Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月 2日 対西武戦10回戦(インボイス西武D)

手に汗握るシーソーゲーム。

勝負は後半に!と思っていたら、ピンチでもないのに何故か好投の先発投手を途中で交替・・・。

全ての歯車は、ここで音を立てて狂い始めました

気が付けば、今季7試合目の二桁失点での大敗。

故障者続出で最悪の状態のチームにとっては、まさに泣きっ面に蜂という試合になりました・・・・・。



 Bs 3 - 11 L



満身創痍のチームが勝つために最も大切なことが2つ序盤の先制点序盤での失点を防ぐこと・・・。

まず打線が答えを出しました。

初回、先頭の塩Zが左中間への2ベース・ヒットでライオンズ先発のギッセルさんを揺さぶります。

好調だった塩Zも、疲れからか珍しく11打席連続でヒットがありませんでした。おまけに昨日はショートの守備でもエラーが飛び出し、FA権取得後独特のプレッシャーかと心配しておりましたが、心配のし過ぎでした

060702-01.jpg

2番・村松様はショートゴロで塩Zを進めることができずに嫌な感じでしたが、3番・キタガーが決めてくれました!

060702-02.jpg

昨日は完全休養だったのでしょうか。スタメンも途中出場もありませんでした。こちらも、もしや怪我の状態が悪化したのかと心配しておりましたが、大丈夫でした。(本当は大丈夫でないのは承知しておりますが・・・)

幸先よく1点を先制しました!


打線が鮮やかに先取点をプレゼントしてくれたからには、今度はBs先発の本やんが答えを出す番です。

060702-03.jpg

ところが本やんは、いきなり先頭打者の元赤ヘルの福地さんに3ベース・ヒットを浴びると2番打者の片岡さんにレフトへ2ランホームランを被弾・・・。

簡単に逆転を許してしまいました・・・。

更に2回にも「サード・中村」さんに2試合連続となるソロ・ホームランをレフトにぶち込まれ、1対3に。

3イニング目にしてようやくスコアー・ボードに「」を灯しましたが、期待を裏切る立ち上がりでした。

本やんらしく、被安打はたったの3本でも失点は3。確実に被安打が失点に結びついてしまいました・・・・・orz


しかし、今日の打線一味違います!

4回、2アウト・ランナーなしの場面から、8番の光尊様が初球を逆らわないバッティングでセンター前に運ぶと、続くバッターは今日は久々にスタメン・マスクの9番・フミヒロが打席に。

心無いファンなら他球場の経過は?とチャンネルを変えられたかも知れませんがフミヒロの心は「燃え盛って」いました!

2球目を捉えた打球は、右方向に大きな当たり!

ライオンズの先頭打者3塁打を放ったライトの福地さんの頭上を襲う当たりでした!「まさか」という感じが手に取るようにわかる慌てた守備にも助けられてグラブに当てながら打球はライトフェンスへ転々・・・。

福地さんだけでなく、Bsファンビックリ仰天タイムリー3ベース・ヒットとなりました!

060702-04.jpg

フミヒロ松山コーチ、そんなに驚かんでくださいよー
松山さんだって、お前・・・・(笑)」

もしかしたら、フミヒロ救世主ですか!?

メラメラと燃え盛るオーラが、ハッキリと目に見えますね!

更に塩Zの打席で、リズムに乗り始めていたライオンズ先発のギッセルさんも完全にノーマーク(笑)のフミヒロ計算外の一打動揺したのか、痛恨のタイムリー・ボークを犯して思いがけず1点を追加してもらいました。

060702-05.jpg

2アウト無走者からのまさかの「2点」で、3対3の同点に追い付きました!!

ギッセルさんはフミヒロに対しての第2打席も四球でした。でも、キャッチャーからの牽制で絵に描いたように刺されてしまいました・・・。心が確実に「荒ぶって」参りました(笑)!!

あとは、本やんが安定してくれるのを待つばかりでした・・・。

その本やん、どうなることかと思いましたが、3回以降は完全に立ち直りました

7回1アウト。3対3の同点でマウンドを降りるまで、被安打4 与四球0 奪三振3 失点3 という充分過ぎる内容でした。

060702-06.jpg


うーーーーん。

打たれていないのに、しかもテンポよく投げていたのに何故交替なのか・・・。何か腑に落ちない交替に感じました。

結果論ではなく、何故か自ら流れを手放すような予感がしました・・・。

そんなことには全くお構い無しの本やんいつものようにマウンドを自らの手で丁寧に均して、後を託す大輔に一言激励の言葉を残してマウンドを降りました・・・。

060702-07.jpg


悪い予感は的中しました。

この不可解な交替が、現実に今日の悪夢の幕開けとなりました。

大輔は和田さんにヒットとおかわりさんに四球で続けて出塁させると、元赤ヘル主砲で元ライオンズ友の会会員の江藤さんを三振に討ち取りましたが、2アウト1・2塁となり代打の平尾さんをストレートの四球で満塁・・・。

で、菊様に交替・・・・・。本やん交替が完全に裏目です。徒にピッチャーを使い、徒に苦しいピンチを作り、更に投手を継ぎこみます・・・。

そして何故か同時に替えたキャッチャーの的やんが信じられないパスボール1点目

気持ちが楽になった赤田さんは、三遊間に2点タイムリー3点目・・・。

悪い予感を首脳陣の皆さん感じておられなかったのでしょうか・・・・。


野球とは、何と奥の深いものであったことか。


本やん不憫でなりません・・・。


ところでその前の7回のBsの攻撃で、ノーアウトランナー1塁(フミヒロ四球)の場面で、塩Zに代打が(大西君)が出されました・・・。

この場面では前述のとおり、ランナーは牽制死、バッター三振で、一気に勝ち越しへのテンションが下がり、流れを完全に手放したかに見えましたが。

一体何があったのでしょうか?もしかしたら怪我ですか?詳細を待ちたいです・・・・・。


ダメージの大きな3点を取られたところで、実質的にはジ・エンドでした。

みんなの集中力は、既に切れてしまっていました・・・。

ヨシカーナカジさんに2日連続のホームランを献上。更に連打を浴びてランナー3塁の場面で敬遠の場面で、その敬遠のボールを暴投?パス・ボール?で更に1点を追加・・・。

光尊様タイムリー・エラーを2つも記録・・・。

気が付けば8回だけで打者一順の5失点合計失点は11点にも及びました。

お金を取って見せる試合とは到底思えませんでした・・・・・。

060702-08.jpg


途中まで、今日は勝てるかも!という気持ちが強かっただけに、何とも後味の悪い負けとなりました。

明日は得意の必罰人事で、多くの入れ替えがあることでしょうね。ただし、首脳陣は故障者続出を楯に無風でしょうが・・・。

・・・このチームは何処に行こうとしているのでしょうか。

明日はお休みです。明後日からは天敵の、しかも今日も勝って現在7連勝中で絶好調のファイターズとの3連戦が今季初の札幌で待っています。

何とかプロの意地7月初めての白星を見せて欲しいものですね。


嫌なことは早く寝て忘れるに限ります(笑)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。