Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月31日 行く年、ベストプレーを最後にもう一度!

いよいよ2006年も今日でお終いとなりました。

皆様にとってこの1年はどのような1年だったでしょうか?

私のこの1年は、特にこのブログを始めてからというもの、毎日がまさに表題どおりの「Bsとともに・・・」という感じの日々でした(笑)

ひょんなことから、今まで日記ですら3日続けて書いたことのない自分が、ブログなどというものを書き始めてしまいました・・・。

3日で終わっておけばよいものを(笑)、あれよあれよと今日まで続けてしまいました。

目標もビジョンも何もなく始めたブログでしたが、球場通いと併行して何とか殆どの試合のダイジェストをお伝えすることができました。

イベントなどの様子においては、多くの方から情報や写真、レポートをいただいたりしたことも数知れず・・・。

ネタがなくて路頭に迷った時に、手を差し伸べていただいたことは1度や2度ではありませんでした。多謝!

そしてこれだけ長く(まだ1年経っていませんが)続けて来られた最大の原動力(自分自身の減努力?)は、皆様方から日々いただいた温かく、時には厳しいコメント球場で掛けていただくお言葉のお蔭と心から感謝を申し上げます



本当にありがとうございました!



肝心のチームの状態はというと、この1年は本当に辛すぎることが多かったのですが(汗)、こういう「暗黒」を経験してこそ明るい未来が必ずやってくる、ということを信じて、また来年楽しい1年を生温く過ごすことができればいいなぁと思っております。



来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



今年最後のブログに相応しいBsのニュースを、と思っておりましたが、そんなのありません(笑)

そこで、本来はひらりんが年末にサインしたときに一緒に載せようと思って大事に取って置いた(笑)ストックで代用させていただくことにします。

それは、少し前になってしまいましたが、12月14日にTV番組で、ひらりんの「あのプレー」が取り上げられた短い特集です。


あのプレーとは、期待外れに終わった今年のBsにあって、ファンだけでなく多くの人々に勇気と感動を与えてくれた、もちろん「あのプレー」のことです。

King of 光プレー大賞2006」にも輝きましたね。

年も替わることでありますので「今シーズンのベストプレー」とも言うべきこのプレーをもう一度最後に振り返り、行く年を惜しみまた来る年に思いを馳せたいと存じます。



・・・・・最初から分かっていたらしっかりと見ていたのですが、家族が偶然チャンネルを変えたときに飛び込んできた番組でした。


それは3人の選手を取り上げたものでした。


そのプレーとは「命懸けの男」がキーワードとなるプレー。


一つ目はホークスの山崎捕手のファウルチップで歯を3本折ったのに試合に出続けたプレー、2つ目はマリーンズの薮田さんの、打球が胸に直撃した後もピンチを断ったプレー。

そして3人目がひらりんでした。


最初に以前のひらりんの数々の素晴らしいプレーのうちから2つのプレーの紹介がありました。

ひとつはルーキーイヤーに、西武戦で本塁突入時に相手捕手の現伊東監督のレガースに顔面から激突して下あごを骨折しながらもホームインしたシーン。

下あご骨折のホームイン


そして記憶も新しい、昨年の大阪ドームでの楽天戦

一打サヨナラの場面での「誰もが信じられないスーパー・キャッチ」。

スーパー・キャッチ!


ヒーローインタビューは、平野恵一という野球選手の本質を自らこのとき既に語っていたのでした・・・。

ヒーローインタビュー


何も考えずに、ボールを一生懸命捕りに行きました


ここからは、できるだけ放送そのままに・・・


・・・そして今年。迎えたあの日。

5月6日千葉マリンスタジアムで対千葉ロッテ戦


千葉マリンスタジアムの名物、それは「強い風」・・・

風速11メートル


この日も風速は10mを超えていた

ひらりん


ひらりん 「風がとても強くてですね、コーチや他の選手から『今日ちょっと気を付けなきゃいけないな』っていう指示はあったんですけども・・・」


2対0、オリックスのリードで迎えた3回裏。2アウトランナー1塁という場面。


打球は1塁側ファールグランドへ

ファールフライ

追う野手達


この時、ファーストを守っていた北川は・・・。

キタガー


キタガー 「僕はもう到底追い付かないなって途中で思ったんで・・・」


一方、セカンド平野は・・・。

自分の打球だ!


ひらりん 「打球が上がった瞬間に『自分の打球だ!』と思って追い始めたんですけど、まぁ風がとても強くてですね・・・」


キタガー 「そしたら急に横から、サッとこう、恵一が見えたんで・・・」

ひらりん 「タイミングが合って『捕れる!』と思ったんで、まぁ捕りに行ってしまったと言うか・・・」


そして、あのプレーが・・・・・・・・・・。

命懸けのキャッチ!


キタガー 「『恵一!大丈夫かっ?』って言ってももう、あいつ本人は『ウ~ウ~』唸ってるだけだったんで・・・。こっちがもう問い掛けてももう『ア~』って言う・・・」

担架!担架!


うめき声を上げながら平野は、あることを気にしていた

ひらりん 「捕ってるか分からなかったので、本当に捕ってるかどうかが、本当に心配でした。

心配そうにナインも駆け寄る


確かに平野はボールを収めたグラブを掲げていた・・・。朦朧とする意識の中で・・・。

キャッチ!


キタガー 「ようやく担架に乗せた時に、あいつが僕に『アウトになりました?』と僕に言ったんですよ・・・。それが何か・・・ねぇ、『おまえ、ちゃうやろ!』ていう・・・」

それはちゃうやろ


すぐさま救急車で病院へ担ぎ込まれた平野・・・。

救急車


医師の診断は全治三週間

しかし実際は三週間どころか、三カ月経っても復帰の目処は立たなかった・・・・・。重症だった。

重症



栗山さん 「あのフェンスは見えてる訳ですよね?、目の前で」

ひらりん 「はい。

栗山さん 「でも普通、止まっちゃったり躊躇したりとかって、しますよね?人であれば・・・」

ひらりん 「いや、でも行ってしまいましたね。フェンスがあろうが、何があろうが“捕れれば捕る”という感じなので、自分は。

捕れれば捕る



フェンスがあるのは分かっていた。では何故平野ダイビングすることができたのか?

なぜ?


精神分析医はこう分析する・・・。

「フェンスが見えていたとすると“意識変容状態”(例:ランナーズハイ 火事場の馬鹿力)ではないかと想像される。・・・(途中省略)・・・普段だったら恐くてできないこともできてしまう。そして“自分じゃない自分”になれる。」


“自分じゃない自分”


代償


その代償は余りにも大きかった・・・。


平野が一軍のグランドに帰ってきたのは、今シーズンの最終カード

復帰

笑顔で応えてくれました!

何と復帰即スタメン!

9番・センターでした


あの日からおよそ4ヵ月半が経っていた・・・。

しかし平野の信念は揺らぐことを知らない

信念は揺るがない


ひらりん 「『怪我したらプロじゃない』という意見もあるかも知れないですけど・・・。でもまた同じようなケースがあったら、多分行ってると思うんですよね・・・。」

また行くと思う


なぜできる?


栗山さん 「済みません。なんでできるんですか?


ひらりん 「やはり・・・(5秒間考える)


『プロだから』ですかね。」


プロだから・・・


この男達がいる限り、プロ野球は死なず。



《了》



僅か5分程度でしたが、ひらりんのあのプレーが総括されていた良い構成でした。

勝負を左右する大切な場面ではなくても、自分が捕れるなら全力で捕る。

ひらりんのことを知らない方にもひらりんの魅力は、伝わったのではないでしょうか・・・。

ただ、精神分析学の権威の先生にはひとこと言わせていただきたいと思います。


ひらりんは決して“自分じゃない自分”になったのではありません。

ひらりんは、“自分が平野恵一だから捕りに行かずにはおられなかったのです。

それはBsファンであれば、全員がわかることです!


もう、あのような怪我は決してして欲しくはありません。

しかし、ひらりんからはこれまでも、そしてこれからも「奇跡を目の前で起こしてくれるかも知れない」と思って一投一打、一走一捕から目が離せません。

それが「平野恵一」選手の持つ「魂というもの」にファンが惹きつけられる正しい姿なのですから。



ひらりんの来季の契約は、残念ながらまだ締結されておりません

あの事故を公傷と認めるか否か?現状維持かダウンか?

そこが争点となっております・・・。

いろいろと思うところはありますが、何れにしても長引く交渉は双方に決して良い影響は与えません・・・。

1日も早くスッキリと、来年の「真の復活」に向けて備えてほしいと願って止みません。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


これで今年最後のブログを終わります。

終わりよければ全てよし、となったかどうかはですが(汗)

とにかく今年の良くなかったことは、全て忘れてしまいましょう(爆)



皆様、良いお年を!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
12月30日 メディア出演状況報告、みんな頑張ってます!

私事ではございますが、本日は今年最後の忘年会でした。

年末年始のテレビは華やかな特別番組が花盛り。

我がBs選手も少ないながらもその出演番組がボチボチと見受けられました。

殆どがキヨの単独出演ですが、中には珍しく「キヨ抜き」という貴重なものありました。

今日は早速、プロスポーツ選手らしく「駅伝大会」が関西ローカルで放映されましたので少しだけご紹介をしたいと思います。


では、その模様を・・・。

活字だけではテンションまでは伝わり難いので、適当に鷹揚をご自分で付けながらお読みいただくと良いかと思われます(笑)


司会アナ 「スポーツ界からお笑い界まで、関西を代表するスーパーアスリート達が駅伝ナンバーワンを決するこの企画に集まってくれまして、ありがとうございまーす!

大阪・万博公園内の特設コース(2.5キロ)を1人1周、各チーム5人のランナーでタスキをつなぎます。

そして優勝チームには優勝賞金、何と30万円が贈られます!!

優勝賞金30万円を狙う出場チームは、全部で7チーム

まずはプロ野球界を代表して「プロ野球・オリックスバファローズ」が参戦!

チームBs!


メンバーは、関西お笑い界での知名度を考慮してキャプテンの大西くん、そして何とお元気でしたか・光尊様!、そして若手売り出し中の岸田くん、そしてこれも嬉しいフェニックス一輝、そしてこれ誰?の筆頭、眼鏡っ子高木くんの5名です!

唯一の全員の写真



何と私のツボを刺激する人選でせうか?(笑)


他には「サッカーJリーグ・セレッソ大阪」、「ラグビートップリーグ・神戸製鋼スティーラーズ」、「バスケットボールBJリーグ・大阪エヴェッサ」、「プロレス・ドラゴンゲート」、「お笑い・吉本興業」「お笑い・松竹芸能」の面々が参戦。

さてスターターはラグビー日本代表・神戸製鋼の大畑大介選手です。

スタートライン



位置に着いて、ヨーイ、パン!


ピストルが響き渡り、30万円ゲットに目を血走らせた7人の第1走者が一斉にスタート!

Bsの第1走者は、キャプテン・大西くんでしたが、何と1周目を「最下位」の7位で到着という体たらく(笑)

最下位で・・・


大阪弁で言えば「べった」です。

コメントを求められると、「今、無理!後で!」と死にそうになりながらベンチに倒れこみました(笑)

瀕死の大西くん


第2走者は俊足の(←突っ込み禁止)光尊様でした。

期待に応えて快走を披露!

順位を1つだけ上げて(爆)6位で第3走者・岸田くんにタスキをつなぎました。

光尊様から岸田くんへ


しかし、順位が奮わないために走っている姿は全く映らず

第4走者の一輝などはタスキを繋ぐシーンすらカット・・・orz


そういうキャラであることを、誰かが教えたのでしょうか?(爆)


しかし順位はまた一つ上げて第5位アンカーの高木くんへ!

ゴール間際の順位


高木くんの最終的にまた一つ順位を上げた力走も、結局画面に映ったのはフィニッシュの瞬間のみ

ゴール!


エヴェッサ、神戸製鋼、セレッソに次いで第4位でゴールしました。


結局、第1走者のキャプテン・大西くん大ブレーキが大きく響いた形になりましたが、当のキャプテンはインタビューで・・・

キャプテンのインタビュー


当初の目的のね、ハイ。吉本さんと松竹さんには勝てる!という当初の目的は達成したんで、今日は万々歳です!


チャンチャン



そしてキヨはさすがにスーパースター主役級での扱われ方です。


今年の年末年始のバラエティー番組の顔になりつつある、我らのキヨですね(笑)

今日も「じんちゃん」の番組にゲスト出演。

スペシャルゲスト!


関西意外で「じんちゃん」と言えば、藤原紀香さんのフィアンセ・陣内智則さんでしょうが、関西では100%「やしきたかじん」さんと決まっています(爆)


視聴者からの質問に答えるコーナーでの模様です。


質問1 ほんまに自分のことをワイって言うてるの?

「言ったことないですね。普段はオレです。何故ワイになったのかわからない。」


質問2 大リーグっていうことを考えたことなかったんですか?

全然なかったですね。小さい頃メジャーリーグの中継ってなかったですし、アメリカって言ったら物凄く遠いイメージありましたし、せいぜいハワイまでですね。言葉のコンプレックスもありますし。

じん「そんなん、井川もしゃべられへんやん。」

まあ、日本でもしゃべれないですからね(爆)アメリカ行っても一緒でしょ

じん「何ほんまのことゆうてんねん」

エガヲのキヨ


質問3 ズバリ!巨人は嫌いですか?

いや、そんなことはないんですけど・・・。あのー、巨人は好きですよ。中にいる人は嫌いでしたけど(爆)」

ある巨人の選手は、名前は言えませんが『我が巨人軍は永久に不明です』とか言うてましたけどね。


質問4 ホームランを打った日は、帰ったらおめでとうのチューとかあるんですか?

いや、ないですね。いい時も悪い時も一緒です。いい時だから何かを、というのはないです。

でもウチの母親なんかは『激情型』ですから、デッドボール当たった日なんか『あいつ○○してまえー!』(爆)僕より怒ってるんで、僕の方が『まぁ、まぁ、そう言わんと』(爆)



《ご母堂様もまた、恐るべし》



ゲストで登場した舎弟の橋本清さんは、チーム清原のTシャツを披露してくれました。

チーム・キヨTシャツ



No Arch No Life」 


ホームランのない人生なんて!


イカシテますね!


滅多に歌わないキヨが珍しく歌ったのは、やはり「とんぼ」・・・。


しかし最初から最後まで「ウォー、ウォー、ウォー」だったとか。


橋本さんが暴露してくれました(笑)



そして清原が問題に答えるというトークでは


問題:球界の大酒飲みクリーンアップは


 3番・金本さん、4番・キヨ、5番・東尾さん


問題:ほろ酔い気分で店を出た「夜の暴れん坊・清原」がまさかと思う相手とケンカをしていた!そのケンカの相手とは?下記のAからCの中から選べ。

 A 警察官   B その筋の人  C 自動販売機


正解は C

橋本さん「3年前、阪神のウイリアムスから3連続三振を喰らった3戦目の後のことです。朝まで飲んで、5時ごろ鶴橋へ焼肉を喰いに行こうと・・・。それが無理とわかったとたん、自動販売機に・・・」


問題:番長・清原がミナミで飲んだとき、黒服のあまりの対応の悪さにキレてしまった!その時、番長がとった行動とは?下記のAからCの中から選べ。

 A 黒服にパチキをいれた。
 B 支払ったブラックカードを目の前で真っ二つにへし折った。
 C 隠し持っていた生卵を黒服の頭にぶつけた。


正解は B

キヨ「梅田淳アナウンサー(元関西テレビ)とじゃれてたら、ケンカしていると勘違いした黒服が「清原さん、飲みすぎですよ。かっこ悪いですよ」と言われて・・・・」


数ある武勇伝は、ほとんどホンモノだと確信しました(爆)


これからもお正月番組では毎日キヨを見ることになるのですね。

乙です!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月29日 球団は仕事納め。収まってない人もいますが。

優勝間違いなしと夢見てスタートした今シーズンも、なかなか勝てずに「また明日だな」の繰り返しの毎日・・・。

で、最終結果はダントツの5位

いつの間にやら「仰木色」も払拭され、監督も交代・・・

球団職員の皆さんにとっても大変な1年だったこととお察しします。

お疲れ様でした!

そして今年、一気に球団職員の方々身近な存在として意識できるようになったのはこの方のお蔭です!


スカイマークスタジアム球場長(のブログ「閑話球題」)


今年の記事も今日が最後とありましたね。


この1年で今までの球団のイメージが、ファンから見ても大きく変りました


一言で言えば・・・・・。


選手だけではなく球団職員の方々も私たちファンの為に頑張ってくれているんだ


という単純で当たり前のことに気が付きました。


また、今年は「閑話球題」から様々な企画が生まれましたが、その最大のヒットとなったのは間違いなく「秋季練習見学会」でしょう・・・。

練習見学会


10月21日 生コリンズ新監督~ビバ!練習見学会!①


10月22日 生コリンズ新監督~ビバ!練習見学会!②



奇しくもコリンズ新監督様就任の翌々日のことでした・・・。

開始前のミーティング

ハートを鷲掴みにされた笑顔!


今年の辛いシーズンの記憶を払拭すべく、球団が迎えた新監督

そしてそれもメジャーでの監督経験豊富な外国人監督

ファンからの期待も大きい就任直後の新監督の姿をファンが直接目にできるチャンス、しかもスタンド無料開放しかも終了後には芝生体験という至れり尽くせり・・・。

来日初のノック!職人技でした

ひらりんのマイクパフォーマンス

芝生体験のはずが・・・

一面、グリーンカーペット



これぞファンサービスの極み!



ある意味、ファン感謝デーよりも素晴らしい体験ができました。

改めて感謝したいと思います!

来季も楽しく、そして私たちファンを唸らせる楽しい企画を心から楽しみにしております。


また、欠かすことができないのは人間味溢れる愛すべきブログの登場人物@閑キャラたち・・・。

もしかしたら12球団一、ファンからの認知度の高い球団職員の皆様方かも知れませんね(笑)


私も毎日欠かさずブログを拝見して、楽しませていただきました。

反対に、球場長様も時折ここをご覧いただいており、そしてコメントまでいただいたこともありました(嬉)

その時々には、感激で舞い上がったものです(爆)


ありがとうございました!


球場長様をはじめとする球団職員の皆様方、今年1年本当にお世話になりました!

年末年始の僅かな間だけは、お仕事を忘れてゆっくりお休みください。



球団としては全員の契約を済ませて年を越したかったことと存じますが(その思いは選手も同じことですが)、残念ながら4人の契約が年明けに持ち越されてしまいました・・・。


オリックス中村、越年確定

オリックスから野球協約の減額制限を超える60%ダウンを提示され、契約交渉がこじれている中村の越年が29日、確定した。仕事納めとなるこの日、年内決着のわずかな可能性が残されていたが、代理人の茂木立仁弁護士(39)から球団に「きょうの交渉は無理ですので、年明けでお願いします」と電話連絡。次回交渉は早くても、1月4日の仕事始め以降に持ち越された。チームからは中村だけでなく平野恵、FA組の塩崎、日高と4人が越年。今季5位に沈んだオリックスは大荒れの年越しとなった。


残念ではありますが、結果的には全員が納得の上で来季のBsの優勝の為に貢献してほしい、今となってはそれだけが望みです。


そして仕事始めは・・・・・。


オリックス仕事始めは4日

オリックスは29日、大阪市北区の球団事務所に小泉球団社長以下職員50人が集まり、仕事納めを行った。新年は4日から同所で仕事始めが行われる。


私と同じです。

4日」ではなく「14日」くらいなら嬉しいのですがねぇ~。

あっ!まだ私、飲んでませんからね(笑)

その割りに更新が遅いとの突っ込みは禁止



さすがに今日はその他の真新しいニュースはありませんでした。


しかしそんな中で、この他球団のニュースにだけはツッコミを入れさせていただかずにはおれませんでした・・・・・。


西武伊東監督、来季スローガン発表

西武は29日、埼玉・所沢の球団事務所で仕事納めを行った。席上、伊東勤監督(44)が来季のチームスローガンを「心を、ひとつに。力を、ひとつに。」に決定したと発表した。



どこかでとても良く似た言葉を聞いた気が

(爆)




オリックスが来年のキャッチフレーズ発表

オリックスは26日、来年のキャッチフレーズとロゴマークを発表した。キャッチフレーズは、テリー・コリンズ新監督(57)が10月の就任記者会見で唱えた「One Heart Beat鼓動をひとつに~」に決定。・・・・・

すっかり街中に溶け込んだポスター


来季はライオンズとともに「心と力と鼓動をひとつに」して戦おうということですか?

何だか来シーズン開幕後には、そのフレーズを間違えて憶えてしまっているのではないか?と今から微かに不安が過ぎる気がしているのは、私を含めたBsファンだけではないと思われます(爆)

鼓動をひとつに


球団間では、他球団のキャッチフレーズなど全く関心を持っていないということが日本中に周知された、ひとつの出来事と言えるのでしょうか・・・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月28日 リスペクトの価格、300万円也・・・

前回と前々回とで、まるで別人のように怒りをあらわにして交渉の席を立ったパ・リーグ最年長投手である吉井組長

波風も無く、2回目の交渉ですんなりとサインするものと見ていた私たちファンは正直、驚きを隠しきれませんでした・・・。

吉井組長


前回と前々回とのタイムラグの間には、アメリカ・アリゾナへで自主トレーニングがありました。

その間に自分への評価の低さをメジャーの友人達に指摘され、怒りの炎がメラメラと燃え上がっていきました・・・。

そして3回目の交渉で怒り爆発!

その怒りの理由は「リスペクトが感じられない」というものでした。


その対応にはファンの間でも賛否両論が巻き起こりましたね。

組長の由来となったこの姿




  お金がほしくて文句を言ってるわけじゃない。

  選手としての存在をはかるのはやっぱり年俸。




そしてその結果を受けてのこの日の3回目の交渉を迎えました。



選手契約更改⑲


オリックス吉井が3300万円でサイン

オリックス吉井理人投手(41)が28日、大阪市北区の球団事務所で3度目の契約交渉に臨み、1300万円増の3300万円で更改した。前回提示からは300万円の上積みをゲットしたリーグ最年長右腕は「エッこれだけ? と思いましたが、気持ちよくサインしました」と説明。「MVP級の活躍をしたら総額で7000~8000万円になる」出来高にも納得顔だった。「今は来年もやるぞという気持ち。先発5、6人の中に入って1年間ローテを守っていきたい」。気持ちを07年に切り替え意欲的だった。


ということで、前回よりも300万円の上乗せに成功しました。



エッこれだけ?・・・



決してお金がほしくて言った訳ではありませんが、言って良かったですね!(笑)

素顔の組長



公式のコメントには


特にピッチャーの場合は、メンタルな部分が作用するので、技術はコーチに任せて、僕は若手選手の精神的な部分のサポートをしていけるよう、がんばってみたい。


兼任コーチということでよろしいですね?(笑)

来季は不惑トリオ(組長、キヨ、修司)が若手に与える好影響が、ペナントを僕らの街へ~となればいいですね!

何だかとても頼りがいのある、若きピッチングコーチ、バッティングコーチ、ブルペンコーチのように思えますが(爆)

野球選手に扮した組長


いやいや、まだまだ本業で頑張ってもらわなければアジア・ナンバー・ワンにはなれませんね!


今回の交渉で球団は気前良くポン!と300万円を加算しました。


リスペクトをお金に換算すると300万円プラス出来高ということですかね(汗)

ついでにと言っては失礼ですが(笑)、ひらりんにも是非ともあのプレーに対してのリスペクト料をお願いできませんか?



今日の交渉は、もう一組ありました。


オリックス中村の代理人、4度目も平行線

オリックス中村紀洋内野手の代理人・茂木立仁弁護士(39)が28日、球団と4度目の契約更改交渉を行ったが、この日も平行線のままだった。下交渉では2億円から60%ダウンの8000万円を提示。だが両手首痛などの公傷を求める中村と認めない球団の論点はかみ合わなかった。またも条件提示に至らなかった機谷球団代表は「目新しいものはない。何を話してるんだとお叱りを受けるかも知れませんが、進展はありません」と説明。茂木立弁護士は「いくら必要戦力と言われても納得できない」と譲らず、越年は確実となった。(金額は推定)


まだ「公傷」に拘っていたのですね・・・・・。

球団はこのため、ひらりんの公傷も認められないのでしょうか?


「いくら必要戦力と言われても納得できない」


弁護士のもぎたて先生、ノリは「ゼニカネの問題じゃない」と言っていたのですよ!

そろそろ納得していただかないとノりの印象はますますうなぎ下がりに下がってしまいますよ!

それこそ「ブランド価値」を自ら下げるに等しい行為だと思うのですが・・・。

ノリ


他の報道には、自ら自由契約となりメジャーへ再挑戦か!?というのもありましたが・・・。

やはりノリにとっては日本人の頭や考え方にはついていけないと感じているのでしょうかね。

大輔@松坂さんやイガーさんの超大型契約を見て自分への正しい評価を求めて再びアメリカへということでしょうか?

日本プロ野球界仰木さんへの恩返しを中途半端に投げ出してしまうのは、とっても良くないことなのではないかと思いますがねぇ・・・。


これにより、越年はひらりんとノリの2人になりました。

奇しくも2人とも「公傷」が争点になっている選手ですね。

公傷」の取り扱いの基準は、多くの方々が必要だと感じておられます。

是非とも真剣かつ「高尚」な議論をお願いしたいものです(笑)


そういえば、私は今日が「仕事納め」でございました・・・。

球団は、明日が納めらしいですね。(閑話球題参照)。


いろいろあった今年も、あと3日になりました。

今年やり残したことを明日からの3日間でやり遂げることは不可能かも知れませんが、今年1年も無事に過ごせたことに感謝しつつ、悔いのない最後の3日間にしたいものですね!

しかし、歳の瀬といえども休みなく働いておられる方々も沢山おいでのことでしょう。

それらの方々には私から「リスペクトの気持ちだけ」お贈りしたいと存じます(笑)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月27日 怯まぬ精神失わぬ気力、頑なに貫き通せ!

今日の表題は、ひらりんの応援歌の歌詞です。

今日が2回目の「交渉」の日というのも知らなかったので驚きましたが、まさか球団が「公傷」を認めなかったことにも驚きました・・・。


ひらりんの主張は現状維持

球団の提示は公傷を認めずに300万円減。


その差を僅かと見るか、大きな隔たりと見るか・・・・・

ひらりん!


