Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月30日 サーパス全日程終了、お疲れさま

今日は9月の最終日

いつもの月なら、お約束。

終わりよければ全て良しと喚くところですが、今日はいよいよ深まっていく秋の空を見上げながら、どこか遠くで響く運動会らしき放送がかすかに耳に届くのを心地よい気持ちで聞きつつ昼寝などしながら、久し振りにゆったりと過ごしておりました。


屋根付き球場など殆ど使用することのないウエスタン・リーグの我がサーパスは、雨天中止の振替などの関係で、昨日(9月29日)ナゴヤ球場での中日戦が今季の最終戦でした。

てっきり26日の鳴尾浜の練習試合の時には、全日程が既に終了していたと勘違いしておりましたので、みっつーの登板を見た私はその後のスカイで「今季最初で最後の登板を見た!」と自慢しまくってしまいました(爆)

ぬか喜びでした・・・。


連日の来季首脳陣の人事に関するニュースがネットを賑やかして、いやひっそりと報道されておりますが、殆どが1軍に関するもの。

2軍のスタッフはどうなるのでしょうか?

というより、まずは1軍をどのようなチームにするのかのビジョンが決まらないと、それに相応しい選手を送り出すための監督やスタッフなど決められないのでは?と思いますが、フロントさんたちはその1軍のビジョンさえ新監督様に決めてもらうつもりなのでしょうかねぇ・・・・・。

新しい監督の「ビジョン」が決まらないうちから1軍の来季のコーチを残す、残さないという判断もナンセンスだと思うのは、いつものように私が素人だからでしょうか?

・・・話しがこんがらがりそうなので、やめましょう(笑)


とにもかくにも、2軍(サーパス)の皆様方、選手はもとより首脳陣の皆様方は来年の去就も気になるところではありますが、とりあえずお疲れ様でした

1軍への戦力の供給という本来の目的は今季も果たせたとは思いますが、1軍の戦力として定着した若手選手で合格点が付けられそうなのはルパン・森山君だけかも知れません。

若手たち!

26日も1軍経験者はズラリ(笑)

鮮烈デビューを飾った選手、悔しいUターンを経験した選手・・・。

すべて来年へと繋げてください!


また脱線してしまいましたね(汗)


大石大ちゃん

来季は外国人監督を支えるヘッド・コーチ役での入閣が噂されます。

そうなれば・・・・・

米国出身」の新監督

ASIA出身」の大ちゃん

これにチームキャラクターで「ヨーロッパ」を代表して琴欧州関を起用し、ネッピーの出身地を実は「アフリカ」だったと偽装さえすれば、ORIXの世界戦略は完成しますね!

大石さんも珍々亭の「あぶら」を食べられたのでしょうね・・・。

わかる方だけ、付いて来てください(笑)

おお!覇者・亜細亜! 王座は我に!

ヘッド・コーチでなく、監督でも良かったんですがね。

とにかく、大石さんには「江川の9連続奪三振」を阻止した時のように、当てれば奇跡は起こる!の精神で、脚のある打者達を上手く使いこなす戦略を新監督様に提言して欲しいものです。


弓岡さん

弓岡さん!今でも現役時代のまま、何も変わっていないですね。弓岡さん、福良さん、大島さんと続く内野手の名手の系譜は、誰に引き継がれるのでしょうか?イメージ的にはひらりんが最も近いようにも思われますが、森山君になるのでしょうかね?


ヤスオー、フズィイ!

康雄@藤井様!今でも見とれてしまいますね。おかしいですか!?(笑)

将来は、監督と呼ばせて欲しいです。来季はいよいよ2軍監督でしょうか?


米村さん

鬼軍曹のヨネマーですね。私の目には「78」が今でも「45」に見えます(笑)


赤堀さん

あるブルペン・ウォッチャーの方に言わせると、去年の方がブルペンの雰囲気は格段に良かったとのこと。

その去年のブルペンを任され、K・K・Oのブレイクをアシストしたのが赤堀さんでした。

1軍の住友さんが解任された来季、返り咲きの可能性が広がりました。

関係ないですが、住友さんはかつてドラフトで阪急入りを拒否された過去をお持ちでしたね。

赤堀さん球界屈指のピッチング・コーチになられる可能性を、私は秘かに感じております!


選手の中で私の目を引いたのは、柴田君・・・・・の帽子でした。

柴田君

夏のスカイマークでの試合の時に見た、その帽子

明らかに、日焼け

濃紺が薄紫に変色していました(笑)

それだけ炎天下で練習した証でしょう。

あの時以上に変色が進んでいたことが、とても嬉しかったです!

途中出場でしたが守備も溌剌としていましたし、ヒットも見せてくれました。

1軍のショートでデビューした日には、宗りんさんやナカジさんにも対抗できるキャラクターだと思います。

ついでにこの写真を彼を愛してやまない、あきさまに捧げたいと思います(爆)


全日程を終えたウエスタン・リーグで、唯一のタイトル・ホルダーが生まれました。

最優秀防御率の岸田君です!

岸田君

27日の最終戦に先発して負け投手にはなりましたが、素晴らしいピッチングを披露したばかりなのに、わざわざ中1日で再度先発して栄冠を手にしました。

ちょっと無理し過ぎではないかと心配ですが、とりあえず明るい話題を提供してくれたことは素直に嬉しいです。

来季の新人王を目指して、大きな自信になったことを信じたいですね!


そして、もうひとり・・・

残念ながら首位打者を土壇場で逃した選手がいます。

何となく想像できたでしょう?

一輝

1軍の全日程が終了した時点で、一輝のウエスタンでの打率は0.304で第1位でした。

しかし、その後の最終2連戦で6打数ノー・ヒットに終わり打率を下げてしまいました・・・。

どうしても出なければならない理由(打席数不足?)があったのでしょうか?

せめて1安打さえあれば首位打者の栄誉が手に入ったものを、残念ながら阪神・赤松さんにその座を奪われてしまいました・・・。

何とも一輝らしいというか・・・。

しかし、一輝2軍では「安打製造機」であるという事実には1点の曇りもありません(笑)

いつの日にか1軍の「安打製造機」となり首位打者争いをする一輝を夢にみて、これからも見守り続けたいと思います。


再度改めて、サーパスの皆さん!今シーズンはお疲れ様でした!

という間もなく、来週からはフェニックス・リーグが始まるのですね。


何はともあれ、これからも私は

サーパスで暮らすあなたに

笑顔でいてほしい


です!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



スポンサーサイト
9月29日 後任監督は誰に!?そのほか

既に暑いです。

オフシーズンの風物詩ストーブ・リーグ・・・。

他の11球団に先駆けて、Bsが堂々の首位を独走です(笑)

これからエキサイティングなPSGが始まるというのに、私たちBsファンにとっては来年以降を託すとってもエキサイティングな監督選び私たちが選べるものではありませんが)。

まあ、来季も首脳陣全員留任であれば、何もエキサイティングなものを感じられなかっただけに何ともありがたいことなのかも知れませんね(笑)

ここで、有力な監督候補者の方々をおさらいしておきたいと思います。

しかし、情報は輻輳していますねぇ。


まずは、スポニチ・・・。

Bs中長期でチーム再建…ジョンソン氏筆頭に人選

すでに元メッツ監督のデーブ・ジョンソン氏を筆頭に外国人監督の選定作業に入っており、今月30日からの秋季キャンプ(高知東部球場)を見据え、来月中旬までに作業を完了する予定。


デーブって「大久保さん」の間違いじゃないですよね!?

デーブ・ジョンソンさんは元ジャイアンツの内野手でした。

ハーフや2世は除いて純血を貫いてきた讀賣が、初めて方針転換して獲得した最初の外国人選手でした。

当時の監督は、第1次政権の長嶋さんでした。

選手としての実績は芳しいものではなかったのですが、アメリカへ帰ってから努力を重ねられ指導者となり、輝かしい栄冠と実績を手にしてきた方です。

もし実現すれば、千葉ロッテのボビーさんに続きNPB史上2人目のMLB優勝経験監督となります。


しかし、日刊は・・・。

オリックス、コリンズ氏と近く本格交渉

オリックスは近日中にコリンズ氏との本格的な入団交渉に入る。・・・・・7年連続Bクラスに低迷しているが、小泉社長は昨年日本一に輝いたロッテ、日本ハムの5位から今季のシーズン1位の躍進を例にあげ「少し違った指導、育成、監督の采配などで、うちにもそうなる可能性がある」と新監督に求めるものを説明。コリンズ氏との交渉が順調に進めば、来月上旬にも正式発表の運びとなる。

中村監督様の後任のこの方も「こりん星」生まれですか?

失礼いたしました。

このコリンズさんという方は、近鉄がそして現在はBsが業務提携しているMLBロサンゼルス・ドジャース編成部長だそうです。

ただし、メジャーの監督も過去2チームで6年間(3×2)勤め、そのうちの5度の2位という実績を打ち立てた方です。

編成部長といえば、GM直下のナンバー2。もちろん日本のGMとは根本的に権限が違います(笑)

ただ、記事中の「昨年日本一に輝いたロッテ、日本ハムの5位から今季のシーズン1位の躍進を例にあげ」というところが、何となく二番煎じ、いや三番煎じの感は拭えませんね。


そしてサンスポは、ファンの不安を代弁(笑)

オリックス“ポスト中村”はド軍ライン生かし外国人を軸に検討

球団内では、外国人監督がチームの顔の清原とうまくコミュニケーションをとっていけるか、不安視する声も一部で挙がっている。迷走を続けるオリックスは、本場メジャーの名門球団のノウハウに再建を託すことになるのか。

ノり・キヨの扱いは、来年誰が監督になろうとも今年と同じ扱いであるのでは?と私は思っております。

大阪移転の2大看板。「帰って来たで」の主役です・・・。


日本人監督なら我慢させることは簡単だが、外国人監督なら理解不能でトラブルが起こるかも知れないという警鐘を鳴らしてくれているような気もします・・・。


ただ何れも、外国人監督ありきとの報道ですが、新聞紙上では日本人も大活躍です(笑)

もしBsが報道のとおり外国人監督になれば、パ・リーグは6球団中3球団が外国人監督になりますね。

これって、どうよ?(訳:どう思われますか?)

もはや日本人にノり・キヨ上手く扱える監督など存在しないということの裏返しでしょうか?


改革は、監督だけではありません。


1軍8コーチ球団首脳と面談…大幅な入れ替え確実

・・・三輪バッテリーコーチを除く1軍8コーチがきょう29日、小泉社長ら球団首脳と面談を行うこととなった。監督辞任にともないコーチ陣も大幅な入れ替えが行われることが確実で、新井チーフ兼打撃コーチはすでに辞任を表明

そして遂に・・・・・。

オリックス新井コーチの辞任など発表

オリックスは29日、新井宏昌チーフ兼打撃コーチ(54)の辞任と、住友一哉投手コーチ(48)の解任を発表した。

詳しくここでは触れませんが、仰木さんが昨年辞任のときに後を託したかったのは腹心の参謀を長く務めた新井さんであったが、オーナーの鶴の一声で・・・・・。

この噂が本当なのかどうか、私たちには知る由もありませんが、新井さんの退団は本当に残念です

新井コーチ(右)

仰木野球の正当な継承者は、この新井さんをおいて他にはないのですから・・・・・。

退団後は、複数球団からの引き手数多でしょうね。

復帰後2年間、本当にお疲れ様でした!


話題を替えましょう(笑)


光原、ウエスタンで復帰“2回0封”「肩は大丈夫」

右肩痛で今季1軍登録がなかった光原がウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で2軍戦ながら公式戦復帰登板を果たした。6番手でマウンドに上り、2回をピシャリ。MAX141キロながら「キレを重視した」投球に納得の表情を見せた。来季の先発の柱として期待がかかる右腕は「肩は大丈夫。野球からしばらく離れていたので、どんどん調子を上げたい」と前を見据えた。

9月26日の鳴尾浜での「試運転」を経て、昨日まだ終わっていなかった(笑)ウエスタン・リーグの対中日戦で名実共に公式戦初登板を果たしました。

みっつー

鳴尾浜では1イニングで満塁のピンチを作るものの何とか無失点で切り抜けましたが、この日は2回をパーフェクトですか!

嬉しいですね!

9月26日於鳴尾浜

来季の先発ローテ(希望)のN・H・Kみっつーが加われば、フレッシュで強力な先発陣が出来上がります。

今年みたいなことは、必ず避けられるはずですよね!

楽しみですね!!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月28日 中村監督様、ありがとう!そのほか。

最終戦から一夜明けましたが、まだその余韻から醒めません・・・。

でも、これから徐々に醒めていくことでしょう。昨日のブログがようやく完結しましたので(笑)

更新中が続いていたにもかかわらず、多くのアクセス身に余るコメントを沢山お寄せいただきました。

自宅なので人目を憚る必要もないので、嬉し涙を拭いもせずに、続けて本日の記事を書いております・・・。

思えば、関東遠征中に10万アクセスを突破しそのお礼をと思っていて忘れて、今日まで来てしまいました(笑)

すると既に10万6千アクセスを超えておりました・・・。

そのうちの10万4千アクセスが私自身だとしても(笑)、自分でも信じられない数字です。

正直、辛いと感じたことも1度や2度ではないこのブログの更新作業も、客観的に多くの方々に見ていただいていることがリアルタイムでわかるアクセスカウンターがあればこそ、でした。

どんどん上がる数字が、歯を食いしばって(爆)更新作業をしていく上での大きな糧となっておりました。

改めて、心から感謝を申し上げます。

シーズン・オフもどこまで続くかはわかりませんし、飛び飛びになるかも知れませんが健康を害しない程度に(笑)続けていこうとは思っております。

ご期待に添えないこともあるとは存じますが、先に謝っておきますのでお許しを(笑)


今日は、昨日の試合終了後に飛び込んできたニュースで知った衝撃的な中村監督様の辞任について改めて少しだけ触れようと思います。

中村監督様

もう辞任されましたので、糾弾するのは止します。

中村監督様、本当にお疲れ様でした。

本当はお辛かったのですよね。それがもし正しいとするならば、その原因が何かはファンであれば誰もが知っていることと思われます。

今季最終の挨拶でした


もうこの優しい笑顔は、ユニホーム姿ではお目にかかることは出来ないのですね。そう思うと落涙を禁じ得ない心境になりますが、実際には泣けませんでした・・・。

笑顔の中村監督様



■中村監督 シーズン総括

・・・・・清原に関しては、ケガが続きましたが、その存在感でチームを引っ張っていってくれましたし、非常にがんばりましたね。チームにとってプラス面の方が大きかったと思います。中村(紀)は、4番として手首のケガをおして出場し続けました。打者にとっては非常に大事なところですので、しっかり回復させていって欲しいと思います。・・・・・

シーズン総括で今シーズンのチームのバッティングを振り返る時ですら、この場にいない大看板の2人に触れなければならなかった中村監督様のご苦労が最後まで偲ばれます。

存在感」は無くてもしっかりと結果を残し、選手生命に関わる酷い状態であっても肩の関節唇が「打者にとって非常に大事なところ」ではないのか?手術はシーズン後にと先延ばしにされるなどしながら頑張ったことに対してスルーというのは、余りにもキタガーが不憫に思えてなりません・・・。

最後の最後でも「奇跡の中村語録」にまた新しいページを作られましたね。

でも、これもご本人の本意だけではありません多分


オリ中村監督辞任、球団はGM職打診


・・・・・球団は中村監督に、GM職復帰を含めたフロント入りを打診。・・・・・

元の鞘に収まるのですね・・・。中村(前監督)様におかれましては、これでよかったのではないでしょうか。

身の丈に合う。

大切なことですね。辞任は英断と評価したいと思います。


オリックスは京セラドーム大阪を90億円で買収し、今年9月から完全保有した。特に専用球場を大阪に移す来年は「ドーム元年」であり、負けられない1年となる

結局この1年の持つ意味というものは、一体なんだったのでしょうか?

本来は仰木さんの遺志を継いでプレー・オフ進出が最低目標で、今年は絶対に負けられない1年であったはずではなかったのでしょうか?

絶対に負けられないと思うためのモチベーションが、仰木さんからノり・キヨに、そして神戸撤退・大阪移転へと完全に擦り替わりました

私はファンとして、仰木さんのために今季、同じファンの皆様方と「結束」しました。

しかし、来年の「ドーム元年」とやらのためにという理由で「結束」はしません。

あくまでも、仰木さんに優勝報告をするためにという大義名分のためだけにしか「結束」などあり得ません・・・。

風景写真

注意)本文と写真に関連性はございません


もう一人、お別れを言い忘れた方がいました・・・。

オリ・ガルシアとオバミュラー退団へ

・・・・・ガルシアはチーム最多13本塁打を残した打力や闘志あふれるプレースタイルへの高評価は球団内にあるものの、残留の可能性は低いオバミュラーとともに退団となる見込みだ。

我が目を疑いました。

9月は殆どの試合に出場してコンスタントに活躍してくれていましたし、昨日の最終戦にも変わらず出場していたので、来季も間違いなく応援できると思っておりました・・・。

記念写真

昨日(最終戦)の試合前の練習風景です。

ガルちゃんがカメラで私たちライトスタンドのファンの写真を撮っていたり、ライトスタンドの私たちをバックにした自分の写真の撮影大西君に頼んだりしておりましたのは、もう既にその時には退団が決まっていたからだったのでしょう・・・。

ちゃんとしたお礼が言いたかったです・・・

携帯の番号を教えてもらえばよかったです(笑)

冗談は抜きにして、Bsでは数少ないガッツ・マンの一人でした。ガニマタの愛らしい走り方から生まれる気魄のヘッド・スライディングは何度も私たちを酔わせてくれました。

また、ライトからのレーザービームイチロー君のいた頃の外野守備の楽しさを再び思い出させてくれました。

何をやっても憎めないガルちゃんでしたが、来年は他球団のユニフォームを身にまとっているという可能性は否定できません・・・。

ガルちゃん2年間お疲れ様でした!

もし日本でなくてもWBCでまた会えますよね。


この日は最終戦ということで、選手からの1年間の応援に対する感謝のメッセージがビジョンに流れました。

攻撃と攻撃の間に何人かずつ流れましたが、もちろん全員を捉えることはできませんでした。

偶然5回シャッターを押す機会に恵まれましたので、全てご紹介したいと思います。

自分で言うのも何ですが、なかなか味わい深い5ショットです(笑)

まず1枚目は、来季の左のエース(暫定)の中山君

中山君

ある意味、新監督さんにとっては彼の存在が監督就任の大きなプレゼントとなるかも知れません。

勝ち星の何倍も、存在感を示してくれましたね。

私も来期最も期待しているピッチャーの一人です。


2枚目村松様です。

村松様

本当に二枚目ですね!

開幕当初は、不本意なベンチウォーマーでした・・・。

しかし期待されたホームラン打者の不調により、首脳陣の気分転換で起用されえると本領発揮

切り込み隊長役から何とクリーンナップの3番にまで起用されても、黙々と「繋ぐことだけを考えて打席に立ち」続け、与えられた仕事をこなすのみ。

その結果、2年ぶりに村松様の代名詞である「3割打者」の称号を取り戻すことができました。

これでBsとしては史上初の規定打席到達の3割打者の第1号になられました。

来季は愛弟子のひらりんとともに、いやハヤカーも森山君もいますね。

俊足カルテットの第1人者として、フィールドをかき回すことを今から夢見ています。

新監督さんがファイターズのヒルマンさんやカープのブラウンさん同様に「スモール・ベースボール」の推進者であることを秘かに夢見ております。(もちろん、現実的に無理なこともわかってはおりますが・・・)


3枚目は、ガルちゃんと通訳の方(爆)

外国人選手と通訳

ガルちゃんについては、先に触れましたのでここではもちろんマティーです。

来季の新監督さんが外国人になる可能性が高いという巷の噂で持ちきりですが、ここへきて俄然クローズアップされるのはマティーの存在です。

来季は選手兼通訳兼監督付きコーチと何足のわらじを履くのでしょうか?

オフの間には、某○CCジュニア教室への臨時講師として早くもスケジュールが一杯だそうですよ(←嘘つけ)

プレーヤーとしても今季はビックリ箱から俊足巧打への華麗なる変身振りに、一部のコアなファンをある意味でノック・アウトしてくれました(笑)

来年は、走られた数と同じだけの盗塁をキメちゃって下さい!


4枚目は漢の中の漢・塩Zです。

塩Z

私の中では、今季の準MVPが既に確定しております。

同級生のノリ入団の影響をモロに受けて出場機会の激減が予想されましたが、皮肉にもそのノリの怪我のお蔭でプロ初の規定打席到達・・・。そしてFA権獲得・・・

BW時代もアテネ・オリンピックで抜けた同期入団のよしくんの穴を埋めて余りある活躍。今季も内野の要として攻守に欠かすことのできない存在でした。

来年この笑顔を私たちが再び見る時、彼は何色のユニフォームを身にまとっているのでしょうか?

何処へ行こうとも「隠れ塩Zファン」として引退のその時まで応援し続けようと思っています。

が、やっぱり本音は来年もBsの塩Zでいてくれることを望みたいです・・・。


最後の5枚目は、我らが光尊様です。

光尊様

別に狙っていた訳ではありません(笑)。どんな場面でもネタ、いえになる方でしょ?

彼についてのコメントは、昨日長々と書かせていただいたので、ここでは割愛させていただきます(書き始めると更新中が更にまた1日伸びますので・爆)

ただ、この写真を良ーく見ますと、何か仕事で辛いことがあって落ち込んだ時などに見れば、とても癒されそうな写真だなぁと今は思います・・・。

このタイミングでシャッターを切らせて下さった光尊様からの強い愛情を感じます。

偶然」ではなく「必然」の、これも「奇跡の1枚」と言えるのかも知れませんね。

皆様も気が向いたら、この写真をプリントアウトして冷蔵庫にでも貼っておかれたらいかがでしょうか?(爆)

無用な力が抜けて、丁度いい感じになること請け合いです。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月27日 対東北楽天戦第20回・最終戦(スカイマークS)

今シーズンの全日程が終了しました。


感無量です・・・・・。

やっと終わった、というのが正直な感想ですが(笑)

中村監督様解任、いえ辞任という衝撃的なニュースも試合終了後、帰りの地下鉄の中で知りましたが、それはちょっと置いておいて・・・。

改めて、今シーズン中に球場で出会った全ての方々、このブログを読んでいただいた全ての方々、そして何よりチームの皆様方に心から感謝を申し上げます


悔しく、そして楽しい1年を

どうもありがとう

ございました!!



☆  ★  ☆  ★  ☆  ★


最終戦

これがプレー・オフ進出などが懸った天王山であればよかったのですが、残念ながら5位対6位の消化試合・・・。

よりによって互いに複雑な思いを持つBsイーグルスとの闘い・・・。

2004年の最終戦を戦った仲間が入り乱れての試合は、今でもやりきれない想いが残ります・・・。

しかし、ここではこれ以上触れないでおきましょう。

1年間見守ってきたチームの最後の試合です。

今日は勝ち負けよりも私を泣かせてくれるだけでOKです。

感傷的になりそうな気持ちをグッとこらえて、今年最後のスカイマーク・スタジアムに感謝を捧げつつ、「野球観戦」を楽しもうと思っておりました。

勝広さんと愉快な仲間達

もしや試合後の衝撃的ニュースを、周辺の空気から選手たちはこの時点で知っていたのでしょうか?

試合前のベンチも何時になくリラックスムード・・・。


しかし結果は、予想通りでもあり想定外でもあり

今季のホーム(スカイマーク)開幕戦同様に、0封負け

チャンスに後1本が出ない今季を象徴するかのような試合でした。


最初と終わりは同じ。

玉子で始まり、玉子で締める。

礼に始まり、礼に終わる。は言い過ぎですね。

敢えて悪い言い方をすれば、進歩なしということでしょうか(笑)

それを言っちゃぁ、おしめぇだよぉ~。

おっと、今日は愚痴らずに楽しむことが主題でしたね!



   Bs 0 - 1 Eagles


最終戦スコア



今季最終戦の先発は、ギリギリまで決まりませんでした。

何故なら、この日に対イーグルス戦の勝ち越しまたは負け越しが決まる可能性があったからです。

もしそうならば、今日の先発はエース・デビちゃんの出番となる予定でした。

しかし先日、Bsが福岡でホースクスを降しイーグルスがライオンズに敗れたことでBsの勝ち越しが決まり、デビちゃんは晴れてお役御免

26日に故郷へ向け、日本を出立しました。

こうしてポッカリと空いた今日の先発

いろいろと私の中では妄想が膨らみました・・・。

1週間以上前に所沢で投げたきり何故か登板のない「15

リベンジの機会を与え、来期契約の判断材料にしたい「18

谷間先発のパイオニア。こんな日には任せて安心「42

今季このようなパターンでは何故か重宝がられていた「30

誰もが一度は見たかったBs最速男の「28

特に理由なしで「38」。思い出したように48」とか「65」とか・・・。

・・・そのいずれでもなく、今季最初で最後の先発は岸田君と予告されました。

岸田君

平野よし君に続いて1軍登板は早かったルーキーの岸田君

主に中継ぎでまずまずのピッチングを見せてくれていましたが、ヤクルト戦で打ち込まれて以来1軍復帰はなりませんでした

初勝利は遅れて出てきた中山君に譲りましたが、中山君も中継ぎデビューを経て再度サーパスで鍛え直し、先発転向で持てる力を開花させたことは記憶に新しいところです。

岸田君も来年に繋がるピッチングを是非見せてほしいと思っておりました。

ところがどっこい!

ピッチングは度胸満点。8回を投げて許したヒットは4本だけでした。

ナイス・ピッチング!

圧巻は4回の4・5・6番のほせさん、しょーとさん、タケシに対する3者連続三振でした!

8回にイーグルス塩川さんに与えたこの日4本目のヒットが、何とレフトオーバーのプロ初ホームランとなり遂に先に1点を奪われてしまいました・・・。

打線の援護もなくそのままゲームセット。

プロ初白星よりも先に黒い星を見てしまいました。

しかし勝ちに等しい負けでした。少し気が早いのですが、来年のプロ初勝利が今から待ち遠しいですね!

そして来年は中山君・平野よし君・岸田君2年目ルーキーの若手トリオで是非売り出しましょう!

仰木さんならベタな「NHK」等とは言わずに、あっと驚くアイデアで素晴らしいネーミングを思いついてくださるところですよね(笑)


緊迫した貧打線、もとい投手戦とは裏腹に、今日は最後ということで今季初めて見る光景がチラホラで楽しませていただきました。

あまりに悲運なルーキーに同情して涙するヨシカーを、スクランブルでこの日はブルペン入りしていた吉井組長慰めるというハート・ウォーミングなシーンも見られました。

或いは説教を受けて泣かされていたのかはわかりませんでしたが(笑)

もしくは、昔の苦労話を聞かされてあくびを誤魔化していたのかは確認できません。

この真相については、cae☆99さまにお任せいたしましょう~。

ブルペンの風景



そして私へのプレゼントであったのでしょうか?

夢にまでみたサード・一輝とショート・光尊様の夢の「競艶」でした。

夢の三遊間

おまけにキャッチャーは福岡でやらかしたタッチ・大輔@前田でしたので、しかも今日は屋根がありませんので、今度こそ正真正銘の神風が吹く予感が(笑)

100万ドルの内野陣とは程遠いですが、セカンドのマサヒロのおかげで何とか無料内野陣になることだけは避けられました

強いて言うなら、100円均一内野陣と憎まれ口を叩きかけたその時、力ない打球が3塁前へ!

猛然と奪取した一輝が掴むとノー・ステップでファーストへ!

間一髪のタイミングでしたが、見事アウトに!

まさか、まさか、まさかの「KTV好プレー賞」!

一輝!

ビックリマークの多さから、私のその時の興奮が伝わると良いのですが・・・。

百均は余りにも失礼でした。お詫びして訂正いたします。

ワン・コイン内野陣、と。


今季最終戦の最後の最後に、あの一輝が・・・


番大きくきました!


来年は私にもヒットを見せてくださいね。一言多かったですか?(笑)


最後ということで、打者はいつもよりも少し高めにバットを掲げておりました・・・

大西君

大西君!今日は大西チャンス(貴久)も出ました!

栄二様!

栄二様!いつものカット、カットでピッチャーのぐりんさんがイライラの場面が笑えました。

一輝!

