Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月24日 対福岡ソフトバンク戦第20回・最終戦(福岡ヤフージャパンD)

今日はBsだけではなく、イーグルスもライオンズを下し、マリーンズもファイターズに逆転勝ち。

Bクラスの逆襲の一日でした。

中でもホークスは、3年連続のシーズン1位を狙うためには絶対に落としてはならない試合でした。

そのホークスの前に大きく立ちはだかったのは、我がBsが誇る肝っ玉ルーキー

プロ入りしてから、まだたった1勝のサウスポーでした。

2勝目をゲット!

完投は逃しましたが、8回を投げてホークス打線を実質1失点笑・後述あり)に押さえ込む力投を見せてくれました。

そのお蔭で、打線も久々のビッグ・イニングを見せて大逆転!

あれよあれよという間にチームは今日も勝ち。

無欲の3連勝となりました。

残念ながら(?)26日からのイーグルスとの最終2連戦の前に順位は確定してしまいましたが、来季に繋がる素晴らしい連日の戦い振りです。

最下位になっても場合によればいいこともあるかも・・・・・などと少しは思っておりましたが、選手達はやはりグランドに立てば本能的に勝利を求めて全力で戦います。

当たり前ですよね・・・

さあいよいよ、泣いても笑っても今季残すところあと2試合です。

今季最後の「終わり良ければ全て良し」を見せてください、絶対に!!



   Bs ⑤ - 2 Hawks


スコア



試合の振り返りの前に、このニュースを先に・・・。

元阪急監督の梶本隆夫氏が死去

いい写真を私は持っておりませんので、ここはきむこと木村さまのブログにある若かりし頃の、とても美しい梶本投手を是非ともご覧下さい。

私は先週、野球殿堂に行って参りましたが、梶本さんのレリーフはその場にはありませんでした。

私は梶本さんの現役を知る者ではありませんが、彼が通算254勝を挙げた左腕であり、またオールスターで江夏さんが成し遂げて有名になった9者連続奪三振を、それ以前に真剣勝負の公式戦で初めて記録したピッチャーでもあったということ位は書物等で知ってはおりました。

盟友・米田哲也投手と共に「ヨネ・カジ」として黄金期を迎える前の阪急を永年支えて来られた2人の大エースのうちの一人でした。

その梶本さんがこれまで野球殿堂入りを果たされていないのは、いまや球界の七不思議のひとつと言われておりますが、恐らくその原因はタイトルには不思議と縁が無かったことと255敗で1つ負け越しているということでしょうか?

指導者としても例の上田監督の歴史に残る日本シリーズでの1時間19分に渡る抗議の引責辞任の後を受けて2年間監督を務められましたが、コーチとしても引退直後からずーっと阪急オリックス一筋でした。

性格は温厚でジェントルマン。しかし可愛い選手のためを思う余り、大胆な指導をされることもあったと伝えられます。

特に有名なことは、阪急の酒仙投手・今井の雄ちゃんの若かりし頃・・・。

優しい性格が禍してなかなか結果が出なかった彼を見かねて、当時の梶本「兄貴」コーチが先発のマウンドに向かう前に、ベンチの裏でこっそりとコップ一杯のビールを・・・。

今では笑い話ですが、雄ちゃんはそれから頭角をメキメキ現して挙句は完全試合をも達成

誰からも慕われた、優しい梶本さんでした。

最近はBs戦の実況解説も数少なくなっておりましたが、語り口からも人柄は充分伝わりました・・・。

梶本さんと接点があるのは現在Bsではハギー唯一人ですが、イチロー君も同期として当時の梶本2軍チーフコーチに2年間一方ならぬお世話になったとインタビューで語ってくれました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

梶本さんの背番号33は、同じくサウスポー高木君に引き継がれています。梶本2世と呼ばれるくらいのピッチャーになって欲しいと願っています。

そして昨日のハギーの勝利は、梶本さんの御霊に捧げる勝利でもあったのですね。

改めて。ハギー、GJでした!!!


それでは、試合に戻ります・・・・・。


先発の中山君は、先週の初勝利を挙げたライオンズ戦に続いて最後の登板となるこの日、2勝目を懸けてのマウンドでした。

先発・中山君

立ち上がりは、どうなることかと思いました(笑)

初回は四球3つにワイルドピッチ・・・。しかしヒットは与えず2三振を奪い、何とか無失点で切り抜けました!