ひらりんは、前回の保留後の心境を公式の「Players Diary」に記していました。



  今日は残念ながら契約出来ませんでした。

  一球に対しての思い、チームの勝利に対する思い、ファンの
  人達へ感動を与えたい、共感してもらいたい、全力プレーと
  いう平野恵一のスタイルは変えたくない思いが伝わりません
  でした。

  自分はあのプレーはチームの為に必死にやった結果、自分の
  スタイルが出た結果での怪我でした。

  査定からは無理せずやってくれたほうがよかったと言うよう
  に聞こえてしまい、あのプレーを一生悔やみたくはなかった
  のでサインをしませんでした。査定の人は目の前であのプレ
  ーを見て下さったのに・・・とても残念です。

  怪我をして車椅子の生活や寝れなかったあの激痛、もうグラ
  ンドに立てないのではないかと後ろ向きになり苦しかった日
  々を思い出しました。

  とても悲しかったです。自分は商品かもしれませんが、心を
  持つ人間です。

  しかし、レギュラー選手のプレーへの評価は若い選手やこれ
  からオリックスに入団する、入団したい選手がとても注目す
  る契約でもあると思います。

  そして前例の無い契約のケースでもあると思うので、これか
  らプロ野球を目指す選手の為に、今シーズン中の復帰を支え
  て下さった人達の為にも、一度死んだ身ですから野球生命を
  かけてでも、“これがプロのプレーだと”主張して行きます。

  契約交渉の後に社長と必ず来年は優勝しようと熱く話し合い
  も出来ましたし、オリックスを信じてこれから時間をかけて
  交渉していきます。

  ファンの皆様へ、心配をかけすぎる年になってしまい本当に
  申し訳ありません。

  来シーズンは必ず期待に答えますのでこれからも熱いご声援
  宜しくお願いします!

    平 野 恵 一



今日の交渉で、めでたくサインで締めくくりと思っていたのですが、まさかの正反対の結果になりました・・・・・。

昨年の白帽姿


オリックスの平野恵、公傷求め越年=プロ野球・契約更改

【オリックス】前回、300万円減の4500万円を保留した平野恵内野手が27日、代理人とともに2度目の交渉に臨んだが、金額提示にまで至らず越年が決まった。

5月にフェンスに激突して大けがを負い、今季を棒に振ったが、公傷扱いを求める本人と球団が対立。平野恵は「現状維持しか考えていない」と話した。金額は推定。
 


300万円は確かに大金ではありますが、キヨの現状維持を思えば・・・。

ひらりんの保留は、ゴネ得を狙ったものではありません。

また、主張は理不尽なものでもありません

その主張はファンとしても支持できると思います・・・。

私は個人的には多少のダウンは致し方ないかな?と勝手に計算していましたが、球団がハッキリと公傷を認めてあえて300万円を歩み寄り現状維持にしたとしても、何ら非難を浴びることはないのでは、と思います。



損して得取れ



球団は、そんな考え方もありなんじゃないでしょうか?

・・・・・と、いつもどおり脳天気に思ってみたりしております(笑)


公傷は認めるが、年俸には反映しない。ただし「King of 光プレー大賞」のタイトル料として300万円の報奨を上乗せる。


キヨを「実は2年契約でした」と現状維持にした球団です。


これで手を打ちませんか?(笑)


しかし、本当に残念ながら越年が決まりました・・・・・。

ひらりんと球団、どちらが「頑な」なのでしょうか?

センターコンバートもありました


最後に再びひらりんの言葉を紹介して今日は終わりたいと思います。


  仰木監督はいつまでも忘れる事無く、自分の心の中に、そして
  天国からいつまでも見守っていて下さると信じています。



この契約の行方も見守ってくれていると私も信じています。

私も、1日も早い契約を心から祈ります。


そうそう!

もう一人、1日も早い契約を心から祈っている選手がいます。ただしその対象は、ひらりんではないのですが・・・。


オリックス川越「ノリは絶対必要」

・・・・・自身の交渉とともに球団に訴えたのは、球団から1億2000万円減の8000万円を下交渉で提示され、契約交渉が難航している中村紀洋内野手(33)の必要性。

守備でずいぶんと助けられた。存在感も、相手投手への威圧感も違う。絶対に必要な選手。(減額制限を超える提示は)あまりに厳しいんじゃないですか、と話しました」。

中村とは昭和48年生まれの選手で結成する「48年会」の仲間でもあり「来季は頑張って(球団の査定を)見返してやろうぜ、と電話で伝えます」と呼びかけた。



川越選手会長は、本当に優しい方ですね。

心優しき前選手会長


優しい前会長も「守備でしか助けられた記憶がないのが辛過ぎますね。

あんまり効果的なフォローにはなっていないとみなされるかも知れない、と心配してしまいますが(汗)・・・・・

やっぱり選手会長としては適任だったと言うことが、ようやくわかりました(笑)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月26日 2日間通い詰めた努力が結実!ようやくサイン。

昨日、そして今日・・・。

2日間続けて大阪の球団事務所へ通い詰めたのは、我らの川越前選手会長でした。

しかも代理人の付き添いもなし

たった一人での交渉でした。

昨日は3人の弁護団というのがあったらしいですが

越年も、自費キャンプも辞さず!」の鼻息もいつの間にか収まり、球団公式にあるような川越前会長らしいハニカミ笑顔が見られて私もホッと一安心です(笑)



選手契約更改⑰


オリックス川越が6600万円で更改

オリックス川越英隆投手(33)が26日、大阪市北区の球団事務所で今季3度目の契約交渉を行い、1200万円増の6600万円+出来高(金額は推定)で更改した。200万円の上積みを得た前日25から2日続けての交渉で、球団からの提示は変わらなかったが、出来高で納得。「先発投手としての役割を果たす意味で、何回何失点という形で出来高を認めてもらいました。来年は2ケタ勝利、防御率2点台、投球回数200回をクリアしたい」と語った。


やはり出来高がキモでしたか(笑)。いえ、いいんですよ!

それにしてもとても嬉しかったのですね~。


何がって、来季の目標ですよ。


2桁勝利、そして2点台の防御率などは7年前のルーキーイヤーの1度きりしか達成したことがありませんし、200イニング登板など今まで1度も経験したことはありません・・・。


夢と希望が溢れる来季への意気込み、素晴らしいじゃありませんか!

目指せ2桁勝利・・・


来季こそは「有言実行」でお願い致しますね!


私が交渉の相手であれば、ファン感謝デー復活に尽力してくれたことでプラス1億円くらい差し上げたいところですが(笑)

でも、やっぱり無理ですね。

何故ならそれは、お金には代えられない価値のあるものですからね!

ファン感を復活させた選手会長として、私はあなたのことを少なくともあと3・4年は確実に忘れません!


未更改者は、これであと3人になりました。


昨日、代理人を通じて「ブランド価値の考慮を!」と訴えたノリ

もう一人は「リスペクトが足りない!」と怒り心頭の吉井組長

そして、あの事故が一転、公傷として認定されることになった僕達のひらりんです・・・。


しかしひらりんの2回目の交渉日はいつなのでしょうか?やたらと日数がかかってますね。

球団の方々には、その間に「光プレー年間大賞受賞」は見てもらえましたか?(笑)


そして機谷球団代表ほか交渉担当者の皆さん!


交渉の前の日はできるだけ早く寝て、お昼にあくびをしないこと。そして交渉の前には必ず携帯をマナーモードにしておくこと・・・・・。


人の振り見て我が振り直せ


他球団から学ぶべきものは、大きいですね(爆)



続いては直接Bsのニュースではないのですが・・・・・。


大リーガー田口の野球教室 オリックス室内練習場で

米大リーグ、カージナルスの田口壮選手が26日、神戸市内のオリックス室内練習場で少年野球教室を開いた。阪神の葛城育郎選手とともに、自らノックをするなど参加した14チーム、110人を相手に約2時間、熱心に指導した。
 元気いっぱいにプレーする子どもたちの姿に田口選手も刺激を受けた様子で「生き生きしているのを見ると元気が出てくる」と満足げ。「指導した内容をコーチに理解していただくのが大事」と、最後は各チームの指導者を集め、教えた内容や意図を説明する熱の入れようだった。



何故このニュースに喰らいついたのかと申しますと・・・・・。

説明不要ですよね。

元BW、しかも立命館大学出身(爆)



イクローくんです!



久し振りに「葛城育郎」の名前を見た気がします。

田口君の野球教室を手伝うのは、BW時代からの繋がりですよね。何でもないことかも知れませんが、チョッピリ嬉しいです。

永遠の未完の大器・イクローくんも、もしかしたら来季が正念場かも知れません。

来季こそはスカイマークか大阪(の)ドームで、あなたの背中をライトスタンドから是非とも見たいものです!

頑張れ!イクローくん!


阪神ファンの皆様方も、どうか彼のこと応援してやってくださいませ(願)



もう一つ突っ込ませていただきます(笑)


2007年キャッチフレーズロゴ決定

2007年シーズンの球団キャッチフレーズ、 「One Heart Beat」のロゴマークが決定しましたので、お知らせいたします。・・・・・

この言葉は、首脳陣や選手、スタッフ、そしてファンもひとつとなり、その鼓動までもが同調するような一体感を表現しています。

「One Heart Beat~鼓動をひとつに~」。2007年のオリックス・バファローズは、このキャッチフレーズを心に刻み戦いに挑みます。



コレだそうです。

キャッチフレーズのロゴ


うーーーーーーーん。

ポスターやTシャツのデザインはカッコよかったのですがねぇ。

いずれは慣れるのでしょうが、第一印象は・・・・・



ごちゃごちゃし過ぎ



そう思ってしまいました(笑)


こっちの方がシンプルで良かったなぁ・・・・・。

Tシャツ表

Tシャツ背面



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






12月25日 連夜のクリスマス・プレゼント?ただしホロ苦系。

皆様、良いクリスマスをお過ごしでしょうか?

ネプリプ in クリスマス


ウチの場合は、カレーが一晩寝かせると格段に美味しいように、今夜も昨日食べ切れなかったケーキが食後のデザートとして登場しました。

でも、不思議と美味しいんですよねぇ(笑)

あっ、でも今日はクリスマスも宵山ではなく本宮なので(笑)、ウチでもチキンを食べました!

ただし、竹串が刺さってはいましたが・・・。

でも、ビールにはやっぱりコレでしょう!(爆)


クリスマスなのに、予定通り契約更改はありました・・・。

しかし、恐れていたとおり(汗)今日も誰一人としてサインのニュースがもたらされることはありませんでした。

私たちの都合どおり、簡単にはサインができないのは当然ですね。

でも、それを「クリスマス・プレゼント」と称して喜ぼうと構えておりましたので、チョッピリ残念に思ったことはナイショです・・・。



オリックス中村、代理人で3回目交渉

オリックス中村紀洋内野手(33)の代理人、茂木立(もぎたて)仁弁護士(39)が25日、大阪市北区の球団事務所で今季3度目の契約交渉を行った。

この日は茂木立弁護士が「有名選手であるのは間違いないこと。中村選手がこれまで築き上げてきたものを考慮してほしい」と球界を代表する選手としてのブランド価値を球団に訴え、金額提示まで交渉は進まず。

同弁護士によれば、球団は「検討します」と答えたそうで、次回交渉は28日に行われることになった。


ノリ・ブランド


よかったです

何がよかったって、交渉前にはこのような恐ろしいニュースを見ていましたので。


ノリ、平行線続けば自由契約直訴も

契約更改が難航しているオリックス・中村紀洋内野手(33)が、球団側に自由契約を要求する可能性があることが24日、分かった。25日に大阪市内の球団事務所で行われる3度目の交渉には代理人の茂木立(もぎたて)仁弁護士(39)が出席するが、平行線が続けば最悪の事態もあり得る。

 すでに中村が同席した12日、代理人のみの19日と2度にわたって交渉を行ったが、下交渉で受けた8000万円減となる年俸1億2000万円の提示まで至っていない。戦力としての球団の評価に中村サイドが疑問を感じていることと、今季の左手首の故障が公傷扱いにならないことなどが、両者の溝を深めている。ノリに近い関係者は「今のままではオリックスでプレーする意欲がわいていない。相手の出方次第では、自由契約を要求することもありえる」と明かした

 球団側が要求を受け入れる可能性は低く、機谷俊夫球団代表(44)は「主軸として必要な戦力だが、査定は変わらない。粘り強く溝を埋めていく」と、かねてから明言。現時点で関心を示している他球団もないことから、ノリ側の譲歩を待つしかない状況だ。この日までに茂木立弁護士は「球団では数少ない花のある選手。数字以外の貢献度についての評価が全くない」と話し、妥協する気はまったくない。最悪のシナリオが、現実になる可能性は十分ある。



球団は「検討する」とのことで次回交渉の日程も決まったようです。

昨日のジェイソンに続いてドジャース3A時代の同僚、ノリからも「三行半」を叩きつけられる失態だけは避けられて良かったですね。


しかしまだ余談は許されません。

ノリに近い関係者によると「今のままではオリックスでプレーする意欲がわいていない。」そうです。

・・・・・あの過去が思い出されますね・・・。


合併球団には興味ありません」・・・・・


この勇姿は見れないのか!?


その後、ようやく「仰木さんのために」と、その興味の無かった「合併球団」にわざわざ入団していただいたのにもかかわらず、この騒動です・・・。

ゼニカネの問題じゃないので、後は気持ちだけのはずです。

ゼニカネの問題じゃなくて「中村選手がこれまで築き上げてきたものを考慮してほしい」・・・

またまた難しい言葉が登場しました。

ゼニカネの問題じゃなく「考慮」だそうです。


ゼニカネではない「考慮」って何ですか?


何だか禅問答を見ているかのようです。


何が望みなのかは、具体的に言わないとわかりません・・・。


自由契約をほのめかすほど強行に求めているものって一体何ですか?


そんなに球団の気持ちを感じられないのですか?



エッ!?



ラロッカさん獲得こそが、球団の気持ちですって!?


・・・・・・・・(以下自粛)・・・・・・。


・・・という訳で、良かったですね!(笑)



もう一人の保留者のニュースですが、こちらは少しだけ安心です。


オリックス川越、2度目も保留

オリックス川越英隆投手(33)が25日、大阪市北区の球団事務所で2度目の契約交渉を行い、1200万円増の6600万円を保留した。ただ前回提示から200万円の上積みを得た上、投手でトップクラスという球団の評価を確認出来たことで本人は納得。「もう1度考えたいのできょうはサインしませんでしたが、こちらも折れるところは折れないといけない。いい話し合いは出来たと思います」と年内に予定される次回交渉で更改する可能性を示した。

一応安心はしていますが、できたら次回交渉までどこにも行かないでほしいです。

できれば再渡米だけは、何とか止めてほしいものですね(爆)

自費ならキャンプへは行かない」などということは決して仰ってほしくはありません。

年内決着を祈ります!


来年こそは二桁いや20勝で私たちの度肝を抜いて欲しいです!



結局は今日もサインは無しで、保留者のみ。

ニュースはこんなくらいしかありませんでした。

何とも夢の無いことでしたが、クリスマスはコレでお終いです。

何となく名残惜しいので、せめて皆様と一緒に歌でも歌いたいと思います・・・・・。


「サイレン・ナーイ」 ♪ 「ホーリュー・ナーイ」 ♪


いや、保留が無いのじゃなくてサインがナーイ、でしたね(笑)

メリー・クリスマス!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






12月24日 メリークリスマス!そしてプレゼント!from伊集院

今日は全国的にクリスマス・イブ

皆様、楽しいクリスマスを過ごされましたか?

ウチは・・・まぁ、普通でしたよ。

とりあえず、焼肉とケーキでした・・・・・。

普通がどんなのかは知りません(笑)

やっぱ焼き鳥の方が良かったのでしょうかね?


そんな中、クリスマスなどどこ吹く風!?

今日も私たちの為に頑張ってトレーニングを続けてくれた選手がいました。


オリックス川越、25日に越年覚悟の交渉

オリックスの川越英隆投手(33)が、25日に第2回契約更改交渉に臨む。今季は開幕投手を務めて163回3分の1を投げて9勝9敗、防御率3・14の成績。前回交渉では1000万円増の6400万円を提示されているが、希望額とは開きがあり、徹底抗戦する構えだ。「納得いけば判を押すけど、納得いかなければ絶対に押さない。年明けまでかかれば、代理人に任せます」と長期戦覚悟を明言した。22日にアリゾナ自主トレから帰国し、この日はスカイマークスタジアムでトレーニング。難航が予想される交渉を前に、3時間たっぷり汗を流した


一昨日帰ってきたばかりなのに、頑張ってくれています。流石は前選手会長ですね!

頼もしい限りです

決して明日の契約更改に向けてのデモンストレーションじゃないですよね?

頑張れ!ゴエ前会長!


これだけの頑張り・・・。来季は20勝間違いなしです!か?



クリスマスといえば、プレゼントですね。

実は一日早かったのですが、昨日全国のBsファンにプレゼントが届けられました!


今年のプロ野球を間違いなく盛り上げ続けてくれた、良心的TV番組・・・・・。

伊集院光さんのあの番組です。

あの番組では定期的に各球団のスーパー・プレーに対して、伊集院さんが「光プレー大賞」を選んで紹介してくれるのですが、昨日はその「年間を通じての大賞」の選考会が行われました。



名付けて 「 King of 光プレー2006 」



選考委員は、テレビ東○の解説者が2人。そして特別ゲストが一人でした。

1人は元ロッテの水上さん。来季からファイターズの2軍コーチに就任されます。

そして2人目は川崎さん。間違えないとは思いますが宗リンさんではありません、念のため。

オールスターのファン投票1位に輝いたのは記憶に新しいところです(私だけ?)

そして特別ゲストは!・・・・・・・・。

元福岡ダイエー・ホークスの井口さんでした。

さて、進めましょう・・・・・。





あっ、失礼でしたね。


川越前会長の大学の1年後輩でしたね!

言わずと知れた現役バリバリのメジャー・リーガー

昨年の世界一メンバーで今秋の日米野球で凱旋を果たしたスター選手ですね。

そして選考委員長はもちろん伊集院光さんでした。


それではその模様をお届けしましょう!


年間表彰は3つありました。

まず表彰を受けたのは、テレビ東○解説者賞。阪神・藤本さんでした。

セカンドでの魅せる守備


続いては井口資仁選定メジャークオリティ賞。中日の御馴染み「アラ・イバコンビ

洗い場、いやアラ・イバ


そしていよいよ今季の光プレーの中からたった一つだけが選ばれる「これぞスーパー・プレー」というべきプレーは?・・・・・



(伊集院さん:以下光)・・・・・そして、僭越ながら私の方から栄えあるKing of 光プレー2006を発表させていただきます。

えー、King of 光プレー2006に輝いたのは・・・・・

選ばれたのは・・・・・




・・・・・・・・・・




オリックス・バファローズ平野選手の

このプレーです!



あのプレー


(水上さん) プロ野球のファンは、こういうプレーを見に来たいんじゃないですかね?


(川崎さん) もう、インパクトがあり過ぎてですね、もうこれ以上のプレーはないでしょうと・・・


(井口さん) 日米通じてナンバー・ワンじゃないですかね~ハイ。もうホントにね、このプレーで球場が一つになりましたしね。ハイ、素晴らしいプレーですね!


(光さん) なんかこう、みんな野球を命懸けでやってるんだ!あの小さい球をホントに命懸けで追ってるんだっていう説得力は、なんかこうありますよね。


(水上さん) このくらいの気持ちをいつも出せるように準備をしてもらいたい、選手にはですね。で、お客様もそういうプレーが出てくるんだから見に行こう!と思ってもらいたいですよね。


今季の世界ナンバー・ワンのプレー!



そして伊集院さんは、番組の終了間際、エンディングで・・・。


平野選手は既に復帰を果たされています。来シーズンもスーパープレーを!


エールを送ってくれました。


なかなか言う機会がありませんが、現在のプロ野球関連のニュースや番組の中では間違いなく最もファン目線、かつ話題の贔屓目なしの公平な取り上げ方にとても好感が持てる番組だと思っています。

明るい話題の無かったBsの今年1年・・・。

あのプレーによって地獄を見たひらりん

しかしあのプレーとその復活までの道程も含めて、彼は多くの人々に「勇気」と「感動」を与えてくれました・・・。

このプレーが生み出したその後の結果を考えれば、決して明るいだけの出来事ではありませんでしたが、伊集院さんから今年最後の最後に「感激」をいただきました。


ひらりんと私たちBsファンには、とても嬉しいクリスマス・プレゼントになりました!


明日もプレゼントが届くといいですね・・・・・。

嵐で荒れ狂うクリスマスは、嫌です。いや契約更改の話しですが(笑)

うわぁぁ!

ウチには煙突が無かったんだっけ!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月23日 保険解約!?ジェイソンの逆襲・・・

明日はクリスマス・イブですが、今日もここ大阪は10℃を軽く上回る暖かさでした。

ホワイト・クリスマス、なんて最近は滅多にありませんね。

と言っても、北海道はホワイト・クリスマスでないクリスマスって過去にあったのでしょうか?

お蔭で大阪では「ホワイト」と言えば、もはや誰も「クリスマス」とは連想できません。「チョコ」しか答えようが無いかも知れませんね。

私は「ロイ」ですがね・・・。いえ、忘れてください(笑)・・・・・。


昨日少し触れた我らの(笑)ジェイソンのニュースは、オリックス球団に思わぬ衝撃を与えたようです。


オリックス・グラボースキーがデ軍入り

オリックスがジェイソン・グラボースキー内野手(30)から“三行半”を突きつけられた。デビルレイズの公式ホームページは、22日までに同内野手とマイナー契約を結び、来春のメジャーキャンプに招待選手として参加させると報道。球団は契約の意思を示す保有者名簿に登載していたが、同内野手は第3の外国人としての「保険」扱いに愛想をつかしたようだ

 同内野手については10月にチャド・アレン外野手(31)を獲得した際、小泉球団社長が「解雇」を明言。だがド軍時代はコリンズ監督の秘蔵っ子でもあり「2年目に活躍する選手もおり、言葉は悪いが保険」(機谷代表)と残留へ急転した経緯があった。

 機谷代表は「そんな情報あるんですか?」と球団HPをチェック。保有者名簿に載せている以上、デ軍のタンパリングとなるが経緯が経緯なだけに「確認して名簿から外します」(同代表)。



私はてっきり球団が“三行半”を突きつけたとばかり思っていたのですがね(爆)

ジェイソン!


9月22日のニュースです。

オリックス・グラボースキーが帰国

オリックスのジェイソン・グラボースキー内野手(30)が23日、関西空港発の航空機で米国に帰国する。球団に契約更新の意思はなくそのまま退団の見込み。左の大砲と期待されたが出場は39試合にとどまり、打率1割4分6厘、4本塁打、7打点の成績だった。


しかし、帰国はしましたが「見込み」のはずであった退団の報道は、結局ありませんでした・・・。

読みを入れ替えるとイニシャルはGJ!


その後監督が元ドジャースの育成部長であるコリンズ新監督様に変わったこと、そして大砲と目されたアレンさんがテスト参加した秋季キャンプで実はアベレージヒッターであったことが判明。

そして2人目の新外国人野手の契約が遅々として進まない状況の中で、球団は万が一のことを考えて解雇から一転、第3の外国人として「キープ」しておくことを検討しました。

これにはファンは一様に度肝を抜かれました・・・・・。

キープなら何故ガルちゃんを早々と解雇し・・・


11月29日のニュースでは・・・

オリ解雇から方針転換、グラ砲の残留検討

オリックスがジェイソン・グラボースキー内野手(30)の残留を改めて検討していることが28日、分かった。

小泉球団社長は解雇を明言していたが、この日までに契約更新の意思を示す保留者名簿へ登載することを内定。業務提携を結ぶドジャースから獲得し、育成部長を務めていたコリンズ監督の“秘蔵っ子”でもあることから方針転換した模様だ。

機谷代表は「保険という言い方は失礼だけど(野手の)3番手という感じ。日本球界の2年目で活躍した選手もいますので」と説明。

今季は39試合で打率1割4分6厘、4本塁打、7打点に止まったが大化けの期待を口にした。来季の野手助っ人はすでに獲得が決まっているアレンに加え「もう1人パワーヒッターを」(機谷代表)と3人体制を敷く構え。・・・・・




秘蔵っ子”だとか体の良い理由は付けられましたが、要は機谷さんが仰るようにはっきりと有事の際の「保険」としての役どころです。

それはもちろん、他の2人次第では今季以上に出番は無し・・・。

でも、契約してあげるだけでもありがたいと思ってネ、という露骨な「保険」。


保険という言い方は失礼だけど・・・


普通の一般社会なら「失礼なら言わない」のが円満な人間関係構築の秘訣ですが、この一言がジェイソンのプライドに火を点けたのでしょうか?


オリックスがジェイソン・グラボースキー内野手から“三行半”を突きつけられた。


キッツーイしっぺ返しを喰らったようですね。


球団は契約の意思を示す保有者名簿に登載していたが、同内野手は第3の外国人としての「保険」扱いに愛想をつかしたようだ。


気持ちは充分わかりますよね!多くのファンからはむしろ退団を喜ばれているやも知れませんが、自分がその立場であれば身近のより大きなチャンスに飛びつくのは当然です。

そんな失礼な球団の対応に、ジェイソンが最後の最後に「闘志込めてシバキ返し」たのかもしれませんね(笑)


「言い方は失礼ですが」、チョッピリ痛快ですね!(爆)


このニュースに前後するように入ってきたのはこのニュース・・・


オリックス“優良助っ人”ラロッカ獲得-広島、ヤクルトで計76発

オリックスが、ヤクルトを自由契約になったグレッグ・ラロッカ内野手(34)を獲得することが22日、決まった。近日中に発表される。

「大筋では合意している。あとは、メディカルチェックを残す段階まで来ている」と球団関係者。単年契約で、年俸は8000万円程度となる見込みだ。

今季チームは打率.253(リーグ5位)、106本塁打(同4位)、453打点(同5位)と貧打にあえいだだけに、打線の強化は急務だった。ラロッカは今季左ひざの手術で打率.285、63打点にとどまったが、04年から広島、ヤクルトで計76本塁打を放った。



これは以前(昨年も)からも獲得の噂がありましたが、遂に決まりそうなのですね!

