Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日 対福岡ソフトバンク12回戦(福岡(の)ドーム)

この2人のリリーバーの頑張りのおかげで、3回以降だけを見れば3対0で完封勝ちだったのですがねぇ。

とにもかくにも平野佳くん序盤の乱調が全てでした・・・。

しかし、前回完封劇を演じた平野佳くんとダカヒーのバッテリーであったならどのような結果に?・・・・・。

いや、今日のホークス先発が「サウスポー」であったということの不運のみを嘆きましょう・・・。




Bs  - 5 Hawks


   スコアはこちら


スコア



オリ平野佳、最短KO

オリックス平野佳が大乱調で再び最下位に転落した。初回ブキャナンに満塁走者一掃の3点二塁打を浴びるなど、今季最短の2回2/3でKO。9安打5失点で勝敗の行方は序盤に決まった。「大量点を与えてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです」。パで唯一勝ち星のないソフトバンクには2年間で8戦4敗。コリンズ監督も「日本ハム戦と違って低めに集めることができてなかった」と厳しい表情だった。



省吾!

省吾!

今季初登板は、先発の平野佳くん乱調で回ってきた2回。2アウト満塁で打席は宗りんさんという考えられる中では最悪に近い(汗)の場面!

しかしカウント2-3から、押し出し四球ではなく見事空振三振に斬って取り、遅ればせながらファンの心の中でしっかりと復活を遂げました!

宗りんさんを空振三振!

その後も粘り強く6回まで投げ抜きました。

投球イニングは3回1/3。


今季ファームでも2回が最長だったにも関わらず、です!


そのファームでは、全てリリーフで17回1/3を投げて何と自責点は1点のみ(防御率0.52)!

しかし一軍での中継ぎ左腕トリオが揃って好調であったため、今季これまで1度も一軍登録はありませんでした・・・。

そのトリオの中で修司さんが調子を崩したためようやく巡ってきたチャンスで即結果を出すことができました。

2日前の省吾

ファンの中には、その存在を忘れかけていた方がおられたかも知れませんが、私は毎試合顔だけは思い出しておりました。


「かっ飛ばせー!ローズ!・・・慶応、慶応・・・・・」


防御率1点以内のリリーフ投手が、また4人になりました(笑)




きんこくん

きんこくん!好リリーフ!

省吾のナイス・ピッチングに続いて、更に好投を見せたのは7回・8回の2イニングをパーフェクトに抑えたきんこくんでした!

あの募金活動が、彼を一皮も二皮も剥けさせたのでしょうか。

今も辛く悲しい生活を余儀なくされている被災地・新潟は、彼の故郷

多くの方の様々な「心や気持ち」をエネルギーに変えて、明日も頑張れ!きんこくん!




大量失点を奪われ、2回途中でマウンドを降りる平野佳くんを見ていると、何となく「あのお方」のことを思い出しました。

残念な結果、平野佳くん・・・

平野佳くん心の師匠とも言うべき、懐かしの吉井組長です・・・。

ところが後でプロ野球ニュースでチェックしてみますと、見事に「シンクロ」しているじゃありませんか(汗)

そういうところは平野佳くん、見習う必要はありません!

ところで吉井組長は、マリサポさんたちから満足いく「リスペクト」をいただいておられるのでしょうか?

答えは容易に想像できるので、少し心配です。




さて、気を取り直して。


脳内完封勝利(笑)の立役者たち!



大西くん

久々のタイムリー!大西くん!

ようやく一矢を報いる一打!久々のタイムリーで反撃の狼煙!



ちゃどぅ

ファンタジスタ!ちゃどぅ!

スイングから予想される打球方向とはまったく違う逆方向へのファンタジー打球もう1点



グレちゃん

当たりが戻れば言うことなし!グレちゃん!

好投のわっちさんの完投勝利の夢を砕き、同時にBsファンの夢をつないだレフトへのHR!




7月は今日でお終い。


11勝11敗1分けという成績でした。

今シーズン初めて「負け越さなかった」1ヶ月になりました・・・・・。


さあ、明日からは8月!

今シーズン初めて「勝ち越した」1ヶ月にしてもらいたいものですね!


下から「ウサギ」が迫ってきているとか。

何もあんなに恐ろしいモノにこんな可愛らしい名前を付けなくても、と思います。

交流戦の話ではありません(笑)



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




スポンサーサイト
7月30日 今年最後の・・・・・

昨日は、今年最後のスカイマークでの日曜日開催でした。

と言うことは、自動的にスカイ名物「フィールドシート練習見学会」今年最後となりました。

という訳で、もちろん参加させていただきました。

今日は試合が無かったこともあり、この時に撮影した数点の画像を皆さまにもご覧いただき、少しだけでも「行った気に」なっていただけたらと思います。



20070730234553.jpg

いつものように「24番探し」から練習見学会はスタート(笑)

噂のハーフ・パンツがすっかり板に着いていますね!




20070730234747.jpg

栄二様、とっても良くお似合いでした!




クニーは、選手唯一人の「イン派」。

20070730234954.jpg

札幌生活が長かったので、条件反射でお腹を気遣うクニー

冷えたら大変ですからね(爆)



20070730235253.jpg

グレちゃんも順調そうで一安心(笑)




20070730235522.jpg

ビッキーは、いつでもどこでもどんな時でも一所懸命・・・。




将来の4番打者!?・・・・・

将来の4番打者・・・・・・

正真正銘のキタガー2世になるため、チームを挙げての英才教育(笑)



20070731000212.jpg

オレ達の友情は、永遠やでっ! 仲ようしょうなっ!

オレのことは「オトコマエ」とでも呼んでくれたらエエで。




20070731000542.jpg

作品名 「師弟の絆・・・」




20070731000645.jpg

吉岡さんは、グランドへ入るなり真っ先にタフィさんにご挨拶。



20070731000752.jpg

ケンシさんは、栄二様に駆け寄りご挨拶。




反対に・・・・・。

20070731000850.jpg

グランドに入ると闘志を見せるジャイアン・タケシがグランドに入ると(笑)

ひらりん、ダッシュで飛んできます!



20070731001251.jpg

一旦は戻ったひらりんでしたが・・・・・。

関さんの姿を発見すると、タケシのときよりももっとダッシュで(笑)駆けつけてきました。



先ほどのタケシは、BWの先輩でしたが、今度は何故関さんだったのか?

ネプシーさまご指摘のとおり(ありがとうございました)、高校の大先輩でした・・・・・。


タケシの時よりも和気藹々としていないところを見ると、間違いなく高校の大先輩ですよね!

そういえば、プレー・スタイルも似ているような、似ていないような・・・(汗)




blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月29日 対東北楽天14回戦(スカイマークスタジアム)

昨日はイーグルスのマー君にやられましたが、今日はBsが誇る新・マーくんが見事リベンジ。

よく考えたら、Bsには本家に負けず劣らず頼りになる、いやそれ以上マーくん(護)ユウちゃん(ユウキ)が既にいるのですよね!

ここにまた一人、将来のエース候補が誕生しました。

これで私の将来のローテーション3本柱(NHK)構想に、あとは「N」を待つのみとなりました。




Bs
  - 2
 Eagles


   スコアはこちら


スコア


オリックス岸田、先発初勝利で5位浮上

2年目岸田がプロ入り初の先発勝利を挙げた。140キロ台後半の速球を主体に山崎武から2三振を奪うなど、楽天打線を力で圧倒。7回を5安打1失点にまとめ、先発4試合目で初めて白星をつかんだ。初のお立ち台では大声援を浴び「支えてもらったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔。前半は中継ぎで27試合にフル回転したが、先発での勝利の味は格別のようだ。コリンズ監督も「ストライク先行でしっかり低めに集めていた」と最下位脱出の立役者を称えた。




先発の役目を充分過ぎるほど果たしてくれた岸田くん@キッシー

20070730004041.jpg

これからもユウキとともに、「リリーフの気持ちがわかる先発投手」として先発ローテーションを支えてください!

7回を僅か1失点

文句なしの好投です。

そして待望の、先発初勝利です!




8回からは大久保様が降臨。

20070730004345.jpg

1アウト満塁という大ピンチを自ら演出しながら、最後はゲッツー。

結局は無失点で切り抜け、試合を大いに盛り上げてくれました(笑)

防御率は、どんどん下がっています。

もちろん高木くん菊様とともに防御率1点台TKOトリオを形成です。




9回はもちろん守護神・大輔が!

20070730004953.jpg


しかし・・・簡単には終りませんでした(汗)


20070730005054.jpg

しかし、簡単ではありませんでしたが、何とか終りました・・・。




オールスター明けの後半戦2カード連続の勝ち越しです!

20070730005302.jpg

勝利のご挨拶




20070730005431.jpg

好投すれど援護なし。

早くもエースの素質充分の岸田くん@キッシー!(汗)


20070730005739.jpg




↓ この写真を撮ったのは、いつのこと?

20070730005914.jpg

① 初回
② 5回
③ 7回
④ その他




・・・・・答えは、④その他

ヒーローインタビューが終った直後です・・・。


二人ともえらく慎重ですね
(爆)


でも、試合は終ってますよ~(汗)

誰か教えてあげてください!




blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月28日 対東北楽天13回戦(スカイマークスタジアム)
かの戦国武将は3日天下と言われましたが、我がBsは文字どおり「一日天下」に終りました・・・。

って、そもそも天下などとは呼べませんよね!?最下位争いに・・・・・(汗)





Bs
  - 4
 Eagles


   スコアはこちら



スコア



オリックス1日で再び最下位転落

オリックスが1日で最下位に逆戻りした。4回に田中から3点奪って一時逆転に成功したが、その他5度の得点圏であと1本が出ず。初の5試合連続本塁打に挑戦したローズも単打1本に抑えられるなど、要所を締められた。コリンズ監督は「うちにもチャンスはたくさんあった。でも大事な場面で田中投手の素晴らしいところが出た」と負けを認めた




暑中お見舞い申し上げます。カーター。


練習熱心なちゃどぅ


スイッチ挑戦と受け止めても?


調子悪くとも・・・マー君


もう心配なし!キタガー!


ルーキー対決は、ビッキーの圧勝!?


今季チーム2度目のスクイズ!ひらりん


プロ入り初の4安打!3割目前!


更新します。(極力)




blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月27日 対東北楽天12回戦(スカイマークスタジアム)

夜空を彩る色とりどりの花火たち。

スカイマーク名物の花火ナイトです。

豪華絢爛の花火の中で最も美しい花火といえば、やはりコレ

もちろんBs戦士たちの豪快なホームランですよね!

今日は5回終了後に打ち上げられる花火の前に、3本もの美しい花火を愛でることができました!

今思えば、全てはあの方へのお誕生日プレゼントだったのかも知れません(爆)





Bs  - 5 Eagles


   スコアはこちら



スコア


オリックス・ローズ連発で最下位脱出

オリックスが楽天との入れ替えで44日ぶりに最下位から脱出した。主役はローズだ。北川の適時打で1点を先制して迎えた3回、楽天先発のバスから右中間席へ4戦連発となる29号3ラン。さらに4回の第3打席でも、一場からバックスクリーンへ2打席連発となる30号ソロをカッ飛ばし、試合を決定づけた。1人息子のカールJr(13)と一緒に上がったお立ち台では「サイコーデス」を連発。「プレーオフに行きたい」と力強く逆転3位以内を宣言した。初回、自らのFA権取得に花を添えるかのように、ライト前にライナーで運ぶ先制タームリーヒット


初回、先制タイムリー!キタガー!


オリックス北川がFA権を取得オリックス北川博敏内野手(35)が27日、FA権を取得した。「(プロ入りから)13年かかったけど、取れるくらい頑張れたことは誇りに思う」と感慨深げにコメント。だが移籍を視野に入れた今オフの権利行使については「このチームで勝ちたいので、うれしいけど興味はない」と話した。




タフィさん1本目!

タフィさん1本目!フェンスギリギリではありましたが、右中間の最も深いところへぶち込んでくれました。




4回にはグレちゃんがライナーの一直線レフトスタンドへ!

グレちゃんも続く!




更に2者差連続で、しかもタフィさん2打席連続!ラ・ローズ砲、炸裂です!

2者連続!2打席連続!タフィさん!




ファイヤー!



コールに応えるグレちゃん!



ブルペンから、勢い良く!大久保さま



大久保様、仁王立ち!



モグラ君からのバースデープレゼント?



ようやく勝利・・・



引っ付き過ぎ(爆)



親子でお立ち台!



サインボール投げ入れ役もJrが



そろそろ正式に契約を!(笑)



更新します。




blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月26日 対北海道日本ハム18回戦(スカイマークスタジアム)

「サヨナラ」は、全ての始まり・・・。

今季3度目サヨナラ勝ち後期開幕カードを見事、2勝1敗で勝ち越しました。

そういえば、スカイマークでは今年初めてのサヨナラ勝ちですね!

私は今年初めてテレビでその模様を拝見しておりました・・・。

今日球場へ足を運ばれた皆様方には「まだまだこれから!」というチームの息の根をしっかりと感じ取られたことでしょうね!

もちろんテレビ画面からも、それはしっかり感じることはできました。





Bs 4× - 3 Fighters

   スコアはこちら




サヨナラ!!!


オリックスがサヨナラ勝ち

オリックスが今季3度目のサヨナラ勝ち。2-3の7回に平野恵の適時二塁打で追い付き、9回一死一塁で日高が適時二塁打を放った。8回途中から登板の菊地原が3勝目。日本ハムは3失策と守備が乱れ、打線も終盤につながりを欠いた。


サヨナラの立役者の二人!



だるびっしゅさんとユウキによるがっぷり四つの「ダブル・ユウ」対決。


しかし、均衡を破ったのはやっぱり今日も主砲の一発でした!

これで後期開幕以来3戦連続のHR!

打っても打ってもジャイアン・タケシが打つもんで中々HRキングの座は近づきませんが、まだシーズン(後期)は始まったばかり!(笑)

タフィさん、3戦連発!

奇跡のホームランキング返り咲きへの視界は、決して曇ってはおりません!

一方、打点は刻一刻と「その時」が近づきつつあります。

本当に、タフィ・ザ・ビリケン様(笑)には、足を向けて寝られません。



1点リードで迎えた5回。

ようやくBsのユウちゃん@ぼんさんに、交流戦のタイガース戦以来の勝ち星まであとアウトひとつ!

あと一人で・・・・・

しかし、無情にもファイターズの新撰組・誠さんに手痛い同点タイムリーを浴びてしまいます・・・。

じわりじわりと首位チームがプレッシャーを与えてきました。

あーあ、やってもーた・・・。

ユウちゃんは、しばし呆然としつつも必死で気持ちを切り替えておりました。



「スカイマークには魔物が棲む」

昨年来、このブログでも散々突っ込みまくり、数々のドラマを演出してくれた魔物=もぐらくん(通称モグちゃん@福良さんではありません)・・・。

先ほどの同点タイムリーの余韻が覚めやらない誠さんの前で、どうやら冬眠から醒めたようです!

恐らくは、ビリケンさんに無理やり起こされたのだろうと思われますが、追いつかれた直後に「神の穴掘り」が発動されました。

タームリー・ヒットに続き、タイムリー・エラー・・・

結果は、同点タイムリーを「チャラ」にするタイムリー・エラーとなり、Bsはこの回ノー・ヒットであっさりと勝ち越しに成功したのでした。




しかし、ファイターズにも強力な神通力の持ち主がいることを忘れておりました・・・。


そう、北の大地を揺るがし続ける響鬼!

