Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月18日 久々の契約更改。一人は契約、もう一人は・・・

キャンプイン2週間後に控えたこの日、オープン戦の開始時間が発表されました。


Bsオープン戦日程


これによると、私が今年初めてBs戦士たちを見ることができるのは3月2日(金)午後6時開始のナイトゲーム!!

大阪(の)ドームで行われる対ドラゴンズ戦

関西でのオープン戦緒戦ということになります。


いよいよ野球が始まる!ということが実感できて嬉しいですね!


しかし、その一方でまだ今季の契約を終えていない選手が3人も残っています・・・。

そして今日、そのうちの一人の契約が無事に成立いたしました。


選手契約更改⑳

※18日、塩崎選手の契約更改が行われました。

◆塩崎 真

アップでサインしました。今はホッとしていますし、今年1年がんばるだけだという気持ちです。

チームはしばらくBクラスが続いていますので、チーム全体が意識・気持ちの持ち方を、今までとは変えていかないといけないですね。

自分は、ベテランとして、若手選手がプレーしやすい環境を作ることももちろんですが、色々と言葉でも伝えていけるようにしたい。

監督がチームとしてやろうとしている野球を、チームに浸透させていくことも、僕達ベテランの仕事ですね。

個人的にはケガをしなければ、いい数字を残せると思っています。

プロであればどの打順でも打てる事が当然だと思うので、特に打順にこだわりは無いです。

現在は熊本で自主トレを行っています。


今年も応援できる!


オリックスの塩崎、7000万円で更改=プロ野球・契約更改

フリーエージェント(FA)権を行使した後、残留の見通しとなっていたオリックスの塩崎真内野手が18日、球団と5度目の交渉に臨み、2000万円増の年俸7000万円で更改した。

FA宣言前の交渉では複数年契約を提示されていた塩崎は、「単年(1年)契約です。契約年数に関してはこだわる点ではないし、置かれている立場を考えないと」と話した。(金額は推定)。 




他球団移籍も視野に、一世一代の「FA宣言」をしましたが結果は・・・・・。


宣言前には、2年契約の1億6千万という数字を提示されたという記事も見た記憶がありましたが、今日交わした契約ではその条件を大きく下回るものに変わっていました。

しかしサインをしました・・・。


「身の程知らず」

「自分が見えていない」



どこからも声が掛からなくて交渉期限が終了した後には、そのような批判も目に付き始めました。

球団も、まるでペナルティーでも取るかのように、足元を見てかなりの条件改悪を敢行してきました・・・。


契約してもらえるだけありがたいと思ってね!」とでも言っているのでしょうかね?

これがオリックスという会社の「プロのビジネス交渉術」というものでしょうか?

吉井組長でなくても私が叫びたいです!



「リスペクト」が感じられない・・・



傷心(だと勝手に想像していますが)の塩Zではありますが、私は戻ってくれて本当に嬉しいです

私が球団幹部であれば、条件はそのままで「また来年もよろしくお願いします」とただひとことだけ言うことでしょう。


どちらの方が選手のモチベーションは上がりますか?


そんなに単純なものではないでしょうが、今回の契約更改交渉後の記者会見では殆ど「満面の笑み」というものは見ていません・・・。

神戸の夢を懸けて 青い空を目掛け


経費削減的なドライな交渉だけでなく、そして「ただキヨ一人にだけ突出して」ではなく、今年オフの交渉では「期待料」というものも有効に使って選手達の「やる気」を大いに刺激して欲しいものです。

とにかく今季のBsは、選手達の「球団を見返してやる!」ということが最も大きなモチベーションであるように思います、寂しいですが・・・。


あぁ、早くあの天真爛漫な老紳士が再来日してくれないでしょうかねぇ?(爆)



全く関係ないのですが、突然・・・私だけ?・・・(同じく傷心のだいたさん風に)

最近テレビを眺めていて「北村一輝」さんを見るたびに「塩Z」を思い出す・・・。




Bs歴史的な汚点となってしまった今オフ期間中の「ノリ事件」そして「前川事件」・・・。


その前川が予定より一日遅れて保釈され、直ちに謝罪会見を行いました。


オリックス、前川を解雇=本人は「心からおわびしたい」-プロ野球

無免許運転でひき逃げ事故を起こしたとして業務上過失傷害と道交法違反の罪で17日に起訴されたプロ野球オリックスの前川勝彦(本名克彦)投手(28)に関し、同球団は18日、同選手との契約を解除することを決め、本人に通告した。事実上の解雇処分となった。

雑賀忠夫球団社長は「こうした事件に対する社会的風潮は厳しく、このような処分にした」と説明した。同社長、小泉隆司会長、機谷俊夫代表の球団3役員には、厳重注意と月額役員報酬10%の1―2カ月自主返納の処分を科した。

前川は今後自由契約となるが、雑賀社長は「社会的に許してもらえれば、手助けしてもいいのではないか。(球界復帰の)門戸は閉ざさない」と話し、今後、投手か球団職員で復帰する可能性を示唆した。この件に関し、パ・リーグでは、球団側からの報告と処分内容を確認した上で、連盟としての対応を決める。

前川は同日、逮捕から11日ぶりに保釈され、「このような不祥事を起こし、本当に申し訳ございませんでした。被害者の方にも心からおわびしたい」などと謝罪した。大阪府警南署から保釈された前川は、丸刈りにした頭を何度も下げ、現役続行の意思を問われると「今は何も考えていません」と終始苦渋に満ちた表情だった。
 

頭を丸めた


この件に関しては、まだ軽々しく感想などを書く気持ちにはなれません。

今の時点で「復帰」を話題にすることなども言語道断と思います。

まだ何も「始まってはいない」のですから・・・。

それを話題にするのは、「償い」という結果を出してからでなければいけないと私は思います。

頭を下げた


あの事故(被害者の方から見て)から11日が経ちました・・・。

お怪我の具合は如何でしょうか?

復帰なんてまだ考えられない


私たちには知る由もありませんが、心からお見舞いを申し上げます


ただ、保釈及び会見が一日遅れた(遅らせた)ことは、昨日の「1.17」への前川なりの配慮であったと信じています・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。