Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月5日 新年早々、嵐の悪寒的中。爆弾社長!?

年が明けてたった2日しか経ってないのに、何故かクタクタです(笑)

そういえば毎年こんなことを言ってる気がしますが・・・。

やはり一旦緩んだ「仕事に対する心構えと体」が戻るのには相当時間がかかるようです(爆)

しかし、明日からは再び3連休っ!

新成人の皆さんにとってはお正月と成人式がウヤムヤにされそうで微妙かも知れませんが、今年はホント、おっちゃんに優しいカレンダーだと感謝しております。

でも、明日からまた全国的に寒くなるそうですねぇ・・・。

初風邪、なんてことにならないように久し振りに乾布摩擦でもしようかな?と思っております(


話しは変わりますが、昨日触れた新・社長様・・・・・。

発言がちょっと深くまで突っ込み過ぎているなぁとは思ってはおりましたが・・・。

あんな程度では済んでいなかったのです!


オリ雑賀新社長「清原しか…」爆弾エール

1日付でオリックスの代表取締役社長に就任した雑賀(さいか)忠夫氏(61=前日鐵リース社長)が4日、ナインに激辛メッセージを送った。球団事務所での年賀式後の所信表明で「ここ数年オリックスの野球に興味をなくした。選手は清原選手ぐらいしか分からない」などとドッキリ発言を連発。すべては負け犬根性の払拭を目指す雑賀流のエールだが、果たして声はナインに届くのか。

オリックスの雑賀新球団社長は遠慮なく言い放った。「野球は素人ですが、注目選手は清原ですね。オリックスの選手は清原ぐらいしか分からないし、知らないですから」。これから社長になる人物が、清原以外の支配下約60選手を知らない? 真偽はともかく、所信表明で自軍の選手を持ち上げることはあっても、腐すことは滅多にない。しかも新年仕事始めでの就任第一声。だが雑賀社長は歯に衣を着せるどころか、“爆弾発言”を連発した


「ここ数年オリックスの野球に関心をなくしていました。勝とうが負けようが段々腹も立たなくなってきた。興味が薄れてました。社長(就任)の話を聞いた時はびっくりしましたよ」

 やる気あるんでっか? ほんま大丈夫かいな? 思わず耳を疑う発言の数々。だがこれが雑賀流、究極の叱咤激励だった

リーグ優勝した95年、日本一になった96年は実力も人気もあった。だがその後は衰退の一途をたどり、7年連続Bクラス。その間、1番「関心」をなくしていたのはファンではないのか。現チームでは「清原」ぐらいしか知らないのではないか。連発した衝撃発言は、ファン離れへの強い危機感を代弁したものだった。

「興味を持ってもらうためには勝たないといけない。強くなるには生え抜きのスター選手が出て来ないと。オーナーからも『強くしろ』と言われてますから

負け犬根性が染み付いたチームに、おだても美辞麗句も不要。新社長から届いた就任早々の“激辛年賀状”に選手たちはどんな返事を出すのか。注目の1年が始まった。


新社長はん


悪い予感が的中しました。今後のことを思うと、悪寒が走りました・・・。

もしかしたらミャーウチさんの放った我々Bsファンに対する新たな刺客なのでしょうか?(爆)

ただでさえ、どちらかと言えばダーティなイメージがついてしまったBs

これ以上、物議を醸し出さないで欲しいものです・・・。

契約更改でも更にパワーアップし、この新社長の爆弾発言で「トドメ」とならないことを祈りましょう(汗)


口は、わざわいの元。


先人の教えを改めて噛み締めたいと思います。




その、新社長はんが知っているただ一人の選手である、我らのキヨ

一連の年末年始のバラエティー番組出演も終わり、既に心は07年シーズンに向いています。

そして今日から自主トレの為にアメリカの砂漠の町へ向かうため、機上の人になりました。

出発の前に決意を語る


「自信ある」清原が海外トレへ出発

プロ22年目を迎えるオリックスの清原和博内野手が5日、自主トレーニングを行う米アリゾナ州フェニックスへ向け、関西空港から出発した。飛行機に乗り込む前には「どれだけひざが回復しているか確認しながらノックを受けたりする。頑張ってくる」と話した。

昨年は左ひざなどの故障に苦しみ、本塁打は自己最低の11本に終わった。8月に40歳になる清原は「コンディションを整えれば、やれる自信はある。まずはこの時期を大切にしたい」と意気込んだ。

帰国の日時は未定だが、帰ってきてからは米大リーグ、マリナーズのイチローと合同練習を予定している。「気を使われないように、しっかり体をつくる。イチローよりはやく走られるとは思わないが、それくらいの気持ちで帰ってきたい」と話した。



監督が代ったからといって

僕自身は変らない

清原は清原!


約三週間もの間、日本を離れての自主トレそして膝のリハビリです。

チームの中での期待は、昨年以上のものがあります。

それに応えるために、出来ることを全力でヤル!という決意がビンビン伝わってきますよね!


私だけ!?


年末年始のバラエティーで、すっかり私洗脳されたようです(笑)



去年からの宿題でした・・・。


今年最初の契約更改交渉が、懸案であったひらりんから再開されました。


オリックス平野恵、3度目も保留

オリックス平野恵一内野手(27)の代理人、木村重夫弁護士(44)が5日、大阪市北区の球団事務所で今季3度目の契約更改交渉を行い、新たな金額提示のないまま保留した。昨年12月の第1回交渉で300万円減の4500万円(金額は推定)を提示されたが、平野恵は現状維持を主張。昨年5月6日のロッテ戦(千葉マリン)でのフェンス激突で右腰部肉離れなどの大ケガを負っており、体を張ったプレーを主張して再考を求めている。

球団もプレーは評価しているものの、出場試合数が33にとどまったことから減額提示は変えられないとして、交渉は平行線をたどっている。

木村弁護士は「(主張する)新しい要素、論点を持って来られるものでもないし」と困惑の表情を浮かべていた。




うーーーーん。

今日もどっちみち、代理人だけの交渉でしたのでサインまでには最初から至らない予定だったと思いますが、まさかどちらも歩み寄らなかったとは・・・。

そろそろどこかで、手を打たなければならないような気がします・・・。

もう少し時間がかかりそうなのでしょうか。



話題を変えましょう。



オリックス歌藤ら11日から合同自主トレ

11日から24日まで、宮古島市民球場でオリックス投手陣が合同自主トレを行う。参加選手は歌藤、岸田、加藤、山口、金子、山本、小松、前川、本柳、中山。休日予定は15、20日。


歌藤


歌君、頑張ってほしいですね!!

・・・・・って、「先頭だから」というだけのコトですか?


そもそも、どういう並び順でしょうか?

期待値の高い順?球速の遅い順?変化球の持ち球が多い順?2軍在籍期間の長い順?


そんなこたーない。(タモリのモノマネ風)



背番号順・・・・・・・・じゃ、ないじゃん!!



それならマエカー本やんです。


やはり、天下の日○スポーツさんも仕事始めでペースを掴みきれていないのでしょうか(笑)


・・・と、念のため公式で確認を。


2007年宮古島自主トレーニングについて


<参加者> 歌藤・岸田・加藤・山口・金子・山本・小松・前川・本柳・中山 計10名


って、球団広報が間違ってたんですか・・・・・orz

それとも背番号変更の予告でせうか?


私ともども、日本全国まだまだスイッチが切り替わっていないと見えます(爆)

自分自身は変らない・・・。


自分自身を変えてはいけないんです。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。