一輝彼の場合は、好プレー賞の直後ですから気持ちの高ぶりは、わかってあげて下さい。


またまた一輝恐縮ですが、彼はもう一つ「奇跡」を起こしました・・・。

私は第2打席に入るところで「それ」に気付きました

一輝の第2打席

一輝の打席は三振ばかり見ておりましたので(爆)、打率のことは全く気にしておりませんでした。

そろそろ今季の最終打席かなぁと、ふと電光掲示を確認いたしましたら!!!

この数字を見よ!

冗談のようですが、冗談ではありません

・・・今季の一輝は、1軍昇格→キャッチボール要因→たまに守備→やっと打席→三振→またキャッチボール要因→登録抹消→2軍で発作的にヒット量産→1軍昇格・・・

この繰り返しでした。

しかし、何度も何度も1軍に呼んでチャンスを与え続けたのは、誰あろう中村監督様そのひとでした・・・。

一輝恩返しをしたかったのでした。本当はイーグルスの塩川さんのようにプロ初アーチを打ちたかったのですが・・・。

しかし、今季はまだ無理でした・・・。

しかし、悔しさに打ちひしがれる一輝を、野球の神様が見捨てることはございませんでした

さりげなく、目立たぬように点灯させた中村監督様の背番号「71」・・・

感謝の気持ちは、きっと届いたに違いありません。今から思えば、とっても素敵な餞別になったことでしょうね!

この奇跡に気付いた私は、来年は「71」本のヒットを目標に頑張るであろう一輝を、これからも生温かく見守って行こうと心に誓いました。


今季2度目の守備機会でした。

ファースト・大西君

ファースト・大西君。これで来年は、尊敬するキヨ先輩挑戦ですか!?

それとも中村監督様あまた手掛けた今季のコンバートの集大成なのでしょうか・・・。

いえ、間違いなくファンサービスですよね(笑)


なんやかやとあった今季も、最後の「SKY」大合唱の時を迎えました・・・。

ラッキーセブン!

今日は最後ということで、ライトスタンドは名残を惜しむかのように満員に近い状態でした。

しかし、勝ってほしいと応援すればするほど反対の結果を出し続けて今の位置に甘んじたBsの今シーズンでした。

でも、ここまで4連勝できたのですから・・・。

何度も何度も裏切られ続けているのに、今日もこうして勝利を信じて最後の「スカイ」を歌う私を含めたスタンドのファンたち・・・。

本当に良く頑張りましたね(笑)自分で自分を褒めてください!


試合の行方にも少し触れられるチャンスが来ました。

0対1の1点ビハインドで迎えた9回裏のBsの最後の攻撃

先頭バッターの3番・光尊様今日2本目のヒットとなる痛烈な打球を、ライト前に運ばれました。

広角打法の光尊様

写真は都合によりその前のレフト前にライナーで弾き返したヒットのものです。

右に左に自由自在。まさに絶好調。プレーオフ、どこか臨時で雇ってくれないですかね(笑)

今季の最終戦の最終打席でさえ、1年間必死で追いかけて応援し、笑い、泣いてきた私たち全国のチャラ夫@光尊様@ちゃーさまフリークスのために、これでもかというくらいの活躍ぶり!

期待、いえ心配された(笑)「チャラかし」と呼べるものは、先週の所沢での「信じられないバックホーム」が今季の最後でした。

初回の「2ゴ併」などでは、もはや何も驚きません・・・。

また、2安打マルチでも、今ではお祭り騒ぎは卒業です


私たちも成長しましたね(爆)


これも周囲のブーイングマサヒロ・ファンからの厳しい視線(汗)に耐えつつも、我慢して使い続けてくださった中村監督様お蔭でもありますね・・・。

カメラのファインダー越しに「こちらを向いてください!」と念じた結果も一応皆様に見ていただきましょう(笑)

カメラ目線

やはり赤い糸ですかね(爆)!?


ブーイングといえばよしくんです(苦笑)

奇跡の逆転サヨナラに向けて先頭バッターが出ました。

ここで4番・ガルちゃん怒号の一撃に期待したいところですが、聞こえてきたBGMは・・・・


Take You Back !


(反射的に)トゥルットゥットゥー!

昨日の再現で、1・2塁間を破る芸術的エンドランを期待されたのでしょうか?

それとも昨日の再現で、ホームランを期待されたのでしょうか?

結果は、そのどちらでもありませんでした・・・。

よしくんの放った打球はボテボテの三遊間へのゴロでした。明らかにゲッツーでした!

しかしこれをイーグルス・サードの西谷さんが弾きました!

これも先のソフトバンク戦で本多さんに向けて放った「秘技・ニセ併殺打」だったのでしょうか?

しかも今回は、エラーではなくヒットのお土産つきでした。

嬉しさを隠し切れないよしくん

ええっ!ホンマにあれがヒットかいな!エラーとちゃうん!?(関西弁訳)」ほせさんの顔には書いてありますが、よしくんは「H」ランプが緑色に輝くのを見てしてやったりの笑顔でした(笑)

私も最後の最後によしくんに対するブーイングを聞かずに済んで、しかもヒットも見られて本当に嬉しかったです。

この折角のチャンスを得ましたが、送りバント失敗などが祟り結局イーグルスに完封負けを喫して今季最終戦は終わりました・・・・・

よしくんが結果的に今季最後のBsでヒットを打ったバッターとなりました。通算の安打数は村松様121安打には及びませんでしたが、116安打チーム第2位の成績でした。

真の復活は来年に持ち越しですね・・・。

来年こそ「強気で進」んでください!

例のお守りは「12個」しか(笑)増えませんでしたが、心なしかこのお守りを握り締めてから成績が向上したように思えます。

ご協力いただいた皆様のお蔭です。ありがとうございました。

いや、本当に集まるのはオフであるこれからかも知れませんが(笑)


こうして今季の最終戦は静かに終わりました・・・・・。

できれば最後の日に1回くらい得点シーンで「バカ騒ぎ」して終わりたかったですがね・・・。


試合後は1軍登録選手全員がマウンド付近に整列して中村監督様がファンへ挨拶をされました。

監督のご挨拶

この時点では、中村監督様辞任はまだ伏せられていましたので、ライトスタンドはあちこちでブーイングでした。

監督様のインタビューは、期待に応えられずに申し訳ないということのようでした。

整列

整列した選手の背番号を確認しておりましたが、やはり現時点での1軍選手登録の選手だけしかいませんでした。

ですので、噂のキヨやノリ・キタガーはもちろん、昨日まで1軍であった森山君でさえその場にはいませんでした・・・。

今年1年は、ノリ・キヨで始まりましたが終わりの場には2人とも揃ってその場にいないというアンチが予測したとおりの結末になったことだけが残念でしたね。

中村監督様、気持ちを切り替えて「また来年だな」ですよね!

因みに写真が小さくて申し訳ないのですが、右端の方で深々と頭を下げている2人の、タッチ@大輔@前田光尊様です。


挨拶の後は、監督・コーチ、選手たちによるサインボールの投げ入れがありました。

ライトスタンドへ

大阪ではそれもなく、あまりにあっさりと終わってしまったので少し心配でしたが「ちゃんと」ありましたのでホッとしました(汗)

必死でカメラのファインダーを覗いて選手たちの姿を収めようとしていましたら、カメラが勝手にある方を捉えました・・・。

あの方

悔しく辛いことの多かったシーズンではありましたが、彼のお蔭で順位に関係なく1年間通してポジティブに楽しむことができました(笑)

私の目には、最後の最後まで「尊き光が煌いて」いるのが見えました。

あなたのお蔭で野球がもっと好きになりました!

本当にありがとうございました!


そう心の中で叫んだ瞬間、でその「常に憂いを称えたアルカイック・スマイル」がよく見えなくなってしまいました・・・。


また来年、数え切れないほどの多くの「奇跡」を私たちの目の前で起こして見せてください!

もちろんその奇跡は、チームを勝利に導くものばかりであるということも、同時に祈っております!

最後のビジョン・・・


スカイマークのライトスタンドを流れる風は、もう充分に肌寒い秋の風でした・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月26日 対東北楽天戦第19回戦(スカイマークS)
地道に積み重ねた記録・・・・・。

本来であれば、とうの昔に達成されていても不思議でなかったでしょう。

それぞれ1500試合と1000試合出場栄二様と塩Zです。

1500試合出場の栄二様

1000試合出場の塩Z

思えばこの「6月のカレンダー・コンビ」のお2人には、今季随分と助けられましたね。

心からお祝いと感謝を申し上げます!

今日はこのお2人以外にも、特に「今日という日」がものすごく大きな意味を持つ男達を「3人」見ることになりました・・・。

まず1人目は、私的には間違いなく今季のBsのMVP

手術も順調に終えて、既にリハビリも軌道に乗っているようです。風の噂では、全日程終了後に宮崎の教育リーグ(フェニックス・リーグ)にも志願参加を申し出ているとか。

もちろん現在は1軍登録抹消中ですので、今季中に再びユニフォーム姿を見ることはもう無いだろうと思っておりました。

しかし今日、私の目の前で見せてくれました。

僕らの味方、キタガーです!

久し振りのキタガー!

8月度のJA全農Go・Go賞「最多2・3塁打賞」の表彰でした。

まさに選手生命に関わる危機に瀕しながら「大人のチーム事情」によって無理を強いられたにもかかわらず、どんな時でも笑顔で、そして見せ掛けだけではない勝負強さで、チームを引っ張り続けてくれました。

昨年の極度の不振でチームに迷惑をかけた分を何とか取り返えそうと、打線の軸として孤軍奮闘してくれました。

その活躍に私たちは、狂喜乱舞と同時に彼の右肩がどうなっていくのか、活躍すればするほどにそれに比例して心配にもなっていたのを思い出します・・・。

しかし今日は来年の復活を私たちに力強く約束してくれるために、わざわざ来てくれたのだと「いいように」思っています。

できれば、フェニックス・リーグではブランクを感じさせないくらいの活躍で、周りの若手達を「びっクリ」させてやって欲しいと思います!


ありがとう!スマイル王子!



そして2人目は、時計の針を少し戻します・・・。

実は今日は阪神・鳴尾浜球場でサーパスと阪神との練習試合が行われました。

ウエスタン・リーグは阪神の2年連続優勝で幕を閉じましたが、阪神のファーム日本選手権を前に調整の場をということで実現したことと思われます。

本来なら来年までお預けのところでしたが、そのお蔭で勇姿」を今季初めて目にすることができました!

2年目の今季、大きく飛躍を期待されていましたが昨年傷めた右肩の完治は遅れに遅れました。

復活の第1歩!

正直、サーフと並んで投手陣の皮算用を狂わせた原因の一人となってしまったミッツー

しかしこの日、遂に「今季初登板」を果たしてくれました。

ノーヒットながら四球と死球などで満塁のピンチを作りましたが、ミッツーらしく粘りのピッチング。

絶好調の状態とは程遠い出来であったこととは思いますが、このピンチを何とか無失点でベンチに戻る時にはこれまたミッツーらしい久々に見る「照れ笑い」・・・。

降板後のクールダウンの時に「来年期待していますよ!」と声を掛けたら、立ち止まってこちらを振り向き、「ありがとうございます!」と笑顔で力強く答えてくれました。

その表情から私は、やっと「自分のいるべき場所」へ戻るための第1歩を踏み込めた喜びと安堵を見て取ることができました。

姿さえ見られれば、と思って出掛けた初めての鳴尾浜で思いがけずに素敵なプレゼントをいただいたような、そんな温かい気持ちになって「ダブルヘッダー」のスカイマークへ移動しました・・・・・。


スカイマークのライトスタンドのゲートをくぐるのは、今年は今日と明日の2回を残すのみとなりました。

平日の季節外れのナイター。それも消化試合とくれば、わざわざ足を運ぶ観客は少ないだろうと読んでおりましたが、予想を上回る人出になっており驚きました。

今季最後の「花火・先プレ・○○券」の3拍子の相乗効果でしょうか(笑)

それとも、「」の復帰をこの場で祝いたいというファンがこれだけ集まったということでしょうか・・・・・。

」とは、今日の3人目の男・・・。

私はいつもの席に腰をかけて、いつものように時間の経過を楽しんでおりましたが、今日は何か勝手が違います。

ものすごく緊張します

そしてイーグルスのバッティング練習のタイム・アップが近づいた頃、「その時」はとうとうやってきました!

ひらりん!!

遂に夢が叶いました。

あの大事故から「自分のいるべき場所」であるフィールドという名の戦場に彼が戻りました。

正確には「生還した」と言って良いでしょう。

あの事故の直後を思うと、今日のこの日が本当に信じられません。

私はいても立ってもいられなくなり、思わずスタンドから大きな声で名前を叫び、頬を伝う涙を拭くことも忘れて必死で手を振りました

大人気ない行動とは思いつつも、どうしても抑えられませんでした

するとひらりんはこれに気付き、私に向かって軽く手を振り返してくれました

私はその瞬間、ひらりんにではなく野球の神様に「ひらりんが二度と大きな怪我をしないこと」を心から祈っておりました・・・・・。

おまけに嬉しいことに復帰後初体験のナイト・ゲームにも関わらず、9番センターでのスタメン出場となりました。

何とスタメン!

中村監督様!今季最後にして最高のサプライズありがとうございました

打席は2回回ってきてそれぞれセカンドゴロとファーストゴロに倒れましたが、全力疾走。守備機会はたった1度でしたがセンターフライを一つ処理

一軍復帰後初打席

事故前と何一つ変わらないひらりんが、そこにはいました

ただ、人一倍この日を楽しみに待ち焦がれていた○ん○ん。さまと仰るあるお方が、仕事の都合で遅れて到着された頃には既にひらりんはベンチに下がった後であったという悲しい運命の悪戯については、ここでは何人たりとも触れてはなりませぬ・・・・・。

て○て○。さま、には代表して私からこの言葉をお贈りしたいと思います。

「また明日だな。」

元気出していきましょう~。


それぞれの3人の、それぞれの苦しみを乗り越えて来た男たち。

今日私たちの前に元気な姿を見せてくれましたが、三者三様にこの日を迎えるまでの日々には私たちの知らないところでの壮絶なドラマがあったことでしょう。

それらの苦しんだ真の姿は私たちには知る由もありませんが、私たちが今日の彼ら3人の笑顔でどれだけ救われたかは計り知れません

今日という日」は、彼にとっても私たちにとっても忘れられない1日になりました・・・。


そしてもう一つ

ここでも連日触れておりますが、球団公式ページには何も載っておりませんのでとても嫌な気持ちになっておりました・・・。

仮にも母体となった阪急の元監督、BWでもコーチを歴任され、「Wall of Fame」でも大きく顕彰されている、梶本さんの訃報のことです。

この球団は、やはり過去を大切にしない球団なのかとの思いを改めて強くしておりました・・・。

しかし、この日の大きなサプライズでした!

試合前の表彰式がひととおり終わった後、何の前触れもなく突然スクリーンに厳粛なBGMに乗せて映像が流れました。

在りし日の若き勇者


現役時代の功績を紹介する映像でした・・・。そしてそれが終われば、国旗掲揚と同じくこの球場に集う全ての人々による黙祷が捧げられました

時間にしては本当にあっという間で簡素なセレモニーではありましたが、私の心は大いに救われました

梶本さん!、多くの先立たれた「勇者たち」とともにこのチームの行く末を、天国から静かにお見守りください!

球団や選手の中での「勇者魂」の継承は年々薄れ行くばかりではありますが、私たち阪急ファンの心の中ではそれは今でも昔と変わることなく、子供の頃に夢見た姿のまま今も昔も変わらず、脈打っています。

いつまでも語り継いでいきたいものですね!


何だか試合が始まる前にして既におなか満腹でしたが、試合の方もBsにとれば最高に近い形で久々のホームでの勝利を味わうことができました。



   Bs ④ - 1 Eagles



スコアー



いろんな意味で気合の入った先発の川越会長

前回の関東遠征でお会いした会長とは別人でした。何と言ったらよいのでしょうか・・・。魂がこもった?気合と根性?

中の人が変わっただけとは思えない(笑)素晴らしいピッチングで、4回まではノーヒット・ノーランのペース・・・。

先発の会長

8回2アウトから四球を出して降板するまで、イーグルス打線を僅か5安打、1失点に封じ込めました。


その小気味の良いリズムに打線も初回から応えます

1番のハヤカーは倒れたものの、2番の森山君、3番の塩Z連続センター前ヒットで作った1アウト1・2塁のチャンスで打席は4番のガルちゃん

イーグルス先発、故障が癒えて約1年振りの関西凱旋となった岩隈さんから、詰まりながらもレフト前にポトリと落ちるヒット。

2塁ランナーは森山君ですのでらくらくホームイン

本当は立ち上がり不安のあった岩隈さんをここで畳み掛けておきたかったところでしたが、後続が凡退して1点止まりではありましたが、幸先よく1点を先制しました。

オトコマエッ!


続く追加点は4回でした。

先頭は4番・DHのよしくん。第1打席は得点圏にランナーを置いての凡退(ノット・ゲッツー)でしたので、ここは残り試合全てに勝ちたいと燃えるよしくんは、ここで狙っていました

無敵の一撃!


さあ応援歌!と思う間もなく大好きで得意な上級の初級初球打ち!

打球は低い弾道のままレフトスタンドへ突き刺さる第6号のソロ・ホームランになりました!

よしくん!HR!

得点は2対0となりました。

よしくんは、この日は塩Zとともに2安打マルチの活躍。2本目は1・2塁間を測ったように抜く光尊様とのエンドランでした。


試合はヒットは出るもののなかなか得点には至らないBsと、チャンスすら作れないイーグルスとの我慢比べの様相を呈してきました。

そして7回、遂に川越会長が1点を許してしまいます・・・。

しかし、同点と思われた直後の1アウト満塁のピンチ。イーグルス藤井さんの放ったライトフライの落下点は微妙な距離でした。

3塁ランナーのほせさんは迷いながら一旦はタッチアップのスタートを切りましたが、ライトのガルちゃんから替わったばかりの大西君のバックホームはガルちゃんも真っ青なレーザー・ビーム!

慌てたほせさんは3塁へ戻りますが、ダカヒーからの送球でタッチアウト!

いくらブサイクと言われようが(笑)、プレーではガルちゃん同様のオトコマエっぷりに痺れました!

同点、あるいは逆転のピンチでしたが、先のホークス戦同様に大西君が守備で相手に流れかけた流れをしっかりと引き戻してくれました。GJでした!


ピンチの後にはチャンスあり。

2対1と1点差に迫られたBsの先頭は、途中守備から入った真ちゃん

この日の岩隈さんからは、久し振りのクリーン・ヒット!

ライト線を襲う2ベース・ヒットで切り込みました。

続く一輝も途中出場でしたが、ここは打たせては貰えずにサインはこれも微妙な送りバント

参観日に我が子をハラハラして見守るような気持ちでしたが、結果はキッチリと送ることができて存在をさりげなくアピールすることにも成功しました(笑)

1アウト3塁。絶好の追加点のチャンスです!

ここで我らが光尊様は、見事声援を背に期待に応えられました

火の出るような会心の当たりを想像させるスイングから放たれた打球は、レフト前ポテンヒットに!

絶好調の光尊様!

いかにも光尊様らしい結果1点を追加しました。

更によしくん光尊様との間で美しいヒットエンドランが成功して再び1アウト1・3塁の得点チャンスを作ります。

ここで良太三振で2アウトになりましたが、ダカヒーに1・2塁間を破るタイムリーが飛び出しこれで4対1に。

最後の勇姿にならなければいいけど

ダメ押しの一打となりました。

スーパースターは不在でも、今日は全員がヒーローですね!


そして川越会長から山省、大輔@キャトーと繋いだBsがそのままイーグルスを降して今季の対戦成績を10勝8敗1引き分けとしてし、明日の最終戦を待たずして勝ち越しを決めました

試合終了!

ご挨拶

ピンボケで申し訳ありませんが、丁度中央で栄二様がひらりんの腕を持ち上げて2人でガッツポーズの「いつもの風景」も見られました(笑)

ヒーローインタビューは、力投で9勝目を挙げた川越会長でした。

選手会長の面目躍如!

ファンの皆さんに一言と促されると「すみません・・・」と素直に反応してくれました。

選手会長として小泉社長との会談はまだでしたら、是非がんばってください!


いろんな意味で。


9月27日 対 東北楽天戦第20回・最終戦(スカイマークS)の予告先発投手は

Bs岸田君@今季最終戦で初先発!@来期に繋がる意気のいいピッチングを!
E  :ぐりん@今年はいろいろとありがとうございました。お互いに素晴らしい最終戦に致しましょう!



明日は泣いても笑っても(Bsだけ)今季の最終戦。

オーラスです。

巷ではパ・リーグの1位通過チームも決まるそうです。

何もかも忘れて、明日は最後のお祭りになればいいですね!

そしてみんなで叫びましょう!


「終わりよければ全てよし」と!


しかし、こういうときには悉く負けてきた今季のBsです(爆)

期待し過ぎない程度に、期待しましょう(笑)

Bsらしく終わるのでしょうか、それともBsらしくない戦いで終わるのか・・・。

心から楽しんで終わりましょう!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





9月25日 いよいよ明日から今季最終カード・東北楽天2連戦

長かったシーズンも、ようやく明日・明後日で終わります(もちろん3チームはまだまだこれからですが・・・)。

順位は既に確定していますが、私が勝手に思っているプロスポーツ・エンターテイメントの最高峰としてのプロ野球の最終カード・・・。

最後まで私たちファンを楽しませ、時に感動させてほしいなぁと願っています。

その感動の予告編が飛び込んできました!


▼復帰 5月6日ロッテ戦(千葉)で胸部骨軟骨損傷、右腰部肉離れなどの重傷を負ったオリックス・平野恵一内野手(27)があす26日からの楽天戦(スカイマーク)で1軍復帰する


いよいよ、満を持してひらりん帰ってきます

あの大事故から2軍戦で復帰したといっても、まだフルイニング試合に出場は出来ていません

しかし、私たちファンに来年に向けてのとても大きな「希望」を見せてくれるための1軍復帰なのでしょう・・・。

私は既にその再会のときを想像して、涙腺が潤みかけています(笑)

その時には何と言葉を掛けたら言いのでしょうか?

お帰り?

待ってたよ?

来年頑張って?


・・・何か違う気がします・・・。


「今日のチームの勝利のために闘え!」


彼には、これしかないような気がします。

多少は「無理してでも」今季中の復帰が、彼の中では苦しいリハビリからの心の拠所であったのでしょう。

明日は私たちにとっても、ひらりん本人にとっても夢が叶う一日になるのですね。

本当に嬉しいです!!!!!!!!!



昨日ご紹介した梶本さんの勇姿を身近に見られる場所を思い出しました。

スカイマーク・スタジアムの1塁側内野入り口近くにある

「Wall of Fame」・・・

野球殿堂の「Hall of Fame」を文字って名付けられた粋な場所です。

出来たのは今シーズン初めのことでした。私は秘かに、既に殿堂入りされた鈴木啓示さんと米田哲也さんとともに梶本さんが入っていることに、とても嬉しく感じました。

私はライト・スタンドが殆どですが、たまに練習見学会に行く時には必ずゆっくり眺めて帰るのがルーティンになっていました。

名声の壁

梶本さんの現役時代

碑文

私は明日、今季最後のお別れを言いに参ろうと思います・・・。



今日は高校生ドラフトの日でしたね。

当たりくじの見本


Bsのドラフト指名選手はこちら

熱望していた駒大苫小牧の田中君は4球団との競合の末に東北楽天が交渉権を獲得しました。

残念ですが、セではなくて同じパ・リーグで良かったと思います。来年やられるかも知れませんが(笑)

その、外れ1位で指名されたのは広島・瀬戸内高校の延江大輔(のぶえだいすけ)投手でした。

1巡目・延江投手

長身(183㎝)のサイド気味の速球派サウスポーだそうです・・・。

それって・・・・・。

梶本さんのイメージそのままじゃないですか!

「瀬戸内のランディー」とのニックネームもカッコいいですが、実際に見たことが無いので恐縮ですが、個人的には「平成の梶本」と呼びたいものです。

あまりにタイミングが良すぎますので、まだ見ぬうちから期待が高まります(笑)。


第3巡目はこの夏の甲子園にも出場した三重県・三重高校の梅村学人(うめむらまなと)投手

2巡目・梅村投手

記事

本格派の大型右腕ですね。伸びのある速球が魅力のようです。

動画を見ましたが、鞭のような腕のしなり西武・渡辺久信さんを彷彿とさせました。

ストレートで三振が取れるピッチャーですね。しかもイケメンですし(笑)



第4巡目も大型右腕、静岡・島田商業高校の仁藤拓馬(にとうたくま)投手です。

4巡目・仁藤投手

記事

マッキーの高校の後輩ですね。インナー・マッスルを相当鍛えているピッチャーだそうです。知る人ぞ知る逸材として注目されていたピッチャーです。

よく獲れたものですね!

Bsを除く全11球団はここで指名が終了しましたが、Bsのみが5巡目の指名を。

ナニワのミニラ」こと、「ナニワのゴジラ」岡田君の1コ下の後輩大阪・履正社高校の土井健大(どいけんた)捕手でした。

5巡目・土井捕手

昔のキャッチャーらしい体格(ドカベン型)と愛嬌のあるお顔。ニックネームのミニラにそっくりです。

もしかしたら先輩のゴジラよりも前に可愛らしいグッズが出来るかもしれませんね。

マティーの弟子の、ゴンゾー君の弟子になりそうな予感がします(笑)


ドラフト指名を受けた選手達の1日も早い1軍デビューに、今から思いを馳せております。今から待ち遠しくて堪りません(爆)

彼らの来春から始まるプロ野球選手としての人生に、幸多かれと祈ります!


9月26日 対 東北楽天戦第19回戦(スカイマークS)の予告先発投手は

Bs川越選手会長@選手会長としてのプライドを最後に見せてください!
E  :岩隈さん@今季2度目の対戦です。@初勝利はゲット済み@完全復活でしょうか?


順位は確定していますが、対戦勝ち越しはまだ確定していません。

現在の対戦成績は、Bsの9勝8敗1分

イーグルスはこの2連戦に球団初の勝ち越しを狙います・・・。

Bsもホークスに連勝して帰ってきましたが、イーグルスも首位・西武に勝ち越しての神戸入りです。

Aクラスの優勝争いに負けないモチベーションで挑んでくるものと思われます。

そのイーグルスの勢いをBsは、川越会長は、どう受け止めるのでしょうか?

楽しみですね~

お互いの意地と意地を懸けた壮絶な戦いになることを期待しています。


明日は1500試合出場の栄二様、1000試合出場の塩Zと並び、8月のJA全農Go・Go賞「最多2・3塁打賞」を受賞したキタガーの表彰式も試合前に行われます。

既にリハビリを始めているキタガーに久し振りに会えますね!これも楽しみです

野球シーズンにお別れを告げる最後の「送り火」となるスーパー花火も打ち上げられます・・・。

今までとはまったく違う気持ちで見ることになるのでしょうね・・・。

風邪をひかないように気をつけながら・・・ですね!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月24日 対福岡ソフトバンク戦第20回・最終戦(福岡ヤフージャパンD)

今日はBsだけではなく、イーグルスもライオンズを下し、マリーンズもファイターズに逆転勝ち。

Bクラスの逆襲の一日でした。

中でもホークスは、3年連続のシーズン1位を狙うためには絶対に落としてはならない試合でした。

そのホークスの前に大きく立ちはだかったのは、我がBsが誇る肝っ玉ルーキー

プロ入りしてから、まだたった1勝のサウスポーでした。

2勝目をゲット!

完投は逃しましたが、8回を投げてホークス打線を実質1失点笑・後述あり)に押さえ込む力投を見せてくれました。

そのお蔭で、打線も久々のビッグ・イニングを見せて大逆転!

あれよあれよという間にチームは今日も勝ち。

無欲の3連勝となりました。

残念ながら(?)26日からのイーグルスとの最終2連戦の前に順位は確定してしまいましたが、来季に繋がる素晴らしい連日の戦い振りです。

最下位になっても場合によればいいこともあるかも・・・・・などと少しは思っておりましたが、選手達はやはりグランドに立てば本能的に勝利を求めて全力で戦います。

当たり前ですよね・・・

さあいよいよ、泣いても笑っても今季残すところあと2試合です。

今季最後の「終わり良ければ全て良し」を見せてください、絶対に!!