逆転2ランを被弾し呆然・・・。

稲葉さんに、レフト線に流して惜しくもファウルとなった次のボールを、今度は一転思い切り振り抜き、大きな大きな大きな逆転2ランホームランをライトスタンドへ叩き込まれてしまいました・・・。




序盤の息詰まる投手戦から、中盤以降は拙攻対拙守の行き詰まる展開に・・・。

そして徐々にだるびっしゅさんの不快指数のバロメーターが上昇してきました。

中々サインが合いません。

イライラしただるびっしゅさんは叫びます。

「ストレート!」

イライライライライライラ・・・。

自分の要求通りのサインが来ません。

イライラしただるびっしゅさんはまた叫びます。

「ちゃう!」

「ちがうやろ!」

何故だるびっしゅさんの時には信二さんではないのかが、何となくわかった気がしました・・・。

落ち込む鶴ちゃん(笑)

頑張れ!鶴ちゃん!

思わず、呟いてしまいました(笑)




そんなだるびっしゅさんの精神状態を見抜き、一振りに懸けたひらりんの痛烈な打球は、ライト線へ!

勝負を振り出しに戻す貴重な同点タイムリーヒットになりました!

ひらりん、執念の一撃!同点に。

緒戦の活躍といい、この日の活躍といい、ひらりんは「後期優勝」へのキーマンなのかも知れませんね。




9回1アウト。


打順は8番・ビッキーと9番・ダカヒーでした。

「延長10回は好打順だなぁ」と思って、冷蔵庫に無くなっていたビールを急遽補充(笑)

ところがビッキーは8回から替わった江尻さんから、センター前にチーム唯一のマルチとなる2本目のヒットで出塁です。

9回1アウトから、今日2本目のヒットで出塁!

「作戦は難しいぞ!代打は栄二様か?真ちゃんか?」

「いや、2アウトになっても得点圏にランナーを置いてモグちゃんに期待した方が得策か?」

などと一人実況中継(爆)

頭の片隅にさえ打率2割未満のダカヒーがバットを振ろうとは、思いもしませんでした(汗)

この打率ながら、サインは「打て!」

しかしベンチ内でただ一人、この結果を予見されていたかのような大胆な(過ぎる)作戦を決行!


初球でした。

ビールはもちろんまだ冷えてはいませんでした・・・・・。


オリックス日高の一撃でサヨナラ勝ち

オリックスは日高の一撃で今季3度目のサヨナラ勝ちを決めた。9回1死から右翼線を抜ける適時二塁打。日高は「次につなげようと思って、打席に入った。でもまさか大引がかえってくるとは思わなかった。彼のおかげですよ」と一塁走者の大引をたたえた。コリンズ監督も「送りバントは考えなかった」と喜んだ。


初球を叩くと



タフィさん、興奮して猛然と本塁へ突進します!

しかしご心配には及びません。

乱闘ではありません!乱舞です!

乱闘ではなく、乱舞に参加です(笑)




「ありがとう、ダカヒー!そしてごめんなさい!」

待ちきれず、生ぬるいままのビールをプシュッ・・・。

今季2度目のお立ち台!ダカヒー!

ダカヒーと一緒に乾杯させていただきました。

備えあれば憂い無し。

ビールの備蓄は計画的に。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月25日 対北海道日本ハム17回戦(大阪(の)ドーム)

タフィさん存在の大きさを改めて知らされた試合でした。

ファイターズ投手陣の前に、僅か4安打2得点に封じ込められたBs打線にあって、ただ一人で3安打2打点の活躍!

もし今季、タフィさんがいなかったらと思うと背筋が凍りますね(冷汗)

それにしても左腕投手に対して右打者をズラリと並べる作戦は、今日も不発?でした。

というより、成功したことって、ありましたっけ?





Bs 2 - 4 Fighters

   スコアはこちら



スコア



デイビーが悔しい9敗目

先発デイビーが悔しい敗戦投手となった。7回を投げ5安打3失点と役割は果たしたが、打線が日本ハム先発武田勝らの前に4安打2得点と沈黙。9敗目を喫した。「初回に内野安打で2点というアンラッキーな部分もあったけど、全体的に調子はよかった。ただ初回高橋選手に与えた死球と、3回に2アウトを取ってから3連打を打たれたことで、自分自身に腹が立ちます」。打線を責めることなく、敗戦の責任を背負い込んでいた。




先発して(好投も、今日も援護無く)負け投手になったエース・デビちゃん

エース!デビちゃん!

初回、2アウトから討ち取った当たりではありましたが、それが2点タイムリー内野安打となってしまいました。

このあたり、ファイターズは流石に首位のチーム。

新たな戦力が次々と登場して結果を残してきます。


更に3回。今度も2アウトから。


しかし今度は綺麗にセンター前に運ばれました・・・。

この序盤の3点全てを叩き出したのは、新たに「鬼」と成り得るのでしょうか?

JR東日本快速の工藤さん@石本2世?でした。


反対に、ウチのエースに対する味方打線の援護は?

昨日の二桁安打の打線はどこへやら・・・。

頑張れ!デビちゃん!

デビちゃんにとって、辛いシーズンが続きます・・・。



タフィさんの勢いが止まりません!


最愛のダディJr、そしてビリケンさんとのコラボは、タフィさんバットを打出の小槌に変えてしまうようです。

タフィさんのいつものルーチン

他にこの力を生み出すものは、もはやドラえもんのポケットくらいだと思われます。

サウスポーの勝さんに対して、タフィさんを除いて残り全員を右打者で固めたこの日のBs打線でしたが・・・。

皮肉にも、全4安打2得点のうち3安打2打点の活躍は、唯一の左打者タフィさんという結果に。

絶好調!頼りにしています!

今日の勝さんのピッチングでは誰が出ても一緒だったのかも知れませんが(汗)、それならいっそのこと全員を左で並べるとかの奇策でもあれば、それなりにビールが旨・・・いえ、何でもありません(汗)

もしタフィさんがいなかったら・・・

それにしてもタフィさん連夜の猛打賞遂に打撃3部門でチームトップに躍り出ました!

どこまでもチームを引っ張る!

最近私の老眼が早まったのか、タフィさんがビリケンさんそのものに見えてきました・・・。



勝さん、スピードがそれほどある訳ではないのに面白いようにBs打線から三振を奪っていきます。

中でも見逃し三振が何だかとっても多かったような気がします。

そんなときに球審が小寺さんだったら、それはそれなりにビールが・・・もういいですね

何と8回までに11個ですか・・・。

変幻自在の老獪なピッチング!?

成瀬さん(M)吉川さん(Fs)もそうですが、このようなタイプにはいつもやられている気がします。

もしも・・・朱蒙王子@高木くんBs打線相手にマウンドに上ったとしたら・・・。

止めましょう。・・・ビールが不味くなりますね(汗)



タフィさんの他にただ一人、ヒットを放った真ちゃん

右打者唯一のヒット、真ちゃん!

左キラーの面目躍如ですね!

しかし真ちゃんがもし、このヒットを打っていなければ・・・。

タフィさん以外ノーヒット・ノーランということになっていたかも知れませんねぇ。

そういう意味では、値千金とも言えるような言えないような、でもお礼を言いたい1本のヒットでした。



「後期開幕」2戦目スタメン・マスクを勝ち取った辻ちゃんでしたが・・・。

一塁へのヘッドスライディングの際に左手小指を脱臼してしまいました。

這い上がれ!辻ちゃん!

諦めない気持ちが裏目に・・・。

登録も抹消されることになるのでしょうか?

残念ですが、この名誉の負傷がチームのモチベーション高揚のための更なる起爆剤になってほしいと願う他はありません。

辻ちゃんには、是非とも短期間での復帰を心からお祈り申し上げます。



誰よりもファイターズ戦闘志を漲らせる男クニー

静に戦況を見守るクニー

気が付けば、いつの間にやら勝さんから久さんの武田リレー、そして守護神・マイケルさん登場とファイターズの勝ちパターンに・・・。


ああ、今日もまたクニーの応援歌を歌えないのかと思い始めたそのとき!


9回、先頭の代打・村松様が相手内野陣のエラーで出塁!


一発出れば同点です・・・。



そ ・ し ・ て !



バッター、クニユキー・キモトッ!


遂にクニー代打で登場しました。


ここからライトスタンド異様な盛り上がりを見せました(笑)

あのファイターズ応援団から託されたらしい名曲を、ようやく歌える(そして跳べる)日がやって来たのです!

クニーは、そんなファンの思いをしっかり受け止めて粘ってくれましたので、思う存分待ちに待った応援を送ることができました


残念ながらセンター・ひちょりさんへのフライに終わってしまいましたが、その盛り上がりは、続くグレちゃん、そしてタフィさんへの大声援へとつながりました

最後の最後はちゃどぅ見逃し三振で一気に醒めはしたのですが(汗)


コリンズ・シェフ新戦力は「新鮮力」である間に上手く調理していただくことをお願い致します・・・。



昨日、近畿地方は梅雨明け宣言が出されました。

それに呼応するように二桁安打で打線も梅雨明けか!?と思われましたが、たった一日で再び梅雨の空模様

ただしこちらは高気圧の影響ではなく、「好機薄」の影響でしょう・・・。



後期開幕いきなり2連勝の目論見は儚くも散ってしまいましたが、明日は後期開幕カードいきなり勝ち越しの夢が叶うよう、星に願いをかけて大阪(の)ドームをあとにいたしました。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月24日 対北海道日本ハム16回戦(大阪(の)ドーム)

2007年度パシフィック・リーグ(脳内)後期開幕!

6チーム横並び(笑)の一斉スタート

我がBsは見事「開幕戦」に勝利し、「後期優勝」に向けての好スタートを切りました!


後期優勝に向けての最低ノルマは、40勝16敗・・・。

いにしえの昔、南海ホークス「死んだふり」作戦の逆を行く、後期ぶっちぎりの優勝でプレーオフへと突き進みましょう!


さぁ、メイク・ミラクル!


あっ、「ミラクル」なんて言ったら、コリンズ監督様叱られそうですね(汗)





Bs  - 0 Fighters

   スコアはこちら



スコア



オリックス平野佳が今季初完封で6勝目

オリックス平野佳が今季初完封で6勝目を挙げた。強力な日本ハム打線相手にていねいに低目をつき、内野ゴロ18個散発5安打、四球0の快投だった。「とにかく低めを意識した。終盤は完封を意識したし、勝てたことがうれしい」。後半戦白星発進を導いた右腕に、コリンズ監督も「平野佳満点以外の言葉が表現できない」と大満足だった。




開門直後には、選手会による新潟中越沖地震義援金募金活動が行われました。

試合前にもかかわらず、選手の皆さんがロビーにユニフォームのまま出て来られ、ファンに直接の募金を呼びかけました。

選手達が直接義援金の呼びかけを!

しかも手にはプロモーションカードが!

しかも選手は2部制で途中入れ替えという豪華版

若手も参加!

はい。・・・お金が足らなくなりました・・・。

ある選手には1円玉を1枚だけしか入れさせていただいていないのに、「ありがとうございます!」と握手までしていただきました(汗)

参加してくださった選手は、キタガー選手会長をはじめ、村松様菊様の両副会長、真ちゃん大久保様立命先輩後輩コンビ、ユウキ大輔岸田くんビッキー、そして今回の被災地の中心である新潟県出身きんこくんでした。

カンパのお礼にいただきました

私の場合、義援金カンパが完全に不純な動機となり大変恐縮ではございましたが(汗)、選手達の思いやファンの善意が被災地で今も辛い生活を強いられる方々の胸に少しで届くことを願って止みません。




今日の後期開幕戦にふさわしく国歌斉唱は、「元気出せ!根性見せろ!」でお馴染みのQueen's Tears Honeyの皆さんが約1年ぶりに登場。

クイーンズ・ティアーズ・ハニーの皆さん

もちろん試合開始前と勝利の後には生「ウイニングラン」が聞けました!




試合の方は、平野佳くんぐりんさん(not緑の人)との投手戦の予想通り、なかなか点が取れません。

こういうときには伏兵と主砲の一発が試合を決めるという定石どおり(ホントか?)、3回には伏兵・ひらりんまさかの先制ソロHR!

今季初HR!ひらりん!

今季の第1号でした。というより、あの事故以来の記念すべきホームランとなりました!




これでぐりんさん例の精神状態におなりだったのか、続く4回には主砲・タフィさん後期開幕を飾るソロHRをレフトへぶち込み2対0に。

スタンドには、もちろんダディとJr.の姿がありました(笑)

本当に凄いパワーですね!!(どちらも)




さらに5回は、あわや二打席連続かと思わせるセンターへの特大の犠牲フライ3点目をゲット。

打ったのは、ひらりんでした!

2打点目のひらりん!いつもの礼儀正しきお辞儀

今日の全3得点のうち2点を叩き出したひらりん

誰も「1番・センター平野」を忘れてなんかいませんよ!(笑)




6回にも得点のチャンスがありました・・・・・。


先頭のタフィさん2本目のヒット、ちゃどぅは相手のジョーンズさんのエラー、キタガーも2安打目。


ノー・アウト満塁のこの日最大のチャンスです!


ここでバッターは、前の打席で後期早速「片目が明いた」我らが光尊様だったのですが、ファイターズ・ベンチはここでぐりんさんを諦めます。


で、アナウンスは?。


「ピッチャー、タツオ・キャトウ!」

ファイターズに移籍後初の元・ホーム登板の歌くん

歌くんでした。

正直、複雑な心境でした。


応援は「タオル・チャンス」でしたが・・・。

バッターは、光尊様の代打・マサヒロでしたが・・・。


結果は、Bsにとっては最悪の結果でした。


ショート・ゴロ、ホームゲッツー。

次打者・ビッキー空振り三振


ノー・アウト満塁の絶体絶命のピンチを0点で切り抜けた歌くん。

彼にとっては最高の結果になりました。


この調子でFsブルペンで、確固たる地位を築いてほしいものです。


でも、Bs戦では正直あまり見たくありません(笑)

それにしても歌くんFsのユニがとっても良く似合ってましたね!



えっ?あの時光尊さまが、もし打席に立っていたら・・・?。

後半戦開幕早々に「運」を使い果たしてはいけない!とのお考えで「トリプル・プレー」も自粛された光尊様のことですから・・・・・以下自粛

瞑想いや迷走もございました

とにかく、お誕生日まであと3日です(笑)





Bsラッキー・セブンに登場した新アトラクション(?)

なんだ!?

モチーフは、巨大な蒼海蛇赤蝮でしょうか。

頼もしいです。・・・か?。

気持ち悪い、もとい変な動き」で、敵の戦意を喪失させるのが最大の武器のようです。

まずは、私達が慣れなければいけませんね(汗)




大量、二桁11安打を放ちながら、得点はソロHR2本と犠牲フライの3点のみのBs打線。

しかし、今日だけは1点あれば充分でした。


後期開幕投手に指名された若きエース候補の平野佳くん

見事に首位・ファイターズ打線散発5安打に封じ込め、今季遅ればせながら初完封勝利を飾りました!

若きエース(候補)!平野佳くん!