これですっかり立ち直った中山君は、結局3回をノー・ヒットで前半を終えます。

対するホークスの新垣さんは、今季初の中4日をものともせず6回を四死球3つのノーヒット・ノーランという完璧な投球でした・・・。

先に失点を許したのは中山君でした。

4回、四球と初ヒットを許したものの併殺2アウト・ランナー3塁

ここで7番中澤さんの打球は高々と舞い上がるキャッチャーかサードへのフライ

最初はキャッチャーの大輔@前田がサードの一輝に任せる声とジェスチャー

しかしボールを見ていた一輝はジェスチャーに全く気付かず、声もホークスファンの大観衆の声にかき消されて聞こえないようでした。

しかも一輝にからすると完全なキャッチャーへのフライに見えました・・・。

捕球しに行かない一輝に驚いた大輔@前田は慌てて再度声を掛けます!

が、驚いたのは一輝の方でした!

・・・ボールは無常にも大輔@前田の目の前でバウンドして高く弾みました・・・。

タイムリー・お見合い!

その間に3塁ランナーはも当然アウトと思いながらも念のためにベースを踏んでいましたので先制点が入りました

そして打ったバッターも2塁へ達しました。

キャッチャー前タイムリー2ベースヒット(記録は3塁内野安打)

暫し放心状態の中山君

これはもしや!・・・元大阪近鉄の坂田三吉得意の・・・


通天閣打法!


ホークスに「神風が吹いた」ものと脳内にて補完完了(爆)

しかしこの後が良かったです。

気落ちしたのか中山君は、次打者の8番・本多さんに真芯で捉えられて左中間に大きな当たり!

すわ、追加点と思わず目を瞑りました。

しかし、どこからともなく疾風の如く現れたセンターの大西君が、そのボールをまさに掻っ攫っていきました!

ファイン・プレー!

このスーパー・プレーが、中山君を救いました。

そしてこの日のホークス・本多さんを襲う受難の始まりでもありました・・・。


解説の若菜さんが7回のBs攻撃前に言いました。

「このままノーヒット・ノーラン、行くかも知れませんよぉー、えー、えー。(ちょっと見下ろし気味で)」

前日の藤本さんなら「私はこのまま新垣はノーヒット・ノーラン、行くと思いますよねー。」と言いそうですが。

先頭の4番・ガルちゃんがライト・ライナーに倒れてアウトはあと8個になりました。

新垣さんの出来からすれば、何とか記録だけは避けたいBsでした。

5番の、前の2打席は全く合わなかった良太に替えて村松様代打に。

しかし、村松様の頭はノーヒット・ノーラン阻止などこれっぽっちも頭にありません。

とにかく繋ぐことだけを考えて打席に立ちました

いつもの村松様の打席での集中力が、新垣さんの夢を砕きました。

打球は、セカンド・本多さんのダイビングもあと一歩及ばずにセンター前へ

7回1アウトから、ようやくBsの初ヒットが生まれました!

初ヒット!

しかし、続くバッターは6番のよしくんでした。

Bsファンの誰しもがホームランか「アレ」を予想した場面(笑)

答えは、完璧な「後者」でした・・・・・。

誰もが4-6-3のゲッツーでチェンジ。でもノーヒット・ノーランの汚名は免れて良かったね、と思ったその瞬間!

Bsにも「神風」が吹きました!本多さんの目に砂でも入ったのでしょうか?

焦る本多さん

完璧なゲッツーコースの打球を、本多さんがお手玉!

オール・セーフになってしまいました。

平凡なゴロに見せかけて、実は「逆境ナイン」のように秒速5000回転ものスピンを打球に与えたよしくん秘技だったのだと私は信じております(笑)

チェンジと思った新垣さんは、一転して1アウト1・2塁のピンチを背負うこととなりました。

新垣さんの中で、歯車が微妙に狂い始めました・・・。

中村監督様決死の代打攻勢が続きます。

7番・大西君に替えて代打の切り札・栄二様をここで投入

思いもよらぬ形で失点したあとは、思いもよらぬ形でチャンスが転がってきました。

栄二様は、2球目を叩きます。打球は新垣さんの足許をすり抜けてセンターまで達しました。

先の代打が俊足の村松様であったことも幸いしました。

相手のエラーと職人2人ヒットで、ノーヒット・ノーランを心配されたBsが、遂に同点に追いつきました!