   Bs ⑤ - 2 Hawks


スコア



試合の振り返りの前に、このニュースを先に・・・。

元阪急監督の梶本隆夫氏が死去

いい写真を私は持っておりませんので、ここはきむこと木村さまのブログにある若かりし頃の、とても美しい梶本投手を是非ともご覧下さい。

私は先週、野球殿堂に行って参りましたが、梶本さんのレリーフはその場にはありませんでした。

私は梶本さんの現役を知る者ではありませんが、彼が通算254勝を挙げた左腕であり、またオールスターで江夏さんが成し遂げて有名になった9者連続奪三振を、それ以前に真剣勝負の公式戦で初めて記録したピッチャーでもあったということ位は書物等で知ってはおりました。

盟友・米田哲也投手と共に「ヨネ・カジ」として黄金期を迎える前の阪急を永年支えて来られた2人の大エースのうちの一人でした。

その梶本さんがこれまで野球殿堂入りを果たされていないのは、いまや球界の七不思議のひとつと言われておりますが、恐らくその原因はタイトルには不思議と縁が無かったことと255敗で1つ負け越しているということでしょうか?

指導者としても例の上田監督の歴史に残る日本シリーズでの1時間19分に渡る抗議の引責辞任の後を受けて2年間監督を務められましたが、コーチとしても引退直後からずーっと阪急オリックス一筋でした。

性格は温厚でジェントルマン。しかし可愛い選手のためを思う余り、大胆な指導をされることもあったと伝えられます。

特に有名なことは、阪急の酒仙投手・今井の雄ちゃんの若かりし頃・・・。

優しい性格が禍してなかなか結果が出なかった彼を見かねて、当時の梶本「兄貴」コーチが先発のマウンドに向かう前に、ベンチの裏でこっそりとコップ一杯のビールを・・・。

今では笑い話ですが、雄ちゃんはそれから頭角をメキメキ現して挙句は完全試合をも達成

誰からも慕われた、優しい梶本さんでした。

最近はBs戦の実況解説も数少なくなっておりましたが、語り口からも人柄は充分伝わりました・・・。

梶本さんと接点があるのは現在Bsではハギー唯一人ですが、イチロー君も同期として当時の梶本2軍チーフコーチに2年間一方ならぬお世話になったとインタビューで語ってくれました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

梶本さんの背番号33は、同じくサウスポー高木君に引き継がれています。梶本2世と呼ばれるくらいのピッチャーになって欲しいと願っています。

そして昨日のハギーの勝利は、梶本さんの御霊に捧げる勝利でもあったのですね。

改めて。ハギー、GJでした!!!


それでは、試合に戻ります・・・・・。


先発の中山君は、先週の初勝利を挙げたライオンズ戦に続いて最後の登板となるこの日、2勝目を懸けてのマウンドでした。

先発・中山君

立ち上がりは、どうなることかと思いました(笑)

初回は四球3つにワイルドピッチ・・・。しかしヒットは与えず2三振を奪い、何とか無失点で切り抜けました!

これですっかり立ち直った中山君は、結局3回をノー・ヒットで前半を終えます。

対するホークスの新垣さんは、今季初の中4日をものともせず6回を四死球3つのノーヒット・ノーランという完璧な投球でした・・・。

先に失点を許したのは中山君でした。

4回、四球と初ヒットを許したものの併殺2アウト・ランナー3塁

ここで7番中澤さんの打球は高々と舞い上がるキャッチャーかサードへのフライ

最初はキャッチャーの大輔@前田がサードの一輝に任せる声とジェスチャー

しかしボールを見ていた一輝はジェスチャーに全く気付かず、声もホークスファンの大観衆の声にかき消されて聞こえないようでした。

しかも一輝にからすると完全なキャッチャーへのフライに見えました・・・。

捕球しに行かない一輝に驚いた大輔@前田は慌てて再度声を掛けます!

が、驚いたのは一輝の方でした!

・・・ボールは無常にも大輔@前田の目の前でバウンドして高く弾みました・・・。

タイムリー・お見合い!

その間に3塁ランナーはも当然アウトと思いながらも念のためにベースを踏んでいましたので先制点が入りました

そして打ったバッターも2塁へ達しました。

キャッチャー前タイムリー2ベースヒット(記録は3塁内野安打)

暫し放心状態の中山君

これはもしや!・・・元大阪近鉄の坂田三吉得意の・・・


通天閣打法!


ホークスに「神風が吹いた」ものと脳内にて補完完了(爆)

しかしこの後が良かったです。

気落ちしたのか中山君は、次打者の8番・本多さんに真芯で捉えられて左中間に大きな当たり!

すわ、追加点と思わず目を瞑りました。

しかし、どこからともなく疾風の如く現れたセンターの大西君が、そのボールをまさに掻っ攫っていきました!

ファイン・プレー!

このスーパー・プレーが、中山君を救いました。

そしてこの日のホークス・本多さんを襲う受難の始まりでもありました・・・。


解説の若菜さんが7回のBs攻撃前に言いました。

「このままノーヒット・ノーラン、行くかも知れませんよぉー、えー、えー。(ちょっと見下ろし気味で)」

前日の藤本さんなら「私はこのまま新垣はノーヒット・ノーラン、行くと思いますよねー。」と言いそうですが。

先頭の4番・ガルちゃんがライト・ライナーに倒れてアウトはあと8個になりました。

新垣さんの出来からすれば、何とか記録だけは避けたいBsでした。

5番の、前の2打席は全く合わなかった良太に替えて村松様代打に。

しかし、村松様の頭はノーヒット・ノーラン阻止などこれっぽっちも頭にありません。

とにかく繋ぐことだけを考えて打席に立ちました

いつもの村松様の打席での集中力が、新垣さんの夢を砕きました。

打球は、セカンド・本多さんのダイビングもあと一歩及ばずにセンター前へ

7回1アウトから、ようやくBsの初ヒットが生まれました!

初ヒット!

しかし、続くバッターは6番のよしくんでした。

Bsファンの誰しもがホームランか「アレ」を予想した場面(笑)

答えは、完璧な「後者」でした・・・・・。

誰もが4-6-3のゲッツーでチェンジ。でもノーヒット・ノーランの汚名は免れて良かったね、と思ったその瞬間!

Bsにも「神風」が吹きました!本多さんの目に砂でも入ったのでしょうか?

焦る本多さん

完璧なゲッツーコースの打球を、本多さんがお手玉!

オール・セーフになってしまいました。

平凡なゴロに見せかけて、実は「逆境ナイン」のように秒速5000回転ものスピンを打球に与えたよしくん秘技だったのだと私は信じております(笑)

チェンジと思った新垣さんは、一転して1アウト1・2塁のピンチを背負うこととなりました。

新垣さんの中で、歯車が微妙に狂い始めました・・・。

中村監督様決死の代打攻勢が続きます。

7番・大西君に替えて代打の切り札・栄二様をここで投入

思いもよらぬ形で失点したあとは、思いもよらぬ形でチャンスが転がってきました。

栄二様は、2球目を叩きます。打球は新垣さんの足許をすり抜けてセンターまで達しました。

先の代打が俊足の村松様であったことも幸いしました。

相手のエラーと職人2人ヒットで、ノーヒット・ノーランを心配されたBsが、遂に同点に追いつきました!

勝負師、栄二様!


続く8番・大輔@前田にも代打・ダカヒー。しかしショートフライに討ち取られて2アウト、1・2塁

新垣さんはホッとしたのでしょうか・・・。

9番・一輝の代打もウルサイ塩Zでしたが、その2球目のスライダーはここまで9個を奪った魔球では、もはやありませんでした

ジャスト・ミートした塩Zの打球は・・・・・。

打った瞬間にそれとわかる感触!

レフトスタンドへ飛び込む、逆転の3ランホームランになりました!

逆転の3ラン・HR!!

得点は4対1。3点のリードを奪いました。

7回1アウトまでノーヒット・ノーランの力投を見せた新垣さんは、気落ちしたのか続く1番・ハヤカーストレートの四球を与えたところでノックアウト。マウンドを降りました。

降板後のプラス1球は、ベンチ内でグラブと一緒に熱投されました・・・。

最後の1球


2アウトでも攻撃はまだ終わりません

ハヤカーは、二盗・三盗で今日は一気に3盗塁を記録

疾風になりました


2番・森山君も替わった三瀬さんから粘った末に四球を奪います。

2アウトランナーなしから、1・3塁へ

スター選手の1発頼みという中村野球からは対極に位置するこの足の威力を堪能できるのは、残念ながら今しかないのかも知れませんね(涙)

3番・光尊様は、昨日に続いて得点圏にランナーを置いてサウスポーと相見えることとなりました・・・。

2-3からの6球目。四球を嫌った三瀬さんが、スライダーでなくストレートを投じてくれました。

打球はセンター前に!昨日に続いて、左腕からのタイムリーとなりました。

2アウト・ランナー無しから、更に1点を追加しました!

調子が上がってきましたか?

あれだけ苦手にしていた対左投手を、このあとの篠原さんからもヒットを放ち、3人連続左討ちを達成しました。

我慢できません。もう、言ってもいいですか?

左殺し、と(爆)

今日は久し振りの2安打マルチでした。チームで唯一です。本当に久し振りの響きですね。

これで来年は、左投手先発でもスタメンに名前を連ねることが出来るでしょうか?

このイニング2度目の打席となったガルちゃんは1イニングで一人で2度目のアウトに・・・。ホークス本多さんは、長い長い「針のむしろ」からようやく開放されました。

このまま永遠に終わらない気がしていたことでしょう・・・。

でも、気を落とさずにこれからも頑張ってください。これくらいのこと茶飯事(笑)の光尊様を見て何かを学んでください。

信じられない逆転で4点のリードをもらった中山君。9回には3連打で1点を失いましたが、見事8回2失点・実質1失点(笑)で2勝目をゲットして今シーズンを終えました。

後がないホークスに、そして完璧だった新垣さんにも投げ勝った中山君

来季は平野よし君とともに「若き左・右のエース」として、更に羽ばたいて下さい!

そう、かつての「ヨネ・カジ」のように・・・。

昨日に続いてハギー、そして最後は山省が締めて連夜のセーブも記録しました。

試合終了!

山省も来季は「左のストッパー・Y」としてイニシャルで語られるのでしょうか?

大化けを期待したいですね(笑)


Bsの今季最後の遠征は2連戦・2連勝という最高の形で幕を閉じました。

あとは26・27日のホーム(スカイマーク)2連戦を残すのみ

3連勝の勢いで、私たちホームのファンの1年間の声援に是非とも応える試合を見せて欲しいと願っております。

今季のテレビ観戦でのブログは、これが最後になりました。

3連勝で終われたので、気分良くビールです!(笑)。もちろんこんな日は発泡酒ではなくプレミアム・ビールですよね!

○○さま、美味しく頂いております。本当にありがとうございました!

3連勝が嬉しくて喜び過ぎて、いつもよりも沢山いただいてしまいましたので更新が遅くなりました。お許しください。言い訳になってますか?(爆)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月23日 対福岡ソフトバンク戦第19回戦(福岡ヤフージャパンD)

これが首位争いのプレッシャーでしょうか。

いえ、ホークスの話しです。

ノー・プレッシャーのBsは、まだ上位を狙えるうちにこういう粘りが見たかったというくらい、最後まで諦めずに全員で繋いだ勝利

これで勝ちゲーム、3試合連続の1点差勝ち

気が付けば、8月6日に3連勝を決めて以来の「2連勝」になりました・・・。

こんな感じで残り3試合、最後まで戦って欲しいですね!

ただ、恐らく今季最後の先発となったであろう好投の平野よし君の勝利は、またしても消えてしまいました・・・。

それだけが、残念でした。

平野よし君、1年間本当によく頑張ってくれました。

今年貰い損ねた白星は、来シーズンには倍にして取り返してください!

(来年も開幕から1軍でバリバリ投げてくれますよね?ジンクスに負けないでいてくださることを、心から願っております)



   Bs ⑤ - 4 Hawks


スコアー



今季最後の先発登板ですよね?

それだけに、気合が漲っていましたね

先発・平野よし君

乱れたのは連打で逆転を許した2失点の3回だけでした。

この回と4回のソロホームラン、そして降板した8回以外は、持ち前のコントロールとフォークが冴えました。

今シーズンを救ってくれた一人といっても過言ではないこの若者に、打線は今日は頑張って応えてくれました。


まずこの試合、先制したのはBsでした。

ホークス先発の左腕の杉内さんに対して9番の森山君と共に数少ない左打者

4番・ガルちゃんです。

苦手なはずのサウスポーから、ノりを抜いて今季のBsのチーム最多本塁打となる第13号ソロ・ホームランを、2回の第1打席でライトスタンドへいきなり叩き込んでホークスの出鼻を挫きました。

先制の13号ソロHR!

親友のブランボー既に日本を発ちました。後輩のジェイソン1週間前の西武戦第18回戦での先発出場でノー・ヒットだったのを最後に登録抹消、そして今日、帰国の途に就きました・・・。

夏休みの終わり頃には、3人揃って帰国か?とも思われていましたがガルちゃんは必死で挽回しました。

昨年の21本には遠く及びませんでしたが、これで2年連続のチーム本塁打王です。

特にサウスポーからの今季の貴重なホームランが来季の契約では大きな武器となるのではないでしょうか?

今日はこのホームランだけではなく、3安打の猛打賞

決勝点となった9回先頭での2塁打は、値千金でした。この時のヘッド・スライディングは、来季再び日本でプレーしたいとの熱い想いの表れだったのでしょうか。

私はもちろん来季もガルちゃん応援したいと思っています!


先制したのも束の間、流石は1位通過に並々ならぬ執念を燃やすホークス3回の攻撃。

それまでノー・ヒットに抑えられていた平野よし君を攻め、3安打を集めて一気に2点を奪い、あっさり逆転に成功します。

更に続く4回にも先頭のかぶれらさんにレフトへソロ・ホームランが飛び出し1対3と引き離されます・・・。

いつものBsであれば、いつものホークスであれば(笑)試合はこの時点で終わったことでしょう。

しかしノビノビBsと絶対に負けが許されないホークスとの間には、いつもとは微妙に違う空気が流れていたのでしょう。

6回、先頭の9番・ルパン・森山君が快足を見せ付けるセカンドへの内野安打で出塁すると、今日は1番に抜擢された左キラー、我らの真ちゃんが打席に。

いろんな攻撃が考えられましたが、考えすぎた杉内さん真ちゃんへのボールが、甘くなりました!



まさに、紅蓮の閃光!



広いこの球場をものともせず、ボールは軽々とフェンスオーバー

一瞬にして3対3の同点に追いつきました。

値千金、同点2ラン!


ホークスはこれで浮き足立ちました・・・。

同点のまま8回に来ました。

ホークスのピッチャーは好投の杉内さんから、ここまでプロ入り以来約通算11イニングでまだ無失点のルーキー・柳瀬さんへと非情のスイッチ

1アウトから森山君四球で出塁します。

1番に戻って期待の真ちゃんでしたが、ここはヤマが外れて見逃し三振に討ち取られて2アウト1塁。

中村監督様勝負に出られました。

後半は守備も大切だと思うのにここでマサヒロに代えて光尊様を代打に送られました。

当然ホークス・森脇監督代行はサウスポーの吉田修司さんへとピッチャー交代を告げます・・・。

大嫌いなサウスポー。

ここまでの光尊様の対左投手の打率は、もはや爽やかとさえ感じる0.091

代打の代打よしくんか「左には村松というセオリー」に従うのか注目されましたが、ここは動きはありません

中村監督様にとっての今季の最重点起用若手選手の光尊様ですから、何事も勉強、と失敗を恐れずに送り出してくださいました。

夏の終わりと共に打率は急降下・・・

最高で3割3分あった打率。陥落後再び戻した3割。今は昔です

しかし残り試合では今季の成長の証を何としても監督様に、新井さんに、大島さんに見てもらわねば!

その一念のみでバットを振り抜かれました。

久々に見せてくれたコンコルド打球

一瞬にしてセンター大村さんの頭上遥か上を襲うダイレクト・フェンス!

1塁ランナーは森山君ですから、余裕で生還

タイムリー2BH!

終盤にきて、遂に勝負ありと思われるタイムリーになりました。


真ちゃんホームランの前には塁上に森山君がいました。

そして、ここでも塁上には森山君が・・・。

いつの間にか、いつも塁上に・・・

存在価値は、試合を追う度に高まっていきます。

顔つきはまだまだ初々しい野球好きな気の良いにいちゃんというところを感じさせますが、他チームにとれば既に危険な選手になりつつあります。

来季の一層の飛躍が楽しみですね!


8回裏はホークスも意地を見せます。

平野よし君は先頭の宗りんさんに2塁打を浴びると、2番柴原さんを2度バント失敗と追い込みながらライト前に運ばれてノーアウト・1・3塁のピンチを作ったところでマウンドを降ります

宗りんさんの打球は、真ちゃんが少し目測を誤ったようにも見えました。

今季最終先発登板は、ピンチを残しはしましたがリードを保ったまま降板することになりました。

完投はならず・・・

後続の先輩リリーバーに勝ち星の行方を託します。

しかし、替わった高木君は4番・信彦さんに四球ノー・アウト満塁に・・・。

ここでまたピッチャー交替

誰かと思えば「ハギー」でした!

内心、逆転をチョッピリ覚悟しました(笑)

しかしハギーは、ずれえたさんを空振り三振、続くかぶれらさんのサード・ゴロで1点は失いましたが、7番・本間さんをこれまた空振り三振に斬って取りました。

ハギー・ワイルド!

4対4の同点になったものの、ノーアウト満塁の絶体絶命のピンチを何と最少失点の1点で切り抜けることに成功しました。

あの、ハギーがですよ!


この力投に打線が応えない訳がありません。

9回先頭のガルちゃん2塁打で突破口を開くと、良太が送って1アウト3塁(ランナーは代走のハヤカー)。

ここで代打を告げられたのは、村松様でした。

俊足ランナー同士の暗黙の了解です。叩き付けたセカンド・ゴロの間にバックホーム無しでハヤカー生還

粘りの攻撃で、またしても勝ち越しに成功しました。

殊勲の決勝打!


9回はハギーが続投。ヒット1本を許しましたが2アウトを取りました。

最後は手堅く左の宗りんさんに対して左の山省を送ります。

プロ初セーブ!

平凡な3塁ゴロに討ち取って、無事に逃げ切り。ゲームセット。

山省は、棚ボタのプロ入り初セーブを記録。

そして勝ち投手は、平野よし君の勝ちは消してしまいましたが、逆転を許さずに味方の勝ち越しを生むピッチングで実に5月7日以来久し振りのハギーでした。

ヒーロー・インタビューもその時以来のハギーでした。

ヒーロー!

私は、ハギーの来季についてはとても悲観的な見方をしていました。

いや楽観的に、貧打線を見かねて野手再転向などという夢物語の妄想を膨らませたりもしておりました(笑)

TPOを選べない投手という同じ役割は、今季は本やんに完全に奪われましたし、2軍でも打ち込まれて逆転やサヨナラを許す試合を私が見に行った試合2試合中2試合ともで見せられましたので・・・。

しかし、今日の気魄のピッチングには心打たれるものがありました。

来シーズンも活躍を楽しみにしていいですよね!もちろんBsで。


最古の蒼波魂で、頑張れ!ハギー!



久し振りにこの言葉を叫んでいいですか?

 「Oh! good job! good Haggy!

  意訳:今日のハギーは良いハギー


9月23日 対 福岡ソフトバンク戦第20回・最終戦(福岡ヤフージャパンD)の予告先発投手は

Bs中山君@最後の登板@有終の美を飾るピッチングに期待!

H  :新垣さん@Bs戦3勝負けなし@でも絶対負けられないプレッシャーが@初の中4日


先週の西武戦で、念願の初勝利を遂げた中山君

初勝利のプレッシャーはもうありませんね。今までとは違って少しは余裕もあるでしょう。

しかし、明日の試合はホークスにとっては絶対に何があっても負けられない試合です。

選手もスタンドのファンも殺気立っているかも知れません(笑)

そんな雰囲気の中で、どのようなピッチングを見せてくれるのか、とても待ち遠しいです!

来季の左のエース確定を期待させてくれるピッチングで私を酔わせてください!



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月22日 関東遠征記~永遠のサンクチュアリ!?編

今夜は、とある飲み会があり(野球関係ではありません、念のため)大阪・梅田のハービスPLAZA ENTの、あるお店へ。

美味しい料理とお酒。

そして久し振りにお会いする方々との楽しいひと時を過ごし、いい気持ちで帰宅して、さらに気持ちのいいニュースでも(笑)といつものようにネットの波に揺られておりました・・・。


すると!!


オリ清原、今季最終戦あいさつ欠席へ

今季最終戦(27日楽天戦、スカイマーク)で行われる恒例のファンへのあいさつに、出場選手登録を抹消されて左ひざ治療中のオリックス清原は欠席することになった。20日、中村監督に確認を行い、同監督は「無理はしなくていい」と治療を優先するように伝えた。

・・・・・・・。

やはり、監督より権限が上のGMは必要ですね。

誰か替わりに言えないんでしょうか?

まだ、一週間も先のことだよ。」と。

スタメン・ファーストで試合に出ろ、って言ってるんじゃないよ。」と。

たかがファンの前に姿をあらわすだけのことが『無理すること』かい?」と。


私が監督なら、一言。

最後ですよ。這ってでも出なさい」・・・・・。



そんなこと、言える訳ありませんよね・・・・・。

きっと、他にも特別な理由があるはずなんですよ。

来季私達の為に、今も死に物狂いで左足の治療に取り組んでいらっしゃるため忙しくて時間が取れないのですよ。だから欠席も、実は「私達ファンのため」なのですよ。

また、先の大阪最終戦でも欠席でしたから、神戸にだけ出ると不公平ですもんね!

・・・きっと、そうに違いありません

ちょっとお酒の勢いで、くだらないことを口走ってしまいました。お許しください。

でも、このニュースは何よりもファンを大切にされてきた仰木さんですら誤解されるかも知れませんので、お耳にだけは、絶対に入れないでいただきたいと切に望みます。


もう、酔いはほとんど完璧に覚めました

お蔭でブログ更新作業も、はかどりますわ(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


またまた、時間軸は無視してのアップです。ご了承願いまする(笑)



関東遠征記 ~ 永遠のサンクチュアリ!?編


関東遠征初日、9月16日です。

今回の遠征において最も悩んだのがこの問題でした・・・。

ここまで私はブログを続けるうえにおいて、現地観戦、テレビ中継観戦、そしてどんなに遅く帰っても録画した映像には必ず目を通して(最後まで目が開いていたか閉じていたかは別として・汗)全試合観戦してきました。

しかし、今回の遠征ではどうしても「行きたい場所」がありました。

そこへ行くと、デー・ゲームのBs対ライオンズ第19回戦物理的に見られなくなってしまいます・・・。

大いに悩みました・・・。

しかし熟考の末に導き出した答えは、試合観戦を諦めてもそこへ行く」ことでした・・・。

よく考えたら、オープン戦は放送がなかったので見ていない試合も多かったことを思い出しました(笑)

残念ですが、1試合は涙を呑むことにしました。

しかしその日の夜、同じホテルに宿泊されていた観戦仲間のAさま(仮名)が私の為に試合の詳細を綴っていただいたテキストと画像をくださいましたので、完璧に試合を見た気にさせていただきました(笑)。本当にありがとうございました!

そこまでして、私が行きたかった場所というのは・・・。

正確に言えば、「帰ってきたかった場所」・・・。

私は2度目ですが、前に訪れたのはかれこれ17・8年近く前になるでしょうか?

私は「いつか再びこの場所へ帰る」という過去の自分自身との約束を果たす為に、そこへ向かいました。

東京ドーム

案内

その場所とは、純然たる日本プロ野球ファンのメッカ

正面入口

野球体育博物館」及びその中にある誉れ高き「野球殿堂」です。


海の見える小高い丘の上にポツンと建つ、ともに青春時代を過ごした今は亡き彼女のお墓。とか想像していた方、ごめんなさい

野球馬鹿が試合をほっぽらかしてでも行きたい場所といえば、ここ以外にどこがありますか!?

帰って参りました。 I’ll be back! の約束どおりに。


前回に来た時とは、さほど大きく様変わりはしていません。嬉しいことです。

しかし、新たな展示物は当然増えていました。

ウイニング・ボール

WBCは今年が第1回目ですからね。

そのウイニング・ボールやメダル、トロフィーなどがありました。

また、高らかに翻った全日本代表選手たちのサイン入りの「日の丸」も飾られていました。

WBC日の丸

次に進むと、現在の12球団のホーム・ユニフォームやその球団のスター選手の野球用具などが一堂に展示されています。

昔撮った写真と見比べると、展示方法はそのままでも中身がまるで変わっています。

当然ですね。

ユニフォームは、Bsだけが唯一2着飾られています。大阪と神戸の2着ですね。

ちなみにノリ・キヨではなく、よしくんのものでした(喜)

次のコーナーでは、その当時の世界記録という前人未到の金字塔を打ち立てた4人のスーパー・スターの当時のユニフォームや実際に使用されていた野球用具が飾られています。

これは以前と全く変わっていませんでしたね。

フラミンゴ!

通算756号ホームランのさん。

1億円の足

シーズン106盗塁のちゃん。

あとの2名は誰だかわかりますか?(答えは最後に

日本野球の歴史を振り返るコーナーに続きます。

昔の野球道具の展示や元祖・野球ゲームである「野球盤」の歴史も楽しいですね。

そして「野球」という言葉の生みの親、中馬庚(かのえ)の日本で最初の野球専門書の展示や

のだま?

「野球」というスポーツの育ての親、として正岡子規の紹介もありました。

野球王国松山の始祖


次の大学野球、社会人野球、高校野球のコーナーを抜けると、かの「アテネの長嶋ジャパン」のコーナーがありました。

脳梗塞で倒れた長嶋さんが、左手で書き込んだ「3」の文字に目頭が熱くなりました。

for the Flag!

For The Flagフラッグです。

思えば、よしくんもノリもこの時に怪我を・・・。いえ、何でもありません。

ここを抜けると、遂に到着です。

殿堂!

俗に言う「殿堂入り」の「殿堂」が、ここです。

日本プロ野球界で最も気高く、最も厳かな場所。まさに日本プロ野球ファンにとっては最も神聖な場所であります。

ずり落ちそうだったズボンをビシッとあげて、シャツのすそを中に入れて(笑)、厳粛な気持ちで足を踏み入れました・・・。

まず嫌でも私の目に飛び込んできたのは、昨年のシーズン開幕時に順次全国の球場で展示されて話題を振りまいた巨大な「誓いの白球」でした。

巨大なボール!

懐かしさのあまり、思わず探しました・・・。ありました

仰木さん!

あの人懐っこい笑顔を思い出して、ウルウルしてしまいました。

もう一つは、偶然見つけてしまいました(笑)

光尊様!


殿堂とは、過去の栄光と実績を称え、将来にわたり顕彰していくために設けられた場所です。

前回よりも飾られている肖像レリーフは当然増えています

真っ先に走りました

2年前でした

仰木さんは、師匠である三原修さん、西本幸雄さんとともに、選手ではなく監督として殿堂入りを果たされています。

将来オリックスという会社が仮に神戸を捨ることになろうとも、ここに来ればいつでも仰木さんに会えます

もちろん、仰木さんだけではありません。失われた阪急ブレーブス、近鉄バファローズの歴史もここでは最大のリスペクトを払われて、守られています・・・。


今回は、今年度の殿堂入りを果たされた方々の特別展示がありました。

今年度選出された5名の方々の中で私が特に馴染みが深いのは、永遠の阪急ブレーブスの大エース・3年連続MVPの山田久志さんと、私にとってはオリックス・ブレーブスの4番、ブルーサンダー打線の不惑のホームラン王・門田博光さんのお二人です。

ヤマさんのユニ

ヤマさんのレリーフ

南海の門田・佐々木・ニャンコ

グランド照らす太陽の♪

おっちゃんのレリーフ

思いがけず、このような特別展にも出会えて幸せでした


殿堂を抜けると、特別室ではWBCの写真展が開催されていました。

日本中を沸かせたWBCの興奮が蘇ります・・・。

パネルの中で躍動する王監督、千葉マリーンズの選手たちをはじめとする選手たち・・・。

WBCでの活躍とは裏腹に、シーズンに入れば怪我や病気、極度の不振に多くの選手達が悩まされましたね。

次回の選手派遣にどう影響を与えるのでしょうか?