今季の交流戦で


ずれえたさんやせぎーさんあたりもまだ未契約と聞きますが、Bsは補強ポイントの外野手ではなく内野手のラロッカさんを選ばれたのですね・・・。

しかし今季の手術の経過は気になるものの、今季と昨年の2シーズンのラロッカさんの実績は、Bs選手には誰一人として太刀打ちできません

怪我の為に100試合程度の出場に止まりながら、今季のホームラン18本と63打点はBsなら文句なしのトップの成績です。


もし入団が決まれば間違いなく「主砲」と成り得ます。


日本に来て3球団目。初めてのパ・リーグですが、順応力には問題はないでしょう。

ある意味、計算の立つ確実な補強になることでしょう!

悩みは、良太そして多村さんと同じです(爆)


これでアレンさんJ-RODラロッカさんが来季の新外国人野手になりそうです。

ただ、内野手のラロッカさんにはどこを守らせるのでしょうか?

主にセカンドを守っていました


またまた内野戦争激化ですね、しかも世界大戦の様相を呈してきましたね(笑)

ところで「保険」は誰ですか?(爆)



あっ、そうそう

「お前も頑張れよ!」


ジェイソンには、彼の地での活躍を心からお祈りしたいと思います!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






12月22日 漢・塩Z、流浪の果てに・・・。傷心の残留!?

一世一代の大博打

漢の中の漢、塩ZFA宣言をしてから早1ヶ月半が経過しました・・・。

期待と不安の入り混じった毎日だったことでしょうが、予想に反して他球団からのオファーは無く、この日の3度目の交渉で遂に代理人から「残留」の意思が示されました

この1ヵ月半で、球団そしてファンの塩Zに向けられるは、微妙に変化を遂げていったように感じます・・・。

特に「オファーがなさそうだ」という空気になってからは、立場が逆転したように感じられて悲しくなりました。

オリックスという会社の体質でしょうか?


・・・・・2度の交渉では条件提示には至らず。機谷代表は「2人が残留すると言ってくれたなら、球団の条件を提示します」と語った


完全に交渉の主導権は握られてしまいました。

契約して欲しかったら、まずは残留させてくださいと言え!」と聞こえるのは私だけでしょうか?・・・・・

ノリ吉井組長ではありませんが、「冷たい」或いは「リスペクトが感じられない」・・・

塩Zや、同じくここまで他球団からのオファーがないダカヒーに対しては、私もそう思ってしまいました・・・。


FA宣言のオリックス・塩崎は残留へ 他球団から打診なし

オリックスからフリーエージェント(FA)宣言した塩崎は22日、残留の見込みとなった。塩崎の代理人が同日、球団と交渉を行い、残留の意思を伝えた。ほかの球団から正式な獲得の打診がなかったとみられる。・・・・・


私は塩Zは大好きな選手の一人なので、他球団から引っ張りダコになって争奪戦を繰り広げられた上での移籍なら素直に本人の為に喜んで送り出してあげようと思っておりました。

しかし、結果はどこからも声は掛かりませんでした・・・・・。


傷心の塩Z

昨年の思わぬ年俸ダウンに続いて2年連続、辛いオフになってしまいましたね・・・。


本音を言えば、私は塩Zは引退までずっと応援するチームにいて欲しかったので今回の結果はチョッピリ嬉しいです(汗)

お蔭で来年も応援できます。

今となっては、そのことを心から喜ぼうと思います!

塩Z、元の鞘に



来年も頼むぞ!漢の中の漢、塩Z!



今日の契約更改交渉は1件だけだったのですね。

明日・明後日は週末のためお休みです(多分)。

しかし週明けの25日、クリスマスの日は契約更改ラッシュの様相を呈しています。

今明らかになっているだけで、ダカヒー(代理人)との3回目、塩Z(代理人)との4回目、本日トレーニング先のアメリカから帰国した川越前会長の2回目、そしてノリ(代理人)との正式には2回目の交渉が予定されています。

クリスマスプレゼントになればいいですね。

ところで、ひらりんの2回目はいつでしょうか?



もうひとつ、去就が注目されていた「あの方」に大きな動きがありました!


前巨人のグローバーらとマイナー契約=米大リーグ・Dレイズ

【ニューヨーク21日時事】米大リーグのデビルレイズは21日、前巨人のゲーリー・グローバー投手、前オリックスのジェイソン・グラボースキー外野手ら3選手とマイナーリーグ契約で合意し、春季キャンプに招待参加させると発表した。


Bsからの退団のニュースの前に出てしまいましたね(笑)

マイナー契約とは言え、未だ慣れない日本での「保険の保険」よりかは遥かにやりがいはあるでしょう・・・。

もはやBsを退団された以上、応援したいと思います!・・・・・ん!?

スタンドへ弾丸を!


言い忘れる前に言っておきましょう。

日本では得をしたのでしょうか?それとも逆?

やっぱり日本ではをしたのでしょうね・・・。

最も眩しかったあなたの姿・・・


日本で損Japanで損・・・・J尊には成れず終いでした。



ニュースらしいニュースは今日も少なかったですが、夕方の某国民的TV局のローカル版ニュースで我らの大石大ちゃんヘッド単独インタビューが放映されました。

聞き手はご存知・梨田さんの、例のコーナーでした。

大石ヘッドコーチに聞く


時間にして僅か5分足らずの短いものではありましたが、この時期のニュースはどのようなものでも大変貴重ですからね(爆)

恐らく多くの方は見られていないと思われますので、このレポートで私と一緒に見たような気になっていただこうと、いつものように思います(笑)


では、スタート!



(ナレーション) 大石大二郎ヘッドコーチは現役時代、当時の近鉄のトップバッターとして活躍。

盗塁王のタイトルを4回獲得しました。

左から弓岡さん、大ちゃん、バンプ(懐)


引退後、近鉄のコーチやオリックスの2軍監督などを歴任。

大阪近鉄コーチ時代


そしてコリンズ新監督の下、この秋ヘッドコーチに就任しました。

監督代理で入団発表



(梨田さん・以下梨) えー今週はですね、1年を締め括る意味で大石大二郎ヘッドコーチにちょっと話しを聞こうと思ってるんですけれども。

聞き手、梨田さん


えー、コリンズ監督ってどういう方ですかね?


(大ちゃん・以下大) あのー、凄くですね。やはりアメリカ特有のコミニュケーションを凄く大事にしますよね。あのー、凄く対話を大事にしますし・・・。

で、どちらかというと日本人ですと「もうこの位、わかってるやろ、言わなくてもわかってるやろ」って言うようなことでも、やはりしっかりと話し合いを持つって言うことですよね。

コリンズ監督様


まぁその秋季キャンプの中でもバッティング・ピッチャーであるとか、ノックもしますし、体力のある方ですよね


(梨) 現実としてオリックスと近鉄とが合併して・・・。まぁ2年終わってという・・・。なんかまだチームの中でちょっとこう、バラバラとは言わないけど何となくこうギクシャクしてる部分がちょっとこう、今2年見てる間には成績もそうなんですけども、まだこうピシッと「はまって」ないのかなとちょっと心配するんですけれども・・・。

(大) そうですね、あのー・・・(少し間)・・・。まっ当然、何て言うんですかね、チーム成績が悪いから、余計そういう風に感じられると思うんですけども(笑)・・・。

確かにですね、現場に入りまして今年2年終わったわけですけれども、チームカラーっていうのはやっぱり出てますよね。

大ちゃんヘッド


元ブルー・ウェーブの選手達っていうのはやっぱりスマートですよね。なかなかこう、ガムシャラにプレーする、声を出すっていうような形が余り見えてこない、でもやることはやってますよ、みたいな形で・・・。

で、バファローズ、旧バファローズですよね、その連中、選手っていうのはとにかく何て言うかな、やる中でもガムシャラにやる、声を出すっていうような形で少しこう、泥臭さ(笑)みたいのとスマートさっていうのと、なかなか埋まってこないのかな、っていうのは感じてましたですけどね。


(梨) そういう中では外国人の監督さん、その合併のことも余り意識の中にないという監督さんが来たというのは、ヘッドコーチから見たら大変かも知れないですけど、周りから見れば逆にいいのかなという・・・ねぇ?。

(大) そうですね!あのー何て言うんですかね。先入観がないってことは一番いいですよね。ですから真っ白な気持ちで選手を全員見れるっていうのが一番いいことじゃないかなと思いますけどね。

(梨) ファームの選手の中で、野手の中でね、一緒にやってきて「よし!こいつ来年やってくれるんじゃないか」っていうね、そういう選手をちょっと挙げてもらいたいんですけどね。

(大) そうですね、あの・・(また間)・・来年とまでは行かないですけども、やはり岡田が凄く魅力ですよね。

ゴジ・岡田くん


飛ばす能力っていうのは、どうでしょう・・・10年に一人とか、大きく言ったら20年に一人とか、そういうような飛距離の凄さっていうのは持ってますね。


(梨) ドラフトで言えば小松がピッチャーで入り、内野手ではやっぱり即戦力、法政から大引が入ったっていうのがね・・・。

(大) そうですね。まあ、六大学であれほどの成績を残した選手ですからね、ですから期待は大きいですね。

ビッキー


(梨) レギュラーを取る可能性っていうのは、どの位パーセンテージあります?

(大) しっかりしたレギュラーっていうのがガチッと決まっていませんので、50パーセントに近い、今のところ可能性はあるんじゃないかと思ってます。

(梨) 今度若手が出てくる、そして中堅で村松とか北川がいて、ベテランの方になってくると中村、清原というね、このあたりの使い方っていうのはアレですか?ヘッドコーチとして監督には、去年見てきてね、こういうふうにしたほうがいいっていうアドバイスは、かなりしようと思ってます?

(大) そうですね、やはりあのー自分もそのー一員ですからね(笑)言いたいことは言わしてもらう積りではいます。

(梨) 来シーズンの抱負についてはどうでしょう?

(大) そうですね、とにかくAクラス入り、そして頂点に立つと・・・。まぁ当然のことですけどね。これが一番の目標だと思いますね。


《了》


突っ込みどころ満載のインタビューではありましたが、ここでは深く突っ込みません(笑)

でも、梨田さんの「中堅の村松とベテランの中村・・・」には思わずズッコケてしまいました(爆)。

昔TV中継で誰だか忘れましたが「ベテランの谷と若手の塩崎・・・」を聞いて以来の衝撃でした。


あと、大ちゃんヘッドの構想では、ビッキーのレギュラーの確率は50パーセントだとか・・・。

ということは光尊様端から寄ってないのでしょうか?

我ながらネガティブ思考で困りますが(笑)



それともサード?



あっ、ポジティブ過ぎました(爆)


突っ込むところだけしか見てないのか、というお叱りを受けそうですが大ちゃんヘッド、カッコいいですね。

笑顔の大ちゃんヘッド


私としては今季躍進したサーパスを率いた、というより2軍選手の実力を知り抜いた人が1軍の首脳陣に加わったということがとても心強いです。

あの選手やこの選手の「ちょっとエエとこ」知ってますからね!

あの選手やこの選手たち、是非頑張ってくださいね!(笑)

大ちゃんヘッドも、外国人監督とのパイプ役は決して簡単な仕事ではありませんが、球団そしてファンからの期待は計り知れません

足を使った攻撃を身上とするコリンズ監督様とのタッグで、現役時代同様にペナントレースを「駆け抜けて」ほしいと思います!!

鉄腕アトム!?


「10万馬力」で頑張ってくれることでしょう。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月21日 お金がほしくて文句を言ってるわけじゃない・・・。

今日は契約更改はお休みだったのでしょうか・・・・・。

困りま・・・いえ、何でもありません(汗)


昨日、予想外の2回目の交渉も、予想外の2回目の保留であった吉井組長・・・。

今季初のブルペン


前回の1回目の交渉を終えた後の会見では


来年の給料を一発で決めたくなかった。球団が契約してくれるのはありがたいし、近々まとまると思う


との発言を聞き、すっかり安心して私は『契約更改交渉を楽しんでください』との言葉まで書きました。

しかし、自主トレーニングの為に赴いた第2の故郷・アメリカから帰ってくると、何故か様子はガラリと一変しました・・・。

メジャーの旧友たちとの再会が、吉井組長の中の「お金で買えない何か」を弾けさせました・・・。


オリックス吉井、新人扱いに激怒


オリックス吉井理人投手(41)が、球団の「ルーキー扱い」に怒った。20日、大阪市北区の球団事務所で2度目の契約交渉を行い、前回と同じ1000万円増の3000万円プラス出来高の球団提示を保留。04年オフにいったんオリックスを自由契約になり、その時点で年俸ベースと上がり幅が新人並となった。今季は7勝したが、プロ1、2年生クラスのアップ幅にしかならず「実績、チームに与える影響へのリスペクト(尊重)が感じられない」と話し席を立った(金額は推定)。

・・・・・・・・

 「高卒ルーキーと同じ物差しで測られるのはイヤ。自分で言うのも何だけど、ここまでやってきた実績やキャリア、チームメートに与える影響力などへの、1選手としてのリスペクトが全然感じられない

・・・・・・・・

お金がほしくて文句を言ってるわけじゃない。選手としての存在をはかるのはやっぱり年俸。そう言われて、恥ずかしい思いをした」。メジャー32勝右腕のプライドは傷ついた。・・・・・・・・




もう『契約更改を楽しむ』なんて言える雰囲気ではなくなりましたね。

何だかノりの主張と似てきたような気がしないでもありません・・・。

お金がほしくて文句を言っているわけじゃない

ゼニカネの問題じゃない

ノりの場合は“それを俺の口から言わせるな”的にその後の具体的な要求は見えてきませんが、吉井組長は流石に元メジャーリーガー

ドライです。ビジネス・ライクと言ったほうが良いのでしょうか?


選手としての存在をはかるのはやっぱり年俸


具体的でストレートです。

でも、わかりやすくて逆に好感が持てます(笑)


思えば吉井組長は、一度はBW自由契約となった身です。

しかし仰木さんの計らいで、春のキャンプにテスト生として参加し、認められ晴れて再契約を結んで現役プレーヤーとして返り咲きました・・・。

その後はご存知のとおり、2年連続でローテーションピッチャーとして貴重な白星を挙げ(2年で13勝)、今や投手陣には先発ピッチャーの役割だけでなく、若いピッチャーたちの精神的な支柱として活躍してくれました。

若手達の精神的支柱!



そういえば再契約時は僅かに500万円、まさに振り出しからの再スタートでしたね・・・。

組長の正装!?


おりしも某チームの超ベテランピッチャーが、2年間で僅か1勝だったにもかかわらず罰ゲーム、いやマイナー契約とはいえ海を渡ることが決まりました・・・・・。

しかも、ここまでやってきた実績やキャリアにリスペクトを表して年俸6千万円弱の契約になったそうですね。


自分への「リスペクトが感じられない」と仰りたい気持ち、痛いほどわかりますね(涙)


今でも「夢は?」と問われると即答で「メジャー復帰」と答える吉井組長・・・。

視線の先には常にメジャーが


後輩の晴れ姿に祝福は送りつつも・・・・・決して内心は面白くないのでしょうね。


何やかんや言ってはみましたが、私は吉井組長のことは「リスペクト」に値する数少ない“真の侍”の一人としてこれからも応援し続ける気持ち、少しも揺らぐものではございません!


ただ「」とか「」とか「安心して野球ができる環境」とか「リスペクト」って一体「お幾ら」なのでしょうかねぇ?


私は買ったことがないので見当もつきません(爆)

まさかヤフオクに出てたりしませんよね!?


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月20日 若武者、城攻めに勝利。そして老兵はさらに篭城。

この日の契約更改交渉には、2人の選手がテーブルに着きました。

そして、昨日に続き一人だけのサインとなりました・・・。

ただ吉井組長は、私は知りませんでしたが日本に帰って来られていたのですね(汗)

情報が少ないもので、どうも申し訳ありません。



選手契約更改⑮


良太@アイカー


オリックス相川、2度目交渉で出来高付

オリックス相川良太外野手(29)が20日、大阪市内の球団事務所で2度目の契約交渉を行い、700万円増の2200万円で更改した。提示額は保留した前回と同じだが、出来高を認められたことで「すべてクリアすれば希望(推定2500万円)に届く。自分への励みになると思って、高い数字を設定しました」と説明。今季は11本塁打、26打点と自身最高の成績を残せたことから、本塁打は20本、打点は40~50打点に設定した。


Bsの契約更改では、ある法則がはっきりと見えます。

保留しても金額の上積みは一切無し。

ただし、出来高は考慮する


出来高」・・・そこが双方の落としどころになっているのですね。

球団の「ゴネ得は許さない!」との強い意思が感じられます。

ただ、全員がそれに当てはまるのか?と言うとそうでもないところがこのチームのフロントらしいところかも知れませんね(笑)


良太例外ではありませんでした。


しかし、本人も言うほどの「高い数字の設定」・・・。

数字は今年のほぼ倍

確かに簡単ではありませんね。

しかし、それをクリアしたとしても僅か300万円

その時は、球団の勝ちと言わざるを得ませんね(笑)


春先はいつものように2軍スタート・・・。

相変わらずのスロー・スターターぶりでしたが、5月に1軍昇格以来プロ入り初の「2軍落ち」なし!

良太にとっては、大きな怪我もなく閉幕までを全うできた貴重なシーズンでしたね。

来季は、同じく「スペランカー」体質のライバル・多村さんがパ・リーグにやってきます。

多村さんの来季の目標は、全試合出場という「壮大な」ものだそうです。

負けられませんよね!(爆)


あらゆる数字が、今までのキャリア・ハイになりました。

そして今季はプロ入り初の「4番でスタメン」も経験。

プロ初の4番・スタメン!


1試合だけでしたが(笑)

まぁ、その大変貴重な試合を目の前で見られたことは、結構な旅費を遣って遠征した甲斐があったのだと自分なりに補完できたので良かったですが(爆)


今年の大躍進の秘密はどこにあるのでしょうか?

技術的にわかりやすいのは、やっぱり「構え」がガラリと変わったことですかね。

新しい構え


まさに剣豪の若武者の如く、真剣での居合い抜きを髣髴とさせる「無」の構え・・・。


しかしそれ以上に良太の運命を変えたのは、背番号を長年慣れ親しんだ「30」から「53」へとガラリと変更したことも大きかったのではないでしょうか?


「若武者」も気が付けばいよいよ来季は30の大台です。

年齢よりも若く見える系の先輩であった「永遠の若手」様が千葉ロッテへとトレードされた来季は、良太がその跡目を継ぐことになるのでしょうか?

若くは見えるけども、実は年齢は結構イッている・・・。

普段着の若武者


そういう意味で「若年寄り」などと誤った呼ばれ方をされないか、今からとても心配です(汗)



吉井組長


オリックス吉井は2度目も保留

オリックスの吉井は20日、2度目の契約交渉で前回と同じ年俸3000万円プラス出来高払いを保留した。今季7勝を挙げたリーグ最年長右腕は「自分の中で納得できなかった。実績やチームへの影響力、一選手としての尊敬が感じられなかった」と話した。次回の交渉は年内に行われる予定。


ノリに続き、2人目の「2回目の保留者」となりました。

ノリ同様、気持ちと気持ちが伝わりあっていないのでしょうか?・・・。



続いての話題です。


屋外ウインター・スポーツ真っ盛りの話は少し前にさせていただきましたが、それは「ファン」がゲームを観戦する場合のことでしたが、遂にサプライズが起きました

何とBsの選手が、オフシーズンに屋内ではありますがウインター・スポーツの選手としてデビューするということが明らかになりました!

いわゆる二刀流ですか?

誰がどのようなスポーツへ参入なのかは、下記のリンク先へ飛んでご自分の目で是非ともお確かめください(笑)


異色の新入団選手!



って、URL見たらわかりますよね(笑)

どちらかというと野球よりもイメージは合っていそうですね(爆)

この小ネタ、いえ情報は、とある方からいただきました。

彼もまた、プロ野球に限らずスポーツ全般に広くて深い造詣をお持ちです。

私はいつも尊敬しております。

わざわざ、ありがとうございました!

ブログの延命もそうですが、私自身が癒されました



続いては・・・


今日はテレビで何となくボクシングを見ておりました。

実は私、ボクシングは大好きなのですが、今日のカードだけは別に興味ありませんでしたので偶然チャンネルが合ったという感じでした。



しかし、次第に画面へと惹き付けられました!



やはり「オーラ」は凄いですね!!


・・・・・・・・。






眼光鋭く!

抜群の存在感!


流石はキヨでしたね(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月19日 守護神復活に向けてサイン。もうお一人は保留。

この日の交渉は、一選手プラス一代理人がテーブルに着きました。

そして、ある意味「予想通り」サインは一人だけでした・・・。



選手契約更改⑭


大久保様


今季、心ならずとも救援失敗を重ね、挙句には守護神失格の烙印を押され、失意のうちに「あの地獄のリハビリ」を過ごしたファームへの降格も経験した今季の大久保様・・・。

今季の成績は34・2/3を投げて防御率は4.67、被安打42、被本塁打6、自責点18。

因みに昨年は39・1/3を投げて防御率は1.60!被安打30、被本塁打1、自責点7

数字は全ての部門で悪くなっています・・・。

中でも特筆すべきは自責点です。

今季の自責点18の内、実はホームであるスカイマークで6点、大阪(の)ドームで4点の計10点と、半分以上を取られています・・・・・。

大久保様!


このことが何を意味するかは説明不要でしょう・・・・・。


スタンドのファンからも厳しい声が飛びました。

世界で一番、頑張っている不器用なあなたが好き~♪」が掛かると

小さなブーイングも私は何回か経験しました・・・。


昨年の交流戦でおよそ3年振りにマウンドに生還した「元・新人王」の昨シーズンは、どんなピンチでも表情一つ変えることなく伝家の宝刀・フォークと魂から迸るかのようなストレートとスライダーを自由自在に操り、相手打者をなぎ倒してくれました。

シーズン当初のクローザーヒバゴンの予定でしたが、開幕後1ヶ月ほどでその構想は脆くも崩れ去り、チームは序盤から早くも正念場を迎えた頃の鮮やかな復活劇でした。


私は知っています。


耐え難い痛みとの闘い、世界でも例を見ない困難な手術、いつまでたっても投げられない孤独・・・。


その地獄のような日々に耐え、打ち克っての復活だったのです。

無表情ながら黙々と投げ込む大久保様の「光背」に燃え滾る「劫火の炎」を見た様な気がしたとき、私は大久保様の中に「不動明王」を見ました・・・。

そしてシーズン終了後に残した前述の成績も、殆ど「神」憑りの数字でありました。

穏やかな表情の「不動明王」


この成績に満足していないのは、決してファンだけではありません

来季の大久保様の「2度目の復活」をご本人とともに楽しみにしたいと思います!

そういえば、大久保様も私の後輩でしたね(汗)

来季の大事な場面では「ここは大久保しかいない」と是非とも声を大にして言いたいです!



一方、もう一人の選手の代理人(とても野球が好きな方らしいですが)の交渉の方は下記のとおりでした。


オリックス中村の代理人が2度目の交渉

オリックス中村紀洋内野手(33)の代理人・茂木立(もぎたて)仁弁護士(39)が19日に大阪市内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨んだが、大きな進展はなかった。いまだ球団側からの金額の提示はなく、中村がチームの必要戦力かどうかの話し合いに終始した。「(中村は)体を張ってプレーしたいという思いを持っている。それを全うするために、確認しないと動けない」。今季は責任感から故障をおして試合出場を続けたが、それに関する球団の対応に不満を抱いていた


暫く時間がかかりそうですね・・・。

タダ」でさえイメージは決して良くありません・・・。

これ以上悪くならなければいいのですがねぇ・・・・・このチーム



これで未更改の選手は5人になりました。

改めて整理すると、投手は吉井組長川越前会長の2人。

野手はひらりん良太、そしてチーム初の2度目の保留となったノリです。

ピッチャーの2人は、2人で仲良く今頃はアメリカで自主トレに励んでいます。

帰国は22日の予定なので、明日の交渉はひらりんと良太の何れか、或いは両方でしょうか。


それも気になるところですが、同じくらい気になるのは人々から忘れかけられているような気がするFA宣言の2人のことです・・・。

ノりの契約共々長期化は必至ですね。



さて話題を変えましょう・・・。


昨日いただいたコメントの中で、T.ポリマーさまからある情報を伺いました。


12月18日の某新聞夕刊に藤井スカウトの記事が載っていますよ。

慣れない職場で困難な仕事。頑張って欲しいです。(でもいつかまたユニフォーム姿を...)

記事には故三輪田さんの名が...

ちょっと感慨深いものもありました。




ウチでは某新聞は取っておりませんので、早速いろいろと手を尽くして・・・。

何とか手に入れました(笑)

短い記事ではありましたが、私がファンとして自分の人生を重ね合わせてて見続けてきた「藤井康雄」さんの近況を少しだけ知ることができました。


是非とも皆様にもお届けしたいと思います。


藤井スカウト!