三塁は一度も、二塁は稲葉さんだけに2度踏ませただけのほぼ完璧なピッチング

「散髪」効果もあったのでしょうね。

今季初完封!

これからもこのようなピッチングを続けて、コリンズ監督様「(素晴らしいピッチングは)もう見飽きた」と言っていただけるように頑張ってほしいと思います(笑)




ヒーローインタビューは、Bs初の「W平野」が実現しました。

今までは夢やネタでしか語られなかったこのお立ち台での2ショット

ダブル平野!

冗談ではなく、実現したのです(笑)

技の1号と力の2号とは、かの有名な「ダブル・ライダー」のことですが、「ダブル・平野」もこれから有名になっていってほしいですね!

山椒は小粒でぴりりと辛い兄貴分と、見た目は地味でも派手な活躍が良く似合う真面目な弟分・・・。

開幕戦勝利の投打のヒーロー!

東京スーパースターズには無理でも、アストロ球団には入団できそうですね(爆)




お立ち台で「平野恵一を忘れられたんじゃないか?」と心配していたひらりんでしたが、記念すべき今季第1号のボールは、こんなところに「置き去られた」ままになっていました。

あんなところに・・・

届かない(笑)

球場美化のため、試合終了後にどうしてもあの使用済風船を回収したかったのですがね(爆)




そういえば、以前公式携帯サイトの企画にあった「ピンバッジを作ってほしい選手の投票」・・・。

その結果に従って、この日から新しいバッジが登場しました。(ただしガチャガチャで)

見辛いかも知れませんが、ゴールドに輝いています。

ゴールデン・平野!

が、個人的には好みではないのが非常に残念です。

どうせなら「サーパス・バージョン」の方が嬉しかったですが(笑)

他にも記念記録のフラッグ型が3つ追加されていました。

新型の数々・・・


これでまた「フル・コンプリート」の夢が遠のきました・・・・・。



こうして、更に更に深い沼の底へと引きずり込まれていくのでしょう。

そんな自分自身が容易に想像できて、情けないです(爆)


ベスト・テンの結果

ところで、ベストテンに入っていないマサヒロのピンバッジが存在するというのは、シークレット扱いということなのでしょうか?

その割に、既にダブりましたが何か?(汗)



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月21日 オールスターゲーム第2戦(フルキャストS宮城)

52年ぶりのデイゲーム開催となった今年のオールスター第2戦。

よもや史上初のコールド・ゲームになるとは思いもしませんでした・・・。

始まりも、よもや序盤から大量失点

まあ、それ私たちは慣れてますけどね(汗)


盛りだくさんか大味か、評価は分かれるところですね。

でも、夢にまで見たハヤカー晴れの出番が無くなってしまったことは、最高のオチ?となってしまいました・・・orz





全パ 5 - 11× 全セ

   スコアはこちら




全セ、打ち勝って6連勝=阿部MVP、史上初の降雨コールド-プロ野球球宴

プロ野球ガリバーオールスターゲーム第2戦は21日、フルキャストスタジアム宮城で行われ、全セが11-5で快勝し、2005年の第1戦から6連勝とした。52年ぶりのデーゲーム開催は、8回表途中で史上初めて降雨コールドゲームとなった。通算成績は全セの67勝73敗8分け。MVPには逆転3ランを放った阿部(巨人)が選ばれた。

全セは2点を追う2回、全パの先発田中(楽天)を攻め、阿部の本塁打など6連打を含む7安打で一挙6点。8回には、代打ラミレス(ヤクルト)の2戦連続の2ランで突き放した。全パは1回、山崎武(楽天)の2ランで先制。全セと同じ13安打を放ったが、長打の差で及ばなかった。

来年の球宴は、京セラドーム大阪と横浜スタジアムで行われる。




ひちょりさん、今日はムエタイの世界チャンピオンに。

挑戦者はヒルマン監督(笑)

今日はムエタイ戦士!

本場、タイからのお取り寄せだそうです。

賛否両論おありでしょうが、私は(ひちょりさんだから擁護派です(笑)



大輔@ハヤカーの出番は雨で流れてしまいましたが、今日は大輔@キャトウの記念すべきオールスター初登板がありました!

遂に出番!大輔!

公約どおり、ストレート主体の「らしい」ピッチングを披露。

今日投げたピッチャーの中では最速の152kmを記録しました!

パ・リーグ最速の152kmを記録!

1イニング目こそ、松坂世代の同級生・ひちょりさん好守備助けられて無失点で切り抜けましたが・・・・・。

2イニングス目には、カープ・新井兄さんに広島市民球場でカーゴエ前会長が浴びたように、ライトスタンドへ運ばれてしまいました。

もちろんストレートでした。

今シーズンの被本塁打は1本の大輔でしたが、オールスターの晴れ舞台、全国ネットで被弾(汗)

これに懲りて大切な場面で意味の無いまっすぐ勝負へのこだわりを捨ててくれるといいですが(笑)

2回1安打も1被本塁打・・・

きっと、宮島さん大輔のために新井兄さんに乗り移って厄払いの一発を打ってくださったと妄想して後半戦の大輔の大活躍に期待したいと思います!




グレちゃんに、いつものヒットが生まれました。

グレちゃん、いつものヒット!

これで後半戦に、気持ちよく入っていけますね!




恐れ入りました。

よしくんは、ただ一人の3安打猛打賞!

俺たちのよしくんは、今日の出場選手中ただ一人の3安打猛打賞!

となりの先制HRを放ったジャイアン・タケシとともに優秀選手賞を受賞しました。


稀代の右のヒットメーカーの本領発揮ですね!



よしくん完全復活を見ることが出来て、何だか嬉しいというよりホッとしました・・・。


是非とも首位打者を目指して頑張ってください!



ラミちゃん2戦連発!

ラミちゃん2戦連発!

ただし、これで降雨のために10数分の中断を経て・・・・・。

残念ながらゲームセット・・・

オールスター史上、初めてのコールド・ゲーム!


最近は、「人気のパ、実力のセ」 ですか?




「どこいこ」 セのベンチ内編。


!?・・・・・楽しげなベンチのシゲシゲさん

ん!?

カープは正捕手が不在らしいな」


出戻りは・・・亮二@アイカーがいるからなぁ」

いいなぁ・・・

そのシゲシゲさんしげしげと見詰める慎之介さん・・・」


ヤクルト古田さんの後釜かぁ」

古田さんの後釜に?



「僕はカープが気になってるんスよ。球場狭いですし僕にピッタリ・・・

ならオレは広島かなぁ

(ちなみに、背番号は19番希望っス)



パ・リーグのベンチは、殆どマー君がらみでしか映りませんでした。

タフィさんの周りにどんな人が座るのか、とっても楽しみにし・・・(以下自粛)




最後に、この2日間で最も印象に残った人は・・・・・・・・・・。



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。




夢に出そう・・・

暫く頭から離れないでしょうねぇ(爆)





blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月20日 オールスターゲーム第1戦(東京ドーム)
年に一度のお祭りは、年々色褪せてきているように感じるのは、私だけでしょうか?

本当のセ・パを超えた真剣勝負は、交流戦で堪能できます。

もはや、バラエティーに走るしか存在価値は見出せないのかも知れませんが・・・。

Bs選手(日本人)が少ないので、やっかみが多分に入っているのでしょう。

それでも、「見ない」という勇気は私にはありませんでしたので、それなりに楽しみました(笑)





全パ 0 - 4 全セ

   スコアはこちら




わずか1安打ヒルマン監督取材拒否/球宴

わずか1安打に、お仕置きでもしたかった05年から5連敗を喫した全パの日本ハム・ヒルマン監督は「ヒットが出なければ勝てないね。仙台に着いたら室内練習場に直行して全員打撃練習をしてもらう」。試合後は取材に応じず、広報を通じて出したコメントは、冗談に聞こえないほどの嘆き節。チームは20日夜に仙台に移動したが、深夜の打撃練習でも課したい気分だった。

初回に先頭のロッテ西岡から飛び出しただけで、全パは安打の「H」のランプをともすことはなく、2回以降は走者すら出せなかった。指揮官は「お祭りだが真剣勝負の場」と言い切り、出場選手の情報をできる限り漏らさなかった。計59本塁打の外国人トリオを主軸に据えたが、勝利は遠かった。



今年のネタ

コーン・ヘッド!?

頭がとんがったひちょりさん




祝・初出場! 幕張の蒼い波しぶき!

晴れ舞台!出場おめでとう!大輔@ハヤカー!

永遠の若手が、遂にフレッシュオールスターではなく、本家オールスターに登場です!

心配された左手中指には、包帯らしきものが巻かれてはいましたが・・・。

何とか頑張ってMVPを取って、是非叫んで欲しかったですがね。

パ・リーグ最高バイ!」と。




今年度の野球殿堂入り表彰は、お二人でした。

元アマ全日本監督の松永怜一氏と・・・・・。

殿堂入り表彰・・・。カジさん!本当におめでとう!

我らがカジさんでした!

でも、一年遅かったですね・・・・・・・・。

阪急ファンなら誰もが一生、この思いは消えないでしょう。

レリーフ、いつか必ず見に行きます!

改めて心からご冥福をお祈りいたします。


因みに、プレゼンターはもちろん上田利治監督でした。(プラス金やん)

プレゼンターは、もちろん上田監督(と金やん)

安心して辞任・休養、そして復帰できたのも、カジさんがおられたお蔭でしたからね。

またひとつ、野球殿堂へ行く楽しみが増えました。



グレちゃんの第1打席。

ミスター・デッドボール!?グレちゃん!

ホームランのようなポーズですが、実はデッド・ボール(汗)

上原さんによる故意死球?ですが、本人は笑顔で大喜び・・・。


「オレは不死身なのさ!」


実はタフィさんへのメッセー・・・(以下自粛)




そのタフィさん・・・。

出場停止明けのタフィさんでしたが・・・

1試合の出場停止が解けて、晴れて球宴に復帰です。

が、マスコミの目は里崎さんとの確執ばかりに向けられたからでしょうか?

大好きな東京ドームではありましたが、元気も笑顔もなかったように見えました・・・。

明日は切替えて、タフィさんらしい豪快なアーチで一矢を報いて欲しいと思います!




前半戦のセ・リーグのバットマンレースの堂々第3位で、落合さんからの監督推薦を勝ち取り、昨年とは違い堂々のオールスター出場を決めた俺たちのよしくん!

堂々の2番・スタメン!俺たちのよしくん!

ハヤカーとともに「移籍」が復活の引き金となりました。

ミャーウチさんはこの瞬間チャンネルを変えただろうということを、はらたいらさんに全部!




熱狂的な野球好きギャル必死で声援を送っています!

どうやらマリーンズユニをご着用だったので、団扇の写真は、男前の西岡さんとハヤカーさんですね?

西岡さんとハヤカー!?


ん!?


済みません。誰だかわかりません(汗)


タッキー&翼という名前なので、マリーンズの黒滝さんカープの今井さんかと思ったら、全然違いました(汗)


野球選手じゃなかったのですね


ガッツさんは、知らない間にセントラルの絵の具に染まってしまったのでしょうか?

よしくんは、相変わらずこのような時には苦笑いが精一杯ですね(笑)

よしくんは苦笑いが精一杯(爆)

いつまでも変わらないよしくんでいてください!


均衡を破ったのは、ラミちゃん

MVPはラミちゃん

モノ凄い当たりのレフトスタンドへのライナーでした。

そしてそのまま、MVPも「ゲッツ!」




続いて前田坊や、いえ前田さんにも一発が!

イチローくんの心の師、前田さんのガッツポーズ!!

永久保存版。穏やかな笑顔の前田さん!

珍しいガッツ・ポーズと穏やかな笑顔が見られました。

私はプリントアウトして、永久保存にしようと思います(笑)



その後、森野さんにも一発が!

夢に描いた一打を放った森野さん!

私は森野さんのように、逆境を跳ね返して素晴らしい結果を出す選手が大好きです。

それにしても落合さんという方は、森野さんにとって元中日コーチの星一徹のような存在ですね。

まるで伴宙太試練を次々と与え続けるように。

余計な大口を叩くこともなく、黙々とを乗り越えて続けていくその姿・・・村松ファミリーに入りませんか?(笑)

史上5人目のオールスター、初打席初ホームランだそうです。

個人的には、早く定位置のサードに戻って欲しいです。




いろいろと楽しいシーンが多かった今日のオールスターでしたが、私が最もツボにはまったのはこのショット。

ワナにはめられた?岩瀬さん(爆)

今オフのFA戦線を見越しての深層心理への働きかけ?

既成事実作り?


それとも、念のためにオレンジ色が似合うかどうかのチェック?

周到に用意された某球団ワナにまんまとはまってしまった岩瀬さんです(爆)



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月19日 フレッシュオールスターゲーム(松山坊ちゃんS)

我らがサーパスの選手たちの表情をお伝えします。

表情しかお伝えできるものが無いというのが、寂しい限りなのですが・・・。


試合は、僅か4安打対2安打スミイチ・・・。

大丈夫。もう慣れてますから(爆)





全ウ  - 0 全イ

   スコアはこちら




ウエスタン、勝利!


ウエスタン選抜が勝利/フレッシュ球宴

ウエスタン・リーグ選抜が1-0でイースタン・リーグ選抜に勝ち、通算成績を25勝14敗5分けとした。最優秀選手には1安打、2盗塁の中東(広島)が選ばれ、賞金100万円を獲得した。

ウ選抜は1回、先頭の中東が中前打で出塁して二塁盗塁。さらに三塁盗塁が銀仁朗(グッドウィル)の悪送球を誘って先制した。先発の甲藤(ソフトバンク)ら7投手がイ選抜を2安打に封じて逃げ切った。

フレッシュオールスターは昨年までの2年間、セ・リーグとパ・リーグの対決で実施したが、3年ぶりに従来の対戦形式に戻された。


ポスター





住友監督

住友監督




ぐっち

残念ながらヒットは無し

第1打席は四球で出塁でしたが、自慢の足は魅せられず、悔しい盗塁死

ぐっち!

加藤ちゃーさん

本当はこんなトコに出てちゃイカン選手なんですがねぇ




アベケン

流石は唯一の地元・松山松山商業出身のアベケンです!

大応援団!

地元の方というのは、とっても温かいですね。

あの、甲子園を湧かせたヒーローは、今も変わらずヒーローのままなのでしょう。

地元・松山の星!アベケン!

イースタン選抜チームの全2安打中の1本を、ライオンズ・銀仁朗くんに献上してしまいました。

が、1イニングをしっかりと抑えてくれました・・・・・。




中山くん

2イニングを投げきりました。

後半戦は一軍で!中山くん!

しかし、アベケンと同じく、イースタン選抜チームの全2安打中の1本を、ライオンズ・銀仁朗くんに献上してしまいました・・・・・。

即ち、サーパス二人だけが銀仁朗くんにヒットを打たれたということですね(汗)

でも、早く一軍でのマウンド、見せていただきたいものです。




森山くん

途中出場でしたが、1度だけ打席も回ってきました。

平凡なセカンド・ゴロでしたが、一塁は間一髪アウトの判定でした。

足の速さをアピールすることは、多少は出来たと思います・・・。


疾風になれ!森山くん!

今年は未だ一軍登録はありません。




香ちゃん

ようやくマウンドでまた仕事が出来るようになったのですね!

