Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月29日 対西武戦第16回戦(スカイマークS)

現在、延長11回裏の攻撃中です。

6対6の同点です。

終わり次第アップします。


奇跡の瞬間が近付いています!


!!!!!

終わりました。

予言どおり(笑)奇跡は三度起こりました!

これで8月のホームでの勝利4つのうち3つがサヨナラ勝ちとなりました(ドーム1・スカイ2)。


もう、言葉になりません・・・。

20060830015027.jpg




   Bs 8× - 6 Lions



20060830014955.jpg



先発は来日初の二桁勝利へ2度目の挑戦となるエース・デビちゃん

20060830015450.jpg

立ち上がりから、ライオンズ先発のぎっせるさんとともにリズムよくスイスイスイ~のピッチング(笑)

デビちゃんは4回まで僅か1安打のピッチング。

いつもどおりの安定感あるエースらしいピッチングに、今日も貧打線がどう応えるのかが最大の焦点でありました・・・。

その貧打線へのカンフル剤として、今日は2名が新たに1軍へ復帰即スタメンを果たしました。

20060830015737.jpg

多くのハヤカー・ファンは、この日が来るのをどれだけ待ったことでしょうか。

外野手が抹消される度に違う人が登録されて、今度こそ・・・。

何度繰り返したことでしょう・・・。

2軍暮らしが長引き過ぎて、携帯サイトの日記は随分前から更新が止まっていました。

もしも仮にハヤカーが西武の選手であったなら、今年は100盗塁に大きく貢献したのではないかと妄想も膨らみました。

今季は一度だけ登録されて即スタメンを果たし、松坂さんキラー振りを発揮して3安打猛打賞の鮮烈なデビューを果たしたものの、すぐさまサーパスに逆戻り・・・。

大きいのが打てる(試合とか練習とかは関係なく)外国人は何度も何度も昇格していきましたが、ハヤカーには遂に今日まで声は掛かりませんでした。

私たちの知らないところで、永遠の若手・ハヤカーの称号が、早爺へと変貌を遂げつつある今日この頃、如何お過ごしでしたでしょうか?の久々の1軍復帰でした。

(ただし、2軍でもそれほど爆発的に打ちまくっての昇格ではないようですが・・・)


そしてもう一人はこの方です。

20060830020219.jpg

さぞ、サーパスで大活躍をして満を持しての「何度目かの正直」での昇格でしょう?・・・。

念のためサーパスでの成績を簡単に調べてみました。

8月 8日 対広島戦 1打数0安打
8月 9日 対広島戦 2打数0安打
8月10日 対広島戦 2打数安打(1HR
8月15日 対阪神戦 3打数0安打
8月16日 対阪神戦 出場なし
8月20日 対ソフ戦 3打数0安打
8月25日 対中日戦 出場なし
8月26日 対中日戦 出場なし
8月27日 対中日戦 出場なし
8月29日 1軍昇格即スタメン

どういう基準での昇格でしょうか・・・。

因みに27日の試合では、ぐっち5の2、岡田君4の2、ハヤカー4の2でした。

ハヤカー昇格と抱き合わせで目立たないように昇格でしょうね。

でも、1番ハヤカー2番ジェイソンって・・・。ヤクルトのリグスさんに憧れて、ですか?

またまた、愚痴っぽくなってきましたね(汗)

反省。

そして、残念ながら2人とも3打席凡退で途中交替になりました・・・。


互いに譲らない投手戦の予感がしましたが、試合が動いたのは4回・Bsの攻撃でした。

1アウトから、3番・ガルちゃん四球を選び出塁します。

4番・キヨは初球を狙い澄ました右打ちで繋ぎ1アウト1・2塁。

5番・塩Zはショート・ゴロでキヨ2封

しかしガルちゃんを何とか3塁へ進めました・・・。

ランナーは1塁・3塁ではありますが、2アウトになってしまいました。

ここで打席は6番・よしくんでした。

一昨日の試合でも孤軍奮闘のタイムリーを放っていました。

するとここでも期待に応えて三遊間を破り先制の1点を叩き出してくれました!