 かつて門田博光やブーマーらとともに、オリックスのブルーサンダ」打線の中核として活躍し、「ミスター・ブルーウェーブ」と呼ばれた男が、今オフからネクタイを締めて奮闘している。

 来年一月一日付で球団スカウトになる藤井康雄氏。「毎日、スーツ姿で電車出勤しているので、家族は今までとずいぶん違うなと、興味深そうにしていますね」と苦笑する。

現役時代は勝負強さと長打力が武器だった。通算満塁本塁打14本は、現在でもパ・リーグ記録(プロ野球記録は王貞治=巨人=の15本)として残る。2002年限りで現役を退き、2軍打撃コーチに就任した。

しかし、球団の公式ホームページで行われるファンのアンケートに、引退後も現役選手に交じって名前が登場するなど、相変わらずの人気ぶりだ。

 新しい職場では、関西地区を担当する。だが、社会人では東京都に本拠地があったプリンスホテル(野球部はすでに廃部)でプレー。大阪・泉州高から社会人に進んだため、大学とのルートもない。

それでも球団幹部は「今でも人気、知名度は大変なもの。それをフルに生かしてほしい」と、“金の卵”の発掘に大きな期待をかけている。

 打撃コーチからスカウトへの転向に、藤井は最初、戸惑いを隠せなかったという。

ユニホームを着続けていたいという気持ちに加え、“浪速のゴジラ”こと岡田貴弘内野手ら一緒に汗を流した若手選手のことも気懸りだった。

 だが、「選手の発掘も大事な仕事に変わりはない」と新たな一歩を踏み出すことを決断。

現在は来年3月に行われる社会人野球の大会に向け、リストアップした選手の情報を頭にたたき込み、パソコンでの情報処理の仕方などを猛勉強中だ。

 自らの入団時に世話になった故三輪田勝利スカウトには「いつも親身になって相談に乗ってもらった」という。スカウトとは「第2の親」。入団後も陰から支えてくれた三輪田さんのように「選手の親代わりとなって、何でも話ができる関係を築きたい」と、柔和な笑顔で目を輝かせた。(嶋田知加子)


藤井康雄(ふじい・やすお)

1962年7月7日、広島県生まれ。大阪・泉州高(現泉州学園飛翔館高)からプリンスホテルを経て、87年にドラフト4位で阪急(現オリックス)入団。

通算成績は1641試合に出場し、打率.252、861打点、282本塁打。181cm、81kg、右投げ左打ち。




この秋の監督以下の人事の大幅刷新で、いよいよ1軍バッティングコーチとしてこれから毎日お顔を拝見できる!と喜んでいましたところ、寝耳に水のスカウト転身・・・。

最後のミスター・ブレーブス。或いはミスター・ブルーウェーブ

若き勇者


その我らの「康雄さん」が遂にユニフォームを脱ぐことになりました・・・。


今だから告白いたしますが、暫くは悲しい気持ちで落ち込み、球団に対して恨んだ時期もありましたが、チームのために、そして将来の自身のグランド復帰のための貴重な経験だと前向きに考えて応援しようと思いを改めました。

案の定、ユニフォームからスーツとネクタイに服装は変われども「康雄さんは康雄さん」でしたね!

かつて故・三輪田さん藤井康雄を、そして鈴木一朗を(それ以外にも沢山の選手を)見出したように、今度は第2第3の一時代を築くスーパースターの原石をチームの一員に是非とも加えてください!


T.ポリマーさま、情報をどうもありがとうございました!

代打・藤井!キャッチャー中嶋!


男の底力を 見せろよ藤井! 期待に応えて 頼むぞ一発!


これからも、いつまでも、若々しい康雄さんは康雄さん」であり続けてください。

やさしい眼差しでした・・・


ただし、数年後に再びユニフォームを着る時に体形が変わって「誰!?」というのが全くイメージできない方ですので、トレーニングも頑張ってください(笑)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






12月18日 契約更改再開と世界一の新外国人選手!?

関西地方でも日本海側で初雪が降ったそうです。

今までが暖か過ぎたせいか、今朝の冷え込みには参りました・・・。

北国に生まれた憶えはないのですが「しばれるな~」なんてセリフが自然に口を吐きました(笑)

関西のスキー・スノボファンやスキー場関係者の方々は待ってました!というところでしょうね。

今更ながらこの時期のマスターズ・リーグドーム球場であることのありがたみが選手同様にわかってきました。

しかし、屋外ウインター・スポーツはこれからが本番。

同じ球場でも昨日の甲子園球場ではアメリカンフットボールの日本一を決める試合が行われていたそうです。

しかも途中で、激しい雷雨により中断もあったとか・・・。

この時期に雨に濡れるなんて、私のような野球オンリーのファンには考えられません(汗)

屋外ウインター・スポーツと掛け持ちのファンの方々には、くれぐれもお風邪など召されませんよう「貼るカイロ」でも差し入れをさせていただきたい気分です(笑)

えっ?

もしもマスターズ・リーグがスカイマークスタジアムだったらって?

私のことよりも肝心の選手の皆さんの「血圧」の方を心配して差し上げてください!


今日は月曜日、週の始め。

いよいよ、まるまる休みなく働く今年最後の週になりました。


契約更改も再開されました。


年内に何とか全員の契約を締結させてしまいたい球団にとっては、鉢巻を締め直して臨んだことでしょう・・・・・。

が、本日の交渉者は一人だけでした(笑)


選手契約更改⑬


高木くん


オリックス高木50万円上積み+出来高

オリックス高木康成投手(24)が18日、大阪市北区の球団事務所で今季2度目の契約交渉を行い、300万円増の1500万円で更改した。2度目の交渉で、前回提示から50万円の上積みと出来高を認めてもらった。「ホールドや試合数、セーブ数、勝敗、イニングによる失点などで出来高をつけて頂きました」と説明。今秋はハワイ・ウインターリーグも経験し、パワーヒッターの内角を攻める投球を実践してきた。「来年こそ勝負の年と思って頑張ります」と語った。

高木くん!


若き期待のサウスポーの高木くん

今年は決してピリッとした成績ではなかったものの、先発と中継ぎの両方を経験することができました。

球団からの期待は相変わらず大きいものがあります。

シーズン終了後に約1ヶ月半、他の3人の若手と共にハワイへの武者修行(ウインター・リーグ)へと派遣されたことでもそれはわかります。

その成果は、全12試合に登板して、1勝2敗。防御率は6.68・・・。

これも決して芳しいものではありませんでしたが、唯一優れた結果を残すことができたのは「奪三振」でした。

チーム内では第3位。そしてリーグ全体では第4位、そして日本から参加したピッチャーの中では堂々の1位の成績でした!

その秘密は「内角を攻める投球」だったのですね!

来年がますます楽しみになってきました!


未だにハワイ焼けが持続しているのか、地グロなのかはよくわかりませんが、公式の写真はとても精悍に見えます。

おしゃれな四角い黒縁メガネとのマッチングがタコして、いやイカしてますね!(爆)

来年こそ勝負の年と思って頑張ります!

私はこの言葉を高木くんにお贈りしたいと思います。


来年こそ勝負の年と思って頑張ってください!」・・・・・。



新外国人の補強の噂は以前から何かと話題には出ていますが、正式にはまだ誰一人として契約はしておりません。

反対に、この時期になってようやくオバちゃん解雇が決定し、あとはジェイソン処遇に世間の注目は集まっていました(←はぁ?)

そんな中、先に報道のあった元・広島そして前ヤクルトのラロッカさん獲得濃厚とのニュースに続いて、もう一人の新外国人選手の獲得か!?とのニュースが届きました・・・。


オリックスがロドリゲス獲得へ

オリックスが新外国人選手の筆頭候補として、米カージナルスのジョン・ロドリゲス外野手(28)をリストアップしていることが17日、明らかになった。シュアな打撃を武器に今季はワールドシリーズ制覇にも貢献した左打者。清原らと主軸を組む左の大砲として、契約へ向けての最終調整に入った。

清原、中村、北川ら右の強打者を豊富にそろえるなか、左の大砲の獲得が急務のオリックス。そこで新助っ人候補に浮上したのが、元オリックスの田口らとともにカージナルスの一員としてワールドシリーズ制覇を果たしたロドリゲスだった。

ヤンキース、インディアンスを経て05年途中からカージナルスに入団。メジャーデビューを果たした。広角に打ち分ける好打者で、今季は102試合に出場し、打率・301、2本塁打、19打点を記録。05年には3Aで22本塁打を放つなど、長打力も兼ね備える。

オリックスでは前ロイヤルズ・アレンに続いて前ヤクルト・ラロッカの獲得も決定的。さらに“世界一”を経験したロドリゲスの獲得にも成功すれば、打線に厚みが増すことは間違いない。


ロドリゲス選手


John Rodriguez#53


一瞬、心臓が止まりそうになりました。

・・・もちろん「A・ROD」のことではありませんでした。

釣られた自分が情けなかったです(爆)



しかし、世界一に輝いたMBL・カージナルスの選手だそうです。

何かと曰くつきのドジャース・ルートでなかったことは喜ばしいかも(汗)とは思いますが、正式に獲得を決める前には是非とも「田口くんから意見を聞いてからにしてほしいなぁとファンとしては素直に「そう」思います(笑)

田口くん!

12月18日の放送

世界一の田口くん!



J・ロッド

呼び名は、もう100%これで決まりでしょう。

J・ロッド

年俸30億くらいもらってそうな名前ですね(爆)

しかしこのチーム、何故かアルファベットの文字数が多いお名前の選手がお好きですねぇ・・・。

オバちゃん・・・



・・・ところで、ずれえたさんは?



明日の契約更改は、いよいよノリの2回目ですね。

ただし「とても野球が好きな代理人だけらしいですが。

果たしてキヨの様に「2年契約だったのを忘れてました~」という展開で、全て丸く収まるということはあり得るのでしょうか?

クライマックス」ですね。

くらいまっくす


この使い方でよかったでしょうか?(汗)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月17日 サプライズ!引退撤回と、暫しのお別れ・・・。

今日もチームに関する大きな動きはありませんでした。

公式で発表されている一般のファン対象のイベントもこの日の大西くんの地元・大阪・堺市での激励会で「今年最後」ですが、少し遠いのと時間が遅いので私は行くのを断念しました。

その代わりと言っては何ですが(汗)、私も「今年最後」の野球の見納め

毎日が「オールド・ボールゲーム」

そうです。マスターズ・リーグへ行って参りました。


先月の開幕戦の大阪ロマンズ東京ドリームス戦に続いて、今日は大阪名古屋80デイザースの一戦。

地元・大阪のホーム第2戦目でした・・・。

大阪対名古屋戦スタメン


ただ、私は特定のチームをBsと同じく熱心に応援しているという訳ではありません。

一応地元・大阪ということもあり1塁側の席をチョイスしてはおりますが、それは大阪にはかつて阪急ブレーブス、近鉄バファローズオリックス・ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブ大阪近鉄バファローズという、現在のBsの母体となったイニシャル「」のチームの選手が主体になっているからに他なりません。

そして特に私を「○○年前」にタイムスリップさせてくれる選手達の姿が見られることこそ、私がマスターズ・リーグへと誘われる最大の理由です。

マスターズたち


中でも私が最も気になるのは「勇者たち」・・・。

今日も大いに堪能させていただきました(笑)

長池徳士さん


現役時代のようにアゴを完全に左肩の上に乗せてピッチャーと正対する独特の構えは見られませんでしたが、雰囲気は何となく残っていました・・・。

元ミスター・ブレーブス長池徳士さん(今は名前が変わられていると思いますが、あえて私の思い出の中のお名前のままで)。

角刈りと剃り込み


今日の両軍を通じての初タイムリーを放ち、アナウンサーに促されて(笑)観衆に応える長池さん

この角刈りと鋭角的な剃り込みは、現役時代と何ら変わっておられません(爆)

確かに私の知っている長池さんでした。



勝負師・村上眞一!


勝負師・村上眞一さんです。この右足の上げ方、現役そのままですよね!外野自由席さま!(笑)

この一打に懸ける勝負師村上 右中間を抜く 一撃さあ飛ばせ~

良太の応援歌の原曲でもあります。



男・豊蔵


体形は少し丸みを帯びては来ましたが、存在感は未だ変わることはありません。

幾つかの球団を渡り歩きはしましたが、私にとってはいつまでも「阪急ブレーブス」の男・豊蔵です!

センターの守備位置へ全力ダッシュで駆けて行く豊蔵の背中、カッコよかったです!



職人・本西


今でもまだ現役でいけるのではないでしょうか?(笑)

現役時代はイチロー君外野守備の師匠であり、日本一のBW鉄壁外野陣の象徴でもあった本西さん

マスターズ・リーグではセカンドでの華麗な守備で、未だ観客を魅了し続けています

そして勝負強いバットコントロールも衰えを知りません

この日も3安打固め打ち

二遊間を組む村上隆行さんと共に、今季出場全試合マルチヒットを続けています。

実は私、今シーズンもテレビで沢山野球中継を見させていただきましたが、今現在、最も好きな解説者本西さんです。



真のマルチプレーヤー五十嵐!


私が好きな解説者2位タイでもあった五十嵐さん(笑)

(ちなみにもう一人の2位光山さん

来季からは五十嵐さんの解説が聞けなくなるのですね・・・。

しかし、引退後初めての現場復帰なので喜ばなければいけませんね。

本当はBsのコーチに、というのが私の秘かな夢でしたが、先に王監督に見初められてしまいました。

ホークスでの肩書きは「投手兼捕手兼内野守備兼外野守備コーチ」でしょうか?(爆)

野球人としては、やはりユニフォームを着ていられる時こそが「」かも知れません。

簡単なことではありませんが、プロ野球界の発展のためにホークスでは是非とも「五十嵐2世」を育ててください。無理ですね(汗)

それくらい五十嵐さんは、ある意味「」に最も近付いた選手の一人でした(笑)



名古屋にも注目すべき選手がおります。

デカ!


言わずと知れた「高橋智」、通称デカですね。

今日は3塁打と2塁打と、流石の長打力を遺憾なく発揮!

ブーマーから譲り受けた「背番号44」があれほど似合った選手はいませんでした。

現在のBsのチャンステーマの一つ「ジャンプ」は、デカの応援歌であった「智ジャンプ」からきているというのは余りにも有名ですね。



今や大阪の名物の一つ。佐野慈紀投手、通称「ピッカリくん」の「ピッカリ投法」ですが、今日は負けられない試合でビハインドの登板でしたので出ませんでした・・・。

ピッカリくん


これは「ピッカリ投法」が決まった時のものではなく、連打を浴びて恥ずかしくて頭をかく為に帽子を飛ばしたものですので誤解のなきように(爆)



前振りがとっても長くなりましたが・・・・・。


先ごろ「現役引退」を表明した一人のピッチャーが突然、現役引退を「撤回」しました!


とても驚きました!


私が知らなかっただけかも知れませんが(汗)



そのピッチャーとは・・・・・。



少し前の11月21日のニュースです。

ここでは紹介せずに過ごしてしまいました・・・。

少し長いですが是非お読みください!

オリックス水谷打撃投手、還暦の「引退」

オリックスの水谷宏打撃投手(60)が秋季高知キャンプ打ち上げの20日、“現役引退”を表明した。打撃投手としては球界最年長で「近鉄いてまえ打線」の生みの親。その道一筋28年でチームを陰から支えてきたが、還暦を区切りに第一線を退く決意を固めた。清原らが「一日も長く現役を続けて欲しい」と慕っていた「みずさん」は、この日の練習で最終登板後にナインが胴上げ。名物打撃投手は涙、涙で別れを告げた。

「みずさん」の目からいっぱい涙がこぼれた。オリックスナインも泣いていた。「この歳まで使っていただいて、本当にありがとうございました…」。声を絞り出して頭を下げると、みんなに担がれて3度、高知の青空に舞った。

水谷宏さん、60歳。その道28年の球界最年長打撃投手が、秋季キャンプ打ち上げのこの日“現役引退”を表明した。「今年いっぱいで最後と思っておりました」。まだやれる、の声が飛ぶ中で、還暦を区切りに身を引く決意を固めていた。

水谷さんは1968年(昭43)にドラフト1位で近鉄に入団。4年目に横手投げに転向した。そして78年の現役引退後、西本監督から「手伝ってくれ」と要請されたのが打撃投手だった。当時のパのエース級は阪急山田や足立、日本ハム高橋直らが全盛。猛牛軍団のアンダースロー対策として、貴重な役割を果たした。そして梨田、佐々木、大石、中村ら「いてまえ打線」を陰からサポート。4回のリーグ優勝に貢献した。

「嬉しいのは投げた選手が試合で結果を出して報告してくれること。優勝できたのが1番の思い出です」

1日150球で、年間約約4万球。「気持ちよく打ってもらうために」28年間で112万球ものボールを投げ込んできた。もちろん長寿の秘訣は「節制」だ。酒は好きだができるだけ控え、タバコは吸わない。食事では必ず野菜でビタミンを取る。「いかに筋肉の退化を遅らすか」と自宅でテレビを見ながら鉄アレイを握ったり、近所を走ったりして衰えと戦ってきた。素顔は3人の孫もいる好々爺。すべてはチームの優勝のために、と汗水を流すことは惜しまなかった。

そんな「みずさん」が還暦を迎えた今年4月には、みんながお金を出し合ってゴルフウエアを贈った。清原も「ずっと長いことやってて欲しい」というほど、ナインから父のように慕われる存在だった。最終登板となったこの日も、前田、鈴木、横山、長田を相手に目いっぱいの150球。みんな泣いていた

「同期生はみんな有名選手になって監督やコーチになったけど、私はプロ5勝どまり。でも本当に幸せな野球人生でした。これからはファンとしてチームの優勝を願って見守ります」

ドラフト同期には星野、田淵、山本、福本、有藤らがいた。だがスポットライトを浴びることはなくても「みずさん」が球史に残した足跡は光り輝いている。名物打撃投手の生き様は、しっかりと記憶に刻まれた。



オリックス大石ヘッド「全部ストライク」

オリックス真喜志コーチ「アドバイスも」

オリックス大西「きっかけもらった」

オリックス岡田「水谷投手引退は寂しい」

水谷さん!



その水谷さんでした。


流石に永年、バッターに気持ちよく打たせることを生業としてきた水谷さん・・・。

今日のマスターズリーグ初登板も、綺麗に打たれて初失点(笑)

体に染みこんだ、どんな打者のバットにも真芯に当てさせる魔法のようなコントロールは、簡単には抜けませんよね!

でも、マスターズリーグでは現役引退間無しの「ルーキー」です。

マスターズリーガーのピッチャーたちの何百倍、いや何万倍の球数を投げてきた男の生き様を私たちに見せてほしいと思います。

還暦のルーキー!


そして、スポットライトをほしいままにしてきた男達をキリキリ舞いに牛耳ってやって下さい!(笑)



水谷さんが今日現役復帰なら、その一方で今日静かにその歴史を閉じる選手たち、いえショップがありました・・・・・。


球団直営店「バファローズショップ」閉店

この度、球団直営店「バファローズショップ」が、パ・ドゥー閉店に伴い、12月17日をもって閉店することとなりました。

・・・・・・・・・・

なお、今後の移転先等に関しましては、決定後改めてお知らせいたします。




最初、「閉店」と聞いてとても驚きましたが、移転を前提にということで安心しました(汗)

しかし、私のように昨年からここ大阪(の)ドームが新しいフランチャイズ球場に加わった者ではない、古くからの大阪近鉄ファンの方々にとっては「ショップ・バフィー」以来のお付き合いでしょうから、この店がなくなってしまうことには感無量とお察しいたします

一応、記念にということでF店長様の許可をいただき、カメラに最期の日の店内の様子を収めさせていただきました・・・。

そういえば、最後を見届けたいとB-WAVEのY店長様も応援に駆けつけて来られていました。

最後のバファローズショップの店内


多くの数え切れないファンとそこで働かれていた多くの方々の汗や思い出の一杯詰まったこの地のバファローズショップ」。

ありがとう!



本当にお世話になりました!


そして再び、新たな場所での復活を心から楽しみに致しております!


噂では近鉄電車と阪神電車を相互乗り入れで繋げる大工事のためらしいですね。

ちゃんと完成させてくださいね

そうでないと「ドームの天井」の二の舞いになります・・・。あっ、禁句でしたか(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月16日 一周忌が明けて、心新たに・・・。

昨日の仰木さんの一周忌に関するニュースが続々と入ってきました。

全国各地で仰木さんを偲ぶために人々が集ったようですね。


オリ小泉球団社長ら、仰木さん一周忌参列

仰木さんの一周忌法要には、オリックスから小泉球団社長や神部投手コーチら4人が参列した。小泉球団社長は祭壇前に飾られたマリナーズ・イチローからの供花や、11月末に訪問した清原が供えたクルーンから放ったサヨナラ満塁弾のバットを見つめ「これだけみんなの気持ちを引き付けられるのは、仰木さんの優しさ、思いやりの深さなのでしょう」と話した。


小泉社長さんは1月から昇進して会長になられるそうです。

仰木さんに対するリスペクトは、この球団が存続する限り、会長権限でしっかりと社内にも伝えていってほしいと心からお願いを申し上げます。

オリックスというチームの未来を託すのはノリ・キヨの存在ではなく、これからも変わらずに「仰木さんの魂」であるとのファンの想い、どうかわかってください。

オーナーには届かないと思いますので。



宮古島に「仰木ロード」誕生

南の島に名将の足跡が形として残される。沖縄県宮古島市が故仰木彬元監督の散歩コースを「仰木ロード」とし、正式に認定する運びとなった。

仰木ロード」は宮古島市民球場から同市上野のチーム宿舎までの道のり。最近の測量でその延長キロ数が、くしくも命日と同じ「12・15」だったことなどから動きは加速した。「宮古島を愛し、全国的に名を広めてくれた。島にとっての恩人ですから」とオリックス・バファローズ宮古島協力会の平良勝之事務局長(57)。来春のキャンプまでに終点となる球場に石碑を建立するなど、故人の足跡を後生に残していく構えだ。

この日も正午すぎから協力会員など約20人が球場正面「信汗不乱」の石碑前に集まり、黙とうをささげた。南の島で故人の魂は確実に生きている


宮古島


宮古島の皆さん、本当にありがとうございます!

とても嬉しいニュースでした。

仰木ロード


それにしても測量の結果、距離が「12.15」kmだったというのも何だか仰木さん得意の「マジック」のような気がして思わず唸ってしまいました。

流石は、仰木さんですね(笑)

仰木さんが歩いた道



myuさまからコメントをいただきました・・・。


へこたれるなよ!


何ぼでもチャレンジできるんやからな!


へこたれたらあかんぞ!



自分が凹んだ時、くじけそうになった時いつもこの言葉を思い出し頑張ってきました。・・・・・


私も全く同じです。

この言葉、いつも心に持ち続けて「生きたい」と思っています。

へこたれるなよ!


仰木さんからは、多くの人々が生きる勇気をも貰っていたのですね。



今日はこれくらいしか大きな動きがなかったので、取って置きのネタを投入させていただこうと思います。

困った時の「神」頼み

そう、得意の他力本願の発動です(笑)


事あるごとに私を窮地から救ってくださる「神」のお一人てんてん。先生、いつもありがとうございます!!

ネタは、先週の土曜日に私が行った大西君のトークショーの翌日

12月10日・日曜日にB-WAVEにて行われた中山くんと岸田くんのトークショーの模様です!

では皆様方、私とご一緒に「行った気」になりませう!



たいへんたいへんたいへん遅くなりましたが、岸田・中山トークショーレポをお送りします。

告知


司会(というよりインタビュアー)がなんとMEGA STOPPERのDOMIさん!

シーズン中はBsスクエアでも御馴染みでしたね。

も~、がんがんファン目線で2人に聞きまくり、2人もよく答えてくれて充実の30分を過ごさせていただきました。

でもボリュームが多過ぎてうまくまとめられず(汗)ポイントだけピックアップしたらもうちょっと短くはなるんですが、まだ余りメディア露出が少な目な両選手、できたら、彼らのしゃべり方なんぞもそのままお届けしたいところもあったので、テープ起こしみたいな感じになってしまいました。

しかし、これでも全体の約3分の1ぐらいにカットしております。

それでも長過ぎることは充分わかっておりますので、もしいずれ、ネタのない日にでもご掲載いただくのであれば、不要箇所はカットしていただいたらよいかと思います。(他力本願や・・・。)

トークショー


ではスタート!


-今シーズンを振り返って。

<中山>シーズン後半はローテに入ることができていい形で終わることができました。

<岸田>今季はあまり一軍にも上がれなくて、20勝という目標で入ったんですが、あとちょっと20勝足りなくて(笑)


-ちょっとだけね(笑)

<岸田>なんで来年がんばってローテに入って行きたいです。


-契約更改、2人とも年棒UPでよかったなとボクは思ってるんですが、買いたいものとか欲しいものとかありますか?

<中山>今寮で生活しているんですけど、テレビが社会人から使っていたものなので、ちっちゃいんで、すごい大きなテレビ買いたいですね。

<岸田>ボクは全然買い物、シーズン中にできなかって、あの昨日Gパン(はいているのを指して)買ったとこです。あとそーじき欲しいです。部屋の掃除するの。汚いんで。(笑)


-2人ともおしゃれですもんねえ。ボクらが小学校の頃は野球選手といえばアルマーニでベンツ乗ってるイメージだったんですが。

<岸田>そこまで儲かってないんで。まあそのへんのGパンで


-20勝したら買えますよ(笑)

<岸田>ええ、20勝したらGパン3本ぐらい一気に買いたいなと(笑)


-クリスマスの予定はなんかありますか?

<中山>そうすね、まだ詳しくは決まってないすね。今のところわからないすね。


-今のところわからないということはきっと男友達・・・(笑)

<中山>ハイ・・・。

<岸田>クリスマスはホント楽しくいきたいなと思ってたんですが、最近球団から「おまえ25日空いてるやろ!」と言われまして、また仕事みたいなのが入ってきました。(苦笑)


-それは査定には?(笑)

<岸田>いやそれはどうですかね。それは来年「25日働きましたよ!!」とか言って(笑)


-もし叶うのであれば、どんなバッターと対戦したいですか?

<中山>やっぱメジャーでも活躍されているイチローさんとかと対戦したいですね。

<岸田>もし叶うならば、いっしょにやってきたチームメイトとか社会人で一緒やった脇谷(巨人)とか。まあみんなセリーグにいってるんで、日本シリーズとかオールスターとかで投げてみたいです。


-バースはどうですか?(笑)

<岸田>今やったら打ち取れるんとちゃいますか~?(笑)昔はムリでしょうけど。


-忘年会シーズンですが、お酒飲みに行かれて、飲んだらどうなりますか?

<中山>飲んだら・・・いつもは、静かな感じなんですが、飲むとこうテンション高くなって、わ~っ!!と騒いじゃいます。

<岸田>まあけっこう飲みに行くんすけど、中山のテンションの上げ具合はすごいすよ。急にいきなり上がりますから。で、いきなり沈みますから(爆)


-先輩に連れて行ってもらうとしたら誰に?

<岸田>キャッチャーの鈴木さんとか。


-鈴木さんは、ちなみに飲んだらどんな感じになりますか?

<岸田>強いんで全然変わらないです。


-配球の乱れもなく?

<岸田>なく!!(笑)


-外国人の監督、二人とも初めて経験されると思いますが、ぶっちゃけどうですか?