しかし、誰一人代表に呼ばれなかったBsとイーグルスは、ダントツの最下位争いを展開いたしておりますが(汗)

イチロー君と大塚さんの実使用ユニ

JAPANのユニフォーム。最初見た時はカッコ悪いなぁ、なんて思っておりましたが実際にイチロー君が着用していた本物を目にしたら、痺れるくらいカッコイイですね!(爆)

こうして、ひととおり見学してふと時計を見ましたら既に入館から4時間が経過しておりました・・・。

もちろん、インボイスでの試合は終わっているでしょう。

携帯サイトをチェックしましたら、Bsは中山君の力投でライオンズを降して中山君が念願のプロ入り初勝利を挙げたというニュースが確認できました。

その瞬間を見られなくて残念でしたが、後悔はありません

勝利の一つや二つだったら、明日でも明後日でも期待できますしね!!


・・・実際は、その「明日も明後日も敗れて」一度も勝ち試合を見ることなく大阪に帰ることになろうとは、この時はこれっぽっちも思っておりませんでした(爆)・・・。


野球馬鹿の里帰り」とも言うべき時間は、こうしてゆったりと、そしてあっという間に過ぎてゆきました。

今回も、いつかまたここに帰って来ることを最後に誓って、このすべての日本プロ野球ファンにとってのサンクチュアリを後にしました。

次回来た時には、キヨやイチロー君のレリーフが見られるのかも知れませんね・・・。



問題の答え

通算3509奪三振の元祖・金やんと2131試合連続試合出場の衣笠さんでした。答えが写ってましたね(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


関東遠征記も、いよいよ残すところあと1回。この日のその後の出来事を残すのみとなりました。

そう言えば、もう1週間が過ぎるのですね(笑)




blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月21日 関東遠征記~パ・リーグファンの聖地!?編

チーム改革がいよいよ始動しつつあります。

オリ宮内オーナー、球団社長と緊急会談

オリックス宮内義彦オーナー(71=本社会長)は20日、東京都内で小泉隆司球団社長(65)と来季の監督問題および、GM制度復活に伴うフロント改革について緊急会談をもった。同オーナーは会談したことを認めたが、その内容には触れず「今はあらゆることの可能性があります」と話した。・・・・・

他チームの監督さん(優勝の可能性のないチームですが)の来季の進退がボチボチ発表されていますが、Bsは果たしてどうなるのでしょうか?

あらゆる可能性・・・

当然ですが、全く何も変わらないということも可能性としてはあると(笑)・・・。

しかし後任の目処無しに、いきなり解任などあり得ません

伊原さんという可能性はなくなったようですしね。

でも、よりによってあの憎っくき巨人ですか?(爆)

まあ、あと4試合で今シーズンは終わります。


一方で嬉しい話題も。

オリックス希望枠はJR九州・小松指名へ

オリックスが今秋の大学・社会人ドラフトの希望枠で、JR九州・小松聖投手(25=国士舘大)を指名することが20日、分かった。小松は140キロ台のストレートとスライダー、フォークが持ち味で、制球力は社会人球界屈指と注目される右腕。昨年11月の日本選手権2回戦で、同年の都市対抗覇者・三菱ふそう川崎を5-0と完封し、チームを大会初の8強に導いた。オリックスは昨秋から小松に注目し視察を続けてきた。捕手補強も課題だったが、最終的には「即戦力の先発ローテーション候補として期待出来る」(球団関係者)として小松を希望枠で指名する方針を固めた。今後、JR九州側に正式な指名方針を伝え、獲得を目指す。


不作が伝えられる今年のドラフトにおいて、社会人トップクラスの指名候補者の一人です。

2年越しのマークが遂に実りそうです。

後輩の藤岡さんがソフトバンクで今季活躍したのも大きな刺激になったと聞きます。

昨年の平野よし君に続いて、2年連続で即戦力右腕の獲得に成功しそうですね。

久し振りに胸が躍ります!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

時間軸は無視してアップしております。ご了承願いまする(笑)


関東遠征記~パ・リーグファンの聖地!?


遠征2日目(9月17日)の夜のことです。

インボイス西武ドームでの試合観戦終了後、関西人8名でとある場所へと大移動いたしました。

パ・リーグファンなら、ファイターズ・ファンならずとも誰もが口ずさめる(笑)「PL~♪」と並んで超有名な応援歌

   「焼肉・絵理花 日暮里駅前歩いて5分の一等地♪」

   心の叫びを バットにぶつけろ (エ・リ・カ!)

   立ち上がれ 今見せろ 燃える男の魂を!

   「かっ飛ばせ~! ヒ・チョ・リ!」


でお馴染みの、知る人ぞ知る「パ・リーグ馬鹿」なら一度は夢見る、ファイターズ・森本稀哲選手のご実家の焼肉店・絵理花さんで夕食?宴会?のためでした。

西武・池袋から山手線へ乗り換えて6つ目が「日暮里」駅でした。

日暮里駅

(写真はJRではなく、帰りに乗った京成です)

生憎の雨でしたので、徒歩5分はありがたいところです。

だいたいの地図は頭に入れてきました(←オイ!)が、夜のことでもあり、方角がさっぱりわかりません(笑)。

すかさず、お店に電話を

迷うと遠回りになっちゃうので、駅前の交番で聞いてください

息子さんのバッティング同様、シャープなお父様のご指示でした。


交番で道を尋ねました。

警官Aさんお~い、焼肉屋さんでエリカって知ってる?

警官Bさんいいや~。104で聞いてみれば?

・・・・・無事に道を教えていただきました

そこからはみんな一斉にストップ・ウォッチのボタンを押しました(笑)

すると・・・。静かな住宅街?の表通りに面したところに、ありました

ネオンサイン


時計を見ると5分は軽くオーバーしておりましたが(爆)

ここで言う「5分」とは、不動産屋さんの世界での「5分」でした。

でも、傘を差して歩いても気にならない距離であり、周りの静かな佇まいからは「一等地」という表現はヒッチョリ、いやピッタリでした。

そんな雰囲気にマッチした看板に、私の心は鷲掴み状態で持っていかれました

ガムテで最強に補強された看板


お店は想像以上に小さかったです。

特に間口が狭く、奥行きがあるといった感じの造りでした。

1階は「喫茶・絵理花」、そして階段で2階に上がるとそこが、目指す「焼肉・絵理花」になっていました。

階段を上りきると既にお客さんで満員

飛び込みでは無理なようです。

念のために実際に私たちが予約したのは、1ヶ月以上前の8月2日のことでした。


ところが・・・。


その先客のお顔を何気なく見てみると・・・。

見覚えのあるお方が何人も!

(チャラ夫会の先輩までも!・笑)

もちろん関西からの遠征組で、インボイスからの帰り。

考えていることは皆同じ。

同じ穴の狢(むじな)でした(爆)

今夜はBsファン2団体約30名(2/3が関西人?)の貸切状態となりました。


ビバ!パシフィック!


お店の様子

お店の雰囲気はこんな感じです。

店内のテレビにはもちろん、今日のファイターズ戦の録画放送が流れております。

くしくもその日は、偶然にもひちょり選手の6打数6安打という記録的な乱れ打ちがあった日でした・・・。

とんでもない日に行ったものですよねぇ(笑)

中央に立たれている方が、「絵理花」店主にして今年度のオール・スターゲーム第2戦のMVP、ファイターズ森本外野手のお父様です。

ひちょり選手にそっくりな雰囲気は伝わりますでしょうか?

もちろん私たちを含めてお客からは「おとうさん」と呼ばれていたのは言うまでもありません。

他に美人のお母様・絵里花さんも店内を走り回っておられました。


お店の壁は、まさしく文字通りファイターズの「WALL OF FAME」

東京ファイターズから札幌への歴史・・・。

そして、ひちょり選手の野球人生の全てが、そこにはありました。

旧・球団旗

なつかしのオレンジ・ハムズ時代の栄光の球団旗。

スナップ写真などのお宝

おびただしい数のスナップ写真。注意して見るとガッツさんや稲葉さん、新庄さんのもありました。

甲子園!

帝京高校時代に出場した甲子園では旗手を務めていたのですね。

稀に見る豊作の年。「松坂世代」の甲子園でした。

入団発表

入団時の監督は、我が心の永遠の闘将・上田利治監督様でした。

ええで、ええで」が懐かしいですね。

他にも多くの貴重な写真やポスター、新聞の切り抜きなどが、もったいぶらずに大胆に、そこらへんの壁に隙間なく貼り付けてあります。

本来ならガラスの陳列棚に入れておくべき貴重な品々でさえ、焼肉のもうもうとした煙の中にまみれています・・・。

飾らずに飾る。ありのままを。

庶民的という言葉がぴったりの店内です。

この雰囲気が、いかにも昔ながらのパ・リーグらしさを感じさせて多くの人々を惹きつける魅力となっていることが、実際に行ってみて初めてわかりました

お味は?

予約が取れないお店の割りに、お肉のお値段も本当に庶民的でした。

普通のロースやカルビが1人前で1,000円を超えません

しかも上でなく普通でも本当に美味しいお肉でした。


このお店とここに集うお客が、いかにファイターズの選手たちを愛し、リスペクトをもって接してきたかを物語る一端を見つけました。

・・・既に移籍して何年が経つのでしょうか?

しかし、誰も剥がそうとはしなかったのですね。

きっと、今でも応援されているのでしょう。彼らにとっては「今もパ・リーグの選手」なのでしょうね。

気持ちはよくわかります!

片岡


ビバ! パシフィック!!


更にもう一枚

この選手も、既に移籍してしまいました。大変貴重な写真ですね(爆)

知ってますか?

ハエが止まる超・遅球と150Kmを超える速球のコンビネーションが素晴らしかった不知火守投手。


帰り際には2ショットの記念写真にも応じていただいた「おとうさん」。

本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

いろんな意味で「おなかいっぱい」に。

ほんの少し、心が温かくなったように感じました。

一緒に行った観戦仲間の皆さんも、きっとそうだったに違いありません

その証拠に、その日の西武戦で敗戦を決定付けるエラーを犯した光尊様のことには誰一人触れずにいてくださいました・・・・・。

えっ? 私に気を遣って下さっていただけでしたか!?・・・


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月20日 今日から3日間お休み・来季の体制は?

遠征から帰ってきて、ドドッと疲れが出ております(笑)

こんな時こそ、何か明るいニュースが欲しいなーとネットを彷徨っておりましたら、更に疲れて参りました

特にこれ。

オリ来季体制でオーナーが“事情聴取

・・・・・ここまでフロントの不備を痛感し、GM制度の復活を小泉隆司球団社長(65)にも伝えてある。今年9月から京セラドーム大阪を完全保有し、来年は“オリックスドーム元年”と位置付ける07年。負けられないシーズンを控え、監督の去就も含めた大型改革の可能性をオーナーは示した。

負けられないシーズン・・・

今季こそが亡き仰木さんの遺志を引き継いで絶対に負けられないシーズンであると思っていたのは、私の気のせいだったのでしょうか?

寂しいですね・・・。

そして大阪(の)ドームの名前は、また来年変わるのですか?

その名も「オリックスドーム」ですか?

またぞろ変わりそうなので、私は個人的には大阪にあるドームという意味で「大阪(の)ドーム」と呼び続けようと思います。


また、来季監督は各新聞社ともに中村監督様続投のニュアンスを伝えています。

よかったですね(棒)

監督様

歴史に残る名言となるコメントを何度も生み出された中村監督様

その中村監督様のコメントを毎試合聞けるのは12球団中、Bs唯一つだけです。

また、ノり・キヨの機嫌を損ねずに仲良くできる指揮官は、日本では今のところ中村監督様をおいて他にはおられません。

当然、ドーム元年の目玉として和・洋・中トリオを前面に押し出すのでしょうね!

よかったですね(涙)

そんな些細なことよりも、誰がGMになられるのかが気になります。


FA権行使検討・オリ塩崎に残留要請へ

オリックス小泉隆司球団社長(65)は19日、FA権の行使を検討している塩崎真内野手(33)について、シーズン終了後の交渉で引き留める考えを示した。塩崎はオリックスを含めた全球団を対象に交渉を行う意向を固めつつあり、その準備として代理人の人選を進めている。小泉社長は「残っていただきたいという考えを、交渉の場で伝えます」と話した。

昨年オフの契約更改では青天の霹靂信じられないダウン提示を受けた塩Z。

あの時の悔し涙は、ご本人も私も忘れることができません・・・。

塩Z

今季はノり、キヨ共に大幅アップらしいので、誰かの年俸を抑える必要があります。

FAであれば年俸の1.5倍は必ず返ってきます。

或いは人的補償なら無償で若い新戦力を求めることができます・・・。

本気で引き止めてくれるのでしょうか?

また、そんな球団に対して塩Z愛想を尽かしていないことをただただ心から願っているのですが・・・。

漢・塩Z

でも、この球団を出た方が彼のためにもなるような気もします・・・。

塩Zと同じくFA権を獲得済みのダカヒーにも全く同じことが言えますね。

ダカヒー

来年の開幕には、2人ともどのチームのユニフォームに身を包んでいるのでしょうか?




業務連絡

16日分、追記しました

17日分、アップしました

18日分、追加アップしました。

16日と17日の試合以外の出来事のレポートは、漸次行いたいと思います。






blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月19日 対千葉ロッテ戦第20回・最終戦(千葉マリンS)

ようやく二桁に到達です。

しかも待ちに待った来日初完封勝利で飾りました!

今日も打線の大量援護に助けられた訳ではありません・・・。

エース・デビちゃんの今季の頑張りを集大成するような、相手のエラーでもらった僅か1点を守り、低めに低めにと丁寧に投げ込んで打たせて取った粘りのピッチング

打線には助けられませんでしたが今日は堅守に助けられ、マリーンズ打線をたった4安打に抑え込みました。

ヒーロー・インタビュー

投げ合ったマリーンズ・小林宏さんもまた、1点は与えましたが9回完投で被安打7。奪った三振は11個

そして自責点は無し

両投手ともに甲乙付け難い、どちらが勝っても不思議ではない内容でした・・・。

しかし、勝利の女神我らのデビちゃん微笑んでくださいましたね。



   Bs ① - 0 Marines


スコア


更には一軍再昇格後、初の遠征で出場した「背番号555」のこの選手も今日は素晴らしい技を披露してくれましたね。こちらも、おめでとう!と言ってあげたいです。

ゴウ君


先のライオンズ戦も、今日のマリーンズ戦も、どちらも私がそこにいない日は快勝します。

「球場に来るな」との思し召しじゃ、ありませんよね!?


立ち上がり、手探りな両先発投手でしたが失点を許したのはマリーンズの小林宏さんの方でした。

今日のオーダーは、今までの監督が決めたものとは思えないオーダーでした・・・。

1番・ハヤカー、2番・森山君。3番・村松様、4番・ガルちゃん、5番・塩Z、6番・よしくん(8番・光尊様)と比較的足の速い選手をズラリと並べる実験的オーダー

しかし、それが初回から効を奏しました

先頭のハヤカーがライトフライに倒れた後、この日は2番に抜擢されたルパン・森山君がマリーンズのレフト・竹原さんのマズ目の守備にも助けられて、森山君にとってはプロ入り通算11本目のヒットが初の長打となるレフト・オーバーの2ベースヒットで出塁します。

3番・村松様は、当たりの強い打球でしたがピッチャー・ゴロ

これをコバヒロさんが好捕し、3塁へ送球。森山君無念のタッチアウトで先制のチャンスは潰えたかに見えました。


が。


何でもない送球にもかかわらず、3塁手の青野さんは森山君に触れるかなり前にそのボールを何と弾いてしまいます!

ラッキー!

ボールがレフト線の外側を転々とする間に、森山君難なくホームイン

相手エラーで幸先の良く1点を先制というかもらいました

森山君は、この日は攻・走・守に大活躍

特にバッティングでは、プロ初の長打と併せてプロ初の3安打猛打賞も記録しました!

祝・猛打賞!

守備でも再三の堅守を見せ、解説の本西さんから「鍛えられてますね」とお褒めの言葉をいただきました。

そして3本目のヒットを放った後には、「彼を何故今まで使わなかったのですかね?出せば結果を残す、一流選手に成り得る選手ですね」といつも中立・辛口の本西さんから絶賛されました。

昨年オフのの一つであった、森山君獲得を見越してのひらりん、センターへのコンバート・・・というものが確かであったということが証明されたのでしょうか。

ただ、本来の中村野球の理想には全くそぐわない選手ですので、来期の扱われ方が今からとても心配です(汗)



しかし、狙った獲物は逃すな!ルパン・森山君!



コバヒロさんを悩ませたのは、森山君だけではありません

1番・ハヤカーも何でもない、討ち取った1塁ゴロを俊足を見せ付けてヒットにしました。

相手には危険な脚!

生き残りを懸けて、先発起用に必死で応えようとの魂の叫びが私には聞こえます

今日はこの日唯一ではありましたが、絶体絶命でもあった5回のピンチでマリーンズ・ファンからも拍手をいただいた守備での美技も光りました。

そして3番・村松様も規定打席到達でBs初めての3割打者誕生に向けて、1日1本は何とかヒットほしいところでしたが、そんな守りの気持ちは彼の中には存在しません

常にアグレッシブにピッチャーに、打球に向かうのみ

今日もデビちゃんにどうしても追加点を取ってやりたい一心で、7回・2アウトから3本目のヒットで出塁した森山君に続いき、この日初めてのヒットを連ねてコバヒロさんにプレシャーを与えました。

シュアーなバッティング!

心の中には「3割を守る意識」など全くありません。

繋ぐことだけを考えた結果です

どんなに大仕事を成し遂げようとも、試合後のインタビューは決まってこの一言だけ

村松様村松様たる所以です。

そのストイックなまでのプロフェッショナリズムに、私は今まで幾度アルコールを飲む以上に酔わされたかわかりません。

今季3割を達成した暁には、もはや酔いつぶれる覚悟です(笑)


こうして、中村監督様の実験?戯事?は、1番から3番までの3人でこの日の全ての7安打中5安打を稼ぎ出し、試合にも勝つという結果をもたらしました。

残りの2安打は、もちろん怪力マティーのセンター・オーバーの2ベース・ヒットと久々のヒットとなった光尊様痛烈なピッチャー返しのセンター前ヒットでした。

マティーは、先ほどにも触れた5回のノー・アウト、ランナー1・3塁という絶体絶命のピンチを1アウト目をハヤカー美技で凌いだ直後、1塁ゴロを捕球した良太からのワンバウンドのバックホーム(!)キッチリと捕球してガッチリブロック!

同点を阻止!

ワン・バウンド捕球に幾度も泣かされたマティーと私たち)でしたが、ここはデビちゃん何とか勝ちを!という執念で、死んでもボールは離しませんでした。

マティー誇らしげに高々と掲げられた左腕が、とても眩しく見えました!

9回2アウトから紅井さん四球の後、暴投で2塁までランナーを進めて冷や冷やさせてくれたのは、ドラマチックな勝利を演出したに過ぎませんよね(笑)


その2アウト2塁の最後のピンチの場面で、中村監督様はレフトを左腕のハヤ爺から右腕のシモ爺へと交替させる手堅さを見せられました。

しかし最後の打者の平下さんの打球がショート方面へ飛んだ時には、もう1手詰めが甘かった!と血の気が引いたのは私だけだったでしょうか(爆)

私ならマサヒロにもっと早い時点で替えてま・・・(自己規制

そんな心配をよそに、光尊様は「バック・ホーム」など頭から消し去っておられました。

いつもの軽快なフィールディングで難なく打球を処理し、日本全国の光尊様マニアの背中に流れかけた冷たい汗を、一瞬で蒸発させてみせて下さいました。


自身の、最後までイライラせずに我慢できた「」と、低めに低めにと心がけた「ボール」。

その両方を見事にコントロールした、デビちゃんの今季のベスト・ピッチと成り得る素晴らしい投球でした。

ナイス・ピッチング!

目標を失った我々Bsファンに、久しぶりに充実感を与えてくれたデビちゃん10勝到達



おめでとう!そしてありがとう。デビちゃん!



しかし、決して一人だけの力で成し得たものではありません。

スターとは言えないものの、みんな個性溢れる素晴らしい選手たちです!

彼らの必死なプレーが集結した結果、掴み取ったこの日の勝利。

くしくも、今季初の対戦勝ち越しを決めた勝利(11勝9敗)となりました。

昨シーズン6冠のマリーンズのここまでの凋落振りも予想できませんでしたが、そこに最下位争いを演じているBsが勝ち越せたというのも信じられないことですね。

今日の先発は実はどちらにも2桁勝利が懸っていましたが、好投も報われず敗れたコバヒロさんには是非とも次回の最後の登板での達成を、陰ながらお祈りしています。

コバヒロさんの好投があればこその、デビちゃんの2桁勝利であったと思います。





業務連絡

16日分、追記しました

17日分、アップしました

16日と17日の試合以外の出来事と18日分の追記は、漸次行いたいと思います。






blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月18日 対千葉ロッテ戦第19回戦(千葉マリンS)

夢のような3日間でした。

野球の「結果」を除いてはどれもこれも全てが楽しい思い出・・・。

何もかもが目に新鮮に映り、上手くは言えませんが子供の頃に戻れた「魔法のような」3日間でした。


家に帰るまでが遠征・・・。


先人たちの格言を胸に、ようやく我が家に帰りましたが魔法はまだ解けていません(笑)

パンパンに膨れ上がったカバンと共に、私の心も沢山の思い出でパンパンになっています。

暫く時間をかけて紐解き、整理しようと思います。

その魔法が解けるまでが「遠征」なのですよね。


ということで、今回の遠征の3日間はその魔法を駆使し、時間をコントロールして漸次追記して行こうと思います。

仰木さん

雨?

西武ドーム

説明不要

千葉マリン

blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


9月18日 対千葉ロッテ戦第19回戦(千葉マリンS)

関東遠征3日目

朝、目覚めると普通に雨でした・・・。

しかし、ホテルで朝食をいただき荷物整理を終える頃になると降ったり止んだりになりました。

チェックアウトを済ませてホテルを出る時は、一応傘を差さなければなりませんでした。

ところが、大阪から遠征してきた私たちの願いが通じたのか最寄駅の海浜幕張駅に到着した時にはまさに天の恵み!

雨は上がっていました。

駅前からマリンスタジアムまではシャトルバス?が出ているそうなのですが、始発にはまだ時間がありましたのでBsで言うところのB-WAVEのようなグッズ・ショップを少し物色することに。

シャトルバス案内

グッズの数と種類もさることながら、いちいちお洒落な内装格好いいディスプレイメロメロにになりそうでした(笑)。

隣にあるロッテリアでさえも、私の知っているロッテリアではありませんでした。

知らない人が見たら、ディズニーランドの出張所?と勘違いしてもおかしくはありませんでした。

ロッテリア


しかし、本当に勘違いしていたのは他ならぬ私自身でありました・・・。

本物の「ディズニーランドの出張所みたいなところ」は、マリーンズのユニフォームのデザインにラッピングされた運賃100円のシャトルバスに乗り込み、里崎さんの車内放送を聴きながら5分足らずで到着した、その目の前に姿を現しました(笑)

ラッピング・バス

千葉マリン・スタジアムです。

マリンスタジアム

レフト入場列は、もしかして今日中止?というくらいの短い列でした(笑)。ここでしばし待つと開門時間となりました・・・。

指定席でもないのに、今季初めて歩いて入口を通り、座席の確保も完了。

今日は雨で開催が危ぶまれていたから仕方がありませんね。

そして目の前に広がった景色はこうでした。

レフトスタンドからの景色

フィールドにはまだシートが掛けられ、その上には水溜りが光っています

そのせいで本来はBsのバッティング練習中と思われる時間ですが、誰もいませんでした

ここでもし雨でも降ろうものなら、恐らくは中止になってしまいそうなので、心の中で必死にテルテル坊主を幾つも作りました(笑)。

そのせいで(?)雨も降らず、試合は予定通り行われることになりました・・・。

折角Bsの練習も見たかったのですが肝心の選手が出てきませんので、球場内を散策してみることに。

レフトから3塁側内野通路を歩きました。

売店からは美味しそうな香りと珍しいメニューのてんこ盛り・・・。

色とりどりのデザインで飾られた・・・。

楽しげなBGM・・・。

飛び交うソフィスケートされた「関東弁」の会話(爆)・・・。

そこはまさに「夢と魔法の王国」の、野球版

ボール・パークと呼ぶに相応しい雰囲気でした。

興奮で血が上りかけの頭を冷やそうとワゴンで買い求めた「クーリッシュ」・・・。

クーリッシュ

もう、ノック・アウトでした(笑)

あと2時間ほどその場にいれば、マリーンズファンへと洗脳(笑)されてしまうのを防ぐ自信がないと感じ始めた頃、そろそろお腹がすいてきましたのでレフトへ戻りました。

外野の売店だけは、何故か昔ながらの野球場の売店のまま

ここにきたら死んでも食べたいと思っていた名物にようやくご対面の時がやってきました。

モツ煮

名物・モツ煮。1人前400円也。噂どおりの絶品でした。

私は、これを再び食べるためだけにまた千葉マリンに来たいとさえ思いました(笑)


いろいろとウロウロして小腹も満たされた頃、ようやく選手たちが出てきました

前日から当日に掛けては、ホテルのLANが繋がらなかったので、情報は全くありませんでした・・・。

短縮版の守備練習に励む選手たちを見て、一つ目のサプライズがありました。

大西君がいました。

大西君!

前日あじさいに行かれていたあきさまからのメールでは、前日はサーパスの4番で出場していたはずでした。

もしや一人旅は寂しいので、あと一人!(誰だか言う必要はありませんよね?)の姿を血眼で捜していた頃、連日あじさいへ通われているあきさまからメールをいただきました。

そこには驚くべき内容が綴られており、2つ目のサプライズ?になってしまいました。

「最後のスカイで平野選手の復帰がみられるかなぁって思ってるんですが、初回センターフライをフェンスにぶつかって捕球した後しばらくしゃがみ込んでしまい、次の回の打席には代打が出て交代してしまいました。少し心配です。大事をとってということならいいのですが・・・。」

これに関するニュースは、その後ネットでも見当たりませんでした。

しかし、翌19日の広島・由宇遠征には帯同しており、19日も先発出場(ただし初回の守りと先頭打者として四球を選ぶと即代走で交代していますが)しているので、大事には至っていないものと信じたいです。

あきさま、連日のあじさい情報をありがとうございました

特に1回目のひらりん復帰後初ヒットのニュースは、関東でも嬉しいニュースで盛り上がりましたよ!


スタメン発表でもサプライズが!

3つ目のサプライズは、待ちに待った新しい4番打者が誕生したことです。

その名は、永遠の若武者・良太@アイカーでした!

プロ入り初の4番抜擢です。本当ならもっと早い段階で見てみたかったのですが、驚きと同時に楽しみなオーダーになりました。

中村監督様も、ようやくファンのニーズを理解されてきたのかと(笑)

そして4つ目のサプライズは、先ほども触れた大西君再々登録即々スタメンでした。

怪我の回復具合はどうなのでしょうか?前回のように1試合で再発即抹消ということはもうないですよね(笑)


先発は、これも怪我から復帰後初登板・初先発の吉井組長でした。

先発・吉井組長

故障明けのピッチングを考えれば充分なピッチングなのですが、対するマリーンズ先発の成瀬さんは手が付けられないほどに凄みのあるピッチング。

Bs打線僅か5安打に封じ込められて完封を喫してしまいました。

吉井組長も6回を投げて7安打4失点。

1点・2点の援護があれば、結果は違ったものになっていたかも知れませんでしたね。

今季は日本球界復帰後最高のシーズンを送りました。

来年もその闘志は衰えるどころか、老いて益々盛んとなることでしょう。

私のような素人に言われるまでもありませんが、オフには体のケアをしっかりされてまた来シーズン若々しいピッチングを披露してほしいものです、Bsで(笑)。

MLBのマイナーからオファーが来たら、どうされるのでしょうか?

誰もそれを止めることはできませんね。その時は「好きにせーや」という言葉が彼の最も望む餞の言葉となるのでしょう。

いろいろと心配しだしたらキリがありませんね(爆)。来期もBs投手陣の精神的支柱であり続けられることを信じましょう・・・。


打線は、前日の10安打の丁度半分。僅かに5安打止まりでした。

その中でこの日唯一のマルチ・ヒットを放ったのは、前日の一時は逆転打を放った漢・塩Zでした。

塩Z

5回終了時には、プロ野球史上413人目となる1000試合出場を記録しました。

ずっとレギュラーではなかった控えの選手でありながら、今やBsではなくてはならない存在のいぶし銀

学年は同級のノリや同期入団のよしくんとは、全く異なる道を歩いてきた漢にスポットライトが当たった瞬間でした。

私は来年も塩Zを応援したいです。

しかし、FA権を行使することも視野に入れているとの噂も聞きます。

もし行使するなら、11球団全てが興味を示すのではないでしょうか?

