Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月28日 中村監督様、ありがとう!そのほか。

最終戦から一夜明けましたが、まだその余韻から醒めません・・・。

でも、これから徐々に醒めていくことでしょう。昨日のブログがようやく完結しましたので(笑)

更新中が続いていたにもかかわらず、多くのアクセス身に余るコメントを沢山お寄せいただきました。

自宅なので人目を憚る必要もないので、嬉し涙を拭いもせずに、続けて本日の記事を書いております・・・。

思えば、関東遠征中に10万アクセスを突破しそのお礼をと思っていて忘れて、今日まで来てしまいました(笑)

すると既に10万6千アクセスを超えておりました・・・。

そのうちの10万4千アクセスが私自身だとしても(笑)、自分でも信じられない数字です。

正直、辛いと感じたことも1度や2度ではないこのブログの更新作業も、客観的に多くの方々に見ていただいていることがリアルタイムでわかるアクセスカウンターがあればこそ、でした。

どんどん上がる数字が、歯を食いしばって(爆)更新作業をしていく上での大きな糧となっておりました。

改めて、心から感謝を申し上げます。

シーズン・オフもどこまで続くかはわかりませんし、飛び飛びになるかも知れませんが健康を害しない程度に(笑)続けていこうとは思っております。

ご期待に添えないこともあるとは存じますが、先に謝っておきますのでお許しを(笑)


今日は、昨日の試合終了後に飛び込んできたニュースで知った衝撃的な中村監督様の辞任について改めて少しだけ触れようと思います。

中村監督様

もう辞任されましたので、糾弾するのは止します。

中村監督様、本当にお疲れ様でした。

本当はお辛かったのですよね。それがもし正しいとするならば、その原因が何かはファンであれば誰もが知っていることと思われます。

今季最終の挨拶でした


もうこの優しい笑顔は、ユニホーム姿ではお目にかかることは出来ないのですね。そう思うと落涙を禁じ得ない心境になりますが、実際には泣けませんでした・・・。

笑顔の中村監督様



■中村監督 シーズン総括

・・・・・清原に関しては、ケガが続きましたが、その存在感でチームを引っ張っていってくれましたし、非常にがんばりましたね。チームにとってプラス面の方が大きかったと思います。中村(紀)は、4番として手首のケガをおして出場し続けました。打者にとっては非常に大事なところですので、しっかり回復させていって欲しいと思います。・・・・・

シーズン総括で今シーズンのチームのバッティングを振り返る時ですら、この場にいない大看板の2人に触れなければならなかった中村監督様のご苦労が最後まで偲ばれます。

存在感」は無くてもしっかりと結果を残し、選手生命に関わる酷い状態であっても肩の関節唇が「打者にとって非常に大事なところ」ではないのか?手術はシーズン後にと先延ばしにされるなどしながら頑張ったことに対してスルーというのは、余りにもキタガーが不憫に思えてなりません・・・。

最後の最後でも「奇跡の中村語録」にまた新しいページを作られましたね。

でも、これもご本人の本意だけではありません多分


オリ中村監督辞任、球団はGM職打診


・・・・・球団は中村監督に、GM職復帰を含めたフロント入りを打診。・・・・・

元の鞘に収まるのですね・・・。中村(前監督)様におかれましては、これでよかったのではないでしょうか。

身の丈に合う。

大切なことですね。辞任は英断と評価したいと思います。


オリックスは京セラドーム大阪を90億円で買収し、今年9月から完全保有した。特に専用球場を大阪に移す来年は「ドーム元年」であり、負けられない1年となる

結局この1年の持つ意味というものは、一体なんだったのでしょうか?

本来は仰木さんの遺志を継いでプレー・オフ進出が最低目標で、今年は絶対に負けられない1年であったはずではなかったのでしょうか?

絶対に負けられないと思うためのモチベーションが、仰木さんからノり・キヨに、そして神戸撤退・大阪移転へと完全に擦り替わりました

私はファンとして、仰木さんのために今季、同じファンの皆様方と「結束」しました。

しかし、来年の「ドーム元年」とやらのためにという理由で「結束」はしません。

あくまでも、仰木さんに優勝報告をするためにという大義名分のためだけにしか「結束」などあり得ません・・・。

風景写真

注意)本文と写真に関連性はございません


もう一人、お別れを言い忘れた方がいました・・・。

オリ・ガルシアとオバミュラー退団へ

・・・・・ガルシアはチーム最多13本塁打を残した打力や闘志あふれるプレースタイルへの高評価は球団内にあるものの、残留の可能性は低いオバミュラーとともに退団となる見込みだ。

我が目を疑いました。

9月は殆どの試合に出場してコンスタントに活躍してくれていましたし、昨日の最終戦にも変わらず出場していたので、来季も間違いなく応援できると思っておりました・・・。

記念写真

昨日(最終戦)の試合前の練習風景です。

ガルちゃんがカメラで私たちライトスタンドのファンの写真を撮っていたり、ライトスタンドの私たちをバックにした自分の写真の撮影大西君に頼んだりしておりましたのは、もう既にその時には退団が決まっていたからだったのでしょう・・・。

