Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月13日 祝!契約更改と新入団発表!!

今日の契約更改は2人だけでしたが、2人ともめでたくサインで、今日は保留者はいませんでした。

ただ、今日の2人は前回の保留者でした・・・。


あれ!?


ただ一人だけ、まだ一度も交渉を行っていない選手がいます。

栄二様!


栄二様の交渉日は一体、いつになるのでしょうか?



では晴れてサインを終えた二人の選手の話題から。

偶然にも二人は同級生だったのですね・・・。


選手契約更改⑩


マエカー


オリックス前川、2800万円でサイン

オリックス前川勝彦投手(28)が13日、大阪市北区の球団事務所で2度目の契約交渉を行い、700万円減の2800万円で更改した。提示は前回と変わらずも「それほどハードルは高くない」条件で、出来高を認められたという。貴重な左腕の先発候補として昨オフのトレードで入団も、今季は1勝どまり。「来年に勝負をかけます」と銭闘から気持ちを切り替えていた。(金額は推定)


前回からの上積みは無し。

その分、出来高がついたようです。しかも「それほどハードルは高くない」条件だそうです。

その条件とはどのようなものなのでしょうか?

秋季キャンプでコリンズ新監督様のメガネにいち早く適った新・マエカーであれば、もしかしたら「20勝」くらい軽いかも知れませんね(爆)

私は来季のマエカーの体重と髪の色、そしてリリース・ポイントの位置が、とっても気になります。

食べる前にノム!

ごねる前にサイン!

旧・マエカー


イメージを悪くする前に契約を終えることができましたね(笑)

GJと言わずにはおられません



光尊様


オリックス後藤、3800万円でサイン

オリックス後藤光尊内野手(28)が13日、大阪市北区の球団事務所で今季2度目の契約交渉を行い、800万円増の3800万円で更改した。金額は前回提示と変わらずも、出来高で「殊勲打と守備で、新しい項目を2つ加えて頂いた。簡単にクリアできる条件ではないですが、頑張りたい」と納得してサイン。来年1月31日のキャンプ地出発までは、ずっと神戸で自主トレを行う。11月に父親になったばかりで「子供の顔を見ていたいんで」と笑顔を見せた。(金額は推定)


光尊様も2回目の交渉の席で「1発サイン!」(爆)

マエカーと同じく上積みは、無し

しかも「背番号変更慰謝料」も込みと言われてしまいました・・・。

しかし、お金のことで揉めるのは爽やかでクールな光尊様のイメージに全くそぐわないため、こちらも出来高で手打ち

しかし「簡単にクリアできる条件ではない」ハードルのようです。

そのハードルとは・・・・・?

殊勲打と守備」だそうですが・・・・・。


しゅ、しゅび~!?


今季の光尊様失策数はたったの13(←たったのって)。

それを10ほど減らせ、というような感じでしょうか・・・?

確かに「簡単にクリアできる条件」ではありませんね(爆)

でも、来シーズンの目標である「MVPを獲る!」という青写真を現実のものにするためには、GG賞受賞クラスの安定した守備は最低必須条件

是非、奇跡を起こして欲しいですね!


ただ、その主にショートの守備でのエラーについて少し調べてみました。

今季の光尊様のエラーは先ほども述べたとおり13個。もちろんチーム・ダントツではあります(2位は塩Zの7個)

因みに他球団のショート・ストップの選手を例にとってその数を比較してみますと・・・。

GG賞の宗りんさんは12個でした。GG賞はエラーの数はあまり関係ないようで、安心しました(汗)

西岡さんは、何と光尊様と同じ13個でした。

しかしアジア一に輝いたファイターズの金子さんは流石に最少の10個

しかしナカジさんは、光尊様より多い16個を記録しており、イーグルスに至っては塩川さん8個、沖原さん7個、草野さん5個と、これだけで脅威の20個!