それだけ貴重なユーティリティー・プレーヤーは、現在の球界を見渡してもザラにはいません。

そんな塩Zのこの1年の起用方法を見直しますと・・・。

FAの権利を行使するかしないかは、何となく判断できますね(涙)

でもいくら今心配しても仕方ありません。最後まで塩Z応援しましょう!


そして今日のサプライズ・スタメンの2人は、まず大西君は第3打席で復帰即ヒットをライト前に放ちました。

大西君

そして4番打者も、ようやく第4打席で三遊間を破るヒットを放ちました。

良太

このまま是非とも4番で使い続けてほしいものですね。

4番とは、ただ4番目に打つだけではない魅力を秘めています

4番・ファースト・相川」という千葉マリン独特の甲高いウグイス・コールに今日は4回も酔うことができました。


最後にもう一つ、そして最も大きなサプライズが私たちを待っていました・・・・・。

それは、8回のマリーンズの攻撃でした。

ブルペンからリリーフ・カーが出てきました。

背中越しなので誰だかわかりません。

マエカー?ハギー?

いえ、ヒバゴンでした!

大西君の旅のお供は、ヒバゴン・山口だったのです。正確には反対ですね。ヒバゴンのお供が大西君だったと思います。

とにかくビックリしました。

前日は3イニング投げていたそうでしたし。

今季初登板のマウンドへ

今季初登板でした。

しかし先頭の2番・青野さん、3番・フクーラさんを連続で見逃しと空振りの三振に斬って取るいい意味でのサプライズ!

荒々しいピッチングとは程遠い、丁寧に投げている印象がありました。

この変貌振りに、観戦仲間の川柳さまや驚牛さまらと「ニュー山口の誕生か!?」と色めき立ったその直後に、事件は起こりました・・・。

4番・里崎さんはここまでノー・ヒット。もしや三者三振デビューもあるかもと一瞬頭に過ぎったその瞬間、ヒバゴンの投じたボールが里崎さんの頭?に直撃!

その時

暫くうずくまったまま動きません・・・。

担架も待機しています・・・。

一瞬にして空気が凍りつきました

程なく里崎さんは自分で立ち上がり、一塁へと歩き出して何が起こったのかがわかりました

球審からの場内マイクの説明で全てが明らかになりました。

当たったのは頭ではなく、鼻をかすっただけだというのは後で知りましたが、その投球が危険球と判断され、ヒバゴン今季初登板は危険球により退場という結末を迎えました

彼が危険球で退場となったのは、これで3度目です。

1回目は知らない人がいないであろう、昨年の交流戦キヨにぶつけた時。

2回目は、これです。3月9日のオープン戦・楽天戦でした。

そしてこの日で3日目・・・・・。

私、生で今年の2回をどちらも見た貴重な人間の一人という栄誉(笑)を手にすることができました。

これが今回の遠征で、勝ち試合を見ることのできなかった私に対して、野球の神様が与えてくださったお土産なのでしょうか?

そんなことはありませんよね。そんなお土産などいりません

里崎さんには大事に至らなくて本当に良かったと、心から思います。

乱闘にもならずに、険悪なムードにもならずに事なきを得たことにも感謝したいと思います。
もちろんヒバゴンは狙って投げたのでは決してありません。

彼も必死で生き残りを懸けて彷徨う中でようやく掴んだチャンスだったのです・・・。

この遠征の素晴らしい想い出を全てぶち壊しかねない出来事でしたが、無事に済んで本当に良かったです。

千葉ロッテの選手、そしてファンのスポーツマンらしく紳士的な対応が私の心を救ってくれました

今回の私の初めての関東遠征では、残念ながら勝つ瞬間に立ち会うことはできずに終わってしまいましたが、これこそ野球の神様が下さったお土産だったのだと思います・・・。

スコア


試合終了後は、もう遠征も終わりの時が近づく寂しさに襲われつつも最後のお楽しみ「マリーンズ・ミュージアム」へと足を運びました。

球場のすぐ隣

野球ファンなら誰もが羨ましいと思うことでしょう

設立趣旨

オリオンズ誕生から、現在のマリーンズまでの歴史的資料などが展示してあるミニ博物館になっています。

外観からして紛れもなく「マリーンズ・テーマパーク」そのものです。

ここでもまだ魔法は続いていますね(笑)

展示されている資料は、子供だましではなく本格的なものばかり。大人も子供も充分楽しめます。

毎日オリオンズ
毎日オリオンズ・ユニ

オリオンズ日本一のペナント
オリオンズ初の日本一のペナント

マサカリ・サンデー・兆治
マサカリ・サンデー・兆治

ピンク・マリーンズ
ピンク・マリーンズ

ミスター・マリーンズ
ミスター・マリーンズ

初代マー君・リンちゃん!!
初代マー君・リンちゃんを発見!!

親会社のチームを所有する喜びと歴史・伝統をリスペクトする熱い心が伝わってきます。

我がBsも、母体となった阪急・近鉄の2球団分の相当な歴史がある球団です。

オリックスという会社が、このような夢の施設を作ってくれたら・・・。

ないものねだりを禁じ得ませんでした。

千葉ロッテマリーンズから学ぶべきものは、多岐にわたりとてつもなく大きいものがあると思い知らされた1日でした・・・。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月17日 対西武戦第20回・最終戦(インボイス西武D)

朝、行きたいところがあったので新宿から西武電車に乗りました。

丁度、西武球場前行き急行が発車するところでしたので飛び乗りました。

電車に揺られること約40分弱で西武球場前駅に到着しました。

駅の名前は、未だにドームではなく秋山、清原、石毛、辻、渡辺久、工藤等がグランド内を駆け回っていた黄金時代のスタジアム名のままだったのがちょっと嬉しかったりしました。

ただ、終点に着く直前の車窓からは本当にこの緑広がるのどかで美しい景色の中に球場なんてあるのだろうか?という心配もありました(笑)


現在我がBsの本拠地は、かつて「グリーン・スタジアム」と呼ばれていましたが、このインボイス西武ドームという球場の「グリーンな具合」はそれを凌駕するものがありました。

球場の外も緑、球場の中も緑。とても目に優しい球場でした。

緑の屋内・外


外野スタンドの芝生席

まさにピクニック気分に浸れます。立つ人、腰を降ろす人、そして・・・。

芝生席

ただ、この芝生席に限らず上の方に少しある長椅子でさえ「傾斜」があります。

恐らく角度のついていない平らな場所は、外野席には無いのではと思われました。

とにかく、飲み物の置き方には困りました。倒れると物凄い勢いで川となり流れ落ちてゆきます・・・(その先にあるカバンや荷物は全てビールかジュースのシミと香りのお土産を残して)。

しかし、目に優しい緑。死角が無く全てが見渡せるフィールド。スタンドから見えるブルペン。雨の心配がなく自然の風が流れる、屋根付きにもかかわらず閉塞感のない空間。一体何軒あるのか数えきれない数の売店と豊富な品目・・・。

本当に素晴らしい球場でした。

そして、レフトスタンドには知っている顔、顔、顔。

私たちの遠征仲間8名だけでなく、関西からの遠征組だけで30人は優に超えていたでしょうか?

そして関西のブロガーの先輩方とも約一月振りに対面。温かく迎えていただきました

ありがとうございました!

本当にいろいろなことが想像以上でした。

本当に素晴らしい球場でした。


試合も途中までは素晴らしい試合でした、途中までは。



   Bs 4 - 7 Lions



先発は川越会長でしたが、遠征した私を迎えてくれるかのようにいつもの「悪ゴエ」振りを遺憾なく発揮。

20060919234847.jpg

いきなり初回にライオンズの2枚看板、かぶれらさんに先制タイムリー、続く和田さんにも2ラン・ホームランを浴びて早くも3点を献上

私たちは慣れてますけどね・・・。

そしてまたいつものように、その後暫くはキッチリ抑えます


その間に、打線は中盤にようやくライオンズ先発のギッセルさんに襲い掛かります。

まずは、やはりこの人

4回2アウトランナー無しから打席に入ったのは、俺たちのよしくんでした。

よしくん

大阪からやってきた私のために(笑)、珍しくレフトスタンドへボールを届けてくれました

ボールの軌跡には、ヒコーキ雲のように「遠くまでよく来てくれましたね」という文字が私にだけはハッキリ見えました(笑)

私的には、これでこの遠征は「勝ち」ました。

しかし、これがこの遠征で起こった幾多のサプライズの呼び水になろうとは、この時には思ってもみませんでした・・・。

続く5回の攻撃。

1アウトから9番・ルパン森山君がスタメン起用に応えて、この日2本目のヒットで出塁します。

森山くん

そして同じくこの日2本目のヒットで、1番・真ちゃんが繋ぎます。

マルチヒットの真ちゃん

1アウト1・2塁のチャンス

ここで今季初めて同時にスタメンに名を連ねた「下爺・早爺」コンビの2番・ハヤカーがセンター頭上を破るタイムリー・2ベースヒットで遂に3対3の同点に!

20060919235740.jpg

快足だけでなく、パンチ力も魅力ですね!

イケイケのBs打線レフト・スタンドの応援も大いに後押して、久し振りにヒットが連なります!

盛り上がるレフトスタンド!

3番の漢・塩Zも、ここで打たなきゃ「漢」が廃るとばかり気合で続きます。

気合の一打!

レフト前へライナーで弾き返すヒットとなり、2塁から俊足・ハヤカーが還り、珍しく(笑)一気の逆転に成功しました!

漢の中の漢!

逆転!

それなのに、あぁ、それなのに。

初回を除いてここまで0点で抑えていた川越選手会長は、6回に3連打を浴びて1アウト満塁の後、セカンド・ゴロで同点に追い付かれてしまいました・・・。

そして7回先頭のかぶれらさんにとんでもない当たりのホームランを浴びて逆転を許してしまいました。

まるでマンガのようなピッチャーがグラブを高くかざせば捕れたかもというような低い弾道が、どんどん加速してそのままバックスクリーンに突き刺さりました。

前日の「場外」ホームランも凄かったらしいですが、このホームランも度肝を抜かれました

こういうホームランは、何とかって言いましたよね?

ああ、「驚弾」でした・・・。

続く和田さんに四球を与えたところで無念の降板となりました。

会長降板

ここから小刻みな継投が始まり、睡魔を誘ういつもの展開(笑)

しかし、睡魔を吹き飛ばすビッグ・サプライズが生まれました(爆)

1アウト1・3塁で、ライオンズ銀仁朗君の放った打球はまるでノックかと見紛うばかりの平凡なショート・ゴロでした・・・。

セカンド・ベースカバーの森山君も絶妙のタイミングでセカンド・キャンバスに入ります。


が、しかし。


我らの光尊様はベンチ、レフト・スタンド全ての人間の6-4-3のゲッツーでチェンジの予想を無視するかのように、敢然とバック・ホーム!!

・・・・・思えば、ここインボイス西武ドームは光尊様にとっては痛すぎる思い出がありました・・・。

解説の本西さんに、プロの守備ではないとの酷評をいただいた思い出の地でありました。

更に、交替したピッチャーがヨシカーというところも悪い予感に拍車をかけました。

この試合が生んだ強烈なトラウマが、我々には想像できない極限状態を作り上げたのでしょう。

光尊様信じられないバックホームは、信じられない魔送球となりました。

まるで若いピッチャーが、先発のプレッシャーを打ち消すためにプレーボール前にわざとバックネット目掛けて思い切り暴投するかのように、光尊様の投げたボールはキャッチャーの頭上遥かを抜け、ネットを直接揺らしました・・・。

これがサッカーだったら、見事なゴールでしたが。

ネットが無ければ、どこまでも・・・。そう、先程のかぶれらさんのホームランのようにどこまでも・・・。

どこまでも勝利からは遠ざかりました・・・。

よしくんホームランといい、光尊様ある意味「神プレー」といい、貴重な美味しいシーンに恵まれ、遠征冥利に尽きました

光尊様・・・

先日のグラブ叩きつけに続き、この日は足元にあるつもりの空き缶を、思い切り蹴飛ばされて悔しさを迸らせられました(笑)。舌が回りませんね

緊張感のあった試合も、この回の3失点で万事休す

優勝争い真っ只中での戦いには慣れているライオンズが、2日も続けて取りこぼすことは普通に考えてあり得ない状況ではありましたね・・・。

悲しいけれど(笑)

私が見なかった前日は最高の形での勝利。私が見たこの日は、このような形での敗戦。

試合終了

勝利?敗戦?の花火

野球の神様は「イケズ」なのでしょうかね?

私の遠征初観戦試合では勝利の瞬間を見届けることはできませんでした

スコアボード

写真が煙って見えるのは、私の涙のせいではありません。花火で残った煙によるものですので念のため(笑)・・・・・。

球場を出ると、外は雨でした。

外では同じく関西から遠征されていたライオンズ・ファンのお友達ともドーム、スカイ以外で初めてお会いすることができました(笑)。

彼らにとってはここが聖地

今回の聖地巡礼で初めての勝利のあと。

後光が差して見えましたよ(笑)


屋根が被さったために必要のなくなった、かつての外野の照明塔が巨大なオブジェのように私を見送ってくれました。

私はそのオブジェに向かって、いつかまたここへ戻ってくることを、そしてこの地での勝利を必ず見届けることを最後に誓って、この獅子たちの祭典を後にいたしました。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月16日 対西武戦第19回戦(インボイス西武D)

まずは何はともあれ中山君!


プロ入り初勝利、おめでとう!!


20060917030426.jpg

7回1アウトでマウンドを降りるまで、許したヒットは僅かに2本だけだったそうですね・・・。

前回の登板ではプロ最短の2回途中でノックアウトだった中山君・・・。

やはり、転んでもただでは起きない肝っ玉ルーキーでした。

自身の初勝利もさることながら、チームの連敗をもストップさせる孝行息子ですね。

先発転向直後は1失点だけで完投負けという悲運振りを見せ付けたこともありましたが、今日は2失点でも勝利・・・。

勝利の女神様は、ようやくプロとしてやっていけると中山君をお認めになられたのでしょうか。

この勝利により、近鉄なら阿波野さん・BWなら星野伸之さん以来の若きサウスポーのエース誕生の夢への第一歩になったとしたら嬉しいことですね!

ところで私、今これを東京で書いております

遠征1日目にしてこのような素晴らしい試合!

ただし、私はこの試合は見ておりません(笑)

折角の東京遠征、いろいろとやりたいこと、行きたいことを天秤に掛けた結果です。

えっ、後悔ですか?

していません。(キッパリ!)

今日より明日、明日より明後日・・・。

中山君の快投で微笑んで下さった勝利の女神様がしばらくはついていますもの。



   Bs ③ - 2 Lions


という訳で、中継のなかったオープン戦以来、今季の公式戦で初めてリアルまたは映像で見ていない試合でした。

なにもこういう日に限って素晴らしい試合で勝つというのは、ツイテいるのか憑いているのか判断できませんが(笑)

なのに今日の写真があるのは、観戦仲間でいつも何かとお世話になっているのA様(仮名)からいただいたものを使わせていただいております。

心から感謝いたしております。ありがとうございます!

それにしても今回の遠征には昔の古いノートPCを連れてきましたが、いかんせん非力なもので何をするにも相当な時間が掛かりストレスも溜まります(笑)

ですので、毎日の更新は簡単に。帰阪後に追記しようと思います。


試合に戻ります。

中山君が浴びた2本のヒットで「2失点」は、かぶれらさんの度肝を抜くホームランでした。

インボイス西武ドームならではの「場外」アーチ推定飛距離は150メートルだったそうですね・・・。

「場外」?  ドームの屋根とレフト・スタンドの境目の空間を抜けて外に出たそうです。

この情報は、なぜか夜の8時頃に某所(笑)で偶然お会いした関西在住のライオンズ・ファンのお友達から伺ったものです


某所で偶然お会いするなど、普通は考えられません・・・。考えたら出会う確率は天文学的数字かと思われます(笑)


Bsの今日の3得点は、バラエティー豊かでしたね。

まずはハヤカーがその「類稀なる脚」の魅力を存分に発揮して、本当に「稀な」プレーである「ホーム・スチール」で鮮やかに先制。

ハヤカーの盗塁は今季2つ目です・・・。

しかし、脚を使って派手なことができるのはBsの現時点ではハヤカーしかいません。

もっともっと魅せてほしいです!

そして光尊様タイムリーファースト・ゴロ(笑)で2点目!

20060917033401.jpg

光尊様は、ハヤカーに感化されたのか、すかさず今季4つ目の盗塁を決められました!


そして3点目は、連夜の活躍!

塩Zの第8号ソロ・ホームランが飛び出しました。

20060917033550.jpg

調子は右肩上がりで嬉しいです!


こうして生まれた3点を、中山君と大輔@キャトーのリレーで2点は取られましたが、そのまま逃げ切った今日の久々の価値ある勝ちゲームでした。
20060917033744.jpg



☆★☆ 追記です ★☆★☆

写真をいただいたAさま(仮名)が、私のために試合の流れを追ったレポートも書いていただいておりました。

私はこれを読ませていただいて、試合を見たような気にさせていただきました。

本当に詳しく丁寧に書いていただきましたので、感謝を込めてここに掲載させていただきます。Aさま(仮名)、重ねて御礼を申し上げます!


今日のスタメンは、いつも通り中村監督のサプライズでした。

1(中)村松
2(左)早川
3(三)塩崎
4(右)ガルシア
5(遊)後藤
6(一)相川
7(DH)グラボースキー
8(二)阿部真
9(捕)前田

グラボースキーはいつもの事とは言え、前田が中村監督らしくない
先発マスクでした。

中山がここまで、日高・的山のどちらと組んでも打たれる展開になっていたからでしょうか?

1回表、村松がフォアボールを選んで出塁するも後続の早川・塩崎・ガルシアと打線がつながらず、得点をするには至りません。

ただ、最初の打席からいきなり早川が脅威の粘りを見せてくれまして、最後の最後のこの時期に西武に喰らい付く予感を見せてくれたのかと思います。

一方、1回裏。
中山は前田捕手とのコンビでいきなりパーフェクトピッチングを見せてくれます。

2回表
後藤凡退の後、相川がヒットで出塁してグラボースキーがフォアボールで出塁するもその後の阿部真、前田が凡退をして得点には至りません。
前田の初ヒットはまだなのでしょうか?

2回裏
和田を三振、中村(おかわり)をライトへの大飛球でアウトに取った後、江藤・赤田にフォアボールで出した後、細川を三振にとって凌ぎます。
なんとかピンチになりかけていたところを乗り切ってくれました。

3回表
まず先頭の村松がレフトのラインギリギリにヒットを打ちます。
ただ、レフトの和田が守っていた位置などの為にシングルヒット止まりとなってしまいます。

そして次、早川…。バントをするのですが、そのボールを涌井が取り、1塁に投げた時に暴投となってしまい、1塁セーフ。そして暴投の間に村松は三塁まで進塁します。

このチャンスに塩崎の打席です。
早川が盗塁を決めて2-3塁のチャンスをつくるも、塩崎はフォアボール。

ノーアウト満塁でガルシアとチャンスは広がります。

しかしガルシアは結果を残せません。ショートへの飛球でした。
続いて後藤。ボテボテの辺りの間に村松がホームインして、あまり良い形では無いにしてもとりあえず先制点はとれました!!

そして、なお2アウト1(後藤)-3(早川)塁のチャンスにバッターは相川。

相川のバットに期待をしたいところでしたが、後藤のスチールの間に早川がホームインして2点目。

相川はその後ライトフライに倒れました。

3回裏
三振とダブルプレーで難なく切り抜けます。

4回表
グラボースキー・阿部真凡退の後、前田が初ヒットを打ちますが、その後の村松が続きません。

4回裏
カブレラ・和田と三振に取った後、中村(おかわり)にツーベースを打たれましたが江藤をショートフライに討ち取りました。

ただ、江藤の打席の時に前田がパスボールで中村に3塁に進まれていてちょっとしたピンチではありました。

5回表
先頭打席の塩崎がレフトへソロホームランを打ちます。
先日の中村監督の名言「たかだか2点で勝とうなんてムシが良すぎる」との事です。

3点目が入れば勝ちへまた一歩進んだかと思われますが。

そしてしばらく試合は静かに展開します。

6回裏
フォアボールで片岡を出塁させた後、中島のライトフライ。大きなフライではありました。

ですが、ガルシアが捕球をしたあと気を抜いた隙に片岡はタッチアップで2塁に進塁します。(なんちゅーミスだ)

そしてカブレラ…カブレラは中山の球を軽々とはじき返し、レフトの場外へとHRをぶちこんでしまいます。

まさに「驚弾炸裂」しました。

しかし前の回の塩崎のHRが値千金でした。

3点目となるHRはカブレラのツーランの後も中山に勝ち投手の権利を残していますから。

そして試合は進みます。

8回裏ワンアウト
この場面で中村監督が動きます。
ここまで息のあったコンビで西武の凶悪な打線をカブレラのHRの2失点に抑えて来た若い中山・前田のコンビから加藤・的山のバッテリーに変えてしまいます。

ここまでそう言う交代をした後は決まって炎上を見てきたファンとしては今日は中山・前田と心中するつもりでやって欲しかったところですが…。

まあ普通に抑えてくれたのでここはよしとしましょう。

9回表
最後の攻撃となる所。ここでも中村監督の采配は爆発しました。
先頭の若武者相川良太がライト前ヒットで出塁したところに何故かグラボースキーに変えて日高を代打に送ります。

何か策があるのか?…と思っていると日高はバントをします。

なにか以前にも同じような場面を見てそれが無駄な努力に終わった記憶があるのですが(笑)

ええ、この後の阿部真と的山が普通に凡退したのでやっぱりこの中村監督の策は徒労におわります。

代打で出すなら水口かよし君を出す方が妥当と思いますけどね。

DHのグラボースキーのところに日高を入れるという事は、的山に何かあった時にDHを解除しなければなりませんから。

9回裏
加藤と的山のバッテリーで迎えた最終回の守備。
ここは無難にカブレラを三振、和田をライトライナー、中村(おかわり)を2ゴロに抑えます。

やっとおとずれた中山君のプロ初勝利!

今シーズンのここまでの投球内容やマウンド度胸を考えると1勝3敗と言う成績は疑問でしかありませんが、とにかく中山に初勝利が付いた事は中山に自信になるかと思います。


以上

そして、私のツボを刺激する1枚の写真も付けて下さいました。

ベース付近の土の掃除

このハイテクの時代にもかかわらず、今もバリバリの現役選手シュロぼうき」。

人工芝内に飛び散った土を掻き出して掃くのは、今もこれが1番なのでしょうね。

いつまでも若いヤツには負けん」そんなプライドが、熱く私の胸に届きました。

翌日、私も実際に目にして感動を新たに致しました(笑)


☆★☆ 以上追記でした ★☆★☆



9月17日 対 西武戦第20回・最終戦(インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs川越会長@2桁の夢をあきらめないで!!中山君に続け!

L  :ギッセルさん@ここまで6勝3敗@対Bs戦は1勝1敗・・・。


川越会長中山君が作ってくれたいい流れに乗ってほしいですね。

明日は私も参ります

blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月15日 対西武戦第18回戦(インボイス西武D)

スコアー・ボードに並んだのは、0か1か

有りや無しや。

オール・オア・ナッシング。

やるか、やられるか・・・・・

やっぱり、最後はやられましたが。

空気嫁」とは言われないコンスタントな敗戦が続きます。

これで6つ連続の黒星熱パ・アシストの確かな証です。

中村監督様も心酔する「清原魂」を持ってしても、首位西武に苦杯を舐めさせることはできませんでした。

オリックス・中村勝広監督(57)が14日、インボイス西武ドームでの全体練習後、「戦う前から負けている感じ」という清原の言葉を引用し、「負けてたまるかという気概がないと成長しない」とゲキを飛ばした。

ファンは、そのお言葉にノシをつけて、ゲキを飛ばしたい心境かと思います・・・。


20060915223748.jpg



   Bs 3 - 5 Lions


先発の平野よし君、今日はまぁまぁのピッチングでした。

先発、平野よし君

大量失点は1度も無く、4度の失点の場面はことごとく最少失点で切り抜けました。

ただし、4失点中3失点が2アウトからということころにどうしても私は引っかかります。

黒星は遂に11敗目。パ・リーグワースト2タイに並んでしまいました・・・。

もう1回、私は今季最終戦の27日のイーグルス戦での登板を予想していますが、白星で気分よくオフを迎えることができますでしょうか?・・・


今日の得点は、3点

今季の象徴でもある3点打線が見事に機能しました(爆)

ただし、タイムリーは1本もなし

久し振りに1試合3ホーマー、いえ、3「ソロ」ホーマーでした(笑)


1本目は2回、先制された直後に追い付くマティーのレフトポール際に飛び込む今季第2号のホームラン!

れっつごー!マティー!

ホームランも打ちます。盗塁もします。もちろん三振もします。そして英会話も嗜みます・・・。

かつて「ビックリ箱」と称されたマティーの底知れぬキャパシティーは、もはやドラえもんのポケット並みですね。

ホリえもんのポケット・マネーどころではありませんよね(笑)


2本目は、一時は勝ち越しとなる漢・塩Z第7号。甘い球を逃さず、レフト・スタンドへ持っていきました!

漢は黙って

調子は少し下降気味。ここのところ4試合ヒットがありませんでしたが、ようやく疲労が少し取れてきたのでしょうか・・・。

今季まだ経験していない打順の4番(と9番)。是非見たいのですが、どうですか?

無理ですかねぇ?


3本目は、再び同点に追いつく、ガルちゃんチームトップ・タイに並ぶ第12号でした。

これで来季の契約は、ほぼ決まりではないでしょうか・・・。

もちろん、来年契約しない人をこの期に及んで見せられていること自体、本来はあり得ない話だと思いますし(笑)

4番が板についてきたぜ!

怪傑ソロ三銃士の活躍しか目立たなかった今日のBs打線にあって、一際目立たなかったのが田中君今季初スタメン(8番・サード)でした・・・。

5月23日の第1打席・空振三振、6月4日の第2打席・空振三振に続いて、ようやく巡ってきた夢にまで見た第3打席

まず、ここから。

思えば、前の2打席は交流戦でしたね・・・。

今季初打席みたいなもんですね(笑)

しかし結果はセンター・フライ・・・。

2打席目は、ライオンズのピッチャーが左腕から右腕にスイッチしたため、光尊様へとこちらもスイッチ。

打席があったことだけでも感謝せよ!というところでしょうか。

雰囲気はありました。もっと、もっと、見てみたかったです、正直な話。たとえ光尊様打席が一つ減っても(笑)

私個人的な意見としては「戦う前から負けている感じ」というより、「戦わせてくれないという感じ」の方が強かったです。

私の予想する相手先発は、残りは全て右ピッチャーなので、今日のようなスタメンはもう無いのかも知れません。

ここへ来て、春先に聞いたライオンズ・伊東監督の言葉が胸に染み入ります・・・。

聞き手 「なぜ高卒ルーキーの炭谷君を細川さん達を差し置いて、あえて使うのですか?」

勤監督 「使わないと成長しないから・・・」


投手陣の2番手で登場したのはユウキでした。

ユウキ

先頭のかぶれらさんに、いきなりホームランを打たれてしまいました。

被本塁打は、8月29日以来・・・。この時もかぶれらさんでした・・・orz。

しかし、打たれたヒットはこれだけ。しかもこれはかぶれらさんが難しい低めのフォークを上手く拾ったホームランでした。

打ったかぶれらさんを褒めるしかないバッティングでした。

その後、8回はワンポイントで高木君、そして1アウトからヨシカーがマウンドへ。

ヨシカーの勝っちゃん

勘ぐれば勘ぐるほど、いろんな意味が考えられるヨシカーの登板です(汗)

しかし、敵ながら天晴れだった(笑)2004年の活躍の面影を、もう少し追いかけてみたい気がします。

先発とかも試してみる価値はないのでしょうか?