ちゃんとしたお礼が言いたかったです・・・

携帯の番号を教えてもらえばよかったです(笑)

冗談は抜きにして、Bsでは数少ないガッツ・マンの一人でした。ガニマタの愛らしい走り方から生まれる気魄のヘッド・スライディングは何度も私たちを酔わせてくれました。

また、ライトからのレーザービームイチロー君のいた頃の外野守備の楽しさを再び思い出させてくれました。

何をやっても憎めないガルちゃんでしたが、来年は他球団のユニフォームを身にまとっているという可能性は否定できません・・・。

ガルちゃん2年間お疲れ様でした!

もし日本でなくてもWBCでまた会えますよね。


この日は最終戦ということで、選手からの1年間の応援に対する感謝のメッセージがビジョンに流れました。

攻撃と攻撃の間に何人かずつ流れましたが、もちろん全員を捉えることはできませんでした。

偶然5回シャッターを押す機会に恵まれましたので、全てご紹介したいと思います。

自分で言うのも何ですが、なかなか味わい深い5ショットです(笑)

まず1枚目は、来季の左のエース(暫定)の中山君

中山君

ある意味、新監督さんにとっては彼の存在が監督就任の大きなプレゼントとなるかも知れません。

勝ち星の何倍も、存在感を示してくれましたね。

私も来期最も期待しているピッチャーの一人です。


2枚目村松様です。

村松様

本当に二枚目ですね!

開幕当初は、不本意なベンチウォーマーでした・・・。

しかし期待されたホームラン打者の不調により、首脳陣の気分転換で起用されえると本領発揮

切り込み隊長役から何とクリーンナップの3番にまで起用されても、黙々と「繋ぐことだけを考えて打席に立ち」続け、与えられた仕事をこなすのみ。

その結果、2年ぶりに村松様の代名詞である「3割打者」の称号を取り戻すことができました。

これでBsとしては史上初の規定打席到達の3割打者の第1号になられました。

来季は愛弟子のひらりんとともに、いやハヤカーも森山君もいますね。

俊足カルテットの第1人者として、フィールドをかき回すことを今から夢見ています。

新監督さんがファイターズのヒルマンさんやカープのブラウンさん同様に「スモール・ベースボール」の推進者であることを秘かに夢見ております。(もちろん、現実的に無理なこともわかってはおりますが・・・)


3枚目は、ガルちゃんと通訳の方(爆)

外国人選手と通訳

ガルちゃんについては、先に触れましたのでここではもちろんマティーです。

来季の新監督さんが外国人になる可能性が高いという巷の噂で持ちきりですが、ここへきて俄然クローズアップされるのはマティーの存在です。

来季は選手兼通訳兼監督付きコーチと何足のわらじを履くのでしょうか?

オフの間には、某○CCジュニア教室への臨時講師として早くもスケジュールが一杯だそうですよ(←嘘つけ)

プレーヤーとしても今季はビックリ箱から俊足巧打への華麗なる変身振りに、一部のコアなファンをある意味でノック・アウトしてくれました(笑)

来年は、走られた数と同じだけの盗塁をキメちゃって下さい!


4枚目は漢の中の漢・塩Zです。

塩Z

私の中では、今季の準MVPが既に確定しております。

同級生のノリ入団の影響をモロに受けて出場機会の激減が予想されましたが、皮肉にもそのノリの怪我のお蔭でプロ初の規定打席到達・・・。そしてFA権獲得・・・

BW時代もアテネ・オリンピックで抜けた同期入団のよしくんの穴を埋めて余りある活躍。今季も内野の要として攻守に欠かすことのできない存在でした。

来年この笑顔を私たちが再び見る時、彼は何色のユニフォームを身にまとっているのでしょうか?

何処へ行こうとも「隠れ塩Zファン」として引退のその時まで応援し続けようと思っています。

が、やっぱり本音は来年もBsの塩Zでいてくれることを望みたいです・・・。


最後の5枚目は、我らが光尊様です。

光尊様

別に狙っていた訳ではありません(笑)。どんな場面でもネタ、いえになる方でしょ?

彼についてのコメントは、昨日長々と書かせていただいたので、ここでは割愛させていただきます(書き始めると更新中が更にまた1日伸びますので・爆)

ただ、この写真を良ーく見ますと、何か仕事で辛いことがあって落ち込んだ時などに見れば、とても癒されそうな写真だなぁと今は思います・・・。

このタイミングでシャッターを切らせて下さった光尊様からの強い愛情を感じます。

偶然」ではなく「必然」の、これも「奇跡の1枚」と言えるのかも知れませんね。

皆様も気が向いたら、この写真をプリントアウトして冷蔵庫にでも貼っておかれたらいかがでしょうか?(爆)

無用な力が抜けて、丁度いい感じになること請け合いです。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。