Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月16日 対東北楽天戦11回戦(フルキャストS宮城)

日曜日2週連続勝利です!

本やんが投げ始めてから、これで日曜日4週中、3勝です。

残念ながら勝ち投手の権利を掴みながら、後を託したユウキが同点にされたため勝ち星は消えてしまいました・・・。

しかし同点にされた直後に味方が直ぐに勝ち越してくれたことにより、昨年まで2年間勝ち星に恵まれなかった、その同点打を打たれてしまったユウキに、今シーズン2つ目の勝ち星が転がり込みました。

試合終了後のベンチで、はにかんだ笑顔でウイニングボールを受け取るユウキを労う本やん・・・。

自分の勝ち星が消えた悔しさなど微塵も感じさせず、苦労をともにしてきたユウキの勝ち星を心から喜ぶ笑顔がそこにはありました・・・。

ピッチング自体は苦しいところもあり、決してベストピッチとは言えませんでしたが、これで新しいジンクスは確定です。

「サンデー・本やんは、負けない・・・」



 Bs ⑤ - 3 Eagles


20060716200656.jpg


1回の攻撃を簡単に三者凡退に斬って取られたときは、昨日の敗戦の流れが続いているのかと心配しました。

その裏のイーグルスの攻撃。反対に先発の本やんは、土谷さんにいきなり先頭打者3ベース・ヒットを浴びてしまいます。

ライト線に転がるボールの処理をもたついたジェイソンアシストもありました(泣)

もう、1点献上は間違いありません・・・。

しかし、2番タカスさんは浅いライトフライでランナーは釘付け

1アウト・3塁となりクリーン・アップに廻ります。

3番の関川さんの打球は高いバウンドの・・・ショートへのゴロ!

今日もスタメン・ショート光尊様は、2バウンド目をいつもは苦手なショートバウンド奇跡的に掬い上げるとステップも軽やかに、素早い身のこなしで全力でバックホーム!!

ホームへ突っ込んだ土屋さんがスライディングする前に、ダカヒーのミットへストライクの返球!

余裕でタッチアウト。イーグルスには痛恨の本塁憤死となり、本やんには強力なバックアップとなりました・・・。

光尊様強肩、いや驚肩(いや狂肩)が唸りを上げましたね。

結局この回は、思いもよらないピンチを、思いもよらず無失点で切り抜けることができました。
20060717002035.jpg


ピンチの後にはチャンスあり。

2回表は、光尊様Bs初安打となる左中間を破る2ベース・ヒットが生まれるとダカヒーレフト前タイムリーヒットが飛び出し、逆に1点を先制し流れを引き寄せました。
20060716232511.jpg


そして3回には四球栄二様を塁上に置いて、昨日の休養で充電完了のキタガーがレフトオーバーのあわやホームランかという当たり!

フェンスにダイレクトの3塁打!得点は2対0になりました。

この3塁打の時にキタガーは、何とヘッド・スライディング・・・。

20060716232721.jpg

立ち上がってから右肩を気にするような素振りも見えました・・・。あんまり無理しなくてもいいのにねぇ・・・。でも、そんなあなたが大好きです!

心配を他所に、キタガーは今日は大活躍でした。大爆発と呼ぶべきでしょうか?

この後1点を返された5回には犠牲フライもう1点

20060716232938.jpg

得点は3対1になりました。


本やんは2回を除いて最後の5回まで全て先頭バッターにヒットを許してしまいました。

で、遂に3回に失点してしまいます・・・。

先頭の塩川さんのライト前のシングル・ヒットを、ジェイソン再び後ろへ逸らし、またまた3塁に進めてしまいました!

初回こそ光尊様ファイン・プレーに救われましたが、ここはまた土谷さんにやられてしまいました

そして5回には、藤井さんのヒットと土谷さんの内野安打も絡み、タカスさんのショートゴロの間に更に1点を返されてしまいました。

20060716233358.jpg

ヒットを7本も打たれながら2失点に抑えることができたところは、ローテーション・ピッチャーらしさが出てきたということですね。

でも、イーグルス打線の優しさに助けられた感の方が大きいと感じましたが・・・。

後半戦も頑張ってください!!