<岸田>ぶっちゃけ、通訳の人が喋ってるんでだいたい言ってることの熱意は伝わるんですけども・・・熱さは伝わってくるですけれども、まあ一対一で喋ったこともないし、どんな人かわかんないです。すごい熱い人やなというのは分かりました。

<中山>そうですね。やっぱり周りからもけっこう熱い人と聞いているんで、まあそれに負けないようにがんばっていきたいと思います。


-外国と日本の野球はちがうもんだと思うんですが、そのへん、具体的な話とかは聞かされたんですか?方針とか。

<中山>コリンズ監督は日本の野球を変えるつもりはないとか言ってました。あんまりピッチャーの方に監督がいることがなかったのでまだそんなよくわかんないです。

<岸田>そうですね、あまり変わってはいないと思う。練習の時間の密度とか走って移動して、移動は短く、長く練習できるように効率のいい感じで練習できてたかなとは思いましたけど。


-試合中のベンチの話ですが、勝ち試合負け試合雰囲気って全然ちがうじゃないですか。

<中山>そうですね、やっぱり負けたときは雰囲気ちょっと重い。(シーズン)最初の方は中継ぎで入ってたんで、負けたときはほんと居場所がないっていうか、気まずかったです、本当に。


-そんときにこう、あったかく声をかけてくれる選手いらっしゃいました?

<中山>そうですね、平野恵一さんが自分が投げてちょっと打たれた時にベンチの中で、まあとりあえずあんまり気にしないで、毎日試合あるわけだから切り替えてがんばれみたいな感じで。

<岸田>そうですね、やっぱ打たれてベンチ帰ったり、ロッカー帰ったりしたときとか先輩の吉井さんとか加藤大輔さんとか、気にすんなよ!打たれても明日投げんのやぞ!とそんな感じですね。


-あの投手の世界で中4日とか中5日とかよくいわれますけど、中何日の調整方法をちょっと話してほしいんですが。

<岸田>それは・・僕は中継ぎだったので、先発の中山くんが(笑)

<中山>投げ終わった次の日は長い距離を走って疲れをほぐして、疲れを取って、その次の日に休む。


-完全に?

<中山>はい、オフで。で、(次の日)中距離からはじまって、(先発の)前日の方は短距離になって、で、先発の日を迎える。ランニングが基本なんで、ランニングはすごくしますね。


-筋トレは?シーズン中やります?

<中山>筋トレやります。ランニング終わってから。あんまり重いのはないですが。

<岸田>筋トレですか?あまりしないですね。ちっちゃい筋肉を鍛えるというか。やれよ!といわれて横になって、(眠たくなってる)状態になってるときもあるんで(笑)


-あのすごい体出来てる先輩とかいらっしゃいますか?

<岸田>本柳さんとかすごいすよ。上半身裸でウエイトしてるんですが(胸指して)ぼこっぼこってすごいっすよ。


-その本柳さん、京セラドームで試合の日に間違ってスカイマーク行っちゃった、みたいなの吉井さんが言ってはったんですが、お二人にはそんな失敗エピソードありますか?

<岸田>寝坊は絶対しないように気をつけてるんですけど、高速の降り口間違えるとかはしょっちゅうあります。で、着いたら既にギリギリとか(笑)。ファームの試合とか軒作さん乗せて行くんすけど、道間違えて訳わからんところで降りて・・・。


-また、軒作投手も黙~~ってそうですね(笑)流し目で。

<岸田>(笑)はい。

<中山>スカイの試合でユニフォーム忘れたことがあって(笑)スカイと寮近いんですぐ取りに行きました。しかも確かその時先発で・・・。すごい焦って即ダッシュで取りに行きました。


-来シーズンの抱負を

<中山>来シーズンは今の時期からしっかり体作って、ローテーションに入ることが目標です。

<岸田>カントクも新しく替わったので、ほんとみなライバルなんでちゃんとした中継ぎとか抑えとか先発とか、ちゃんとしたポジションを獲得してシーズン通してそこで活躍できるようにしていきたいです。


-中継ぎとか抑えとかで20勝は難しくないですか?(笑)

<岸田>まあ運よけりゃ~あ・・・・・ムリですね(爆)


-最後に皆さんに一言

<中山>今年は結果が悪かったんですけども、来シーズンは新しくコリンズ監督も来たので、気分を一転してがんばっていきたいと思いますので応援よろしくお願いします!

<岸田>ホントに今年は結果があまりよくなくて、ボクも全然一軍に上がって投げてなかったんで来年は優勝を目指すチームの戦力になって日本一になれるようにがんばるので応援よろしくお願いします!

二人



司会のDOMIさんは野球ファン目線で質問投げまくりだったので、かなり濃厚な30分を過ごさせてもらいました♪

岸田君は関西出身だけあってさらりとボケをかますあたりなかなかのもんです。頭の回転も早そうだし、イケメンだし。

岸田くん!

早くヒーローインタビューが聞きたいものです。

中山君は思ったとおり穏やかに真面目に受け答えしていましたが、お客さんから

同期に平野佳久投手がいらっしゃいますが意識されますか?

という質問があったときは

やっぱり意識しますね!すごい活躍してるし、同期としては年も上ですし、負けられない気持ちはあります!

中山くん!

熱く答えてました。

ちなみに岸田投手は

入団当初は意識してましたがちょっとするとすごい差~あけられたんで意識しなくなりました。

と流してました。(笑)


あと、ちいさいお嬢ちゃんからの質問

かのじょ、いますか?」(会場大うけ)には

<中山>(笑)いません。

<岸田>クリスマスまでに作ろー思ったんですけど、仕事入ったんで今年はええかなって(笑)


それで平野投手には(彼女)いるんですか?

<岸田>それは平野くんに聞いてください!!


以上です~~。




てんてん。先生、私の為にこのようなお手間を取っていただき、心から感謝いたしております!

テープ?ビデオ?おこし、大変でしたでしょ?

本当にありがとうございました!!

次回は・・・・・いえ、独り言です。お気になさらずに~(爆)


これでまた一日、このブログが存続することができました。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月15日 光陰矢のごとし。仰木さん一周忌・・・。

昨年の「今日」受けた衝撃は1年を過ぎた今でも忘れることはできません。

今日は仰木さんの一周忌・・・。

球団、首脳陣、選手そしてファンの誰もが大恩ある仰木さん

決してキヨだけのものではありません。


仰木さんが命を賭して作り上げたBsのこの1年。

天国では、どのように思われていたのでしょうか?

今シーズンそしてこのオフの動きを振り返って、私はこの一言しか申し上げることができませんでした。



ごめんなさい。



球団は仰木さんに託したはずの「方向性」を悉く路線変更しようとしています。

あたかも「仰木体制を消そうとしている」かのように・・・。



仰木さん一周忌、職員や選手ら黙とう

オリックス仰木彬元監督(享年70)の一周忌にあたる15日、大阪、神戸のゆかりの場所で午前9時半に黙とうが行われた。大阪市北区の球団事務所では、機谷俊夫球団代表(44)ら出勤していた球団職員が黙とう。また神戸市須磨区のスカイマークでは約30人の職員、同市西区の合宿所では平野佳、森山、柴田誠ら3人の寮生が名将をしのんだ。

20061215233721.jpg

仰木さん!

現役時代

近鉄10.19

いろいろなユニフォーム!

グランドで倒れたら本望・・・

最後のユニフォーム姿

最後の最後・・・。


お別れ会

仰木さんの居場所

お別れ会のパンフレット

どこかで見たポーズ

記念レリーフ

功績


実は今日は忘年会で少し飲んで帰りました。

比較的(汗)早く帰ってきて今日の仰木さんの一周忌に寄せるに相応しい記事を書こうとPCの前に座りました・・・。

追悼番組を再び見たり、過去の写真を見たりするうちに様々な想いが脳裏を駆け巡りました。

こうしてお元気な(そうに見えた)生前のお姿を見ているうちに、涙が溢れて止まらなくなってしまいました・・・。

そして文章を、と思ってもなかなかまとまりませんでした。

この日が来るまでは「このフレーズを」とか「この想い出を」とか書こうと思っていたものもあったのですが、何故か進みませんでした。

心の中ではわかっていても、まだ仰木さんは私の心の中に確実に「生きておられます」・・・・・。

なので追悼の文章が書けないのだろうと思いました。

夜中の3時まで眠りもせずにボーっとPC画面を眺めながら、そんなことを考えていました。

私は、誰が何と言おうとこれからもBsと仰木さんとを切り離して考えることは出来ません。

もちろん監督が誰に代わっても、心の中では仰木さんが総監督という意識は消えないでしょう。

いつか日本一、いやアジア一を仰木さんと一緒に喜びたいと願っています。

このブログの名前は「Bsとともに・・・」と名付けましたが、

それは同時に「仰木さんとともに・・・」でもあると思っています。



カッコいい言葉は思い浮かびません。

最後にもう一言だけ(私が考えた言葉ではありませんが)言わせてください。



仰木さん!夢を、ありがとう!


夢をありがとう!





本日の契約更改

選手契約更改⑫


大輔@キャトウ


オリックス加藤が結婚&4800万円更改

オリックス加藤大輔投手(26)が15日、大阪市北区の球団事務所で婚姻届を提出したと発表した。12月11日に和歌山県橋本市在住の松岡史夫さん(54=会社員)の長女、恵理さん(22=フリーカメラマン)と結婚。04年に大阪市内の飲食店に行った際、そこでアルバイトをしていた恵理さんと知り合い、以来交際を続けて来た。すでに神戸市内の新居で新婚生活をスタートさせており、来年に挙式する。「家を空けることが多い仕事ですが、しっかり支えてくれています」とのろけた。

また加藤はこの日、2度目の契約更改交渉を行い、前回と同じ800万円増の4800万円(金額は推定)で更改。「金額は同じですが、インセンティブをつけて頂いた」と納得の更改となった。


大輔@キャトウ


大輔は、怪我から復帰後2年連続で60試合以上を投げ続けてくれました。

自分を見出してくれた仰木さんの一周忌に合わせてサイン、そして結婚報告!・・・。

来季からの更なる活躍を、奥様と共に期待したいですね!



歌くん


歌藤は2度目の交渉で400万円減の2200万円でサイン。

達夫@キャトウ


今年は怪我もあり、プロ入り以来最も満足のいかないシーズンになってしまいました・・・。

ルーキーイヤーと昨年と、投げろと言われたあらゆるシーン全てで精一杯頑張ってきた歌くん。

来季のコリンズ監督様は、歌くんをどのように使って活かしてくれるのか、その手腕が大いに楽しみです。



明日・明後日は、例によって契約更改はお休みです。

まだ誰も2回目の保留はありません

流石にこの日ばかりは保留はできなかったとは思いますよね(笑)

仰木さんの一喝が待っているかも知れないですからね。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月14日 男の生きざま、栄二様の場合

昨日のブログで、まだ契約交渉が行われていない唯一の選手である栄二様のことをチラッと触れたのですが、実は今日が交渉日でした。

これで全選手の1回目の交渉が終わりました。

栄二様は下記のとおりサインをされましたので、その結果、保留(未更改)者は、9名になりました・・・。

今日は栄二様一人だけの契約更改交渉であったようです。

その契約とは・・・・・。

ベテランには過酷とも思える厳しいものでした・・・。


選手契約更改⑪



栄二様


オリックス水口、大幅減4000万円で更改

オリックス水口栄二内野手(37)が大阪市北区の球団事務所で契約交渉を行い、2500万円ダウンの4000万円プラス出来高払いで更改した。野球協約に定められた減額制限(25%)を超える38・4%の大減俸に「しゃあないです」と厳しい表情。打率2割5分5厘、3本塁打、24打点に終わった今季への自戒も込め「気持ちよくサインしました」と話した。


公式のコメントも併せてご覧いただくと、更に味わい深さが増します!


水口栄二

ダウンでサインしました。社長と代表とは、どうしたら優勝できるかということについて長時間、話をしました。僕達の年代になると「気持ち対気持ち」ですので、球団も色々と考えてくれていると理解しましたので、心良くサインしました。来年はチームが一致団結して、勝たなきゃいけないですね。オフは例年通り、愛媛で自主トレを行います。違ったことをすると怖い部分もありますしね。あと、キャンプは宮古島でのスタートを希望しました。監督のことも全然分かりませんし、アピールできるところはしないといけないですしね。


栄二様!


穏やかな笑顔で、淡々と話されているのが目に浮かびます。



減額制限を越えるダウン提示にベテラン、

怒りの保留!




となってもおかしくないところなのですが、「しゃあない」・・・。

そして、自戒も込め気持ちよくサイン」したそうです・・・・。


今季は2軍キャンプからのスタートで、じっくりと調整してきた栄二様

序盤から中盤にかけては燻し銀の存在感を遺憾なく発揮し、怪我人続出の内野陣を塩Zとともに支えてくれました。

奇しくもその時期とカレンダー掲載時期が重なったため、頼れる「6月のカレンダーコンビ」と連日の活躍に大騒ぎをしたことが何度もありました。


今季のサヨナラ「初」勝利を決めたのも栄二様のバットでしたね!

4月12日 対西武ライオンズ戦3回戦 (スカイマークS)

サヨナラ打!


しかし、チームはいつの間にか大型連敗を幾度か重ね、気が付けば優勝戦線から早々と取り残されてしまいました。

そして7月2日の惨敗後には「あの事件」が起こりました・・・。


私は今でも栄二様のあの言動は、チームの為を思ってのことであったと信じていますし、言い訳や捨て台詞、ましてや情けを請うなどということを一切しなかった栄二様ますます好きになりました

しかし栄二様の調子は、これを境に徐々に下降線を描き出し、最終的には過去4年間では全ての面で最低の成績に終わってしまいました。


今季の悔しさ、来季への巻き返しに懸ける思い・・・

様々な感情をグッと胸の奥底に秘め、大幅ダウンを静かに受け入れた栄二様・・・。

これぞ一つのプロフェッショナルとしての生き方、いや生き様なのでしょう。

発する言葉の一言一言が・・・、いちいち・・・・・



シビレます!!



1500試合出場!


今日12月14日は、その昔「ある本懐が遂げられた日」でした・・・。

そう、赤穂浪士の討ち入りの日でしたね。

栄二様のダウンを受け入れた時の心境と、大石内蔵助が城を明け渡した時の心境、どこか通じるところがあったかも知れません。

栄二様は来シーズン、若手達で溢れかえる内野陣に敢然と勝負を挑み、そしてその勝負に勝ち、年俸と名誉の両方を取り戻されることでしょう!

潔い今日の契約更改の姿から私は、栄二様の「取られたら取り返せばええやん」との強い意識を感じ取りました・・・。

涙を流したり、ゴネるよりも何倍も何百倍も清清しい会見であったことでしょうね。

若手達も見習ってほし・・・・・、いや、栄二様こそ「若者」でした。

来季は、上には40代の選手が吉井組長を筆頭にキヨそして修司3人も(笑)

比べればまだ「若手」ですよね!

華麗な守備は、まだまだ健在!


いつまでも若々しく美しいまま、1年でも長く職人技を見せていて欲しい最高の選手の一人です!



昨日の新入団発表から一夜明けて、楽しいニュースが入ってきました。


オリ新人・土井「ミニラ」と呼んで

コリンズ監督には何と呼ばれたい?」という質問に、ルーキーがこたえた。小松は「ミスター・コマツと呼んでもらいたい」と社会人を経験した選手ならでは? の答え。名前から取ったニックネームを希望したのは3人で「ビッキー」(大引)「ウメ」(梅村)「タクマがいいです」(仁藤)。変り種は延江と土井で、高校時代から「瀬戸内のランディー」と呼ばれてきた延江は「ランディーと呼んでほしい」と希望した。「ナニワのミニラ」の土井も「ミニラがいいです」ときっぱり。


ニックネームはこれに準じましょうか?

小松くんは「ミスター・コマツ」ですか・・・。

ドクター・ナカマツ」っていう方と間違えないか不安です(笑)

しかも小松くんは相当気合が入っていますよ!


オリ新人・小松「NOVAに通う」

大学・社会人ドラフト希望枠の小松は、本拠地となる京セラドーム大阪と相性がいい。昨年の日本選手権では完封を含む通算11回無失点で「投げやすい球場です」。実は習字6段と、野球以外の才能もキラリ。「2けた勝利で新人王を目指します。コリンズ監督との会話のために(英会話学校の)NOVAに通いたい」と話した。


E○○ではなく、あえて「NOVA」のご指名。

親しいお友達の中に、球場に何度か通ったことのあるBsファンがいらっしゃるようですね(爆)


大引くんは、「ビッキー」ですね。

ビッキーと言えば、「頑張れ!レッドビッキーズ林寛子さんですね?

あっ、わかる人だけ、ネ!(笑)

それよりも松竹芸能の漫才コンビに「ビッキーズ」もいました。


で、延江くんは「ランディー」。

「ランディーズ」は吉本興業ですね!

いや、ランディーと言えば関西では「ジョンソン」ではなく十中八九「バース」ですが(笑)


梅村くんはイケメンなのに「ウメ」でいいんですか?

ウメがニックネームなのは元BWの平塚さんや現楽天の山下さんですよ?

「プラム」じゃ可愛すぎるし、「ウメッシュ」の方がマシかな?(笑)


仁藤くんは「タクマ」・・・。

そのまんまですね(汗)。 まっ、いいでしょう。

いや、最も地味っぽいのでもっとカッコいいニックネームを考えましょう。

ミニラ」に対抗して「チェキラ」というのはどうでしょう?

かえってカッコ悪いですね(笑)


そして土井くんは、仮契約時の公言どおり「ミニラ」を自らアピール。

これはノープロブレムで良いでしょう。


名前でなく、ニックネームで呼ばれるようになれば更に人気が出るでしょうね!

ルーキーたち


そのためには早く1軍デビューを!ですね。


その一方、今年のルーキー達は初めてのシーズンを終えて1年振りに7人全員揃っての球団行事に参加しました。


オリックス新人7選手が施設慰問

オリックス妹尾、岸田、平野佳、中山、森山、柴田亮、岡田の新人7選手が14日、神戸市西区の「兵庫県立のじぎく養護学校及び療養センター」と明石市の「NPO法人福祉苑リーベの会にじ作業所」を慰問した。サイン会などを開いて子どもたちと触れ合った。


妹尾って誰?と一瞬思いましたが、それだけ軒作という名前は浸透しましたね。

7人中その軒作くん亮くん以外の5名は今季早くも1軍を経験しましたし、全員が来季以降1軍の戦力として大いに期待されています。

そういう意味では、昨年のドラフト指名は充分合格と言えるものであったと思います。

彼らも昨日の入団発表を見て、1年前の初心を改めて思い出したことでしょう。

と、感慨に耽るのも一瞬だけ

目の前に現れた新たなライバル達との戦いには絶対負けない!と、改めて自分がプロ野球選手になったという自覚が芽生えたことでしょう・・・。

当事者には辛く厳しい戦いでしょうが、私たちファンの楽しみはまたまた大きくなりましたね!

昨年の入団発表



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月13日 祝!契約更改と新入団発表!!

今日の契約更改は2人だけでしたが、2人ともめでたくサインで、今日は保留者はいませんでした。

ただ、今日の2人は前回の保留者でした・・・。


あれ!?


ただ一人だけ、まだ一度も交渉を行っていない選手がいます。

栄二様!


栄二様の交渉日は一体、いつになるのでしょうか?



では晴れてサインを終えた二人の選手の話題から。

偶然にも二人は同級生だったのですね・・・。


選手契約更改⑩


マエカー


オリックス前川、2800万円でサイン

オリックス前川勝彦投手(28)が13日、大阪市北区の球団事務所で2度目の契約交渉を行い、700万円減の2800万円で更改した。提示は前回と変わらずも「それほどハードルは高くない」条件で、出来高を認められたという。貴重な左腕の先発候補として昨オフのトレードで入団も、今季は1勝どまり。「来年に勝負をかけます」と銭闘から気持ちを切り替えていた。(金額は推定)


前回からの上積みは無し。

その分、出来高がついたようです。しかも「それほどハードルは高くない」条件だそうです。

その条件とはどのようなものなのでしょうか?

秋季キャンプでコリンズ新監督様のメガネにいち早く適った新・マエカーであれば、もしかしたら「20勝」くらい軽いかも知れませんね(爆)

私は来季のマエカーの体重と髪の色、そしてリリース・ポイントの位置が、とっても気になります。

食べる前にノム!

ごねる前にサイン!

旧・マエカー


イメージを悪くする前に契約を終えることができましたね(笑)

GJと言わずにはおられません



光尊様


オリックス後藤、3800万円でサイン

オリックス後藤光尊内野手(28)が13日、大阪市北区の球団事務所で今季2度目の契約交渉を行い、800万円増の3800万円で更改した。金額は前回提示と変わらずも、出来高で「殊勲打と守備で、新しい項目を2つ加えて頂いた。簡単にクリアできる条件ではないですが、頑張りたい」と納得してサイン。来年1月31日のキャンプ地出発までは、ずっと神戸で自主トレを行う。11月に父親になったばかりで「子供の顔を見ていたいんで」と笑顔を見せた。(金額は推定)


光尊様も2回目の交渉の席で「1発サイン!」(爆)

マエカーと同じく上積みは、無し

しかも「背番号変更慰謝料」も込みと言われてしまいました・・・。

しかし、お金のことで揉めるのは爽やかでクールな光尊様のイメージに全くそぐわないため、こちらも出来高で手打ち

しかし「簡単にクリアできる条件ではない」ハードルのようです。

そのハードルとは・・・・・?

殊勲打と守備」だそうですが・・・・・。


しゅ、しゅび~!?


今季の光尊様失策数はたったの13(←たったのって)。

それを10ほど減らせ、というような感じでしょうか・・・?

確かに「簡単にクリアできる条件」ではありませんね(爆)

でも、来シーズンの目標である「MVPを獲る!」という青写真を現実のものにするためには、GG賞受賞クラスの安定した守備は最低必須条件

是非、奇跡を起こして欲しいですね!


ただ、その主にショートの守備でのエラーについて少し調べてみました。

今季の光尊様のエラーは先ほども述べたとおり13個。もちろんチーム・ダントツではあります(2位は塩Zの7個)

因みに他球団のショート・ストップの選手を例にとってその数を比較してみますと・・・。

GG賞の宗りんさんは12個でした。GG賞はエラーの数はあまり関係ないようで、安心しました(汗)

西岡さんは、何と光尊様と同じ13個でした。

しかしアジア一に輝いたファイターズの金子さんは流石に最少の10個

しかしナカジさんは、光尊様より多い16個を記録しており、イーグルスに至っては塩川さん8個、沖原さん7個、草野さん5個と、これだけで脅威の20個!

こうやって改めて見てみますと、光尊様エラーばっかりやっているイメージが定着していますが、そうでもないことがわかりますよね(汗)

ただし、守備機会や守備率などの概念は光尊様を語る時には必要ありませんので、悪しからず(爆)

それより今季は、いままでいつもマサヒロのプレーを指で加えて見ているだけであった「KTV好プレー賞」を獲ったり、伊集院さんにも認められて「光プレー大賞」までも受賞!

光尊様


また、カラオケの「SKY」では、まるでサブリミナルのように光尊様の好プレーが散りばめられています(笑)

このお蔭で、「光尊様は守備の上手な選手」というイメージがそろそろ多くの方の深層心理に定着している頃でしょうか・・・。

皆さんもBsファン以外の方とカラオケに行かれた折には、是非とも「SKY」をリクエストして将来の光尊様ファンの開拓にご尽力ください(爆)

まだまだ書き足りませんが、この後もおめでたいニュースがございますので、今日はこの辺にしておきます・・・・・。



さて、今日は6人の若者にとっては待ちに待った一日でした。


2007年新入団選手発表会見


公式には、それぞれのプロフィールやコメントが載っています。

新入団発表


ここではテレビのニュースで流れた本人の肉声をご紹介したいと思います。

ただし、社会人と大学生の二人はともかく、高校生で紹介されたのは地元関西の高校出身の土井くんだけでした・・・。


【大学生・社会人】


希望枠 小松聖投手(25)=JR九州
180センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号28

小松くん!


大阪の方々は、物凄い熱いということを聞いているので、自分もマウンド上で「熱いピッチング」を心掛けて、ファンと一体になって頑張って行きたいと思います。

熱いピッチングを!




3巡目 大引啓次内野手(22)=法政大学
178センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号10

大引くん!


ようやくプロの世界に足を踏み入れたということで、これから厳しい練習や競争が待っていると思いますけれども、それに勝ち、レギュラーポジションを獲って、オリックスの「10」は谷選手じゃなく大引だと言われるよう頑張りたいです。

新・背番号10

目標はマサヒロ!



【高校生】


1巡目 延江大輔投手(17)=広島・瀬戸内高等学校
183センチ、75キロ、左投げ左打ち、背番号47

ランディー延江くん




3巡目 梅村学人投手(18)=三重・三重高等学校
185センチ、78キロ、右投げ右打ち、背番号59

プロ野球ai予備軍・梅村くん




4巡目 仁藤拓馬投手(18)=静岡・島田商業高等学校
182センチ、80キロ、右投げ右打ち、背番号68

お肌ツルツル仁藤くん




5巡目 土井健大捕手(17)=大阪・履正社高等学校
176センチ、85キロ、右投げ右打ち、背番号69

テレビを見てた側で、ここでしたいなぁとか思ってたんで、それが自分の地元の、僕は兵庫県民なんで、地元のオリックス・バファローズさんに獲っていただいたっていうのは凄く光栄なことで嬉しいです。

僕のセールスポイントは打撃・長打力と、この「笑顔です!」会場ドッと沸く!
笑顔が武器のミニラ土井くん


高校生ドラフトで運良く入れた、このオリックス・バファローズさんに最高の恩返しができるように結果を残したいと思います!


登場はド派手に「ゴジラ」のテーマソングに乗っての入場、そして舞台上で素振りを披露しました。でもニックネームは「『ミニラ』でよろしくお願いします」とのことでした(笑)

何故かコジラのテーマ曲で入場




帰国中のコリンズ監督様の代わりを務めたのは、我らの大石大ちゃんヘッドでした。

大石@大ちゃんヘッドコーチが監督代理


素晴らしい選手を獲得できたことと思います。この選手の中からですね、来年一人でも多く一軍で活躍してくれることを期待します。



プロ野球選手としての「はじめの一歩」を踏み出した6人の若者には、今日のこの日の嬉しい気持ちを引退の日まで決して忘れることなく、一人でも多く球界を、いえ日本を代表するスター・プレーヤーに成長してくれることを願って止みません。

頑張れ!6戦士!




