080607 (7)



帰りは、「浴衣着ん祭(ゆかたきんさい)」なるお祭りに巻き込まれ(笑)エライ目に遭いましたが、何とか広島焼き(大ちゃんにあやかって大盛り)も賞味できましたし、スライダーを飲んで永川をも食すことができました。


試合も食事も「お腹いっぱい」になって、楽しかった広島遠征を終えました。


ありがとう広島!

ありがとう市民球場!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。