Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月16日 対西武戦第19回戦(インボイス西武D)

まずは何はともあれ中山君!


プロ入り初勝利、おめでとう!!


20060917030426.jpg

7回1アウトでマウンドを降りるまで、許したヒットは僅かに2本だけだったそうですね・・・。

前回の登板ではプロ最短の2回途中でノックアウトだった中山君・・・。

やはり、転んでもただでは起きない肝っ玉ルーキーでした。

自身の初勝利もさることながら、チームの連敗をもストップさせる孝行息子ですね。

先発転向直後は1失点だけで完投負けという悲運振りを見せ付けたこともありましたが、今日は2失点でも勝利・・・。

勝利の女神様は、ようやくプロとしてやっていけると中山君をお認めになられたのでしょうか。

この勝利により、近鉄なら阿波野さん・BWなら星野伸之さん以来の若きサウスポーのエース誕生の夢への第一歩になったとしたら嬉しいことですね!

ところで私、今これを東京で書いております

遠征1日目にしてこのような素晴らしい試合!

ただし、私はこの試合は見ておりません(笑)

折角の東京遠征、いろいろとやりたいこと、行きたいことを天秤に掛けた結果です。

えっ、後悔ですか?

していません。(キッパリ!)

今日より明日、明日より明後日・・・。

中山君の快投で微笑んで下さった勝利の女神様がしばらくはついていますもの。



   Bs ③ - 2 Lions


という訳で、中継のなかったオープン戦以来、今季の公式戦で初めてリアルまたは映像で見ていない試合でした。

なにもこういう日に限って素晴らしい試合で勝つというのは、ツイテいるのか憑いているのか判断できませんが(笑)

なのに今日の写真があるのは、観戦仲間でいつも何かとお世話になっているのA様(仮名)からいただいたものを使わせていただいております。

心から感謝いたしております。ありがとうございます!

それにしても今回の遠征には昔の古いノートPCを連れてきましたが、いかんせん非力なもので何をするにも相当な時間が掛かりストレスも溜まります(笑)

ですので、毎日の更新は簡単に。帰阪後に追記しようと思います。


試合に戻ります。

中山君が浴びた2本のヒットで「2失点」は、かぶれらさんの度肝を抜くホームランでした。

インボイス西武ドームならではの「場外」アーチ推定飛距離は150メートルだったそうですね・・・。

「場外」?  ドームの屋根とレフト・スタンドの境目の空間を抜けて外に出たそうです。

この情報は、なぜか夜の8時頃に某所(笑)で偶然お会いした関西在住のライオンズ・ファンのお友達から伺ったものです


某所で偶然お会いするなど、普通は考えられません・・・。考えたら出会う確率は天文学的数字かと思われます(笑)


Bsの今日の3得点は、バラエティー豊かでしたね。

まずはハヤカーがその「類稀なる脚」の魅力を存分に発揮して、本当に「稀な」プレーである「ホーム・スチール」で鮮やかに先制。

ハヤカーの盗塁は今季2つ目です・・・。

しかし、脚を使って派手なことができるのはBsの現時点ではハヤカーしかいません。

もっともっと魅せてほしいです!

そして光尊様タイムリーファースト・ゴロ(笑)で2点目!

20060917033401.jpg

光尊様は、ハヤカーに感化されたのか、すかさず今季4つ目の盗塁を決められました!


そして3点目は、連夜の活躍!

塩Zの第8号ソロ・ホームランが飛び出しました。

20060917033550.jpg

調子は右肩上がりで嬉しいです!


こうして生まれた3点を、中山君と大輔@キャトーのリレーで2点は取られましたが、そのまま逃げ切った今日の久々の価値ある勝ちゲームでした。
20060917033744.jpg



☆★☆ 追記です ★☆★☆

写真をいただいたAさま(仮名)が、私のために試合の流れを追ったレポートも書いていただいておりました。

私はこれを読ませていただいて、試合を見たような気にさせていただきました。

本当に詳しく丁寧に書いていただきましたので、感謝を込めてここに掲載させていただきます。Aさま(仮名)、重ねて御礼を申し上げます!


今日のスタメンは、いつも通り中村監督のサプライズでした。

1(中)村松
2(左)早川
3(三)塩崎
4(右)ガルシア
5(遊)後藤
6(一)相川
7(DH)グラボースキー
8(二)阿部真
9(捕)前田

グラボースキーはいつもの事とは言え、前田が中村監督らしくない
先発マスクでした。

中山がここまで、日高・的山のどちらと組んでも打たれる展開になっていたからでしょうか?

1回表、村松がフォアボールを選んで出塁するも後続の早川・塩崎・ガルシアと打線がつながらず、得点をするには至りません。

ただ、最初の打席からいきなり早川が脅威の粘りを見せてくれまして、最後の最後のこの時期に西武に喰らい付く予感を見せてくれたのかと思います。

一方、1回裏。
中山は前田捕手とのコンビでいきなりパーフェクトピッチングを見せてくれます。

2回表
後藤凡退の後、相川がヒットで出塁してグラボースキーがフォアボールで出塁するもその後の阿部真、前田が凡退をして得点には至りません。
前田の初ヒットはまだなのでしょうか?