因みに土谷さんは今日4安打の固め打ち。Bs戦が始まるまでは20数打席ノー・ヒットと極度の打撃不振に陥っていましたが、この3連戦で7安打

イーグルスファンの皆様、良かったですね(笑)

光尊様も同じように不振でしたが、3試合連続のマルチ安打でしたので「おあいこ」ですね!

そして6回です・・・。ピッチャーはユウキに替りました。

それ程クリーン・ヒットとは呼べないような当たりが3本集中し、ここで3対3の同点に追い付かれてしまいました!

尚も1アウト満塁の逆転の絶体絶命のピンチが続きます・・・・・。

ここで塩川さんの放った打球は、ほんの少し浅めのセンターフライ!

ショートさんはタッチアップで全力疾走!

村松様はキャッチすると懸命の返球で、カットの光尊様へ!

村松様に託された光尊様必死でバックホーム!

ここで私達が目にしたものは、初回のプレーに続いて、今回も「ノーバウンドのレーザー・ビームでした!!!!

ダカヒーの好ブロックも光りました。

リックさんのタックルを喰らいながらも、ボールを離しませんでした・・・。

何とここでも諦めかけた逆転の失点を防ぐことに成功しました!

光尊様、本当によく頑張りましたね!


またしてもピンチの後にはチャンスあり、でした。

7回の先頭打者は、代打でキヨが登場。

13日のドームと同じランナーのいない、盛り上がりには欠ける場面ではありましたが、それでも期待通り出塁するところは流石です。

でも今日は四球ではなく、ホセさんのグラブをかすめる痛烈な当たり。正真正銘のレフト前ヒットでした。

13日もそうですが、今日もそうでした・・・。

キヨの出塁でベンチのムード選手達の集中力ガラリと変わるのだそうです。

20060716234800.jpg

見ている私には余りピンと来ませんが、決勝打を放ってお立ち台に上った選手達が口を揃えるので間違いないでしょう(笑)

続く村松様と栄二様が共に倒れて2アウト1塁に・・・。キヨの代走の真ちゃんは仕事がありません・・・。

ここで打席に入るのはここまで既に2打点キタガーでした。

イーグルスにとっては、今日は「よい子のヒーロー・アンパンマン」ではなく、「バイキンマン」に見えたことでしょう・・・。

バット一閃、左中間をライナーで破る、勝ち越しのタイムリー2ベース・ヒットでした!

20060716234859.jpg

1塁から真ちゃんが長躯ホームイン。得点は4対3と再びリードを奪いました。


こうなると、あとは「K・K・O」の出来次第です・・・・。が、今日も完璧でした!

7回は菊様パーフェクト・ピッチング!パーフェクト・ソリューション!

20060716234936.jpg


8回は大輔が、ヒットと四球でピンチを作りましたが無失点。

20060716235019.jpg


後は9回を大久保様が締めてシナリオ勝利バージョン)は完成です・・・・が、もう1点くらいあればなーと(笑)・・・


9回表の攻撃は既に2アウト・・・。

1点を大久保様に守っていただくしかないと正直思いました。

最後のバッターになるかもしれなかったのは、我らの光尊様でした。

今日はキタガーとともに、守備では「奇跡を呼び込む男」と化している光尊様の打席です・・・。

高ぶる闘志を抑え、手に汗を握るその瞬間」でした。「狙いを定めて打てば」打球は場外いやライトを「越・え・る2ベース・ヒット!

20060716235349.jpg


すると塩Z三遊間を破ります!

俊足を飛ばす光尊様は、楽々と3塁・・・・・えっ!?

松山コーチの信号は「とにかく行け!」です!

黄金の右腕が見えないくらいに高速で回転しています!!

