Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日 明日から天敵・ファイターズ戦!

さあ、今季2勝10敗ファイターズとの闘いが始まりますよ!

私だけでなく、ホームのファンは今年はまだファイターズ戦での勝利を見ていません

今年だけではありませんね(笑)。

昨季のホーム最終4連戦の4連敗から始まって・・・。

今季ホーム開幕戦も3連戦、3連敗

6月の2連戦でも初戦を落として、2戦目は雨天中止・・・。

現在、ホームでは8連敗中です。


止まない雨はない・・・。とは言うものの未だ「長雨」は続いています。

しかし、オールスター明けから徐々に生まれ変わろうとしている現在のBsです。

それに続くように、ようやく梅雨も明けました!

今なら「勝負はやってみないとわかりませんよ」と言えるかも知れませんよ、と思いたいところですよね(笑)


8月 1日対 北海道日本ハム戦第13回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bsデビちゃん@怪我の具合はどうなのでしょうか

Fs:橋本さん@6月20日以来の登板@現在3勝2敗@Bs戦初登板@右


橋本さんも初登板なら、デビちゃんのファイターズ戦先発もまだ2試合目です。

因みに前回は4月19日に東京ドームで敗戦投手に(涙)

20060731231023.jpg

本来なら後半戦の開幕投手の予定であったろうと思いますが、オールスター直前に負傷。

故障も癒えたことでしょう。

後半戦6人目の先発登板として、前半戦のエースが満を持して登場します。

20060731231245.jpg



明日は「ビア・ナイト」です。

キャッチ・コピーには、こうあります。

「夏はやっぱり ビール片手に ナイターや!」

これって、「楽勝で左団扇」と同義語ですよね(笑)

ビールがいつもより半額以上もお得な、1杯200円・・・。

ビール党の皆様は、いつもより2杯くらい多めに飲まれることでしょうから、勝てば何も問題はありませんが、もし無様な負け試合だと普段よりも悪酔いされる方が続出しそうですね(笑)

明日が1年で最も忙しいイベントになるのを覚悟しているのは、ビール樽を背負ってスタンドを駆け回る売り子さんたちでしょう。

チームの皆様方!どうか明日は「いつもより値段は安いけれど、いつもより苦い」というビールを、売り子さんたちには決して注がせることのないように、よろしくお願い致します!

売り子の皆様方!ここだけの話しですが、もし二桁失点などしようものなら、直ちに売り切れということにして、3塁側へ避難してくださいね(爆)


昨日は連敗を脱出して、久し振りに白星をゲットしました。

明日は後半戦初の連勝とファイターズ戦今季ホーム初勝利(ファイターズ戦連敗阻止)を是非私達に見せてください!

と言わなくても選手の皆さんは今日は明日からの試合に向けて本日、休日返上で練習してくださっていたそうですよ!

オリックスが今季初の月曜日本拠地練習

オリックスが7月31日、京セラドーム大阪で全体練習を行った。清原、中村、北川、谷ら故障を抱えた野手と先発登板2日後で休養日にあたる吉井以外のナインが集合し、野手は打撃練習など、投手は走り込みを行った。

 オリックスが試合のない月曜日に本拠地で練習するのは、今季初めて。これまでは休養日にあてていたが、首脳陣は「若い選手が増えてきたし、しっかり打ち込みをさせる狙い」と説明した。


あのー。練習しないと益々打てな・・・・(ばきっ!イテッ!

もーーっ!冗談なのに!。シャレにもなりませんでしたか(涙)

・・・怪我、一刻も早い完治をお祈りしております!


若手」で思い出しました。

もう、2週間以上打席がありません・・・。

守備は金曜日に2週間ぶりに守備に就きましたが。

そろそろまた、チャンスをあげて下さいませんか?

でないと若手期待の星・迎くんの心は、益々荒んでしまいます(笑)

20060731232413.jpg



頑張れ!迎くん!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

20060731231814.jpg
ビバ!ブレーブス!

20060731232507.jpg
ビバ!オリオンズ!

パ・リーグ最高!



スポンサーサイト
7月30日 対千葉ロッテ戦13回戦(大阪のD)

安打得点・・・。これで勝ちました(笑)

何と先発がオバちゃんであったのに、わずか1失点で凌ぎ切ったのです。

リリーフ陣は磐石、打撃陣も鮮やかに逆転劇!

今シーズン初の快挙でしょうか・・・

お立ち台に3人でした!

060730-b.jpg

日曜日はこれで3連勝です。

明日の月曜日も爽やかな気持ちで過ごすことができます。

更に、月末最終日はこれで4月以降4ヶ月連続で白星です。

昨日はしつこいので言いませんでしたが(笑)本当は今日は7月最後の試合でした・・・。

やはりあのBsの金言は、今日も生きておりました。

「終わり良ければ全て良し」

060730-a.jpg

今日の試合は、投手戦だったのか貧打戦だったのかイマイチよくわかりませんでしたが、3夜連続の集中打でこの3連戦を通じて初めて逆転に成功した試合でした。

この3夜連続のBsの得点。私はここで、ある法則を発見しました・・・・・。



 Bs ② - 1 Malines



予告先発投手がオバ氏ということの理由は、試合開始前のファンの話題の中心でした(嘘)

意見は大きく2つに分かれました。

1つ目は、(何を血迷ったか)来年度の契約に向けての最終テスト

2つ目は、送別会?・・・。

私は昨年、かのらんどーるさんやスチュワート君の写真をロクに撮らなかったことが今でもとても心残りだったので、今回はピッチング・フォームの連続写真ができるほどに撮りまくりました(笑)

そしてその微妙なオトコマエなお顔を必死で目に焼き付けておこうと、居眠りに気をつけながら見守っておりました・・・。

20060731141054.jpg

初回から2アウトを取るとラインナーがいないことがよっぽど寂しかったのか、決まったように四球を出すという、起死回生の三タテを目論むマリーンズに対する豪華接待振り。

良いのか悪いのかわからないままに試合はずるずると進み、気が付けば4回2アウトまで3四球ながらノーヒットノーラン(笑)

優勝を諦めてはいないマリーンズは、ここでようやく中村監督様の温かくも厳しいお心遣いに気がつきました・・・。

昨年6冠に輝いた流石のマリーンズも、WBCの蓄積疲労や相次ぐ主力の怪我などで苦しい戦いが続いていました。

優勝するためには、これから終盤戦に向けて1戦必勝体制で臨まなければなりません。

そんな中、先発をオバ氏に、左投手の成瀬さんに対して意味なく全員右打者を先発させ、昨日頑張った森山君や左にも強いパ打率第2位の村松様をも休ませて、右肩の限界を超えても頑張っているキタガーを今日も最後まで守らせて、ノリ・キヨを・・・・・(以下自粛

勝てる試合を絶対に落とさない

心優しき中村監督様のことです。

ノリ・キヨや外国人選手達を筆頭にチームのことをいつも大切にされる中村監督様ですが、ここはパ・リーグの、いや日本プロ野球界の発展を願う気持ちを優先し、優勝するための絶対条件をクリアーさせる試練をマリーンズに対して与えられたのでしょう・・・。

今江さんは、マリーンズのサポータにもその気持ちが届くようにとレフトスタンドへライナーで飛び込むホームランという最高の形で、中村監督様への感謝の気持ちを表しました。


しかし、後ほどご紹介しますが試合前のトークショーの席において、今やBsの精神的支柱である吉井組長は駆けつけた3万5千余名(引く34,800名)の私達Bsファンの前でこう宣言してくれました。


「選手はまだ3位を諦めていない!」


6回の攻撃で先頭の左キラーというレッテルを貼られたまま(大西君は、ようやく剥がされました)の真ちゃんが、吉井組長の言葉が嘘ではないことを証明してくれました。

20060731141953.jpg

ランナーがいなかったのが残念でしたが、「おもくそ、しばいた」打球はレフトスタンドに突き刺さりました!

1対1に追い付く同点のソロホームランになりました。

20060731142133.jpg

真ちゃんは、今日は先発スタメンで2安打マルチの活躍。

やはりBsには、いろんな面でなくてはならない選手です。小さくてもネーム・バリューだけでは計り知れない骨太の存在感を感じますね!

オフに手術したポリープは、経過も良好だそうです。もう心配いらないそうです(笑)


そして、いよいよ「ある法則」が発動されるのです・・・・・。

マリーンズとの今回の3連戦は、28日にスカイマークからはじまりました。

その試合は壮絶な延長12回を闘って、結局1点差で敗れた試合でしたが、2点ビハインドを追い付いた「9回の奇跡」は今も瞼に焼き付いています。

その時に1番に入っていた大西君が1点差に迫る同点タイムリーとなるヒットを打つと、一人挟んでキタガーが執念の同点タイムリー・ヒットを放ちましたね!


そして昨日の大阪(の)ドームでの試合。

この試合も敗れはしましたが、Bs打線は9回に連夜の奇跡を期待させて大いに盛り上げてくれました。

先頭の大西君が4安打目のヒットを打つと、一人挟んでキタガーが執念のタイムリー・ヒットを放ちましたね!


そして今日真ちゃんホームランで火がついた6回Bs打線です。

1アウトから1番の大西君がライト・オーバーの2ベース・ヒットを打つと・・・

20060731142654.jpg


一人挟んでキタガーが・・・

20060731142741.jpg


またもや執念の逆転・決勝タイムリー・ヒットを放ちましたね!

20060731142838.jpg


もうお分かりですね!

ある法則とは・・・・・

大西君ヒットで出塁すると、キタガー必ず還す

名付けて「Northwestの嵐」という(名付け親わたし)、極めてエキサイティングでいてまえな法則がここに誕生したのです!

20060731143106.jpg


大げさだとお思いでしょうが(爆)、ここまでファンの期待に応えてくれるこの2人の大活躍は本当に目を見張るものがありました。

今回の対マリーンズ3連戦戦での2人の打撃成績をご覧下さい。

キタガーは13打数5安打3打点で打率は0.384

大西君に至っては10打数6安打2打点0.600

お疲れ様でした!また明後日からの天敵・ファイターズ戦でも、この法則で「打って打って、打ちまく」って下さい!!


6回は、アウトの結果だけを見ると3三振(笑)。でも逆転。珍しいですね~。


オバちゃん降板の後は、マエカーにスイッチしてマリーンズを挑発された中村監督様ですが、思いのほかマリーンズが打たないうちに味方が逆転したため、遂に方向転換(笑)

Bs中継ぎ陣勤務時間になりました。

まずは「ジンギスカン」の登場曲に雰囲気負けしなくなったY・ユウキが登場。

20060731143643.jpg

最近の勝利の女神様は、どうやらユウキご執心のご様子ですね。

平野よし君は、飽きられたのでしょうか(笑)

2回と1/3を投げて、今日はパーフェクト4つ目の白星を手にしました!


の次ぎはですね。で、今日は大輔

20060731143853.jpg

8回の1イニングを1安打2四球ながら無失点。今日も大輔ワールドに魅せられました。


9回の頭は、K・菊様がマウンドへ。

最後の締めにO様がいつ登場するのかにとても(心配)期待が募りましたが、途中1アウトから一昨日のヒーロー・青野さんに2ベース・ヒットを浴びて1打同点のピンチを迎えましたが。

しかし、菊様の恐らく青白いと思われる熱く燃え上がる心の炎は更に勢いを増して行きました!!

20060731144128.jpg

ここで代打の辻さんをショートゴロ、同じく代打のぱすくちさんを空振りの三振に斬って取りガッツ・ポーズ!

取られた点数は、オバちゃんが失った1点のみで追加点を許しませんでした。

今日は「Y・K・K」リレーでした・・・。 

流石です。一度スキを閉じたら勝手には開きません。世界に誇る日本のトップブランドと同じですね!

↑ところでマエカーのMは?・・・まっ、えーかー(爆)

それと、恐らく誰も気付かないと思うので(笑)、せめて私だけは・・・。

的やん!ナイス・リード!


1点差での勝利は、今季これでようやく9試合目となりました。

そして何故か1/3の3試合がマリーンズ戦なのでした。

因みに最近1点差勝利は、7月8日の同じくマリーンズ戦でした。

得点も今日と全く同じ2対1でした・・・。

ついでに付け加えるとしたら、今日の勝利は記念すべき(?)大阪(の)ドーム今季2ケタ到達の10勝目(14敗)でした。
(ですよね?みずなさま)

因みに、スカイ未だ9勝13敗かと思われます。

20060731144828.jpg

今日のお立ち台は、投打のヒーローが3人も(笑)

同点ホームラン真ちゃん逆転決勝打キタガー好救援ユウキ

20060731145208.jpg

サインボールの投げ入れは、やっぱりキタガーは今日も思いっきり「下投げ」でした。

活躍の蔭で忘れ勝ちになりますが、満身創痍も限界に近づきつつあるのには変わりありません。

いま私達がキタガーに対してできるたった一つのことは、涙をこらえて笑顔で「ありがとう!」と叫ぶことしかありませんね・・・。


今日は勝利の「SKY」大合唱は、豪華にメガ・ストッパーの皆さんによる生ライブでした。

20060731145510.jpg

上手くタイミングよく撮れずに残念でしたが、ヒーローの3人皆と一緒に合唱し、一緒に「SKY!」でジャンプ!(笑)

何故かとても嬉しくて堪えていた涙を迂闊にも一筋こぼしてしまいました・・・。

やっぱり昨日のトーク・ショーでの川越選手会長や平野よし君、そして今日の吉井組長と本やん達の言葉に嘘はありませんでした

20060731145831.jpg



  「チームは今、苦しい状態。

  でも選手はまだ諦めていない!」



私は、選手達を信じて最後まで応援し、見守り続けたいと改めて思いました。


 ~お知らせ~

 今日のこの2人による「爆笑トーク・ショー」の模様は、明日の記事でご紹介したいと思います。

 悪しからず、ご了承くださいませ~。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月29日 対千葉ロッテ戦12回戦(大阪のD)

私が今日球場から帰って一番最初にしたことは、何だかわかりますか?

もちろん、今日の「あの」プレーをビデオでじっくりと味わい、それを見ながらビールのプルトップを開けることでした!!


試合は敗れて3連敗になってしまいましたが、悔しいその結果よりも何故か今日は次代のレギュラーを狙う若手達の溌剌とした活躍などが見られたので、3連敗でも心はそれ程重くはありません。

プレーオフ争いに踏み止まるには、この3連戦においては絶対に勝ち越すことが必須条件であったのはBsではなくマリーンズでした・・・。

パ・リーグの優勝争いを面白くないものにさせないことが、後半戦のBsの役割だとしたら、昨日・今日は上出来だったと言えるのでしょうか。

でも例えそうであっても「あと1本」が出ずに、しかも連敗というのだけは何とかしてほしいものですね(笑)

ともあれ、ベテランがブレーキであればあるほど若手の活躍一層輝いて見えますね!

そう考えると、ベテラン達はもしや・・・。業と・・・。

小さい時に読んだ童話。「泣いた赤鬼」というお話しを何故か思いだしてしまいました・・・。



 Bs 3 - 5 Malines


あのプレーとは・・・

060729-a.jpg

凄すぎるプレーです!これが、あの光尊様とは思えませんでした(爆)

一瞬本気で、中の人ひらりんに替ったのかと思いました・・・。


試合経過はそこそこに(笑)。今日輝いた選手達をご紹介しましょう!

まずは、今日は嬉しいスタメン。9番・セカンドのルパン森山君でした。

20060730105223.jpg

1点を先制されて迎えた2回の攻撃でした。

1アウトから、7番・光尊様が右中間を破る2ベース・ヒットで出塁すると、8番・ダカヒーが倒れて2アウトになりました。

何と言う名前の登場曲なのでしょうか・・・。

足の早さがF-1並みに速いからと言うことでしょうね。昔のF-1ブームの時に古館さんの名調子と共に刷り込まれたあのテーマ曲に乗って今日最初の打席に向かいます。

ここで森山君が流し打った打球は、センター前に!

韋駄天光尊様(←何か?)が2塁から還り、貴重な同点タイムリーとなりました。

20060730105307.jpg

昨日、ご紹介が遅れてしまいましたが、実は由田君共にプロ初の盗塁を決めてくれていました(由田君もです)。

そして今日、プロ初打点を記録しました。

3打数2安打で、打率も再び5割に戻しました(笑)


そして次は、今日全部で13本とマリーンズを上回るヒットを放ったBs打線の中にあって、一際目立つ4安打の固め打ち大西君です。

特に2安打目のセンター前ヒットは、昨日に続いて、一時は同点となるタイムリー・ヒットになりました。

20060730105518.jpg

最近5試合の打率は、24打数11安打で何と脅威の4割5分8厘です!

誰かと誰かと誰かの打率を足してもまだ高い打率です。

彼もまた、この日から何かが自分の中で弾けたお一人でしょうね(笑)

その風貌からはわかり辛いかも知れませんが、彼も立派な「松坂世代」の一人です。

今日は大西君よりチョビットだけ有名な松坂世代のマリーンズ・久保さんが相手であったのでいつもよりも燃え方が激しかったのでしょう。

大西君にとっては久保さんは、ライバルと言う意味では松坂さん以上の存在だったと思います。

方やPL、方や関大一高。全国屈指の激戦区大阪で凌ぎを削りあいました。

春の選抜。甲子園で準優勝を飾った久保さんのことは、高校生であった大西君の目にはどのように映っていたのでしょうか・・・。

しかし連日の活躍で、大西君に対する声援は明らかに大きく変わることでしょう!

えっ?前までの声援はどういうものだったかって?

それは誰もが聞いたことがあるでしょう・・・。Bsではガルちゃん次ぐ大人気・・・


 「ボールくださーーーーーい!」


そして、9回です。2対5と3点のビハインド

マウンドには、連日公演が続く連投のマサさんが今日も上ります。

コールされた時はBsファンも沸きましたが、全国区の幅広い人気を誇るマサさんですね (←バキッ!!)

失礼致しました。続けます(笑)

昨日の9回の奇跡を目にしたBsファンは、もしや?今夜も最高?などと誰もが期待していたことでしょう。

先頭の大西君がセンター前へ4本目のヒットで出塁しますと、2番・村松様の打球はセカンドへ・・・。ありゃりゃと思いましたが、快足の村松様は何とか併殺は免れました・・・。

3番は、キタガーです。

先発の久保さんには全く合わず3打席連続で凡退でしたが、4打席目にピッチャーが神田さんに替わったとたんにライトオーバーの2ベースヒットを放ちました。

無得点でしたので「先頭打者として」と言うのは隠しておきます

まぁ、その前の3回にも先頭であった村松様が左中間を真っ二つに割る3塁打で切り込んだのに無得点と言うのもありましたしね・・・。

20060730110329.jpg
ヘッド・スライディングが美しかったです!

話しを戻しましょう・・・。

ここはもう、何としてもキタガーに打ってもらうしかありません!

でもキタガーは、今日はファーストの守備でもフル出場でした。何回だったか、1塁寄りの足元の強いゴロを捕れなかった時に、悔しさのあまり負傷した右腕で自分の右太ももを強く叩いていました・・・・・。

いいのでしょうか、こんなことさせてと思ったのは私だけでしょうか(涙)・・・。

しかし期待に応えたい気持ちは、誰よりも強い「主砲のキタガー」です。

昨日のように同点と言う場面ではありませんでしたが、ここでもファンを熱狂させるタイムリー!!!

痛烈な、火の出るような強い打球は、マリーンズ3塁手の今江さんの股間を破り(笑)レフト線際へと抜けてゆきました。

20060730110614.jpg
余りの興奮に写真を撮ることさえ忘れてしまいました。これは2打席目の死球の時のものです。文章と写真とのテンションのギャップ、お許しください(笑)

これで2点差に・・・・・。

すわ、今夜もコバスコ劇場か!?

後続の打者にホームランが出ようものなら連夜の奇跡です!

と思われましたが、後続の4番・5番は3回の逆転のチャンスと同様に、仲良く連続空振りの三振でジ・エンドでした。

4番・5番のベテランは、チームのために頑張りすぎて大分疲れが溜まっているのでしょう。或いはまた痛みが出ているのでしょうか。

だから仕方ありませんよね。

責めないであげてくださいね・・・。

そのかわり、若手達の大活躍が更に輝きを増しましたので(笑)

(本人の名誉のために、お名前は伏せておりますことをお許しください)

こうしてチャンスを沢山作りながら、今日も新たな伝統となりつつある

「粘ったけど、あと1本が出ないな。また明日だな」状態

で試合の方は3連敗ということでお開きとなりました。

20060730112519.jpg

崖っぷちのマリーンズ、何とか優勝争いに踏み止まる!というスポーツ紙の大きな文字が目に浮かびます・・・。でも、その横に小さな字で補足がこう書かれていることでしょう。

「パの灯を消すな!Bs全力でアシスト」と。


今日は他にも目を見張る活躍をした選手がいます。

冒頭の「ウルトラ・スーパー・スペシャル・エクセレント・プレー!」の守備の神様(←何か?)我らが光尊様です!。

20060730111300.jpg

まさに、蝶が舞い蜂が刺す、あの伝説のお蝶夫人のプレーの野球版でした!

ん!? 誰ですか!? マグレ」と一言で片付けようとされる方は!?

もう少しだけ、酔わせてください(爆)

今日はその神守備(笑)だけでなく、バッティングも2安打の堅め打ち(笑)。

打率は遂に最大風速でなく3割に返り咲かれました。

記念写真です(爆)

20060730111530.jpg

一時は2割7分を切りかけたこともある光尊様。さすがは打撃の神様ですね!

・・・・・すみません。悪酔いが過ぎました。


先発は吉井組長でしたが、今日はらしからぬピッチングでしたね。

20060730112033.jpg

失点直後に2度も同点に追いついてもらいながら、すぐに2度も勝ち越しを許す苦しいピッチングでした。

もっともその失点の3点は、それぞれ最少失点に抑えたというところは流石ではありましたが・・・。

昨年も後半は殆ど勝ち星が延びませんでした。

やはり夏場はベテランにはキツイのでしょうが、何とか2桁勝利を心から期待しております!


後を継いだ高木君とユウキは、共に2回を投げて1点づつ失点

ユウキは、出る場面は勝ち負け状況お構いなしなのですね(笑)

完全に「ハギー」のポジションにはまったということですか?

今日いただいたピン・バッジが「ハギー」だったので、しみじみと思い出しました・・・。

ハギーお誕生日に復活計画は順調なのでしょうか?(←あるのか?)


最後の2イニングを締めたのは、きんこ君でした。

昨日の最高球速は、何と149kmを計時!

ウソじゃないですよ。私はドームのビジョンでしっかり確認しました(笑)

20060730112006.jpg

フレッシュ・オールスター効果が、徐々に表れてきたということでしょうか・・・。

それとも単なる確変でしょうか(笑)・・・。

私は前者だと思っています。もちろんですよね!


そうそう、今日楽しみにしていた例のトーク・ショーのメンバーは、ただ今1軍登録抹消中の川越会長と昨日投げたばかりの平野よし君のペアでした。

20060730112214.jpg

内容は・・・。あんまり憶えていません(爆)

でもこれだけは耳に残っています。

会長こう見えて僕ら、それ程仲良くないんです」(ニコニコしながら)

さすがはエースです。笑いも超1流だったと思います(笑)

今から思えば、何故選手会長なのに吉本の舞台には呼ばれなかったのでしょうか?(核爆)


7月30日対 千葉ロッテ戦第13回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bsオバ氏@のー・こめんとでお願いします@他に誰かいなかったのですか?

M :成瀬さん@7月9日のBs戦以来の登板@念のため。左です。


試合への期待は置いておいて(笑)・・・

明日のトーク・ショーの予告先発選手


吉井組長と本やん


これは行くしかないでしょう。いや、絶対に行かねばなりますまい(爆)

明日がとても楽しみですね!

