Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月31日 対千葉ロッテ17回戦(千葉マリンスタジアム)
3月以来、今季2度目の月間勝ち越しを決めました!

しかも、同じく3月以来の月末勝利・・・。


しかも鬼門の千葉マリン


選手たちの全力プレーが随所で光りました!


選手会長は、ヒーロー・インタビューで同じ言葉を二度も続けました。



「正直、僕達は全然諦めていない」
・・・・・



何かが起きる予感がしないでもありませんね。



あまりに嬉しいので(夜中ですが)私も声高に叫ばせてください。

「終わり良ければ、全て良し!」


月が替わってツキも変わることでしょう!




Bs  - 3 Marines

   スコアはこちら



070831 (1)



オリックス北川が延長制す決勝適時打

 オリックスが3時間46分の激闘を制した。10回2死一、二塁から北川が荻野のカットボールを中前へはじき返すタイムリー初回の先制犠飛に続く2打点で、勝利を導いた。選手会長は「久々にいいところで打てました。ピッチャーが頑張っているんだから、もっとバッターが頑張らないといけない。ぼくらは正直、あきらめていない。最後までプレーオフ争いができれば」とネバーギブアップを宣言。お立ち台では最下位からの逆襲を誓っていた。


070831 (2)





今や、Bs内での「エース投票」をすると恐らくはトップ当選となること間違い無しの筆頭エース(笑)のキッシー

070831 (3) 

しかし今日は、先発転向後7試合目で最も多くの失点キッシーてしまいました・・・。

3対0のリードを貰い、この分だと先発3勝目も確実か?と期待していた矢先に「3点」を返されて同点に追いつかれてしまいました。


先発として初の「3失点」です。 5点ではありません。 


ただし同点とされてからは、降板するまで1点たりとも与えることは無く、トレードマークの「安定感」を感じさせるキッシーらしさはしっかりと見せてくれました!




キッシーマリーンズ俊介さんとの投手戦を支えたのは、バックの再三の好守でした。



中でもこのお方は、今日も縦横無尽の 「神守備」 連発!!!!!

070831 (4)


重力に挑戦状を叩きつけるジャンピング・キャッチ!


・・・・・中の人、ひらりん!? 


人呼んで(←誰が?) チャラかし ならぬ チャラきゃっち


070831 (5)

他にも三遊間に飛びついての 超ファインプレー(ちゃらきゃっち) もありました。

このときは、体勢が悪いまま二塁へ送球しようとして自重されました・・・。


無理な体勢から無理して投げない、というギリギリの状況下で魔送球を自らの意思で未然に防ぐ好判断!


 (あたりまえ)


これを隠れた「超ファインプレー」
と感じたあなたは、既に立派な光尊様崇拝者とお見受けいたします(爆)



いつの間にか「守備の人」におなりあそばされている我らが光尊様


今日は走塁でも球場内全員のド肝を抜くちゃどぅディレード・スチール並みの衝撃がありました!


「ショートゴロで一塁から三塁を陥れる」神走塁
(笑)

流石は、「脚のすぺしゃりすと」でした。


後は・・・・・バットの使い方だけで(以下自粛)




キタガー選手会長は、勝負強い本来の姿を完全に取り戻したようです。

070831 (6) 

初回から、仕事キッチリ

先制の犠牲フライで、あっさりと俊介さんからリードを奪いました!




3回には、2試合連続で主砲のバットが火を噴きました


オリックス・ローズ通算400号に王手

 オリックスのローズ外国人史上初の400号本塁打に王手をかけた。1点リードの3回2死二塁の場面で、渡辺俊の101キロのスローカーブをフルスイング。39号2ランをロッテファンで埋まる右翼スタンドにたたき込んだ。「芯(しん)で捕らえることはできなかったけど、体の回転でうまくさばくことができたよ」。8月10日のソフトバンク戦を最後に14試合ノーアーチだったが、ここへきて2試合連続本塁打復調気配が漂ってきた


070831 (7)

これで8月のホームランは、月間MVPに輝いた先月(7月)の8本と同じになりました。

一時の絶不調は完全に脱しましたね


タフィさんの8月は、いろいろとあり過ぎでございましたが・・・・・。


9月の反攻が今からとっても楽しみです!



タフィさんと同じく、月間打率4割7月の月間MVPに輝いた、ただしウエスタンの、ぐっち

070831 (8)

対アンダー・ハンド対策で抜擢されたスタメンで、4月6日以来、今季の一軍での6安打目を鮮やかに決めました!

三塁手の頭上を測ったように抜く、本来のぐっちらしい実に美しいヒットでした!

070831 (9)

出塁後は、すかさず今季初盗塁!!!

まさに、ヒットから盗塁と 「自分の仕事」 をしっかりと決めて 一軍に必要な戦力 として大きなアピールになりましたね。


現体制では珍しい 「2度目のチャンス」 です。

チャンスをもらえない他の若手他サーパス戦士のためにも、9月は期待どおりにダイヤモンドを掻き回して欲しいものです。


ガッツだ燃えろ!ぐっち!




エース・キッシーは、6回2アウト。被安打8、失点3

同点のまま、マウンドを降りました。

070831 (10) 

先発としての3勝目は手に入りませんでしたが、未だ炎上はありません

今季終盤は、名実共にエースとして最後まで頑張って欲しいですね!




今日の中継ぎは、一番手で朱蒙王子・高木くん

070831 (11) 




2番手は、大久保様。が8・9回の2イニング。

070831 (12)

もちろん無失点リレーです!


そして、試合は双方譲らず延長戦に突入しました。



今季の千葉マリンでは、なかなか楽には勝たせてもらえません

この日まで、引き分けを挟んで4連敗中でもありました・・・・・。




しかし、そんな嫌な空気を吹き飛ばすように、始まりと終わりは選手会長が締めました!

070831 (13)

2アウトランナーなしから、グレちゃんとタフィさん連続で歩いた後の初球でした。


まるで前半戦を思い出すような(汗)、逞しい姿!


キッチリとセンター前にライナーで運び、決して俊足ではないグレちゃんを悠々とホームに迎え入れました!


待ちに待った勝負強い選手会長が、ようやく帰ってきましたね

0.264まで下がった打率も、再び0.280まで上昇してきました。


不調だった3人の主軸の調子が、ここへきて3人とも整い始めてきました

9月こそ、投打がガッチリと噛みあった「コリンズ野球」が沢山見られそうで心躍ります!




あとは、大輔全てを託します・・・・・。

070831 (14) 

1点差リード、千葉マリン、大輔・・・・・。


これが負けパターンでなく、勝ちパターンにしない限り、Bsの明日はありません(汗)


今日こそ、このジンクスを破って欲しい!

全国のBsファンの心の叫びがマウンドまで届いたのか、今日は無難に「4者凡退」で事なきを得て試合終了!

遅ればせながら、今季の千葉マリンでの初セーブ、そしてプロ入り初のシーズン20セーブを手に入れることができました。




8月は今日で終わり。


苦しみながらも勝ち越して終ることができました。


9月最後の最後には「終わり良ければ・・・」と笑って言えるようなエキサイティングな月にしてほしいと、心から願って応援したいと思います!



ブログランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。