Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月13日 対福岡ソフトバンク戦11回戦(大阪のD)

今日の打線は、若手とベテランがうまく融合していましたね!

期待感だけではなく、若手もベテランも今日はしっかりと結果も出しました。

今シーズンのホークス戦は引き分けを挟んで3連勝から始まりましたが、気がつけば昨日で6連敗・・・・・

しかし、オールスター前の最後のホームでの試合でようやく連敗ストップ

今シーズンは「・・・最後の」がつく節目の試合「だけ」は本当に強いですねっ!

チームの連敗は2で止まりましたが、私個人の現場観戦成績は逆に2連勝です。

毎日現場に通われた皆様には大変申し訳ありませんが、一人美味しい思いをして家路につかせていただきました(笑)

若手とベテラン、投手陣と打撃陣。しっかりと噛み合った形を作って、仙台決戦(笑)に乗り込めますね!

明日からが最下位攻防戦となるのか、後半戦の「メーク・ドラマ」への足がかりとなるのか、いろんな意味で興味はつきませんね!



 Bs ⑤ - 2 Hawks



まず球場入りして驚きました

今日も新しい「若手」の昇格がありました(笑)

20060714135659.jpg

知らない間に、昇格していたのですね!そろそろかとは思っておりましたが、何の前触れもなくいきなりの今季初1軍お目見えでした。

中村監督様、いつもの突然のサプライズをありがとうございます!(早爺は?

そして同じくこの日からキヨも復帰スケジュールを前倒しして、真ちゃんと同時に1軍へ帰ってきてくれました。

で、今日の2つ目のサプライズ(笑)。スタメンです。

20060714135919.jpg

どうですか!?1番・真ちゃんですよ!1軍登録即スタメン。もう誰も文句は言いませんよ!(ただし、外国人選手の場合はその限りではない、かも知れない・笑)

本日の若手大西君と良太、そしてミスター10割ルパン森山君もスタメンで登場です。

ベテラン、若手がうまくミックス・モダンされた打線じゃないですか?

チームは2連敗中とムードは重かったのですが、ベンチを盛り上げる役割なら右に出るものがいない2人。キヨと真ちゃんがベンチに帰ってきただけで、なぜか今日の試合は勝てるような気になりました。

しかし、その実現のためには先発ピッチャーが試合を作ってくれることが不可欠です。

そしてその役割を託すのは、今日が今シーズン節目の10試合目の先発となるマエカーでした。

20060714140239.jpg

そのマエカー。初回こそあっさりと1点を先制されましたが、2・3・4回はランナーを出しながら(四球と死球がともに2個・乱闘は無し)も何とか無得点に抑えました。

5回には1アウトから大村さんにセンター前に運ばれ、左の宗りんさんまでは討ち取ったところで残念ながらマウンドを降りましたが「ゲームを作ったかも知れない、みたいな」だけは何とか感じさせてくれました。

その後を継いだのはユウキでした。

ユウキは、1軍再昇格後は2試合に登板して5回1/3を無失点とまずまずの好リリーフを続けていました。

今日は3試合目です。好救援が2度あることは3度あるになるか、3度目の正直(?)で失敗か・・・。

こういう場合は大抵、悪い予感の方が当たるということに相場は決まっています・・・。期待とは反対に、いきなり辻さんに右中間を真っ二つの大きな当り。勝ち越しのタイムリー3ベース・ヒットとなりました・・・。

しかし、この後は落ち着いて後続を絶ち、その裏に打線が奮起して逆転してくれたため、負けが消えたどころか4年振りとなる勝ち星が転がり込んできました。

当時の近鉄から、FA移籍した加藤伸一さんの人的補償としてやってきてくれたユウキ(田中)は、4年前の後半戦にデビュー以来、あれよあれよと7勝を挙げて一躍若きエースと将来を嘱望されました。

しかしその後は腰痛に苦しみ、リハビリの日々を過ごしておりました。

復活の兆しが見えたのは昨年でした。開幕4試合目の千葉ロッテ戦の先発に起用されるくらい、仰木さんからの期待も高まっていました。

しかし好投しながら勝ち星を掴むことはできず、その後幾度か先発が続きましたが、内容は悪くなるばかり・・・。

ついに先発ローテから外れてしまいました。

その後は主にサーパスで、そしてたまに1軍に昇格しても結果が残せずにまた抹消の繰り返しでした・・・。

今年もそんな感じでここまできましたが、突然勝利の女神が微笑んで下さいました!