20060730112559.jpg


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月28日 対千葉ロッテ戦11回戦(スカイマークS)

エキサイティング・リーグ!

パッ!!

一言で言うと、まさにこの言葉がピッタリのゲームでした。

9回2アウトから、脅威の集中力で2点差を追いついたBs!

延長12回2アウトから、まさにあと一人で負けがなくなるというギリギリの状況で飛び出した伏兵のアーチで勝ち越したマリーンズ!

ただ、そのどちらのシーンにも、マウンドには「守護神」の姿がありました・・・。

結果はとても悔しいですが、私的には「いい試合」であったと思います。

いや、やっぱり負けたのだから「いい(E)試合」ではダメですね。

なので、一歩及ばぬ「でぃー(D)試合」にしておきます。

あのまま3対1で敗れていたら、かなり楽しくない試合になっていたとことでしょう。

しかし後半戦初のホームでの試合に相応しく、(時間的にも)たっぷりと私達に「野球は2アウトから・・・」という言葉を堪能させてくれました。

両チームの皆さんも、最後まで観戦された現場ファンの皆様方も、本当にお疲れ様でした!



 Bs 3 - 4 Malines


今日は「両YOSHIKUN」頑張ってくれました。

まずは何といっても先発の「平野よし君」です。

20060729113156.jpg

もう完全に復調と言ってもよいでしょう。

長かったプロの壁は、自らの努力と週刊ベースボール効果(笑)でどうやら克服してくれたようですね。

紅井さん、フクーラさんというマリーンズの超強力主砲2門を欠く打線とはいえ

9回を投げて 被安打10 与四球1 奪三振3 被本塁打1 失点3

取られた得点の内容はともかく、3失点で凌ぎ、打線の援護を待つことができて結局勝ちはつかなかったものの負けもつかなかったことは充分に評価できます。

前回は好投しながらも1つの回で四球2つを与えて、簡単に2点を取られてそれが致命傷になりましたが、それも改善しました。

今季後半をエース級の活躍を求めるために敢えて言うなら、9回の失点を何とか抑えて欲しかったのですがね・・・。

でも、よく頑張りましたね!!!

後半も「八木世代」の名に恥じぬように、ファイターズ八木君に追いつき、追い越して欲しいと思います(笑)

  ↑ 参照・今週号の週刊ベースボール


そして「俺達のよしくん」です。

20060729113522.jpg

今日もいきなりの2打席連続ヒット

愛想を尽かされそうになっていたはずのライトスタンドも、心なしかいつもより拍手が大きかったような気がしましたね(笑)

2打席目のヒットで同点のホームを踏んだ直後に、知り合いの方からお声を掛けていただきました・・・。

  Aさま「谷選手、どうしたんですか?(笑)

  わたし「何がですか?あれで普通ですよ

嬉しすぎていつもの約2倍、ふんぞり返ってお答えしたお蔭で、スタンドの階段から落っこちそうになりました(爆)

ただ、その2本のヒットの後3打席連続で凡退しましたので、もうグーの音も出ませんでしたが(涙)。

噂では中の人が「イチロー君」という説もあった程ですが(本当か?)、これで疑惑は晴れたでしょう。

よしくんは、よしくんであって、イチロー君でも、ヤワラちゃんでもないのです!


その4回に同点のタイムリーヒットを放ったのは、誰あろう麗しの光尊様、その人でした。

最近は、あっち系のプレーが少なくなってきて嬉しいやらホッとするやら(面白くないやら)、何かと忙しい光尊様フリークスですが、今日も見どころ満載の「プチ・光尊様デー」になりましたね!

2回には、最近凝っているセーフティー送りバント」を今日も鮮やかに決めて、惜しくもあと1秒ほど足らずに自分はアウトになりましたが、ランナーはしっかりと送ることに成功しました。

そして4回。1アウトからヒットで出塁したよしくんを1塁に置いて、光尊様が打席に入られます。

20060729114011.jpg

打席に入る直前の屈伸運動は、今やあのフミヒロよりも有名になりつつあります。

このときは、心持ちいつもよりも深めに腰が落ちていたので、「何かヤル?!」というオーラは、私には感じることができました・・・。

しかし、せいぜいヒットでチャンスを広げる位しかできないのかと気持ちは沈んでおりました(爆)

しかし、そんな予測など何の役にも立たないことは光尊様フリークスの共通の原体験

ここで何とスイングの軌道とは全く反対のレフト線近くの誰もいない空間にポトリと落ちました!

千葉ロッテ守備陣も全く予測不可能な光尊様の意表を突くバッティングに、一瞬見とれていたのでしょう・・・。

無理もありませんね(笑)

よしくんは1塁から俊足を飛ばしてホームを駆け抜け、光尊様「光」が瞬くように気が付けば3塁塁上に!

レフト前のポテンヒットを3塁打

(記録は2塁打と送球の間の進塁ですが)にしてしまう光尊様「魔力」威力」に、ほぼ満員のレフトスタンドのファンの脳裏にも、深くその名が刻み込まれたことでしょう・・・。

20060729114501.jpg

1アウトで3塁に残った光尊様をこの後ホームに返すことができずに、一気に逆転できなかったことが後々まで響くことになろうとは、このときはまだ思いませんでした。

6回には傷心証明の正真正銘の2塁打を放ち、いよいよあとは「たったの」シングルとホームランを打つだけで今日はサイクルヒットだ!との期待に、長く埋められなかった2点差でも我々に前向きに観戦させてくださる「愛情」もいただきました。

その後、延長10回にセンター前ヒットが飛び出したので、本気でサヨナラ・ホームランを信じておりましたが、お楽しみはまた今度、ですね。

今日はただ一人3安打で猛打賞。打率は瞬間的には3割復帰を果たしました(嬉)

守備でも今日はショート→ファースト→またショート、と内野手のユーティリティー振りも遺憾なく発揮。エラーなどいつから見せてもらってないでしょうか(泣・爆)


敗色濃厚の9回裏Bsの攻撃です。

先頭の今日は珍しく7番のダカヒーが遅まきながら今日初のヒットで出塁します。

しかし8番途中出場の塩Z、9番同じく途中出場の真ちゃんも残念ながら凡退・・・。

ランナーは2塁には進みましたが、良くてBs得意の「逆転しない程度の集中打で1点差」までが関の山かという思いは頭の片隅にあるにはありましたが、正直万事休す、という空気が私の体を包み込んでおりました。

マリーンズのマウンドは、守護神のマサさん。

昨日は1点のリードを守れずに、ホークスにサヨナラを喫しています。が、今日は2点差。

流石の私も、劇場のチケットを買いそびれたかな?と思いました・・・。

ところが、ここで代打起用に応えた大西君が1・2塁間を鮮やかに抜けるヒット!

ダカヒーは必死で走りホームへ!! やっぱり予想通り(笑)1点差に迫りました!

20060729115152.jpg

ファンにしかわからない、ピースサインが誇らしげです。

また大きな声で言ってあげましょう!

大西君~!ようやった!」  ダカヒーも、よう走ったよ!」

1点返しましたが、2アウト・ランナー1塁

次打者は、現在パ・リーグ打撃成績第二位村松様。初回にお礼のヒットをホームのファンに見せて下さってから3打席続けてヒットはありませんでした。

しかし、打率は正直ですね。

4打席連続凡打は、計算の範疇外でした。叩き付けた打球が高く跳ねて3塁へ。

今江さんが捕球した頃には、村松様1塁を踏んだ後でした。

20060729115521.jpg

ヒットが2つ繋がって、2アウト1・2塁

ここで打席は、今日は久し振りに1塁守備にも就かされた就いたキタガーです。

もう痛々しすぎましたが、お腹が空いて困っている人がいたら自らの顔をちぎって分け与えるアンパンマンと同じく、いつもの「笑顔」で、精一杯のプレーでした・・・。

20060729115638.jpg

ここまで4打席凡退ではありましたが、そんな姿勢に野球の神様も応えて下さったのでしょう。

狙いを澄ました右打ち。ライト前にライナーで運ぶヒット!

今度は2塁走者は大西君です(笑)。

期待通りに、ホームに滑り込んでくれました。

9回2アウト絶体絶命の土壇場で4本の集中打を放ったBs打線が、遂に同点に追いつきました!

コバマサ劇場と言うべきか、それともBsが起こした後半戦初の奇跡と言うべきでしょうか・・・。

20060729115824.jpg

今日はこれで元が取れました(笑)

最近は、去年揃って苦しんだよしくん、村松様、キタガー同級生トリオ揃って活躍することが増えて、本当に嬉しいです!!


延長に入るとBs打線一方的に攻め立てます

10回以降12回最終回まで、何人のランナーが塁上を賑やかせたことでしょうか?

前半戦何度も何度も聞かされたこのセリフ・・・。


あと1本が出ませんでした・・・


好投の平野よし君の負けが消えた後、Bsリリーフ陣素晴らしいピッチングの品評会でした。

10回以降登板した5人のピッチャーが与えたヒットは僅かに1本

ただ、その1本が試合を決めてしまったのですが・・・。

今日は完全な「表のK・Y・K・O」でした。

大輔、ユウキ、菊様パーフェクト

関係ありませんが「K・Y・K」と聞くと、どうしても「あのコマーシャル」が脳裏をかすめます(笑)

 「うぅ~~~んっ。K・Y・K!」 テイク・アワー・テイスト!


しかし、マリーンズ同様に最後の締めを担ったはずの守護神大久保様が、2アウトランナーなしから、伏兵の青野さんにまさかのレフトスタンドへホームランを被弾して、ジ・エンド

どちらも守護神がピリッとせずに「劇場公開2本立て」になってしまいました。

20060729120438.jpg

疲れる試合にはなりましたが、私の中では9回の同点劇が見られたことで何とか最悪の気分にはならずに終わりました・・・。

明日も私達をエキサイティングに熱狂させてくれる試合を見せてください!

できればでいいので、勝ち試合希望(爆)


7月29日対 千葉ロッテ戦第12回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bs吉井組長@オールスターのリベンジを!@千葉ロッテ戦はまだ未勝利(1敗)

M :久保さん@まだBs戦は1勝だけ@でも登板は1だけ。しかし完封(泣)


よく考えたら、明日も負けたら3連敗なのですよね。

いつもはデビちゃんがその役割ですが、明日は吉井組長に「連敗ストッパー」を託しましょう。

明日もお子様はベンチですか?今度は是非私を・・・(爆)

あっ、そうそう。今日のトークショーは、誰が出演してくれるのでしょうかね・・・。

試合と同じくらい楽しみです(笑)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月27日 明日から後半戦初(2週間ぶり)のホーム!

後半戦を4安打固め打ちでスタートした村松様

20060727233306.jpg

規定打席到達は間もなくだとは思っていましたが、昨日到達していきなりパ・リーグ第2位に躍り出ました!

オリックス村松が打率リーグ2位

オリックス村松は規定打席に到達し、打率3割2分9厘でリーグ2位に浮上。「まだまだこれからです。1打席1打席、結果を残せるよう頑張って行きたい」。

コメントは「らしさ満開」です!

他の記事では「結果を残さないと、使ってもらえないんで。」というコメントも読みました。

開幕直後は、交代要員でした・・・。特に左投手の時には必ずと言っていいほどスタメンから外されました

実際には右よりも左の方が打っていたのですがね(笑)

今から思えば、ここまで盛り返すこととなる活躍のターニング・ポイントになったのは・・・。

弟子であるひらりんの負傷であったような気がします。

チームのために、自分のために、「ただのファール・フライ」を命懸けで追いかけ、一つのアウトと引き替えにとても大きな代償を払うこととなったひらりん・・・。

キャンプでは、全ての休みを返上して共に練習をしました。

20060727234216.jpg

そのストイックなまでに自分自身を限界まで追い込む練習姿勢は、野球選手としての2人の共通するポリシーです。

その、負傷した愛弟子のために・・・

その気持ちが、どん底から打撃ベストテン第2位まで駆け上った原動力の一つだったに違いないと思います。

首位打者!・・・。まだそれを言うのは時期尚早ですが、私にとっても今シーズンの新たな、そしてとても大きなモチベーションになることと思います。

現在1位は信彦さん。立ちはだかる山は、とてつもなく大きいですが応援したいですね!

さて、チームの皆さんは約2週間ぶりにホームに帰ってきました

相手のマリーンズは、後半戦開幕ホークスに3連敗、オールスター休みを挟んで5連敗です。

中でも今日は、1対0でリードの9回に守護神のコバマサさんが失敗してサヨナラ負け・・・

プレーオフ争いに踏み止まるためには、痛すぎる敗戦を喫してしまいました。Bsよりもしんどい状況です。

明日からの3連戦は、どうしても負けられないという気魄で向かってこられるでしょう。

Bsは、どのような戦いを見せてくれるのでしょうか?

楽しみです。この目で見届けてきます(笑)


7月28日対 千葉ロッテ戦第11回戦(於スカイマークS)の予告先発投手は

Bs平野よし君@頑張れ!八木世代!@千葉ロッテ戦は2勝負けなし!

L :俊介さん@まだBs戦は1勝だけ(2敗)

20060727234137.jpg


現在、対千葉ロッテ戦は信じられないことに5連勝中です(笑)。

通算でも信じられないことに7勝3敗大きく勝ち越しています

オールスター明けの後半戦初のカード勝ち越しを、大いに期待したいですね!

心配は・・・・・夕立です(爆)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月26日 対西武戦12回戦(インボイス西武D)

昨日のお祭りは、昨日でおしまいでした。

宵とか宵々とか宵々々とかは、ありませんでした。

もちろん相手は、偉大なWBC王JAPANの大エースですもの。そりゃ、仕方ありません。

後半戦初の引き締まった投手戦でしたね、6回までは・・・

先発の両投手は、お互いに違った意味で本当はもう少し投げたかったのではなかったでしょうか?

しかし、仲良くどちらも7回途中でマウンドを降りました。

勝敗は、リリーフ投手の出来でハッキリと明暗が分かれました。

Bs新・勝利の方程式である「Y・K・K・O」。

今日は、YはYでも・・・・・でした。

投手交代って本当に難しいですねぇ。理解するのが・・・。



 Bs 1 - 4 Lions


20060726214138.jpg



Bs先発は、故障癒え満を持して後半戦に復活を懸ける、元エース候補川越選手会長でした。

実に7月14日以来、12日振りの先発で後半戦初の連勝と自身の7勝目を狙います。

20060726233155.jpg

初回には3安打を集められて、先制タイムリーも浴びますが1点で食い止めました。

3回にも2安打を浴びますが、ここも犠牲フライの1点のみに凌ぎました。

粘りの投球が実り、ようやく4回に味方が1点を返して1対2の1点差にしてもらうと、4・5・6回の3イニングは無失点に抑える安定した会長本来のピッチングを見せてくれました。

相手先発の松坂さんにも堂々と渡り合いました。

昔から松坂さんが相手だと、人が変わったように素晴らしいピッチングをすることが多かった川越会長でした。

そして今日は更に、放送ブースには「大恩ある伊原さんが目を光らせておられましたし(笑)

松坂さんと川越会長との投手戦の様相を呈してきました・・・。

どちらが先に崩れてマウンドを降りるかということが、今日の試合の勝負の分かれ目であろうと見ておりました。

もし後半のリリーフ勝負になれば、今であればBsに一日の長があるのではと、ライオンズ・ファンには内緒ですが秘かに思っていたからです(笑)

7回に、どちらのピッチャーにとっても予想外の出来事が起きました。

まず7回表の松坂さんです・・・。

先頭の7番・塩Zにこの日6本目のヒットが飛び出すと、8番・良太は手堅く送ります

そして9番・ダカヒーでしたが、ここで故障が癒えるまでは代打の切り札として活躍を期待されているキヨが打席に向かいます!

もう既に7月も終わりに近付いていますが、実はキヨと松坂さんは今季公式戦初対戦でした・・・。

オールスターでの藤川さんとの対戦は大きな話題ではありましたが、私が本当に見たかったナンバー・ワンの対戦が遂に実現したのです。

20060726234124.jpg

でも、キヨは「20年間見てきた中でナンバー・ワン」とオールスターでの藤川さんを評価してしまいましたから、松坂さんとの対決はそれほど注目されない対戦となってしまったので、思った以上に燃えられなかったのでしょうか・・・。

20060726234254.jpg

手に汗握る間もなく、あっさりとキャッチャーへのファール・フライに終わってしまいました。

松坂さんとの対戦は、残り数えるほどしか見られないのかも知れません(予定)。アメリカに行かれるまでに、是非ともホームランが見たいです!


これで松坂さんは、拍子抜けしたのか、極度の緊張から解き放たれて気が緩んだのか、逆に高校時代の想い出が蘇りキヨの時よりももっと燃え上がったのでしょうか・・・。

詳しくはわかりませんが、続く1番・大西君(PL学園出身・同級生・甲子園決勝で対戦)との対戦の初球でした。

20060726234538.jpg

なんと!抜けたボールが大西君頭部に直撃してしまいました!

幸い、大西君直ぐに一人で立ち上がりました

一瞬血の気が引きましたが、それどころか大西君は先程の対戦でプロ入り以来松坂さんから初めてのヒットを打ったばかりでしたので、頭部死球も無かったことにして勝負を続けたいような感じで、1塁へ歩くどころか、ドサクサに紛れて再度バッターボックスに入ろうとしているようにさえ見えました。

さすがは大西君ですね(笑)

でも、頭部直撃です。念のため病院には行ってくださいね。

結局松坂さんは、危険球により即刻退場となり思わぬ形でマウンドを降りることになりました・・・。

Bsにとっては瓢箪から駒。チャンスが巡ってきました。

しかし、緊急登板となった2番手・三井さんが、当たっている村松様を2塁ゴロに抑えてチャンスを活かすことはできずに終わってしまいました・・・。


反対に7回の川越会長です。

表の攻撃でパートナーのダカヒーに代打が出たことで、この回からキャッチャーが的やん替りました・・・。

・・・これまでのリズムに、微妙な誤差が生じたのでしょうか?

それまで無四球であった会長が、先頭の7番・石井義人さんを簡単に歩かせてしまいます・・・。

続く8番の細川さんが送りバントを決めたところでピッチャー交代・・・。


まあ、1点負けてはいますが相手もエースが降板したばかりです。

ビハインドの場面でも「Y・K・K・O」投入は理解できます。

当然勝ちパターンの継投で勝負することで、ライオンズベンチにもプレッシャーを掛けることができるはずです!

最初に「」が登場しました・・・・・。

YはYでもユウキではなく山省でした・・・。

えっ!? 山省も勝ちパターン!? いつから!?

違うのか・・・。負けを覚悟してY・K・K・O」は温存!? 逆転するまでは出さないということですか・・・。

でも、このピンチを「Y・K・K・O」以外のピッチャーで凌げる自信があったのでしょうか?

左の山省であれば、菊様で良いのでは!? もしや故障!?・・・

頭の中が、グルグル回っています(笑)


OはOでも」オバちゃん。で、ジ・エンド・・・。

同じ香りがしました・・・。

バッターはスイッチなので右打席に立った赤田さんでした。

ショウゴ対ショウゴ」でしたね(一応、言わずにおれないので、言っておきます)。

初球、真ん中にあっさりストライクを取りに行った平凡な球速のストレートでした。

気が付けば左中間スタンドの芝生席で打球が跳ねていました・・・。1対4・・・。

ジ・エンドでした・・・

そして、3点差がついたところでピッチャー、ユウキ・・・。


はぁ!?


もう素人では考えられないリレーです。投手リレーって本当に難しいですね。素人にわかるほど単純ではないのですね・・・。

もっと勉強が必要ですね。いえ、私が、です。


得点シーンは4回にありました。

先頭の3番・キタガーが空振り三振のあと、4番・ノり2打席連続ヒットとなるライト前にライナーで運ぶヒットで出塁します。

20060726235818.jpg

松坂さんの150kmのストレートを捉えました。梅雨明けと共に、ノリ自身の「心の梅雨」も遥か南の海上に去っていったようですね。

これからは大好きな暑い夏ですね!でも、罰ゲームとは言わないで(爆)

昨日のお祭りのお神輿に一人乗れなかった・5番光尊様に、後半戦のようやく「初日」が出ました。

20060727000006.jpg

得意の初球打ち。スライダーをしっかりと捕まえてライト前に運びました。


心の梅雨」といえばもう一人・・・。中村監督様からレギュラー剥奪とのキツーイ激励を受けて人が変わった(中の)俺達のよしくん

今日も6番・レフトでスタメンでした。

光尊様が「初球打ちの王子様」なら、よしくんは「初球打ちの王様」。

同じくスライダーをきれいに弾き返してセンター前に!

20060727000335.jpg

今日唯一のタイムリー・ヒットとなりました!

後半戦、本当に素晴らしいスタートを切りましたね。この働きなら、もう誰からも文句は言われないはずです。

心なしかよしくん表情が晴れ晴れしく感じるのは、私にしかわからないかも知れませんね(笑)


Bs打線は、今日は7安打1得点に終わりました。

他にヒットを放ったのは各1本づつ。大西君、塩Z、そして村松様でした。

村松様は、6回の打席で自打球右膝に当ててしまいました。

20060727000542.jpg

治療のためにベンチ裏へ一旦下がり、とても心配しましたが再び打席へ・・・。

そしてライト前ヒットを放ちました(笑)

これぞプロ、ですね!


昨日の得点を少しだけ借り入れることが許されるなら、連勝でしたのにね~(笑)でも、仕方ないですよね。「昨日の打ち疲れ」がありましたからね(爆)

明日はお休みです。

そして、いよいよBsがホームに帰ってきます!

謹んでこの一言を申し上げたいと思います。

待ってました!

ようやくチームの皆さん再会できますね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月25日 対西武戦11回戦(インボイス西武D)

打ちも打ったり20安打!

取りも取ったり13得点!

どちらも今季最多です。

打線と投手陣そして若手と中堅の力がガッチリと噛み合った素晴らしい試合でした。

テレビから幾度も聞こえてくる乗りのいい歌は、前半戦の試合中には殆ど歌われることの少なかった笑牛拳・・・。

そう言えば、今日は大阪では「天神祭り」でした。

1点差に追い上げられた8回以降は、まさに「お祭り騒ぎ」でしたね!

後半戦最初の試合で、この上ない白星スタートです。

皆様、改めまして、明けましておめでとうございます!!



 Bs ⑬ - 6 Lions


20060725234837.jpg


最初にオーダーを見たときは、本来とは反対の意味で(笑)驚きました・・・。

あれっ?ぐっちは?迎君は?森山君は?

若手中心」と書いて「はいせんしょり」と読むのかと思いました。

スタメンに名前が踊っていたのは、私はてっきり2軍で再調整とばかり思い込んでいたので1軍登録、ましてや即スタメンに頭の中が真っ白になりました(喜)

しかし実際に蓋を開けてみれば、そのよしくんタイムリーを含む3安打猛打賞!

私の大好きな、結果オーライでした(爆)


先発は、最近の安定したピッチングが評価されて栄誉ある後半戦の開幕投手に指名された本やんでした。

20060726150237.jpg

今日はちょっと多めに4点も取られましたが「負けない本やん」は健在でした。

立ち上がりの初回、いきなり先頭から2者連続ヒット。ノー・アウト1・3塁のピンチから始まったときはどうなることかと思いましたが(笑)

結局この回を最少失点で切り抜けたことがとても大きかったように思います。

3回にもタイムリーを浴び2点、5回には併殺の間に1点・・・。

4回までは1対3と劣勢でしたが、5回に味方打線が集中打でひっくり返してもらったお蔭で何とか5回を投げ切り、勝ち投手の権利を得てマウンドを降りました。

途中、後を受けたユウキが1点差まで追い詰められるという「見せ場」もありましたが(笑)最後まで逆転されずに試合は終わりました。

黒星も付かない代わりに、好投を続けながらもなかなか白星もつかなかった本やんでしたが、ようやく7月2つ目の白星、今季3勝目を無事ゲットすることができました。

20060726150612.jpg

後半戦はエース級の活躍を期待したいですね!