お帰り!香ちゃん!

1イニングをパーフェクトに抑えました。

でも故障明けの右腕です。

焦らずに復活のストーリーを歩んでください!


しかし、パッと見て思わず「ハギーが出てる!?」と呟いてしまったことはナイショです(笑)




もう一度、這い上がれ!ぐっち!

ぐっちは、フル・イニング出場。




W健太。

W(ダブル)健太・・・。




解説は、我らが加藤ちゃーさんでした。

未だサーパスへの愛情は衰えず!加藤ちゃーさん!

未だ、サーパスに対する情熱は衰えず!

相変わらず(笑)、言葉の端々からも期待の選手への愛情が溢れますね。

近い将来、もう一度Bsサーパス)のユニフォームを着ていただきたいと、切に願っています!

他球団に盗られるということだけは、絶対に避けて欲しいです。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!







 

7月18日 対千葉ロッテ14回戦(千葉マリンスタジアム)

 3試合続けて相手チームを上回るヒットを放ちながら、3試合のうち1試合も勝つことが出来ないまま、前半戦が終了しました・・・。

5位まで2.0ゲーム差の最下位フィニッシュです。

ファンの皆様方、お疲れ様でした。

暫くは野球のことは忘れて、心も身体も休みましょう(汗)


チームの皆様方心機一転・・・・・。

明日から「猛練習」でリフレッシュしてください・・・・・orz





Bs - 3 Marines

   スコアはこちら




オリックス・コリンズ監督、最下位ターンも後半戦巻き返しに期待

オリックスは成瀬にひねられ、前半戦最後の3連戦を1分け2敗で終えた。コリンズ監督は「3試合で5点しか取れなかったのはよくない」と嘆いた。首位日本ハムと14・5ゲーム差の最下位で後半戦に折り返す。指揮官は低迷脱出に向け「前半戦の終わりになって投手がよくなったし、ラロッカローズも活躍してくれた。あとの選手も頑張ってほしいということ」と期待を込めた


後半戦は?も?頑張ろう!




結果的に、この日私が最も興奮したのは始球式でした(汗)。

かつてメジャー・リーグが今ほどポピュラーでなかった時代の日本で、私は少年時代を過ごしました。

もっとも、その頃はメジャー・リーグなどという言葉などまだ一般的ではありませんでした。

その頃といえば、「巨人の星」の主人公・星飛雄馬魔球の名前にもなった「大リーグ」という呼び名が一般的でした。

そしてその「大リーグ」には、アームストロング・オズマ(Not DJ OZMA)みたいな「見えないスイング」で、信じられないホームランを打つ選手ばかりなのだろうと、まだまだ野球に正式に目覚めていなかった私は漠然と信じておりました。

月日は流れ・・・・・阪急ブレーブス子供会への入会を機に野球に目覚めた私は、その目を自然に大リーグにも向けるようになりました。

その当時、私が雑誌の写真からしか知識を得ることがなかった頃のMLBのスーパースターたちは、デーブ・パーカーレジー・ジャクソンカール・ヤストレムスキースティーブ・ガービースティーブ・カールトンジョージ・ブレット、そして来日したビッグ・レッド・マシーンスーパースター軍団などが燦然と輝いていましたね。

中でも一際印象深く心に刻みこめれたのは、「カリフォルニア超特急」という言葉でした・・・。

カリフォルニア超特急!

超特急並みの速い球を投げる、という意味で命名されたと思うのですが、同時に「世界で最も速いボールを投げる投手」として私の記憶に「ノーラン・ライアン」という名前は、その頃から深く深く脳裏に刻み込まれておりました・・・。

その、偉大なノーラン・ライアンが、我がBs(とマリーンズ)戦の始球式のマウンドに上がったのです!!

今も当時の風格は、そのまま!

体つきは別として、お顔は若き日の面影そのままでした。

ほんの一瞬ではありましたが、私も昔を思い出してノスタルジックな気持ちに浸ることができました。


フィールド・オブ・ドリーム・・・・・。


本当に良い言葉ですね。



ですが今日のマリーンズの先発は、Bs打線手塩にかけて育てた(汗)今季大ブレークの成瀬さん。

ノーヒットノーランでもされたらどうしよう?と我に返ってしまいました(笑)




それが杞憂となったのは、2回でした。




タフィさんが前日の乱闘により1試合の出場停止となったため、4番DHにグレちゃん

そして、空いたサードには、移籍後2度目のスタメンが転がり込んだ形のクニーが入りました。


すると2回、1アウトからちゃどぅマサヒロの連打で一・三塁という絶好の先制機に打席が回ってきたのです・・・。

移籍後2試合目のスタメン!

この好機にセンター深くへ、タッチ・アップには文句無しのフライを打ち上げてあっさりと先制点を奪いました!

「シゴトキッチリ」連夜の打点、クニー!

2日続けての鮮やかな先制点
に、今日は成瀬さんだけども、もしかしたら今日こそは!


・・・残念ながら2日続けて「オンリー・ワン」でした・・・。


やっぱり防御率という数字は、信頼できますねぇ(汗)


それにしても、今日はノーヒットながら連夜の打点を挙げたクニー!


左対左など何するものぞ。



今までのBs選手にはなかった(汗)勝負強さの片鱗を徐々に発揮し始めてくれています。


日本各地に大きな爪痕を残して去っていった台風4号ではありませんが、後半戦はBsがパ・リーグの台風の目となるように。

クニーには、その「目玉」の一人になってもらいたいと思います。




期待の移籍組のもう一人・・・。

4月19日以来、今季2度目の古巣・千葉マリンでのスタメン・マスク辻ちゃんです。

前回は、2打数ノーヒット、2三振。

育ててくれたマリーンズの元同僚、そしてマリサポさん達恩返しをすることは叶いませんでした。

しかし、今日の第1打席! 先頭バッターでもありました。

バッテリーを組んだこともある成瀬さんの2球目を捉えた打球は、美しく三遊間を抜けていきました。

夢にまで見たマリーンズ戦でのヒットです!

ようやく古巣相手に初ヒット!辻ちゃん!

一軍では実に4月24日以来のヒット

トレード相手であるハヤカー大ブレイクと比較されて辛いこともあったでしょうが、絶体的レギュラー捕手のいないBsに来たことは、辻ちゃんにとって決して「損」ではないと思います。

バッティング、リード面ともにまだまだ伸びしろは大きいと聞きます。

弱いとされるBsの扇の要に是非とも新風を巻き起こしてほしいと願います!

そして一日も早く、満員の「チーム26」から大ブーイングを浴びる程の大活躍を見せてください!




デビちゃんが好投するときは、打線は沈黙・・・。


もはやBsの「定説」になってしまった感がありますね。

好投したら打線は沈黙・・・デビちゃんの専売特許

しかし、Bsのエースがデビちゃんであるということも、私の中では「定説」です。

メゲずにエースらしく立て直して、後半戦開幕早々には7月初勝利をゲットしてほしいです!



幕張の蒼い波しぶき・ハヤカーは、バントの際左手中指に投球ボールを当ててしまいました・・・。

ハヤカー負傷交替!オールスターは!?

そのまま交替となってしまいましたが、オールスターへの出場が心配ですね。


というのは冗談



誰が何を言おうとも、出場してくれるでしょう!

オールスターでは、久し振りに同じチームの選手になります。

テレビの前ではありますが、思い切り応援できること、今からとっても楽しみです!


頑張れ!ハヤカー@元・大輔会会長!


因みに画像は、甘えん坊の小さい子供がよくするように、ただ指を舐めている訳ではありません。




試合のほうは、今日もマリーンズ上回るヒットを放ちましたが、得点は犠牲フライによる1点のみ


そんな中、前半戦の最終戦を比較的気持ちよく終えられた選手2人

ともに今日は2安打マルチの活躍でした。




8回に先頭2本目をセンター前に弾き返した大西くん

交流戦が始まる前には3割を超えていた打率も、交流戦では急降下・・・。

スタメン出場も数日に一度ということも珍しくなくなりかけていた矢先の、久しぶりの2安打マルチです。

2安打マルチ!大西くん!

今季の初ヒットは遅く4月11日でしたが、それから10試合中なんと8試合で2安打以上を記録するなどマルチ安打を連発していた大西くんでしたが・・・。


5月22日以来の約2ヶ月ぶりとなる2安打マルチ・ヒットでした。


これが、後半戦開幕後のスタート・ダッシュ(笑)のきっかけになれば良いですね!




9回の先頭で、レフト・オーバーの2BHを放ちマルチ安打、そして奇跡の逆転劇の扉を開きかけたのはマサヒロでした!

残念ながら後続の3人が凡退して、二塁に置き去らしのままゲームセット。


しかし、成瀬さんの高校の大先輩としての威厳は、しっかりと守られましたね。


光尊様、そしてクニーの加入で勃発した、同級生3人による新・内野戦争・・・。

もちろん守備では他の追随を許しませんので、課題はバッティングただ一つ

そのマサヒロが、9試合連続ヒットを継続させて前半戦を終えました

高校の先輩の威厳!マサヒロもマルチ!

打率も徐々に徐々に上がり、気が付けばグレちゃんタフィさん村松様ビッキーに次ぐチーム第5位の0.279に。

もっともビッキーの打率が0.280と僅か1厘の差ということを思えば、師匠として、大学の大先輩として「あと1本」が大いに悔やまれるところでしょう(笑)

昨年の悔しい怪我により、本職のショートから送球時の負担軽減のためセカンドへのコンバート余儀なくされたマサヒロ・・・。

ファンの思いも様々ですが、私はセカンドのほうがGG賞を狙いやすいのではないか?と無理やり自分を納得させています。


そんなマサヒロ復活を記念して「新しいグッズ」近所のスーパー(笑)で販売されておりましたので、思わず買い求めました・・・・・。





ご鑑賞あれ。





こんなグッズが!?


マサヒロはもちろん男前ですが、似顔絵はあんまり似てませんね。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月17日 対千葉ロッテ13回戦(千葉マリンスタジアム)

無理だとはわかっておりましたが、今日Bsは負けなかったもののイーグルスが勝ったため、オールスター前の通称前半戦での最下位脱出の可能性がなくなりました。

それにしても今年のマリーンズ戦は、何故か「重い試合」が多いですね。

今日も超ヘビーな試合でした。

重すぎて、重すぎて、「何も言うことはありません・・・

あっ、うつった





Bs - 3 Marines

   スコアはこちら



オリックス加藤大打たれ12回ドロー

1点リードの12回から登板したオリックス守護神の加藤大はオーティズらにタイムリーを含む2安打を浴び、同点とされた。「何も言うことはありません。何回同じことをしてるんだか…」。勝ち試合を救援失敗で12回引き分けにしてしまい、肩を落としていた。




光尊様先制ホームランで、嵐の予感!?

先制ソロ・ホームラン!光尊様!

直行さんキラー期待を背負って、久々のスタメンでした。

その期待に、見事に応えた光尊様!

光尊様、直行さんキラーですか?

打ったのはカットボール。狙い球をストレート系に絞っていたので、タイミングよく振り抜くことができました。まわってきたスタメンのチャンスで結果を出すことができてホッとしています


結局、ホッとした後の打席は全て凡打・・・。




思ってもみない形で、最初の嵐はやってきました・・・。

乱闘!


不名誉記録更新…ローズ11度目退場

17日のロッテ―オリックス13回戦(千葉)で、オリックスのローズ外野手とディーバス打撃コーチ、ロッテの高橋走塁コーチの3人が暴力行為で退場処分となった。今季2度目の退場処分となったローズは通算で11度目となり、自身の持つプロ野球記録を更新した

ローズは3回の打席で里崎捕手の胸を両手で強く突いた。その後、両チームの選手らが本塁付近に集まって激しいもみ合いとなり、審判団はディーバス、高橋両コーチも暴力を振るったと判断した。

今季2度目の退場・・・

紅井さん、お勤めご苦労様でした(笑)


流石は本やんマブダチ

『めっちゃくちゃ良い選手』ですね!



荒ぶる男達の魂のぶつかり合い!


でも今日のこの形は、私たちの望んだものでは全くありませんでした


そしてその代償は、タフィさん(とディバちゃん)の退場


関西風に言わせていただくと


『今日は荒れんで~!』




とてつもなく重苦しい空気に、Bsは包み込まれてしまいました


直後の3回裏にフクーラさんの犠牲フライで同点に追いつかれるのとは反対に、Bs打線3・4・5・6・7の5イニング続けて三者凡退

ただ、Bs先発のユウキもその後マリーンズに得点を与えず、息詰まる投手戦の様相を呈してきました。

ナイス・ピッチング!ユウキ!


オリックス・ユウキ6回2失点と好投

オリックス先発ユウキは6回5安打2失点で、役割を果たした。だが本人は6回2死から里崎に浴びた1発が悔やまれる様子。負けはつかなかったが「同点になった後、絶対先に点をやってはいけなかったんですが…。降板後、みんなからナイスピッチングと言われるんですが、ナイスピッチングじゃ済まされない1発を打たれてしまいました」と反省しきりだった。



しかし6回、乱闘中にいつの間にかユニフォームが破れた里崎さんが、ユウキ超遅球にタイミング、ドンピシャ!

ユニフォームが・・・

そのまま左中間スタンドまで運ばれて、遂に勝ち越しを許してしまいました・・・。




Ms先発の直行さんは、そのまま3安打1失点の完投勝利へ直行か?と思われましたが、9回先頭のグレちゃんチーム4安打目のヒットで出塁すると、昨日は宏之さんを完投させたぼびーさんあっさりと直行さんを諦めます・・・。


嘘やろ!?」と無念の表情を置き土産に、直行さんはまるでKOされたかのごとく試合がまだ終っていないベンチへ直行することとなりました・・・。


これで流れが一気にBsへ傾きました!


替わってマウンドに上ったのは、一部の心無いファンにコバマサ劇団座長とも呼ばれる小林雅さん。

何故かしら、良い胸騒ぎが止まりませんでした(笑)



クニーグレちゃん代走として一塁に。

栄二様が、もはや芸術と言っても過言ではない的な送りバントで1アウト二塁。

ここで打席に向うのは、タフィさんグレちゃん無きフィールドに一人残る「期待の第3の助っ人」ちゃどぅ


「外国人選手の初球に甘いストレートは厳禁」


昔から言い尽くされている金言ですが、本当に本当でしょうか?


答えはコレ。


吼える!ちゃどぅ!

ちゃどぅの一撃が、好投のユウキ黒星と更に好投の直行さん白星両方を綺麗さっぱり消し去ってしまいました!

正真正銘の


『アレン・デー』


になりましたね!




ユウキを継いだリリーフ陣は、今日は全員が神ピッチを披露

7・8回は菊様が、9・10回は復活を期する本やんが、11回は高木くん@朱蒙王子がノー・ヒット・ピッチング!


モタモタしながらも(笑)打線は延長12回、1アウトからエラーで出塁したランナーを久々の千葉マリン凱旋の辻ちゃんがしっかり送って2アウト・二塁

バッターは、5日振りの打席となるクニー


あとアウト一つで勝ちがなくなるという絶体絶命の場面で、闘志が漲るその鍛えた腕でBsファンの夢をボールに乗せた打球は、ハヤカーのグラブの先をあざ笑うかのように左中間を真っ二つ!

