Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月17日 サプライズ!引退撤回と、暫しのお別れ・・・。

今日もチームに関する大きな動きはありませんでした。

公式で発表されている一般のファン対象のイベントもこの日の大西くんの地元・大阪・堺市での激励会で「今年最後」ですが、少し遠いのと時間が遅いので私は行くのを断念しました。

その代わりと言っては何ですが(汗)、私も「今年最後」の野球の見納め

毎日が「オールド・ボールゲーム」

そうです。マスターズ・リーグへ行って参りました。


先月の開幕戦の大阪ロマンズ東京ドリームス戦に続いて、今日は大阪名古屋80デイザースの一戦。

地元・大阪のホーム第2戦目でした・・・。

大阪対名古屋戦スタメン


ただ、私は特定のチームをBsと同じく熱心に応援しているという訳ではありません。

一応地元・大阪ということもあり1塁側の席をチョイスしてはおりますが、それは大阪にはかつて阪急ブレーブス、近鉄バファローズオリックス・ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブ大阪近鉄バファローズという、現在のBsの母体となったイニシャル「」のチームの選手が主体になっているからに他なりません。

そして特に私を「○○年前」にタイムスリップさせてくれる選手達の姿が見られることこそ、私がマスターズ・リーグへと誘われる最大の理由です。

マスターズたち


中でも私が最も気になるのは「勇者たち」・・・。

今日も大いに堪能させていただきました(笑)

長池徳士さん


現役時代のようにアゴを完全に左肩の上に乗せてピッチャーと正対する独特の構えは見られませんでしたが、雰囲気は何となく残っていました・・・。

元ミスター・ブレーブス長池徳士さん(今は名前が変わられていると思いますが、あえて私の思い出の中のお名前のままで)。

角刈りと剃り込み


今日の両軍を通じての初タイムリーを放ち、アナウンサーに促されて(笑)観衆に応える長池さん

この角刈りと鋭角的な剃り込みは、現役時代と何ら変わっておられません(爆)

確かに私の知っている長池さんでした。



勝負師・村上眞一!


勝負師・村上眞一さんです。この右足の上げ方、現役そのままですよね!外野自由席さま!(笑)

この一打に懸ける勝負師村上 右中間を抜く 一撃さあ飛ばせ~

良太の応援歌の原曲でもあります。



男・豊蔵


体形は少し丸みを帯びては来ましたが、存在感は未だ変わることはありません。

幾つかの球団を渡り歩きはしましたが、私にとってはいつまでも「阪急ブレーブス」の男・豊蔵です!

センターの守備位置へ全力ダッシュで駆けて行く豊蔵の背中、カッコよかったです!



職人・本西


今でもまだ現役でいけるのではないでしょうか?(笑)

現役時代はイチロー君外野守備の師匠であり、日本一のBW鉄壁外野陣の象徴でもあった本西さん

マスターズ・リーグではセカンドでの華麗な守備で、未だ観客を魅了し続けています

そして勝負強いバットコントロールも衰えを知りません

この日も3安打固め打ち

二遊間を組む村上隆行さんと共に、今季出場全試合マルチヒットを続けています。

実は私、今シーズンもテレビで沢山野球中継を見させていただきましたが、今現在、最も好きな解説者本西さんです。



真のマルチプレーヤー五十嵐!


私が好きな解説者2位タイでもあった五十嵐さん(笑)

(ちなみにもう一人の2位光山さん

来季からは五十嵐さんの解説が聞けなくなるのですね・・・。

しかし、引退後初めての現場復帰なので喜ばなければいけませんね。

本当はBsのコーチに、というのが私の秘かな夢でしたが、先に王監督に見初められてしまいました。

ホークスでの肩書きは「投手兼捕手兼内野守備兼外野守備コーチ」でしょうか?(爆)

野球人としては、やはりユニフォームを着ていられる時こそが「」かも知れません。

簡単なことではありませんが、プロ野球界の発展のためにホークスでは是非とも「五十嵐2世」を育ててください。無理ですね(汗)

それくらい五十嵐さんは、ある意味「」に最も近付いた選手の一人でした(笑)



名古屋にも注目すべき選手がおります。

デカ!


言わずと知れた「高橋智」、通称デカですね。

今日は3塁打と2塁打と、流石の長打力を遺憾なく発揮!

ブーマーから譲り受けた「背番号44」があれほど似合った選手はいませんでした。

現在のBsのチャンステーマの一つ「ジャンプ」は、デカの応援歌であった「智ジャンプ」からきているというのは余りにも有名ですね。



今や大阪の名物の一つ。佐野慈紀投手、通称「ピッカリくん」の「ピッカリ投法」ですが、今日は負けられない試合でビハインドの登板でしたので出ませんでした・・・。

ピッカリくん


これは「ピッカリ投法」が決まった時のものではなく、連打を浴びて恥ずかしくて頭をかく為に帽子を飛ばしたものですので誤解のなきように(爆)



前振りがとっても長くなりましたが・・・・・。


先ごろ「現役引退」を表明した一人のピッチャーが突然、現役引退を「撤回」しました!


とても驚きました!


私が知らなかっただけかも知れませんが(汗)



そのピッチャーとは・・・・・。



少し前の11月21日のニュースです。

ここでは紹介せずに過ごしてしまいました・・・。

少し長いですが是非お読みください!