20060830020915.jpg


今日の出来ならば、この1点で充分かと思いましたが、それは浅はかでした・・・。

デビちゃん、直後の5回表のピッチングです。

この日、2本目と3本目のヒットを浴びました。

6番・りーふぁーさんと8番・細川さんのまさかの1イニング2本のソロ・ホームランでした・・・。

20060830021052.jpg

これで1対2と逆転を許してしまいました・・・orz


しかし再びBs打線は粘りを見せます。

7回。まさにラッキー7でした。

先頭の7番・光尊様ライト前ヒットで突破口を開きます。

20060830021306.jpg


8番・マサヒロは、途中失敗もありましたが何とかスリー・バントを決めて送ります。

1アウト2塁

バッターは9番、先程の打席で大きな2塁打を放っているマティー・的やん

恐怖の男から俊足巧打へと変身を遂げつつある(笑)マティーは、レフト前に運びチャンスを更に繋ぎました!

20060830021652.jpg

ここで1番に帰りハヤカーというところでしたが、中村監督様は動かれます。

代打村松様!

伊東監督も動きます。すかさずピッチャーを左の三井さんへとスイッチ。

しかし、左対左は願ったり叶ったり(爆)の村松様でした。ようやく中村監督様納得されたことでしょう!

20060830022041.jpg

3塁線を破る2対2とする同点のタイムリーヒット!

ムードは一気にBsへ傾きました!

続く2番・グラに替わる途中出場の良太セカンドゴロ・・・

ゲッツーでチェンジかと思われたその瞬間でした!!!

20060830022249.jpg

またもや相手2塁手の手前で、平凡なゴロ人の手を、股を、擦り抜けて行きました(笑)

先日のホークス戦はタイムリー・ヒットになりましたが、今日は名手・高木浩之さんの逆転タイムリー・エラーという記録がつきました・・・。

しかし、フルキャストスタジアムのマウンドに金塊が埋まっていたように、スカイマークの1・2塁間にはBsの熱狂的ファンのモグラでも住み着いているのでしょうか?

20060830022546.jpg

一度は諦めかけたデビちゃんでしたが、負け投手から一転、勝ち投手の権利が手許に戻ってきました。

二桁勝利が近付いてきました!

しかし、8回のマウンドにはデビちゃんはいませんでした。

何故かマウンドにはデビちゃんではなく、先頭打者にストレートの四球を与えて降板したマエカーが、そしてランナー2人を置いてかぶれらさんにバックスクリーンへ再逆転3ラン・ホームランを浴びたユウキが上がっておりました・・・。

デビちゃんの二桁勝利は、またもお預けになりました。味方が消したものですが。

しかし、試合はまだ終わりません・・・。

8回、先頭の5番・塩Zが普通のセンター前ヒットを、好走塁で2塁にしました。

この頃からグランドには激しい雨が降り始めていました。

20060830023418.jpg

そんな中での根性のヒットと走塁でした!

6番・よしくん守備固めで途中出場真ちゃんは、セカンド・ゴロでランナーを3塁へ進めました。

ここで、雨のため試合は一時中断しました・・・・・。

実況も解説もない中で、テレビは球場の「」をそのまま拾います

すると、昔どこかで聞いたことのあるトランペットとドラムが高らかに響き渡るのが聞こえるじゃないですか!

近鉄の懐かしの応援歌オリックス阪急の応援歌、古くは南海ホークスの応援歌まで・・・。

雨の中、応援団の皆様からの素晴らしい贈りものだったのでしょうね!

私もその場にいたかったです・・・。が、途中で帰っていたかも知れませんが(笑)

20060830024005.jpg

中断は1時間18分に及びました。

余談ですが、あのまま、もしも降雨コールドになっていたらライオンズの8回の3点は認められずBsの勝ちになっていたそうです。

どういう理由かは、聞いても理解できませんでしたが(笑)

でも、てるてる坊主を逆さまにして吊るしたりというセコイ事なんかは決してしていませんよ、神懸けて

残念ながら試合は再開されました(爆)

1アウト3塁のチャンスからです。

バッターの7番・光尊様は、ライオンズ石井貴さんのフォークを引っ掛けてしまいました。しかし、1・2塁手のちょうど真ん中。

飛んだコースが良かったでが、光尊様も懸命に俊足を飛ばします。

2塁の高木さんの送球よりも一瞬だけ、光尊様の足が早く1塁ベースに触れました。

これで3塁から塩Zが還るタイムリー・内野安打となりました。

20060830024819.jpg

このタイムリーで得点は4点になりました。

そうです、不名誉な連続3点以下得点試合のタイ記録を免れた、名誉ある1打点となりましたね!

