Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月26日 対北海道日本ハム戦第16回戦(札幌D)

サヨナラ勝ちの次の試合は、決まって大敗・・・。

これも今季乗り切れなかった原因の一つでした。

しかし、今日は初めてそのジンクスを破ることができたのではないでしょうか。

それを涼しい顔で、いとも簡単にやってのけたのは遅れてきたルーキー・中山君でした。

初めにお断りしておきますが、試合は負けました

しかし、8回をたった一人で投げ抜いた中山君が取られた得点は僅か1点のみ

本当に素晴らしいピッチングでした。

この投球内容でも勝てないとは、中山君いろんな意味で1軍の厳しさを思い知ったことでしょう・・・。

どうぞ、デビちゃんや平野よし君に気分転換の方法を教えてもらってください。

勝ちに等しい負け投手

またひとり、ここに誕生しました。

20060826172533.jpg


オリ中村監督、進退かけ勝負重視

残り試合が21となり、遂になりふり構わず宣言された「進退をかけた勝負」。

その初戦は完封負け。

酸いも甘いも嗅ぎ分けたベテラン達のお考えは?・・・・・

その答えを露骨に提示して見せてくれました(中山君はルーキーですから、その辺のことは考える余裕はございません)。

選手の皆様お気持ちは良~くわかります・・・

でも、ご遠慮なく!


ファンは皆、わかっています。


だから、得点を取ってくださってもいいですよ!!

ファンのために勝ってくださってもいいですよ!!



   Bs 0 - 1 Fighters



20060826172922.jpg



先発の中山君は、今シーズン3度目の先発

20060826190422.jpg

そして今季最長の8回を完投。134球の熱投でした。

内容は、被安打7 与四球1 奪三振6 失点1(被本塁打1)

ヒットこそ7本を打たれましたが、長打は1本しか許さない粘りのピッチング・・・。

実況放送では、解説の福間さんも徐々にヒート・アップ

最初は「この時期に出てくるのは、来年のための起用」・・・

途中から「いいピッチャー、腕の振りがいい」・・・

最後は、「八木君に負けずとも劣らない」・・・。

見た目はそれなりだけれども、噛めば噛むほど味が出るスルメのようなピッチャーかも知れません。

タイプは少し違うかも知れませんが、私は現イーグルスの金やんを思い出しました。

彼なら追い越せるかも・・・。

しかし、そのたった1本の長打は2回表ランナーなしの場面で響鬼・稲葉さんに左対左にもかかわらず豪快に叩き込まれたライトへのソロ・ホームランでした。

20060826190954.jpg

稲葉さんには相性が悪いのか、第2打席は四球、第3打席は1ゴロ内野安打と立て続けに出塁を許してしまいました・・・。

しかし、今日は5回を最低3点くらいに抑えて欲しいと思っていたのですが、中山君期待を上回るピッチング。

その後は1点も与えることはありませんでした。

20060826191128.jpg


そして8回2アウト1塁の場面で迎えたバッターは、4度あいまみえる稲葉さんでした。

ポーカーフェイスに見える表情からそのハートの熱さは伝わり辛いのですが、やはり中山君燃えていたのでしょう。

20060826191321.jpg

それ程速くない(139km)ストレートを外角低めギリギリ一杯にズドン!

見逃し三振に斬って取り、稲葉さんが最後の打者になりました・・・。

20060826191424.jpg

キッチリ、リベンジを果たしました!

これだけ安定したピッチングが続くと、来年が楽しみになります。

できれば来年の新人王の資格を残して、今季を終えて欲しいと思いますね。


打線は、悩みが深そうに見えます・・・・・。

調子とかそういう単純なものではなく・・・。

今更、血眼になって勝利を求める指揮官への戸惑い?

負けるのは嫌だけど、勝てば来年もこの指揮官?


邪推が頭から離れずに見ていると、ヒットもなかなか見ることができません(笑)

もちろんプロの選手ですから、そんなことを思っている訳ではないのは充分にわかってはおります

でも、何故かそう見えてしまいますね、こう打てないと。


先発のだるびっしゅさんの前に散発の僅か3単打

唯一のチャンスは7回だけでした。

先頭の5番・光尊様四球のあと、6番・よしくん送らずにヒッティング

気合で、三遊間を抜けるレフト前ヒットでつなぎました!

20060826191833.jpg

これが今日のチーム3本目のヒットでした。

因みに後の2本は、4回・先頭のガルちゃんと6回・同じく先頭のダカヒーが放ちました。

折角の2度のノー・アウトのランナーも、工夫なくホームへ還すことは出来ずにおりました・・・。

ノー・アウト1・2塁となり、7番・一昨日のワンマン・ショーの主役、塩Zは仕事キッチリ送りバントでランナーを進めます。

1アウト2・3塁!

ここで若武者・良太に替えて代打は一昨日の名脇役、栄二様

しかし、粘りましたが最後はあえなく空振り三振・・・。

9番・ダカヒーは粘りながらよく見て貴重な四球を選び、2アウト満塁となりました。

20060826192200.jpg

迎えるバッターは1番に返り村松様。ピッチャー交替も考えられましたが、そのまま続投でした。

最後は痺れる勝負になりましたが、軍配は二十歳の若者に・・・。

セカンドゴロで無得点。その後8回は武田さんに僅か5球で終えられ、9回はまいけるさんにも軽く捻られて試合終了

ルーキー・中山君の1失点ピッチングに報いることなく、完封負けを喫してしまいました

対戦成績は、3勝13敗。遂にファイターズ戦だけで借金が二桁の10になりました・・・。


8月27日 対 北海道日本ハムファイターズ戦第17回戦(於札幌D)の予告先発投手は

Bs川越選手会長君@Fs戦は未だ勝ち星なし@目指せ8勝目!@前回は惜しかった

Fs:金村さん@天敵も、最近はBsから勝てません@でも負けません(涙)


この顔合わせは今季2度目ですね。

思えば今季の初めての顔合わせの4月1日の第2回戦

天敵・金村さんから序盤に大量得点を奪いながら、すぐに会長大量失点で結局逆転負けを喰らいました。

これが、今季これだけファイターズに苦戦する原因になった一つの要因であったような気がします・・・。

是非リベンジしてほしいです!

天敵・金村さんは前回の対戦(8月2日)では黒星こそつきませんでしたが、ノック・アウトでマウンドから引き摺り下ろされただけでなく、翌日にはファーム行きを通告されました。

その後、先週の千葉ロッテ戦で7回を0封して復活を遂げ、明日が復帰後2戦目の先発となります。

是非リベンジを阻止してほしいです(笑)


川越会長も金村さんも、どちらもかつてエースの称号をほしいままにしてきた男です。

しかし、どちらもその座を若いピッチャー達に奪われつつあります・・・。

ここにも興味をそそられるドラマがありますね。

どちらが今季の「8勝目」を挙げることができるのでしょうか・・・。


今日は、恐らく今季初めてでしょうか?関西から応援団の皆様方が大挙してライトスタンドへ駆けつけていらっしゃいました。

20060826193225.jpg

札幌でBsを見られるのは今季はいよいよ、明日が最後になってしまいました。

どうぞ、明日はさるきちさまや肉類さまをはじめ、北海道の熱いBsファンの皆様方にとって素晴らしい「終わり良ければ全て良し」の一日となられることを、私も遠く大阪の空の下より心からお祈りいたしております!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。