夢を掴め!6人の新しいBs戦士達!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!







12月12日 契約更改、最後のそして最大のヤマ場!銭闘開始!?

いよいよ契約更改も一巡目が終わろうとしています。

最も注目を浴びるはずであったキヨは、あっさりと「実は2年契約でした」と現状維持でサイン。

これにより一躍Bsのオフの主役に躍り出たノリの交渉は、Bsファンならずとも注目を集めることとなりました・・・・・。


選手契約更改⑨



吉川勝っちゃん 2回目の交渉


2回目の交渉でサインです。

今季は起用法に納得の行かないことも多かったのでしょう・・・。

数少ない1軍のマウンドでも安定感を欠きました。

しかし終盤の来季へのテスト(?)登板ではまずまずのピッチングを見せてくれました。

彼も監督が替わったことを巻き返しのチャンスと受け止めている一人でしょう。

Bsでは二人しかいない貴重なサイドハンドの中継ぎ。

軒作くんがその座を虎視眈々と狙っています。

でも公式のコメントとその柔和な笑顔を見ると、まだまだ若いものには負けないプライドを感じました!

球審・ヨシカー


来春のキャンプでは、持てる全てを懸けてコリンズ新監督様にアピールしたいところでしょうね!

頑張って欲しいです!



大西くん


オリックス大西「パシリ卒業します」

オリックス大西宏明外野手(26)が12日、大阪市北区の球団事務所で契約交渉を行い、400万円増の2700万円で更改した。大西は先発出場は40試合ながら、守備固めや走塁での貢献度を認められ、アップを勝ち取った。今季はPL学園の大先輩、清原の「パシリ役」として認知されてきたが、来季は「パシリより1歩先に成長するつもり」と卒業を宣言した。


2年間コンビを組んでいた相方の「オトコマエ」がチームを去り、他にも競合選手であったよしくんハヤカーも、ブランボーも(ジェイソンも?)いなくなったBs外野陣

若手達は、今までになくレギュラー奪取に目の色を変えていることでしょう。

その中にあって新レギュラーの筆頭と目される大西君です。

秋季キャンプでは、既にコリンズ新監督様ハートをゲット(爆)

I Like OHNISHI!

ですからね!

野球の技術だけでなく「しゃべくり」の技術も成長著しい大西君・・・。

大西くん


来季は、キヨ離れ、そして独り立ちを期待したいですね!

個人的には、右打ちよりも豪快なアーチを沢山見たいと思っております。



村松様


村松 現状維持1億円でサイン

オリックスの村松は12日、現状維持の1億円プラス出来高払いで契約を更改した。来季は4年総額4億円の複数年契約の4年目。今季126試合で、打率3割3厘の成績を残したが「来季は全試合フルイニング出場で、打率3割、30盗塁以上が目標」と話した。


日本一の福岡ダイエーのレギュラーを捨てて、FAで最下位のBWに来てくれてから3年が過ぎました。

3年間で2回の3割超え。

それだけに、改めて昨年の不調が信じられない気持ちで一杯です。

口の悪い輩は年齢による衰え、などと揶揄したりもしましたが、そんな声を完全シャットアウトしてみせてくれた今季の村松様・・・。

シーズン当初からレギュラー固定をされなかったことが、今でも悔やまれます・・・。

村松様


しかし、コリンズ新監督様の野球は、恐らく最も村松様が輝くことのできる野球でしょう。

私も楽しみですが、私よりも村松様ご自身が最も楽しみにされていることでしょうね!

来季は同級生トリオからよしくんが抜けて同級生コンビとなりましたが、選手会副会長として、チームをそしてキタガー選手会長をサポートする新たな一面にも期待しています



良太@アイカー

保留です。



ノリ

結論を先に言うと、保留でした。


まずは交渉の前のノリと球団の姿勢を確認しておきましょう。

オリックス ノリに50%以上減提示へ

オリックスが12日に契約更改交渉を行う中村紀洋内野手(33)に今季年俸2億円から大幅ダウンの8000万円程度を提示することが11日、わかった。両手首痛などを抱えての出場で中村が訴える「公傷」も、球団側は断固として認めない方針。球団関係者は「1億円を超えるダウン」と話している。

1億2千万円の超大幅減俸で主砲が今季低迷の責任を問われる。米球界から復帰して開幕4番も務めた中村だが、負傷が続いて最終的には85試合出場で打率・232、12本塁打、45打点。期待を裏切る結果に、球団側は選手の同意が必要な協約上の減額制限を超える50%以上のダウン額を提示する方針を固めた。

痛いからといってすぐに抜けられなかった」。チームのために出場を続けたという中村の主張にも「公傷」は一切認めない方針。この日も交渉役の長村球団本部長補佐が「公傷扱い」は平野恵だけに適用することを明言。中村は代理人を同席させることを球団側に伝えており、交渉が長期化することは必至だ。



そして今日、約束どおり「ゼニカネではなく、愛を」得るために「代理人を伴って」第1回目の正式交渉に臨みました・・・。


オリ中村が交渉「ショックの一言」

オリックスの中村紀洋内野手(33)は12日、大阪市内の球団事務所で代理人が同席して契約更改交渉に臨んだが、具体的な条件提示に至らなかった。球団側は下交渉でダウン提示をしていたことを明らかにした。

米大リーグのドジャースから日本球界に復帰した今季、中村は2億円プラス出来高払い5000万円の1年契約。だが成績は振るわず、85試合出場で打率2割3分2厘、12本塁打にとどまった。

中村は代理人の茂木立仁弁護士とともに記者会見し「内容はあまり話せない。今の段階では言葉が出ない。ショックの一言ですね」と伏し目がちに話した。

交渉では中村側が死球を受けて負傷した左手首をかばって出場を続けたことへの配慮を求めた。交渉後、機谷俊夫球団代表は「突発的なものか判断しにくい。今のところ考慮しない」と話した。

次回の交渉は19日に行われ、代理人だけで臨む予定。けがに対する扱いが争点となるとみられる。(金額は推定)



ということでした。

ショックの一言だったそうですが、会見では5回くらい「ショック」と言っておられました(笑)


「予想外」の1発サインは、やはり叶いませんでしたね・・・・・。

サインはしてないですね

ショック

公傷を求める!

来年が勝負だと思っている

いい話を!


よしくんは、1億3000万円ダウンのうえに放出

他球団も大幅ダウンのベテランが目立ちます・・・。


ゼニカネではなく」、ノリの求める「」とはどれくらいの価値のものなのでしょうか?

近鉄の時みたいに野球をしやすい環境とはどのようなものなのでしょうか?

じっくりと納得するまで話し合いを重ねていただいて結構ですが、ご自分のイメージも大切にして欲しいと思います・・・・・。


「ショックの一言。」

これも「罰ゲーム」と受け止めているのでしょうか・・・・・。



では明るく、次の話題で~す(笑)


オリックス新人が施設見学

オリックスの大学・社会人ドラフト希望枠の小松聖投手(25=JR九州)ら新人6選手が12日、神戸市内の本拠地スカイマークや合宿所の施設見学を行った。13日に京セラドーム大阪を見学後、大阪市内で入団会見に臨む


そろそろ各チームの新入団選手発表が出揃ってきましたが、Bsは、いつだろうかと思っていたら・・・・・。


明日でした(爆)


いよいよ明日、6人のルーキーが誕生します!

昨年の入団発表
昨年の入団発表の様子

肝心の監督は不在ですが、心からウエルカムですね!



新しくプロの世界に飛び込む華やかな若者たちの陰で、ひっそりと選手生命を終えるベテランのニュースが入ってきました・・・。


金田がソフトBの打撃投手に

ソフトバンクは12日、今季限りで楽天を戦力外となった金田政彦(37)が打撃投手として加入したと発表した。


トライアウトにも参加していなかったので心配していましたが、いつの間にか引退を決意していたのですね・・・。

思えばBW時代の02年には最優秀防御率のタイトルも取った元エース。

東北楽天との分配ドラフト(←嫌な名前)でBs側でプロテクトされなかったのは、実は私は物凄くショックでした・・・。

その後はイーグルスでも思うような活躍ができず、敗戦処理のロングリリーフ、しかも連投という姿を見ては秘かに胸を痛めておりました。

そして今シーズンで選手生活を終え、福岡でバッティングピッチャーとして第2の人生を歩むことになったのですね・・・。

金やん!


また一人、球界から元BW戦士が姿を消しました・・・。


カネやん、お疲れ様でした。そして、ありがとう!!



今日は契約更改以外のニュースが多いので嬉しいです(笑)



今週の15日と言えば、何の日かご存知ですよね?


オリックスは仰木さん一周忌に黙とう

オリックスは12日、仰木彬元監督(享年70)の一周忌となる15日に大阪市北区の球団事務所、神戸の本拠地・スカイマーク、合宿所(神戸市西区)の3カ所で黙とうを行うことを発表した。午前9時半に球団職員らが元監督をしのぶ。また小泉隆司球団社長、横田昭作広報室長、岸田光二マネジャーは福岡県北九州市の自宅を訪れる。


あれから1年ですか・・・・・。

月日が経つのは本当に早いものですね・・・・・。

仰木さん!


当日は私も同じ時間に、黙祷を捧げようと思います。

そして不甲斐なかったこの1年を心からお詫びしたいと思います。


良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月11日 これでいいのか?ひらりんのケガの代償。

今日から契約更改が再開です。

明日の大嵐(汗)を前にして、その前兆が今日訪れました・・・。

公傷の取り扱い方に認識の違いがありました。



公傷(こうしょう)

公務の最中に負った怪我のこと。一般的に各種保障や保険制度の対象になる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




そして、今日唯一の保留者は、ひらりんでした・・・。

焦点は、公傷を認められたうえでのダウン提示であったのか、公傷そのものが認められなかったのか・・・。

そして少しアップだったキタガーの右肩のケガは?

更に言えば、キヨの足の怪我は?

・・・・そして明日のノリの両手首にはどのような評価が下されるのでしょうか・・・。

ソースをなくしてしまったのですが、以前フロントの話として「あれは本人の不注意による怪我」というコメントを見た覚えがあるのですが、さてどうなることでしょう・・・。



選手契約更改⑧



フミヒロ2回目の交渉


2回目の交渉に臨んだ鈴木郁洋捕手(31)は前回提示と同じ300万円ダウンの1700万円でサインした。

今季Bsでは「保留者第1号」になりましたが、「2度目の交渉でサイン第1号」にもなりました(笑)。

前回より上積みもなし・・・。

しかしモチベーションを下げることなく、来季へ向かって欲しいと思います。

フミヒロ@シドニー


フミヒロにとっては、今季以上に厳しい立場に追い込まれる来季

できるだけ強く、できるだけ激しく・・・

燃え盛って欲しいと思います!



菊様


オリックス菊地原は4500万円

オリックス菊地原毅投手(31)が11日、大阪市北区の球団事務所で契約交渉に臨み、300万円アップの4500万円で更改した。今季は45試合に登板し、1勝3敗2セーブ、防御率3・44の成績。23ホールドポイントはチームトップだった。菊地原は「僕自身ケガとかで1年を通して働けず、登板数も去年(71試合)より減ったけど上げていただいた。来年は60~70試合投げたい」と目標を口にした。


昨年の71試合に比べたら、怪我により登板数が激減したことは否めません。

しかし、昨年タイトルを取ったリーグトップのホールドは、今季もチームではトップでした!

パ移籍2年目のジンクスは終わりました。

パの野球の酸いも甘いも噛み分けは終わりました。

しかも来季は左のショートリリーフとして実績のある修司が加入することによって、菊様肉体的・精神的負担はかなり軽減されることでしょう。

菊様!


来季は昨年のように炎のセットアッパーとして「雄叫び」上げまくりの一年になればいいですね!



ハギー


今季のハギーは、いわゆる終わりよければ全て良し!の1年だったのかも知れません。

全般的には昨年よりも低調な成績に終わったことは間違いありませんが、終盤の最後に1軍登録をされて以降の4試合は得点を許さずに終わりました

私は個人的には来季契約に向けての最終テストかな?とも思いましたが、キッチリと結果を残してこの日の契約に結び付けました。

最大の契機は、ルーキーイヤーに2軍でお世話になった、あのやさしい「梶本陸夫」元BWピッチングコーチ、元阪急監督ご逝去でした・・・・・。

今では梶本さんと、選手とコーチとして接したことのあるBsの現役選手はハギーただ一人となってしまいました。

ハギー!


かわいがってもらい、気にかけてもらっていた梶本さんの御霊に捧げるシーズン終盤のピッチングだったのでしょうね。

ハギー不調によりそのポジションを担い、かつての輝きをきを取り戻した本やんとの来季のマルチ・リリーバー争いが今からとても楽しみですね!



ひらりん


保留でした・・・。

5月のロッテ戦(千葉)でフェンスに激突して大ケガした平野恵一内野手(27)は現状維持を主張したが、認められず800万円ダウンの4000万円を保留した


オリックス平野恵がフェンス激突料要求

オリックス平野恵内野手が11日、契約更改に臨み「フェンス激突料」を要求した。800万円ダウンの4000万円を保留。「命を懸けたプレーに評価はしてくれているけど、何とか現状維持で契約したい」と厳しい表情で話した。5月のロッテ戦で一塁線沿いのフェンスに激突しながら捕球。胸部骨の軟骨損傷、右腰部肉離れ、右股関節ネンザなど全身打撲の重傷を負った。


冒頭にも書きましたが、今回の球団からの提示額は公傷を認めたうえで、それを上回る純粋な成績不振にのために差し引きでダウン提示であったのか、公傷は一切加味されていないのか・・・。

ノリは「認められていない」とこっそりマスコミを通じて教えてはくれましたが、真実は私にはわかりません。

・・・・・平野恵のケガについても「全力でプレーして選手生命を脅かすようなケガをした。それが公傷と認められないようで・・・。」


もしもそれが正しいのであれば、私は個人的には球団の公傷に対する認識がファン感情を無視したものであると思わざるを得ません・・・。

ノリでなくとも、公傷の行方はとても気になりますね。

ひらりん!


いずれにしても、生死の淵から私たちの目の前に生還してくれたひらりんが、来季も変わらず「平野恵一」たるプレーを見せてもらえるように、球団にはあの事故の代償を正当に評価していただきたいと心から願っています。



キタガー@選手会長


オリックス北川が7000万円でサイン

オリックス北川博敏内野手(34)が11日、契約更改交渉を行い、200万円アップの7000万円でサインした。当初の球団提示は現状維持だったが、2年連続で打点、得点圏打率でチームトップをマークしたことなどを主張。200万円の上積みがあった。北川は「厳しいなと思うけど、こちらも8月に右肩を手術してそのあと出てないので、言える材料はなかった」と苦笑い。


文句なし!!

私が選ぶ今季のBsの最高殊勲選手です!!



キタガー選手生命を確実に縮める怪我をしながら、監督自ら「手術はシーズン後に」などと治療を先延ばしにされつつも、8月までキヨ、ノリのいないBs打線の主砲としてチームを引っ張ってくれました。

逆に言えば、出場試合数が減ったにもかかわらず、2年連続チーム打点王を守ったとも言える訳です。

あの怪我は試合中に小フライを取ろうとしてダイビングして負ったもの

負った怪我は、私のような素人の目からも「公傷」に見えましたが。

しかし、球団の当初提示額は現状維持・・・。


やはりこの球団には「公傷」という概念は査定には一切考慮されないような気がしますね(泣)


今までと違い、来季は選手会長としてシーズンを迎えることになりました。

肩の快復具合も順調な様子。

キタガー!とマサヒロ


選手会長として選手達そして私たちファンを盛り上げて、そして引っ張って、優勝して、来年の契約更改では球団から全員大幅アップを引き出しましょう!

私は、キタガー新選手会長について行きます!!


さあ、いよいよ契約更改も大詰め

未交渉の残りは、栄二様、村松様、大西君、良太・・・。

そして明日のノリとで、全部で5人になりました。

そして、全てのBsファン注目の「明日」がやってきます・・・・・。

さて、どのような嵐が吹き荒ぶのか?それとも肩透かしの1発サインとなるのか?

できれば後者に、持ち点全てを賭けたいところです。



では、話題を変えて・・・・・。


昨日、Bsに関係ない写真として、新幹線の車窓からもお馴染みの「京都・東寺の五重の塔」をご紹介したところ、期待以上の数の方からコメントをお寄せいただきました。

その中で、来週は是非「ルミナリエ」を!とのリクエストまで頂戴いたしました(笑)


実はそのルミナリエの写真は、昨日「何かのお役に立てば」と現地へ行かれたネッピ~りなさま(いつもありがとうございます)より数枚を送っていただいておりました!

折角の機会ですので、早速活用させていただくことにいたします!



昨日(12月10日)仕事が終わったあと、友達とルミナリエを見に行って来ました。

その1

その2


寒いのにまるで「初詣」にでも行くみたいに、凄い人出でした!

ルートどおりだと全然進まなくて大変です。

が、大きな声では言えませんが(笑)反対側の道路から歩くのがお勧めですよ。

割とスムーズに歩けますよ。

その3

その4


帰り道にハシゴして「藤ナリエ」(前サーパス・コーチの藤井康雄さん御本人藤ナリエと言っておられました!・笑)も見てきました。

康雄さん


本当に豪邸だけあって凄いです!

藤ナリエ


辺りはクリスマス装飾で有名な地域で、まるで観光地の様に見物人の多さには驚かされました(汗)。

装飾のデザインは毎年違いますが、なんせ豪邸なんで携帯カメラでは1枚で収まりきれず、二枚に分けて撮りました。

藤ナリエその2


このおうちは、実は元BWの長谷川選手住んでおられたおうちなんですよ!

今でもたまにイチロー選手も来られるみたいですよ!

私も住んでみたいです(笑)。

オリックスを解雇されたら引越しされるのかな?と心配しましたが、取り越し苦労でした。




ネッピ~りなさま、本当にありがとうございました!

これで私、行かなくてよくなりました(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月10日 穏やかな週末、でも嵐の予感な週明け!

今日はニュースがありませんねぇ。

そりゃオフの日曜日ですからね(笑)。

私も久し振りに今日は「野球なし」の一日を過ごさせていただきました。

京都で癒されて参りました・・・。

京都のどこだかわかりますか?


Bs関係のない写真で恐縮ですが、もしもこの写真を見てホッと一息ついていただける方がおられたら・・・。

土曜も日曜もなく頑張ってお仕事をされていた、そう、あなたのために!(笑)



明日からまた契約更改が始まります・・・。

ここまでの契約更改の動向をおさらいしておきましょう。

一昨日までに契約が成立(サイン)したのは36名(移籍3選手と育成2選手含む)です。

そして保留者は、10名でした。

保留者の内訳は、先発投手2人、中継ぎ投手6人、捕手1人、内野手1人、外野手0人です。

私の記憶が正しければ、外国人選手と保留者を除いてまだこれから交渉が残っている選手は、投手はハギー菊様、内野手は栄二様ひらりんキタガー。外野手は村松様大西君良太全部で8人です。


あっ、しまった! もう一人忘れていました!


オリ中村“銭闘予告”12日契約交渉

左手手術からの復活を目指すオリックス中村紀洋内野手(33)が「銭闘」を予告した。9日、兵庫県芦屋市内で行われたプロ野球40年会と同48年会の合同イベントに、48年会の一員として出席。その際「左手の回復は順調です。それより、球団との話し合いですね」と12日の契約交渉をにらんだ。

中村はかねてから、両手首痛などの公傷扱いを球団に求めている。5位低迷の責任は主砲として減俸で取る覚悟だが貧打のチーム事情から故障をおして出場を続けたと主張。公傷扱いを認められない場合は、代理人を起用する方針だ。また、この日は少年野球教室に参加し、9月29日の手術前以来のスイングを披露した。



Bsノリ「ファンに失礼や!」球団の方針を強烈批判

ホンマに優勝する気、あるんか!9日、プロ野球40年会VSプロ野球48年会の合同イベントに参加したオリックスの中村紀洋内野手(33)が「全力プレーよりケガしないことを優先」という球団方針に反発。強烈に批判した。すでに2度の下交渉で自身の考えを伝えたが、12日の第1回正式交渉に代理人を同席させることを明言した

「80%の力でいいからケガせず1年間通して出場を、と言われました。ボクは少々のケガでも100%の力でプレーするのが当たり前だと思う。ファンに対して失礼でしょ。金の問題じゃなく、気持ちよくプレーしたい。ホンマ、信じられませんワ。優勝する気ないんかな

球団の枠を超えた48年会の仲間との再会。楽しいはずのイベントも、つい、グチのオンパレードになった。また、下交渉の中で出た平野恵のケガについても「全力でプレーして選手生命を脅かすようなケガをした。それが公傷と認められないようで…。これじゃ勝てませんよ」と後輩の処遇を嘆いた。

手術した左手首は順調に回復している。この日は久々にバットを握ってみたが、「ゆっくり焦らずやります」と来季開幕に照準を合わせてマイペースで調整していく。その前に来季年俸の交渉が待つ。「越年?こだわらない。代理人に任せるけど、球団がどう言ってきますかね」。早くも大荒れ更改の様相を呈してきた。


ノリ


「ボクは少々のケガでも100%の力でプレーするのが当たり前だと思う。ファンに対して失礼でしょ。」


私は、少々のケガかも知れませんが「痛い痛い。バットが握れない」と散々言い訳を言っているのに「でも、いい訳はしたくない」と聞く方がファンに対して失礼・・・(以下自粛)

そして「これじゃ勝てませんよ・・・・・


済みません。私はバカにされるかも知れませんが、来年は日本一、アジア一を信じてBsを応援させていただくつもりです。

コリンズ監督様も、その為にはるばる海を渡ってやって来てくださるのだと信じています

そんな愚かなファンの心を、踏み躙ってほしくはありません・・・。

私も「愛がほしい」です・・・・・。

・・・・・済みません、少々取り乱してしまいました。

ミスター近鉄の名をほしいままにしてきたノリの、仰木さんのためにとBsに入団してくれたノリの・・・・・、これが本意だとは信じられません

ノリ


マスコミの捏造記事だと思うことにします。


話題を変えましょう。

それも幸せな話題に!!


オリックス前田が挙式

オリックスの前田大輔捕手(27)が10日、神戸市内で竹内未紀さん(23=奈良県在住の竹内康晴さんの二女)と挙式した


おめでとうございます!!

私も便乗して、今からビールのプル・トップを「プシュッ」と・・・(笑)

小西真奈美さん似の超美人の花嫁さん(byさるきちさま)と二人三脚のスタートですね。

タッチ@前田


タッちゃんと南のようにね!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月 9日 イベントに行って来ましたぁ

世の中の週休二日制の会社にお勤めの方々同様、私もお休みでした。

オリックスという会社も恐らくは週末は基本的にお休みなので契約更改もなかったようです。

しかし、そんな日でも健気に休日出勤で「働いている」選手がいるとの情報を得たので、大阪・なんばの某家電量販店へ行ってみました・・・。

しかし、その前にもう一つのイベントをご紹介いたしましょう!

と言っても私が行ったのではなく、例によっててんてん。さまよりレポートを送っていただいたものをそのまま載せさせていただいただけなのですが(汗)

さて、そのイベントとは・・・・・。

12月7日、大阪城ホールでした。

てんてん。さま、いつもいつもありがとうございます!!

そして私、いつも他力本願で申し訳ございません。

それでは、少しでも行ったつもりにさせていただきましょう(笑)



毎年大阪で開催されている「プロ野球スポーツフェスティバル」に行ってまいりました。

リーグ対抗戦だからでしょうか、各球団3名ないしは4名の参加者で、我がBsからはゴエ前会長・ひらりん・ひらよしくんの3名が参加です。


Bsの三人衆


入場開始は午後5時からで、入場時に何人かの選手がお客さんをハイタッチで迎え入れてくれるファンサービスがあり・・・でしたが、ワタシが会場に着いた5時45分頃にはもう既に選手の姿はありませんでした(TT)

残念!早目に行かないといけなかったのですね~。

さて、入場して席に着いてから分かったのですが、ウチらの席は舞台に向かって左のセ・リーグサイドでした。(なのでハイタッチもセ・リーグ選手が担当だった様子です。)

まあ会場全体の7割ぐらいは阪神ファンだったのであんま関係ないですが(笑)。

ただ人数的には惜しくも大敗していたとはいえ、選手ボードを掲げ、ユニを来て応援しているBsファンもちらほらと(歓喜)こころの中で同士よ!と叫び、自分もユニを着ちゃいました♪

オールスター戦や東西対抗に行ったことがないので、いろんなユニ来たファンの人が観れて楽しかったです。

さて、競技内容ですが・・・こちらはテレビ放送が来年1月7日にあるので、ナイショにしときます。(笑)

レポになってへんやんか!!って感じですがお許しを。

ただ、Bsの三人の様子なんぞをちょこっとお話しますと・・・。

終わったらどこ飲みに行きます?


ひらよしくんは仲良し(?)の八木君と競技の最中もお話ししてたりしてました。二人ともマウンド上では堂々としてるんですが、こういう場だと新人君らしい初々しさもちょっとみえたりしていい感じ。

和気藹々


切磋琢磨して成長していってほしいなあと思って見てました。

ひらりんはケガのこともあったので参加選手として発表されたときはびっくりしたし、無理しないでほしいなあと思ってましたが、なんの違和感もなく元気に競技こなしてました。

楽しんでます!


宗りんとハイタッチなんてしたりしてましてシャッターチャンスだったのですが、口あけてみとれてましたんで写真はありません(爆)

ゴエ前会長は普段ベンチで中継ぎ抑えに注がれるスナイパーのような視線とは違い(爆)満面の笑顔で他の選手の競技をみつめておられました。

やさしい眼差し


笑うとかわいいんすよね~ゴエ前会長

あ、でも契約更改は・・・・(汗)

あとキヨが最初のほうで映像(録画)で出てきましたね。キヨも来てくれたらよかったのになあ。

キヨが気合注入!