しかし、9回はサーフがおかわりさんにダメ押しとも思われるバックスクリーンへの被弾・・・。4対6とまた2点差に突き放されました・・・。

マエカーといい、サーフといい、負けていたら敗因になるところでしたね。いや、ピッチングコーチが、です。

状態を見極める目度は合っていますか?

しかし、あの雨で風向きが徐々に変わったようです・・・・・。

しかもBsに!


9回裏、Bsの攻撃。ライオンズのマウンドは、守護神の「あの」小野寺さんです。

あの」の意味、お分かりですよね。

そして今日も「あれ」が見られました(笑)

1アウトでヒットの村松様を1塁に置いて、ここまでノー・ヒットガルちゃんに、まさかの同点2ランホームランがライトスタンドへ!!

20060830033711.jpg

まさに起死回生の一発でした。

あの貧打線が、土壇場で驚異的な粘りで同点に追いつきました!

気が付けば、二桁安打で6得点でした・・・。


延長戦に入り、10回・11回は大輔@加藤が内野安打1本、見逃し三振2つを奪う見事なピッチングで反撃のお膳立て。

20060830025842.jpg


すると11回裏、Bsの攻撃です。

先頭の村松様は、途中出場ながら3本目のヒットとなるセカンドへの内野安打を足で稼ぎました。

続く良太は、苦しみながら送りバントを決めました。

ここでガルちゃんセンター前に!

浅いゴロでしたが、松山コーチの右腕が久々に唸ります!

しかし、ライオンズのセンター・赤田さんからのバックホームは、松山さんが思うほど甘くはありませんでした。

スライディングをする前にはキャッチャー・ミットにボールが収まっていました。

20060830030355.jpg

痛恨の本塁憤死でした・・・。村松様に怪我がなかったことだけが唯一の救いでした・・・。

しかし、同級生のミスを黙って見過ごすキヨではありませんでした。

ライオンズ長田さんが投じた3球目の外角へのスライダーを右方向へ叩くと、打球はそのままライト・スタンド中段まで届きました!

20060830030805.jpg

あの横浜戦を髣髴とさせるサヨナラ・ホームランでした!!

20060830032356.jpg

キヨはこれで日本プロ野球史上前人未到の「新人から21年連続二桁ホームラン」となりました。

20060830032449.jpg

通算打点も長嶋さんを抜いて、単独で第6位に

やはりド派手な活躍が誰よりも似合う、キヨですね!!


ふー。テレビで見ているだけでも疲れた試合でした・・・。

激しい雨で1時間18分の中断、鳴り物なし応援、延長戦、しかし最後はサヨナラ勝ち。

現地で最後までご覧になっておられた皆様方、本当にお疲れ様でした。

今夜はゆっくりお休みください。

と申し上げたいところですが、興奮して眠れないかも知れませんね(笑)

それは私も同じくです!


8月30日 対 西武ライオンズ戦第17回戦(スカイマークS)の予告先発投手は

Bs平野よし君@この勢いを大切に@頑張れ、エースを目指せ!

L :大輔@松坂さん@ホームで見られる最後の勇姿です。でも、前回のリベンジに燃えているでしょう。


秋にはポスティングでMLB入りが確実視されている松坂さん。恐らくはBsファンの多くが日本で見る最後の姿となるでしょう・・・。

ただでさえ相手は首位で、注目度の高いところです。その中で、平野よし君がこれからのパ・リーグを背負って立つ若手ピッチャーとして多くの方々から注目を浴びるようなピッチングが是非とも見たいです。

そして、チームの皆様。1年間ルーキーながら頑張ってきた平野よし君の残り試合登板は、全部勝って白星を付けてあげてください!
我が子を見守るような気持ち(笑)の、私からのお願いです・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。