1点を先制された直後の2回。ヒットが2本続いたものの2アウト・・・。

またもや拙攻の繰り返しかと気が滅入りかけた時でした。

オールスターでは奮わなかったダカヒーが、うまく流してタイムリー!

Bsにとっては後半戦最初の得点で、あっさりと同点に追いつきました。

20060726150818.jpg

ダカヒーは、最終回の攻撃でも最後の得点を叩きだしました。

まさにダカヒー始まりダカヒー終わりました。

オールスター出場が、彼の中の人何かを代えた変えたようですね!


その後、本やんがあっさりと再度の勝ち越しを許してしまいます・・・。

Bs打線は、4回までは塁上をランナーで賑わせこそすれ、あと1本が出ないと言う「いつものかたち」を判で押したように見せておりました。

ところが5回です。

いったい何があったのでしょうか?

先頭の大西君、2番・村松様連続ヒットの後、キタガーの3塁ゴロで1アウト2・3塁のチャンスを迎えると、第1打席は三振、第2打席は併殺とチャンスをことごとくつぶした4番・ノリ同点のタイムリーが飛び出しました!

20060726151222.jpg

ノリはこの次の打席でも併殺打・・・。その次は死球と遊ゴロでした。ヒットはこの1安打だけでしたが、本当に一振りで勝利に結びつく貴重な2打点を挙げてくれました。

ここで先発の無敗男・ギッセルさんをKO

昨年までBs天敵であった帆足さんがマウンドへ。

最近は本当に多いです・・・。

何がって、光尊様の打席で左ピッチャーにスイッチ・・・。

最近は代打を送られてしまうケースは非常に少なくなりましたが、いつもヒヤヒヤします(笑)

で、ここでのサインは何と送りバントでした・・・。

1アウト1塁で、ランナーのノリを送るのですよ!・・・。

やはり後半戦の中村監督様は、ひと味違いますね!

そして光尊様もタダでアウト一つを献上することを良しとはしませんでした。

自分も生きようと(笑)3塁線に絶妙のセーフティー・バント!

帆足さんの素晴らしいフィールディングによりアウトにはなりましたが、タイミングは微妙でした。

この一見何気ない一つのアウトが、打線爆発の呼び水となりました・・・GJでした!!

2アウト2塁。

ここで塩Zは期待に応えてヒットで続き、2アウト1・3塁とチャンスを拡大してよしくんに繋ぎました。

いままでのよしくんならば、九分九厘凡退で同点止まりで終わったかも知れないところでした・・・。

今季のよしくん、最も苦手なシチュエーション。得点圏にランナーがいる場面

しかし今日ここまでのよしくんは「何故またスタメン!?」との不満不安を余所目に、第1打席と第2打席ともに、ありがちだったポテン・ヒットではなく強く引っ張った鋭い打球で連続ヒットを飛ばしていました。

真価が問われる打席となりました・・・。

そしてよしくんが見せてくれた答えは・・・。

20060726152107.jpg

当たりはそれほど良くはありませんでしたが、センター前にボールが届き、ノリでも悠々とホームに還れるタイムリー!

俺たちのよしくんの、いい意味で予想を裏切る一打によって遂に逆転に成功しました!

オールスターで、セントラルの誰かと中の人が入れ替わったので・・・


そして逆転されて気落ちした帆足さんは、塁上に2人のランナーがいるにもかかわらず、若武者・良太にレフトへ3ランホームランを浴びました。

20060726152336.jpg

この回はこれで6得点です。久々の取る方で(笑)ビッグ・イニングになりましたね!

良太は第7号のホームランでしたが、1点差に迫られた8回にも先頭打者としてレフトへ2打席連続となる貴重な第8号ソロ・ホームランを放ちました!

これでノリの12本に次いでチーム第2位に躍り出ました。

ブレイクの香りがしますね。打率、打点、勝負強さ・・・。4番の声が上がるのも間もなくでしょう

あとは、守備だけですね(笑)

今日は今季2度目の、ただし単独では初めての、ヒーロー・インタビューを受けました。

20060726152711.jpg

この2本目のホームランは、首位ライオンズといえども戦意喪失せざるを得ない大きな1点になりました。

今季はじめ、慣れ親しんだ背番号「30」を「53」に自らの意思で変更しました。足して末広がりの8になるとの、奥様の発案だったと聞きました。

伸び悩む良太にとって、大きな転機となりましたね!

ようやく名実ともに「元服」したと言ってよいですよね。もう、一人で大丈夫ですね!

ハンケチ、お借りします・・・。


その8回。まだ続きます(笑)

2アウトランナーなしから、村松様がセンター右を破る2ベース・ヒットで出塁します。

20060726153010.jpg

村松様は、第1打席こそ送りバント失敗の挙句、空振り三振と私をヤキモキさせてくれましたが、その後3打席連続ヒットで早くも猛打賞

そしてこの打席で4本目のヒットを決めてくれました!

打率は3割3分の大台に到達です。もう誰も止められませんね!

もうすぐ規定打席に達すると、いきなりベスト3ということも充分ありえますね(今なら2位です!

楽しみですね~。

そしてもはや限界が近づいているはずなのに、その表情からは微塵も感じさせないキタガーが打席です。

ただ、今日これだけの猛打の中で、ここまで蚊帳の外でした・・・。

よしくん、村松様・・・。同級生の活躍に当然刺激されていました。負けてはならじと、ようやく5打席目にしてバットが火を噴きました!

20060726153350.jpg

2アウトランナーなしから、ダメ押しともいえる追加点9点目を叩き出しました。

得点は9対6。再び点差を3に広げました。


投手リレーは、先発の本やんからNEW勝利の方程式Y・K・K・O」が登場しました。

8回には最後のピンチが訪れました。

1アウト満塁です。

3点差とはいえ、ここでヒットが出れば勝負は最後までわからなくなるところです。

このピンチを作ってしまった一人は、オールスター帰りの菊様でした。

この場面で対戦するのは、今日ライオンズでは唯一3安打を放っている福地さんです・・・。

言わずと知れた「元・赤ヘル」対決でしたね。

しかし、この勝負は1年先輩である菊様のプライドが勝りました。

浅いライトへのフライ。俊足の栗山さんでさえもスタートできませんでした。

アウトカウントが一つ増えて2アウト。しかし満塁・・・。

ここでベンチから神部コーチと、少し遅れて中村監督様がベンチを出ました!


悪夢が頭を過ぎりました・・・・・。

忘れもしません、オールスター前の最終戦の札幌でした・・・。

Y・K・K・O」の最後が「オーはオーでもオバちゃんという思いもよらないオチで、ファイターズにお中元を差し上げたあの試合でしたね。

あの時も8回2アウトでした。

まさか・・・・・。心お優しい中村監督様です。あれをリベンジさせるおつもりでいらっしゃるのでしょうか!?

もしもオバちゃんがコールされたなら、私は間違いなく今すぐにテレビのチャンネルを変えて、夜の街へとひとり彷徨っていたことでしょう・・・。

大久保様の姿が画面に映し出されるまでは、何時間にも感じました

お顔を拝見して、あまりの嬉しさに「満塁ホームランでもいいや!」と思いました(嘘です)。

今季先頭バッターの被打率が5割に迫る勢いの大久保様でしたが、それはもう遠い昔のことです。

心臓が飛び出しそうな場面でしたが、大久保様は何事もなかったように、ガッツポーズすら見せずに、今日2安打で、とってもいやらしい(注・野球用語です)打者の片岡さんを空振り三振に仕留められました!

20060726154211.jpg



ピンチの後にはチャンスあり。

もう充分と思われましたが(笑)、9回先頭のノリ死球の怒りが再び打線を燃え上がらせて、ライオンズ投手陣を襲いました。

1アウト1・3塁代打が告げられました。

プロ入り初の1軍の試合。そして初めての打席が代打で巡ってきました。

この日昇格したばかりの救世主と期待される由田君のデビューです!

こちらまで緊張が伝わりました(笑)

そして運命の2球目でした・・・。

どことなくぎこちないながらもバットにボールが当たると、なんと1・2塁間を破るヒットに!

嬉しいプロ初打席で初ヒット。しかもタイムリーで初打点のおまけ付き!

20060726154514.jpg

その後、良太にダカヒーとタイムリーが連なり、プロ初得点までも記録しました。

由田君にとっては一生忘れられない1日になりましたね!

随分と離された青木さんや鳥谷さん追撃への小さな、そして大きな第一歩になるといいですね!

もしかしたら本当にBsの「救世主」になるのかも知れませんね(笑)

これからも楽しみに見守りましょう!

しかし、いつも思うことですがプロ入り数年間でチャンスもありながら初ヒットがどうしても出ない選手がいる一方で、森山君もそうでしたが初打席でいとも簡単にヒットが出る選手もいます。

だからこそ、頑張っていながらヒットに恵まれない「」のことが益々愛おしく思うのでしょうね(笑)

最終回の攻撃で更に4点を追加。得点は、何時の間にか13対6のダブル・スコア

もはや「お祭り」になりましたね・・・・・。


9回のマウンドには、もちろんそのまま大久保様が上られました。

そしてナカジさん、かぶれらさん・和田さんの代打・石井義人さんと続くライオンズの強烈クリーンアップを3人で退ける完璧な幕引き

本来の、頼もしい守護神の姿が戻ってきましたね!

20060726155019.jpg


後半戦は、再び不動明王の化身の如く、その右腕から放たれる烈火の炎でピンチというピンチを全て焼き払ってくださいませ!


村松様4安打を筆頭に、3安打よしくん、良太、ダカヒーの3人、2安打マルチ大西君と塩Z

光尊様は、皆が打つ時は打ちません皆が困った時にこそ活躍するのが「ぽりしい」ですので(爆)

合計20安打で13得点での勝利です! 20被安打20失点以上は何回か見ましたが・・・

幸先よく、後半戦の開幕試合を白星で飾ることができました!


7月26日対 西武ライオンズ戦第12回戦(於インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs川越会長@祝・復帰!@まだ西武戦では負けなし!
L :大輔@松坂さん@総本山@まだBs戦では勝ちなし!


本来は今日の先発だったらしいですが、1日スライドです。で中4日です(笑)

まあ、たとへ負けても「昨日打ち疲れたからねぇ」と言い訳できるので(笑)気負わずに頑張ってほしいですね!

川越会長も復帰戦なので私が何も言わずとも(笑)頑張ってくれることでしょう!

できれば今日の得点をスイスの銀行の隠し口座あたりで密かに貯金しておきたかったのですがね(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月24日 明日からいよいよ後半戦!

長いようで短かったオールスター休みもようやく終わり、いよいよ明日から後半戦に突入です。

後半戦といっても既に戦いは半ばを越えている訳ですが・・・。

これからは各チームの目標が、様々な形で変わって行きます

現在首位のライオンズ以下、2位ホークス、3位ファイターズ、4位マリーンズまでは6ゲーム差

プレー・オフ争い、いや優勝争いは、益々熾烈を極めることでしょう。

現在5位の我がBsは、4位とのゲーム差は10ゲーム。6位イーグルスまでは6ゲームの差となっています。

イーグルスは、何とか最下位脱出という高いモチベーションを持って、Bsに相対してくることでしょう・・・。

Bs目標とは何でしょうか・・・・・。そして、今後の戦い方は、どのようになるのでしょうか・・・・・。


中村監督様にお答えいただきました。

オリックス後半戦は1戦必勝、守り勝つ!

・・・・・「ゲーム差など机上の計算はしない。とにかく1戦必勝で勝ちを拾うが、弾みをつける意味でも連勝がほしいな」と語った。清原、中村、北川、村松らレギュラーに加え、後半戦は坂口、迎、由田、森山ら若手を積極的に起用して行く。

オールスター明けは、若手中心に切り替える・・・

中村監督様が明言して下さった約束は果たされそうですね。

レギュラー」の中に、昨日までオールスターに出場していたよしくんの名前がありません・・・。

オリックス谷、レギュラーはく奪

チーム変革への自然な流れであるとは思います・・・。

しかし私は、何と言われようが不死鳥の如く蘇るよしくんも待ちたいと思います!


その陰で、新たに1軍に昇格する若手選手が発表されました。

オリックス岡田1軍昇格は22日見送り

・・・・・中村監督は「代打で使うより2軍で数多く試合に出たほうがいいという結論。ヘッドスピードはふつうじゃないが、上げるのはがまんする」と説明。岡田は「結果を残して早く上に上がりたい」と話した。同様にテストを受けた3年目の由田慎太郎外野手(25)は合格し、25日の西武戦(インボイス西武)からベンチ入りする。

オリックス・由田が一軍初昇格「打つことでアピールしたい」

・・・・・由田は神戸サブGでの練習後に届いた朗報に、「打つことでアピールしたい。与えられたチャンスでしっかり結果を出したい」。プロ1年目に受けた両ひざの手術の影響で出遅れ、今季のウエスタン成績も打率.267、1本塁打、7打点ながら、早大時代からヤクルト・青木、阪神・鳥谷に匹敵していたバットコントロールは一軍レベル。若手台頭が待ち望まれるチームの救世主として期待がかかる

岡田くんは、残念ながらもう暫く見送られるそうです。

もう一人の候補であった由田君は、見事テストに合格!

プロ入り後初めての1軍昇格となりました。

20060724225810.jpg

同期には、スーパー・スターのスワローズ・青木さん、阪神のレギュラーの鳥谷さん、プロ初打席で代打ホームランのカープ・比嘉さんがいます。

有名な「早稲田4人衆」の一人です。

早稲田の大先輩といえば、言わずと知れた栄二様。そして中村監督様もでしたね。

高校は神奈川・桐蔭学園。ひらりん後輩でもありますね。

いわば関東の野球エリートの道を歩んできた由田君。しかし、初めての挫折はプロ入り直後にやってきました・・・。

同期の仲間達が1年目から活躍するのを尻目に、学生時代から悪かった両膝を根本的に治療するために、入団1年目早々に手術に踏み切りました。

辛いリハビリを乗り越えて、サーパスで昨年、今年と比較的コンスタントにヒットを積み重ねてきました。

そして、皮肉にもチームの成績不振によって巡り巡ってきた初の1軍切符を手にしました!

20060724230310.jpg

「代打で使うより2軍で数多く試合に出たほうがいいという結論」で岡田くんは昇格を見送られましたので、由田君主に代打で出場となるようです。

同じく若手の大西君、迎君、ぐっち達とのサバイバルは、後半戦の大きな魅力となりますね!

チームの勝敗よりも楽しみですね!(笑)

死に物狂いでレギュラーを掴む選手が、必ず生まれてくるものと信じて見守りましょう!

そして、前半戦のMVPの筆頭で間違いない、満身創痍のキタガーに関するニュースも伝えられました。

北川 8月下旬に右肩手術

・・・・・「チームに迷惑をかけることが悔しい。でも、手術するからには完ぺきに治したい」と手術を決断。プレーオフ進出の可能性が残っているため、8月の下旬まではプレーを続ける。

プレーオフ進出の可能性が残っている」・・・

確かにそうですね。プロである以上は、可能性が0で無い限り挑戦を放棄することは許されません・・・。

でも、私生活でも痛みが出ているキタガー自身の体と選手寿命を思えば、8月下旬と言わず「今すぐ休め」と言ってあげたい心境です・・・・・。

規定打席到達の打者の中ではチームトップの打率と打点

そして何よりその勝負強さは、間違いなくチームの主砲です。

ここへ来てようやく実力を発揮し始めたノリと復活のキヨの2人には特に、キタガーの穴を埋めてもらいたいですね。

もう、キタガーには足を向けて寝られません。間違いなく前半戦のMVPでしょう!


中村監督様もとっても気になる外国人選手の動向も届きました・・・。

オリックス、離脱中の外国人選手に頼らず

・・・・・セラフィニ来年に向けてどんな状態かというところ。ガルシアもファームから。現段階では日本人選手が上」と話した。

ガルちゃんは、再来日時に一言。「首脳陣はどう思っているかわからないが、オレは自分のやるべきことをやるだけだ。」・・・・・。

意味深なコメントですね(汗)


7月25日対 西武ライオンズ戦第11回戦(於インボイス西武D)の予告先発投手は

Bs本やん@祝・後期開幕投手!
L :ギッセルさん@まだ無敗・5連勝@前回は7回3失点


奇しくも前回最後の対戦と同じ顔合わせになりました。

前回の11回戦は、7月2日

私個人的には、今シーズンの何本(十何本?)かの指に入る悪い試合でした・・・。

2桁失点でしたし・・・。試合終了後には・・・。あまり思い出したくない試合です・・・・・。

サンデー・本やん」は、「チューズデー・本やん」に意匠変更ですね。

どこからでもホームランが飛び出すライオンズ打線です。特に厳重な警戒をよろしくお願い致します!

宮崎から伸びる前線の影響で、ナカジさんの「変則サイクルヒット」にも警報が発令中です。

火の元にも充分ご注意ください。 炎上禁止令も同時に発令中


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月23日 オールスター・ゲーム第2戦(サンマリンスタジアム宮崎)

九州の一部ではまだ雨が続いていましたが、宮崎はどうにか晴れて試合は予定通り行われました。

セ15安打、パ14安打。両軍あわせて何と29安打。

しかし今年のオールスターゲームでは、Bs勢はたったの1安打も見せてもらうことはできませんでした・・・・・。

それにしてもキヨを見たいというニーズは、私達Bsファンの想像を遥かに超えるほど高いのでしょうか?

それとも、単にテレビ局に踊らされて、そう錯覚させられているだけなのでしょうか?

どうもマスコミさんは「球児対清原」を宿命の対決のように報じていますが、私は違うような気がするのですがねぇ。

何かどちらもお互いに気を遣い合って、私はちょっと苦手です(笑)

新庄さんの最後の球宴」とともに今年の2大看板でしたが、他球団のファンの方はどう思っておられたのか、気になります・・・。

試合そのものは、逆転に次ぐ逆転で楽しませていただきました。

残念ながら敗れたパシフィックでは、サイクル・ヒットに後ホームランのみに迫る3安打猛打賞の活躍のナカジさん、そして長打はなかったものの同じく3安打のカブレラさんのライオンズ勢の活躍が光りました。

流石は、首位を行くチームですね!

ちょっと待てよ・・・Bs後半戦のスタートは・・・そのライオンズが相手でしたか(笑)・・・・・。

20060723222417.jpg


第1戦では野手ではただ一人(?)全く出番のなかった我らがダカヒーが、里崎さんに替り途中からの出場ではありましたが、満を持して登場しました。

20060724003602.jpg


第1打席  2番手のC黒田さんに対し遊ゴロ併殺打

第2打席  CD朝倉さんに対し三邪飛

第3打席  T藤川さんに対し三邪飛

残念ながら打撃でもリードでもこれといった見せ場が無く、終わってしまいました。

しかし、Bsファンの誰もが驚いた今年のオール・スター選出

見ている人は見ているのです!

20060724003727.jpg

これを糧として、後半戦はリード面でもバッティングの面でも「やっぱ日高でなくっちゃ!」と言わしめる活躍を切に望んでいます。


5回のパシフィックの攻撃です。

4対3と再逆転のタイムリーを放ったホセさんを2塁に置き、更に追加点を狙いたいこの場面で、何と4番・ガッツさんの代打をコールされたのは、俺達のよしくんでした・・・。

よく考えたら、全出場選手中ただ一人の「1軍登録抹消中」でしたね(涙)

ダカヒーといい、よしくんといい、ボビーさんは何故中村監督様以上にこの2人に対する評価が高いのでしょうか?

一度お酒でも酌み交わしながら、お聞きしてみたいものです(笑)

第1打席  CD朝倉さんに対し2球目を打って遊ゴロ

第2打席  C永川さんに対し3球三振空振り

20060724004120.jpg

故障した右ひじの具合はどうなのでしょうか。もちろん打席に立てているので大丈夫なのでしょう。

でも、このオールスターでの全5打席は、辛く厳しいものとなりました・・・。

登録抹消後、初めての実戦がオールスター。そんなに簡単に打てる訳はありません・・・。

心無いアンチよしくんファンからは「辞退せよ!」とか「Bsの恥!」とか言われていたかも知れません(泣)

しかし、喜怒哀楽の、特に「怒と哀」をほとんど表に出さないよしくんが、三振後に見せたこの表情に、私はこれからのよしくんの巻き返しに懸けようと決意しました・・・。

20060724004529.jpg


今シーズンのBs不調の象徴と評されるノリとよしくん・・・。

後半戦は、ベテランと若手との熾烈なレギュラー争いをさせる方針が発表されています。

実力で、若手達の前に大きなカベとして立ちはだかってくれることを心から祈っています。

それがベテランの寿命を延ばし若手の底上げになることを信じているからです!


8回2アウトランナーなし。

マウンド上は、キヨが昨年のセ・リーグ・讀賣時代に対戦して「(放送禁止用語)ついとるんか!発言で物議をかもし、それがきっかけで以降の対戦が「遺恨・宿命の対決」となった阪神・藤川さん。

既に11球を投げて、ウオーミング・アップは万全。

しかも「これでもかの演出」・・・。受けるキャッチャーは古田監督が。

ここで代打、キヨ登場!

球場全体のボルテージはこの日最高潮でした。

20060724005244.jpg

僅か4球の勝負でした・・・。

球種はもちろん全てストレート。しかも全て150Km超でした。

藤川さんとキヨアドレナリンはメーターを軽く振り切っていました。

これぞ、手に汗握る力と力の対決でしたね。

キヨもそれに応えます。

フルスイング!よりももっと振るスイングでした(笑)

まさに「ぶん回す」という形容がピッタリでした。

結果は空振り三振。

あんなに振り回して、大丈夫でしたか?

藤川さんもあんなに思いっきり投げて大丈夫だったですか?

心配になりました・・・。

20060724005514.jpg

でも、そんなのお構いなしなのでしょうね。

みんな根っからの「野球バカ」ですから仕方ありません(笑)

かくいう私も脈拍は上がりまくりました・・・。

でも、この興奮がオールスターだけのものでなく、後半戦の現在パ・リーグ5位に甘んじているBsの試合の中で、何度も得られることをファンとしては一番に望みたいです。

20060724010020.jpg


こうして今年のオールスター・ゲームは幕を閉じました・・・・・。

勝ち負けは特に気にしなかったのですが、セントラルに2連敗は、Bsの連敗に慣れた身であっても悔しいですね!

また、Bsから出場した6選手は、特に目立つアピールのできないまま終わってしまいましたが、明後日からいきなり後半戦突入です。

ゆっくりと休養できないままでしたが、本当にお疲れ様でした!


昨年のオールスターは、Bsからただ一人選出され、優秀新人賞を獲得して全国にその名を知らしめたのは、ひらりんでした・・・。

そのひらりん近況を、今日の某テレビのスポーツニュースの「光プレー大賞SPECIAL」というコーナーで知らせてくれました!

すると・・・

何と!既に青濤館の室内練習場でノックを受けていました!

20060724010117.jpg

収録日はわかりませんが、ここ数日以内であるのは間違いありません・・・。

ひらりんの口からも「大分よくなって、大分動けるようになりました。」と聞くことができましたので、復帰までもう少しの辛抱ですね!!