Bsリリーフ陣では数少ない貴重なサイド・ハンド

適所を見極めて起用していただければ、まだまだ充分戦力になると思うのですが・・・。


再び打線に戻りますが、8回は石井貴さんに、9回は小野寺さんに、共に三者三振を喰らいました。

即ち、「者連続三振でゲームセットでした・・・。

そして黒星も「試合連続になりました・・・。

ついこの間、7連敗が止まって喜んでいたところでしたよねぇ。あ、いえ。ひとり言です。


9月16日 対 西武戦第19回戦(インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs中山君@6度目の正直で初勝利を!@負けても来季に繋がる好投を!
L  :涌井君@ここまで12勝7敗@来季はエースですね!@対Bsは1勝1敗


中山君、ここ2試合はしっかり打たれています。打たれることも勉強ですが、勝てばその成果は数倍にも大きくなります。

残り試合を考えると、あと2回の先発でしょうね。何とか1つだけでよいので、勝ち星を付けてあげてほしいものです。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月14日 明日から対西武最終3連戦

2日続けて試合がないのはオールスター休み以来のことでした。

のんびりできましたか?

替わって明日からは今季最後となる関東遠征5連戦(笑)

飛び石になるのは仕方ありませんが、ローテーションが大きく崩れるので投手陣は大変でしょうね。

天気予報によると何だかしばらくは関東地方、雨ばっかりです・・・。

インボイスDは心配ないのですが、千葉マリンでの雨は辛いでしょうね・・・。

何がって!?

もうご存知だと思いますが(笑)・・・


遠征します。


試合は17日(日)の対西武最終戦と翌日、18日(月)の対千葉ロッテ19回戦を観戦する予定です。

私一人ではなく、観戦仲間の皆さん約8名とも現地で合流します。

また、8月の神戸での楽天戦で初めてお会いした関東在住のブロガー様方とも久し振りの再会です!

折角の「生まれて始めての1軍の遠征」ですので、何とか雨を避けられたらいいのですが・・・。

私は晴れ男ではありませんが雨男でもありませんので、いつものようにテルテル坊主に頼りたいと思います。

結構頑張ってくれたんですよね、今シーズン(笑)


あと、18日・19日は今季最後の千葉マリンでの試合です。

千葉マリンと言えば、ひらりんを忘れる訳には参りません。

開幕直後のひらりん

サーパスでは既に実戦で試合勘を取り戻しつつあります。

個人的な予想では、今回の千葉マリンで1軍復帰を果たすのではないかと思っていたのですがね。

しかしそれに関するニュースは見当たりませんでしたので、夢のまた夢で終わるのでしょうかね・・・。

でも全く焦ってはおりません・・・・・。


替わりに、この方が復帰されるそうです。

オリックス吉井、来季も現役続行へ

・・・18日のロッテ戦(千葉マリン)先発で復帰予定だ。・・・


消化試合であろうとも、そこにマウンドがある限り、自分を求める者がいる限り、吉井組長はたとえ地球の裏側まで行っても白いボールを投げ続けます

来季は、ピッチング・コーチ兼任でというのは私のささやかな希望であります。

まぁ、今季も投手陣の精神的支柱としてよく頑張ってくれたと思います!

とにかく、今季の組長最後のシノギの場に居合わすことができそうなこと、心から感謝します。

心優しき組長

できれば血の雨、いや台風の雨が降らないことを祈ります。

吉井組長におかれましては今季最後のお勉め、頑張っていただきたいですね!


9月15日 対 西武戦第18回戦(インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs平野よし君@久し振りに白星が見たいですね@来季に繋がる好投を!
L  :松永さん@前回はサヨナラの翌日、プレッシャーの中1失点@来季のためにも打っておきたい!


オリックス平野佳が苦手退治に意欲

・・・・・15日に先発予定の西武戦は今季4試合に投げて1勝2敗。防御率は対戦チーム別でワーストの8・59と散々たる成績だ。・・・・・


思えば、プロ入り初先発となったオープン戦プロの洗礼を浴びたことがトラウマになっているのでしょうか・・・。

その日が彼の誕生日であったことも影響がありそうです。

しかし、開幕後初の西武戦先発の試合では西口さん相手に堂々と渡り合い、見事2度目の完封勝利を挙げた平野よし君でした。

4月の衝撃デビューの頃

防御率が悪いのは前々回の8月10日、明日と同じ顔合わせとなった試合で平野よし君10点(自責点)と打ち込まれたからです。(反対に松永さんは1失点完投勝利)

余裕が出てきましたね!

今季のBs投手陣の中で唯一1年を通じてローテを守り抜いた平野よし君へのご褒美として、野手の皆さんが大量点で白星を一つでも多く付けてあげて下さい!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月13日 大阪最終戦を一夜明けて

昨日のショックからようやく立ち直りつつあります。

数人の方からメールで「更新は?」と心配していただきましたが(汗)、ようやく復活しました(爆)。


お天気は暫く全国的に悪いようですね~。

屋外球場はまた雨天中止で、ペナントレース終盤の日程が苦しくなるのでしょうかね?

人ごとながら心配ですね(笑)


ネットを巡っていましたら、どこもキヨ来季現役続行を喜ぶ記事が溢れていましたね。

また、こんなのを見つけて思わず喜んでしまいました・・・。

小泉球団社長明言「GM制度」復活

よく読まなかったので、完全に「ぬか喜び」になってしまいました(爆)

中村監督ぬか喜び

お恥ずかしい

・・・オリックスは03年オフから中村勝広現監督(57)が2年間GMを務めたが、昨オフの監督就任により今季は空位となっている。


中村監督様にとってのGM時代の夢は、日本球界で成功した最初のGMになるということでした・・・。

実績と経験を積みながら、着々とその道を歩んでおられましたところに仰木さんのご逝去などの不慮の出来事が重なり、現在に至ります。

しかし、日本初のGM成功者になるという志半ばでの監督転身でした。

燃える采配!

空位のその座に最も相応しいのは中村監督様をおいて他にはないと思われます。

「GM復活」

あながち悪い冗談とは思えません

検討の余地大いに有りですよ!みゃーうちさま。


また数あるニュースの中でひっそりと埋もれていたこのニュース・・・。

ブランボー選手・帰国のお知らせ

クリフ・ブランボー選手は、夫人の第二子出産立会いのため、14日に帰国することとなりましたのでお知らせいたします。
なお、ブランボー選手の再来日については未定です。


お疲れ様でした。

熱狂的に応援させてもらったことも、熱狂的にこき下ろしたこともありましたが、チームを去られるとなると寂しい気持ちで一杯です。

不乱暴

昨年の交流戦では神でした(笑)

印象的な活躍を思い出すと、全て昨年のものでした。残念ながら今年はこれといった強烈な印象はありませんでした・・・。

しかし、「ど真ん中をカット」するシーンや「外角へのスライダーで大きく腰を引く見逃し」など忘れられない場面も多く残してくれましたね。

1番バッター!

ブランボーと言えばこのポーズ

2番目のお子さんが生まれるのですね!

おめでとうございます!

故郷・米国で再度メジャー挑戦で、テレビに映る活躍を心から祈りたいと思います。


ブルンバ ブルンバ ブランボー!!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月12日 対福岡ソフトバンク戦第18回戦(大阪のD)

長かった今シーズンのペナントレースにあって、今日が大阪(の)ドーム最終戦となりました。

最後、最終、ラスト・・・・・。

この時期にこの言葉を聞くと、何故か無条件で寂しい気持ちになりますね。

今朝は朝から一日中、いつもと違う何とも言いようのない感覚が体を包んでいたように思います。

もちろん、肝心の試合の方も「何とも言いようのない」試合で今日も敗戦。

終わりよければ全て良し」の魔法の効力は、既になくなっていましたね・・・。

試合終了と同時にビジョンに映された無機的にしか感じられない球団からの感謝のメッセージ

恐らく私達ファンは、球団の皆さんが思っている以上の「熱い声援」を送ったと思っています。

それに対して「ありがとうございました」に、気持ちがこもっていないと感じたのは私だけだったでしょうか・・・。

20060913124848.jpg



   Bs 3 - 5 Hawks


今日は衝撃的なニュースから幕が開きました。

今日はサッカーのガンバ大阪とのコラボレーションで宮本恒靖さんが始球式を行われましたが、同じ「背番号5」は今日付けで登録抹消されました・・・。

20060913125001.jpg

宮本さん、お一人で寂しい思いをさせてしまって本当に申し訳ありませんでした。

私は通路に張られた2ショットの派手なポスターを気の毒過ぎて直視することができませんでした・・・。

既に消化試合。節目の記録もほぼ達成済み中村監督様キタガーと違って無理はさせたくない」と仰っていましたからね。そして、来年の現役続行も発表されました。

併せて特にグランド外での貢献が評価されて年俸は大幅アップとの噂も。

結構な話ですが、キタガー大幅減棒はないですよね?

誤解を生む書き方になってしまいましたが、私はキヨの来季の現役続行には賛成か反対かと聞かれたら迷わず賛成と答えます。


替わって登録されたのは今季初となる「タッチ」大輔@前田でした。

代打か守備固めの晴れ姿を写真に撮ろうと、敢えて守備練習中のボールかご持ちやキャッチボール相手の写真は撮らずにいたのですが、勇姿をカメラに収めることは最後までできませんでした(泣)・・・。


守備練習といえば、私は初めて見ました!

20060913125511.jpg

ファースト・ミットを着けた塩Zでした。

内野で守っていないのは恐らくファーストだけでしたので、マニアックなファンサービスで今季初のスタメン・ファーストか!?と色めきたちましたが、普通にスタベンでした(笑)

しかも途中出場はセカンドというオチもつきました。


先発は10勝目が遠いエースのデビちゃん。4度目の2桁勝利への挑戦でした。

20060913125703.jpg

しかし、2桁という数字は手が届きそうでいながら、かくも遥か遠いものだとは夢にも思いませんでした。

ツキ」というものは、一度手放すと2度とは帰ってこないものなのでしょうか?

とにかく今日は、味方の守備に強力に足を引っ張られました。そのイライラとの闘いでした。

20060913125921.jpg

味方に足を引っ張られながらも、バットでお返しの逆転をしてくれることを信じて7回まで投げきりましたが、夢はお預けとなりました。


守備の破綻の幕開けは、やっぱり光尊様でした。(←やっぱりは余計

初回は先頭から2者連続、華麗なフィールディングでショート・ゴロ。

ここで田上さんにライト前ヒットが生まれますが、ガルちゃんからの返球は完璧に2塁タッチアウトのタイミング!

しかし逆に完璧に悪い予感が的中して光尊様落球。2ベース・ヒットにしてしまいました。

その後の光尊様・・・。

私はあんなに激しい光尊様を今季初めて見ました。

20060913130226.jpg

グラブを叩きつけて悔しがられました・・・。

光プレー大賞受賞者としてのプライドが、しかも大阪最後のゲームで出てしまったイージー・ミスを許されなかったのでしょう(笑) ← 笑う場面ではありません(爆) ← コラッ!(笑)


もう、止まりません。


続く4番・信彦さんの打球は、ベース寄りのセカンドゴロ!

と思ったのも束の間

捕球姿勢に入ろうとしている森山君の前に、風のようにいつの間にか現れては消えて行かれました・・・。

セカンド正面の、ショート・ゴロ」でした。

かつて、貴重な歴史的資料として何度か見たことのある「ショート廣岡さんの正面の、サード・ゴロ」・・・。

長嶋さん得意の魅せるプレーでしたね。

まさにそれを思い出しました(笑)

怒りの光尊様の熱き心が迸った瞬間でした。


しかし、ここからは光尊様の真骨頂(

2回はヒットになりましたが、普通にショート・ゴロ併殺という当たりを弾いて先制の2点タイムリーにしてしまいました・・・。

その裏、責任を感じた先頭打者の光尊様は、怒りをバットにぶつけてライト線への痛烈な2ベース・ヒットで出塁。

20060913130856.jpg

同点劇への口火を切られました!

その気魄に呑まれた(←はぁ?)ホークス先発の新垣さんは、2度に渡るワイルドピッチ光尊様に謹んで「第一生還者賞」を贈られたのも光尊様の魅力を知るものにとっては、わかる気がしないでもないかも知れませんでした。か?・・・。

とにかくここまでは、完全に「光尊様ナイト」でした。

大阪での最後の別れを惜しむ、全国津々浦々に息を潜めて暮らし伊集院光氏の発掘によってようやく市民権を得たチャラ夫@光尊様フリークスへの今季最後のプレゼントでありました・・・。

このヒットを活かし、真ちゃんにセンターへの大きな犠牲フライであっさりと序盤で追いつきました

20060913131213.jpg


しかし同点も束の間でした。デビちゃんは直後の3回にはずれえたさんにタイムリーを浴びると、更にJ損タイムリー・エラー再度2点のビハインド

4回には失点にはなりませんでしたが、こんなシーンも・・・

20060913131357.jpg

おまえたちにゃ、もう任せてられないぜ!

徒にエラーを重ねる不甲斐ない内野陣に喝を入れに行きました(笑)

ここまでくると「草野球」ではなく、めったに見られない「ミラクル野球」と思わずに最後まで大人しく見続けることはできませんでした・・・。


怒りのガルちゃんは、続く4回。先頭打者として気魄のヘッドスライディング!

20060913131557.jpg

しかし後続は、3者凡退・・・。

チームを何とか鼓舞しようとする必死の姿が、見るもの全ての涙を誘いました・・・。


一矢を報いたのは6回でした。

ガルちゃんの2打席連続となるライト前ヒット光尊様四球でつなぎ、1アウト1・2塁のチャンスを得ました。

ここで打席は良太

20060913131813.jpg

期待に応えた良太の打球はセンター前に!

2塁からガルちゃんガニマタを飛ばして生還!タイムリーになりました!

これで3対4の1点差に迫りました!

20060913131935.jpg


しかし、今季を象徴するように「3点で打ち止め」・・・。

あと1本は、今日がたとえ大阪最終戦であっても、出ませんでした・・・。

7回以降はノーヒット

優勝しろよ」と愛弟子・新庄さんに仰ったことでもわかるとおり、ファイターズを応援されている中村監督様も、いつものように苦虫を噛み潰したような沈痛な表情を浮かべることしかできませんでした。

20060913132136.jpg


試合終了後はBs全選手がマウンド付近で整列してファンに挨拶をされます。

が、挨拶とは帽子を取ってお辞儀をすることだけでした。

昨年は曲がりなりにもあったマイクでの挨拶は、今日はありませんでした・・・。

20060913132332.jpg

写真が小さくてわかりにくいと思いますが、中央付近で深々とこちら(ライトスタンド)へ頭を下げられているのは中村監督様ではなく小ちゃん・大島コーチでした・・・。

この挨拶は、時間にして3分程度だったでしょうか?

非常にオコガマシイのはわかっておりますが、敢えて言わせていただくと、チームの皆さんの私たちファンへの感謝の気持ちは思ったほど伝わっては参りませんでした・・・。

別の言い方をすれば、少しショックでした。

節目というか、これだけ通い続けた大阪(の)ドームの試合が最後となるこの日の最後の瞬間

朝から何とも言いようのない感覚に包まれて涙腺も緩みがちだった私ではありましたが、何とも言いようのない感覚のまま、その時を迎えました。

もちろん、昨年は何故か止め処もなくなく溢れた涙など全く出ませんでした・・・。


半ば放心状態のまま、ホークス応援団とのエール交換が始まり、途中はそれなりに楽しめましたが、あまり内容は憶えていません・・・。

20060913132743.jpg


ホークスの今日の勝利と、ファイターズの逆転勝利によって、混パの優勝(1位通過争い)は0.5ゲーム差の中に3チームが犇く前代未聞の戦況となり、その行方は予断を許しません。

我がBsも同じくイーグルスとの最下位争いは3ゲーム差と迫られました。

世間の注目を全く集めない天下分け目の裏・天王山が今季の本当の最終戦です。

そのときには結果はどうあれ、まともな「挨拶」があることを祈ります。


今夜のことはもう忘れようと思います・・・。

シーズンはまだ終わった訳じゃありませんからね。

それをチームの皆様方は私たちに伝えたかったのだろうと、脳内で補完して残り試合を最後まで見守ろうと思います・・・。


最後になりましたが、今日で今シーズンお会いすることが最後となってしまった皆様方、少し早いですが今シーズンは何かと本当にお世話になりありがとうございました!

今シーズン当初から人生初の挑戦でもあるこのブログを始めたことで、昨年とは比べものにならないほど多くの方々と知り合い、お世話をいただきました

心から御礼を申し上げます。

次回お会いするのは果たして何時で、何処かはわかりませんが、オフの間もどうかお元気でお過ごし下さい。

そしてまた来年、お会いできることを心より楽しみにいたしております・・・。


・・・いかん、いかん、今頃涙が・・・。

20060913133300.jpg



blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月11日 明日は大阪のD今季最終戦、対福岡ソフトバンク戦

いよいよ明日は今季のWフランチャイズの一つである大阪(の)ドームで開催される今シーズンの最終戦になってしまいました。

まだシーズンは終わっていませんが(終わっているとも言えますが)、最終戦だと思うとチョッピリ感傷的になりますね・・・。

パ・リーグの優勝争いはここからが3チーム三つ巴の本当の戦いですが、優勝のためには直接対決は言わずもがな。下位3チームとの取りこぼしは命取りとなります。

これからの対戦相手は、今まで以上に「勝って当たり前」というプレッシャーが掛かってきますので、勝つチャンスも生まれてくるかも知れませんね(笑)


今までも事あるごとに歴史に残る偉大なコメントを残されてきた中村監督様も、明日の試合には特別な思いで闘志を燃やされています・・・・・。

オリ中村監督が京セラD最終戦に闘志

オリックス中村監督が大阪での今季最終戦となる12日のソフトバンク戦必勝を誓った。11日、京セラドーム大阪での全体練習を見守った指揮官は「最終戦だし何とか意地を見せたい」と闘志を燃やした。先発予定のソフトバンク新垣には今季2戦2敗だが「何とか攻略したい」と打線の奮起に期待した。


最終戦だし何とか意地を見せたい」・・・そうですね!最終戦ですもんね!

何とか攻略したい」・・・そうですね!私もそう思いますよ。

流石は中村監督様です!思いはファンと同じですね(爆)


試合前にはJリーグ、ガンバ大阪のDF宮本が始球式を務め、試合終了後には全ナインが整列してスタンドにあいさつも行う。


あれから1年が経ったのですね・・・。

20060911221612.jpg

20060911221644.jpg

去年とは監督も替わりましたし順位も変わってしまいました・・・。

チームカラーもガラリと変わりました。

仰木さんの理想としていたチームの結果は、こんなだったのですか?

私は、天国で仰木さん悲しんでおられる気がしてなりません・・・。

明日の試合が終了した後、どのような想いが私自身の胸に去来するのか、今は想像もできません。

果たして笑顔でその時を迎えているのか、果たして涙か、果たして怒りか・・・。

なにかいつもと違って、ソワソワしています。

できれば最後に勝利の2次会で締めくくることができれば最高なのですがね!


9月12日 対 福岡ソフトバンク戦第18回戦(大阪のドーム)の予告先発投手は

Bsデビちゃん@4度目の正直で二桁勝利を!@SB戦防御率は1.00!

H  :新垣さん@今季Bs戦2戦2勝@16回で失点1@防御率0.56!!


何とか攻略したい」とを語られた中村監督様ですが、データを見る限りは勝ち目はありません(笑)

何か秘策(ブランボー昇格とか・爆)があるとしか思えません。

期待できますね!

あれ?ちょっと待てよ・・・。

「何とか攻略したい」と打線の奮起に期待した・・・。

私たちと同様に期待するだけでしたか・・・。


そんな中、デビちゃんは今日9月11日がお誕生日でした。

オリックス・デイビーが2ケタ勝利誓う

デイビーは米国での同時多発テロを踏まえ「誕生日はいつと聞かれて9月11日と答えると、ニューヨークのテロを思い出すと言われるんだ」と複雑な表情。「でも、今ではそのテロから復興して、アメリカにとってもこれから9月11日がいい日になっていくと思っている」と祖国を思いやっていた。

やはり米国人の方にとっては「9.11」は未来永劫忘れられない日であるのですね。

20060911222912.jpg

私はこれからは未来永劫デビちゃんのお誕生日は忘れないでしょう。


話題はガラリと変わって、ピンバッジです(笑)

一昨日の土曜日には何故か大量発生していた究極のシークレットバルボンさん」・・・。

昨日、気合で引く!と宣言していましたが、くじ運の悪い私には勝利の女神は微笑んで下さいませんでした(涙)


しかし!


ある方が譲ってくださいました(歓喜)。

その結果、今度こそ遂にフルコンプリートを達成することができました!

その方には、この場をお借りして厚く厚く御礼を申し上げます。

ありがとうございました!

20060911222901.jpg

通常のピンバッジとプレミアムピンバッジ、そして究極のシークレット。今季球団が発行した全てのピンバッジがここに勢揃い(笑)


たかが、ピンバッジ・・・。


されど、ピンバッジ・・・。


球場へ行くモチベーションの一つに、私の場合は完全に成り得ました。


同時進行ですが、もう一つの目標達成具合はこのとおりです。

20060911223220.jpg

しかし、ゴールが見えません(笑)

実は昨日の試合終了後のスタンドで、サプライズがありました(笑)

お近くで観戦されておられた方から、突然お声をかけていただきました。

そして「いつもブログ見ていますよ」という、とっても嬉しいお言葉と共に2つもいただきました。

この場をお借りして、改めてお礼を申し上げます。

ネットの力は、私が考えている以上に大きなものなんだなぁとつくづく思いました。

ありがとうございました!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月10日 対北海道日本ハム戦第20回戦・最終戦(大阪のD)

今日の試合は、立派なプロ野球のそれでした。

昨日のような草野球ではありませんでした(笑)。

しかし、結果は今日もファイターズに敗れて今シーズンの対戦を終えました・・・。

結局、今年は大阪(の)ドームでは1度も2次会は行われませんでした。

ホームでの勝利は8月3日のスカイマークでの1勝のみ。

スコアーは3対0。平野よし君完封勝利でした。


今日は川越会長。最後まで一人で投げきってくれましたが、いかんせん要所要所でホームランを3本も浴びて4失点・・・。

先制を含めて2点を奪いましたが、天敵・金村さん相手に4失点では勝てと言う方が所詮無理な話だったのでしょうか・・・。


ファイターズのクリーン・アップは、鬼の3人衆。ファイターズ3連戦での3人の結果を計算してみました・・・。

合計で35打数 17安打 15打点 6本塁打  打率は 0.486

噂に違わぬ見事な鬼っぷりを発揮しました・・・。


一方のBsは?


聞かないほうが幸せです(笑)


さらに、今日は新庄さんの関西最終日でもありました。

パ・リーグを共に盛り上げてくれた新庄さんに対し、選手会を代表して川越会長は感謝を込めて関西最後のホームランを献上・・・。

私たちも、あなたの姿は永久に忘れないでしょう。

20060910213320.jpg




   Bs 2 - 4 Fighters



20060910213900.jpg


今日は「オールドボールゲーム」の2日目

栗橋茂さんの登場でした。

20060911102531.jpg

今日は始球式に登板ではなく、ピッチャーに現役最年長バッティング・ピッチャーの水谷さん、キャッチャーにはブルペン捕手でお馴染みの別府さんというバッテリーに対して、栗橋さんが打席で挑むという試みでした・・・。

栗橋さんと言えば、怪力のスラッガーで「背番号2」。

左右の違いはあれど、鈴木貴久さんと言う最高の後継者に恵まれましたね。

阪急ファンとしては、いつもその丸太のような二の腕を見ては恐怖に慄いておりました(笑)確か、ギリシャ神話?から「ヘラクレス」という、イメージにぴったりなニックネームが付いていたと記憶しています。

勝負は、現役時代を髣髴とさせる豪快なスイングでライトへの大きな当たり・・・。

オーバーフェンスとは行きませんでしたが、文句無しで軍配は栗橋さんに。

後輩を代表して、いてまえ魂と共に我が道を征く栄二様から花束を手渡されました・・・。

20060911102939.jpg


で、これでお終いでした(笑)

近鉄ファンも、さぞかし物足りない思いをされたことでしょう・・・。

無理だとは思いますが、来年はもっと華やかで中身の濃いセレモニーや企画に期待したいです。

阪急や近鉄の球団歌あたりを場内で流してくれるだけで大きく印象が変わるのになぁ・・・。

私的には、何気なく残って見学した昨日の「ダブルヘッダー」の2試合目(笑)を見られたことがせめてもの救いでした・・・。


試合の方へ進みましょう。

今日、先制したのは予想に反してBsでした!

しかも初回でした。

1アウトから、今日は2番で先発出場のハヤカーレフト前ヒットで出塁します。

今日のBsの2得点のホームをどちらも踏みました

20060911103417.jpg

そして今季初の盗塁も決めました。

機動力」などと言う言葉が久し振りに脳裏に浮かびました(笑)

すると今日は3番(!)に入った村松様が、期待に応えてライトオーバーのタイムリー・3ベースヒット!

20060911103614.jpg

与えられた打順で、当たり前のように結果を出した村松様

しかし、本来打ちたい・打ってもらいたいと願う打順が別にあるのは、ご本人とファンの共通の思いではないかと思います。

これで1点先制となりました。

今日の対Fs戦の最終戦に懸けるプライドと心意気を感じた先制シーンではありました・・・。


その直後、新庄さんに記憶に残る逆転の一発を浴び、さらに2日連続となるせぎいさんのソロ・ホームランを打ち込まれ、あっという間に得点は1対3となりました。

しかし、今日はいつものBsではありません!

その直後、3回の攻撃は2アウトランナーなし

2番・ハヤカーの叩きつけた打球が三塁方向に弾みます

こうなると「類稀なる脚」の威力の見せ所。内野安打で2打席連続の出塁です。

続く3番・村松様は警戒されたのか四球

そして、今日は解雇示唆の逆境から遂に4番に座ったガルちゃんが2アウト1・2塁の場面で登場。

ガルちゃんの打球は、もう少し角度が付けばホームランとなってもおかしくないような強烈な当たりのライナーの打球!

2塁ランナーのハヤカーが「フィールド走り抜け」「疾風」となり生還。当たりが良過ぎて村松様は3塁ストップでしたが、1点差に迫る4番の仕事を果たしてくれました。

20060911104636.jpg


しかし、打線が「線」となったのはここまで

4回以降は良太とよしくんに1本づつシングルが出ただけで金村さんは悠々6回でマウンドを降りました。

結局Bs発足以降2年間、1度も金村さんに土をつけることなく今季も白星を最後に1つ加えて終了しました。

強烈な、金村さんの「Bsだけには負けない運」に大殺界の訪れはあるのでしょうか?

素人ながら、対策は「トレード」で獲得以外ないと・・・・・済みません。お酒が回ってきたようです(爆)


その後、7回以降はファイターズ超強力リリーフ陣に完璧に抑えられてノーヒット

反対に、3失点以降はファイターズ打線に付け入る隙を与えなかった川越会長も9回に遂に追加点を許してしまいました・・・。

先頭の稲葉さんです。先頭打者にもかかわらず、レフトスタンドからは何故か「稲葉チャンス」のファンファーレが

関西のファンへの置き土産として、響鬼・稲葉さんは昨日の死球退場が嘘のように、そのレフトスタンドへわざわざボールを届ける流し打ちのホームラン!

2対4。 駄目押しになりました・・・。

しかし、ここまで3本のホームラン被弾は置いておくとして(←はぁ?)、一人で投げきったことは評価したいと思います。

20060911105222.jpg

もし途中交替していたら、今日は昨日の20安打に続いて何十安打されていたかわかりません(爆)

7安打4失点完投は、川越会長だからこそだったのでしょう。

今日もし勝っていたら、ルーキーイヤー以来の2桁勝利が現実味を帯びていたところですが、負けて8勝8敗。

エースと呼ばれるためには何とか最低限2桁の勝ち星が欲しいのですが、残り試合を考えると非常に厳しくなってきました。

しかし最後まで選手会長らしく諦めない闘いを、応援させてください!


それにしても今日は流石に新庄さんの「関西ラストゲーム」でした。

交流戦の阪神戦を髣髴とさせるスタンドの賑わいになりました。

20060911105758.jpg

昨日も凄かったのですが、今日も上段席まで殆ど埋まりました。冗談かと思いました。

Bsには消化試合であったこの試合の価値を、一気に高めてくれた新庄さん人気

もしやこれも「ノリ・キヨ効果」といわれるのでしょうか?