さて収録時間4時間ちょいと長かったので正直途中だれた時間もありましたが、初めてのスポフェス楽しかったです♪

初体験だけど楽しそうなひらよしくん

懐かしの木田画伯

ゴエ会長も最後の参加かな?


選手の皆様もお疲れ様でした!

あとひちょり選手、目立ってました。人を楽しませ、自分も楽しむ。次期1番が良く似合う男になりそうです。

ひちょり


以上です~!




てんてん。先生どうもありがとうございました!

私も来年は行ってみたいなぁと思ひました。

特にハイタッチ、羨ましい限りです・・・。


ではもう一つのイベントを。

これは本日の出来事です。

つい先日、2人目のお子さんがお生まれになったばかりの村松様と、期待の松坂世代の超秘密兵器である大西君のトークショーでした。

ネプ・リプ、クリスマスバージョン


街はもうクリスマス気分で溢れていました。

ということで、ネッピーとリプシーもクリスマス・ファッションでキメていました。

やっと登場!


ダンディーな村松様


ダンディーな村松様です。

唯一3割打者に返り咲きながら、自分のことは一言も触れず、チームの今シーズンの悔しさをにじませておられました。

コリンズ監督は、いろいろと細かい指導で自分にはいい監督だと思う、とのことでした。

こちらの予想通り、終始真面目で固い受け答え村松様でしたが(爆)、因みに、好きな女性のタイプは「本上まなみ」みたいなしっとりとした女性だそうです(笑)

そして、子供達が将来オリックスの選手になるにはどうすればよいか?と、打ち合わせにない質問をされましたら・・・

よく食べて、よく寝て、よく練習すれば・・・」と予想通りしどろもどろになりながら、やっとのことで答えられました(爆)

すると大西君、すかさず「アドリブの利かない村松さんに替わってボクが・・・」とやって大爆笑!

アドリブの利かない村松さんに替わって・・・


大西君はやはり流石としか言いようがありませんでした(笑)

先日のファンフェスタでも見事、直前のテレビ・リポーターも完璧にこなしていましたよね。

そのことを突っ込まれると、

実力がない分、引退後はしゃべくりで仕事取ってこなあかんから・・・

かなりの腕前です。吉本効果かも知れませんね(爆)

引退後はしゃべくりで勝負!?


今シーズンを振り返ってどんなシーズンでしたか?

前半戦、早々とプレーオフなんか絶望的な状態になって、まあ個人的には絶望になった段階で調子上がり~の、ほんで怪我し~ので中途半端なシーズンでしたね。


外国人であるコリンズ新監督については?

かなりフレンドリーでやりやすいなと思うんで、試合で使ってもらって活躍できたらなぁと思ってますね。


フレンドリーなところを最大限に活かして?

そうですね。実力ない分、その辺でゴマ擂りながらやっていきたいなと。


ちなみに、コリンズ監督は日本語の方はいかがですか?

日本語はね、これから僕、教えて行きたいと思ってるんで、ハイ。


まず何から教えましょう?

とりあえず、下ネタから入ってボケやらアホやら、それぐらいで・・・。


今現在はどのような一日を過ごされていますか?

朝起きて飯食うて、ちょっと打ちっ放し行って、高木と二人で飯喰うて、テレビ見て寝る・・・そんな1日ですね。


そして「アドリブの利かない村松さんに替わって」将来のプロ野球選手を目指す子供達にひとこと・・・。

とにかく野球を好きでいること、そして毎日練習して・・・。まぁ勉強はホドホドに・・・。まぁ練習しっかりしとけば、オリックスと言わず阪神で活躍できると思うんで(爆)


好きな女性のタイプは?

アイドル系よりモデル系がいいですね。



どこまでが本気でどこまでが冗談なのか、その境界線がわかり難いところ、既に「大西ワールド」なのでしょうね。

短い時間(約15分)でしたが、楽しいひとときでした。

サイン会


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月 8日 一転、保留、保留、保留、保留・・・投手陣炎上!

今日12月8日は、ジョン・レノンの命日でしたね・・・・・。


昨日まで他球団に比べて比較的穏やかに推移してきたBsの契約更改にも、遂に嵐が巻き起こりました。

ここまで33人がサインして6人が保留して来ましたが、今日は5人中4人が保留

保留率は、何と8割ジャストーッ!!

・・・何の意味もない数字ですが(笑)

まあ、こういう日もなけりゃ、契約更改っていう気がしないのも事実です。

あっ、ちょっと不謹慎でしたか・・・。


選手契約更改⑦


オリックス、川越ら投手陣が続々保留

オリックスの契約更改交渉が8日、大阪市北区の球団事務所で行われ、5人中4人が保留した。2年連続開幕投手を務め、9勝を挙げた川越英隆投手(33)は800万円アップの6200万円提示に怒りの保留。「チームの日本人投手で一番という自負がある。絶対に妥協はしません」と席を立った。高木康成投手(24)吉川勝成投手(29)大久保勝信投手(30)ら中継ぎ、抑え組も保留した。



高木くん

保留です。



吉川勝っちゃん

同じく保留です。



大久保様

上に同じ、保留です。



山省@慶応ボーイ


ようやく今日一人目のサインです!


少しアップでサインしました。昨年より全般的に数字が上がっているところを評価してもらえました。来年は監督も外国人に変わり、能力があればいい場面で投げさせてもらえるのではないかと考えています。投げる場面は監督が決定することですので、特に先発、中継ぎの希望はそれほどありませんが、隙があれば先発でも投げたいですね。来年は50試合登板を目標にがんばりたいです。オフは年末まで関西で、年明けからは宮古島でトレーニングを行う予定です。


今季は最近の3年間では最も多い35試合に登板。

近鉄最後の優勝時の56試合には遠く及びませんが、それ以来の登板数でした。

改めて今シーズンの記録を見て、多少なりとも何故アップなのかがわかりました・・・。


キーワードは「交流戦」でした。


山省


パ・リーグ公式戦は23試合に登板して12失点なのに対して、交流戦は12試合に登板して失点は僅かに1点のみ・・・。

6月2日の東京ヤクルト戦、神宮球場でした。


7対7で迎えた延長10回。あとアウト一つのところでリグスさんに浴びたサヨナラ3ランホームランでした。

でも自身の失点の記録は、ホームランの1点のみだったのですがね(笑)

まあ、それだけでした。

意外と言っては大変失礼ではございますが、交流戦期間中は安定していたのですね。

そう言えば、シーズン終盤の5試合はヒットを1本も許していません

しかもホークス戦は2試合連続でセーブを挙げました。

2試合連続セーブ!


そんな来季への期待も込めてのアップでしょうね!

慶応ボーイも来季は29歳。

私は昨年のホークス戦先発での好投が今も忘れられません。

来季もその「若き血」を滾らせて、「希望の明星」となって欲しいと願っております!



川越前選手会長

怒りの保留だそうです。


オリックス・川越800万増を保留「評価に納得できない」

オリックスの川越は8日、契約更改交渉に臨み、800万円増の6200万円プラス出来高払いを保留した。

今季は24試合登板で9勝9敗。「評価に納得できない。ことしに限っては納得するまで押すつもりはない」と話した。



本当に偶然ですが、山省のところで引用したスワローズ戦では、打者として今季唯一のヒット、それもタイムリー・ヒットを放っていました!

打点1!


なんたルチア、サンタルチア・・・・・。

確かに今季は私、会長いや前会長を見直しました。

勝ち星こそルーキー・イヤー以来の2桁には届きませんでしたが、今季は好投と呼べる試合は確かに多かったです。

本来なら勝ち星がつくべき試合でも、打線の「たった1点の援護」が得られずに涙を飲んだことも数知れず・・・。

しかし、流石に愚痴ひとつこぼさなかったのは、かの伊原さんにベンチで立たされての激しい「ご指導」で鍛えられた忍耐力の賜物ですね(笑)。

今季の好投の原動力となったのは・・・・・おっと!サインしてから書くべきでしたね(笑)。

とにかく、今年は「そこそこ」粘れる活躍であったと思います。

羨望の眼差し!


今年は選手会長ではなく、一投手として、査定担当の心にガンガン豪速球を投げ込んじゃって下さい!

ただし「四球」だと支給されるものまでされなくなることもあるので、くれぐれもご注意ください(笑)。



お金のお話しばかりの毎日ですので、このニュースでも読んで幸せを少しだけ分けていただきましょう!!


オリックス村松の第2子誕生

オリックス村松有人外野手(33)の美和子夫人(33)が6日に神戸市内の病院で第2子となる次男を出産した。体重3510グラムで母子ともに健康。


今年は久し振りのバラ色のオフになりますね!

おめでとう!


明日、できれば直接「おめでとう!」を伝えに行きたいなぁと思っております・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月 7日 来季に懸ける!5人のそれぞれの道・・・

今日も契約更改は続きます・・・。

その前に、昨日のニュースが今朝になって続々と出て参りました。

既に朝から何人もの方からその情報をコメントにてお寄せいただき、今日の午前中は仕事どころではなくなりました(笑)

特に絶対に避けて通れないのは光尊様関連のニュースでした・・・。

昨夜は冗談のつもりで「背番号譲渡手数料は、しっかりと要求されましたか? 」などと書きましたが、まさかそれが本当になるとは夢にも思いませんでした(爆)


オリックス後藤が要求「1ハク奪料」

・・・・・今季は4月末に左足首のジン帯を損傷し、未完治のまま5月末に再昇格し、現在も後遺症が残ることへの「治療代」に加え、背番号を24に変更させられた「慰謝料」も次回13日の交渉で訴える覚悟だ。・・・・・願うは最低希望額の4000万円へ残り200万円の特別加算

左足首の靱帯損傷は、まだ完治していなかったのですね・・・。

それどころかシーズン中は、一度も「痛い(でも、言い訳はしたくない)」などとは聞いたことがありません。

チーム事情で試合に出続けて」いて下さったのですね!

しかも、オフにはフェニックスリーグ、そして秋季キャンプと全く休む間もなく自己研鑽に励まれました。


男は黙って勝負する。


職人気質光尊様らしいですね(←何か?)


後藤、背番号譲渡の“慰謝料”要求

・・・・・交渉の最後に「1はこだわりがあった。そういう部分も見てください」と考慮を要求。新監督の“ワガママ”に応えたことに対する手当を主張した。1から24への変更を打診されたのは10月上旬。ショックで宮崎フェニックスリーグ中は気が沈み、視察した指揮官から「MVPを取ったら返還するよ」という高いハードルまで設定されてしまった。「せめて、来季以降はチャンスがあればひとケタを」と訴えた後藤。球団側とは13日の次回交渉までの検討を約束した。

背番号24は1年限定?


宮崎では人知れず気持ちが沈んでおられたのですか・・・・・。


今から時間を戻して、宮崎まで励ましに行きたいです(笑)


来季以降は、せめて再びひとケタに戻してほしいとも訴えられたそうです。

しかし、そんなお願いは必要ありません!


三冠王でMVP獲れば良いだけの話しです!


可能か不可能かは賛否両論(突っ込み不要)ではありますが、彼なら簡単に成し遂げるやも知れません。


何故なら彼は、サダハル・オー2世だから(爆)


ねえ、☆maruko☆さま


アップ掲示も保留し厳しい表情を見せる後藤
厳しい表情?

私にはどう見ても厳しい表情には見えませんが(爆)


厳しい表情というのは・・・例えば・・・
厳しい表情の例

こんな感じではないかと・・・。



辻ちゃん入団会見のニュースにも突っ込みどころが満載!


辻、移籍入団会見…後輩・小松との再会「楽しみ」

早川との交換トレードでロッテから移籍した辻俊哉捕手(27)が大阪市北区の球団事務所で入団会見を行った。希望獲得枠で入団の小松(JR九州)は国士舘大の2年後輩でバッテリーを組んだ仲だが「球は速かったけど、希望枠で入るとは…。どれだけ成長してるか楽しみ」と同席の小泉球団社長を苦笑いさせた。「打撃でアピールしたい」という辻に、この日付でオリックス入りした宮田隆編成部長「的山や鈴木より打撃は間違いなく上」と援護射撃した


後輩なので、コレくらいの辛口はオッケーですよね!

小松くんも成長のあとを先輩に思い知らせてあげて欲しいですね(笑)

2人がバッテリーを組んだ時の呼び名は、私の中では決まっています。


「国士無双」


縁起がいい名前でしょ?役満ですからね(笑)

辻ちゃん辛口なら、同じくマリーンズからやってこられた新・編成部長の宮田さんも大概、辛口ですね。

的山や鈴木より上」・・・。

どれくらいの力だと言いたいのか、イマイチ微妙すぎて伝わりません。

少なくともダカヒーとは簡単に比較できないくらいの実力、と理解していたら間違いないのでしょうか?


お2人とも、Bsにようこそ!!



前置きが長くなりました(笑)


では本日の契約更改に臨んだ選手達のご紹介です。


選手契約更改⑥



オリックスの阿部真500万円減

右手首を骨折してシーズン中盤を棒に振ったオリックスの阿部真が7日、500万円ダウンの4500万円で契約更改した。わずか1試合の登板に終わった山口は800万円減の3000万円でサインした。(金額は推定)


マッキー

今季のマッキーも怪我との闘いでした。

絶好調で突入したオープン戦も、開幕直前の故障で1軍合流は開幕して暫くが経ってからでした。

1軍定着後は左キラーとして、代打の切り札として、そして内野の守備固めだけでなく故障でスタメンを外れたノリの替わりにサードでスタメンということもありました。

しかし最後に出場したのは6月13日。またもや足の故障のため戦列を離脱し、その後は1軍に復帰することなくシーズンが終了し、オフには手術を受けました・・・。


「・・・・・また来年ユニフォームを着ることができますので、今年の悔しさを来シーズンぶつけたいですね。まずは、昨年亡くなられた仰木さんにしっかり挨拶をしに行きたいと考えています。来季は代打での出場が多くなると考えていますので、代打の一番手になれるようにがんばりたい。・・・・・」


来季は何が何でもレギュラーを!

・・・などと決してがっつくこともなく、あくまでも代打の1番手が目標のマッキー

華やかさや派手さはありません。

我らのマッキー!


しかしBsでも1・2を争う実直で真面目で謙虚で努力家のマッキーらしいコメントですね!

マッキーの努力は、天国の仰木さんも必ず見てくれていると思います。

来季は1年を通じて「見たいときにいつでもマッキーが見られる」ようにと祈ります!

もう言わなくてもわかると思いますが、マッキーは私がBsの中ではエクセレントに好きな選手の一人です!



真ちゃん


もう既に「早爺・下爺コンビ」からの独り立ちを完全に果たしたようですね!

もう充分ピンでやっていけます(笑)

それを感じたキレのあるコメントでしたね。


「社長からは「来年は谷選手と早川選手が抜けるので、その穴を埋められるよう、またポリープを作るくらいの気持ちでがんばれ。監督も新しくなるし、スタートラインは同じ。キャンプから監督は見ていくだろうから、そこでいいスタートを切って、1年間1軍でプレーできるようにがんばってくれ。君は、走・攻・守揃っているんだから・・・」とすごく誉められて、逆に少し怖いなぁと思いましたけど・・。」

「今年は初めて、ダウンでの更改だったので、オフは何か変えようと考えてます。お寺にこもって、滝にでも打たれようかなと・・。精神的な部分も鍛えて、現状に満足することなく、さらに上を目指してがんばりたいですね! 」



元相方は、千葉ロッテでの入団会見では「外国人宣言」でしっかり「掴んで」ましたからね。

Bsの来年は真ちゃんに懸かっていると言っても過言ではありません(←何の?)

冗談はさて置き、今季は衝撃の2軍キャンプからのスタートでした・・・。

てっきりすぐに定位置(1軍)に戻ると思ったのに、なかなかお声はかかりませんでした。

しかし1軍に上がればすぐに持ち味のパンチ力を披露。

中でも大輔@松坂さんがBs戦で打たれた最後のホームランは真ちゃんのバットからでした。

来季もスルメのように、使われれば使われるほど味が出てくることでしょう!

ナゴヤ球場での特大アーチ!


連日の手前味噌ではございますが、やはり春先のオープン戦@ナゴヤ球場での出来事は、忘れることができません・・・。



本やん

昨年は0勝に終わった本やんでしたが、今季は3勝をマークしました。

しかし、印象的には先発が早々とノックアウトした後の「第2先発」として2番手登板でロングリリーフ、しかし好投も勝ち星付かず・・・が何度も続いたというイメージがあります。

そして勝手に名付けたニックネームが「先発・○柳」(爆)

高柳、セラ柳、オバ柳、前柳、平柳、中柳、吉柳・・・・・。

昨年はこの役割はハギー真骨頂でありましたが、今季はハギーの不調を完全に、いやそれ以上に(笑)カバー

まさに困った人を黙って見過ごせない本やんらしさが爆発です。

しかし、25試合に登板して失点は34、被本塁打は11本。

これも本やんらしさ、爆発でしたね(爆)

本やん@高柳


どれだけ好投していても、また打たれても、最後はピッチャース・プレートを自らの手で綺麗に均してから降板する姿、いつもシビレていました



マサヒロ

チームには迷惑をかけたと思っています。

あの不幸な怪我は、マサヒロの不注意で生まれたものではありません。少なくとも私にはそう見えました。

問題の本塁突入死


隔年型選手とは聞いていましたが、今年は本当に怪我が全てでした・・・。

私は今もBsのショートは、マサヒロが最も相応しいと思っています。

マサヒロ


しかし、その怪我のお蔭で同級生の光尊様レギュラーを掴んだのも事実ですが。

光尊様の守備位置は○○しか残っていませんが・・・。無理でしょうねぇ。

ただでさえ稀に見る内野の層の厚さ(言わせておいてください・笑)に加えて、来季は法政の後輩「大引くん」もレギュラー争いに新規参入して来ます。

しかしマサヒロの来年は、確実に「活躍の周期」です!

ん!?


ファンの皆様方、どうぞ一緒に大船に乗りましょう(笑)



ヒバゴン


今季の公式戦の登板記録は、1試合、投球回数は2/3、奪三振2、与死球1


コレが全てでした。


しつこいですが、私は幸か不幸かその現場に立ち会いました(笑)

オープン戦、公式戦とも初登板で危険球退場


秋季キャンプでは、マエカーとともに(何故かコリンズ監督様の目に留まったそうです。

ジェイソンに2年目の大化けを期待するのと同じような感じで期待されているのでしょうか?

私の心の中のもう一人の自分は彼に対しては「環境が変われば・・・」が口癖ですが、監督が外国人ということで環境は変わったと思うことにする、とのことです(笑)

自分のやりたいことにも挑戦するという意味で・・・・・

今度は何色に髪を染めるのかと思いましたが、球速のことでしたか(笑)

そういえばつい数年前までは、いや今でも日本人最速タイの158Kmの記録を持っているのでしたね。

何とか日本人最高記録でも塗り替えて危険球退場の回数を数えて憶えられないようにしてほしいですね(汗)


ファイターズ・だるびっしゅさんは、代理人と共に交渉に臨み7,000万円を保留して「正等に評価されずショック」だそうです・・・。

Bsは今日、保留は一人もありませんでした。

何となく清清しい気持ちになりますね。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月 6日 よくやった!祝・今年初の大幅アップ!

いよいよBsも他球団も1軍主力選手が登場し始めた契約更改

それほど大荒れとも思えないBsに比べると、他球団ではいろいろとあるようですねぇ。

やれ、あくびとか金額提示なしとか、保留保留保留保留とか(笑)・・・。

大幅ダウンを受け入れてでも、来季の契約を感謝するベテラン達の姿もチラホラ。

一方で、大幅アップを勝ち取って破顔一笑の選手もいましたね。

そんな中、Bsでは最もアップ率が高いと思われるルーキー平野よし君もプロ野球選手として始めての契約更改に臨みました。


選手契約更改⑥



平野よし君


ルーキーとしては充分過ぎるほどの活躍でした。

新人王こそ、永遠のライバルにして親友でもあるファイターズ八木君に譲りましたが、Bsとしては期待通りの即戦力ルーキーとして唯一人、1年を通してローテーションを守り抜きました。

必勝祈願・生田神社



新人で7勝のオリックス平野佳は2200万円増でサイン

オリックスの平野佳は6日、2200万円増の年俸3700万円で契約更改した。新人ながら7勝11敗、防御率3・81の成績を残し「先発ローテーションを1年間守り、イニング数がチームで1番多いところを評価してもらえた」と話した。


私が平野よし君を語る時には、どうしても避けて通れないのはオープン戦のナゴヤ球場でのサーパス戦登板です。

そう、あの時の快投乱麻のピッチングが運命の分岐点になりましたね。

大車輪の活躍!


投げたイニング数は八木君を少しだけ上回る172回1/3。リーグ第6位でした。

しかし、特筆すべきはシーズン中に何度も呼ばれた「ミスター完投」「ミスター完封」の称号のとおり・・・。

完投数はリーグ1位の大輔@松坂さんの13試合に次ぐ第2位の10試合でした。

しかも完投数の二桁は、セパを併せてもこの2人しかいませんでした!

そして完封数も1位のカズミ様さまの5勝に次いでリーグ堂々の2位の4勝をマーク。

因みにセ・リーグの完封数トップは、憲伸さん、イガーさん、三浦さんの3勝でした・・・。


リーグ第2位だったのは完投・完封だけではありませんでした。

失点及び自責点は、共にリーグ第3位、そして被安打はトップの一場さんに次いで第2位でした。

完封が多い割には、メッタ打ちも喰らう・・・。

特に前半に比べると後半は、なかなか勝てませんでした。

この辺り、明らかに他球団による研究の成果とも言えるでしょうね。

プロの厳しさを思い知らされたことでしょう・・・。これもプロの洗礼です。

騙し騙されの繰り返し・・・。

コレに打克ってこそ、バラ色のプロ野球人生が開けるのです。

来季は永年言い尽くされたことではありますが「2年目のジンクス」との闘いです。

でも、平野よし君なら大丈夫!

そんなちっぽけなことなど気にも留めない強い意志を、私はあの細い眉に感じるからです!

平野よし君八木君・・・。

ファンフェスタで


平成の西崎と阿波野」と呼ばれるくらい、終生のライバルとして来年からもシノギを削りあって(平野よし君が勝って)欲しいですね!



ユウキ

今季は嬉しい4年振りの白星を挙げたと思ったら、今度は全てリリーフなのに投げる度に何故か白星が付いてくるという確変に突入。

結局5勝2敗1セーブをマークしました。

何と勝率は1勝0敗で10割の松村君に次いでチーム第2位でした。

今までのユウキといえば先発しか考えられませんでしたが、今季はリリーフとしてほぼフル回転

ユウキ


特に後半は「KKO」も不調の大久保様の替わりに「YKK」として新・勝利の方程式を確立しました。

2002年に7勝を挙げたエース候補生も腰の故障で昨年の8試合まで全く登板できませんでしたので、今季の34試合登板は見事復活を遂げたと言っても過言ではありません。

その復活を最も喜んだのは・・・。一足先に昨年復活して今季も活躍した吉井師匠だったのかも知れませんね!

秋季キャンプで痛めた腰の具合は、この重い荷物を背負って走り回れるくらいに順調に回復しているようで安心しました(爆)

ビールの売り子


来季は先発でしょうか?中継ぎでしょうか?

どちらも実績を作れたことは今後の大きな財産になることでしょう!



その他の3人は・・・

中継ぎとして61試合に登板した加藤は800万円増の4800万円を保留。後藤も800万円増の3800万円を保留した。(金額は推定)


大輔@キャトウ

保留です。

きりがないので、コメントはサイン後ということで(笑)

でも、コレだけは言わせてください。

3年前は故障のため1試合しか投げられなかった大輔でしたが、昨年と今年と2年続けてチームで唯一の60試合登板は本当に良く頑張ってくれました!



歌くん

同じく保留です。

同じくコメントは控えたいのですが、他の保留の2人とは違って恐らくはダウンでしょう・・・。

しかし、コレだけは言わせてください(笑)

入団以来、先発・中継ぎ・抑え・敗戦処理とフル回転で突っ走ってきた歌くんのプロ野球人生も、今季初めて故障に泣きプロ入り最少の13試合登板に終わりました。

しかし今までの便利使いのツケによるところもあるのでは?と勝手に想像しています。



光尊様

保留です。

でも書くことなら沢山あります!

なので、今は書きません(笑)

しかし、来季は三人家族の一家の大黒柱です。

家族のために来季の期待料、精一杯いただいてください!

私が許します(爆)

光尊様


背番号譲渡手数料は、しっかりと要求されましたか?



契約更改は、まだまだ続きます・・・・・。



遅ればせながら、マリーンズから移籍の辻ちゃんの入団会見がありました。

辻 俊哉選手 入団記者会見

背番号はハヤカーが付けていた37に正式に決まりました。

今ドラフトで獲得した小松くんとは、やはり大学時代バッテリーを組んでいたそうです。

捕手陣のレベルアップに、大きな前進を遂げて欲しいと願っています!




次の話題は、他球団ネタなのですが、どうしても突っ込まなくては気が済まないものを見つけてしまいました。


竜太郎(ダウンでサイン)

午前11時から交渉の席に着いた竜太郎。1時間40分のロングラン交渉となった。「お金の話はほとんどなし。チームについて話した」と竜太郎ベテランとして、チームについて率直な意見をぶつけた。

ダウン提示だったが、球団側は竜太郎のベンチでの姿勢を評価した。「自分は元気を出していくタイプ。若い選手が見ている。そのへんのことを球団からは言ってもらった」と笑顔を見せた。
・・・・・


東北楽天の元BW戦士は、年々少なくなってきました。

中でも特に気になる存在の一人、竜ちゃん・・・。

野村監督からも「最も使い難い選手」などと言われるのを聞いて、秘かに胸を痛めておりました・・・。


来季も頑張って欲しいです!


・・・・・って、そこが突っ込みどころではありません(笑)


引っかかったのは・・・・・。


ベテランとして・・・」の一言(爆)


竜ちゃんは、1976年6月8日生まれの30歳です!