そして、あの「事故」のシーンを見ながらインタビューに応えてくれていました。

聞き手の伊集院光さんの「その時の記憶は、どこまでありますか?」との問いに対しては「全てあります。捕った感触も、その後全身に襲われた激しい痛みも。

今後のプレーで恐怖心はありますか?」には、きっぱりとないです。捕れると思った打球は、全力で捕りに行く。それがボクのスタイルです。でも今度は当たらないようにします」と。

また、「怪我のあとの球場全体からの歓声や声援は聞こえましたか?」と聞かれて「聞こえていました。千葉ロッテファンやバレンタイン監督の声も。とても感動しました。今はあの声援に対して恩返しを早くしたいので、一日でも早く復帰したいです。」と力強く答えてくれて、インタビューは終わりました。

20060724010431.jpg


最後に伊集院さんは、「オールスターのセカンドにいても不思議ではない選手」とひらりんを讃え、収録後に更に「今、あのプレーの後悔はありますか?」と聞いたら「一瞬もない」と語ったことも伝えてくれました・・・。

そして、1軍に復帰して、風の強い千葉マリンで再びセカンド・フライを捕った時点で「あのプレーは完成」という約束をしたのだと言いました。

その日が、ようやく現実的なものとして感じることができました!

そういえば、マサヒロの復帰はオールスター前後と報じられましたが、その後のニュースはありませんね・・・。

どこか情報を下さい!

とにかく、この2人の復帰なくしてはBs後半戦の楽しみと躍進はありません。

今までと変わらず、焦らずに楽しみに待ちましょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月22日 オールスター第2戦は雨天中止

オールスター戦23日に順延

22日にサンマリンスタジアム宮崎で行われる予定だったプロ野球サンヨーオールスターゲーム第2戦、全パ―全セは、雨天により、23日(午後6時15分開始予定)に順延となった。この日、オールスターゲーム運営委員会が発表した。

残念ながら水入りとなりました・・・。

水入りなどと悠長な言葉は適切ではありませんでした

日本各地で大雨による未曾有の被害が出ています・・・。特に九州地方は大雨の猛威が特に酷いようです。

被害に遭われたり、今尚避難生活を強いられて不安な時を過ごされている皆様方には、心よりお見舞いを申し上げます


さて、こんな時ではありますが、同じ記事中の中に気になる文言がありました・・・。

雨天により試合が行われないのは12度目で、1988年7月23日の第1戦(西宮)以来18年ぶり。21日に行われた第1戦(神宮)まで43試合連続で行われていた。・・・・・

1988年・・・・・西宮・・・・・。

この年は私にとっては(私以外にも多くの方々にとっても一生涯忘れられない年です・・・・・。


1988年10月19日

仰木新監督率いる近鉄対ロッテの伝説の10.19。そして・・・。

阪急による、オリエント・リース(株)への球団譲渡発表。

1988年11月4日

球団名がオリックス・ブレーブスに変更となり、宮内義彦オリエント・リース(株)社長が球団オーナーに就任。



いわゆる「大阪急がプロ野球経営から撤退」した年であります。

もちろん、南海ホークスのダイエーへの球団譲渡も同じ年でした。

同じ年の秋に日本プロ野球史上最も最悪な出来事が起こると言うことなど、その夏に行われていたオールスターの第1戦が雨で延期となり残念だなー、と恨めしそうに降りしきる雨を眺めていた選手やファンの中には誰一人いなかったはずです・・・・・。

そのオールスターの様子を少しだけ調べてみました。

ファン投票選出選手

【パシフィック】

P  西崎幸広 日本ハム
C  伊東 勤 西武
1B 清原和博 西武
2B 辻 発彦 西武
3B 石毛宏典 西武
SS 田中幸雄 日本ハム
OF 秋山幸二 西武
OF 門田博光 南海
OF 平野 謙 西武

奇しくも、Bsの母体となった阪急と近鉄からはファン投票で選出された選手はいませんでした(ロッテもですが)・・・。

今から18年も前ですが、今も現役のキヨ、そしてファイターズのコユキさんは、高卒入団3年目の21歳。当時は新進気鋭の若きスターでした。

監督は森さん(西武)、コーチは上田さん(阪急)と高田さん(日本ハム)でした。

監督推薦で出場した選手は、

西 武:渡辺久信
日ハム:津野 浩、田村藤夫
ロッテ:小川 博、牛島和彦、村田兆治、西村徳文、高沢英昭
南 海:加藤伸一、吉田博之、佐々木 誠
近 鉄:阿波野秀幸、小野和義、吉井理人、新井宏昌、オグリビー
阪 急:佐藤義則、星野伸之、福良淳一、松永浩美、ブーマー

中には、名前を書かない方が良かったかもしれない人もいますが()、パ・リーグが最も輝いていた時代の最後の年であったような気がします・・・。

懐かしいというより、まだ目を閉じればハッキリとユニフォーム姿が目に浮かびますね。

ついでにセントラルも・・・いりませんか?(笑)

でも一応。ファン投票選出選手だけ。

【セントラル】

P  桑田真澄 讀賣
C  山倉和博 讀賣
1B 中畑 清 讀賣
2B 篠塚利夫 讀賣
3B 原 辰徳 讀賣
SS 立浪和義 中日
OF 吉村禎章 讀賣
OF 広沢克己 ヤクルト
OF ポンセ  大洋

今は昔ですね・・・。ファン投票で阪神の選手が一人もいません(笑)

若い方には信じられないでしょうが、そういう時代もあったのです。

諸行無常。沙羅双樹の花の色。平家物語ですね。


で、雨で順延した1988年7月24日の第1戦西宮球場からお届けしましょう!

パの先発は、地元・阪急の星野伸之さん。

3回を投げて先頭の正田さん(広島)への四球と、落合さん(中日)のレフト前ヒットのただ1本のみ。

星野さんはこの年13勝。入団5年目で「星の王子様」ブーム全盛でしたね。

この年のパの最多勝は15勝で3人が獲得しました(西崎・松浦・渡辺)。15勝というハードルの低さもさることながら、3人同時というのも珍しいですね~。

星野さんは好投しながら、同じようにセの先発の北別府さんも3回を1安打無失点という素晴らしいピッチングを見せました。

この日はセ・パの打線はどちらも5安打ずつで、どちらかといえば緊張感の漂う投手戦でした。

均衡が破られたのは4回。先頭の池山さん(ヤクルト)がパ2番手のOからレフトへ先制のソロ・ホームラン。

すると5回には「ハンキュー・ベリマッチ」や「ブーマー・パン」でお馴染みだった地元・阪急のブーマーさんが同じくセ2番手の水野さん(讀賣)左中間へ同点のソロ・ホームランで振り出しに!

パ投手陣は、5回以降は津野さん(日ハム)が6・7・8の3回を、9回は牛島さん(ロッテ)がそれぞれ無失点のパーフェクトな継投を見せました。

6回のパの攻撃。2アウト、ランナー1塁でバッターはブーマー

セ3番手の新浦さん(大洋)からライト前に運びます。するとその打球をライトの広澤さん(ヤクルト)さんが後逸!!

1塁ランナーのマルチ・プレーヤー、地元・阪急の福良淳一さんが一気にホームを駆け抜けて逆転!

さらにキヨ(西武)に左中間を破るこの日ブーマーと同じく2本目のマルチ・ヒットブーマーが還り1点追加!

そしてそのまま3対1パシフィックが初戦を勝利で飾りました。

MVPは、もちろんブーマー。優秀選手はキヨ、津野さん、落合さん、池山さんでした。

阪急最後の」そして「西宮球場最後の」オールスター・ゲームは、それが最後だとは誰にも知られず、地元阪急勢の投・打・走の大活躍により幕を閉じました・・・。


何気なく目にした「1988年」の文字。

この年は、関西に君臨したパ・リーグの「レイル・ウェイズ」ファンそれぞれにとって、それぞれの立場で、その後の人生をも左右された一生忘れられない年ではなかったと思いますね・・・。

20060722224702.jpg


しかし、今は昔とは言え今でも私達の心の中では脈々とその血は息づいています

近鉄バファローズの、仰木さんを初めとする選手達が10.19で見せた涙は忘れません!

南海ホークスの、大阪球場に行けずに終わったことは今でも心残りです・・・。でもグリーン軍団の勇姿は忘れません!

阪急ブレーブスの、・・・・・全ては今も忘れられません!


☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★


新庄光った!「電光掲示ベルト」/球宴


NEVER MIND WHATEVER I DO!!

FAN IS MY TREASURE!!



新庄が意味を解説した。


ほっとけオレの人生だ。

ファンはオレの宝物。



その意気や、快哉!

未来のコミッショナー決定ですね(爆)


明日は人々を悩ませる九州地方の大雨が止み、プロ野球選手としては多分最後の(笑)「一世一代のパフォーマンス」が見られることをを、テルテル坊主を作りながら祈っています!

ダカヒーの勇姿も忘れずに、ねっ!

あっ、そうそう。大相撲との兼任ファンも応援してくれていましたよ!

20060722225423.jpg

でも、お天気は心配ないでしょう。リアル・テルテル坊主が一緒に宮崎入りしていますからね!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月21日 オールスター・ゲーム第1戦(明治神宮野球場)

セ・パの眩いばかりのスター達が一同に会して行われる、プロ野球界の一年に一度のお楽しみ

いよいよオールスター・ゲームの第1戦が行われました。

Bsから出場した6名の勇士達のうち、ダカヒーを除く5名が早々と登場しました。

結果は・・・・・。

昨日の岡田くんのようには行きませんでしたねぇ。

まあ、お祭りに華を添えることはできたのではないでしょうか。

特にキヨはファン投票で最多得票を得ての選出でした。

お蔭で、新庄さんとともに常にテレビカメラが追いかけていましたが、その存在感たるや流石スーパー・スターと言わずにはおれませんでした・・・。

でも主役はやっぱり新庄さんに譲りました。もう、何でもありでしたね(笑)

最近のオールスター・ゲーム・・・。新庄さんに代表されるパフォーマンス全盛ですね。

楽しいことは間違いないのですが、何か違和感を感じてしまいます。

バラエティー番組を見ているかのような感覚、とでも言ったらよいのでしょうか・・・。

昔以上のセとパのスターの真剣勝負は、既に交流戦で実現しています。

それでも観客を惹きつけるためには、純粋に野球だけではなく野球とは直接関係の無いパフォーマンスが不可欠という時代になったのですかね~。

でも、お祭り独特の高揚感は決して嫌いではありません。

野球以外のパフォーマンスがこれ以上エスカレートすることなく、スターとスターの力と技、経験と若さのぶつかり合いの中で生まれるドラマに、1年に1度の待ちに待った夢の祭典という舞台で、心が震えるほどの感動を与えて欲しいと願っているものです。

20060721222654.jpg


Bs選手の中で最初に登場したのは、2番・レフトで先発出場の久々!俺達のよしくんでした。

故障明けで実戦復帰がいきなりオールスターでした(笑)

でも元気に3打席立てて守備にも就けたということは、もう右ひじの故障は心配ないということでしょう。

私達よしくんファンへの復帰の挨拶代わりの(ポテン)ヒットは、残念ながら見せてもらうことはできませんでしたが、復帰後の後半戦は打ちまくってくれれば文句は言いません(笑)

20060722002340.jpg


第1打席  先発のCD憲伸さんに対し見逃し3球三振

第2打席  YB番長さんに対し一飛

第3打席  YS石川さんに対し遊ゴロ


2番目に登場したのは、スーパー・スターキヨでした。

20060722002447.jpg

もちろんオール・パシフィックの4番・DHでのスタメンでした。

まだ故障明け間がありません、というよりまだ全快したわけではありません。

それでも新庄さんを抑えて堂々のファン投票第1位に対するお礼で2度打席に立ちました。

第1打席  憲伸さんに対し、強い当たりでしたがセカンド正面のゴロ

第2打席  番長対決はボール球に思わず手が出てフルスイングの空振り三振

20060722002627.jpg

三振直後の表情です。

ヘラヘラ・ニコニコでなくて本当に嬉しかったです!

明日の宮崎でも打席に立つのでしょうか・・・。

本当はあんまり張り切ってもらいたくないのですが、やはり天性のお祭り男の血が滾るでしょう・・・。

暴れてください!(笑)

そして後半戦への大きなステップにしてくだされば最高です。

でも、怪我だけはご勘弁を!(爆)


ピッチャーで最初に登場したのは吉井組長でした。先発の松坂さんが2回を投げた後の2番手として登場しました。

20060722002836.jpg

9年振りのオール・スターです。

一昨年のオフに一度は解雇された身でありながら、今日神宮のマウンド上で3万4千人超の観衆の視線を一身に集めました・・・。

全ては仰木さんの思し召しですね!

そしてそれに従って推薦してくれたのはメッツ時代の恩師でもあるボビーさんでした。

1人目 T藤本さん 中飛
2人目 YS青木さん 右越ソロ・ホームラン
3人目 T赤星さん 右前ヒット
4人目 YS岩村さん 二ゴロ
5人目 T金本さん 中飛

6人目 Gすんさん 中飛
7人目 YS古田監督兼選手 投ゴロ
8人目 T鳥谷さん 左飛

逆転のソロ・ホームランを打たれたために負け投手になってしまいました。

古田監督兼選手との同級生対決は見ていて胸が高鳴りました!

吉井組長のこれまでのキャリアがあるのも、スワローズ時代にバッテリーを組んでくれた古田さんのお蔭というところが少なくないと思います。

もちろん、当時の野村監督の存在も、ですね。

その日本では最も輝いていた時の「自分のマウンド」で、かつての恋女房との対決・・・。

交流戦では叶わなかった対決が、遂に実現しました。

これこそオールスターならではの醍醐味ですね。

先日痛めた右ひざも、ピッチングには大きな影響が無かったようで安心しました。

実は半分本気で、左手で投げるのではないかとの期待もあったのですがね(爆)

後半戦も大黒柱の一人として、頑張ってほしいです!


吉井組長を継いで、パシフィックの3番手で登板したのは、ゴールデン・ルーキーの平野よし君でした。

20060722003330.jpg

放送では解説者陣は絶賛でしたね(笑)

お祭りですから、見たことあるのかというツッコミはなしで。

最年長とルーキー・・・。年齢差は約18歳。ボビーさんも憎い演出ですね!

正真正銘の全国デビューを果たしたといっても過言ではないでしょう。

1人目 T矢野さん 遊ゴロ
2人目 T藤本さん 中前ヒット
3人目 YS青木さん 三邪飛
4人目 T赤星さん 投ゴロ

5人目 YS岩村さん バックスクリーンへソロ・ホームラン
6人目 T濱中さん 右前ヒット
7人目 Gすんさん 空振三振
8人目 Tあんでぃさん 遊ゴロ併殺

吉井組長の時と同じようにホームランを浴びて1失点でした。

持てる力の片鱗は、少しは見せることはできたのではないでしょうか。

ビッグ・イニングは今日も作りませんでしたしね(笑)

セントラルのスターを相手に投げたことだけでなく、オールスターのベンチ内で学ぶことは沢山あることでしょう。

将来のパ・リーグを代表するピッチャーになるための必要な経験をつんでくれていることを祈っています。


何と4番手もBsのリレーでした(笑)

いよいよセットアッパー陣の登場です。

いつもの7回頭からの登場は、ファン投票で選出された菊様でした!

20060722003741.jpg

ストイックでプロフェッショナルな菊様は、オールスターには初出場です。

もちろん「楽しむ」余裕などありませんし、マウンドに一旦上れば後は本能の赴くままに何時も無心で全力投球!

本当は昨年のオールスターに仰木さん菊様を出してあげたくて仕方がありませんでした・・・。

しかしそれは叶わぬ夢となり、思わぬファン投票での今年の選出を仰木さんは目にすることはありませんでした・・・。

それだけに今回の菊様は燃えていました。投票してくれたファンのために、そして仰木さんのために!

1人目 G二岡さん 中直
2人目 T矢野さん 三ゴロ
3人目 CDおちょあさん 中前ヒット
4人目 YS青木さん 中飛

ヒットを1本許し、かつアウトもいい当たりが多かったです。

しかし、セットアッパーとしての役割、得点を与えずに次に繋げるという仕事は大舞台でも立派に果たすことができました。

できればキャッチャーをダカヒーに代えてくれていたら、三振も奪えたかもという気もしましたが・・・。

来年以降のオールスターでも常連の中継ぎピッチャーになって欲しいですね。


これでBsからの出場選手は6人中5人が登場しました。

明日は九州出身のダカヒーが先発マスクでしょうが、Bsバッテリーは実現しなさそうですねー。

今日ホームランを打ち、優秀選手に選ばれたマリーンズの里崎さんに負けない活躍を期待したいですね!

オールスターといえば、恒例の野球殿堂入りの表彰がありました。

今年度の競技者表彰では、Bs縁の方が2名選ばれています。

20060722004237.jpg

不惑のホームラン王門田博光さんです。

阪急からオリックスに球団が譲渡された傷心の私達に元気を与えてくれた方のお一人です。

もちろんホークスのOBでもありますが、私にとってはいまでもオリックス・ブレーブスの「エンターテナー門田さんのままです。

近年、お体を悪くされたと聞きました。今日も歩みが辛そうに見えました・・・。

また独特の「門田節」の解説を聞いてみたいです。


そしてミスター・サブマリン山田久志さんです。

20060722004438.jpg

福本・加藤・山田の「3バカ」は、私の野球好きを決定付けてくれた恩人(笑)です。

ピッチャーとしての偉大な実績は、門田さんと同じく金字塔と呼ばれるほどですが、素晴らしいのは指導者としての手腕も秀でているという点です。

この点は、我らの秀司も同じですね。

BW日本一のピッチングコーチ時代は、投手王国と呼ばれる投手陣を作りました。

その後は星野仙一さんに請われて中日へ。そこでは監督も経験されました。

またどこかで指導者になられることは、今でも楽しみにしております。

どこでって? ・・・言わずもがな、ですね(笑)

プレゼンターは昭和50年代の黄金時代の監督の上田利治監督です。

昨年のオールド・ボールゲームのイベントで西本さんと共に始球式をされていましたね。

私の心の中で「監督」と言えば、西本さんとその弟子であった上田さん、そして仰木さん3人だけです。

いつまでもお元気でいてくださることを心から願っております。

球界での功績が顕著な方を表彰する野球殿堂・・・。

選考の方法にはいろいろと意見もあるようですが、先人を敬いその功績を大切に語り継いでいくことは、私達ファンの義務でもあると思います。

野球の素晴らしさを再認識できる場。それがオールスター・ゲームが持つ伝統の一つの側面でもありますね!


試合終盤には、キヨはパシフィックの3塁ベース・コーチに立ちました。

太い腕を組み、仁王立ちして戦況を見詰める眼差し・・・。

20060722005153.jpg

想像以上に似合いますね!

近い将来の姿となるのでしょうか?

何なら後半戦・・・・・(自己規制)・・・・ね!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月20日 フレッシュオールスター・ゲーム(東京D)

あの前半戦最終戦の終わり方から、なかなか気持ちを切り替えられずにおりましたが、今日でスッキリしました!

モヤモヤを吹き飛ばすに余りある大活躍!!

その風貌からは、若者というよりも野球少年と言った方がまだ相応しい弱冠の18歳

しかし、持って生まれたものは隠せませんでした。

全国のプロ野球ファンの目の前で、遂にその殻を破り、一気に光が溢れました!!

20060720234211.jpg

20060720234314.jpg

今年度のフレッシュオールスター・ゲームに我がサーパスから選ばれた選手はご存知のとおり3名でした。

野手でただ一人選ばれただけでなく、スタメンにも名を連ねたのが我らの「ナニワのGOZIRA岡田くんでした。

第1打席は、讀賣戦のプロ初先発初勝利の記憶も新しい湘南(横浜)の山口君が相手でした。

甲子園でも大活躍でした。この年の高校生ピッチャーとしては左の辻内君、右の山口君が両ナンバー・ワンとして、その将来性が高く評価された高校生ドラフト1順目指名選手です。

もちろん岡田くん甲子園には無縁でしたので、ここは是非とも打ちたかったと思いますが力みも出てストレートに空振り三振でした。。

20060720234913.jpg

しかし、このフルスイングで力みが抜けたのでしょうか・・・。

第2打席の相手は、広島の佐藤さん。04年ドラフトの第1位指名選手です。

彼も秋田商業のエースとして、甲子園を湧かせたスター選手でしたね。

ここで左中間への大きな当たりを飛ばします!

嬉しい初安打が2ベース・ヒットになりました!

20060720235035.jpg

これでエンジン全開!緊張の箍が完全に外れました!

遂に第3打席で、持って生まれたスターの素質岡田くん自身のスターへの第1歩目を踏み出そうとする背中を、ポンと押してくれました!

ピッチャーは中日の吉見さん・・・。社会人のトヨタ自動車時代はきんこ君の先輩でした。

私は知りませんでしたが、ウエスタン・リーグ戦で岡田くんにとっては吉見さんは「カモ」だったそうです。

インタビューでは、双方ともにそう話してくれていました(笑)。

オール・パシフィックではファイターズの陽くん、ライオンズの銀仁郎くんと並んで最年少・・・。

華々しい世界で活躍してきた並み居る先輩達の中にあって、ただ一人の2安打マルチヒットが何と驚きのライトオーバーのソロ・ホームランになりました!!

20060720235412.jpg

20060720235442.jpg

フレッシュオールスターという、岡田くんが今の時点で臨むことができる最高の舞台堂々のホームラン

今までは比較的あまり陽の当たらない道を歩んできましたが、これからは一気にスターへの街道を走り始めて行くのでしょう!

いや、疑いなくそう信じて応援したいです!

20060720235649.jpg

岡田くんは本当に嬉しそうでしたね~。

もちろん私もとても嬉しかったです!!

後半戦には、Bsのユニフォームを着て打つ特大のホームランが見られるかも知れませんね!

秘かに楽しみにしておこうと思います。


ピッチャーの2人のこともご紹介しますね(笑)

まず初めに登場したのは、2番手として3回の1イニングを投げたきんこ君でした。

20060720235901.jpg

最初の打者は、今日の優秀選手の一人に選ばれた讀賣のルーキー・脇谷さん。

例の「魔球」で見逃し三振に斬って取ったシーンは胸が躍りました!

20060721000020.jpg

しかし三振を2つ奪ったもののヒットも2本打たれました。野手のエラーもあり、1点を失いました(自責点は0)・・・。

まあ、登板間隔がかなり空きましたので、ゲーム勘を取り戻すうちに終わったのかも知れませんね(笑)

たった1イニングではありましたが、入団時の経緯を思うとこのフレッシュオールスターに選ばれ、登板できたことは感無量ですね。

しかし、現在はそれよりももっと名誉な1軍登録中です。今日の経験を1軍の後半戦での活躍に繋げてほしいと思います!


そして続いて4回の1イニングには松村君が登板しました。

私としても大学の後輩である彼が、フレッシュと言えどもオールスターに選ばれたのはとても嬉しいです!

20060721000306.jpg

しかし結果は2安打1四球で1失点ピリッとしませんでした・・・。

見せ場としては、スワローズの希望入団枠の神宮のスター、早稲田・武内さんを速球で詰まらせてキャッチャー・フライに討ち取ったシーンでしょうか。

20060721000410.jpg

今年は棚ボタではありましたが、プロ初勝利を飾りました。

キャンプのエースではなく、早く1軍のエースになれるように期待しています!


試合は残念ながらパシフィックは4対8で敗れてしまいました。

表彰は、1人のMVPと4人の優秀選手が選ばれますが、優秀選手の1人として岡田くんが選出されました。

20060721000544.jpg

これも嬉しそうでしたね!こちらにも伝わって私も幸せな気分になりました(笑)

この快挙に喜んでいる方は沢山おられると思いますが、恐らく師匠康雄藤井コーチも今頃は、私と同様に美味しいお酒でグラスを傾けておられることでしょう・・・。

また、今日の試合で最後までフル出場させていただいた千葉ロッテの古賀監督を初め他球団の2軍監督の皆様方には、心から感謝を申し上げます。


Bsとしては待望の喉から手が出るほど欲しかったお客が呼べる関西出身の若いスターとして、岡田くんがこれから先どのような野球人生を送るのかとても楽しみです!