20060714140935.jpg

これまでの苦労を思うと、喜びは容易に想像がつきますね。


おめでとう!ユウキ!


これをきっかけに、いつかは先発での勝ち星を見てみたいと思うのは私だけではないでしょう。今後の活躍も大いに期待したいです!


ユウキの後の7・8・9回は、今日も「K・K・O」揃い踏みでした。

菊様は、完璧。大輔も完璧。大久保様は・・・・。いつもどおり!(笑)

投手陣は、今日はホークス打線を2点に封じ込めて、7試合連続の鷹の羽ばたきは阻止してくれました。


打線に話を戻しましょう。

今日は5得点と、猛打爆発とはいきませんでしたが、ここ数試合の貧打振りからすると十分合格点がつけられます。

得点の数より、今日は内容です!

ホームランありーの、連打のタイムリーありーの、スクイズありーの、嫁ぎーの(古いですか?)

まさに力と技と足、そしてを使った攻撃で、久しぶりに私たちファンを満足させてくれました。

そしてスタメン起用、代打からの得点、守備固め(笑)などなどもすばらしかったですね。

では、たまには言いましょう!


中村監督様、GJです!!


今日言わないといつ言えるかわかりませんので(汗)、字も大きめで言ってみました。

1点先制されて迎えた3回でした。

1アウトからレフト・スタンドへライナーで運ぶ豪快な同点ソロホームランが飛び出しました。

ライトスタンドは一様に驚きに包まれました。

打ったのは誰だ!?

20060714141636.jpg

さすがは「びっくり箱」ですね。

ホームランの前には盗塁を試みたパナマウンガーさんを2塁で刺したり、また自らの盗塁で2塁を奪ったり、今日は攻・守・走全てにおいて見せ場満載でした。

もちろんバッティングでも今日は2安打マルチの活躍でした。しっかし、的やんの盗塁を見られるなんて、今日は本当にラッキーでした。何かすごく得した気分になれました(笑)。

次回も俊足巧打・的山でお願いしますね(爆)!


追いついたのも束の間、5回には1点を勝ち越されました。が、その裏のBsの攻撃です。

いきなり先頭の良太がレフトに豪快に叩き込んでくれました!

20060714141919.jpg

連日活躍する同じウエスタンで切磋琢磨してきたホークス若手たちを尻目に、悔しい思いをしてきたことでしょう。

鬱憤を晴らすかのような同点ホームランでした。

続く的やんに2打席連続の、そしてアベックホームランを期待しましたが、ここはピッチャーゴロ(笑)

続く森山君に代わって代打・キヨが告げられました。

森山君は、第1打席はうまく流してレフト前ヒット。1軍ではこれでプロ入り3打席連続ヒット。依然打率10割をキープです。

打席に立てば簡単に見えるくらいポンポンとヒットを打てる人もいれば、数少ないながらもも打席に立ちながら結果を出せずに交替でサーパスに帰ってしまった期待の選手もいます・・・。

哀愁が漂う対比ですね(笑)

でもたった1打席で交替ですか・・・。もっと見たかったのですが、ヒットで出塁の後、牽制に引っかかってしまったことが首脳陣の怒りを買ってしまったのでしょうか?もっともっと見てみたい選手ではありますね!

キヨはまだ万全ではないはずですが、打席に立ちました。

私の予感通り、四球で出塁です。(もうひとつの予感が空振り三振だったことは秘密です

ランナーなしでキヨ、というのは解せないところでしたが、この出塁から打線は一気に逆転してしまうのですから、中村監督様の独特の勝負勘とキヨの存在感とのコラボレーションの威力はすごいですね(笑)

代走には俊足光尊様(何か?)というのも効きましたね!