土壇場で、遂に勝ち越しに成功しました!

沸き立つベンチ!

遂に決勝打でヒーローに!?クニー!

移籍後2度目のヒーロー・インタビュー間違い無しのタイムリー・三塁打となりました。


あとは守護神・大輔いつもの仕事をするだけとなりました・・・・・。




がっ・・・・・・・・・・。


その裏、2アウトランナーなしから、こちらにも悪夢が待っていようなどとは夢にも思いませんでした。




『野球は最後までわからない』とは、良く言ったものですね・・・。


代打の竹原さんを2ナッシングと追い込みながらストレートをライト線に運ばれる二塁打を浴びると、オーちゃん2-1と追い込みながら、しかも直前の明らかにボールの変化球には全く合わずにハーフ・スイングしたにもかかわらずストレートを投じてライト前に運ばれてしまいました・・・orz


ライトのちゃどぅは、懸命のバックホーム!!!



本塁上のクロス・プレーの行方は!?




誰もが固唾を飲み込みかけたその瞬間・・・・・。



何故か本塁直前大輔それをカットしてセカンドへ送球!!




・・・・・はぁ?



・・・きっと頭が真っ白になっていただけですよね・・・。

そりゃ、目の前で相手の守護神とセットアッパーが失敗するシーンを2度も見せられたばかりですからね。

決してルールを知らなかったということではありません。

決して延長戦が12回で終ることを知らなかったという訳でもありません。

いつものクセで、自分が投げているのは9回だと勘違いしたというのも当たっていません。

・・・・・よね?


大輔の名誉のためにフォローしておきました(汗)



しかし大輔にも言いたいです。

ストレートに尋常でない拘りを持ちすぎて大失敗した先輩が身近にいるでしょう?

かのDAISUKEもストレートだけでメジャーで活躍できている訳ではありません・・・。




クニー!

せっかくのヒーロー・インタビューを私もとっても楽しみにしていたのですが、コレに懲りずにまたの大活躍、よろしくお願いいたしますね!

菊様も珍しく笑顔!

使いどころは、今までもあったはず・・・。もっと仕事を!


あっ、試合に出なければ活躍など出来ないのでした。

まずはORIX球団『ファン投票』クニーの出場をお願いしてみることからはじめようと思います(笑)




前半戦の大詰め。


思えばBW晩期の二遊間。

その、野球の枠では収まりきれないスーパー・ファンタジーな守備を幾度となく演出してくれた二人・・・。

時空を超えて同じくスタメン・二塁手として迎えた今日の試合光尊様(先制HR)に始まりオーちゃん(同点適時打)で終りましたね

ファンタジーは、ここがフィナーレだったのでしょうか・・・?

(それとも第2章の新たな始まりでせうか?)



4時間を超える総力戦での死闘・・・。

と言うよりも○○試合という言葉の方が先に脳裏に浮かんだ、Bsマリーンズ両チームにとっても同じように後味の悪い引き分けとなりました。

「痛み分け」とはよく言ったものですねぇ(汗)


明日はいよいよ前半戦の最終戦です。

久し振りに、終わり良ければ・・・・・。なんて甘い夢、たまには見させてくださいませ。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




 

7月16日 対千葉ロッテ12回戦(千葉マリンスタジアム)

「今日は何も言うことはありません・・・。」

昨年の「また明日だな」に続く、今年のBs流行語大賞の最有力候補にノミネートです。

もしも晴れて大賞受賞の暁には、カーゴエ前会長とともに、枕詞として「見てのとおり」を加えて味わいを更に深めた吉井組長にもレッド・カーペットにご招待しなければなりませんね(汗)

でも今日はパ・リーグトップをひた走る被ホームラン2発を除けば(汗)、久々にカイチョーなピッチングを見た気にはなりました、多分。


しかし、カーゴエ会長・・・。

今日も」の言い間違いじゃなかったですかねぇ?





Bs - 5 Lions

   スコアはこちら




オリックス・コリンズ監督拙攻に激怒

オリックス・コリンズ監督12残塁の拙攻に激怒した。1失点で好投していた先発川越は7回につかまったが、矛先は打撃陣へ向いた。「川越はいい投球をしていた。それより9回まで毎回走者を出して、うち7度も得点圏に進んだのに1点しか入らない。攻撃の問題だ!」と声を荒らげた。ロッテ先発小林宏に9安打を浴びせたが、あと1本が出ないまま完投負けを許し、今季対戦成績は0勝3敗。チームも3連勝を逃した。


終了・・・




ご本人が「何も言うことはない」と仰っているのに、コメントを付けるのは心苦しいですね(汗)

先発のカーゴエ前選手会長が、中5日で先発のマウンドへ。

今日はマウンドに上る前に、早くも1点のハンデを貰いました。

先発は未だ防御率5点台のカーゴエ前会長




プレゼンターは、今日もタフィさん

ご家族が来日して以来、4戦全てで打点を記録!

4試合で7安打6打点の活躍です。

今日もカール&ビリケン効果!?先制タイムリーのタフィさん!

初回先頭の村松様が四球、マサヒロ犠打で二塁へ進むと、グレちゃん今季19個目の死球で1アウト1・2塁のチャンスを作ります。

ここでタフィさんは、極端な「ローズ・シフト」のを突いてレフト前に弾き返しました!



初回から、このような鮮やかな攻撃を見てしまいますと・・・・・。



今日は何点入るのだろうか?


今日は何点入るのだろうか?


今日は何点入るのだろうか?


今日は何点入るのだろうか?


・・・・・・・・・・。


これだけでした。



2回裏には、久し振りに再会したオーちゃんが、カーゴエ前会長をはじめとする元チームメイト、そして私たち元BWファン「お元気でしたか?」の一発で早くも同点に。

オーちゃん、再会を祝して一発!

野望抱き海を越え、再び日本へ。

アスレチックスからロッキーズ、そしてブルー・ウェーブからマリーンズ・・・。

球際の(いろんな意味での)魔術師を、まさかもう一度見られるなんて!

ドミニカの星が、本当に輝く時が来るのでしょうか?

幕張の蒼い魔術師!オーちゃん

今日の両チームの最初の得点を叩き出したのは、背番号8を受け継いだ二人の外国人選手でした。




本塁打配給王争いは敵なし・・・

それでもカーゴエ前会長は、その後は持ち直して得点は1対1のまま試合を作りました。

7回、先頭のサブローさん勝ち越しのホームランを浴びるまでは・・・。

続く里崎さんにもヒットを許し、オーちゃん四球で歩かせたところでマウンドを後にしました。

降板時は、6回0/3でホームラン2発の2失点でした。

防御率を考えると、素晴らしい結果と言えますね(汗)

次回も先発はあるのでしょうね・・・。




ノーアウト1・2塁のピンチで、バトンはきんこくんに。

きんこくんは、紅井さん149Kmのストレートで三振、続く大松さんをライトフライに斬って取り得点を許しません!

痺れました!GJでした!



代打・わてぃーさんが告げられたところで修司さんにスイッチしましたが、代打の代打元20歳の4番打者幸一さんが打席に。

ところが、珍しく手許が狂い死球を与えてしまいます・・・。



2アウト満塁。


バッターは、トップに返って西岡さん


1点もやれない、最高にタイトな場面です・・・。

ここで千葉マリンのリリーフ・カーで短いドライブを楽しんだのは、記念すべきプロ入り初登板となるルーキー・小松くんでした!

厳しい場面。小松くん、登場!

即戦力との呼び声が高かった社会人ルーキーの小松くんは、今季は残念ながら開幕2軍スタートとなりました。

サーパスでは、開幕後3試合に先発しましたが、0勝2敗

合計15回を投げて13失点・・・。

で、先発失格となり、以降の登板10試合全てリリーフ登板。

しかし、あれ以来の失点は僅かに2点という内容で、安定した成績を残し始めてきたことを評価されてのプロ入り初の一軍のマウンドのチャンスでした。

しかし、余りにも厳しい場面での初登板になりましたね・・・・・。

ほろ苦い、プロ初登板・・・

結果はほろ苦いものとなりました。

西岡さんには、初球の甘く入ったストレートをいきなり捉えられて、右中間に運ばれる2点タイムリーを打たれてしまいました・・・orz


まさに、プロの洗礼でした。




そして、さらに続く元・サーパスの大先輩で、今を時めくオールスター・プレーヤー幕張の蒼い波しぶき・ハヤカーにも、プロの厳しさというものを教えていただきました・・・。

ハヤカーも後輩にプロの洗礼を・・・。

やはりBs戦となると、目の色が変わりますね(笑)



小松くん、プロ入り初の自責点は付きませんでしたが、その方がかえって辛いデビューとなってしまいました・・・。

まだまだスタートラインに立ったばかり!

しかし、9回は持ち前のキレのある速球とタイミングを外す緩い球とのコンビネーションで、マリーンズの強力クリーン・アップ3人で討ち取る、堂々たるピッチングも見せてくれました!

今日という日は、小松くんの将来にとっても、をこれからも見守る私たちファンにとっても、きっと忘れられない思い出となることでしょう。


焦らず、一歩ずつ!

今日の日を糧として

頑張れ!小松くん!




blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月15日 対西武13回戦(大阪(の)ドーム)

今日は自宅でビア・ナイト。

今も延々と続いております(笑)

2日続けてとても密度の濃い勝利になりましたね!

このカードが始まる前までは、連敗でチームもファンも気が重かったのですが・・・。

まるで台風が去ったあと、青空を連れてきたような晴れ晴れとした気持ちになれました。


これでホームでの前半戦は終了です。

素晴らしい節目の試合となりました!





Bs
 - 2 Lions

   スコアはこちら


スコアー



ローズの一撃!オリックス逆転勝ち

11試合ぶりの一発は息子が見守る目の前で飛び出した。1―2の6回1死一塁。変化球に体勢を崩されながらもうまくとらえた。ローズが「自分でもびっくり」と言う打球は右翼席に消え、逆転の25号2ランになった。

最愛のカール君が13日に来日した。「ひとりだと家に帰って野球のことばかり考えてしまう。けれど、一緒にいる間は父親になってリラックスできる」とローズ。ことし2月に宮古島キャンプに参加するため日本へ来て以来、再会を心待ちにしていた。

1番好きな野球選手」という父親の活躍に、カール君も「すごく誇りに思う」とうれしそう。16日は13歳の誕生日で、1日早いプレゼントとなった。ローズ「毎日本塁打をプレゼントしてあげる」ご機嫌だった。

【オ6―2西】オリックスが逆転勝ちで連勝。1点を追う6回にローズが25号2ラン。さらに大引の適時打で2点を加えた。継投策も当たり、2番手で好投した高木が3勝目。西武は帆足がローズへの失投に泣き、打線も反発力がなかった。

タフィさんJr

カール君の手に大切そうに握られているものは・・・・・。


ビッキー 「あの子、めっちゃタフィさんに似てませんか!?

だれか  「そらそうよ。タフィさんの息子やで。」




先発は、Bsファンなら誰もが期待岸田くん

地元・大阪初先発です。

2年前のドラフト直前・・・・・。

日本選手権の準決勝で、先発勝利を飾って以来の、大阪(の)ドームのまっさらなマウンドです。

岸田くん、ホーム初先発!

最近は、先発ピッチャーがたとえ粘りのピッチングをしていても、リード、ビハインドに関わらず「90球を超えてヒットを打たれた時点で機械的に交替」というケースが目立ちます・・・。

前にも書きましたが、それも超強力リリーフ陣が控えていることの裏返しであるとはわかっているつもりです。

ですが若いピッチャーには、もう少し修羅場を潜らせてほしいという希望もあります・・・。

頑張った!けど・・・

5回2/3を2失点。前回は5回1/3を1失点・・・。

ただし、どちらも岸田くんが投げている間には打線の爆発はなく勝ち星は付かず

先発としては2試合続けて試合を作れました

これで後半戦もローテーションは確定です。

確定どころか、ユウキと並んでローテの柱として期待ですね!


しかし完投するためには、1イニングに付き11球以内に抑えなければならないとなると・・・。

気が遠くなりそうですが、カープの黒田さんやベイスターズの三浦さんのようなピッチャーを一人でも育ててほしいのですかねぇ。


そのためには、打線の援護が不可欠ですけどね(笑)

キメたれ~!



先制点は、昨日で吹っ切れたのでしょうか?

お目覚めの一発!

久々のスマイル・ボンバーレフトスタンドに炸裂です!

昨日、真ちゃんが吹かせてくれた「いてまえの風」に、乗り遅れずに乗せましたね。




逆転を許した後、暫くは試合が止まりました。


元Bsキラーの帆足さんは、今日がお誕生日だったとか・・・。

なんとなく・・・・・なムードが漂い始めたその時!



誰が彼を止められましょうや?

父の威厳!流石はタフィさん!

昨日(タイムリー)に続いて2試合連続の逆転の一打!

逆転の2ラン・ホームランを、Bsファンで熱気溢れるライトスタンドへ叩き込んでくれました!

ビリケンさん+カール君=幸せ!

史上最強の助っ人・タフィさんの史上最強の助っ人・カール君ビリケンさんコラボは、この先どのようなシナリオを用意してくれるのでしょうか!?

みんなが幸せになれたらいいですね!(笑)


6回はこれだけで終りませんでした。


1アウト満塁から、自慢の「美しき右打ち」が炸裂し、更に2点を追加!

貴重な追加点!ビッキー!

久々にビッグイニングとなりましたね。




ラッキー・セブンには、Bsの「とっても!ラッキーマン」とも言える(笑)、ちゃどぅがダメ押しのダメ押し。

トドメは、ちゃどぅ!

真ちゃんとのレギュラー争いに一歩も引く気配はありません(笑)



今日の陰のMVPの一人は間違いなく

そう、我らが朱蒙王子様高木くんでした・・・。

そんなに対してコリンズ監督様労いの言葉を掛けられました・・・・・。

勝利の立役者、高木くん@朱蒙王子!

テリー・コリンズ監督 

高木大きな仕事をしてくれた!相手に傾きかけた試合の流れを見事に止めてくれた。」


伝家の宝刀・ケーンファイヤー(縦に大きく割れるカーブ)が冴え渡りましたね!

修司さんと菊様と過ごすブルペンは、彼にとってはまさに「黄金の日々」なのでしょう。


最高のピッチングコーチですね!


(誰かと・・・・・以下自粛・・・かんべんしてください)




6回のタイムリーに続き、ビッキー8回にもヒットを放ちました。

ドーム初の猛打賞!ビッキー!


オリックス新人大引が3度目の猛打賞

オリックスのルーキー大引3度目の猛打賞をマークした。3打席目には西武2番手小野寺から中前2点適時打を放った。「このところ少し消極的になってたので、積極的に打つことを心がけた」。コーチらから、最終打席でも集中力を持つようアドバイスを受け、それが好結果につながった。楽天田中との新人王争いも注目されるが「満足せずもっと上を目指し、3割を目標にして結果を残せば」と意欲をみせた。



嬉しいドーム初の猛打賞となりました。

打率も再上昇の0.285

オールスター前に3割復帰も夢ではありませんね。




後輩にして愛弟子のビッキーに、先輩にして師匠であるマサヒロも負けるわけには参りません!

同じく3安打猛打賞の競演です!

負けじと師匠も猛打賞!マサヒロ!