私も久し振りに血が滾る思いがしました。

今日のホームランを見て急に思い出しました・・・。

かつてのイチロー君も、1年目に出場したジュニア・オールスターで、丁度あの辺りに高卒ルーキーとしてホームランを打ち込みましたよね。

当時はまだ「鈴木」選手でしたが、一躍マニアにはその存在が認知されていきました。

世界のヒット・メーカーとはタイプは違いますが、同じ星の元に生まれてきたような共通するオーラも感じました。


どうか、大切に育ってください!


いよいよ明日は本家サンヨー・オールスターです。

交流戦の開始で、その存在価値も議論に上って久しい昨今ですが、私はとても楽しみにしています

今日の岡田くんの活躍に負けないように、出場選手には頑張ってほしいですね!!!

20060721001416.jpg


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月19日 前半戦を終わって・・・

今日から来週の火曜日まで暫くはお休みです。

この間、一部の選手はフレッシュ・オールスター・ゲーム(東京ドーム)そしてサンヨー・オールスター・ゲーム(神宮・宮崎)に出場しますが、その他の選手は数日間の完全休養、そして後半戦に向けての全体練習と続きます。

試合がないと毎日暇だなー、等と勝手なことを思ってしまいますが、選手達のご家族や恋人などにとっては、本当に待ち遠しかった期間なのでしょうね。

もっとも、そんな中でもバットを振っていないと落ち着かない選手もいるとは思いますが、選手の皆さんも私達も、この一週間は野球以外で有意義に過ごしてリフレッシュに努めましょうね(笑)


そんな中、中村監督様からファンに向けたメッセージが・・・。

オリックス中村監督が前半戦を総括

借金15、5位での折り返しにオリックス中村監督は厳しい表情で前半戦を総括した。「交流戦で大きくつまづき、厳しい戦いの連続だった。投手陣はよく投げてくれたと思うが、特に9連敗中の平均得点1・8が示す通り、打撃低迷で点が取れなかった」。大きな要因となったのが清原や中村、北川ら主力の故障者続出。「言い訳はしたくないが、理想メンバーが組めなかったし、センターラインの2人(阿部真、平野恵)の離脱は守備のほころびにもつながった」とコメントした。


揚げ足を取るようですが、「打撃低迷で点が取れなかった」のだそうです・・・。

低迷する打者を連日スタメンに並べていたから点が取れなかったように見えましたが、気のせいですね(笑)

また、低迷したという実感がおありだったのなら、方針を転換して昨日のようにダブル・スチールのような「足攻」を、もう少し早くに見せて欲しかったですね~。

宝くじ」少々買いすぎましたね。

しかし最近のスタメンといい選手起用などを見ていると、後半戦に向けてワクワクするような希望が見えてきています

言い訳はしたくないが」・・・ね!本当は言い訳などお嫌いな方なのです。でも、断りながらも言い訳をせざるを得ない中村監督様のご心中を、ファンならば慮りましょう()・・・。

それだけに昨日の最後の継投と代打は、ガッカリでしたが!(←まだ言うか!

これも反省し、次回に活かせて下さると信じましょう。言い訳に登場したマサヒロやひらりんも、後半戦には戻ってきてくれますしね(笑)。

20060719222808.jpg


そして!

私達は忘れていませんよ!

「オールスター明けは、若手中心に切り替える」

「オールスター明けは、若手中心に切り替える」

「オールスター明けは、若手中心に切り替える」

そうなったらなったで、いろいろと新しい心配事も出てくるやも知れませんが(笑)、それこそが最も大きな後半戦の楽しみです!


明日はフレッシュ・オールスターゲームです。

サーパスからは、ピッチャーできんこ君イケメン松村君、野手はゴジ・岡田君が出場です。

そして、コーチとして我らが大ちゃんもベンチです。

20060719223131.jpg


きんこ君は、パシフィックの投手陣の中ではただ一人の現在1軍登録選手です。

2000年の広島・河内さん以来のピッチャーのMVPを目指して貫禄を示して欲しいですね!

20060719223253.jpg


イケメン・松村君も今季はプロ初勝利も記録しました(もちろん1軍の)。

多くの人が注目する試合で目立つ活躍をすれば、Bsファン以外からもイケメン」と呼ばれるはずですね!

20060719223418.jpg


そしてゴジ・岡田君です。

丁度1年前は高校最後の夏・・・。

20060719225226.jpg

甲子園出場をを懸けて激戦の大阪府予選の真っ只中でした。「大阪四天王」の一人として中日・平田君と共にホームランを打ちまくっていました・・・。

あれから1年。藤井コーチとの二人三脚。英才教育の毎日です。

技術も体も一回り大きくなり、2軍でもホームランをルーキー・トップの4本を放っています。これが今回のフレッシュ推薦に結びついたのでしょうね。

20060719223917.jpg

気が付けば、全員がプロ入りした「四天王」のうちで、ただ一人のフレッシュ・オールスター出場となりました。

持って生まれたスター性が、ようやく明日、輝き始める第1歩となるような予感がしてなりません!


うわーーーっ!明日が益々楽しみになってきましたね~!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月18日 対北海道日本ハム戦12回戦(札幌D)

今日は勝つと思ったんですがねぇ。

1点リードの終盤・・・。

Bs最後の砦であるはずの「K・K・O」・・・。

どういう訳ですか?

今日という大事な大事な日に限って「OはOでも大久保様ではなく「敗戦処理」のオバちゃんって・・・。

逆転された直後の最終回、1アウトから同点のランナー光尊様がこの日3本目のヒットで出塁すると代打!

キヨか?それとも真二

ここで繋いで、再度逆転!!さあ、誰が告げられるのかっ!?

・・・答えは、またしてもヨコモジ君・・・。結果は・・・案の定、3球三振

こんなところで、くだらないサプライズは要りませんのに!

Bsファンの100人中99人は、この2つの交替には「No!」と言ったに違いありません・・・と、思います(涙)

気持ちよく終わりたかった前半戦最終戦でしたが、モヤモヤだけが残る試合となりました

簡単には勝てませんねぇ・・・。

まあ、それが天敵の天敵たる所以でもありますが・・・。

そしてノック・アウトでマウンドから引き摺り下ろしたはずだった、キング・オブ・天敵の金村さんの連敗記録にピリオドを打つことは、またしても叶いませんでした



 Bs 4 - 5 Fighters


i.jpg


前回は完封負けを喫した金村さんですが、今日は研究の成果が出たのでしょうか・・・。

初回先頭の大西君の打球はセンターへ抜けようかというゴロでしたが、誠さんは横っ飛びで掴み1塁へ送球!

しかし大西君の足の方が早く内野安打になりました。

2番・栄二様はしっかり送り、3番・絶好調村松様はよく選んで四球

1アウト1・2塁のチャンスで、バッターは昨日の打のヒーロー・4番ノリ

4番打者が打席の時には、ランナーは総じて動かし難いもの・・・。

ピッチャーの金村さんにしても無警戒だったのかも知れません。

しかし中村監督様の今日の作戦は、何と大西君村松様ダブルスチール!

待望の、足を使った積極果敢な攻撃でした。1塁が空いたため、ノり四球1アウト満塁です。

5番・キタガーは高く跳ねるサード・ゴロ。この間に大西君がホームを駆け抜けて1点先制です。

いつもと違い、足を絡めた鮮やかな得点でした。後半戦のBsの戦い方は、こう生まれ変わるということを宣言されたのでしょうか!?

大歓迎です!

a.jpg

とにかく、天敵の金村さんにはスッキリしない、それでいて重い失点になったようです。

2回にも残念ながら得点にはなりませんでしたが、ひたむきにホームを狙うアグレッシブな走塁が見られました。

ただ、これは無謀でしたね(笑)

c.jpg

因みにまだ3塁からホームの真ん中くらいにいる時に、バック・ホームの返球が帰ってきました。参考までに申しますと、ランナーは光尊様でした(爆)そしてコーチャーは松山コーチです。

楽天戦では一か八かの本塁突入が当たりました。が、前回はサタケ、今回は新庄さん。2匹目のどぜうなど、いるわけがありません・・・。

松山さん!光尊様が再び怪我をしないように、これからも注意してくださいねーーーーー。プンプン!


3回にもチャンスがやってきます。

1アウトから村松様7打席連続出塁となるライト前ヒットが生まれました。

残念ながら8打席目はセカンド・ゴロで記録は途絶えましたが・・・

続くノりに、久し振りの2試合連続ヒット!昨日のタイムリーみたいに、レフト線を破る2ベースヒットでした!

これで1アウト2・3塁

1回に続き、ここでも5番キタガーがあっさりとセンターへ打ち上げました。

d.jpg

タイムリーは0なのに、これで2点目です。2打点とも、キタガー殊勲打でした。

4回はこのところ調子が右肩上がりの光尊様に、ライトスタンドへ叩き込む第3号のソロ・ホームランも飛び出しました!

e.jpg

昨日は久々にノー・ヒットであった光尊様は、今日はただ一人の3安打猛打賞

金村さん攻略に、一役を買いました。勝負勘は、ここへきていよいよ際立ってきましたね(笑)!

走塁ミスはありましたが、「あれ」は自分だけが悪いとは言えませんので、今日はプラスでいいですね?

この時点で得点は3対0でした。


Bs先発の平野よし君は、初回こそ三者凡退に抑えましたが、後は降板した6回まで、4イニング連続の毎回1安打を浴びます。

b.jpg

ただ、4回だけはせぎーさんのソロ・ホームランでした。

しかし1点を取られた直後の5回には、取られたら取り返せ!

先頭のノりに、第13号のソロ・ホームランが右中間へ炸裂しました。

f.jpg

これで4対1。天敵・金村さんに引導を渡しました。


平野よし君は、ランナーを出してもホームには還さない・・・。1イニングで必ずランナーを出す・・・。

どこかの守護神に内容が似ていますね。もしかして中の人?(笑)

結局6回にヒットと2つの四球が重なり、ノーアウト満塁・・・。

稲葉さんと新庄さんの凡打の間に2点を返されてしまいました。

だんだんとビッグイニングを作ることもなくなりましたね。今日は1点差に詰め寄られましたが、何とか勝ち投手の権利を手にしたままマウンドを降りました。

久し振りに先発投手としての責任は果たせました。

勝ち星が付けられなくて本当に可哀想でしたが、オール・スターで自らの勝ち星以上の経験という財産をお土産にしてきてほしいものです。

そう言えば、去年のオールスターには、ひらりんがただ一人出場しました。

今年は2年連続Bsから「平野選手」が出場ですね(笑)。

g.jpg

出場の暁には、全国のプロ野球ファンに


「Bsの平野佳寿、ここにあり!」


というところを大いにアピールしてください!


1点リードで7回。

今日も「Y・K・K・O」の出番かなと思われましたが、ユウキは昨日長めに投げたので今日はお休みらしく、大輔がマウンドへ。

h.jpg

三振は奪えませんでしたが、今日は気魄が漲っていましたね!

調子の波が激しい前半でしたが、後半戦に向けての決意表明に見えました。

もちろん、あなたが思っている以上に期待していますよ!!

8回は菊様が登板。

しかしここで思わぬ事態が!!!

先頭の左のケンスケさんに痛い痛い、痛すぎる同点のソロホームランを浴びてしまいました・・・。

その後ガッツさんとセギーさんを討ち取ったものの、稲葉さんに四球を与えたところでマウンドに神部コーチが・・・。

僅かに遅れて中村監督様もベンチを出ます・・・。

球審に次のピッチャーの名を告げます

」という音の口の動きが見えたところでテレビは場面が変わりました・・・。

明日からはオールスター休みに入ります。

最近好調を取り戻した大久保様にいつもより1つ多く、4つのアウトを取らせるのでしょうね。そういう作戦が読めました・・・。

場内アナウンスにあわせて、私も口ずさみます

「ピッチャー、おおくぼみュラー・・・?」

えっつ!?

今、何て!?

・・・・「」って、大久保様じゃなくて「オバちゃん」の「」!!!

・・・・・・・・・・・。

数日前の楽天戦でも登板はありましたが、その時の結果は憶えておられないのでしょうか?

それともアミダくじの結果ですか?

とりあえず一人くらいなら多分大丈夫だろう・・・と。

結果は、想像通り。いや想像よりも鮮やかに、新庄さんは初球を叩きレフト線を破り、1塁から稲葉さんが生還して一瞬にして逆転・・・。


諦めずに逆転を狙う打線は、ワン・アウト後に光尊様が執念のセンター前ヒットで望みを繋ぐと、代打キヨではなく、真ちゃんでもなく、迎君でもなく、的やんでもなく・・・

ここ最近の10打数で1安打ジェイソンでした・・・。

今日は本当に久し振りの純国産打線で喜んでいましたのに、この期に及んでまさかの「サマー・ジャンボ3億円」・・・・・。

抽選の結果は、末等にも「かすりもせず3球三振でした。


こんな終わり方になるとは、夢にも思いませんでした・・・。

明日からがとても長く感じられます。早くオールスターを見て気持ちを落ち着けたいです(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月17日 対北海道日本ハム戦11回戦(札幌D)

北海道のBsファンの皆様、大変お待たせいたしました

前回の今季初めての札幌では3連敗・・・。通算でもファイターズに6連敗・・・。

ホームでは1つ(だけですが)勝ち星を見ましたので、圧倒的な人数の差で肩身が狭いながら負けない声援を送り続けて下さる「ビジターの」ファンの皆様にも何とか早く勝ち星をお届けしたいと願っておりました。

それがようやく今夜、叶いました!

しかも先制されながらの逆転勝ち

その逆転の一打は、眠りから覚めた4番打者の一振り。満塁での走者一掃のタイムリー・ヒットでした・・・。

今年初めての札幌ライトスタンドでの勝利の2次会。皆さんの弾けっぷりに、これまでのご苦労が偲ばれます。

無理も無いですね!(爆)

今夜は格別に美味しいお酒を、心ゆくまで「ガッツリと」ご堪能くださいませ(笑)



 Bs ⑤ - 1 Fighters


20060717225210.jpg


1勝9敗・・・。昨日までのファイターズとの対戦です。

結果的には、蛇に睨まれたカエル。またはマングースに睨まれたハブ。いやキヨに睨まれた大西君(笑)・・・。

歯が立たない」そんな感じでした。

通用する先発ピッチャーも、もはや思い付かなかったようです。

そんな先発に、急遽北海道へ呼ばれたのは若手左腕の高木君でした。

20060718002853.jpg

今季初登板で、しかも豪打のファイターズ打線が相手です。

立ち上がり、1回・2回とヒットこそ打たれなかったものの四球を3つ

やっぱりアップアップでしたね。無理も無いですが・・・。

遂に3回に、ガッツさんに貫禄のタイムリーを浴びたところで交替

ノック・アウトというよりも傷口が広がらないうちに早めにスイッチという感じでした。

20060718003040.jpg

オール・スター明けにも再度チャンスがあるでしょうか?

私はできれば先発として経験を、積ませて欲しいなーと思います。チャンスがあれば、次回も頑張ってほしいです。

もう少し球速がアップすれば文句なしなのすけどね(笑)


3回に1点を先行されましたが、Bs打線はファイターズ先発のディアスさんをなかなか捉えることができません・・・。

4回までは村松様2本キタガーの1本の単打3本に抑えられて、今日もファイターズ・ペースで進むかという嫌な空気が漂い始めておりました。

5回も先頭のジェイソン四球で出塁し2塁まで進みますが、2アウト・・・。

そろそろ1点だけでも返しておかなければヤバイです。

ここで打席は、先日のお立ち台で「今度いつ活躍できるかわからないんで、もう一度ようやったって言ってもらえませんか」発言以来絶好調の(笑)1番・大西君

20060718003459.jpg

根性で1・2塁間を破り、繋ぎました

2アウトながら1・3塁のチャンス。ここで既に2本のヒットで一人気を吐く2番・村松様が、高いバウンドのショートゴロ!

ショート・金子さんのフィールディングとの競争でしたが、村松様の足が勝ちました

2アウトから飛び出した、村松様3打席連続ヒットが、同点のタイムリーヒットとなりました。

20060718003439.jpg

村松様は、今日は脅威の5打席4安打、1四球の全出塁の活躍でした。

打率も再び3割2分を超えました規定打席到達が、待ち遠しいですね!


一気に逆転したいBs。打席は昨日のMVP、3番・キタガーでしたが、ここは四球を選び(敬遠か?)、今日初めての満塁になりました。

打席は「どうしても、何が何でも・・・」不動の4番・ノリ・・・。

楽天戦での2ホームランがあった為だかどうかわかりませんが、その後はまたピタッと「音なし」状態。

今日も2打席連続でピッチャー・ゴロに倒れておりました。

私の心の中のもう一人の自分は、今すぐ中村監督様代打・キヨのスペシャルな作戦を進言しようと申して、本当の私を苦しめておりました(笑)・・・。

ボール・カウントは2-3。

この回は同点止まりかなぁと半ば諦めていた、その瞬間でした。

20060718004149.jpg

レフトフェンス直撃の、満塁の走者一掃となるタイムリー2ベース・ヒットでした!

20060718004139.jpg

画面では3対1となっていますが、正しくは4対1です。テレビも驚く結果になりました(笑)

20060718004732.jpg

打って欲しいところで必ず結果を出す・・・。徐々にノリ本来の姿に近付きつつあるのでしょうか?

明日も続けて、よろしくお願い致します!


高木君降板後の4回途中からの投手リレーは、このところの定番化した4人による無失点リレーでした。

特に先発投手と「K・K・O」との間の橋渡し役を果たしているユウキが、今日も登板しました。

特に0対1の1アウト1・2塁のピンチでマウンドを託された4回・・・。

ここで追加点を奪われると、恐らくは試合は一方的にいつものようにファイターズ・ペースになるところでした。

ここで1・2番のひちょりさん、ケンスケさんをそれぞれセンターフライとレフトフライに討ち取り、流れを止めました

その直後にあのBs怒涛の逆転劇が生まれたのですから、試合の流れを完全に変えた好リリーフでありました。

ユウキは結局、2・2/3回を投げて 被安打1 与四球1 奪三振1 失点0

今日は、昨日と違って先発ピッチャーの勝ち星を消した後の逆転ではなく、文句なしの勝ち投手でした。

全て中継ぎで登板した今季の、直近の登板4試合で既に3勝・・・。あの勝てなかった3年間との対比を思うと感無量ですね・・・。

そしてノリから譲られたのでしょうか?4年振りのヒーロー・インタビューにも呼ばれました。

20060718004644.jpg

これで「K・K・O」から「Y・K・K・O」という勝利の方程式が出来上がったと言っても過言ではありませんね!

7回からはその「K・K・O」が今日も3人全員が仲良く1本ずつヒットを打たれたものの(笑)、得点は許しませんでした

その間、打線は8回に永遠の若武者・良太@アイカーの、レフト・ポール際に飛び込む第6号のソロ・ホームランによるトドメの1点を追加。

20060718004925.jpg

珍しくカメラ目線でパフォーマンス。「札幌最高バイ!オタル・ウンガーッ!」くらい言ってほしかったですね(爆)

もう1枚。今度はプロ野球ai風(笑)・・・
20060718005326.jpg



先制されながらも、一気に逆転して最後は突き放すという胸のすく攻撃と、新たな勝利の方程式誕生を確信する継投を見せてくれたBsが、5対1で天敵・ファイターズからようやく今季の2勝目をゲットすることができました・・・。

20060718005455.jpg


今日の、このところ守備において「いい意味で」魅せるプレーが目立つ光尊様ですが(笑)、6回に華麗な(昨日に続いて、いつもなら絶対にエラーなショートバウンドを捕って!)フィールディングを「披露」してくださいました!

しかし、9回には、ランナー1塁にいるのにセカンドのベースカバーを忘れ、盗塁を刺す為にキャッチャーが投げられない、というご愛敬で、余計な「疲労」をさせてくださいました・・・。

ということで、ノーヒットのバッティングも鑑み、今日はいつものように「プラマイ・ゼロ」でした(爆)。


いろいろと辛かった前半戦(もう半分は過ぎてはいますが)。いよいよ泣いても笑っても明日が正真正銘のラストゲームです。

あの言葉」は、敢えて言わずにおきます。

私が言わずとも、きっと誰かが言ってくださるでしょう(笑)・・・。

もちろん3連勝フィニッシュ!などと大それたことは、絶対に言いません。

ただ、結果はともかくとして、オール・スター戦明けに弾みがつくような「勝ち方」を期待しているだけです(爆)


7月18日 対北海道日本ハム戦12回戦(於札幌D)の予告先発投手は

Bs:平野よし君@オールスターに是非とも手土産を!
Fs:金村さん@前回は完封負け@何も言う必要はありません、キング・オブ・天敵です

どうせなら、今日と先発を入れ替えた方が良か・・・(以下自粛)・・・。

いえいえ「かわいい子には足袋を履かせろ」とか「親獅子は我が子を谷底の谷中にぶつけさせる」という諺もあります。

中村監督様は、心を鬼にして、子の成長を思うが故の厳しい仕打ちを・・・。

「勝っても負けてもとにかく完投指令」に続き、敢えて前回も完封負けを喰らった天敵の金村さんに再度ぶつける優しい親心をお見せになりました。

ここ2試合、8回4失点降板が続いている平野よし君・・・。

一時の酷い「ビッグ・イニング病」の峠は越えました。

が、新たに「勝ち星って何ですか?」という「軽い記憶喪失」に罹ってしまいました(涙)

何とか早く、快進撃の記憶を取り戻してあげられるよう、先輩方には頑張ってあげて欲しいと思います。

オールスター前に、新旧の「16番」同士の対決を制することができるなら、自身のオール・スター戦出場に華を添えるだけに止まらず、チームの後半戦へ向けてとても大きな弾みとなるに違いありません。

明日は精一杯、精魂込めて、テレビの前で祈りたいと思います!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月16日 対東北楽天戦11回戦(フルキャストS宮城)

日曜日2週連続勝利です!

本やんが投げ始めてから、これで日曜日4週中、3勝です。

残念ながら勝ち投手の権利を掴みながら、後を託したユウキが同点にされたため勝ち星は消えてしまいました・・・。

しかし同点にされた直後に味方が直ぐに勝ち越してくれたことにより、昨年まで2年間勝ち星に恵まれなかった、その同点打を打たれてしまったユウキに、今シーズン2つ目の勝ち星が転がり込みました。

試合終了後のベンチで、はにかんだ笑顔でウイニングボールを受け取るユウキを労う本やん・・・。

自分の勝ち星が消えた悔しさなど微塵も感じさせず、苦労をともにしてきたユウキの勝ち星を心から喜ぶ笑顔がそこにはありました・・・。

ピッチング自体は苦しいところもあり、決してベストピッチとは言えませんでしたが、これで新しいジンクスは確定です。

「サンデー・本やんは、負けない・・・」



 Bs ⑤ - 3 Eagles


20060716200656.jpg


1回の攻撃を簡単に三者凡退に斬って取られたときは、昨日の敗戦の流れが続いているのかと心配しました。

その裏のイーグルスの攻撃。反対に先発の本やんは、土谷さんにいきなり先頭打者3ベース・ヒットを浴びてしまいます。

ライト線に転がるボールの処理をもたついたジェイソンアシストもありました(泣)

もう、1点献上は間違いありません・・・。

しかし、2番タカスさんは浅いライトフライでランナーは釘付け

1アウト・3塁となりクリーン・アップに廻ります。

3番の関川さんの打球は高いバウンドの・・・ショートへのゴロ!