勝負師、栄二様!


続く8番・大輔@前田にも代打・ダカヒー。しかしショートフライに討ち取られて2アウト、1・2塁

新垣さんはホッとしたのでしょうか・・・。

9番・一輝の代打もウルサイ塩Zでしたが、その2球目のスライダーはここまで9個を奪った魔球では、もはやありませんでした

ジャスト・ミートした塩Zの打球は・・・・・。

打った瞬間にそれとわかる感触!

レフトスタンドへ飛び込む、逆転の3ランホームランになりました!

逆転の3ラン・HR!!

得点は4対1。3点のリードを奪いました。

7回1アウトまでノーヒット・ノーランの力投を見せた新垣さんは、気落ちしたのか続く1番・ハヤカーストレートの四球を与えたところでノックアウト。マウンドを降りました。

降板後のプラス1球は、ベンチ内でグラブと一緒に熱投されました・・・。

最後の1球


2アウトでも攻撃はまだ終わりません

ハヤカーは、二盗・三盗で今日は一気に3盗塁を記録

疾風になりました


2番・森山君も替わった三瀬さんから粘った末に四球を奪います。

2アウトランナーなしから、1・3塁へ

スター選手の1発頼みという中村野球からは対極に位置するこの足の威力を堪能できるのは、残念ながら今しかないのかも知れませんね(涙)

3番・光尊様は、昨日に続いて得点圏にランナーを置いてサウスポーと相見えることとなりました・・・。

2-3からの6球目。四球を嫌った三瀬さんが、スライダーでなくストレートを投じてくれました。

打球はセンター前に!昨日に続いて、左腕からのタイムリーとなりました。

2アウト・ランナー無しから、更に1点を追加しました!

調子が上がってきましたか?

あれだけ苦手にしていた対左投手を、このあとの篠原さんからもヒットを放ち、3人連続左討ちを達成しました。

我慢できません。もう、言ってもいいですか?

左殺し、と(爆)

今日は久し振りの2安打マルチでした。チームで唯一です。本当に久し振りの響きですね。

これで来年は、左投手先発でもスタメンに名前を連ねることが出来るでしょうか?

このイニング2度目の打席となったガルちゃんは1イニングで一人で2度目のアウトに・・・。ホークス本多さんは、長い長い「針のむしろ」からようやく開放されました。

このまま永遠に終わらない気がしていたことでしょう・・・。

でも、気を落とさずにこれからも頑張ってください。これくらいのこと茶飯事(笑)の光尊様を見て何かを学んでください。

信じられない逆転で4点のリードをもらった中山君。9回には3連打で1点を失いましたが、見事8回2失点・実質1失点(笑)で2勝目をゲットして今シーズンを終えました。

後がないホークスに、そして完璧だった新垣さんにも投げ勝った中山君

来季は平野よし君とともに「若き左・右のエース」として、更に羽ばたいて下さい!

そう、かつての「ヨネ・カジ」のように・・・。

昨日に続いてハギー、そして最後は山省が締めて連夜のセーブも記録しました。

試合終了!

山省も来季は「左のストッパー・Y」としてイニシャルで語られるのでしょうか?

大化けを期待したいですね(笑)


Bsの今季最後の遠征は2連戦・2連勝という最高の形で幕を閉じました。

あとは26・27日のホーム(スカイマーク)2連戦を残すのみ

3連勝の勢いで、私たちホームのファンの1年間の声援に是非とも応える試合を見せて欲しいと願っております。

今季のテレビ観戦でのブログは、これが最後になりました。

3連勝で終われたので、気分良くビールです!(笑)。もちろんこんな日は発泡酒ではなくプレミアム・ビールですよね!

○○さま、美味しく頂いております。本当にありがとうございました!

3連勝が嬉しくて喜び過ぎて、いつもよりも沢山いただいてしまいましたので更新が遅くなりました。お許しください。言い訳になってますか?(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。