この法政二遊間は、パのアラ・イバ・コンビに!という夢を見させてくれるに充分なプレーヤーですね。

アノカタハ?

忘れてました(汗)




ヒーロー・インタビューは、てっきり逆転打タフィさんと思っていましたら・・・・・。

?????

上のボールに記されたサインと日付のとおり。

地元関西・大阪初の猛打賞で2打点ビッキーが、大阪(の)ドーム初のお立ち台に上りました!

地元初ヒーロー!ビッキー!

昨日に続いてヒーローのサインボールがっ!!


実は、これは私や私のJrが手にしたものではなくいつもの観戦仲間のakiさまがゲットされたものを写メールで送っていただいたものです(笑)


実は昨日のウチの真ちゃんのボールも、一度は触れたakiさま御手からこぼれたものでした・・・。


それが、今日の試合前の投げ込みで再び、今度こそしっかりと真ちゃんのボールをゲットされたそうです!


それだけでも充分過ぎるほど凄いのですが、加えて画像のビッキーのボールもゲットです!

こんなこともあるのですね~。


akiさま
には、凡人には見えない、サイン・ボールを引きつける超能力があるとしか思えません(笑)

オールスター明けには、是非とも光尊様のボールを引き寄せてもらえるようお願いしようと思います。

お願いするお相手、間違ってませんよね?



えっ?ビッキーのボール本当に今日のヒーローインタビュー後に投げ込まれたモノなのかって?







・・・・・・・・・・。








これが証拠です(笑)


ハニカミが文字にも(笑)

文字からもハッキリとハニカミが、そこはかとなく感じられて大変趣がございますね。

akiさまおいしいネタをご馳走様でございました(笑)



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!





7月14日 対西武12回戦(大阪(の)ドーム)

もう少しすると台風4号が近畿地方に上陸するとか・・・。

にもかかわらず、わざわざ野球を見に来た私たちのために一足先に大阪(の)ドーム内では5号と6号が猛威を奮いました!

試合開始に合わせたかのように、近畿地方全域には暴風警報が発令されていました。

そして、その「」にうまく乗せてスタンドまで運んだ「紅蓮の閃光2発でありました!





Bs - 3 Lions

   スコアはこちら




オリックス 下山の2発で連敗止める

オリックスが下山の2本塁打の活躍で連敗を3で止めた。下山は3―3の六回に勝ち越しソロ。八回には2打席連続の6号2ランで貴重な追加点をもたらした。2番手の菊地原好救援で2勝目を挙げた。西武の連勝は3でストップ。


スコア!



先発投手5回2/3を投げて僅か3失点!

ここまでの
防御率(3.36)どおりという安定感抜群のピッチング!

今日の先発は、誰!?(笑)

サーフ突然の解雇が発表され、ファイヤー・オブ・ヒップな、今日のちからいちゆういちでした。

勝ち星はつきませんでしたが、運もつきてはいないと信じたいです。


ちからいちゆういち、略してちからっち(汗)は、ファンに逆転劇をお届けするために初回に1失点。



すかさず応えたのは、我らが主砲でした!


オリックス・ローズが2点タイムリー

オリックス・ローズが父と息子の前で、格好いいところを見せつけた。13日に来日した父ウイリアムさん(61)と長男カールJr君(12)がスタンド観戦する前で初回いきなり逆転の2点タイムリー二塁打だ。「ちょっと詰まってラインドライブになったけど、チャンスで打ててよかったよ」。1点を追う1死二、三塁の場面で西武岸から右翼線二塁打。しかもチーム30イニングぶりタイムリーのオマケ付きローズは胸を張った

タフィさん、逆転打!

タフィさんが、家族の前で大爆発するのはもはや球界の定説

今日も予想どおりの期待どおり!



そして追加点は、今は悩める選手会長・・・。

貴重な追加点!キタガー!

今日もノー・ヒットではありましたが、キッチリと犠牲フライで3対1としました。

この5試合ぶりの打点が、復活へのターニング・ポイントになれば良いのですがね。

笑顔が弾ける瞬間を、私たちは待っています!


同点に追いつかれてマウンドを降りたちからっちに変わって登場したのは菊様でした。

勝利投手、菊様!

前回の登板では、好投していたユウキ白星を消してしまい自分を責めた菊様・・・。

そのリベンジのためにも、この日は今季最長の3イニングまたぎ!

2回1/3を無失点で、今季2つ目の白星をゲットすることとなりました。

故障明け8試合目の登板ながら、未だ自責点は無し

防御率は、燦然ときらめく「0.00」

しかしコリンズ監督様、とトシオさんにはくれぐれも酷使だけはしないように強く強くお願いいたします。




さあ、台風です!



千の風にのって、上段席へ!

勝ち越しソロとダメ押しの2ランホームラン!

自身初の2打席連続ホームランです!

特に1本目は上段席に打ち込む超特大の一発でした。

まさに紅蓮の閃光に相応しい打球。

冗談ではありません!

まさかの2打席連発!真ちゃん!

「・・・2本とも台風の風が後押ししてくれたんですかね。最初の2打席、チャンスで凡退していたので、台風の中、応援に来てくれていたお客さんのためにも何とか打ちたかったんですが、最高の結果になりましたね!・・・」



お蔭で昨夜のビアナイトによる2日酔いを一気に醒ます(笑)、会心の勝利となりました!


やっと連敗に終止符!

やっぱりムード・メーカーの真ちゃん!

キタガーマサヒロと並んで、真ちゃんが活躍すると本当にチームが明るくなりますね!




そうそう、最後を締めたのはもちろん大輔でした。

私は明日は球場に行けないので、オール・スター前大輔を球場で見られるのはこれが最後


「オール・スターでも大輔らしく頑張ってくださいね!」


そう心の中で念じると・・・・・。

大輔!ナイス・ピッチング!




実は本日の真ちゃんの大活躍を、私は今日の試合前「予知」いたしておりました。

ありがとう!真ちゃん!

先日Bs・POPクイズ当選に続き、今日試合直前の守備に付く際に投げ込まれるサインボールです!


ただし、どちらもくじ運最悪の私ではなく我が北摂Jrの神業でありました・・・。


即ち横取り便乗ですね(汗)



真ちゃんが巻き起こした台風5号と6号のお蔭で、どうやら本物の台風は少し進路を南に変えたようですね。

嵐を呼ぶ男、襲名で意義ありますか?


ありがとう!真ちゃん!


これからもホームランを放った試合での不敗神話をどこまでも続けて欲しいと思います!

そのキー・ワードは、「試合出場」です・・・。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月13日 対西武11回戦(大阪(の)ドーム)
今日は、野球そっちのけでビールを飲みに行って参りました・・・。

通常料金より半額以下の1杯200円の生ビール。

とっても美味しかったのですが、何故かいつもより少しだけ苦いと感じたのは私だけではなかったと思います・・・orz。

一体、いつになったらビア・ナイト勝利の美酒に浸れることが出来るのでしょうか?





Bs - 5 Lions

   スコアはこちら




オリックス平野佳KOで3連敗

オリックス平野佳が6回途中4失点でKOされた。3回に2死から四球を与え、中島、G・G・佐藤に連続二塁打を浴びるなど、いずれも甘いボールを痛打されての失点だった。「調子は悪くなかったけど要所で高く浮いてしまった。もっと低めに投げていれば、打ち取れたと思うのですが…」。平野佳今季7敗目にがっくり。3連敗のコリンズ監督も「同じようなシーンは前にも見た。もう見飽きている」と怒り心頭だった。


スコア



オリックス大引が地元大阪で初本塁打

オリックスのルーキー大引プロ2号アーチをかけた。4点を追う5回。西武先発宮越のフォークをジャストミート。左翼スタンドにはじき返した。「フォークボールをうまく拾えました。無心です。点差があったので、とにかく1点でも返したかった」。6日の楽天戦(フルキャスト宮城)でプロ233打席目にして1号アーチを放ったが、今度はその間、22打席での快音。地元大阪での初本塁打にファンからもひと際大きな声援をもらっていた

関西の星!ビッキー!



せっかくの写真がピンボケになってしまいましたが、ビールのペースを加速させるに相応しい一発でした。

ピンボケ容赦!ビッキー!

ここまでは盛り上がりに欠ける試合でしたが、ビッキー最高の「アテ」をサービスしてくれました(笑)

びあないと



敗戦濃厚の9回、勝敗とは関わりなく(汗)オールスターに選ばれた大輔を改めてお披露目登板させるというデザートまで(笑)

オールスター御礼登板の大輔!

でも、もう飲めませんでした(爆)



情報を全く知らなかったので、ライオンズあのオールドユニを着てくれるのかと楽しみにしていましたが、残念ながら普通でした・・・。

ライオンズ勝利・・・

もしも、あの「全身スカイブルー」に近江鉄道カラーのユニホームだったら、私ももう1杯はいけたと思いますし、キヨも昔を思い出して「勇気をもらった」とまた言ってくれたかも知れませんのに・・・。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月12日 対北海道日本ハム15回戦(札幌ドーム)

今日はすべてにおいてうまくいかなかった。それだけです。

by エース・デビちゃん

みちのく3連勝で、意気揚々と上陸した北の大地

初戦こそ執念の逆転劇で制したものの、終ってみればやっぱり負け越し・・・。


今日はマー君の外れ1位という高卒ルーキープロ初完封勝利までアシストしました。


長旅の帰り道というものは、誰だって寂しいものです。

さぁ、早く関西に帰っておいで!





Bs  - 8 Fighters

   スコアはこちら




高卒新人吉川にオリックス零封負け

オリックス打線は4月で19歳になったばかりの高卒ルーキー吉川の前に沈黙した。得点圏まで走者が進んだのは1回と5回だけで散発5安打。コリンズ監督は「いい肩を持っているいい投手だ」と完敗を認めたが、それ以上に「我々の打線が機能していないことが問題だ」と指摘。ここ2試合で17イニング無得点の貧打を嘆いた。

完封負け&17イニングス連続無得点



オリックス・デイビーが2回途中7失点

オリックス先発デイビーが2回途中7失点でKOされた。初回から打者4人を抑え、迎えた2回。1死から、突如、悪夢が始まった。小谷野から4連打を許して先制点を許すと味方失策を挟み、この回6安打2死球であっという間の7失点。序盤で試合の大勢が決まってしまった。「今日はすべてにおいてうまくいかなかった。それだけです」。デイビーはがっくり肩を落とし、2メートルの大きな体をかがめていた。

嗚呼・・・デビちゃん・・・




デビちゃん長い長い「始球式」(汗)が終って、先発マウンドへ上ったのはきんこくんでした。


第二先発の(笑)きんこくん!

今日は今季最長となる4回2/3を1失点で切り抜けました。


3番手は本やんでした。

リハビリ登板?本やん

今日は冷静なピッチングで、した。

梅雨明けまでは、このポジションでのリハビリになるのでしょうか?


今日は明暗、やんやんバッテリー






センターオーバー!ビッキー!


待ちに待ったクニーの札幌凱旋!


札幌での初?打席





blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月11日 対北海道日本ハム14回戦(札幌ドーム)

キング・オブ・天敵が帰ってきたのでしょうか?

打線はちょっと、ちょっとちょっとしかヒットを奪えず、僅か3安打完投勝利を許しました

7回途中までは互角の投手戦を堪能していたのですが、先に動いて負けました・・・。

同点の場面で降板を命じられた好投の先発ユウキに、白星をつけてあげられないどころか黒星をつけてしまったのは本当に申し訳なかったです。





Bs  - 3 Fighters

   スコアはこちら




<日本ハム>逆転勝ち、金村が5勝目 オ軍は打線に元気なし

日本ハムが逆転で接戦を制した。1点を追う五回、工藤、金子誠の連打で同点とし、七回には2死一、三塁からセギノールの適時打で勝ち越した。金村は3安打1失点の好投で、5月13日以来の5勝目を今季3度目の完投で飾った。オリックスは打線に元気がなかった


スコア




本日の全3安打を簡単に振り返りましょう。


まずは1本目。初回でした・・・。


オリックス・ラロッカ2試合連続20号

オリックス・ラロッカ2試合連続の20号ソロをカッ飛ばした。初回、日本ハム先発金村のフォークをフルスイング。打球は左中間スタンドに飛び込み、チームに先制を運んだ。「落ちずに甘く入って来たからね。僕自身も忘れていた感触を徐々に取り戻すことができているよ」。6月初旬に左かかとを負傷して以来21試合ノーアーチが続いていたが、10日の同カードに続く快音連発に手応えを感じ取っていた。


2試合連続HR!グレちゃん!

初回に金村さんから先取点を奪い、今日もいい感じでスタートしたのですがねぇ。




2安打目は3回。

画像は6回の第3打席のものですが、鮮やかに村松様らしくレフトへライナーで流し打ち!

2安打目は村松様の鮮やかな流し打ち




3案ダメは・・・もう訂正が面倒なのでそのまま(笑)・・・。

8回2アウトランナー無しからレフト・オーバーの2BH!

最後の3本目はダカヒーの2BH!

あわや!?とだけは思わせてくれたのですがねぇ。




先発のユウキは、7回途中まで6安打を浴びながらも1失点の粘りのピッチング

しかし1アウトからひちょりさんにヒットを打たれたところで降板命令です・・・。

明らかに「もうちょっと投げさせてほしいなぁ」と顔に書いていましたが、球数は92球

好投も100球目前で機械的に交替・・・ユウキ

今日も無機質的な方程式により、未練を残しながらマウンドを降りるピッチャーがまた一人・・・。

でも、12球団屈指のリリーフ陣をそれだけ信頼していることの裏返しと思うことに致しましょう・・・。


しかし、私得意の結果論で考えてみると、先発を完投させたFsと、先に動いたBsとの勝負の分かれ目ここでした。




千葉マリンでワティーさんにHRを打たれてから、どこか歯車が狂ってしまったように見える炎のストッパー・本やん・・・。

しかし、今日もまた出火

前回の失敗について、自分なりのケジメをつけたのでしょう・・・・・。

ぼんさん2号?

今日は霊験新たかではなかったぼんさん2号?でした。

本やんの「梅雨明け」が、なるべく早く到来することを心から待っています!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!

また、沢山のコメントからも毎日元気をいただいています!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月10日 対北海道日本ハム13回戦(札幌ドーム)
今日はとってもサプライズが多い試合でした。

しかも首位ファイターズが相手にも関わらず4連勝!

仙台で再び得た勢いは、北の大地に上陸後も衰えてはいませんでした。

交流戦終了後、4カード全てで三連戦の初戦を取りました。

あとは2カード目の勝ち越しに期待しましょう(笑)


それにしてもホームランの威力って凄いですね。

改めて思い知りました・・・。





Bs  - 4 Fighters

   スコアはこちら




ハム料理!オリックス逆転4連勝

オリックスが逆転勝ちで4連勝。2―4の7回、代打村松の2点中前打で追いつき、ラロッカの19号2ランで勝ち越した。3番手の高木が2勝目。日本ハムは救援陣がつかまった上に、4併殺の拙攻。連勝は3で止まった。

オリックスは7回に2点差を追いつき、なお1死一塁でラロッカが19号2ラン。「長い間打てていなかったから、こういう場面で打てて良かった」。6月1日以来の1発でチームを今季3度目の4連勝に導いた。開幕から主軸としてチームを引っ張ってきたが、6月2日に左かかとを負傷、調子は下降気味だった。「調子が悪くて気になっていた。その分、これから取り戻せるように頑張る」と満面の笑みだった。


勢いはしっかり北上しました!4連勝!