今日もスタメン・ショート光尊様は、2バウンド目をいつもは苦手なショートバウンド奇跡的に掬い上げるとステップも軽やかに、素早い身のこなしで全力でバックホーム!!

ホームへ突っ込んだ土屋さんがスライディングする前に、ダカヒーのミットへストライクの返球!

余裕でタッチアウト。イーグルスには痛恨の本塁憤死となり、本やんには強力なバックアップとなりました・・・。

光尊様強肩、いや驚肩(いや狂肩)が唸りを上げましたね。

結局この回は、思いもよらないピンチを、思いもよらず無失点で切り抜けることができました。
20060717002035.jpg


ピンチの後にはチャンスあり。

2回表は、光尊様Bs初安打となる左中間を破る2ベース・ヒットが生まれるとダカヒーレフト前タイムリーヒットが飛び出し、逆に1点を先制し流れを引き寄せました。
20060716232511.jpg


そして3回には四球栄二様を塁上に置いて、昨日の休養で充電完了のキタガーがレフトオーバーのあわやホームランかという当たり!

フェンスにダイレクトの3塁打!得点は2対0になりました。

この3塁打の時にキタガーは、何とヘッド・スライディング・・・。

20060716232721.jpg

立ち上がってから右肩を気にするような素振りも見えました・・・。あんまり無理しなくてもいいのにねぇ・・・。でも、そんなあなたが大好きです!

心配を他所に、キタガーは今日は大活躍でした。大爆発と呼ぶべきでしょうか?

この後1点を返された5回には犠牲フライもう1点

20060716232938.jpg

得点は3対1になりました。


本やんは2回を除いて最後の5回まで全て先頭バッターにヒットを許してしまいました。

で、遂に3回に失点してしまいます・・・。

先頭の塩川さんのライト前のシングル・ヒットを、ジェイソン再び後ろへ逸らし、またまた3塁に進めてしまいました!

初回こそ光尊様ファイン・プレーに救われましたが、ここはまた土谷さんにやられてしまいました

そして5回には、藤井さんのヒットと土谷さんの内野安打も絡み、タカスさんのショートゴロの間に更に1点を返されてしまいました。

20060716233358.jpg

ヒットを7本も打たれながら2失点に抑えることができたところは、ローテーション・ピッチャーらしさが出てきたということですね。

でも、イーグルス打線の優しさに助けられた感の方が大きいと感じましたが・・・。

後半戦も頑張ってください!!


因みに土谷さんは今日4安打の固め打ち。Bs戦が始まるまでは20数打席ノー・ヒットと極度の打撃不振に陥っていましたが、この3連戦で7安打

イーグルスファンの皆様、良かったですね(笑)

光尊様も同じように不振でしたが、3試合連続のマルチ安打でしたので「おあいこ」ですね!

そして6回です・・・。ピッチャーはユウキに替りました。

それ程クリーン・ヒットとは呼べないような当たりが3本集中し、ここで3対3の同点に追い付かれてしまいました!

尚も1アウト満塁の逆転の絶体絶命のピンチが続きます・・・・・。

ここで塩川さんの放った打球は、ほんの少し浅めのセンターフライ!

ショートさんはタッチアップで全力疾走!

村松様はキャッチすると懸命の返球で、カットの光尊様へ!

村松様に託された光尊様必死でバックホーム!

ここで私達が目にしたものは、初回のプレーに続いて、今回も「ノーバウンドのレーザー・ビームでした!!!!

ダカヒーの好ブロックも光りました。

リックさんのタックルを喰らいながらも、ボールを離しませんでした・・・。

何とここでも諦めかけた逆転の失点を防ぐことに成功しました!

光尊様、本当によく頑張りましたね!


またしてもピンチの後にはチャンスあり、でした。

7回の先頭打者は、代打でキヨが登場。

13日のドームと同じランナーのいない、盛り上がりには欠ける場面ではありましたが、それでも期待通り出塁するところは流石です。

でも今日は四球ではなく、ホセさんのグラブをかすめる痛烈な当たり。正真正銘のレフト前ヒットでした。

13日もそうですが、今日もそうでした・・・。

キヨの出塁でベンチのムード選手達の集中力ガラリと変わるのだそうです。

20060716234800.jpg

見ている私には余りピンと来ませんが、決勝打を放ってお立ち台に上った選手達が口を揃えるので間違いないでしょう(笑)

続く村松様と栄二様が共に倒れて2アウト1塁に・・・。キヨの代走の真ちゃんは仕事がありません・・・。

ここで打席に入るのはここまで既に2打点キタガーでした。

イーグルスにとっては、今日は「よい子のヒーロー・アンパンマン」ではなく、「バイキンマン」に見えたことでしょう・・・。

バット一閃、左中間をライナーで破る、勝ち越しのタイムリー2ベース・ヒットでした!

20060716234859.jpg

1塁から真ちゃんが長躯ホームイン。得点は4対3と再びリードを奪いました。


こうなると、あとは「K・K・O」の出来次第です・・・・。が、今日も完璧でした!

7回は菊様パーフェクト・ピッチング!パーフェクト・ソリューション!

20060716234936.jpg


8回は大輔が、ヒットと四球でピンチを作りましたが無失点。

20060716235019.jpg


後は9回を大久保様が締めてシナリオ勝利バージョン)は完成です・・・・が、もう1点くらいあればなーと(笑)・・・


9回表の攻撃は既に2アウト・・・。

1点を大久保様に守っていただくしかないと正直思いました。

最後のバッターになるかもしれなかったのは、我らの光尊様でした。

今日はキタガーとともに、守備では「奇跡を呼び込む男」と化している光尊様の打席です・・・。

高ぶる闘志を抑え、手に汗を握るその瞬間」でした。「狙いを定めて打てば」打球は場外いやライトを「越・え・る2ベース・ヒット!

20060716235349.jpg


すると塩Z三遊間を破ります!

俊足を飛ばす光尊様は、楽々と3塁・・・・・えっ!?

松山コーチの信号は「とにかく行け!」です!

黄金の右腕が見えないくらいに高速で回転しています!!

雨で手許が狂うことに期待しているとしか思えなかったっす・・・。タイミングは完全にアウトでした・・・。

イーグルスのレフトで打球を処理しているのは、塩Z、よしくん同期。「社会人3羽烏(バカらす)」で鳴らした元BW戦士のサタケです!

何となく予想通りでした(笑)。松山コーチのヨミどおり、バックホームのボールは中途半端なバウンドでキャッチャーの藤井さんに届けられました・・・。

これを藤井さんは捕れずに、韋駄天(←何か?)の光尊様は貴重なダメ押し点となる5点目のホームへ泥だらけで滑り込みました!

20060717000207.jpg

塩Z2アウトランナー無しから1打点でした。

2点あれば先頭打者にソロ・ホームランを浴びてもまだ1点リード(笑)

大久保様がマウンドへ。

先頭は斬ったものの、2人目の1番・土谷さんに4本目のヒットを、それも2ベース・ヒットを打たれてしまいます。

うーん、これでホームランだと同点か・・・等とは決して思いませんでしたとも!

信じておりましたから!(笑)

やはりランナーを、それも2塁か3塁に置かないと燃えない大久保様です。

2番・タカスさんを空振り三振に。

しかし3番は先程のバックホームも生々しく、リベンジに燃えるサタケでした!

が、連続の空振り三振ゲームセット!

20060717000412.jpg

大久保様4試合連続でセーブ・ポイントをマーク。今シーズンの14個目です。

手術、リハビリから復活した昨年から積み重ねたセーブが、ようやく背番号の35を越えて36になりました・・・。

一昨年までのことを思えば、夢のようです。

前半は失敗も2軍落ちも経験しましたが、Bs守護神はやっぱり大久保様しか考えられません。

K・K・O」もここへ来てようやく3人の調子が揃いました

後半戦へ向けて、明るく心強い材料であることは間違いありませんね!

今日はBs、イーグルス打線、共に12安打でした。

満遍なく打ったBsに対して、イーグルスは6回まで10安打。しかし「K・K・O」の前に7回以降は僅か散発2安打でした。

Bsは猛打賞は誰もいませんでしたが、2安打のマルチ・ヒッターは、今日は5人も出ました!

3打点キタガー1打点ダカヒー、そして村松様、光尊様、大西君でした。

あとの2本は最後の1打点塩Z復帰初安打キヨでした。

20060717001946.jpg


ホームランが無くても、打線が繋がって打ち勝てました。だからもう「宝くじ」は必要ないと思うのですが、中村監督様はやはり1枚から2枚はどうしても置いておかなくてはいられないようですね~。

お守り」とか「魔除けのお札」か何かと勘違いされているのではないかと、気になっています(笑)

今日はその「宝くじ」に2度も守備で足を引っ張られましたし(爆)

もう少し得点が取れれば良かったのですが、貧打に悩んでいた打線がここへ来て活発になって北海道に乗り込むことができますね。

明日からは、オールスター前の最後の、いよいよ本当に最後の(笑)2連戦ですね。


7月17日 対北海道日本ハム戦11回戦(於札幌D)の予告先発投手は

Bs:高木君@サプライズ!!@目指せプロ3勝目!
Fs:ディアスさん@前回は6回3失点・でも負け@現在3勝4敗


高木君は、現在サーパスのエースです。阪神戦では2安打完封勝利というのもありました。

ウエスタン優勝争いを演じているサーパスには痛い離脱(笑)かも知れませんが、Bsにとっては喉から手が出てその手から鳩が出るほどに欲しい、先発の若いサウスポーです。

しかも相手は天敵・ファイターズです。もう抑えてくれそうなピッチャーがいないと言うことが本音・・・とは思いたくありません(爆)

チャンスをモノにして、救世主となってほしいですね!楽しみです!

北海道のみなさま、ようやく札幌での初勝利が見られる時がきました!・・よ?・・ね?

よろしくお願いいたします(笑)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





7月15日 対東北楽天戦10回戦(フルキャストS宮城)

昨日の快勝からうって変わって今日は全体的に元気なく完敗でした。

Bsエースのデビちゃんを立てながら痛い敗戦。

デビちゃんにとってはオールスター前の最終登板を飾ることはできませんでした。

打線も昨日の久し振りの二桁得点で疲れてしまったのでしょうか?今日は4安打だけ

これでイーグルスは10連敗を免れました。

Bsは以前にも長期連敗に喘いでいた讀賣に敗れましたよね!?

もう「連敗ストッパー」と呼ばれるのも時間の問題ですね。

長期連敗の苦しさを誰よりも知っているだけに、どうしても心を鬼にすることができないのでしょうか。何と慈悲深いチームなのでしょう・・・。

3連戦の第2ラウンドは完敗。これで1勝1敗です。裏・天王山と呼ぶに相応しい戦いですねぇ。

いよいよ明日は前半戦最後のヤマ場を迎えます。

ただし、今日は完敗ではありましたが、私と一部のファンにとっては思わず「乾杯」したくなるシーンもありました!



 Bs 3 - 7 Eagles



今日のサプライズは、昨日に続いて3番打者ですね!

昨日3番で猛打賞の大活躍の村松様は、今日は先頭バッターでした。

毎日バッティングスタイルを変えなければならない苦労は、打順固定のバターにはわからないでしょうねぇ。村松様、本当にご苦労様です・・・。

20060715211229.jpg

まぁここ数試合、若手を複数人必ず入れいただいていることには、とても好感が持てています。

今日は最近昇り調子の大西君と、下位にぐっちを入れました。

そして今日の3番打者は、本人にその自覚は全くないのに、何故かBs随一のショーマン・シップでファンを魅了し続け、更に隠れファンを増殖させ続ける男・愛しの光尊様でした。

今シーズンのクリーン・アップでの起用は5度目です。「3番」は4月21日以来。「5番」は6月8・12・14日以来です。

何故か4番だけは、未だにありません。(←何か?)

その、3番打者は今日の敗戦の中では一人異彩を放つ大活躍でした。

今日もプラス・マイナス織り交ぜて、打撃・走塁・守備で大いにアピールされました!・・・


まず初回。先制点はBsでした。

先頭の村松様がいきなり四球で出塁すると、2番・大西君は完璧な送りバントでチャンスを広げます。

ここで打席に立たれた光尊様が、躊躇せずに果敢にバットを振り切りますと、鋭い打球が1・2塁間を破りライト前へ!

先制のタイムリーヒットになりました。

20060715211734.jpg

中村監督様期待に見事応えられました。

ここまで試合開始から僅か4分が経過しただけでした・・・。

しかし、タダでは済まないのが光尊様。4番・ノりの空振り三振に私達と同じく気落ちしてしまったのか(笑)、イーグルス先発の山村さんの2度目の牽制に戻れずにタッチアウト・・・。

でもまだプラスの方が勝ってますよね(爆)!?

その直後、1回裏のイーグルスの攻撃です。

Bsの先発は、エースのデビちゃんでした。

20060715212141.jpg

安定感と信頼感は、チーム・ナンバーワン。今日も3連勝を当然期待していました・・・。

立ち上がりは1・2番を簡単に討ち取り2アウト。良さげに見えていたのですが、3番・関川さんに四球を与えました。が、まだ心配せずに見ておりました。

ところが、ここで信じられないプレーが飛び出し、徐々に雲行きが怪しくなりました・・・・・。

4番・ほせさんの打球はデビちゃんに力負けしてバットが真っ二つに・・・。しかしボールと折れたバットの先が一緒にショートの光尊様を襲います!!

20060715212347.jpg

わかり辛いので載せようかどうか迷いましたが、念のため写真を載せました。

完璧なフィールディングで捕球体勢に入った光尊様のグラブ目掛けて飛んでくるのは、実はボールではなく、ほせさんの折れたバットの先っぽです。

実際のボールは、画面では光尊様の構えた少し左に転がっています!!

光尊様は、ようやく自分が捕ろうとしている「モノ」がボールではないことに気付き、慌てて「本物」を追いかけ何とか捕球し、ノー・ステップで1塁へ懸命に送球しますが時既に遅し・・・

内野安打になってしまいました。

この光景を見て、私は幼い頃の記憶が蘇りました!

高く舞い上がった打球と、ボテボテのゴロと違いはあれど、あの野球漫画を思い出しました!

20060715212658.jpg


ジャコビニ流星打法!!


もしかしたら、光尊様も読まれたことがあるのでしょうか?あの伝説の野球漫画を・・・。

20060715212819.jpg

おとり」のバットの切れ端に騙されなければ、完璧なアウトでチェンジだったところでした。

その後、5番・ジャイアン武志さんの逆転の2点タイムリーもなかったはずでした・・・orz

これで「プラマイ・ゼロ」になりました(爆)

3回にもデビちゃんは四球2つと犠打、そして犠牲フライ。ノー・ヒットで1点を追加されると更に四球。

2アウトからショートさんにタイムリーを浴びて結局1対4と離されてしまいました。

そして6回、先頭の7番・礒部さんの討ち取った当たりが内野安打に。今日はこの様な打球が多かったですね。

挙句の果てには、続く藤井さんの送りバントを処理した時に足を痛めて降板してしまいました・・・。

20060715213223.jpg

蒸し暑さも手伝って、デビちゃん不快指数は相当だったと思います。ちょっと気の毒でした・・・。痛めた足が大したことのないことを祈ります。

ここで追加点が入れば、今日の勝負は決してしまいます。ダメ押しですね。

終盤の逆転に望みをかろうじて持ちながら、ここまでは何とか見守ってきましたが・・・

試合の勝ち負けの興味はここで尽きました。

私達のささやかな望みも虚しく、デビちゃんをリリーフした「」が絶望の淵まで突き落としてくれました・・・・・。

20060715213645.jpg

四球・空振り三振・四球で満塁。ここでバッティング練習のように連続でタイムリーを浴びて一気に3失点

1対7となりました・・・。

打線は、1回の光尊様のタイムリーと5回のジェイソンの2ベース・ヒットだけの2安打で7回まで来ました。

このままで終われないBsのラッキーセブンです。

先頭の光尊様も何とかしたい気持ちで一杯だったことでしょう・・・。

持ち味である「度胸を据えて臨んだ」思い切りの良いフル・スイングに、ボールが上手く乗りました!

右中間の最も深いところにボールは突き刺さりました!

本当に久し振りの第2号ホームランです!!

20060715213906.jpg

残念ながら勝利には結びつきませんでしたが、私達を楽しませてくれることは忘れておられませんでした。

やはり「際立つ勝負勘」は健在です。

念のため断っておきますが、決して「際立つトンチンカン」ではありませんからねっ!

これで遂に大きくプラスになったでしょ?(笑)

いよいよ、明日は4番ですねっ!(爆)


8回にはもう一人、嬉しい嬉しいホームランを目にすることができました。

ライトオーバーの会心の当たり!

何故、嬉しいホームランかと申しますと・・・・。

ぐっちホームランです!しかもプロ入り初ホームランでした!

20060715213616.jpg

ホームランを期待され起用されている訳ではありませんが(笑)、鋭い打球のヒットの延長がフェンスオーバーとなりました。

でも本人はやっぱり大きい当たりを意識していたのでしょうか?

ここ~で1発、近鉄の星~! アーチを描けよ 打つぞ~坂口

・・・ね。本当にアーチを描いてくれましたね(笑)

やはり汎用ではなく相応しい応援歌を作ってあげて欲しいですね~。

ようやく今シーズンの2安打目プロ通算も4本目のヒットです。

まだ全然遅くはありません。サーパスで打って走って成長してきたことが、ようやく花開くシーズンにしてほしいですね!

エール、送らせて下さい!


ガッツだ燃えろ!さっかぐちぃー!


今日のBsの全てのヒットと得点は、4安打で3点・・・。

光尊様2安打2打点ぐっち1安打1打点ジェイソン1安打全てです。

今日は山村さんが良過ぎたということで、明日は再び若手、ベテランの「結束」で活発な打線になるように祈りましょう。

でも、一言だけ中村監督様にお願いが・・・。

昨日今日と大量に飛び出したホームランで、一度は諦めて下さった「宝くじ打線」再び未練を出されないことだけはよろしくお願い致します!


7月16日 対東北楽天戦11回戦(於フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bs:本やん@前半戦白星フィニッシュを!@目指せ3勝目!
Es:グリンさん@Bs戦初登板@現在3勝3敗@長身右腕

「ぐりん」さんです。ヤヤコシイですが「ぐーりん」さんでも「ぐりーん」さんでもありません。いや、特に意味はありません(笑)。

そういえば、元ダイエーのグーリンさんは、どこで何をしているのでしょうか?・・・

本やんは今乗りに乗っています。勝って欲しい時に勝ってくれるピッチャーになれるかどうか、大事な登板でもあると思います。

気合で頑張って下さい!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月14日 対東北楽天戦9回戦(フルキャストS宮城)

今日の打線「も」若手とベテランがうまく融合していましたね!

若手達も徐々に自らの持ち味を発揮し始めているように感じます。

しかしそれ以上にベテラン選手達の「意地」が強烈に光りました。

これこそ若手とベテランとの融合、結束ということではないでしょうか。

これを開幕からやってくれていたなら、今頃は・・・。

いくら言っても仕方ありませんね。暫くこれを続けてくれたら、後半戦がより以上に楽しめるはずです!

裏・天王山第1ラウンドは、文句なし。快勝です。



 Bs ⑩ - 4 Eagles



今日のスタメンで特筆すべきは、今シーズン初めてのクリーン・アップの・・・

3番の村松様でしょう・・・。

しかし、それがいとも簡単に機能しました。

今季のサプライズ・クリーン・アップと言えば私は栄二様を連想しますが、それに次ぐ衝撃でした。

しかし、栄二様といい、塩Zといい、今日の村松様といい、どの打順で起用されてもその打順の似合う活躍を必ずしてくれます。

流石は百戦錬磨、歴戦の勇士ですね!

20060715004028.jpg

昨日は代打で出場も内野安打今日はチーム唯一の3安打猛打賞で6回には2アウトからタイムリーも放ちました!

更に今日の1・2番若き快足コンビ森山君とぐっちで組みました。

コンビとしての結果は出ませんでしたが、これからも足で掻き回す姿勢を見せ続けて欲しいものです。

因みに森山君には、今日も第1打席でヒットが生まれました。

20060715003945.jpg

しかしデビュー以来の連続ヒットで止まってしまいました。これからは足で稼いだ内野安打の量産を期待したいですね。プロ初盗塁もね!

その他、森山君ショートでスタメンでしたので光尊様は今日は久し振りにセカンドでのスタメンでした。

しかし、このところ守備位置はショートで定着していましたので、体は完全にショート仕様になっていました・・・。

光尊様ファンの誰もが抱いた不安は、早速初回に的中(笑)

僅か2人目の時、セカンドゴロを捕ったまでは良かったのですが、普段とは反対の体の向きに。セカンドへの送球はレフトへと達しました・・・。

この直後、絶不調だった土谷さんにタイムリーが飛び出しましたので、光尊様は目のやり場に大変困られておりました(笑)

20060715004507.jpg

次のイニングから森山君守備位置が入れ替わったのは言うまでもありません(爆)。

なら、最初から・・・それを言っちゃらお仕舞だよ!

今日もしっかりと魅せてくれました!

その代わり「Mr.プラマイ・ゼロ」の本領は発揮。

20060715005152.jpg

村松様、ノリと並んでマルチ安打でした。2人と違うのはタイムリーが一人だけなかったことぐらいでしょうか。


打線は今シーズン4度目の二桁得点

前回の10点以上を取った試合は、交流戦前の千葉ロッテ戦の2試合連続がありました。その前は・・・。

4月14日、今日と同じくイーグルス戦でした。

今日の最初の得点は初回でした。

1アウト1・2塁から、4番・ノりが浅いセンター・フライでランナーが還れず

初回のチャンスに2人以上ランナーがいて無得点。今季は幾度となく目にしてきたシーンでした。そんな嫌なムードになりかけた時でした。

5番・キタガー笑顔で決めました!

20060715005641.jpg

先制の第7号3ラン・ホームランでした。

いつもならソロ・ホームランが3本も必要な3点一振りで入りました(笑)

これで勝ちムードが一気に高まりました。

4回には昨日のヒーローの一人大西君が1アウト満塁というチャンスにぐっちの代打で登場。

ここでも勝負強さを発揮し、三遊間を破る2点タイムリーヒット!
20060715005905.jpg


更に5回には先頭の4番・ノリがレフトへ弾丸ライナー!中段に叩き込む第10号ソロ・ホームラン!

20060715010009.jpg

ノりは続く6回にも村松様タイムリーの後、バックスクリーン右へ飛び込む2打席連続の第11号2ラン・ホームランを炸裂させました!

Bs入団以来、初めての1試合2ホーマーでした。そして初めてのヒーローインタビューだったでしょうか?ようやくノりの季節到来であればいいですね。

ここまで奪った得点は9点。そして「オオトリ」が7回に登場。

守備から入った「帰ってきたムードメーカー」、我らの真ちゃんが打席に立ちました。

今日も頼むぞ、と応援歌をテレビの前で絶叫です!!

「己の力信じて 限界の壁突き破れ! 唸り上げ弾き返せ! 紅蓮の閃光」

小さな体に秘めたパワーが爆発!

レフトスタンドへ突き刺さりました!今シーズン第1号ホームランを、1軍昇格後昨日の第3打席の初ヒットに続き、4打席目で放ちました。

20060715010358.jpg

真ちゃんのホームランによって、チームの得点は二桁に乗りました!

・・・ん?・・・このシチュエーションは・・・・!?