キヨの四球からチャンスを広げたいBs打線です。

続くバッターは1番・真二でした。

今季初スタメンの真ちゃんは、1打席目は2ゴロ。そりゃいろんな思いが込み上げてきて固くもなりますでしょう。

20060714142537.jpg

2打席目は惜しくもサード・ライナー。そして今日はノー・ヒット。でもそのうちに、と思った矢先に・・・・飛び出しました!

第3打席で。「唸り上げ、弾き返し」た打球がセンター前へ!今シーズン初ヒットで、逆転のチャンスを広げました。

ホークス好投の先発神内さんを、真ちゃんの一撃で引き摺り下ろしました。ピッチャーは真太郎さんにスイッチです。

ここで迎えるバッターは、2番・若手の大西君

PLの大先輩のキヨ、そして「いてまえ魂」の大先輩の真二が作ってくれたチャンスです。

ここで凡退、ゲッツーなど食らうものなら、「坊主」どころでは済みません・・・・・。

根性だけで放った打球はセンター前へ!

見事、逆転のタイムリーヒット!

遂に3対2と試合をひっくり返しました!

20060714142850.jpg


続く3番・キタガーにも連続でタイムリーが飛び出し4対2になりました。

ソロ・ホームラン2本だけでなく、久しぶりにヒットが繋がりタイムリーが連なりました

後は復調なった「K・K・O」が0点に抑えれば勝ちではありますが、得点は何点あっても困らないもの・・・。

8回には貴重な駄目押し点が生まれました。

先頭のここまでヒットのなかった5番・塩Zの左中間への2ベース・ヒットからチャンスは始まりました。

続く相方の栄二様は、送りバントの機会を逸したものの最後は1塁へ強引に流して塩Z3塁に進めることに成功します。

1アウト3塁で、迎えるバッターは今日同点ホームランも放っている良太でした。

ファンファーレが鳴り響きます!

そして「この一打に懸ける、若武者・相川~♪・・・

応援歌が始まって間もなくの初球でした。

何と塩Zは猛然とホームへ突っ込みました。スクイズです!

ピッチャー前に転がった良太のバントした打球はピッチャーのルーキー藤岡さんの前に!

藤岡さん、グラブで捕ってそのままトス!

しかし、一瞬の余裕をもって塩Zはベースへ滑り込んでいました!


スクイズ成功です!


得点は土壇場の8回に5対2に広がりました。これが、駄目押しというかトドメとなり、Bsはホークス戦の連敗を6で止めることができました。

20060714143520.jpg

ヒーローインタビューは、もちろん同点ホームランとスクイズを決めた良太

20060714143613.jpg


逆転タイムリーを放った大西君でした。

20060714143718.jpg

若手が使われだしてから密かに夢見ていた若手のヒーローインタビュー。

ようやく夢のひとつが叶いました。

ベテランだけでなく、若手もしっかりと結果を出して掴み取った勝利でした。

クールで硬めな良太と違って大西君はヒーローインタビューでは茶目っ気たっぷりでした。

他球団では今、ヒーローインタビューでのマイクパフォーマンスが花盛りです。

Bsではキヨの足元に及ぶ者はありませんが、是非ともこういうところでももっともっと若い選手達にアピールしていってほしいですね。

そのためには、働け!?

仰るとおりです(爆)

でもこれからは今までと違って、こういう試合が続くのではないかと思います。

若手が活躍して勝つ喜びを、首脳陣の皆様方にももっともっと知っていただきたいですね(笑)


7月14日 対東北楽天戦9回戦(於フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bs:川越選手会長@故障の癒え具合は?@現在3連敗中
Es:愛敬さん@無敗から無勝?@地元の星なのでちょっと応援してます

ようやく川越選手会長も復帰です。

今やエースの座を完全にデビちゃんに奪われた感のある会長ですが、ここから快進撃を続けて再びエースの称号争いに復帰してくれることを祈っています。

東北楽天は、現在8連敗中です。前回Gの長期連敗を止めてしまった優しいBsですが、今回は心を鬼にして3連勝を目指しましょう。

さもなくば、前半戦最後の対戦相手がファイターズですので(笑)・・・・・。

まずは3連戦の先陣を切る会長の素晴らしいピッチングに期待したいですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。