久し振りの手ごたえ!グレちゃん!



初回の先制点は、ちゃどぅのバットから。

もう、だんだん驚かなくなってきました(笑)

9試合連続ヒット!ちゃどぅ!

打席では全く打てそうに無いオーラを漂わせながら、しかし今日は3安打猛打賞

これで遂にあの村松様を抜き、打率はチーム第2位の0.298となりました!



逆転されて1点差となって迎えた5回にそれは起こりました。


誰もが目を疑っ・・・・・いえ、目を奪われましたね!

値千金!第1号!


スタンドへぶち込んだ!マティー!


オリックス的山が札幌ドーム1号

ベテラン的山が札幌ドームで初本塁打を放った。1点を追う5回、日本ハム先発竹田勝のストレートを左翼席へ。一時同点となるソロアーチに驚いていたのは、打った的山本人だった。「まさかスタンドに入るとは思わなかった。二塁を回るまで入ったことに気付かず必死で走ってました。札幌ドームで初めてのホームランですよ」。今季1号に大きな目を一際大きく見開いていた

大きくてつぶらな瞳が眩しいですね!

ビッキーに、しつこく恩返しを言われたのでしょうか?(笑)

いつになったら打つんですか?

答えは今日でした!

元祖ビックリ箱」の異名、ちゃどぅから取り戻してもらいましょう・・・。



再度逆転されて2点差。


しかし、(絶好調なのに左というだけでスタメンを外れた)代打・村松様の一振りで、一気に同点に追いつきました!

文字どおり、ラッキー・セブンになりました

代打で同点の2点タイムリー!村松様!


ここでファイターズ・ベンチは勝利への執念を見せ、武田久さんをマウンドに送りました。

しかし、なんとここで主砲・グレちゃん1ヶ月ぶりの一発が飛び出しました!!

久し振りの一発は決勝2ラン!グレちゃん!

ひさしさんから、久し振りとなるホームラン

別に親父ギャグではありません。ただ、事実を述べただけです(笑)

久し振りの手ごたえ!グレちゃん!

これで第2エンジン点火となれば良いですね!



移籍後初の、今季初の一軍の、今季初登板のマウンドの相手は、Bsでした・・・。

頑張れ!ハギー!

歌くん!ナイス・ピッチ!

二人残りの野球人生に、幸多かれ!と祈らずにはおられませんでした・・・。

もしここをご覧のFsファンの方がおられましたら、どうぞ今日のピリッとしないデビューに懲りずに、温かく応援していただければ幸いに存じます。

二人とも、古くからのBWファンにとっては思い入れの強い選手でした・・・。

大きな声で言ってはいけないことかも知れませんが、ちろん私も彼らをこれからも見守り、応援していこうと思っています。

しぶとく生き残れ!ハギー!歌くん!




勝ち投手は、Bsの朱蒙王子こと(笑)ケーンファイヤー高木くんでした。

勝ち投手は高木くん!

Fsのラッキーセブンに、クリーン・アップの3人を全て内野ゴロに仕留めたピッチングは、圧巻でした!


8回は先頭のJR東日本快速・工藤さんにヒットを許したところで大久保様にスイッチ。

大久保様は今日も遊ゴロ併殺打!

連日のピンチを、劫火の炎で焼き尽くしてくれました!


9回は大輔が、オールスターに繰り上げ出場を決めてくれたヒルマン監督三振2つを含む危なげないリリーフでお祝い返し(笑)


ライトスタンドに溢れる、数え切れる程の北海道のBsファンに約3ヶ月振りの勝利がプレゼントされました。

お疲れ様でした!

確か前回の対戦は、3タテでしたね・・・・・やられる方の


明日は何とかクニー札幌凱旋ヒット、いやHRが見たいのですがねぇ。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月8日 対東北楽天11回戦(フルキャストS宮城)

今回の3連戦、かの高名なアナウンサー風に言えば・・・・・。

仙台は、大引のためにあるのか!?

今季初の3連戦、3連勝です。

しかし、地元ファンの勝手な立場から言わせていただくとすれば、出来ることなら3タテというものは敵地ではなく本拠地で見せていただきたいもの。

でも一握りの貴重なビジター・ファンの皆さまの心情を慮れば、それは贅沢というものですね!

この勢いで、札幌で・・・。

いや、敢えて次に続く言葉は飲み込んでおきましょう。

久し振りに清清しい月曜日を迎えられると思うと、今夜は嬉しくて眠れそうもありません(笑)





Bs  - 2 Eagles

   スコアはこちら




試合終了

オリックスは3回、日高の2号ソロ、アレンの適時打で2点を先制した。先発岸田は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がり。楽天は4回、1死二、三塁と走者をため、リックの三ゴロの間に1点を返した。先発山村は中盤は立ち直り、6回6安打2失点。1度は同点とされたオリックスだが、8回に大引の3点適時三塁打で勝ち越して3連勝を飾った。


3連戦で2度目のヒーロー!ビッキー!

この3連戦で2度目のヒーローインタビューです。

11打数4安打。そして何と6打点!

恐怖の8番打者の誕生です。

連日のディバちゃんとの二人三脚、そしてコリンズ監督様の熱血指導のですね。

ヒーローインタビューにも、少し慣れが見られました(笑)




先発は、昨年の最終戦以来岸田くん

ただし、登板は中3日(汗)

ロングリリーフショートリリーフセットアッパークローザー敗戦処理(笑)に続いて先発の属性をも手にすることができました。

今季ここまでの使われ方を見ていると、入団当初の歌くん、そしてハギーのことをどうしても思いだして、時折目頭を熱くしておりました・・・

中3日で(汗)、先発の岸田くん!

今季初先発とは思えない堂々たるピッチングでしたね!

ただし、勝ち投手の権利を持ったまま降板となりましたが、後を託した先輩が失点したため(泣)先発での初白星は叶いませんでした。

しかし、私の夢の一つは一歩前進しました・・・。


現パシフィックの二冠王に堂々君臨するジャイアン・タケシもこのとおり。

パの2冠王もこのとおり!

Bs随一の三振奪取率を誇ります!

私の夢とは・・・

NHKの3本柱です。

受信料不払いとか放送倫理とかBSつながりとかは、まったく関係ありません。

中山くん平野佳くん岸田くんによる若手先発ローテ3本柱の確立です。

早く見てみたいものです・・・。


が、岸田くんに次回の先発はあるのでしょうか?

ただの「先発完投型リリーバー」育成の試金石でないことを祈りたいです(爆)




ビッキーが再び吹き込んだ「」にうまくボールを乗せてスタンドまで運びました!

ダカヒーまさかの(笑)先制の第2号ソロHRが飛び出しました!

前日のKazmaさま送別会兼某会でお疲れのミスチルファン1974さまをはじめとする同志の(爆)皆さま方も陣取るライトスタンドの、僅かなBsファンに向けたビッグ・サプライズ・プレゼントになりましたね。

狂喜乱舞が目に浮かびました!

ダカヒーも確変!?HR!

この3連戦は、所謂「下位打線」活躍が光りました。というより、お蔭でした

あっ、「下位打線」だなんて大変失礼ですね!

「快打線」に訂正させていただきます(笑)

決して「怪打線」ではありませんので、念のため




今のチーム内で「怪」の文字が最も似合いそうなのは、ちゃどをおいて他にはおりません。

私のような素人でさえヘッド・アップが気になる神秘的な打法ですが(汗)、この回、2点目の追加点を叩き出してくれました!

何気にコンスタントに活躍!ちゃど!

クリーン・アップ効果というものでしょうか?




この試合は、最後までリードを許すことなく終えることができましたが、その最大の立役者蘇った不動明王・大久保様そのひとでした!

1点を返されて、遂に同点に追い付かれてしまったイーグルスラッキー・セブン

尚も1アウト1・2塁で、迎えるバッターは4番・ほせさん


Bsにとっては絶体絶命のシーンでした・・・。


回を考えると、ここは是非とも岸田くんに託したいところですが、今日だけはそう言う訳には参りません(笑)

そして、このピンチにコリンズ監督様が指名したのが、大久保様でした。

大ピンチに仁王立ち、大久保様!

このところ大輔少し調子を落としたことで、ようやく大久保様の存在がクローズアップされてきました!

この場面での最高の形(遊ゴロ併殺)で切り抜けることに成功!

大久保様ピンチを焼き尽くす不動明王の劫火の炎を久し振りに見た気がしました!

多くのピッチャーなら雄叫びでも上げるところでしたが、大久保様例によって表情一つ変えずにゆっくりとベンチへ下がります。


昨日、あと一人の場面で交替を命じられた時と同様に・・・。


この仕事振りに対して野球の神様は、2年ぶりの救援勝利という「カムバック賞」をお与えになられたのですね。




ピンチの後にはチャンスあり。

その直後の8回表には、反対に2アウト満塁のチャンスで、神の申し子・ビッキーが試合を決める走者一掃プロ入り「第2号3塁打」を放ちました!

得意の右打ちが美しく決まりました!

ピンチの後にチャンスあり!ビッキー!

本当にこの3連戦でビッキーが果たしてくれた役割は大きいですね!

まさに神風!ビッキー!

チーム、そしてファン(笑)が再び活気に満ち溢れてきたように感じます。




愛弟子の活躍に、師匠確実に刺激を受けているようです。

途中代走から出場のマサヒロにも、久々のタイムリーが生まれました!

笑顔、眩しいですね。

愛弟子に引っ張られるように、師匠にもタイムリー!

ぺんさまをはじめ、マサヒロファンの皆様方、どうぞ癒されてくださりませ(笑)




ビッキー打出の小槌は、留まる所を知りません。

先ほどは得意の右打ちなら、今度は引っ張って三遊間を破る2打席連続のタイムリーです!

大学時代は敵なしの安打製造機もプロの世界ではまだまだヒヨッ子・・・。

しかし、それでも徐々にその稀有の才能はシーズン半ばにして花開きつつあります。

Bsファン待望の、スター候補生です。

ルーキー・イヤーの今年は、怪我だけにはくれぐれも注意して、最後まで1軍でもまれ続けてほしいと願っております。


ガンバレ!ビッキー!

今度は引っ張ってタイムリー!本領発揮のビッキー!

そういえば「例のノート」は、何冊目に突入したのでしょうか?

できればPCなど使わずにビッキーらしく、ずーっと「大学ノート」で手書きにこだわってほしいですよね!




守護神の先輩大久保様の後を受けたのは、今日は修司さんではなく、若き新・守護神@2007の大輔でした。

今日はいつもの大輔・・・かな?

今日は3人でピシャリ。

いつもいつも成功するほど、プロの世界は甘くはありません。

偉大なピッチャーも、若いときには成功と比例して失敗も多いものです。


球界でも少数派となってしまった「剛球」投手の系譜を受け継ぐ我らのDAISUKE!

打たれて「号泣」することも、将来のための大切な肥やしとなるのです!


今年は私、大輔と心中ですが、もう一度K・K・Oも見てみたいなぁ(笑)



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月7日 対東北楽天10回戦(フルキャストS宮城)

今日は何の日でしたっけ?

それまでの好投も虚しく、同点に追いつかれてしまい気落ちしたピッチャーと、前の打者がその同点となる犠牲フライを打ってくれたことにより、気が楽になったバッターとの勝負が明暗を分けました。

結果は見事、決勝タイムリー!

そしてそのままお立ち台(笑)

・・・タナボタ

いえ、「七夕」ですね(笑)

難しい読み方ではありますが、「たなばた」と読むのですね。

同じく難しい読み方ですが「カーター」と書いて何と読むのでしょうか?

読み方はコロコロ換わりますが(笑)、今日はもちろん「ちからいちゆういち」でしたね!





Bs  - 1 Eagles

   スコアはこちら




オリックス下位打線で逆転勝ち

オリックス下位打線が鮮やかな逆転劇を見せた。0-1で迎えた7回、6番北川、7番後藤の連続安打で1死一、三塁。8番大引犠飛でまず同点に。続く9番日高が左中間突破の勝ち越し二塁打を放った。「大引が打ってくれたので楽な気持ちで打席に入ることができました」。リードでも貢献した捕手日高は静かに胸を張った。


今年初のお立ち台!ダカヒー!




先発のユウイチイーグルス朝井さんによる手に汗握る投手戦が続きました。

5回終了時点で両チーム無得点。

試合の行方は、全くわかりませんでした・・・。


でも、ここでおめでとう!!

試合が成立した時点で、ささやかなセレモニー?が始まりました。




オリックス村松が1500試合達成

オリックス村松がプロ野球153人目の1500試合出場。3安打で自ら華を添えた。2番左翼でスタメン出場。1打席から3連続で単打を続け、4回には盗塁も決めた。「監督、コーチ、裏方さんみんなが支えてくれたお陰。まだまだ1試合でも多く試合に出たい」と話した。

祝!1500試合出場!村松様!

本来なら、もっと早く達成していてもおかしくなかった記録でもあります。

そして本来なら、もっと輝いていい選手でもあります!

2試合連続猛打賞もついでに達成(笑)

1500試合出場のカウントダウンの次は、3割返り咲きのカウントダウンを始めなければなりませんね!



先に1点を失ったBsでしたが、7回に一気に逆転に成功しました!


まずは、昨日のヒーロービッキー同点の犠牲フライでした。

同点の犠飛を放ったビッキー!



そして、ダカヒー決勝タイムリーでホームを踏んだのは、光尊様でした!

逆転のホームを駆け抜けたのは光尊様!

これだけ見るとホームランみたいですが(笑)



オリックス逆転勝ち 吉田4年ぶりS

オリックスの40歳、吉田が2003年6月21日以来4年ぶりのセーブを挙げた。 2―1の9回2死一塁で登板。代打の中島からスライダーで見逃し三振を奪い、試合を締めた。吉田は「出された場所できっちりやるだけ」と淡々と話すが、百戦錬磨のベテランの存在は救援陣の支えになっている。昨オフには戦力外通告を経験しているだけに「まだまだ。ここで終わったらクビですから」と気を引き締めていた。

ゲームセットの瞬間、マウンドには修司さん!

こちらも、おめでたいニュースでした!

新ストッパー誕生、ですか!?(汗)



どこにも記事がありませんが、今日の勝ち投手は「ちからいちゆういち」投手でした。

来日後初めて、2試合連続の好投!?(笑)

ナイスピッチング!力一夕一!

なかなか見られません・・・・・。

ちからいち笑顔です(笑)


力一の細やかな心遣いを見た!

ヒーローインタビューのためにベンチでは最後になったダカヒーを、通路でじっと待っていたのも「ちからいち」でした・・・。

なかなかの好選手じゃありませんか!(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月6日 対東北楽天9回戦(フルキャストS宮城)

いろんな意味で節目となる勝利になりました!

今季初の先発野手全員安打

今季2度目(前回は3月31日の同カード)の二桁得点

そして、ある選手今季初めての、いやプロ入り初の、「正真正銘・文句なし」のホームランが、チームに再び活気を呼び戻してくれました!