春先に私が生まれて初めて遠征したナゴヤの時と同じでした・・・。


ムードメーカーの真ちゃんとキヨが1軍に昇格して以来、チームは連勝。やることなすこと全て上手く回転しています。

中村監督様采配も冴えまくってきたのでしょうかね!?

得点のたびに映る笑顔には、生気が漲っておられますね!

あえてお写真は割愛させていただきますが(笑)・・・

昨日はライトスタンドからベンチの詳しい様子は窺い知れませんでしたが、今日テレビで見たところベンチのムードも最高潮でしたね!

13安打で10得点。東北楽天以外を相手にもこういう試合を見せて下さいませ(笑)


投手陣の話をするのを忘れてしまいそうでした(爆)

先発は肘の故障が癒えて久々の先発の川越会長でした。

マエカー替って再登録されました。

20060715011012.jpg

故障明けを考慮して今日は5回まで投げました。

良いのか悪いのか、イマイチわかりにくいピッチングでした。

成績は、5回を投げて 被安打6 与死球1 奪三振2 失点3

しかし、味方打線の大量得点にも守られて、復帰即勝ち星をゲット。6勝目です。

後半戦は、今日のように得点後の失点をなるべく防ぐように、お願いします。でも、これは会長の「くおりてぃい」ですから、無理かもね(爆)

何とか勝ち星がルーキーイヤー時以来の2桁に届くように頑張ってほしいです!


6・7回の2イニングをパーフェクトに抑え込んだのは、昨日の勝ち投手ユウキでした。

20060715011321.jpg

今日のピッチングで勝ちパターンのピッチャーに昇格するのは間違いないですね!

連投で驚きましたが、期待に充分すぎる活躍で応えてくれました。後半戦に最も期待のできるピッチャーの誕生ですね!

反対に8回から登板した山省は打者4人に対して被安打3。折角ゲッツーも取ったのに残念でした。

2アウト1・2塁のピンチから急遽前倒しで登板したと思われるのは、きんこ君でした。

20060715011559.jpg

この場面は4番・ほせさんをピッチャーゴロに仕留めて事なきを得ました。

10対3で事なきもありませんがきんこ君には得点差など考える余裕などなかったはずです。

9回は先頭のジャイアン・武司にレフトポールに当たるソロホームランを浴びてしまうと、ショートさんにもセンター前ヒット。

磯部さんは空振り三振、ケンシさんはレフト・フライで2アウト。

しかし横浜戦の実況の深沢アナに塩Zが間違えられた「塩川」さんにライト前に運ばれてランナーは1・2塁・・・。

ここで我らのマッキー、ではなくて「牧田・マキ」さんを146kmのストレートで空振り三振に討ち取りゲームセット!

きんこ君、ストレートが確実に速くなってきましたね。いよいよ本能が目覚めたのでしょうか?この速さがあれば、魔球と呼ぶ人には呼ばれる「変なカーブ」がより活きますね!

間違いなく後半戦、楽しみなピッチャーの一人です。


今日はイーグルス打線に対して投手陣は合計12安打を浴びますが、許した得点は4点

Bs投手陣の粘りのピッチングの結果か、はたまたイーグルス打線の・・・。

・・・答えを出すのは明日以降も見てからということで・・・。


Bs会心のゲーム内容で2連勝。反対にイーグルスはこれで今季ワーストの9連敗となりました。

イーグルスファンの皆さんの辛い気持ちは痛いほどわかります。私達もあの9連敗の時は大変でしたからね(涙)

でも、何度も言いますがBsの次カードは天敵のファイターズ戦です。終わり良ければすべて良しなど全く通用しそうにない相手です(爆)

心を鬼にしてあと2つ勝ちましょう!


7月15日 対東北楽天戦10回戦(於フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bs:デビちゃん@前半戦白星フィニッシュを!@現在4連勝中のエース!
Es:山村さん@過去Bs戦1勝1敗@前回は7回1失点で負けました

デビちゃん明日勝つと9勝目です。既に来日最多勝利を更新していますが、オールスター前の登板の締めくくりももちろん白星で飾って欲しいものです。

イーグルス戦はここまで負け無しの2連勝。防御率は1.38を誇ります。

ただし・・・。明日からの天気予報が悪いことだけが気になりますね・・・。

今この勢いに水を差されるのは痛いですよね~。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月13日 対福岡ソフトバンク戦11回戦(大阪のD)

今日の打線は、若手とベテランがうまく融合していましたね!

期待感だけではなく、若手もベテランも今日はしっかりと結果も出しました。

今シーズンのホークス戦は引き分けを挟んで3連勝から始まりましたが、気がつけば昨日で6連敗・・・・・

しかし、オールスター前の最後のホームでの試合でようやく連敗ストップ

今シーズンは「・・・最後の」がつく節目の試合「だけ」は本当に強いですねっ!

チームの連敗は2で止まりましたが、私個人の現場観戦成績は逆に2連勝です。

毎日現場に通われた皆様には大変申し訳ありませんが、一人美味しい思いをして家路につかせていただきました(笑)

若手とベテラン、投手陣と打撃陣。しっかりと噛み合った形を作って、仙台決戦(笑)に乗り込めますね!

明日からが最下位攻防戦となるのか、後半戦の「メーク・ドラマ」への足がかりとなるのか、いろんな意味で興味はつきませんね!



 Bs ⑤ - 2 Hawks



まず球場入りして驚きました

今日も新しい「若手」の昇格がありました(笑)

20060714135659.jpg

知らない間に、昇格していたのですね!そろそろかとは思っておりましたが、何の前触れもなくいきなりの今季初1軍お目見えでした。

中村監督様、いつもの突然のサプライズをありがとうございます!(早爺は?

そして同じくこの日からキヨも復帰スケジュールを前倒しして、真ちゃんと同時に1軍へ帰ってきてくれました。

で、今日の2つ目のサプライズ(笑)。スタメンです。

20060714135919.jpg

どうですか!?1番・真ちゃんですよ!1軍登録即スタメン。もう誰も文句は言いませんよ!(ただし、外国人選手の場合はその限りではない、かも知れない・笑)

本日の若手大西君と良太、そしてミスター10割ルパン森山君もスタメンで登場です。

ベテラン、若手がうまくミックス・モダンされた打線じゃないですか?

チームは2連敗中とムードは重かったのですが、ベンチを盛り上げる役割なら右に出るものがいない2人。キヨと真ちゃんがベンチに帰ってきただけで、なぜか今日の試合は勝てるような気になりました。

しかし、その実現のためには先発ピッチャーが試合を作ってくれることが不可欠です。

そしてその役割を託すのは、今日が今シーズン節目の10試合目の先発となるマエカーでした。

20060714140239.jpg

そのマエカー。初回こそあっさりと1点を先制されましたが、2・3・4回はランナーを出しながら(四球と死球がともに2個・乱闘は無し)も何とか無得点に抑えました。

5回には1アウトから大村さんにセンター前に運ばれ、左の宗りんさんまでは討ち取ったところで残念ながらマウンドを降りましたが「ゲームを作ったかも知れない、みたいな」だけは何とか感じさせてくれました。

その後を継いだのはユウキでした。

ユウキは、1軍再昇格後は2試合に登板して5回1/3を無失点とまずまずの好リリーフを続けていました。

今日は3試合目です。好救援が2度あることは3度あるになるか、3度目の正直(?)で失敗か・・・。

こういう場合は大抵、悪い予感の方が当たるということに相場は決まっています・・・。期待とは反対に、いきなり辻さんに右中間を真っ二つの大きな当り。勝ち越しのタイムリー3ベース・ヒットとなりました・・・。

しかし、この後は落ち着いて後続を絶ち、その裏に打線が奮起して逆転してくれたため、負けが消えたどころか4年振りとなる勝ち星が転がり込んできました。

当時の近鉄から、FA移籍した加藤伸一さんの人的補償としてやってきてくれたユウキ(田中)は、4年前の後半戦にデビュー以来、あれよあれよと7勝を挙げて一躍若きエースと将来を嘱望されました。

しかしその後は腰痛に苦しみ、リハビリの日々を過ごしておりました。

復活の兆しが見えたのは昨年でした。開幕4試合目の千葉ロッテ戦の先発に起用されるくらい、仰木さんからの期待も高まっていました。

しかし好投しながら勝ち星を掴むことはできず、その後幾度か先発が続きましたが、内容は悪くなるばかり・・・。

ついに先発ローテから外れてしまいました。

その後は主にサーパスで、そしてたまに1軍に昇格しても結果が残せずにまた抹消の繰り返しでした・・・。

今年もそんな感じでここまできましたが、突然勝利の女神が微笑んで下さいました!

20060714140935.jpg

これまでの苦労を思うと、喜びは容易に想像がつきますね。


おめでとう!ユウキ!


これをきっかけに、いつかは先発での勝ち星を見てみたいと思うのは私だけではないでしょう。今後の活躍も大いに期待したいです!


ユウキの後の7・8・9回は、今日も「K・K・O」揃い踏みでした。

菊様は、完璧。大輔も完璧。大久保様は・・・・。いつもどおり!(笑)

投手陣は、今日はホークス打線を2点に封じ込めて、7試合連続の鷹の羽ばたきは阻止してくれました。


打線に話を戻しましょう。

今日は5得点と、猛打爆発とはいきませんでしたが、ここ数試合の貧打振りからすると十分合格点がつけられます。

得点の数より、今日は内容です!

ホームランありーの、連打のタイムリーありーの、スクイズありーの、嫁ぎーの(古いですか?)

まさに力と技と足、そしてを使った攻撃で、久しぶりに私たちファンを満足させてくれました。

そしてスタメン起用、代打からの得点、守備固め(笑)などなどもすばらしかったですね。

では、たまには言いましょう!


中村監督様、GJです!!


今日言わないといつ言えるかわかりませんので(汗)、字も大きめで言ってみました。

1点先制されて迎えた3回でした。

1アウトからレフト・スタンドへライナーで運ぶ豪快な同点ソロホームランが飛び出しました。

ライトスタンドは一様に驚きに包まれました。

打ったのは誰だ!?

20060714141636.jpg

さすがは「びっくり箱」ですね。

ホームランの前には盗塁を試みたパナマウンガーさんを2塁で刺したり、また自らの盗塁で2塁を奪ったり、今日は攻・守・走全てにおいて見せ場満載でした。

もちろんバッティングでも今日は2安打マルチの活躍でした。しっかし、的やんの盗塁を見られるなんて、今日は本当にラッキーでした。何かすごく得した気分になれました(笑)。

次回も俊足巧打・的山でお願いしますね(爆)!


追いついたのも束の間、5回には1点を勝ち越されました。が、その裏のBsの攻撃です。

いきなり先頭の良太がレフトに豪快に叩き込んでくれました!

20060714141919.jpg

連日活躍する同じウエスタンで切磋琢磨してきたホークス若手たちを尻目に、悔しい思いをしてきたことでしょう。

鬱憤を晴らすかのような同点ホームランでした。

続く的やんに2打席連続の、そしてアベックホームランを期待しましたが、ここはピッチャーゴロ(笑)

続く森山君に代わって代打・キヨが告げられました。

森山君は、第1打席はうまく流してレフト前ヒット。1軍ではこれでプロ入り3打席連続ヒット。依然打率10割をキープです。

打席に立てば簡単に見えるくらいポンポンとヒットを打てる人もいれば、数少ないながらもも打席に立ちながら結果を出せずに交替でサーパスに帰ってしまった期待の選手もいます・・・。

哀愁が漂う対比ですね(笑)

でもたった1打席で交替ですか・・・。もっと見たかったのですが、ヒットで出塁の後、牽制に引っかかってしまったことが首脳陣の怒りを買ってしまったのでしょうか?もっともっと見てみたい選手ではありますね!

キヨはまだ万全ではないはずですが、打席に立ちました。

私の予感通り、四球で出塁です。(もうひとつの予感が空振り三振だったことは秘密です

ランナーなしでキヨ、というのは解せないところでしたが、この出塁から打線は一気に逆転してしまうのですから、中村監督様の独特の勝負勘とキヨの存在感とのコラボレーションの威力はすごいですね(笑)

代走には俊足光尊様(何か?)というのも効きましたね!

キヨの四球からチャンスを広げたいBs打線です。

続くバッターは1番・真二でした。

今季初スタメンの真ちゃんは、1打席目は2ゴロ。そりゃいろんな思いが込み上げてきて固くもなりますでしょう。

20060714142537.jpg

2打席目は惜しくもサード・ライナー。そして今日はノー・ヒット。でもそのうちに、と思った矢先に・・・・飛び出しました!

第3打席で。「唸り上げ、弾き返し」た打球がセンター前へ!今シーズン初ヒットで、逆転のチャンスを広げました。

ホークス好投の先発神内さんを、真ちゃんの一撃で引き摺り下ろしました。ピッチャーは真太郎さんにスイッチです。

ここで迎えるバッターは、2番・若手の大西君

PLの大先輩のキヨ、そして「いてまえ魂」の大先輩の真二が作ってくれたチャンスです。

ここで凡退、ゲッツーなど食らうものなら、「坊主」どころでは済みません・・・・・。

根性だけで放った打球はセンター前へ!

見事、逆転のタイムリーヒット!

遂に3対2と試合をひっくり返しました!

20060714142850.jpg


続く3番・キタガーにも連続でタイムリーが飛び出し4対2になりました。

ソロ・ホームラン2本だけでなく、久しぶりにヒットが繋がりタイムリーが連なりました

後は復調なった「K・K・O」が0点に抑えれば勝ちではありますが、得点は何点あっても困らないもの・・・。

8回には貴重な駄目押し点が生まれました。

先頭のここまでヒットのなかった5番・塩Zの左中間への2ベース・ヒットからチャンスは始まりました。

続く相方の栄二様は、送りバントの機会を逸したものの最後は1塁へ強引に流して塩Z3塁に進めることに成功します。

1アウト3塁で、迎えるバッターは今日同点ホームランも放っている良太でした。

ファンファーレが鳴り響きます!

そして「この一打に懸ける、若武者・相川~♪・・・

応援歌が始まって間もなくの初球でした。

何と塩Zは猛然とホームへ突っ込みました。スクイズです!

ピッチャー前に転がった良太のバントした打球はピッチャーのルーキー藤岡さんの前に!

藤岡さん、グラブで捕ってそのままトス!

しかし、一瞬の余裕をもって塩Zはベースへ滑り込んでいました!


スクイズ成功です!


得点は土壇場の8回に5対2に広がりました。これが、駄目押しというかトドメとなり、Bsはホークス戦の連敗を6で止めることができました。

20060714143520.jpg

ヒーローインタビューは、もちろん同点ホームランとスクイズを決めた良太

20060714143613.jpg


逆転タイムリーを放った大西君でした。

20060714143718.jpg

若手が使われだしてから密かに夢見ていた若手のヒーローインタビュー。

ようやく夢のひとつが叶いました。

ベテランだけでなく、若手もしっかりと結果を出して掴み取った勝利でした。

クールで硬めな良太と違って大西君はヒーローインタビューでは茶目っ気たっぷりでした。

他球団では今、ヒーローインタビューでのマイクパフォーマンスが花盛りです。

Bsではキヨの足元に及ぶ者はありませんが、是非ともこういうところでももっともっと若い選手達にアピールしていってほしいですね。

そのためには、働け!?

仰るとおりです(爆)

でもこれからは今までと違って、こういう試合が続くのではないかと思います。

若手が活躍して勝つ喜びを、首脳陣の皆様方にももっともっと知っていただきたいですね(笑)


7月14日 対東北楽天戦9回戦(於フルキャストS宮城)の予告先発投手は

Bs:川越選手会長@故障の癒え具合は?@現在3連敗中
Es:愛敬さん@無敗から無勝?@地元の星なのでちょっと応援してます

ようやく川越選手会長も復帰です。

今やエースの座を完全にデビちゃんに奪われた感のある会長ですが、ここから快進撃を続けて再びエースの称号争いに復帰してくれることを祈っています。

東北楽天は、現在8連敗中です。前回Gの長期連敗を止めてしまった優しいBsですが、今回は心を鬼にして3連勝を目指しましょう。

さもなくば、前半戦最後の対戦相手がファイターズですので(笑)・・・・・。

まずは3連戦の先陣を切る会長の素晴らしいピッチングに期待したいですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




7月12日 対福岡ソフトバンク戦10回戦(大阪のD)

連敗になりました・・・。

でも、昨日の負けよりも気分はいいです。

やっぱり若手とベテランの融合スタメンは、見ていてワクワクします。

ホークスの若手とは結果は比べるまでもありませんが、貴重な経験を積んでいることだけは間違いありません・・・。

そういえば、今日は先発ピッチャーも若手でしたね。この若手君も今日は課題を克服した姿を見せてくれました。

同じく今日も白星という結果は伴いませんでしたね・・・。



 Bs 1 - 4 Hawks



先発は、若き将来のエース・平野よし君。今日は失点は確かにありましたが、最近続けていた「ビッグ・イニング作り」はありませんでした

20060713004110.jpg

取られた得点は4点ですが、一度に取られた得点は初回の2点のみ

後は4回に1点、8回に1点。

結局今日は、無駄な完投は免れました

8回を投げて被安打8 与四球5 奪三振2 失点4

もちろんこれで自慢などするつもりはありませんが、ここ数試合は「新人王候補」と呼ぶにはほど遠いピッチングが続き、勝ち星からもかなり遠ざかってしまっておりました・・・。

今日は打線の援護にも恵まれませんでした。6月3日のスワローズ戦に勝って以来、かれこれ1ヶ月以上も勝利の女神から見放されてしまいました。

しかし、将来のBs投手陣を間違いなく背負って立つ待望の素材です。このまま並みの投手で終わって欲しくはありません。

どんな大投手でも、同じようにプロの壁にぶつかってこそ大きくなったのです。

ここで壁を乗り越えるか挫折するか、今後の野球人生において初めて迎えたターニング・ポイントかも知れませんね。

それでも私は、苦しい敗戦の中にあっても今日は過去の失敗を修正した姿を見ることができたと感じました。

きっと次回のピッチング活かすことができると信じています。

次回はオールスター前の最終戦(Fs戦)でしょうか。

何とか勝ち星を付けて晴れ舞台に臨ませてあげたいのですがね・・・。


乗り越えろ!平野よし君!


昨日はスタメンを見てブーブー言ってしまいましたが、今日は再び「若手」の名前が踊りました。

2番・ぐっち、7番・良太、8番・迎君、そして5番・栄二様と6番・光尊様というワクワクする「若手達」が名前を連ねました。

・・・ん?何かご意見でも?(笑)

20060713004915.jpg

ぐっちには嬉しい、久し振りのスタメンでした。今日のリストバンド?は、初心を表す「」でした。

しかし今日の「若手・ベテラン融合打線」は、病み上がりの新垣さんの前にほぼ沈黙・・・。

どうにかノりのソロ・ホームランで、2夜連続の完封を逃れるのが精一杯でした。

新垣さんには、約2ヶ月振りの勝ち星を献上してしまいました・・・。


若手の皆さん!外国人やベテランさん達でもマトモに打てないピッチャーです。打てなくても落ち込む必要はありません。

でも、こういう時に打ってこそ、スターへの道が広がるのも事実です。

何とか死にもの狂いで、チャンスをGETしてください!何とか期待に応えてください!

あっさり塩味控えめの今日の結果でしたが、一人気を吐いたのはノリでした。

20060713005307.jpg

久し振りの驚弾炸裂でした。実に27日振りの1発は、チームトップを更新する第9号ソロ・ホームランでした。

これが反撃の狼煙になるかと思ったのですがね~。

ノりは今日はヒット2本2割キープですね。

ほかには、今日スタメンのフミヒロにもヒットが出ました!

というより順番が逆になりましたが、今日のBsの初ヒットでした!

20060713005543.jpg

今シーズンの第3号です!あっ、いや、ヒットの話しでした。(笑)

気が付けば打率は.231です。ジェイソンよりもノりよりもブランボーよりも高打率です(笑)

私達の光尊様には3試合・9打席連続でヒットがありませんでしたが、久し振りにヒットが生まれました

2-3と追い詰められましたが、最後は右手1本で運んだ感じでした。

この嬉しそうな笑顔癒されてください(笑)

20060713005949.jpg

どうでもよいことですが、赤のリストバンドのメーカーが、オークリーからSSK?に変わっていました。気分転換でしょうか?

このところの不調で打率は急降下ですが、何とか再び3割へ返り咲いて下さることを願って止みません。

さらに、今日はショートでの守備機会が非常に多い試合でした。

1回から3回は、3回に宗りんさんの内野安打があっただけでしたが、4回以降9回まで全てのイニングで打球がショートへ

なのに今日は、いや今日もノー・エラー

あの時のように、1イニングで2つのタイムリーエラーを重ねて天を仰いでいた姿は、もうどこにもありませんね!

そして昨日マルチ安打の栄二様には今日もヒットが出ました。

20060713010538.jpg

しかも俊足を生かした3塁への内野安打でした!流石は若手だけあるでしょ(笑)


チームは折角マリーンズにいい雰囲気で連勝して、これからの戦いに向けて明るい光が見えてきたかな?と思われましたが、打線が封じ込められて再び連敗です。

いよいよ、明後日からは8連敗中のイーグルスとの「裏・首位攻防戦」に挑みます・・・。

明日はイーグルスは試合がありません。できれば明日、勝っておきたいところですね(爆)

週末の仙台は、どのような雰囲気の試合になるのでしょうか・・・。想像もつきません

ただ、お天気が悪そうな予報が出ていることが気になりますね。

☆maruko☆さま、お気をつけて行ってらっしゃいませ!)

いや、そんな先のカードのことばかり書いていると怒られそうですね。


もう3連敗は覚悟済みなのか!!と。


今日は若手同士の入れ替えがありました。

オリックス新人森山が1軍再昇格
オリックスのルーキー森山周内野手(24)がこの日、2度目の1軍昇格を果たした。5月に1軍に抜てきされたが、3試合2打数2安打、打率10割の成績もファームに逆戻りしていた。「体調は万全です。チャンスをいただいたので頑張りたい」と話した。

代わって3年目の嶋村一輝内野手(24)が2軍落ちした。


一輝は、いいところを全く見せられないまま、再びサーパスへと帰ってゆきました・・・。

もうこれで、あじさいとドームのWヘッダーはしなくてもよくなりますね。

サーパスに戻ればまたすぐに「ファームでは安打製造機」戻ることでしょう。

決して腐らずに、次のチャンスを掴んでください。そして次回の1軍昇格時にこそは、3年ぶりのヒットを是非とも見させてください。

私はあなたのことは決して忘れません。私の心とあなたの心は、ネビュラ・チェーンで繋がっているのですから・・・。


もう一度這い上がれ!一輝!


替っての昇格は、久し振りのルパン・森山君でした。期待の10割バッターが帰ってきますね!

明日は見られるでしょうか?楽しみにしています!


7月13日 対福岡ソフトバンク戦11回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bs:マエカー@現在5連敗中@でも1勝はホークス戦
Hs:神内さん@先発転向ですね@Bs戦初先発@現在3連勝中

マエカー、明日の登板は前回の緊急昇格とは違って充分に調整してきたはずです。

前回よりは期待が持てると思います、いや思いたいです。

そして、ホークス戦の連敗はで止めたいものです・・・。

私は明日、現場に参ります。

大阪府民としては、是非とも行かなければと思います(笑)

明日はどんなオーダーが私達を迎えてくれるのでしょうか・・・。できれば「ワクワクする方」でお願いします(笑)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!





7月11日 対福岡ソフトバンク戦9回戦(大阪のD)

完封されて敗れたことよりも、たった4安打しか打てなかったことよりももっと心配です・・・・・


   吉井組長の負傷。


降板後はアイシングの治療を施されたそうですが、大丈夫なのでしょうか?