こればかりは、どうにもこじつけようがありませんよね・・・。

20060911110028.jpg


対ファイターズの対戦は全て終了です。

3勝17敗

あたかも「ファイターズの一部」であるかのような成績です。

優勝争いは3チームが1.5ゲーム差の中で犇めき合う、史上稀に見る激戦の本番はこれから・・・。

ライオンズとホークスのファンのお顔をまともに見ることができませんね(笑)


対戦終了ということで、お互いを労い合うエール交換?交歓もライト・レフトのスタンド間で行われました。

Fs「来年ここで、プレーオフ!」

涙が溢れそうになりました・・・。

Bs「来年勝たせろファイターズ!」

涙が引っ込みました(笑)

しかし、最後は

Fs「近鉄・青波、いつまでも!」

Bs「優勝しろよ、ファイターズ!」・・・・・。

去年はBsが4位、ファイターズは5位でした。来年はその言葉を是非とも相手球団から言われてみたいものですね。

その後はファイターズからの「タオル・チャンス」、Bsから「北の国から・チャンス」で一緒に踊り、Fsから「藤井康雄」、Bsから「田中幸雄」というお約束で盛り上がり、終了・・・。

セ・リーグのことは全くわかりませんがパ・リーグファンで良かった!と心から思いました・・・。


改めて申し上げます。

ファイターズ・ファンの皆様、今シーズンお世話になりました。いや、しました(爆)。

特に大阪のドームに来られたファンの方は、負け試合は1度もなし。全て勝ちゲームが見られてよかったですね。

さぞかしお友達を誘いやすかったことでしょう(笑)


羨ましいです(自爆)


プレーオフ、頑張って下さいね! コユキ中嶋をいつまでも大切にしてくださいね!

20060911191614.jpg


明日はお休みです。

そして明後日はホークスとの最終戦。そして、今季の大阪(の)ドーム最終戦です・・・・・。

我がホームスタジアムへの1年間の感謝を込めて、精一杯楽しみたいと思います!


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月 9日 対北海道日本ハム戦第19回戦(大阪のD)

2回表、ファイターズの攻撃が終わった時点で得点は0対7・・・。

いくら負けるにしても、もう少し何とか・・・・・。

既に順位や勝敗には興味を持たなくなって、どれ位たったのでしょうか。

今日はある楽しみのために1塁側A指定席での観戦でしたので応援歌を歌うこともできず、そして開始早々からの大量失点ではストレスも溜まります・・・。

そう思っていたときに、観戦仲間であるMr.Uさまから私の携帯にメールが入りました。

「今日は内野ですか?ブログで使えそうなネタ拾いましたので、よければどうぞ(苦笑)♪」

そのネタとは一体・・・・・。

20060909220247.jpg



怒りやストレスが昇華するのを感じました(爆)

20060909220416.jpg




   Bs 2 - 10 Fighters



今日はこのためだけで内野観戦・・・。私の、ある楽しみとは・・・。

20060909220452.jpg

それは、オールドボールゲーム!

今年も多分ダメだとは思いつつ、秘かに大いに期待していました。

BsのOBによる始球式・・・。

もちろん人選には、非の打ち所はありません。

20060910022333.jpg

元・阪急ブレーブス、元・近鉄バファローズ、元日本ハムファイターズ・コーチにして昨年までのサーパス監督の我らが加藤秀司!!

まずはその服装に注目が集まりましたが、下手なトラブルを避けるためなのか(笑)普通の私服でした。

そしてマウンドへ上がると、対するバッターは愛弟子・ガルちゃん(笑)。受けるキャッチャーはマティーでした。

ここからの演出は、お約束(爆)

加藤ちゃーさんが、投げる前にガルちゃん軽く挑発。そして投じたボールが体をかすめますと、ガルちゃんは激怒!ちゃーさんの下へ走り出そうとするガルちゃん羽交い絞めで必死に止めるのはマティー!

20060910022811.jpg

ここで小芝居はお終い・・・。最後は仲良く手を取り、花束を手渡して終了しました。

終了しました・・・・・。

本当に終了しました・・・・・。

20060910022906.jpg

やっぱりこれだけでした(涙)

昨年は内野通路に古いユニホームの展示等があったそうなので、今年は更に何かあるだろうと通路を一周しましたが、ただ徒に彷徨っただけでした・・・。

特別ゲストもなく、サプライズもなく・・・。

これでよく「オールドボールゲーム」と言えるものだ、などとは決して思いませんでしたが(笑)、来年こそ期待したいです・・・。


華やかなセレモニーが終わり、いよいよプレー・ボール

マウンドには来季の左のエース候補中山君が上ります。前回の悔しさを晴らすリベンジのマウンドでもありました。

20060910023231.jpg

しかし、結果は無残にも1・2/3回で5失点・・・。

20060910023323.jpg

パ・リーグ最多の72勝を挙げてプレーオフ2位通過以上を狙うファイターズの勢いは、もはや誰にも止めることはできませんでした。

プロ入り後最短のノック・アウトでした。

この悔しさをバネにしてくれることを願って止みません・・・。


頑張れ!!中山君!!


2番手は、いつもの「中ヤナギ」ではなく本家本元のハギーの連投でした。

が、斬鬼・せぎいさんに6度目の左右両打席ホームラン阪急・松永と並ぶ日本タイ記録)を許すと、響鬼・稲葉さんにも連続で被弾

そしてヨシカーの勝っちゃん、山省と、昨日まとめて1軍復帰の3人が次ぎ次と揃ってマウンドへ。

何か「特別な意味」を勘ぐってしまう投手リレーでした・・・。


Bsの今日の全2得点を叩き出したのは、ダカヒーでした。

20060910023714.jpg

7点を取られた直後の2回

ファイターズ先発のだるびっしゅさんから、1アウト後良太四球で出塁すると今日もスタメンのJ損が何と!ライト線への2ベース・ヒットで続きます・・・。

ここで打席に立ったダカヒーが、ライトへ深々と打ち込む犠牲フライ。1点を返しました。


次の得点は9回でした。

その前に、得点は7回の時点では既に1対10になっておりました・・・。

これだけの得点差があれば、相手がファイターズでなくとも、もはや逆転は望み薄

こういう場合の、後の楽しみは・・・。

やっぱり「あれ」でしょう。


今日も錚々たるメンバーが登場しました!(笑)

8回2アウトなしから、それは突然始まりました!

4番・よしくんの応援歌がいつもの「強気で進め!」ではありませんでした・・・。

  空を駆け抜ける 稲妻のような 度肝を抜く一撃
  飛ばせ! それゆけ! よっしともー!


現MLB、セントルイス・カージナルスの田口君の応援歌でした。

しかし、よしくんは2ゴロ・・・。結果は変わりませんでした(爆)

9回のラインナップは、凄い!のひとこと!!

5番・光尊様松永浩美 ライトフライ 1アウト

6番・良太藤井康雄 ライトオーバーの2ベース・ヒット!

20060910024335.jpg


7番・J損タフィ・ローズ セカンドフライ 2アウト

8番・ダカヒーイチロー(!)左中間オーバーのタイムリー!!

20060910024506.jpg


9番・森山君大島公一(近鉄Ver)ショート・ゴロ

ダカヒーイチロー君「~走れ!ヒダーカー!」は、ちょっとどうか?と思いましたが、結果は最高のタイムリー(笑)

2対10で負けたことなど全く気にもならず(笑)、しばし古き良き時代と現在とのコラボレーション

昔の歌に今の選手を重ね合わせ、偉大な先輩達へ思いを馳せることができました。

応援団の皆様方、こんな試合にもかかわらず楽しませていただき、本当にありがとうございました!

あっ!! これこそ真の「オールドボールゲーム」でしたね!


ところが、「オールドボールゲーム」は、これで終わりではありませんでした・・・。


実はダブル・ヘッダーだったのです。


ご存じない方へ、この写真をお贈りしましょう。

20060910024949.jpg

20060910025040.jpg

20060910025144.jpg

いかがでしたか?

現在のBsユニを着こなす元阪急BWのOBと元近鉄OBの皆様方・・・。

何か不思議な感覚に襲われましたが、やはり皆さん、走る姿、打つ姿、投げる姿は現役時代とは何ら変わっておられませんでしたね。

ここでも嬉しくなりました・・・。

ついでにオーダーもご覧いただきましょう。

20060910025416.jpg


思いがけず、今日は丸一日「オールドボールゲーム」を堪能することができました。

本当に楽しい1日になりました!


ピンバッジ・コレクターなら誰もが知っているシークレットである「バルボンさん」・・・。

マニアなら垂涎の逸品です。

しかし、今日は何人もその「シークレット」を引き当てた方がおられたそうです。

私は実物を見せてもらいました。

本当に羨ましいです・・・

しかし、私はもっと凄いものを見ました。

ピンバッジではなく・・・・・。


リアル、です(爆)


20060910025917.jpg

ピンバッジの方は、明日必ず気合と根性で引き当てたいと思います!


9月10日 対 北海道日本ハム戦第20回最終戦(大阪(の)D)の予告先発投手は

Bs川越選手会長@パではFsだけ勝ちがありません@逆キラー返上のピッチングを!

Fs :金村さん@天敵@今日のダル君同様、大阪(の)D初登板


元?現?エース同士の投げ合いに始まり、そして終わる今季のBs対Fsです。

最後の最後に一矢を報いるのか、それともプレーオフへの壮行会になるのか、できればその行方は試合後半までわからないような試合を希望します。

もし明日も抵抗なく簡単に敗れてしまったら、ライオンズとホークスのファンに顔向けできません(冷汗)


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月 8日 対北海道日本ハム戦第18回戦(スカイマークS)

5回2アウトまで2対1で1点リードでした・・・。

あと、アウトたった一つで勝利投手の権利が手に入るはずでした。

ここまで5安打を浴びましたが、失点は1のみ

Bs投手陣の一員らしくヒットを浴びても粘り抜くピッチングが今日は冴えました。

ここまでの好投を支えたのは、いつもとは違い四球をたった1つに抑えることができたということが大きかったと思います。

同級生の中山君が先発として合格点を得ていますが、それまでの期待の先発左腕と言えば高木君を置いて他はありませんでした。

やはりライバルの存在は大きいですね!

あと一息で、中山君も達成していない白星をゲットできるはずでした・・・。


しかし・・・・・


やはりそこに、鬼が立ちはだかりました。

20060908225051.jpg




   Bs 2 - 5 Fighters



20060908225126.jpg


高木君は今シーズン3回目の先発になりました。

過去2回も含めて、全てファイターズ戦です。偶然か故意か、素人にはわかりませんが、白星もない代わりに黒星もありませんでしたから、一応よしとすべきでしょうか。

冒頭で記したとおり、先発で勝ち投手の権利まであとアウト1つのところまでリードを保ちました。

20060909020129.jpg

残念ながら、そこで威吹鬼・ガッツさんに痛い痛い逆転2ランを被弾・・・・・。

ガッツさんには守備でもやられました。反撃の芽を摘む超美技でした。

ゴッツさんではありません。念のため・笑)

夢のような話ですが、来年のローテに中山君と高木君2人のサウスポーが入るなんて考えただけでゾクゾクしてしまいます。

Bsファンなら昨年から、いや近鉄ファンならもっと前から、高木君の1本立ちは夢の一つでした。

その期待はインタビューなどから本人もよくわかっていると感じさせてくれます。

私も希望を捨てず、これからも見守って行きたいと思います。

とりあえず今日は、頑張ったね!と声をかけてあげたいです!

20060909020742.jpg

同じ高木つながりで、千葉ロッテの高木晃次投手(元・阪急ブレーブス)のような息の長いピッチャーになってくれることに期待しています。


痛恨の「逆転2ランHR」を浴びた高木君でしたが、実は3回には「逆転2ランHR」の援護をもらっていました・・・。

イマイチ波に乗れないFs先発の立石さんから、先頭の1番・村松様センター前ヒットで出塁。今日2本目のヒットでした。

20060909021000.jpg

村松様は今日も2安打マルチ。打率はもちろん3割をガッチリキープです(.305)。

2番・ハヤカー空振り三振で1アウト。

そして3番・ガルちゃんが打席に立ちました・・・。

新井コーチとの2人3脚で、取り組み始めた「センター返し」。

成果が表れています! 右中間の深いところへ軽々放り込む第11号の逆転2ランホームラン!

20060909021153.jpg

今日は珍しく、カメラの前でパフォーマンス

コーラを左手に持ち、右手でそれを指を差したのち、このキメ・ポーズ。

もちろん意味はわかりません(笑)アリカメナイ!」みたいな意味でしょうか?

言い忘れていましたが、ガルちゃんはここ7試合で27打数13安打、10打点です。

今日も3安打猛打賞の大活躍でした!

今日の打線は、ファイターズと全くの互角の11安打づつ

それどころか、四球はBsの方が沢山貰っています。

しかしBsの得点は、ガルちゃんホームランによる2点のみに終わりました・・・。


マサヒロに何があったのでしょうか・・・。

20060909021732.jpg

眉間に貼られた絆創膏・・・。しかし、ヒットも出たし影響はないものと思われますが、あの絆創膏は多くの(誰とは言いませんが)女性ファンの垂涎の超お宝になったことでしょうね。(笑)


この写真をよーくご覧下さい。

20060909021926.jpg

高木君ではありませんその横の・・・。

Bsの新たなアイドルを狙っているのでしょうか?

いろんなサイズがチョッピリ大き目の「ハンカチ王子」です(爆)

で、今日はそのお守りが効いて、1安打!


マティーの活躍も見逃せません!

今日は2打数1安打1四球・・・そして1盗塁

20060909022137.jpg

秘かに今季3個目の盗塁です。しかも成功率は西岡さんもビックリの100%

いよいよ本気ですね!「俊足巧打、的山!


最後は約3ヶ月ぶり1軍マウンドのこの方です。

20060909022427.jpg

一瞬、千葉ロッテの紅井さんのお兄さんかと間違えました(嘘)

それくらい、見た目はロコモコ系にこんがり焼けていました。

挨拶代わりの早速の1失点は想定内でした(笑)。


今日はハギーと共に登録された山省も登板しましたが、ガッツさん1人に四球を与えたところで交替しました。役どころは、マエカーと同じポジションですか?


今日付けの入れ替えは、登録ハギー、山省、ヨシカーの勝ちゃん

同抹消歌くん、松村君、アベケン

遂に1軍は、例外を除いて基本的に25歳未満お断りという年齢制限が設けられたものと思われます・・・。

中村監督様の残り試合に懸ける執念がヒシヒシと感じられる入れ替えですね。

今年の戦い方全てを端的に物語っている感じがします・・・。

この入れ替えを見て直感的に「意固地」という言葉が浮かんでは消えて行きました・・・。


スカイマークでの試合は、残り後2試合。26・27日の対東北楽天の最終戦を残すのみとなりました。

今日は一応、新庄さんの神戸ラストゲームでしたね・・・。


明日・明後日は大阪(の)ドームに場所を移しての対戦となります。

ファイターズとの対戦で、念願の大阪(の)ドーム初勝利なるか!?・・・

9月も半ばにする話題ではありませんね(汗)


昨日から触れている「オールドボールゲーム」楽しみにしています!

何か嬉しいサプライズでもあってほしいのですがね。


9月9日 対 北海道日本ハム戦第19回戦(大阪(の)D)の予告先発投手は

Bs中山君@先発5試合目です@前回と同じ顔合わせですが、前回は惜敗

Fs :だるびっしゅさん@今季Bs戦3度目の先発で1勝0敗@今季初大阪(の)ドーム


中山君、前回のマリーンズ戦では初めてノックアウトを喰らってしまいましたが、ファイターズ戦は唯一完投(失点1)を記録したチームでもあります。

高木君の好投に刺激されて、ようやくプロ初白星をGETするような気が何となく湧いてきました。

今晩のおかずに「生ハム」をリクエストしたせいでしょうか・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


9月 7日 明日から今季最後の対戦、対北海道日本ハム3連戦

今日の帰り道。久し振りにクーラーの室内以外で「肌寒い」と感じました・・・。

明日からの3連戦は、スカイマーク1試合、大阪(の)ドーム2試合の北海道日本ハムファイターズとの今季最終カードです。

昨年はシーズン最終のカードでしたが、今年は「シーズン初の最終カード?」ですね。

今季のここまでの対Fs戦の成績をおさらいしておきましょう・・・って、聞きたくないですか(笑)?

3勝14敗で借金は11・・・・・。

勝ち試合が見られた球場は、スカイマークで1、東京ドームで1、札幌ドームで1。


もうお気付きですね。


大阪(の)ドームでは未だ1つも勝てておりません。

といっても、2戦2敗ですが(笑)

チャンスは、あと2つだけになりました。


Fsは現在熾烈な優勝争いの真っ只中、1戦1戦がサバイバルです。

今日もホークスに勝利しました。

明日からも、一つとして落とさない積りでしょうね。

当然、狙うは3タテでしょう。


わかります・・・


しかし、そんな中で大胆な起用に応えた若手とベテランが噛みあい熱戦をモノにしてくれでもしたら、こんなに嬉しいことはありませんね。


9月8日 対 北海道日本ハム戦第18回戦(スカイマークS)の予告先発投手は

Bs高木君あの人もスタンバイしてるぞ!@今度こそ、チャンスをモノに!

Fs :立石さん@今季Bs戦3度目の先発@ここまで1勝1敗


高木君も3度目の先発です。過去2回はいづれも勝ち星はありません。しかし、黒星もありませんのでどちらかと言えばツキがあります

同級生の中山君に負けないピッチングに期待しましょう!

20060907230428.jpg


今度の土・日は「オールドボールゲーム」です。

昨年は元阪急・近鉄監督の西本幸雄さんと常勝・元阪急3年連続日本一の監督上田利治さんが始球式を行われました・・・。

オリックスがOB主役のイベント開催

オリックスは9、10日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)で、OBにスポットを当てたイベント「オールドボールゲーム」を行うことを7日、発表した。9日は阪急OBで昨年までサーパス監督を務めた加藤秀司氏、10日は近鉄OBの栗橋茂氏を招いて、始球式を行う。懐かしい映像や音楽も流し、当時の雰囲気を盛り上げる

とっても楽しみですが、今年はもっと派手なものになるのではと予想していましたのでチョビッとがっかりです(笑)

20060907230401.jpg


でも、今年は気合を入れて内野指定での観戦予定です。(始球式メインで・笑)


最後にもう一つ・・・

オリックス清原は2軍戦連続欠場

オリックス清原和博内野手(39)が左ひざ痛のため、6日の楽天18回戦(フルキャスト宮城)を欠場した。2日ロッテ戦(京セラドーム大阪)の走塁時に古傷の痛みが再発。左ひじの状態も思わしくないことから、2試合続けての欠場となった。
・・・・・


東北楽天とBsとの対戦は、2軍戦

みたいなモノですか!?
(笑)


20060907230349.jpg


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


9月 6日 対東北楽天戦第18回戦(フルキャストS宮城)

試合開始から降り続く雨は、試合終了後は更に激しさを増してきました。

平野よし君涙雨でしょうか・・・。

10勝どころか、逆に10敗目に到達してしまいました。

前回登板の西武戦でもそうでしたが、今日も連打に次ぐ連打

もはや各チームの平野よし君対策完璧ということなのでしょうか・・・。

雨天による一時中断をはさんだのち、結局降雨コールドゲームとなり敗戦が決まりました。

最下位攻防戦のホーム・アンド・アウェーの仙台ラウンドは0勝1敗1分け

これで通算の対戦成績は9勝8敗1分です。

今月26・27日の神戸最終ラウンドにて、お互い勝ち越しを懸けて激突することになりました・・・。

順位、ゲーム差など関係ありません。楽天に取れば球団創設以来初の年間勝ち越しが懸かっているのですから・・・。

モチベーションには天と地ほどの開きがあります。

Bs勝ち目はあるのでしょうか・・・。


20060906225638.jpg




   Bs 1 - 5 Eagles



先発のルーキー・平野よし君・・・。

20060907005115.jpg

雨の中のマウンドはとても気の毒でしたが、相手も同じ条件

結局初回は3安打で1点、3回は4連打、1本塁打で2点。4回は2安打で2点。

5回を投げて 被安打9 与四球1 奪三振4 失点5(自責点3) 被本塁打1

苦しいマウンドでしたねぇ。

20060907005325.jpg

これで新人王の夢は、遥か遠くへ離れて行ってしまいました・・・。

今日は打線の援護は低調でしたし、守備でも足を引っ張られたところもありました。しかし、今季も良い時には1対0の完封という新人らしからぬ離れ技を見せてくれたこともありました・・・。

まだ今季全日程終了まで時間はあります!

もう一度だけファンのために、そして自分のために、本来のピッチングを見せてオフに入って欲しいなーと思います。


打線は今日は1得点でした。

Bs3回の攻撃・・・。

1アウト・ランナーなしから、マサヒロに何と4月以来となる第3号ソロホームランがレフトスタンドへ飛び込みました。

20060907005759.jpg

20060907005855.jpg

ぐりんさんとは、どうやら遺恨はなかったようですね(笑)

しかし、このホームランが新たな遺恨にならねば良いのですが(爆)

20060907010121.jpg

マサヒロ、本当に嬉しそうですね!!

骨折した腕の経過が順調そうで、私も嬉しいです。


今日のBsのヒットは全6本。中でも6回は何とシングルヒット3本で無得点・・・。

久々に見ました(笑)


なお、今日ヒットを記録したのは先頭打者安打の村松様、マサヒロ、2塁打の真二、そして6回の塩Z、よしくん、光尊様の3連打でした・・・。


今日の天候は名手と呼ばれる選手のプレーにも微妙に影響を与えました。

20060907011334.jpg

4-6-3の時、4から6への送球が逸れました。

サルも木から落ちる・・・。

そして同じく、そのプレーの少し前には相方の光尊様が昨日の魔送球に続き6-4-3の6から4への送球に失敗しておりました。

20060907011749.jpg

2日連続エラーを記録

エラーがなければないで心配になり、エラーがあればあるで心配になり・・・。

光尊様ファンは、これだから辞められませんよね(笑)

河童の川流れ・・・


平野よし君にはたまったものではありませんでした・・・。

リズムに乗り切れない原因だったかも知れません。

平野よし君が5回でマウンドを降りると、6回は歌くんが。

左2人と対戦したところでタカスさんを迎え、右の松村君にスイッチ!

しかし投球練習中に雨脚が強くなり、審判団はそのまま選手を一旦避難させました。

そしてそのまま試合は再開されることなくゲームセットになりました。

20060907012403.jpg

投球数0ですが、登板は1

珍しい記録です。そう言えば、3月28日の同じくイーグルス戦ハギーも記録していました(笑)


このときは「恵みの雨」だったのですがね・・・。

20060907012625.jpg

約30分間の中断を経て、試合は降雨コールドが告げられゲームセット。

しかし、中村監督様は何やら猛抗議!

20060907012826.jpg

どうやら、中断時間が短いとの抗議だったように思われます。

どうせなら、1時間18分ほど・・・。それでも昨日の試合に比べたらまだ時間は早いのですから(爆)

中村監督様、ここへ来て抗議に行かれる回数が飛躍的に増えておられます。

お元気なところを全国津々浦々のお茶の間へ届けていらっしゃいますね・・・。

明日は移動日でお休み。明後日からはファイターズ最終の3連戦が待っています。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



9月 5日 対東北楽天戦第17回戦(フルキャストS宮城)

イーグルスは、本当に野球が好きですねぇ。

東北楽天戦は、今季20試合目の延長戦だそうですが、Bs戦での延長戦は今日が初めてでした。

東北楽天の今日の試合の勝利に対するモチベーションは、ざっと数えただけでこれだけあります。

① 今日負ければBs戦の勝ち越しが消える!
② 最下位脱出のためには負けられない!
③ 復活エース・岩隈さんに今季初白星を!
④ 球団創設初の40勝を!

対するBsのモチベーションは・・・・・

① 最後まで完全燃焼!?中村監督様のため?
② エース・デビちゃんに10勝目を付けさせたい!
③ 勝って牛タンが食べたい!

その差が出たのでしょうか?


マスコミ風に言うならば「先発を外れた清原が痛みを堪えて必死でベンチを鼓舞し続けたが、その熱い思いにBsナインは応えることができなかった」・・・

3回も追い付く粘りを見せたイーグルス。

3回も勝ち越す粘りを見せたBs

双方ともに譲らず、どちらも決め手を欠きました・・・。

5時間を超える試合も決着はつかず、最下位攻防戦に相応しい手に汗握る熱戦となりました。

両チームの皆様方、本当にお疲れ様でした。

お掛けすべきお言葉を探しましたが、思い及んだ言葉は全て月並みなのであえて何も言わないでおこうと思います・・・。

20060905235131.jpg




   Bs 7 - 7 Eagles


先発のデビちゃんは、2回目の二桁トライとなりました。

20060906101657.jpg

早々に1点を先制されはしましたが、珍しく今日は打線の援護で6点も取ってもらいました。

いつもの調子であれば来日初の二桁勝利は確実だと思われましたが、今日はデビちゃん乱調・・・。

一旦5対5の同点に追いつかれましたが、再び打線が奮起して勝ち越しの6点目を取ってもらい、何とか勝利投手の権利を保ったままでマウンドを5回で退きました

20060906101914.jpg

髪、カットされたのですね。とっても爽やかだったのですが、ピッチングにいつものいい意味での荒々しさがなくなってしまったと感じたのは気のせいでしょうか・・・。

その後、2番手の本やんが1点を奪われて今日も二桁勝利はお預けとなりました。

ここまで9つの白星を積み重ねてきたデビちゃんですが、次のたった一つの白星が少しづつ遠のいて行くようです・・・。

その本やん

今日は緊急登板という訳ではありませんでしたが、6回から2番手として登板しました。

昨日は移動日でお休みとはいえ、4連投です。

20060906102240.jpg

お約束ですので言ってもいいですか?今日は「でびヤナギ」でした。

しかし、2イニングス目の7回に1点を奪われ、先の中山君に続き今日はデビちゃんの白星を消してしまいました・・・orz

そろそろ労基法に引っかかりそうなので、明日あたりはお休みかも知れません。

投手陣の継投は、本やん以降、菊様→大輔@キャトー→歌くん→ユウキとつなぎました。

大輔は、でびヤナギ同様に1点リードの9回から登板しましたが、これもでびヤナギ同様に土壇場で犠牲フライによる1点を返されて3たび追い付かれてしまいました

その後は得点も失点もないまま7対7の同点で延長12回を闘い終えました・・・


では、お楽しみタイム!


一昨日の会心の勝利に続いて今日も7得点!

元・貧打線、今は堂々の猛打線の皆様方です(笑)

2回に先制された直後、Bs3回の攻撃。

お返しとばかり先頭の8番・良太がレフト・スタンドへ第11号のソロ・ホームランで、まず同点

20060906102950.jpg

マウンドには岩隈さんでした。

岩隈さん対良太の対決と言えば、思い出しますね・・・。

2004年のBW近鉄最終戦、合併が決まって文字通り「歴史的にも最後」となった今は亡き両チームの対戦でした。

マウンドの近鉄最後のエース岩隈さんは、5回無失点であれば最優秀防御率、最多勝の2冠達成というところでしたが、あえなく3本のホームランを浴びて夢が潰えてしまいました。

その3本のホームランのうち2本を、しかも2打席連続で放ったのが良太でした・・・。(因みに残りの1本は、現イーグルスの竜ちゃんでした)

その相性の良さは、今日も続いていましたね(笑)

一昨日のハヤカーに続き、今日もホームランが打線爆発の導火線に火をつけました。

9番・マティー的やん四球、1番・村松様は叩きつけるバッティングと足で稼いだ3塁内野安打、2番・マサヒロ送りバント1アウト2・3塁の絶好のチャンス!

3番・ガルちゃんに、外角へのボールを上手く流して三遊間を破るレフト前タイムリーヒットが生まれ、逆転に成功しました。

20060906103539.jpg

力みまくりで何でも大振りをしていたガルちゃんの姿は、もはやどこにもありません。

早々と来季の契約を結ばない旨の報道を流したフロントの勝利か、ようやく日本の野球に夢中になってくれたのかは現時点では判断しかねますが、調子自体は今季最高の状態にきていることだけは確かなようです(笑)

続くバッターは、今日はお休みのキヨに代って久々に4番を張った俺たちのよしくんでした・・・。

得点圏打率が通常の打率をようやく上回りました。

そして今日もきっちりタイムリー!