こうやって改めて見てみますと、光尊様エラーばっかりやっているイメージが定着していますが、そうでもないことがわかりますよね(汗)

ただし、守備機会や守備率などの概念は光尊様を語る時には必要ありませんので、悪しからず(爆)

それより今季は、いままでいつもマサヒロのプレーを指で加えて見ているだけであった「KTV好プレー賞」を獲ったり、伊集院さんにも認められて「光プレー大賞」までも受賞!

光尊様


また、カラオケの「SKY」では、まるでサブリミナルのように光尊様の好プレーが散りばめられています(笑)

このお蔭で、「光尊様は守備の上手な選手」というイメージがそろそろ多くの方の深層心理に定着している頃でしょうか・・・。

皆さんもBsファン以外の方とカラオケに行かれた折には、是非とも「SKY」をリクエストして将来の光尊様ファンの開拓にご尽力ください(爆)

まだまだ書き足りませんが、この後もおめでたいニュースがございますので、今日はこの辺にしておきます・・・・・。



さて、今日は6人の若者にとっては待ちに待った一日でした。


2007年新入団選手発表会見


公式には、それぞれのプロフィールやコメントが載っています。

新入団発表


ここではテレビのニュースで流れた本人の肉声をご紹介したいと思います。

ただし、社会人と大学生の二人はともかく、高校生で紹介されたのは地元関西の高校出身の土井くんだけでした・・・。


【大学生・社会人】


希望枠 小松聖投手(25)=JR九州
180センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号28

小松くん!


大阪の方々は、物凄い熱いということを聞いているので、自分もマウンド上で「熱いピッチング」を心掛けて、ファンと一体になって頑張って行きたいと思います。

熱いピッチングを!




3巡目 大引啓次内野手(22)=法政大学
178センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号10

大引くん!


ようやくプロの世界に足を踏み入れたということで、これから厳しい練習や競争が待っていると思いますけれども、それに勝ち、レギュラーポジションを獲って、オリックスの「10」は谷選手じゃなく大引だと言われるよう頑張りたいです。

新・背番号10

目標はマサヒロ!



【高校生】


1巡目 延江大輔投手(17)=広島・瀬戸内高等学校
183センチ、75キロ、左投げ左打ち、背番号47

ランディー延江くん




3巡目 梅村学人投手(18)=三重・三重高等学校
185センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号59

プロ野球ai予備軍・梅村くん




4巡目 仁藤拓馬投手(18)=静岡・島田商業高等学校
182センチ、80キロ、右投げ右打ち、背番号68

お肌ツルツル仁藤くん




5巡目 土井健大捕手(17)=大阪・履正社高等学校
176センチ、85キロ、右投げ右打ち、背番号69

テレビを見てた側で、ここでしたいなぁとか思ってたんで、それが自分の地元の、僕は兵庫県民なんで、地元のオリックス・バファローズさんに獲っていただいたっていうのは凄く光栄なことで嬉しいです。

僕のセールスポイントは打撃・長打力と、この「笑顔です!」会場ドッと沸く!
笑顔が武器のミニラ土井くん


高校生ドラフトで運良く入れた、このオリックス・バファローズさんに最高の恩返しができるように結果を残したいと思います!


登場はド派手に「ゴジラ」のテーマソングに乗っての入場、そして舞台上で素振りを披露しました。でもニックネームは「『ミニラ』でよろしくお願いします」とのことでした(笑)

何故かコジラのテーマ曲で入場




帰国中のコリンズ監督様の代わりを務めたのは、我らの大石大ちゃんヘッドでした。

大石@大ちゃんヘッドコーチが監督代理


素晴らしい選手を獲得できたことと思います。この選手の中からですね、来年一人でも多く一軍で活躍してくれることを期待します。



プロ野球選手としての「はじめの一歩」を踏み出した6人の若者には、今日のこの日の嬉しい気持ちを引退の日まで決して忘れることなく、一人でも多く球界を、いえ日本を代表するスター・プレーヤーに成長してくれることを願って止みません。

頑張れ!6戦士!




夢を掴め!6人の新しいBs戦士達!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。