オリックス水谷打撃投手、還暦の「引退」

オリックスの水谷宏打撃投手(60)が秋季高知キャンプ打ち上げの20日、“現役引退”を表明した。打撃投手としては球界最年長で「近鉄いてまえ打線」の生みの親。その道一筋28年でチームを陰から支えてきたが、還暦を区切りに第一線を退く決意を固めた。清原らが「一日も長く現役を続けて欲しい」と慕っていた「みずさん」は、この日の練習で最終登板後にナインが胴上げ。名物打撃投手は涙、涙で別れを告げた。

「みずさん」の目からいっぱい涙がこぼれた。オリックスナインも泣いていた。「この歳まで使っていただいて、本当にありがとうございました…」。声を絞り出して頭を下げると、みんなに担がれて3度、高知の青空に舞った。

水谷宏さん、60歳。その道28年の球界最年長打撃投手が、秋季キャンプ打ち上げのこの日“現役引退”を表明した。「今年いっぱいで最後と思っておりました」。まだやれる、の声が飛ぶ中で、還暦を区切りに身を引く決意を固めていた。

水谷さんは1968年(昭43)にドラフト1位で近鉄に入団。4年目に横手投げに転向した。そして78年の現役引退後、西本監督から「手伝ってくれ」と要請されたのが打撃投手だった。当時のパのエース級は阪急山田や足立、日本ハム高橋直らが全盛。猛牛軍団のアンダースロー対策として、貴重な役割を果たした。そして梨田、佐々木、大石、中村ら「いてまえ打線」を陰からサポート。4回のリーグ優勝に貢献した。

「嬉しいのは投げた選手が試合で結果を出して報告してくれること。優勝できたのが1番の思い出です」

1日150球で、年間約約4万球。「気持ちよく打ってもらうために」28年間で112万球ものボールを投げ込んできた。もちろん長寿の秘訣は「節制」だ。酒は好きだができるだけ控え、タバコは吸わない。食事では必ず野菜でビタミンを取る。「いかに筋肉の退化を遅らすか」と自宅でテレビを見ながら鉄アレイを握ったり、近所を走ったりして衰えと戦ってきた。素顔は3人の孫もいる好々爺。すべてはチームの優勝のために、と汗水を流すことは惜しまなかった。

そんな「みずさん」が還暦を迎えた今年4月には、みんながお金を出し合ってゴルフウエアを贈った。清原も「ずっと長いことやってて欲しい」というほど、ナインから父のように慕われる存在だった。最終登板となったこの日も、前田、鈴木、横山、長田を相手に目いっぱいの150球。みんな泣いていた

「同期生はみんな有名選手になって監督やコーチになったけど、私はプロ5勝どまり。でも本当に幸せな野球人生でした。これからはファンとしてチームの優勝を願って見守ります」

ドラフト同期には星野、田淵、山本、福本、有藤らがいた。だがスポットライトを浴びることはなくても「みずさん」が球史に残した足跡は光り輝いている。名物打撃投手の生き様は、しっかりと記憶に刻まれた。



オリックス大石ヘッド「全部ストライク」

オリックス真喜志コーチ「アドバイスも」

オリックス大西「きっかけもらった」

オリックス岡田「水谷投手引退は寂しい」

水谷さん!



その水谷さんでした。


流石に永年、バッターに気持ちよく打たせることを生業としてきた水谷さん・・・。

今日のマスターズリーグ初登板も、綺麗に打たれて初失点(笑)

体に染みこんだ、どんな打者のバットにも真芯に当てさせる魔法のようなコントロールは、簡単には抜けませんよね!

でも、マスターズリーグでは現役引退間無しの「ルーキー」です。

マスターズリーガーのピッチャーたちの何百倍、いや何万倍の球数を投げてきた男の生き様を私たちに見せてほしいと思います。

還暦のルーキー!


そして、スポットライトをほしいままにしてきた男達をキリキリ舞いに牛耳ってやって下さい!(笑)



水谷さんが今日現役復帰なら、その一方で今日静かにその歴史を閉じる選手たち、いえショップがありました・・・・・。


球団直営店「バファローズショップ」閉店

この度、球団直営店「バファローズショップ」が、パ・ドゥー閉店に伴い、12月17日をもって閉店することとなりました。

・・・・・・・・・・

なお、今後の移転先等に関しましては、決定後改めてお知らせいたします。




最初、「閉店」と聞いてとても驚きましたが、移転を前提にということで安心しました(汗)

しかし、私のように昨年からここ大阪(の)ドームが新しいフランチャイズ球場に加わった者ではない、古くからの大阪近鉄ファンの方々にとっては「ショップ・バフィー」以来のお付き合いでしょうから、この店がなくなってしまうことには感無量とお察しいたします

一応、記念にということでF店長様の許可をいただき、カメラに最期の日の店内の様子を収めさせていただきました・・・。

そういえば、最後を見届けたいとB-WAVEのY店長様も応援に駆けつけて来られていました。

最後のバファローズショップの店内


多くの数え切れないファンとそこで働かれていた多くの方々の汗や思い出の一杯詰まったこの地のバファローズショップ」。

ありがとう!



本当にお世話になりました!


そして再び、新たな場所での復活を心から楽しみに致しております!


噂では近鉄電車と阪神電車を相互乗り入れで繋げる大工事のためらしいですね。

ちゃんと完成させてくださいね

そうでないと「ドームの天井」の二の舞いになります・・・。あっ、禁句でしたか(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。