ここ数日、しっかりとボールを叩けているのがわかります。

今日もライト線を襲う、火の出るような右方向への打球でした。

20060906103825.jpg

1点を追加して、これで3対1とリードを広げました。


更に4回です。

先頭の6番・塩Zセンター前ヒットで出塁するも7番・J損空振り三振・・・。

8番・良太1塁エラー、9番マティーは2打席連続となる四球1アウト満塁

ここで1番に返って村松様

ここも叩き付けた打球が何とセカンド・タカスさんの頭上を越えてライト前へのポテン・ヒットのような形でヒットになりました(笑)

20060906104121.jpg

2者が生還し、得点は5対1に。

これで勝負あったかに見えましたがねぇ・・・。

気が付けば、5対5の同点でした(涙)

モチベーションの違いを見せ付けるかのような、凄まじい東北楽天の執念を感じました。

しかし、Bs意地だけは維持したいところ。決してイージーに負けたくはありません!

同点に追いつかれた直後の6回の攻撃です。

先頭の8番・良太にまたも相性の良さを生かして左中間への2塁打が飛び出しました。

良太は今日、今季2度目の3安打猛打賞

5打数3安打 1四球 1打点(1本塁打)3得点 5出塁

ホームランを打った翌日にスタメンを外され、2試合振りのスタメンでこの大活躍・・・。

中村監督様、勝ちにこだわるのでしたら良太を使った方がいいに決まって・・・いや、いいかも知れないと素人の勘で、何となく漠然と思うかも、ということだけは言わせていただきたく存じます(爆)

というか、今日の活躍を見越してのスタメン外しだったんでしょ?実は。

それでこそ、へぼ監督 名監督ですね!

ましてやJ損より・・・。これは、言いません。恐らく聞く耳をお持ちでないとおもひまふのれ(笑)

9番・マティーが手堅く送って1アウト3塁絶好の勝ち越しのチャンスを迎えました。

ここで岩隈さんは、今季2度目の先発マウンド、本拠地フルスタでは初めてとなるマウンドを降りることになりました・・・。

野村監督は次打者の村松様左打者ということで当然のように左腕の渡辺さんをマウンドへ。

一昨日のボビーさんと同じ間違いを犯してしまわれました(笑)

左は得意の村松様、最高の場面でまたしても左討ち!!

20060906105336.jpg

野村ID野球をもって推し量ろうとも、何故村松様がかように左に強いのかは解明できませんでしたね。

得点は6対5となりました!

村松様2試合連続の3安打猛打賞で、ようやく3割返り咲きを果たしました!

しかも今日は勝負強さをも発揮して3打点

このまま更に打ち続けて、2年振りに代名詞でもある「3割打者」の称号を取り返して欲しいと願っております。

まだまだ首位打者の望みも完全に絶たれた訳ではありませんしね!


・・・今度こそ、勝負あったかに見えましたがねぇ・・・。

気が付けば、またまた6対6の同点でした(涙)

点を取れば取られ、取られたらまた取り返す・・・。

スリリングな展開でしたが、どちらが勝つのかは神とサイコロのみぞ知る、そんな展開でした。

同点に追いつかれた直後、8回の攻撃です。

先頭の6番・塩Zに、三遊間を破るヒットが生まれました。

20060906105750.jpg

塩Zは今日3本目のヒットとなり、猛打賞を獲得

ピッチャーはナベツネさんから山村さん、そしてこの回から福盛さんへと替わっています。

7番、3打席でノー・ヒットJ損をようやく諦めてハヤカー代打に。

ハヤカーホームランではなく危なっかしいもののキッチリランナーを送り1アウト2塁と、得点圏にランナーを進めました。GJ!

8番・期待の良太三振に倒れ、9番マティーのところで中村監督様勝負に出られました。

代打にダカヒーです!

ランナーは2塁にいますが、アウトカウントも2つ・・・。

しかし、ダカヒーが体を乗せてバットを振り抜くと打球は右中間を真っ二つ!

20060906110515.jpg

8回土壇場で遂に7対6とまたまた勝ち越しに成功しました。

その裏は菊様がビシッと三者凡退で締め、あとは9回にコールされた大輔@キャトーが幕を引けば今日の「エキサイティングリーグ・パ」な試合は完結します。

・・・今度こそ、本当に勝ったと思いましたがねぇ・・・。

気が付けば、またまたまた7対7の同点でした(涙)

そして双方1歩も譲らず、延長12回の最後までスコア・ボードに0が並びました。

5時間を超える超大作、「野球大河ドラマ」がようやく終わりました・・・。

20060906111307.jpg

ただ、長時間ゲームを最後まで見続けた疲労によって遠のいて行く記憶の中で思った唯一の収穫は、光尊様久し振りの魔送球や、魔徒やん股間を抜けていった、記録はデビちゃんのワイルドピッチなどが完全に意識から消え去ることができそうだということだけでした(笑)。

サービス残業でお疲れとは思いますが、明日も大好きな野球、頑張っていただきたいと思います。


9月6日 対 東北楽天戦第18回戦(フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bs平野よし君@気が付けば黒星が2つ先行してますね@パ唯一無敗の楽天戦に懸けろ!@いいとっこ見せろ、ひーらーの!

E :ぐりんさん@マサヒロとの遺恨はあるのか!?@左に打たれまくってますね


平野よし君新人王を!

もはや実現の可能性は低くなってしまいましたが、八木君とともに久々にハイレベルな新人王争いで大いに今シーズン盛り上げてくれた平野よし君です。

残り試合、恐らく3から4試合先発があると思いますのでその全てに勝ち、新人王選定の投票の際に数多の記者さんたちを最後の最後まで悩ませて欲しいと思います。

フルキャストスタジアム宮城では、まだ1点も取られていないことに懸けましょう(登板1試合だけですが)。

ただし、明日も長時間労働になるやも知れませんので今晩は睡眠時間を多めにとっておかれることをお勧めいたします。

お天気、大丈夫でしょうか?


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





9月 4日 明日から今年最後、仙台での対東北楽天2連戦

清清しい気持ちで過ごせた月曜日でしたね(笑)

前日(日曜日)の素晴らしい勝ち方のお蔭です。

思えば、あれだけ勝てずにしんどい月曜日を過ごさざるを得なかった日曜日の試合でしたが、意外なことに8勝11敗と、それ程大きく負け越してはいないのです。

これは、サンデー本やんのお蔭ですね!

因みに最も勝率の低い曜日は、7勝14敗の火曜日でした。

特に日・火の連敗は体に堪えましたよね(泣)

日曜日に中止か敗戦で、月または火曜に中止か敗戦というパターンが、全部で10回もありました・・・。

目・肩・腰、辛かったですよねー。

そして2番目に勝率が低かったのは7勝13敗で翌水曜日でした・・・。

明日からは、東北楽天戦ですね!

・・・・・。

・・・・・。

明日と明後日と言うと・・・・・。


火曜と水曜ですね(笑)


現在、対東北楽天戦は3連敗中です。先日喰らった3タテの記憶が生々しく残ります。

しかし、フルキャスト宮城では反対にBsが現在3連勝中です。

おまけに、どちらもファイターズに滅法弱いです(爆)


残り4試合は仲良くホーム・アンド・アウェー。2戦づつになりました。

最下位攻防ラウンドパートが始まります。

決して目が離せませんね!!


9月5日 対 東北楽天戦第17回戦(フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bsデビちゃん@何としても二桁の大台に!@讀賣に行かないで!(笑)

E :岩隈さん@今季2度目の先発@復活の状態は?


東北楽天は、ここへ来て毎試合いい試合をしていますね(こちらも試合時間は長いですが・笑)。

そしてまだまだ最下位脱出という大きなモチベーションがあります。

Bsも5位死守という意識でモチベーションを高めて行かないと、とんでもないことになるかも知れませんね。

岩隈さんの肩の状態も気になります・・・。


昨日の試合後のニュースの中で、気になるものを発見しました。

清原敬遠された!意外にも4年ぶり、通算47個目に苦笑い

・・・・・この敬遠は巨人時代の02年4月13日の中日戦(東京D、投手は岩瀬)以来、4年ぶりの“珍事”だった。

次が後藤だからな。俺でもそうするわ」と中村監督。それもそのはず、消化試合に入っても番長のバットは快音を発し続ける。

逃げ切り? たまにはうまいこといくやろ。へぼ監督でも」と自虐的に振り返った中村監督を救ったのも清原のバット。プロ21年目の重みを感じさせる敬遠だった。


20060904233654.jpg

4年ぶりの敬遠で得た通算死四球が1539個となり、中日落合監督の1538個を抜いてプロ野球史上単独2位に躍り出ました。

また一つ、偉大な金字塔

おめでとうございます・・・。

ただ、千葉マリーンズ首脳陣が気の毒でした(笑)

そこまでしなくてもいいのに・・・

いえ、ひとり言です。聞き流してください。


しかし、中村監督様・・・。

次が後藤だからな。」は聞き捨てなりませんねぇ。

20060904234140.jpg

期待して光尊様を抜擢してくださったのでしょう?

対左投手の打率を知っていながら、あえて経験を積ませてくださったのでしょう?

幾らいつものキヨ礼賛コメントとは言え、光尊様ファンが聞いたら決して良い気はしません。

自ら名乗られた「へぼ監督」でもそうするのなら、良太をそこに入れるとか、先手は打てたはずです。

たまにしかうまくいかないへぼ監督が指揮官というチーム・・・。

愛情の裏返しなのはよーーくわかりますが、これ以上私の信頼を裏切るコメント(笑)は、できれば避けて欲しいのですがね~。


辞任を表明した横浜・牛島監督のコメントを参考までに・・・。

横浜・牛島監督が辞任表明

会見に同席した牛島監督は「選手は歯を食いしばって頑張ってくれたけど、結果を残せず、わたしの責任だと感じた」と2年契約の2年目で好成績が残せなかったことを理由に挙げた。・・・・・

指揮官として、受ける印象が全く違いますねぇ。

決して選手に責任を擦り付けない姿勢は、心から潔いと感じます。

牛島監督の功績は、決して小さくはありませんね・・・。


20060904235000.jpg

球場でもらったチラシです。

キヨはもちろん、ノリまで載っています。

今季終盤での復帰は、既定の事実として進行しているのでしょうか?


そして中央にある最も大きなキャッチコピー


2006CLIMAX


2006クライマックス!

・・・ん!? 

一瞬、「暗いのがMAX」かと思いました(爆)


すみません、折角の清清しい月曜日に水を差してしまいましたね。

これでも見て一緒に癒されましょう(笑)・・・。

20060904235257.jpg

20060904235323.jpg


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、
瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!


本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月 3日 対千葉ロッテ戦第18回戦(大阪のD)

サヨナラ以外で勝つのは、一体何時以来のことでしょう?

消化試合と言えどもドームへ足を運び、必死に声援を送り続けるBsファンの気持ちがようやくチームに届いたような気がしました・・・。

この期に及んでチームの勝ち負けには大きな意味を持たないと割り切っていたつもりですが、やはり球場での勝利の味は格別ですね(笑)

私にとっては約1ヶ月振りの勝利でした・・・。

そんな素晴らしい勝利を記した今日のキー・ワードは「逆転」

この言葉をとして、今日の試合のポイントを振り返ってみたいと思います。

でも、もうちょっとだけ待ってくださいね、酔いが醒めるまで(笑)


20060903213350.jpg




   Bs ⑦ - 3 Marines



20060903213452.jpg


いきなり2点のビハインドを背負っての今日の試合でした。

今日のスタメンには驚きました・・・。何故なら、昨日の敢闘賞の一人、バック・スクリーンへ叩き込んだ良太が外れているじゃありませんか!

「旬」や「食べ頃」の見極めには非常に疑問を感じることが多い中村監督様です・・・。

良太も、良い感触が残っている時にこそ1打席でも多く打席に立ちたいところでしょう。

しかし、どういう理由からか2日連続のスタメンは良太には与えられませんでした

その代わり、今日のスタメンでのサプライズ大輔@ハヤカーでした。

そしてその第1打席でした。

良太には負けないゼ!

てっきり叩きつけるのかと思いましたら、叩き込んでくれました!

良太も顔負け。ライト・スタンドへ豪快な、もちろん今季21打席目で4安打目。第1号のホームランでした!

20060904103110.jpg

今季、ここまでの不遇に耐えてきたハヤカーでしたが、これで一気に監督様からの信頼が高まるのでしょう。

20060904103228.jpg

ハヤカー = 長距離砲 と(笑)

これも一つの「逆転」現象と言えますね・・・。

家に帰ってから記事を見ますと、新井ヘッドから「背筋を伸ばして打つように」言われたそうです。

早爺」と呼ばれてから腰や背中が丸くなってきていたのでしょうか(笑)

やはりハヤカーには「早爺」よりも「永遠の若手」の称号のほうが良く似合いますね!


今日の先発は川越選手会長でした。

20060904103332.jpg

立ち上がりはどうなることかと思いました(笑)

先頭打者から3連打。しかも全部ボテボテの当たり損ねのような当たりでした。

それが繋がり、まず1点。そしてコントロールの良い会長には珍しく押し出し四球でこの回2点・・・。

まさか1回表から「トシオ」さんのお顔を拝見しようとは、冗談でも想像したくなかったのですが・・・(笑)

しかし、このピンチを2点で食い止めたことは幸いでした。

川越会長はこの後は打たれながらも本来の粘り強く打たれ強いピッチングで5回を3失点で何とかマウンドを降りました・・・。

5回を投げ 被安打8 与四死球4 奪三振4 失点3

しかし、この内容でも今日は打線の援護に助けられて勝ち投手に・・・。

いつもは好投しても援護なく涙をのむことが多かった会長ですが、今日は逆の展開、略して逆展・・・逆転!

打線の援護で、過去3年間で最高となる8勝目をゲットしました。


実は今日の川越会長には、大いなるプレッシャーがありました・・・。

それは、もし序盤ノックアウトでも頼みの本やんは昨日、一昨日と投げているので今日は無理でしょう・・・。

ということは、早期降板は絶対に許されなかったのです・・・。

ところが、ところが!

やはり「リリーフには目がないいつでも沸騰寸前の男・本やんが今日も予測不能の「先発発動!

20060904104549.jpg

遂に3連投です。ギネスの記録に挑戦なのか、はたまた24時間テレビのアンガールズの情けなさに奮い立ったのでしょうか?

今日は1回2/3を投げ、被安打はたったの1(笑)

7回先頭の3番・ふくーらさんに2塁打を打たれ、4番・紅井さん、5番・ぱすくちさんを討ち取り2アウトとなったところでマウンドを3番手に譲りました。

ここでも3連投は予測できないと言う意味で、無理やり「逆転」を適用(笑)


3番手としてマウンドに立ったのは、帰ってきた菊様でした。

20060904104730.jpg

ここは顔見世だったのでしょうが、大松さんの代打、サブローさんを空振り三振に仕留めて完全復帰を強烈にアピールしました!

そして最後の2回は、菊様からのバトンを最も多く受けてきた男、大輔@キャトーが締めて、結局マリーンズ打線を3点のみに抑える好リレーでした・・・


打線は、あの貧打線がまるでウソのようです(笑)

今日はハヤカーがスイッチを入れた打線でした。

1点ビハインドの3回

先頭の1番・村松様2塁打と2番・ハヤカー死球で得たノー・アウト1・2塁のチャンスで3番・ガルちゃんライト前にタイムリーを放ち2対2の同点に!
20060904105107.jpg


そして4番・キヨにも大きな期待が掛かりましたが、ここではキッチリとセンターへ打ち上げてあっさりと、遂に逆転に成功しました!

今日最も大きな「逆転」ですよ!

20060904105248.jpg



このまま、あと何点、いや何十点入るのかと言う期待は甘かったです。

5番・光尊様はピッチャー・ゴロ。1-6-3と渡る併殺打で、夢から現実に引き戻されました・・・。

しかし、これも本当はとっても貴重なシーンだったのです。

ハヤカーの今季の初ホームランを見られたと同時に、光尊様今季初の併殺打が見られたのですから!(笑)


更に続く4回には、先頭の6番・栄二様ライト線を破る2塁打で出塁すると7番・塩Z送り、8番・ダカヒーのレフト・フライは少し浅目ランナーはスタートを切ることができませんでした・・・。

2アウトとなり、諦めの空気がスタンド内に流れ始めたその瞬間です。

9番・マサヒロにショートの最も深いところへ飛ぶ、塀内さんは止めることで精一杯という内野安打が飛び出しました!

これがタイムリー・ヒットとなり、1点を追加して4対2となりました・・・。

あそこをアウトにできるのは、Bsではマサヒロだけです。それを思い出させるマサヒロの根性のアピールだったに違いありません!

20060904105920.jpg

ショートの守備は、私が伺った方全てが「マサヒロを!」と答えられました。

もちろん光尊様フリーク私でさえ、そう思います(←オイ)ので、早く元の鞘に収まって欲しいと思うのですが・・・。

そうなると光尊様は!?

きっとどうにかしてくださると信じていますので、何も心配しておりません(爆)


その直後、マリーンズに1点を返されて4対3のまま勝負は終盤へ

Bs7回の攻撃でした。

先頭のダカヒーライト前ヒットで出塁。

マサヒロはキッチリ送って、1番へ返り、村松様センター前へ

ピッチャーを、得意の左(笑)に替えてもらったこともラッキーでした。

予想通り、左対左のセオリーが成り立たない(笑)村松様の勝ちでした・・・。

1アウト1・3塁。追加点の絶好のチャンスです!

そして打席は初回にHRを放っている大輔@ハヤカー

のはずが、聞こえてきた音楽は・・・


「take you Back !」


中村監督様は代打を告げられました。ご指名は、今日スタメン落ちの俺たちのよしくんでした・・・・。

ライトスタンドは、「トゥルッ トゥットゥー♪」が聞こえてきたとたん、騒然としました。

それはもちろん、明らかに「打ってくれ!頼むぞ!」という期待と願いの篭った「それ」ではありませんでした

よしくん本人と、中村監督様に告げられた罵声とブーイング・・・言葉の矢の束、とでも言いましょうか。

私の背中は当然痛かったです(笑)

その時点でのよしくんを心から応援するBsファンの人数は、ライトスタンドであっても恐らくは1割、いや0.5割にも満たなかったのではないでしょうか?

私は、例えて言うなら甲子園でBsを応援しているのと同じような感覚に陥りながら、必死で踊りました(爆)

20060904111054.jpg

まるで、ストリークの物まねの如く、下半身は大きく開きながらも上半身が少し遅れて独特のスイングスピードを生むあの打ち方で放たれた打球は、そのタイミングがドンピシャの時には音速で飛んでいきます!

あまりの打球スピードにレフトの紅井さんも、私も、打球を見失いました

気が付けば、後僅かでスタンドには届かなかったもののレフトフェンス直撃の大きな、いろんな意味で大きなタイムリー2ベース・ヒットになりました。

ブーイングを一瞬にして歓声に替えてしまった俺達のよしくん・・・。

ファンからの逆風をも振り払って結果を示した俺達のよしくん・・・。

しかし私だけは、この結果を予感しておりました。

何故なら、ある「お守り」を持っていましたので・・・・・。


ともかく、ただの代打でのタイムリーではありましたが、私の心の中では「逆転満塁ホームラン」も同然でした(笑)

あっ、また出てきましたね「逆転」。

あれだけ重かった背中が、まるで羽根でも生えたように軽くなったのは言うまでもありません(爆)


興奮冷め遣らぬ雰囲気の中、ここでも左対左のセオリーを覆すガルちゃん連続2ベース・ヒットで止めの2点を追加!

得点は遂に7対3夢の4点リードです!


村松様は、9回の第5打席に2アウト・ランナーなしからライト線を破る3ベース・ヒットを放ち、今日は3安打猛打賞の大活躍

20060904111707.jpg

写真は第2打席の2ベース・ヒットのものですが、今日はホームランが出ればサイクル・ヒットという打ち分けを見せてくれました。

再び3割返り咲きに後1歩のところまで盛り返しました。

ガルちゃんも同じく3安打猛打賞

そして栄二様は反撃の勇気を与えた2安打マルチの活躍でした。

20060904111904.jpg

これも伏線はありました。栄二様ファンならもうお気付きですよね。

2回先頭の塀内さんのなんでもないファースト・ゴロがきっかけでした(笑)

それ」があると、今季は必ずその試合の中でバットでお返しをしてきた栄二様

今日も例外ではありませんでしたね!


こうして、忘れかけていたサヨナラ以外での勝利を目にすることができました。

20060904112138.jpg

プレー・オフへの僅かな望みを残して1戦必勝千葉マリーンズと、来季残留への僅かな望みを残して1戦必勝中村監督様

なぜか今日は勢いが「逆転」してしまいましたね・・・。

パリーグを盛り上げるために、勝つ相手を間違えているんじゃないかとの批判も聞こえてきそうですが、勝ちゲームを終えた後の勝利の2次会は最高の喜びでしたね!

今日のMVPは誰になるのか予想が難しかったのですが、選ばれたのは3安打3打点のガルちゃんでした。

20060904112423.jpg

例の「携帯電話事件」のあと、初めてのホームでのお立ち台でした。

外国人特有の来季契約への必死のアピールに、ガルちゃん例外なく頑張っています

この活躍が契約にどう影響するのかはわかりませんが、今日くらいは何もかも忘れて、家に帰ってから何時間でもご家族への喜びのご報告をお電話でどうぞ(笑)

しかし、8月29日に2安打して以来これで4試合連続ヒットです。

3番打者として、この4試合の成績は16打数7安打7打点。打率は0.437。驚異的な大活躍が続いています。

私としては、来年も是非お会いしたいと思いますが、どうなるのでしょうね~。

逆転残留」あるでしょうか?


今日は、このように「逆転」というキーワードが随所に、しかも秘めやかにちりばめられた素晴らしい試合になりました。

多少こじつけた部分もなきにしもあらず、ではありましたが、これも中村監督様譲りの「こだわり」ということで大目に見ていただければ幸いに存じます(笑)


最後になりましたが、途中で書いたよしくんが打つ確信を得た私の「お守り」をお見せいたしましょう(笑)

20060904113045.jpg

見なかった方が良かったとは言わせませぬ(笑)

昨日、お蔭様で無事に究極のシークレットであるバルボンさん以外のピンバッジのフル・コンプリートを達成することができた私の新たな目標です(爆)

今日の5回裏に、ブログ仲間のみずなさまのお声掛けで「トレード会」が嵐のように(笑)行われて、これだけ集まりました。

集められる限り、集めようと思います。

これを握り締めて応援していたのですから、よしくん打って当然でしょ?(爆)

因みに、それだけ集めてシーズン後はどうするのかとの疑問もいただくことでしょう。


その時は・・・・・


私の手持ち全てのよしくん」と「バルボンさん」とを替えてあげます(爆)


明日はお休み。明後日からはイーグルスとの仙台最終決戦です。

仙台は、もう秋の気配でしょうか・・・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




9月 2日 対千葉ロッテ戦第17回戦(大阪のD)

1点リードで迎えた5回、マリーンズの攻撃。

あと、アウト2つで勝ち投手の権利が・・・。

プロ初勝利を目指す中山君は、無情にもここで降板でした。

勝ちにこだわる」という意味がようやく理解できたような気がしました。

結局はその1点を守ろうとしたことで、エライ目に遭うことになったのですがね。

・・・・・と、浅はかな考えでいた自分が恥ずかしいです。

尊敬できる中村監督様は、最大限の愛情でもって中山君に接しておられたのでした・・・。

私は、そんな中村監督様を「最後まで」応援させていただくことにこだわりたいと思います・・・。



   Bs 6 - 11 Marines


20060903072848.jpg


先発の中山君は、4度目の先発にして痛すぎる洗礼を浴びてしまいました。

P1160650.jpg

今日は過去3度の先発の時と違い、最近のBs打線ではありえない(笑)大量得点の援護をもらいました。

しかし、6点を取ってもらったにもかかわらず、5点を取られた時点で中村監督様堪忍袋の緒が切れました。

あとアウト2つで勝ち投手の権利を得るというところで、我が子をあえて谷底へ突き落とし、成長を待つという親心でピッチャー交代を告げられました。

20060903073155.jpg

この辺は、平野よし君とは同じルーキーながら育成方針に明らかな違いが見られて白々しい、いや面白いですよね(笑)

ただ私は、あのままどんな展開になったとしてもアウト2つを取らせてあげて欲しかったなー、と思いましたが・・・。

結果論で行くと、どうせ負けたのだから一緒じゃないの?と思いましたし(爆)。

ただ、それが大きな間違いであったことに後で気付かされて、私は益々中村監督様大きすぎる愛情を感じて、涙がチョチョギレました・・・。

チョチョギレは、一言多かったですね(笑)

中村監督様は、ここで中山君を交代させることによって、このあと更に追加点を挙げて逃げ切っても、たとえ逆転されても、ここまで頑張ってきた彼に「黒星」を付けさせることを許さなかったのです・・・。

どうですか?

泣けてくるでしょ?

そしてマウンドには予想通り、当番過多も何のその。「ベース泥棒」に対抗して付けられたニックネーム(←嘘付け!)「リリーフ中毒」のこの方・・・。

20060903073539.jpg

今日は中ヤナギ、いや慎也ナギこと、本やんが颯爽と「先発」のマウンドへ!

そして、頑張った中山君に負け星など付けられない!という一心で、今日の黒星を自ら引き受けました・・・・・。

どうですか?

本やんらしいでしょ?


その後の継投は、「キャム」でした。

歌君、ユウキ、アベケン、松村君でK・Y・A・M。

特に私は、久々にアベケンと松村君を見られて嬉しかったです。

特にアベケンは、いままで綺麗に0.00であった防御率がハネ上がってしまいましたが、2軍で抑える時よりも、1軍で打たれることの方が勉強になることもあります。

チョッピリ「濃い口(くち)」のホームランになってしまいましたね、ぱすくちさんのホームランが(笑)。


ただし、アベケンが登板した今日は、その筋(爆)の人なら堪らないシーンがありました!

20060903073857.jpg


打線の話しを忘れるところでした(笑)

今日はド派手な幕開けでした。

20060903073945.jpg

初回から、マリーズン先発の清水直行さんのお株を奪う「やるしかないんじゃ!」とばかり飛び出した、先制の3ランホームラン!

20060903074043.jpg

センター・バックスクリーンに飛び込む、あのサヨナラ以来の第11号3ランホームランでした!


3点リードを追いつかれた4回裏には

20060903074134.jpg

再び突き放す、キヨと同じくセンターオーバーの3ランホームラン!

自身プロ入り初の二桁ホームランとなる、記念すべき第10号ホームランとなりました。
20060903074232.jpg


いままで本当に長かったですね

ようやく夢が叶いました!私たち永年の「若武者ファンクラブ」会員にとって(笑)

もう「ブレーク」間近とか寸前ではなく、「した。」と過去形で語って良いですよね!?

今日のマルチヒッターは、共に2安打

20060903074427.jpg
漢・塩Z
20060903074508.jpg
光尊様

どうしても語らずにはおられないのは、光尊様第1打席ですね。

2塁を蹴って3塁を狙ったところで、予感はありました(笑)

ヘッドスライディング虚しく、3塁タッチアウトでした・・・。

しかし私たち光尊様フリークスにとって、久し振りに光尊様の文字通りの「暴走っぷり」に、悔しがるのではなく何故か何となく心が温まったシーンでした。

写真、間に合いませんでした(爆)

久し振りに横っ腹が痛くなりました


約1週間前に1軍昇格以来、一度も出場のなかった田中君にようやく試合前の練習とキャッチボール以外の仕事」が巡ってきました。

20060903074824.jpg

1軍登録中にもかかわらず出場したサーパス戦での満塁ホームランが功を奏しましたね。

ただし、今日も打席はナッシング。3塁の守備だけでした・・・。

1軍の打席に立つには、満塁ホームランをあと3本くらい打たないと駄目そうなのがファンの涙を誘いますが、腐らずに頑張ってほしいと思います!

20060903075042.jpg


9月3日 対 千葉ロッテ戦第18回戦(大阪のD)の予告先発投手は

Bs川越選手会長@約1月振りの白星が見たいです@千葉ロッテ戦は過去一度先発@防御率は0.00!

M :小林宏さん@こちらもBs戦2度目の先発@前回は完封@もちろん防御率0.00!


数字から考えると、手に汗握る投手戦必至です。

打撃陣の皆さんの「必死」の得点に期待しましょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。