雨で手許が狂うことに期待しているとしか思えなかったっす・・・。タイミングは完全にアウトでした・・・。

イーグルスのレフトで打球を処理しているのは、塩Z、よしくん同期。「社会人3羽烏(バカらす)」で鳴らした元BW戦士のサタケです!

何となく予想通りでした(笑)。松山コーチのヨミどおり、バックホームのボールは中途半端なバウンドでキャッチャーの藤井さんに届けられました・・・。

これを藤井さんは捕れずに、韋駄天(←何か?)の光尊様は貴重なダメ押し点となる5点目のホームへ泥だらけで滑り込みました!

20060717000207.jpg

塩Z2アウトランナー無しから1打点でした。

2点あれば先頭打者にソロ・ホームランを浴びてもまだ1点リード(笑)

大久保様がマウンドへ。

先頭は斬ったものの、2人目の1番・土谷さんに4本目のヒットを、それも2ベース・ヒットを打たれてしまいます。

うーん、これでホームランだと同点か・・・等とは決して思いませんでしたとも!

信じておりましたから!(笑)

やはりランナーを、それも2塁か3塁に置かないと燃えない大久保様です。

2番・タカスさんを空振り三振に。

しかし3番は先程のバックホームも生々しく、リベンジに燃えるサタケでした!

が、連続の空振り三振ゲームセット!

20060717000412.jpg

大久保様4試合連続でセーブ・ポイントをマーク。今シーズンの14個目です。

手術、リハビリから復活した昨年から積み重ねたセーブが、ようやく背番号の35を越えて36になりました・・・。

一昨年までのことを思えば、夢のようです。

前半は失敗も2軍落ちも経験しましたが、Bs守護神はやっぱり大久保様しか考えられません。

K・K・O」もここへ来てようやく3人の調子が揃いました

後半戦へ向けて、明るく心強い材料であることは間違いありませんね!

今日はBs、イーグルス打線、共に12安打でした。

満遍なく打ったBsに対して、イーグルスは6回まで10安打。しかし「K・K・O」の前に7回以降は僅か散発2安打でした。

Bsは猛打賞は誰もいませんでしたが、2安打のマルチ・ヒッターは、今日は5人も出ました!

3打点キタガー1打点ダカヒー、そして村松様、光尊様、大西君でした。

あとの2本は最後の1打点塩Z復帰初安打キヨでした。

20060717001946.jpg


ホームランが無くても、打線が繋がって打ち勝てました。だからもう「宝くじ」は必要ないと思うのですが、中村監督様はやはり1枚から2枚はどうしても置いておかなくてはいられないようですね~。

お守り」とか「魔除けのお札」か何かと勘違いされているのではないかと、気になっています(笑)

今日はその「宝くじ」に2度も守備で足を引っ張られましたし(爆)

もう少し得点が取れれば良かったのですが、貧打に悩んでいた打線がここへ来て活発になって北海道に乗り込むことができますね。

明日からは、オールスター前の最後の、いよいよ本当に最後の(笑)2連戦ですね。


7月17日 対北海道日本ハム戦11回戦(於札幌D)の予告先発投手は

Bs:高木君@サプライズ!!@目指せプロ3勝目!
Fs:ディアスさん@前回は6回3失点・でも負け@現在3勝4敗


高木君は、現在サーパスのエースです。阪神戦では2安打完封勝利というのもありました。

ウエスタン優勝争いを演じているサーパスには痛い離脱(笑)かも知れませんが、Bsにとっては喉から手が出てその手から鳩が出るほどに欲しい、先発の若いサウスポーです。

しかも相手は天敵・ファイターズです。もう抑えてくれそうなピッチャーがいないと言うことが本音・・・とは思いたくありません(爆)

チャンスをモノにして、救世主となってほしいですね!楽しみです!

北海道のみなさま、ようやく札幌での初勝利が見られる時がきました!・・よ?・・ね?

よろしくお願いいたします(笑)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。