因みにハヤカーは、1975年6月3日生まれの31歳・・・。ひとつ年上です。

しかしBsでは「(永遠の)若手」と言われ続けていましたよね(笑)


また、サタケなどは更に一つ年上の32歳なのに現役引退して来季はコーチ就任ですよ!(因みにBW同期は、よしくんと塩Z


ベテランと若手との境目は、球団によって随分と違うのだなぁと思ひました。以上。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



12月 5日 キヨ、無風。組長弱風の契約更改・・・。

契約更改の前半戦のヤマ場が来ました。

本来、チームの顔であればクリスマス前後の歳の瀬に交渉日と昔から相場が決まっているところですが、何故かキヨと吉井組長の来季40歳(以上)コンビは何故かこの日に設定されていました。

普段は9人とか6人とかが当たり前のここまでの交渉も、この日は流石に4人だけ(笑)

さて、どのような交渉結果だったのでしょうか?

選手契約更改⑤



宮本大ちゃん

昨日の柴田誠くんに続き、噂されていたとおり2人目の育成選手契約となりました。

球団やファンだけでなく、チームメイトや先輩たちも復活を応援していることが先のFan-Festaでも良くわかりました。

宮本大ちゃん


そして、既にトレーニングを始められる体に戻って来ていると聞きました。


オリックス宮本が育成選手から再出発

オリックス宮本大輔投手(25)が人気漫才師・海原やすよ夫人との二人三脚で再起を誓った。今年の春季キャンプ中に背骨に沿ったじん帯が骨化し、脊髄(せきずい)を圧迫する「黄色じん帯骨化症」を発症。手術で1年を棒に振ったが球団は復活を期待し、この日年俸300万円ダウンの440万円で育成選手契約を結んだ。

 長いリハビリ生活で「(夫人とは)今年は話をする時間が増えました。契約してもらったんだから、結果どうこうじゃなく頑張っていこうと話し合いました」。来年6月30日が期限となる支配下選手登録を目指し「2月のキャンプから投げ込んでいきたい」と気合十分だった。



黄色靱帯骨化症」という病気を克服して復活を遂げた名投手が、オリックスOBにいることは以前にも書きました

元新人王・酒井勉さん

酒井勉さん(現オリックス・スカウト)です。

当然、アドバイスは受けていると思います。復活が不可能でないという生きた手本がチーム内にいるということは、何事にも替え難い心強い存在であることでしょう・・・。

まだまだ若い二人の「二人三脚」は、まだ始まったばかり

この病気を克服するための最高の良薬は、奥様の愛情でしょう。

私たちファンの応援がその薬の効き目を良くすると信じて、これからも見守って行きたいと思います!



大輔@タッチ@前田

Bs誕生以来、第3の捕手の座を懸けてフミヒロとの壮絶な争いが続いています。

数少ないチャンスも、なかなか結果を残すことができずにファンも歯痒い思いが続いています。

そんな中、更に千葉ロッテから辻ちゃんという更に大きなライバルもやって来ます・・・。

しかし、遂に大きな転機が到来しました!


Bs前田が「結婚」元JJ読者モデルの未紀さんと

オリックス・前田大輔捕手(27)が今年12月10日に竹内未紀さん(23)=家事手伝い、奈良県在住の竹内康晴さん(51)の二女=と神戸市内の式場で結婚式を挙げることが13日、分かった。すでに結納は済ませており、同日に婚姻届も提出する予定。来季で5年目と勝負の年を迎える男が、愛妻に「正妻獲り」を誓う。・・・・・


タッチ@前田にとっては、このニュースが今年最大の文字数のニュースだったのかも知れません(笑)

私はその方面が疎いのでわかりませんが、「元JJ」読者モデルというのは「美人」の形容詞として使われているんですよね?

これで人生の「正妻」をゲットしたからには、来季は「正妻」のためにも自分が「正妻」にならなければなりません!(←ん?


仕事の面では、今季最高といえば、これでした。


オリックス前田、中山を好リード

<オリックス3-2西武>◇9月16日◇インボイス西武

オリックス前田は今季初スタメン、2軍でバッテリーを組んだ中山を好リードした。「今日は自分で投球を操作せず、俺に任せてくれと送り出した。ファームではボールが続くと不満そうにする時がある。でもそれは相手打者にも伝わって絶対にいいことないから絶対にするなと」と話した。


考えたら今季初スタメン・初勝利を掴んでいたのですよね。

タッチ@前田


そんな素晴らしい働きがあったにもかかわらず、ダウン提示ですか・・・。

ご祝儀は年棒に反映されないのですね(泣)



吉井組長@南イタリア出身

Bs投手陣の、そして私たちファンにとっても精神的支柱である吉井組長がテーブルに着きました。


オリックス吉井、3000万円を保留「一発で決めたくない」

オリックスの吉井は5日、1000万円増の3000万円プラス出来高払いを保留した。ローテーションの一角として19試合に登板して7勝9敗、防御率3・81の成績だった。
 来季で42歳のリーグ最年長右腕は「来年の給料を一発で決めたくなかった。球団が契約してくれるのはありがたいし、近々まとまると思う」と話した。次回の交渉は未定。(金額は推定)



日本球界に復帰してから、オリックスとの契約更改では良い目を見たことがなかった吉井組長・・・。

一昨年のオフには「戦力外」を言い渡されたこともありましたね。

しかし仰木さんの計らいにより再度契約してからの2年連続の活躍に説明は要らないでしょう。

吉井組長


納得のいくまで来季の契約交渉を「楽しんで」欲しいと思います(笑)



キヨ

そして本日の大トリは、いまや押しも押されぬBsの大看板・・・。

しかし、1年勝負の単年契約だとばかり思っていたキヨの契約は、実は2年契約であったことが判明しました。

なので揉めることもなく、スムーズに現状維持でサイン

ファンノリならずとも注目を浴びたキヨの年俸交渉・・・。

予想に反して(笑)大変静かな契約更改であったようですね。


オリックスの清原は現状維持の2億5000万円で更改

オリックスの清原和博内野手(39)は5日、大阪市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の2億5000万円プラス出来高払いでサインした。また昨オフに2年契約を結んでいたことを明かした。

清原は巨人からオリックスに移籍した今季、67試合で打率2割2分2厘、自己最低の11本塁打に終わった。左ひざなど8カ所の故障に苦しんだシーズンを「1年通してグラウンドに立てなかった。慣れるので精いっぱいというのもあった。5位という成績にも責任を感じている」と振り返った。

22年目を迎える来季は40歳になる。「プロに入る時に40まで何とか現役でと思っていた。今年は咲きそうで、つぼみのまま終わった。もうひと花火打ち上げたい」と抱負を語り、具体的な目標は「とにかくグラウンドに立つのが大事。そうしたら、それなりの数字は出る」と明言しなかったが、低迷するチームについては「勝負事なので、心の部分が大事。気持ちを1つにすること」と話した。

もう一花火!


既にトレーニングは再開しており、年明けには米アリゾナ州フェニックスで自主トレーニングを行う予定だ。(金額は推定)



今シーズンは、キヨに始まりキヨに終わったシーズンだったといっても過言ではないでしょう。

正直、まだ本当に自分が応援しているチームに「清原和博」がいることが信じられない時があります。

私の脳裏にはまだ阪急がしっかりと焼きついているのと同じく、キヨには西武ライオンズの若き主砲というイメージが未だに拭い去ることができません・・・。

ヤング・レオ!清原


それだけに全盛期のキヨは、見る者の心を強烈に、敵味方関係なく、惹きつけることができた文字通り「スーパー・スター」と呼ぶに相応しい選手でした。


今季は私もキヨには随分多くの夢を見させていただきました(笑)

5月27日


あの5.27の逆転サヨナラ満塁ホームランの時に味わった感覚は、今後一生忘れることはないと思います。

逆転サヨナラ満塁HR!

奇跡!


節目の記録も数々打ち立ててくれましたね。

キヨの高校からの野球人生の中で、所属するチームが日本一になっていないのはBsだけです。

来季以降は、キヨにとっても残り一年一年が「最後」になるでしょう。

是非ともBsでも成し遂げて、「日本一請負人」の称号を引退後の伝説の1ページに書き加えて欲しいと思っています。

来季は8月に40歳の大台です。

吉井組長と修司、そしてキヨ

球界初の「不惑戦隊ヨンジュウジャー」として、おっさん達のヒーローになって欲しいですね!


明日は平野よし君が予定されています。

そして、いろんな意味で注目のノリの交渉日が12日と決まりました。

ファンフェスタでのノリ


キヨの現状維持には「公傷」がどれだけ反映されたものなのか、これから12日まで分析に余念がないことでしょう・・・。


それにしても、ここまでの更改ではもちろんチーム成績が5位なので当然といえば当然ですが、180%アップ!とかビックリするくらいの大幅アップはまだありません。

自分が貰う訳ではありませんが、何だか寂しいですね~。

その可能性を最も秘めているのが、明日の平野よし君だと思うのですがどうなるでしょうか?

平野よし君


楽しみですね、自分が貰う訳ではありませんが(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





12月 4日 契約更改再開・・・。ついに保留者が。

今日は月曜日週の始まりです

そして契約更改も再開されて、今日は6人が交渉に臨みました。

ここまでは20人が連続でサインをしてきましたが、今日初めて保留者が出た模様です・・・。


業務連絡(昨日・12/3の良太トークショーの模様、一部追記しました)



柴田誠くん

噂されていたとおり、育成選手としての契約になりました。

プロ入り時のドラフトでは頑なにFs志望だった彼を強行指名し、熱心に口説き落としたのは2年前でした。

しかし入団後はまだ一度もプロのマウンドで、ピッチングは見られていません・・・。

そして遂に育成選手契約でリハビリに専念することになりました。

頑張れ!柴田くん!


しかし公式でのご本人のコメントにもあるように、肩はかなり回復したそうです。

来季こそは「北海の熊」と伊原さんが名付けた豪快なマウンド捌きを是非見せて欲しいものです!

焦らず、じっくりとリハビリに励んでください。


育成選手に与えられる背番号は3桁と決められています。

そのため慣れ親しんだ「背番号13」とは、遂に決別です。

しかし、心機一転という意味では良かったのではないかと思います。

故障が完治して投げられれば、登録選手に復帰することは簡単ですよ!


替わってもう一つの心機一転


吉田は背番号13 オリックスの球団事務所で会見

ソフトバンクを戦力外になり、オリックスにテスト入団した吉田修司投手(40)が4日、大阪市内の球団事務所で入団記者会見し「この2、3年(けがで)野球ができなかった悔しさを来年にぶつけていきたい」と抱負を語った。

合格直後に王監督に連絡を入れ「敵味方になるけど頑張れ」と激励されたという。1年契約で年俸は720万円プラス出来高払い。背番号は13に決まった。(金額は推定)


吉田修司投手 入団記者会見(公式)


柴田誠くんの背番号を引き継ぐのは、来季がプロ16年目となる吉田修司投手に決まりました。

背番号13の吉田と聞いて、久し振りに吉田直喜投手を思い出しました。

またまた話しが逸れそうなので戻ります(笑)

それにしてもテスト入団。出来高が付くとは言え年俸720万からのスタートとは厳しいですねぇ。

かつて2度の「最優秀中継投手賞」を獲得したBsでは数少ないタイトルホルダーです。

一時は解雇も、拾われて活躍し大幅アップを勝ち得た昨年の吉井組長や今季の東北楽天のオグのように、来季の契約更改時には満面の笑顔での記者発表ができるといいですね!


由田慎太郎くん

今季はプロ入り初の1軍をそしてプロ初安打も記録することができました。

早稲田の同期4人衆の中では最も遅い1軍デビューでした。

もっと打っている印象がありましたが、2本だけでしたか・・・。

でも私が見た試合では(サーパス戦も含めると)かなりのヒットを見た記憶があります。

慎太郎くん


来季は沢山抜けた割には補強がママならない外野陣は、今年以上のチャンスです。

ライバルを社交辞令で「迎祐一郎」などと言わず、「青木宣親」と本音で宣言して欲しいです(笑)


松村くん

彼も今季プロ野球選手としての第一歩を、ようやく記すことができました。

持てるポテンシャルを徐々にではありますが、発揮することができるようになった印象があります。

さらにこの秋のハワイへの武者修行日本人第2位タイの3勝を挙げた実力、その秘密はカーブだったのですね?

150キロの速球にカーブのコンビネーションでの緩急が、来季の新しい武器になるのですね!

イケメン松村くん


何度も申し上げて参りましたが、個人的にとても数が少なくなった私の大学の後輩である現役プロ野球選手の一人です。

頑張れ!グレーター!


フミヒロ

今オフの契約更改初めての保留者になりました。

打率は昨年よりも倍ほど大きく上回りましたが(笑)、出場試合数は激減しました。

来季も1・2軍ともに貴重なバックアップに甘んじるのでしょうか?

ファンは毎年ヤキモキさせられますね・・・。

来季のチームのキャッチフレーズは「ワン・ハートビート」です。

来季は今季以上に「鼓動が高鳴る」プレーを見せてください!

・・・って、サインしてから書いた方が良かったですね(汗)


香っちゃん

彼のプロ野球人生にとっては、大きく後退した一年になってしまいました。

昨年の「KKKKO」の一人として大車輪の47試合登板も、今季は僅かに6試合のみ・・・。

今春、私たちファンの前で無理やり(笑)言わされた目標は「20勝」。

大きく裏切る結果になりました・・・。

香っちゃん


来季は先日なくなられたお父様に誓って再び輝きを取り戻して欲しいと心から願っています!


マエカー

フミヒロと同じく保留です。

しかし、コリンズ新監督の目に留めることには成功しました。

そして清川コーチ就任も大きなチャンスとなるかも知れません。

来季はニュー・マエカーを私たちに見せて、驚かせて欲しいと思います!



今日は6人が交渉のテーブルに着き、4人がサイン、2人が保留となりました。

一般のスポーツニュースでは誰も取り上げられませんでした・・・。


しかし!


明日は大変でしょう(笑)


何故なら明日は、キヨと吉井組長が予定されているからです。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




12月 3日 オフのイベント!良太トークショー

タイトルの付け方を見ますと、私が「良太のトークショー」に行ったかのように誤解を与えてしまいましたが・・・。

実は私、行っておりません(汗)

ブログ記事の題材探しに奔走して疲れ果てたその時、困った時の神頼みの「」のひとり、ネッピ~りなさまが行かれたとの情報及びお写真を送っていただきましたので、飛びつかせていただいたものです。

すでにコメントでもそのレポをご披露いただき、タイムラグができてしまいましたが、気にせず(謎)、レポートを活用させていただきます!(開き直り)

因みに、ネッピ~りなさまと私、そして、myuさま某ゲーフラ職人さまの4人は、今朝同じネカフェからそれぞれ帰宅の徒につきましたことは一応伏せさせていただきますので、他所では口外しないようご注意願います(爆)

ネッピ~りなさまは、その後大阪・梅田から神戸のご自宅に戻られ、そして再び大阪(の)ドーム横のバファローズショップへ・・・。

来季のコリンズ新監督様「機動力野球」も顔負けですね。



お昼から、良太選手のトークショーに行ってきました。

その中の一問一答の一部を極々簡単にレポートします。


良太!


質問 「来シーズンの目標は?」

良太 「ホームラン25本と開幕戦一軍入りです!」


質問 「お立ち台で何かパフォーマンスをしてほしいのですが」

良太 「・・・何か考えておきます。 多分、手品を(笑)・・・」


質問 「目標としている選手はどなたですか?」

良太 「目標としている選手というのは居ません。尊敬選手なら田口荘選手です。オフには一緒に練習しています。」


質問 「外野席からの応援歌が聞こえますか?」

良太 「ハッキリと聞こえています!とても元気付けられています。」


質問 「ちなみに歌えますか?」

良太 「ハイ、歌えます(笑)好きです!オマケに野次も凄く聞こえます(笑)」

トークショー


質問 「中村監督に対してどう思われていますか?」

良太 「結構使って貰ったんで感謝しています。」


質問 「家族サービスは普段何をされてますか?」

良太 「水族館や遊園地に行きます。遠くに行きたくないです、近場で過ごすことが好きですね。」


質問 「誰かに似ていると言われますか?」

良太 「前は私服時によく帽子を被っている時に「サイン下さい!」と言われた女性に歌藤さんと間違われたり・・・今村さんと言われる事も未だにあります(笑)」

その後、前に座っていた女性が「似てる」と言われ、それを聞いた良太がその女性を前に出てきてもらい、その横に二人で並んで比べられました!

隣に並ぶとそれほど似ているとも思えなかったのですが、良太選手の方から「(自分の)弟の目に似てるかな」とプチ・ファンとのふれあいもありましたよ!


質問 「代打の時には何を考えて打席に入られますか?」

良太 「余りチャンスはないので、腕の見せ所!そして評価してもらうところ、そして生活の為と思って打席に立っています」

どこかで聞いたことのあるフレーズですね(笑)


質問 「コリンズ新監督の印象は?」

太 「コリンズ監督は平野ぐらいに小さいですね(前のポスター見ながら)。いや、あれ程でもない!(笑)明るく楽しい方です!」

サインセット


質問者の目をしっかりと見て、淡々と答えてましたよ。

応援してるので頑張って下さい、とサインしていただく時にお声を掛けたら「応援して下さい!」と念押しされました(笑)。

流石は若武者と呼ばれ続けるだけあって、いつまでも若いです。

まだ(もう?)30才。真ちゃんと一つしか違わないけど、若く見えますね~。

羨ましい(爆)・・・。


《了》


行った気になりました。

ネッピ~りなさま、本当にありがとうございました

永遠の若手」の称号をハヤカーから完全に受け継ぐ形となった良太

今季は、比較的少ない打席ながらチーム第3位キヨと並ぶ11本のホームランを放ちました。

今季のプチ・ブレイクを来季のホンモノのブレイクへと是非ともつなげて欲しいと願っています!



昨日と続けて、失われた阪急ブレーブスの面影を伝える当時の模様の画像アップです。

昨夜は阪急オリックスOB総会に会長として、そして今夜は自身の「殿堂入り」を祝す記念のパーティーにホストとして・・・。

山田久志さんは「連荘」ですね(笑)

恐らくは出席者の半分以上も同じく確実に「迎酒」でしょうが・・・。

思ったのですが、やはりどちらも会場は「新阪急ホテルインターナショナル」だったのでしょうかね?

行けばよかった


山田久志氏殿堂入りをイチローら祝福

日刊スポーツ評論家の山田久志氏の野球殿堂入りを記念するパーティーが3日、大阪市内のホテルで約700人が参加し、盛大に開催された。会場には巨人原辰徳監督ら各界から多数の著名人、さらにマリナーズのイチロー、カージナルスでワールドシリーズを制した田口壮のメジャー・リーガーも参加した。山田氏は「私が今、ここにありますのは(阪急時代の西本監督、上田監督、梶本監督はじめコーチ、関係者、ファンのおかげであります」とあいさつし、大きな拍手を受けていた。

殿堂入り表彰

今年のオールスター第1戦(神宮)で表彰を受けられました。プレゼンターは上田利治監督ですね。いろんな意味で阪急ファンを安堵させた2ショットでした。

飾られるレリーフ

9月に「殿堂」へ行った時に撮ったものです。

流石は球界きっての交流の深さ

イチロー君も田口君も祝福に駆けつけました。

イチロー君も祝福に

イチロー君と対戦していたとしたら



史上最高のサブマリン

美しい姿」ですね。

阪急ブレーブスとしての最後の登板、いわゆる引退試合ももちろん完投勝利

勝利を決定付けたのは、キャッチャーの若き日の中嶋聡(現ファイターズバッテリーコーチ兼任)選手の逆転2ランホームランでした。

左端が柴原実さん

出迎えの選手の中に、昨日あきさまからいただいたサイン色紙(昨日の記事参照)の「柴原実」選手も発見!

現役最後のバッテリー

現役最後のバッテリーです。左に写る現Fs中嶋とM高木投手の2人が来季も現役として「勇者魂」を体現してくれます。

最後の勇姿

引退後は仰木さんの下でBWのピッチングコーチとして日本一の投手陣を形成、そして退団後は中日のピッチングコーチ、そして監督を歴任されました。

サインボール



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


12月 2日 いてまえ、蒼波、そして勇者よ永久に・・・

例によって「魔法」を使っています(笑)

本日はいつも球場で観戦しているお友達との忘年会?打ち上げ会?に参加させていただきました。

皆様方も恐らくそうだと思いますが、日頃の生活環境の中で自分以外にBsファンがいない者にとってはこのような、右を向いても左を向いてもBsファンというのは最高のシチュエーションですよね!



楽しかったです!!



本当に楽しかったです!!

時間を忘れるほどに(爆)


実は本日、同じ大阪市内のホテルにてもう一つの会が行われていたそうです・・・。


BsOB会で山田会長ゲキ「清原戦線離脱禁止令」

偉大な先輩からの愛情あふれるゲキだ。「第29回ブレーブス・ブルーウェーブOB会総会」が2日、大阪市内のホテルで行われ、オリックス球団内外のOBら77人が出席。OB会長を務める山田久志会長(58)が清原和博内野手(39)に「戦線離脱禁止令」を出した。・・・・・

・・・・・清原自身は来季を「引退するか続行するか、1つの境目」とする。しかし自身も41歳までプレーした福本豊OB会副会長(59)は現役続行に太鼓判だ。「足回りさえ鍛えればあと3年はできる」とアドバイス。清原をOB会を挙げて盛り上げていく。



OB総会に77人出席、故梶本氏に黙とう

「第29回ブレーブス・ブルーウェーブOB会総会」が2日、大阪市内のホテルで開かれ、阪急やオリックスのOB77人が出席した。会の始めには今年9月に死去した梶本隆夫氏(享年71)らの冥福を祈り、黙とうを捧げた。山田会長は「今年は残念な結果に終わったが、来年の秋にはOBをドキドキさせてくれる展開を見せてくれると思います」とあいさつし、チームの巻き返しを願った。


ブレーブス・BWOB会のことを「BsOB会」と呼ぶとしたら近鉄バファローズOB会も「BsOB会」と表現されているのか、それとも統合された方は「BsOB会」とは呼ばれないのか?・・・とかはここでは突っ込みません(汗)

ただ、往年の「野球少年」時代の私の憧れの的であった、史上最高のサブマリン・山田久志投手(ヤマさん)と世界の盗塁王・福本豊(フクちゃん)の二人の名前がBs関連ニュースのカテゴリーの中で躍っていたことが嬉しかったのです。

苦き思い出


この会がどこで何時から、ということを知っていたら・・・。

何とか潜り込んでいたものを

いえいえ、冗談はさて置き、このことを全く知る由も無い私たちは1次会、そしてカラオケの2次会と進み、3次会(笑)でとある場所へと移動しました・・・。


皆様覚えておいででしょうか?

以前、この近所で行われた某会の終了後、「近鉄の聖地」へ連れて行っていただいた時のこと・・・。



前回が「近鉄」なら、今日はもちろん!!

大阪の夜空には「ブレーブスのオーラ」が降り注いでいたのでしょう。

それを心の奥底で感じられたからこそ、必然的に引き寄せられたといった方が良いかも知れません。

沢山のバーやスナックが犇き合うビルの中の一軒がそのお店でした。

一見するだけでは絶対に、それとはわかりません。

扉を開けるとそこは・・・。

ヤマさん


ディスプレイこそ「近鉄の聖地」には遠く及びませんが、ここは流石スナック。

及ばないとは書きましたが、昭和50年、51年の日本一記念LPレコードや球団からのの年賀状や往年の福本豊のパネルや多くの写真、サインなどの歴史的資料はさりげなく壁面に飾られておりました。

加えてカラオケがありました。

そしてそのカラオケと映像がこのお店の「阪急の聖地」と呼べる秘密なのです。

もちろん恐らくは世界中でここでしか歌えない歌を、私は生まれて初めてカラオケで歌わせていただきました。

歌詞は、「六甲颪に♪」で始まる歌です!


そのほかにも「晴れたる青空♪」も、「闘魂こめて一筋に♪」そして他球団ながら「グランド照らす太陽の♪」なども当時の映像付きで熱唱することができました!

歌の合間には「昭和59年の日本シリーズ」の映像が流れます。

山田、福本はもちろん、今井の雄ちゃん、ブーマー、松永、弓岡、蓑田、藤田、福原、アニマル、小林、村上などが「燃える勇者の炎の赤色」のユニフォームに身を包み西宮球場で躍っていました。

フクちゃん


相手球団には北別府が、達川が、衣笠が、木下が、ヨシヒコが、長内が、そしてピーコが(笑)

結局、起死回生の福原逆転満塁ホームランで3勝3敗のタイに追い付きましたが、三冠王・ブーマーが徹底的に抑え込まれ、昭和50年の0勝4敗2分の雪辱を果たされたシリーズでしたね。

この時の監督は、今年亡くなられた梶本さんでした・・・。

梶本さん


改めてご冥福をお祈りいたしました。

そういえば忘れてはならないことが!

この日ご一緒だったいつもお世話になっているあきさまご夫妻より、私が阪急ファンなのを知って、わざわざ私のためにある往年の名選手のサイン色紙をいただきました。

いただきました


柴原選手です。

「洋」選手ではありません。元阪急・オリックスの背番号31」選手ですよ(笑)

これも偶然でした・・・。あきさまどうもありがとうございました!
(しかもネタ用に2枚も・爆)

時間は戻りました。

阪急ブレーブスも、近鉄バファローズも、南海ホークスも。

関西レールウェイズ3球団が確かにシノギを削りあっていたあの頃。

そう「70年代」でしょうか?・・・・・


奇しくもブレーブスブルーウェーブのOB会が行われたこの日。

同じ大阪の星空の下で

偶然ではありましたが、私も心の中の阪急ブレーブスがハッキリと蘇ったことを感じることができた夜になりました・・・。

球史に残る誤審!

名将!上田監督

10.19身売り発表

阪急の希望の星!


因みに先の「六甲颪に♪」の歌詞の続きは・・・・・

颯爽と」ではなく「鍛えたる」ですので誤解なきように(爆)



阪急ブレーブス団歌


六甲おろしに鍛えたる 我ら熱と力のますらおだ

白球飛ぶ青空に 希望は燃える

若き友どもよ 腕を組み いざ行けよ

光り輝やく 勝利の道を

阪急 阪急 我らは阪急ブレーブス




PS 相川駅様、ご一緒にと思っていましたが自力で行ってしまいました。
  次回は現地集合ということで(笑)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。


毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。