2回裏
和田を三振、中村(おかわり)をライトへの大飛球でアウトに取った後、江藤・赤田にフォアボールで出した後、細川を三振にとって凌ぎます。
なんとかピンチになりかけていたところを乗り切ってくれました。

3回表
まず先頭の村松がレフトのラインギリギリにヒットを打ちます。
ただ、レフトの和田が守っていた位置などの為にシングルヒット止まりとなってしまいます。

そして次、早川…。バントをするのですが、そのボールを涌井が取り、1塁に投げた時に暴投となってしまい、1塁セーフ。そして暴投の間に村松は三塁まで進塁します。

このチャンスに塩崎の打席です。
早川が盗塁を決めて2-3塁のチャンスをつくるも、塩崎はフォアボール。

ノーアウト満塁でガルシアとチャンスは広がります。

しかしガルシアは結果を残せません。ショートへの飛球でした。
続いて後藤。ボテボテの辺りの間に村松がホームインして、あまり良い形では無いにしてもとりあえず先制点はとれました!!

そして、なお2アウト1(後藤)-3(早川)塁のチャンスにバッターは相川。

相川のバットに期待をしたいところでしたが、後藤のスチールの間に早川がホームインして2点目。

相川はその後ライトフライに倒れました。

3回裏
三振とダブルプレーで難なく切り抜けます。

4回表
グラボースキー・阿部真凡退の後、前田が初ヒットを打ちますが、その後の村松が続きません。

4回裏
カブレラ・和田と三振に取った後、中村(おかわり)にツーベースを打たれましたが江藤をショートフライに討ち取りました。

ただ、江藤の打席の時に前田がパスボールで中村に3塁に進まれていてちょっとしたピンチではありました。

5回表
先頭打席の塩崎がレフトへソロホームランを打ちます。
先日の中村監督の名言「たかだか2点で勝とうなんてムシが良すぎる」との事です。

3点目が入れば勝ちへまた一歩進んだかと思われますが。

そしてしばらく試合は静かに展開します。

6回裏
フォアボールで片岡を出塁させた後、中島のライトフライ。大きなフライではありました。

ですが、ガルシアが捕球をしたあと気を抜いた隙に片岡はタッチアップで2塁に進塁します。(なんちゅーミスだ)

そしてカブレラ…カブレラは中山の球を軽々とはじき返し、レフトの場外へとHRをぶちこんでしまいます。

まさに「驚弾炸裂」しました。

しかし前の回の塩崎のHRが値千金でした。

3点目となるHRはカブレラのツーランの後も中山に勝ち投手の権利を残していますから。

そして試合は進みます。

8回裏ワンアウト
この場面で中村監督が動きます。
ここまで息のあったコンビで西武の凶悪な打線をカブレラのHRの2失点に抑えて来た若い中山・前田のコンビから加藤・的山のバッテリーに変えてしまいます。

ここまでそう言う交代をした後は決まって炎上を見てきたファンとしては今日は中山・前田と心中するつもりでやって欲しかったところですが…。

まあ普通に抑えてくれたのでここはよしとしましょう。

9回表
最後の攻撃となる所。ここでも中村監督の采配は爆発しました。
先頭の若武者相川良太がライト前ヒットで出塁したところに何故かグラボースキーに変えて日高を代打に送ります。

何か策があるのか?…と思っていると日高はバントをします。

なにか以前にも同じような場面を見てそれが無駄な努力に終わった記憶があるのですが(笑)

ええ、この後の阿部真と的山が普通に凡退したのでやっぱりこの中村監督の策は徒労におわります。

代打で出すなら水口かよし君を出す方が妥当と思いますけどね。

DHのグラボースキーのところに日高を入れるという事は、的山に何かあった時にDHを解除しなければなりませんから。

9回裏
加藤と的山のバッテリーで迎えた最終回の守備。
ここは無難にカブレラを三振、和田をライトライナー、中村(おかわり)を2ゴロに抑えます。

やっとおとずれた中山君のプロ初勝利!

今シーズンのここまでの投球内容やマウンド度胸を考えると1勝3敗と言う成績は疑問でしかありませんが、とにかく中山に初勝利が付いた事は中山に自信になるかと思います。


以上

そして、私のツボを刺激する1枚の写真も付けて下さいました。

ベース付近の土の掃除

このハイテクの時代にもかかわらず、今もバリバリの現役選手シュロぼうき」。

人工芝内に飛び散った土を掻き出して掃くのは、今もこれが1番なのでしょうね。

いつまでも若いヤツには負けん」そんなプライドが、熱く私の胸に届きました。

翌日、私も実際に目にして感動を新たに致しました(笑)


☆★☆ 以上追記でした ★☆★☆



9月17日 対 西武戦第20回・最終戦(インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs川越会長@2桁の夢をあきらめないで!!中山君に続け!

L  :ギッセルさん@ここまで6勝3敗@対Bs戦は1勝1敗・・・。


川越会長中山君が作ってくれたいい流れに乗ってほしいですね。

明日は私も参ります

blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。