皆さんの中にも、今日は二日酔いの方が多いのではないでしょうか?(笑)





Bs 10 - 5 Eagles

   スコアはこちら




オリ大引、233打席目プロ初本塁打

オリックスのルーキー大引啓次内野手(23)がうれしいプロ1号だ。2回にプロ初の三塁打をマークし、気をよくして迎えた4回の第2打席。楽天先発永井の直球を豪快にバックスクリーン左にたたき込んだ。「今までフェンス直撃とか悔しい思いをしてたんで、スタンドに入るのが分かって、うれしさが込み上げてきました」。

233打席目の記念弾。最近になって大西後藤らに「いつになったら打つんや」と冷やかされていただけに喜びもひとしお。初のヒーローインタビューでは「緊張して、自分で何を言ったか全然覚えてない」と初々しさを見せた。

手にはオーダー表と記念ボール。記念球は神須牟地(かみすむち)神社の神主を務める父正次さん(57)のもとへ贈り“奉納”される。

永井は大学時代、日米野球代表などでチームメートだった。これで同級生対決は4打数4安打。初顔合わせの前回5月24日の二塁打、左前打と合わせストレートでの“サイクル安打”達成となった。「次は向こうも負けないと頑張ってくるだろうから、僕も負けないようにしたい」と話した。



ハニカミのビッキー!


後藤のアニキ譲りの「ハニカミ」ぶりがとっても板に着いてきましたね。

交流戦最終戦となる横浜戦で、久し振りの3安打を放って以来、ここまで21打数10安打です!

3割復帰も射程圏内にロック・オン!


久しく聞くことも無くなった「新人王」という言葉、久し振りに思い出しました。


今度はビッキーが、大西くん光尊様に「いつになったら打つんや」と是非とも激励してあげてくれませんか?


テレビ画面を見ていると、あの連勝中の「」を神の子・ビッキーが、ビリケンさんとタッグを組んで、再び呼び戻してくれたような気が何となくしました・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


細々と更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!








7月5日 対千葉ロッテ11回戦(千葉マリンスタジアム)

ついこの間までBs戦士であった吉井組長との注目の初対決。

5点を奪いましたが彼以外のピッチャーからは1点たりとも奪うことが出来ませんでした・・・。

それでも勝利まであと一息という土俵際まで追い詰めましたが、1点リードの9回2アウトからは、一昨日のデジャブ(汗)を見ているかのようでしたね。

しかも一昨日とは大きく違う結末が待っていました・・・orz

ああ、悪夢の暗黒の木曜日よ・・・。





Bs 5 - 6× Marines

   スコアはこちら




里崎が延長12回サヨナラ打

 ロッテが、里崎の04年7月(西武戦)以来のサヨナラ打で競り勝ち、日本ハムを抜いて首位へ返り咲いた。延長12回無死二塁から、中越え二塁打を放ち「後ろにベニーがいたので、アウトになってもいいと気楽にいけた」。球団史上初となる本拠地で黒のビジターユニホームを着用した『ブラックブラックナイト』企画を、見事に白星で飾って笑顔を見せた。


違和感アリアリの組長・・・






デビちゃん、連続押出し・・・


5点をいただきましたが・・・


9回2アウトから同点タイムリー


法政師弟コンビのマサヒロ師匠はマルチ・ヒット!


弟子のビッキーも2安打マルチ!


グレちゃん、本当に久し振りの3安打猛打賞!


吉井組長の黒星が消えました



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていく上での大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月4日 対千葉ロッテ10回戦(千葉マリンスタジアム)
ホンマ~かいな、ホウカイな~♪

中盤までの接戦が、終わってみればダブル・スコアーに・・・。

自慢の中継ぎ陣が次々と失点

残念ながら5人もいた防御率2点以下の中継ぎ投手が、今日だけで3人消えてしまいました。

中継ぎ陣にもたまには「息継ぎ」が必要なのですよね。

出でよ!先発完投型投手 (無理!?)




Bs 4 - 8 Marines

   スコアはこちら




中継ぎ陣崩壊で逆転負け

 オリックスは中継ぎ陣が打ち込まれ、逆転負けを喫した。同点の6回。金子高木本柳と小刻みにつないだがいずれも走者を許し、本柳が代打ワトソンに勝ち越し3ランを浴びて大勢は決まってしまった。本柳は「3連投? 関係ないです。気持ちで負けないようにいったんですが」とがっくり。コリンズ監督は「中継ぎ陣も総合的に良い仕事をしてくれている。今日は悪い日になってしまっただけ」と責めなかった。 


嗚呼、本やん被弾・・・



先発はBsのユウちゃんこと(笑)、ユウキ

肩痛で故障とのもありましたが、元気にローテーションに還ってきてくれてホッとしました。

ユウキ、あと一人で・・・

しかし、マリーンズ先発の晋吾さん同様に雨の中のピッチングは可愛そうでした・・・。

勝ち投手の権利まであとアウト2つというところまでは行ったのですが、儚くも露と消えてしまいました。

師匠の吉井組長移籍したことで、かなりの気落ちがあったのでしょうか?

話は変わりますが、またプレーヤーズ・ゲスト解説、やって下さい(笑)



師匠から受け継いだものを頑なに守り続ける選手がここにもひとり。

空中での姿勢は、もはやを超えたのでは?とすら思います(笑)

代名詞!ヘッドスライディングのひらりん!

麗しき鳥人。

ヘッド・スライディングは、今や代名詞となりました・・・。

今日は2安打マルチ!ひらりん!

やはり、ひらりん(と村松様)には汚れたユニフォームがとても良く似合いますね!

今日は先制のホームを踏んだ先頭打者内野安打をを含む2安打マルチの活躍でした。



先制のタイムリーを放ったのは、タフィさんでした。

仕事キッチリ!タフィさん!

今日も仕事キッチリ!



このところ不振を伝えられている選手会長@キタガーでしたが、今日は久し振りにスマイル!

久々のスマイル・ボンバー!キタガー!

久し振りのタイムリーヒットが生まれました。

これだけの笑顔も、最近の試合中は殆どありませんでした。

重症でないことを祈りましょう!



久々のスタメンとなる我らの光尊様@後藤のアニキbyビッキー

光尊さまも2安打マルチ!

こちらも久し振りの2安打マルチと存在感は示すことができました。

が、打率は依然として超低空飛行のまま(汗)

遙かなり。ロード・トゥ・笑む・武威・ピー!



勝ち投手は、高木康成投手ではなくて高木晃次投手。

今季の初勝利だそうです。

勝利投手は高木(晃)vv

(小さい声でおめでとう!と言わせていただきます)

元ロッテオリオンズの小宮山さん
元近鉄バファローズの吉井組長のいるマリーンズにあって、元阪急ブレーブスの高木は、まだまだ若手(笑)

ファイターズの中嶋とともに、1日でも長く活躍してほしいです!


先日の交流戦の東北楽天讀賣戦では、吉田豊彦さん大道さんによる夢の「南海ホークス」対決が実現しましたね。

高木中嶋夢の「阪急ブレーブス」元バッテリー対決、見てみたいです・・・・・。


そう言えば、今日のBs敗戦投手となったきんこくんの背番号は「19

勝利投手となった阪急・オリックス・ブレーブス時代の高木の背番号も同じく「19」でしたね・・・。



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月3日 対千葉ロッテ9回戦(千葉マリンスタジアム)

まさに薄氷を踏む思いで手にした勝利でした。

その要因は、お粗末な守備に拠るところ大というのはお世辞にも褒められたものではありませんが・・・。

でも、週末の連敗で傷心私たちファンにとっては何よりのビタミン剤となりました。


ようやく明けた7月。

ファイト~!一発っ!




Bs  - 3 Marines

   スコアはこちら




ローズ球宴御礼V弾!オリ4時間超激闘

 試合を決めたのは4番のひと振りだった。11回1死一塁、ローズが薮田のストレートをとらえた。左翼席にライナーで飛び込む4試合ぶりの24号2ラン。負けなら再び勝率3割台に落ち込む試合でチームの連敗を2で止め、4時間超の激闘に終止符を打った。

 球宴出場への御礼弾だった。「一生懸命プレーして頑張ってきたからファンに選んでもらえたんだ思う。夢のようです」。ファン投票で外野部門3位となる64万7004票を獲得。3年ぶり、助っ人史上最多9度目の出場を決めた。昨年一度は野球を引退していただけに、まさに夢舞台への凱旋復帰。選んでくれたファンにこれがローズ流の恩返しだった。


今日もGJ、タフィさん!




先発は、カーゴエ会長でした。

今日は久々に素晴らしいピッチングでした。

7回1失点、7奪三振ならば充分に「エース(候補)」と呼べますね(汗)

祝1000イニングス登板!カーゴエ前会長

通算1000イニングス登板も果たしました。

花束が似合う数少ない選手です。

残念ながら勝ち星は付きませんでしたが、早く「白星の似合う」投手になって欲しいと願うのは、Bsファン共通の願いであります・・・。



真ちゃん第4号ソロ・ホームランで、あの天敵候補・成瀬さんと1対1の互角の投手戦を繰り広げてきたBsでしたが・・・・・。

均衡を破ったのは、何とちゃどのバットでした!

ちゃど、なんちゃって決勝打!

9回表、2アウトから飛び出した貴重な勝ち越しタイムリーでした。

しかし、これがまさかのなんちゃって決勝打となってしまいました・・・orz



9回裏、1点リードでマウンドに上るのは定石どおり守護神・大輔

しかしこれが誤算でした・・・。

約1ヶ月ぶりの失点、大輔・・・

あの、悪夢の甲子園での阪神戦以来のリリーフ失敗でした。

あと1人で勝利というところで、同点タイムリーを浴びて追い付かれてしまいました。

約1ヶ月振りの失点

しょうがない」 ですね(汗)



延長戦。


守護神・大輔の後ろを託されたのは、岸田君でした。

苦しいときのきしだのみ


苦しいときの、きしだのみ 岸田頼み


しかし、守護神のあと
ではありますが、全く遜色がありませんでした。


ちなみに、今日現在Bsブルペンには防御率2点以下のリリーフ・ピッチャーが5人もいます。

他球団もうらやむ素晴らしいブルペンです。

何故これで最下位なのでしょうか?






やはり今日も試合を決めたのは主砲のバットでした!

今日もまた、主砲のバット!

自らのオールスターへファン投票による選出決定に華を添える見事な1発でした。

レフトへの2ランホームランでしたが、ソロではなく2ランというところがミソでした(笑)


結局その直後に1点を返されて尚もサヨナラ負けのピンチでしたが、辛くも「1点差で」逃げ切ることができました。

まさに、値千金!勝負を決める1発。

巷では「ビリー」の大ブームですが、オールスターでは是非とも「ビリケン」ブームを巻き起こしてもらいましょう!



あの日以来の千葉マリンスタジアムに、我らのひらりんが還ってきました・・・・・。

マリンスタジアムに生還、ひらりん!

代走での登場でしたが、打席もまわりヒットも放ちました!

1年前の今頃は、野球生命をも脅かす事故の後の病床全身を貫く想像を絶する痛みとの闘いであったひらりん

あの頃を思うと、私たちも本当によく戻ってこられたなぁというのが正直な感想です。

残念ながら「セカンドフライを捕って復活」という伊集院さんとの約束を果たすことは叶いませんでしたが、私はこの日をもってひらりん完全復活と考えようと思います。

これからも常に全力で、アグレッシブで、ストイックな私たちのひらりんであり続けて下さい!



試合終了直後のシーン・・・。

久し振りの「」ですね!

昨年7月25日以来のセーブ!大久保様!

昨年7月25日以来のセーブ・ポイントを挙げた元・守護神の大久保様

以前は、このようなシーンが当たり前だったのですがね。



ついでなので昨年の7月25日の試合を思い出してみましょう(笑)


後半戦最初の試合で、この上ない白星スタートです。

皆様、改めまして、明けましておめでとうございます!!


 Bs ⑬ - 6 Lions




本やん先発して3勝目を挙げた試合でした。

投手リレーは、本やんからユウキを繋いで最後は懐かしのKKOリレー!

打線は、何と言っても良太@アイカー大噴火!

3ランとソロの2発!(こんな時もあったのですよねぇ)

その他、村松様4安打を筆頭に良太よしくん・そしてダカヒーまでもが3安打猛打賞!

20安打13得点は、昨年では最多でした。



偶然調べたら、こんな試合でした。

偶然でしたが、少しだけ元気になれました(笑)


ひらりんに続いて、大久保様完全復活となれば、これ以上嬉しく、心強いことはありません!




最後に、にも触れさせて下さい!

オールスター初出場を決めた、御存知・永遠の若手!

幕張の蒼い波しぶき、大輔@ハヤカーです!

祝オールスター選出!ハヤカー!

今日も3安打猛打賞

何気にBs戦では「鬼打ち」ですね~。

恩返しはもう充分です(爆)


フレッシュ・オール・スターではなく、本家のオール・スターへの出場、


本当におめでとう!


みどころのとても少ない(汗)今年のASで、タフィさんとグレちゃんの活躍に次いで最も大きな楽しみができました!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月1日 対北海道日本ハム12回戦(大阪(の)ドーム)

2週続けて土・日の連敗となりました。

でも体はそれほど辛くはありません・・・もう慣れました(汗)

追い越さない程度の怒濤の攻めは時折見せてくれるものの、最後は勝てないですね。

このあたりが、首位と最下位チームの試合運びの差ということになるのでしょうか?


そういえば最近は殆どありませんね。

「何故か、勝った」 という試合・・・。


「何故か、負けた」 という試合の数なら、恐らくはリーグ・トップなのにねぇ(笑)





Bs  - 3 Fighters

   スコアはこちら





「気まぐれ更新」再開以来、沢山のコメントやメールを頂戴いたしております。

どれもこれも、私などには身に余るお言葉ばかり・・・。

本当にありがとうございます!

お言葉に甘えて「無理のないペースで」更新させていただこうと思っております。

皆様方には、是非とも楽しみになさらずに(笑)お待ちいただければ幸いに存じます。





カーター?好投?

今日は5回2/3を投げて自責点は2点

試合を作ったと言えるので、今日は力一夕一(ちからいちゆういち)投手でしたね。



遂にBs初スタメン!クニー!

クニーは、Bs移籍以来初スタメン(セカンド)でした。

ノーヒットでしたが、まだ始まったばかりです。



新・安打製造器!?ちゃど!

ちゃどはこのところ当たってきています。

活発なトレードを目のあたりにして、危機感が出ているのでしょうか?(笑)



唯一のタイムリー!ビッキー!

危機感といえば、ビッキーも(汗)

しかし、この日はチーム唯一の得点となるタイムリーを放ちました!

打率も急激に持ち直しつつあります。




新・指先に魂込めて!きんこくん!

きんこくんもとうとうボールと会話することができるようになったのですね。

「次、カーブ!・・・やっぱストレートにしよう。」




かかと落とし炸裂!ディバちゃん・・・

試合後のベンチ。

ディバちゃん敗戦の悔しさを迸らせていました。

バットケースに強烈な「かかと落し」をお見舞いです・・・。

(久し振りにアンディ・フグを思い出しました)


でも、モノに当たるのは良くありません

よい子の皆さんは、絶対に真似しないでね(爆)


それにしても今年のFsのエース?・グリンさんは、凄いピッチャーになりましたねぇ。



blogランキング
というものに登録しています。

良かったら1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に
最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。