公式HPのインタビューによると筋を痛めたり捻挫はないとのことですが、故障禍の今年のことです。

川越会長はもう直ぐ戻りますが、ここで吉井組長が離脱なんていうことになれば悲しすぎます

オールスターでの晴れ舞台にも影響がなければ良いのですが・・・。



 Bs 0 - 6 Hawks



今日からオールスターまで8連戦が続きます。

その緒戦の今日の試合。

序盤4回までは見事な投手戦でした・・・。

今日は1点から2点までの勝負かなぁ、期待に胸を膨らませて見ておりました。

20060712105220.jpg

吉井組長は1・2回はそれぞれヒットと四球でランナーを出すものの、どちらも併殺で凌ぎました。

そして3回には2本のヒットと犠打で1アウト2・3塁のピンチ!

しかし1番・大村さんはサード・ゴロ。ランナーを三本間で挟殺して2アウト。

更に続く2番・宗りんさんをレフトフライに討ち取り、このピンチも無得点で凌ぎきりました。

少なくとも1点は覚悟をしていましたが、吉井組長の低目へのコントロールは素晴らしいですね!

4回までは3安打に抑え込みました。

対するホークス・和田さんも安定したピッチング。4回までこちらも散発の3安打に抑えられました。

完璧な投手戦ですね・・・。

均衡が破られたのは5回でした。

ホークス先頭の6番・城所さん@若手のレフト前2ベース・ヒット()。ジェイソン緩慢な守備が傷口を広げました。

続けて7番・本間さん@ベテラン。送りバントを2度失敗したあとの一打は、センター前へのタイムリーヒットとなってしまいました・・・。

2塁から俊足を飛ばす城所さんを見て、3塁ベース・コーチャーの森脇監督代行の右腕は躊躇することなくシャープに回転します!

余談ですが、森脇監督代行のプロとしてのキャリアの最初は近鉄でしたね・・・。そして近鉄を去ることとなった広島東洋とのトレードの相手は、我らが秀司でした。

カープでは彼の「炎のストッパー・ツネゴン」こと故・津田恒美さんの親友として、後に有名になりました。

その後、大道さんとともに最後の南海戦士となった西山捕手とのトレードで南海ホークスへ。そしてダイエー・ソフトバンクへと続きます。

王監督の離脱で巡ってきた監督代行という生涯初のスポットライト。しかし、今までどおり3塁コーチャーを放棄することはありませんでした・・・。

話を大阪(の)ドームに戻しましょう(笑)

遂に均衡が破れてホークスが1点を先制しました。

尚も8番・稲嶺さん@若手にもライト前へ運ばれて3連打。ノー・アウト1・2塁のピンチを迎えます。

ここで迎えるバターは9番・山崎さん@またまた若手・・・。

ここで山崎さんは、送りバント。セオリーどおりに3塁前に転がそうと試みます。

が、これが小フライになりました!

こうなれば歳などは関係ありません

身の危険など顧みる余裕などありません。この点ではあの時のひらりんと全く同じ精神状態であったことでしょう。

吉井組長はマウンドを駆け下り、アスリートとしての本能のままに、この獲物である打球に飛び掛ります!

20060712110115.jpg

しかし残念ながらこれを捕ることができずノーアウト満塁のピンチを迎えました。

しかも、このピンチに吉井組長はマウンドに立つことはできませんでした

20060712110304.jpg

左ひざの打撲により交替が告げられました・・・。

●先発吉井投手<バント処理でダイビングキャッチを試みたが、思わぬ故障を招く>
無意識に飛んでいたネ。長い間、やっていないプレーだったんで・・・。イケルと思ったんだけど届かなかった。それまでのピッチングはいつも通りにできたんだと思います。筋を痛めたり、捻挫した訳ではないので大丈夫!次回頑張ります。」

とのことですが、とても心配です。もし長引くようなら、折角ご本人もファンも非常に楽しみにしているオールスター戦の登板にも影響が出なければ良いのですが・・・。とりあえず病院へ行ってください(涙)。

このプレーで思い出すのは、今季のキタガーですね。あれで右肩がダメになってしまいました。

そして他球団では数年前のG・桑田投手・・・。彼がその後どうなったかは、言わずともご存知でしょう。

とにかく右腕を痛めていないこと、そして膝も軽症であることを祈らずにはいられません・・・。


吉井組長降板後は、「行~けよ、男達!チャンスだ燃え上がれ~♪」が暫らく鳴り止みませんでした。

ようやく鳴り止んだ時には、気が付けば得点は0対6になっておりました・・・・・orz

どこまでも失点が重なりそうな感じがしていましたが、その後7・8回はきんこ君が何とか1安打・無失点で繋ぎ、そして9回はこの日歌くんとの入れ替えで久々に1軍復帰のオバちゃんがリリーフ登板。

20060712113752.jpg

2アウトから四球でランナーを歩かせましたが、ノーヒット・無失点で切り抜き、新たな敗戦処理投手として上々のデビューを果たしました(笑)


長々と投手陣のお話に行数を費やしてしまいましたが、打線にも触れておきましょう。

今日のスタメンは、一昨日の「ベテランとヤング混成路線」とは打って変わって、いつもの「宝くじ打線」に逆戻り。

一昨日はどうやって勝ったのか、もうすっかりお忘れなのですね・・・。というより、やっぱりあれは「ヤケクソ」だったのですか?

頼みの宝クジは、今日も外れクジ・・・。「打線」は「脱線」したままでした。

映画の最新作って、全国一斉ロードショーの1・2週間前に「先行ロードショー」なるものがありますよね?

一昨日のあのオーダーも、本来の「オールスター後のロードショー」に向けての「先行上映」または「試写会」という意味合いだったのですかね?

1回から3回までは毎回安打。その後は6回に1本を加えたのみ。

ホークス・和田さんは、今季2度目・プロ入り4度目の完封。しかも無四球のオマケ付きでした。

前半を見ると、そんなに手も足も出ないという感じは受けなかったのですが、頼みの自称?仮称?ホームラン・バッターの皆さんのバットはポコポコと凡打を積み重ねるばかりでした・・・。(ホームランなんて、ほー、無理やん・苦)

前回の対戦で2本のソロ・ホームランを浴びた和田さんの修正が見事であったということでしょうかね?


今日の散発4安打打線にあってヒットを放ったのは、粘り強くボールに喰らい付く3人の打者でした。

ただ一人、2安打マルチでチャンスメークに貢献してくれたのは今日は久々2番でスタメンの栄二様でした。

20060712114519.jpg

1本目はレフト線を破る2ベース・ヒット、2本目はライト前に落とすヒット

右へ左へ。巧みなバット・コントロールが成せる職人の技

若手、若手と騒いでいる私達に対する強烈なアピールですね!!

でも心配しないで下さい栄二様私の中では「若手」に分類されておりますので(笑)

先の三輪コーチに対する「意見」について、罰金が科されたそうですね。チームを憂慮する気持ちから出た行動であることは私達には十分伝わりました。

大変心が痛みます・・・。

栄二様は何も語らず、ただ黙々と今日もしぶとくヒットを打ち、手堅い守備を見せてくれました。

プロ中のプロ、ですね。

同じくプロ中のプロを感じさせてくれるのは、栄二様との「6月カレンダー・コンビ」の相方

一昨日は6番で3安打猛打賞、今日は5番の漢・塩Z

和田さんに対し前回の対戦ではソロ・ホームランを放ちましたが、今日は悔しい1単打でした。センター前ヒットでした。

20060712115222.jpg


そして最後の1本は6回、2アウト・ランナー無しでのキタガーセンター前ヒットでした。もちろん1塁から先に進むことはできませんでしたが。

20060712115327.jpg

びっクリあんぱん、売れ行き好調みたいですね!

こうして、せっかく一昨日の連勝で上昇気流に乗りかけたかなと思われましたが、またギャンブルで失敗

またまた重苦しいムードに逆戻りしてしまいました・・・。

ホークスの王監督への思いの強さに圧倒された、と思うほかは無い試合だったのでしょうね。

20060712115516.jpg

私の頭の中では、この言葉だけが何度も何度もリフレインして離れませんでした。


「また明日だな・・・」


7月12日 対福岡ソフトバンク戦10回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bs:平野よし君@今日も予告完投、ご苦労様@体には気をつけてね
Hs:新垣さん@故障明け初登板@Bs戦も初登板@パ負け無し

平野よし君は、前回の勝利から4試合も遠ざかっています。新人王レースでのライバルの八木君の背中がだんだん小さくなっていきます。

今日は何が何でも勝ちたいですね!

懸案事項である「ビッグ・イニング」を作ってしまう欠点を、今日こそ克服した姿を見せてほしいものです。

宝くじも、今日こそ当たって下さい!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月10日 明日から8連戦!まずは対ホークス

昨日の試合をビデオでのんびりと見返しております。

ビールが美味しいです(笑)

ここはあーだった、こーだった・・・。勝利の味を味わい尽くそうと思います。

例の乱闘寸前のシーンを見て驚きました・・・。

本やんに詰め寄る紅井さん最も早く(フクーラさんが吹っ飛んだ後)、そして最前線で抑えてなだめたのは誰あろう、ジェイソンでした。

01.jpg

ジェイソンは昨日の試合は蚊帳の外でしたが、こんなところで貢献してくれていたのですね!

見直しました(笑)

目立たないながらもある意味ファインプレーでした。

03.jpg

02.jpg


そして、この伏線ともなっていたこの日一つ目の死球を当ててしまった里崎さん

当たった瞬間は怒ってましたねぇ

バットを放り投げ、レガースをも放り投げ・・・。

本やんはすかさず帽子を取って謝意を表します。が、興奮気味の里崎さんはその姿に気付きません・・・。

すると本やん。ちゃんと見てもらえるように、里崎さんの視界の中に入るまで1塁近くまで歩いて、ついて行きました(笑)

04.jpg

これに気付いた里崎さんは、本やんのそのしつこいまでの丁寧さに心を打たれたのか、遂に笑顔で許さざるを得なくなりました。

05.jpg

現場では全く気付かなかったシーンでした・・・。

ちょっと気になったので調べて見ました、2人の関係・・・。

やっぱり。

首都大学リーグ(本やん・城西大、里崎さん・帝京大)でともに切磋琢磨した同級生でした(笑)

本やんのあの行動は、これまでの友情にヒビを入れたくない一心から、無意識に出たものに違いないと私なりには理解できました。


それにしても本やんは、今シーズン過去の先発では必ず打たれていた被ホームランが、昨日はありませんでした。

ただし、今季ここまで1つもなかった死球を2つも与えてしまいました。

この2つの死球に対して謝る姿に、本やんの謙虚でバカ丁寧な人柄が滲み出ていましたね(笑)

そういえば、ヒーロー・インタビューで私たちファンのことを恐らくプロ野球選手には珍しく「ファンの皆様」と呼んでくれたところにも本やんらしさが爆発していましたね(笑)

06.jpg

この愛すべき「小さな大投手本やんを、これからもどうぞ温かい目でお見守りくださいますよう、心からお願い申し上げ奉りまする次第にて候。by本やんマインド


7月11日 対福岡ソフトバンク戦9回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bs吉井組長@楽天以外のパ勝ち星を!@前回は好投でした
Hs:和田さん@今季2度目の対戦@前回はやられました

前対戦と同じ顔合わせとなりました。

前回は1点差のシーソー・ゲームでしたが勝ことはできませんでした。

今回こそ勝って、3連勝といきたいところですね!

3連勝となると・・・。9連敗後の4連勝の時以来ですねぇ。随分昔に思えてしまいます。

ホークスの皆さんも、王監督の病床へ勝利を届けるために目の色を変えて向かってこられることと思いますが、何とか良い試合になるように祈りたいと思います(謙虚でしょ?

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月 9日 対千葉ロッテ戦10回戦(大阪のD)

今日は、何曜日でしたっけ?

1週間の中で最も勝率の悪かったはずの日曜日でしたが、今日は快勝しました。

実は「大阪ドームの日曜日」は今日で2連勝なのです。

前回そして今日、勝ち投手になったのは同じ投手でした。

誰かって? ・・・そう、その名は「小さな大投手」・・・・・。


本やんでした!


今日は本やんの好投も光りましたが、その他にもキラキラと宝石の如く輝くネタ」が随所に散りばめられた、濃い~試合でもありました。

本来なら「しんどい」日曜日のナイターですが、明日の仕事(学校)への活力を、たっぷりといただきました(笑)



 Bs ④ - 1 CLM



試合前の守備練習が始まりました。

尋常でない、怪しげなオーラを感じました・・・。明らかにショート方面からです(笑)

20060710111517.jpg

現在のBsにとっては最もエキサイティングかつデンジャラスコンビが揃って練習に励んでいるのですから、当然ですね。

また、ガルちゃんの姿がなかった代わりに、ぐっちの姿がありました。

20060710111812.jpg

入れ替えでしょうね・・・。でもライトスタンドでは、また練習をサボって携帯電話でおしゃべり中か!などとキツーいジョークが飛び交っておりました(笑)

私はそれよりも、見慣れないぐっち太すぎるリストバンド?に目が釘付けでした。

眩しい赤」は、今度こそ1軍での活躍を誓い、情熱に燃える心の色を示しているに違いありません。


スタメン発表が始まりました・・・。

恐らく今季最大のビッゲスト・サプライズではなかったでしょうか!

20060710112144.jpg

我が目を疑いました。オールスターって、もう終わったんでしたっけ!?

若手、若手って本当にうるせえなぁ!ワカッテるって!」

と誰かが言ったかどうかはわかりませんが、まるで大差の負け試合での終盤戦かと見紛うばかり。

迎君良太、それに今季初となる一輝3人が同時にスタメンに名を連ねました!

20060710112421.jpg

オールスター明けに、と我々を焦らしておきながら、いきなりのコレです。中村監督様の我々を喜ばせる采配が、久し振りに炸裂しましたね!私からはKTV好プレー賞か第一生還者賞を差し上げたい気分でした。

活躍するかどうかは全く別次元で考えるとして(笑)、試合前から久し振りに異様なワクワク感が高まりました。

心の中では先着プレゼントの「鳴子」が、ここぞとばかりにカチャカチャ、カチャカチャとけたたましく鳴り響いておりました・・・。

結果から先に申し上げますと、この3人で期待通りの活躍を見せたのは良太ただ一人

2回の攻撃でした。

先頭の4番・ノリ、そして6番・塩Zがそれぞれヒットで出塁。1アウト1・3塁のチャンスのおいしい場面が到来しました。

ここで7番・良太一撃は、先制点となるセンターオーバーのタイムリー・2ベースヒット

20060710113041.jpg

まあ、今日の若手3人の中では一軍での実績は飛びぬけていますので、当然といえば当然かもしれませんが。

ますます意外性に磨きがかかってきましたね!

一番の年長さんでもありますし(笑)永遠の若武者でもありますし

ただ、続く1アウト2・3塁の場面で打席に立った「プチ光尊様一輝は、更に美味しい場面にもかかわらず何とキャッチャー・ゴロ(涙)・・・。

6打席連続三振阻止できただけでも良しとしましょう(爆)

打線は、続く3回・・・。

先頭の1番・迎君の空振り三振のあと、その風貌から忘れておりましたが間違いなく期待の若手の一人、2番・大西君のどん詰まりながらセンター前にポトリと落ちるヒット、そして3番・キタガー左翼線際に運ぶヒットで続いてチャンスを広げると迎えるバッターは4番・ノリ

久し振りのいい当たりが右中間を襲い、これが久々のタイムリーとなり2点目を追加!

20060710113704.jpg

最終的には千葉ロッテに1点を返されましたので、これが決勝点になりました。

更に5番ブランボーのキャッチャー・ゴロ(笑)のあと、2アウトになりましたが6番・塩Z漢の仕事!

塁上に残る2人のランナーを還す、ライト前へのタイムリーヒット!

20060710113624.jpg

得点は早くも4対0になりました。


その4点をBs先発の本やん粘りに粘るピッチングで守りきります・・・。

20060710113807.jpg

降板するまで3者凡退は一度も無し。常にランナーを背負いながら、あるいは自分自身に常にプレッシャーを掛けるかのように毎回ランナーを出しては無得点に抑えてきました。

5回には遂にフクーラさんに捕まり1点を与えてしまいます。

更に紅井さんを迎え、前の回の4回の里崎さんに続いてこの日2個目の死球を与えると、怒った紅井さんが逆上してマウンドへ歩み寄ります!

すると両軍ベンチから全選手が「ビーチ・フラッグス」並みの速さで飛び出し、騒然とした雰囲気になりました。

20060710114032.jpg

ライトスタンドからは、紅井さんを止めようとタックルを試みたフクーラさんが、何故か怪力で吹っ飛ばされた場面しか見えませんでした(笑)

結局暴力行為は無し退場者も無くそのまま試合再開となりました。

試合直後のベンチ裏では、本やんと紅井さんがそれぞれぶつけたことと、それに逆上してしまったことを互いに詫び合い、最後は肩を抱き合って友情を深めた、とのエピソードを本やんが聞かせてくれました(爆)

陰湿な事件が多発する昨今。全国の青少年にも見習ってほしいですね!

本やんは、結局5回を投げて被安打6 与四球3(死球2) 奪三振3 失点1 という内容でした。

先発としては充分に粘りきれたと思います。

日曜日+大阪(の)ドーム×本やん=白星 という新たな方程式が成立しましたね。

頼りになる「小さな大投手」の復活ですね!


本やんをリリーフしたのは、昨年から本やんとともにサーパスで復活を虎視眈々と狙っていたユウキでした。

20060710114425.jpg

8回ワン・アウトまで打者8人に対して1つの四球だけでノーヒットに封じました!

今日の勝利の蔭のMVPと言っても良いくらいのGJでしたね。

今後は、久し振りの先発もあるのでしょうか?期待が膨らみますね!


そして今日も最後の締めくくりは「K・K・O」の連投でした。

今日の順番は、菊様、大輔、大久保様の順番でした。

菊様と大久保様はヒットを1本ずつ許しましたが、もちろん今日は無失点

本当に久し振りとなる2夜連続のリレー成功でした。

3人とも徐々に自信を取り戻してくれたように感じますね。

昨年激賞された「3神」復活へ、遅まきながら再スタートを切った感じです。これからも頑張ってほしいです!

わたしはもちろん、「世界で一番頑張っている不器用なあなた(達3人)が好き」です!

20060710114901.jpg


若手の話に戻りますが、迎君は4打席ノーヒット。最後の打席の三振は、送りバント失敗の末の空振りでした・・・。

使わない間に、賞味期限が切れてしまったのでしょうか・・・。

一輝も3打席ノーヒットでした。今日は昨年から続いた連続空振り三振記録は5で止めはしましたが、2年ぶりのヒットを見ることは、今日もできませんでした

4打席目が見たかったのですが、その前の守備から光尊様と交替させられてしまいました・・・。

その光尊様の打席は、ピッチャーが左の藤田さんに代わったにもかかわらず中村監督様気付かなかったのかそのまま打席へ!

中村監督様の温かい私達日本全国の光尊様フリークスへのご配慮に感謝しながら、打席を見守りました。

「一輝よ、よく見ておくがいい!これが1軍のレギュラーのバッティングだ!」

などとは絶対に言わなかったと思います。外に落とされる球に引っかかり、あえなく空振り三振でした・・・orz

しかし、若手起用でスタメンを外れた光尊様・・・。オールスター明けにお会いできるのは「あじさい」という前触れなのでしょうか?中村監督様

迎君と一輝は、残念ながらバッティングは見るべきところはありませんでしたが(涙)、守備は互いに溌剌としたところを見せてくれたのがせめてもの救いでした。

一輝も非常に心配しましたが(笑)ノーエラーでした!守備固め(!)の光尊様の方が、危うくセカンドへの送球が魔送球なりかけました(爆)

これに懲りずに、若手達を是非また無理矢理でも使ってほしいです!あと、ぐっちも見せてください!


今日の打線では3番キタガー・4番ノリがともに2安打マルチ。打点はノリの1打点でしたが貫禄を見せてくれました。

しかし、3安打猛打賞で2打点の大活躍!6番・漢、塩Z本やんとともに文句無しでお立ち台へ

20060710120047.jpg

週刊ベースボール効果でしょうかね!?

20060710120209.jpg

ばか丁寧な本やんが今日も素敵に爆裂しました!

千葉ロッテ戦はこれで信じられないことに(笑)5連勝です。

更に7月に入って初めての連勝となりました。前回の連勝は、交流のTG戦連勝フィニッシュ以来ですね。

完全に「大船に乗った」と信じたいですね!

ただ、明後日からは現在まで4連敗中のホークスが相手です・・・・・。

王監督が現場を離れてから初めての対戦となります。病魔と闘う王監督のためにも、少しでもいい試合をしてほしいと素直に思います。

そのためにホークスの皆様!お手柔らかにお願いいたします(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月 8日 対千葉ロッテ戦9回戦(スカイマークS)

連敗ストッパーエースデビちゃんの面目躍如!

今季何度目でしょうか?ヒーローインタビューの一言です。


「サイコーデス!」


そして初回に逆転の決勝ホームランを放ったキタガーには、私から一言を贈りたいです。


「最高です!!」


7月に入って初めての勝ち星。ようやく待ちに待った片目が明きました!!

今、久し振りに勝ち試合を振り返って記事を書ける喜びに浸っております(涙)



 Bs ② - 1 CLM



試合が開始されてしばらくして降り始めた雨・・・。

時に強く、テレビの画面でもハッキリとわかりました。

現場組の皆さんにとっては、まるで滝に打たれる修行者のように、ただ勝利の瞬間のために耐え続けておられたのでしょうね。

勝利への祈りが、テレビで見ているこちらまで伝わってきました。

見事通じましたね!本当にお疲れ様でした。お風邪など召されておられませんでしょうか?

明日のスタメンよりも気になります(笑)

最後は久し振りに手に汗握るシーンでした。

皆様、おめでとうございます!! 試合終了時には我が家でもハイタッチの雨あられでした(笑)


今日の勝利の余韻に浸りつつ、試合を振り返ります・・・。

先発はエースデビちゃん

20060709005029.jpg

放送で知り、慌てて調べてみましたら今季は過去には連敗阻止、連敗阻止、連敗阻止、連敗阻止を経験。

そして今日は6連敗阻止でした。

デビちゃんはマリーンズに対して防御率0.00でした。

そのはずでしたが、いきなり初回に失点してしまいました・・・。

1アウトから2番・幸一さんと3番・フクーラさんに連打を浴びて、1アウト1・2塁のピンチを背負います。

4番・紅井さんは空振り三振に討ち取りますが、5番・ワトソンさんにセンター前へ運ばれて1点を失いました

ワトソンさんと言うより、やはりパイプを片手に「いいかね、ワトソン君」とか気障に呼ぶ方が敬意を払うことになるのでしょうかね?ホームズさん。

とにかく遂に自責点1を記録してしまいました・・・。が!

しかし!得点を許したのはこれだけ

結局、今日のBs投手陣がマリーンズ打線に与えた得点はこれだけでした。

継投については、またのちほど・・・・・。

5連敗中のわが身には、初回に1点を失っただけで今日の負けを意識してしまいそうでした。

そのとおりに負けて6連敗にまっしぐらか、待望の連敗脱出か、今日を占う意味でも大切な失点直後初回Bsの攻撃です。

今日は前回の千葉ロッテ戦3連勝の時を思い出して、1番にガルちゃんを据えました。現在の調子を考えたものではなく、完全に「ゲン担ぎ」に頼るのでしょうか?

まぁ現在5連敗中ですから、「苦しい時のガル頼み」なのでしょう・・・。わからないでもない、ですね(笑)

でもガルちゃんは不発でした。5回以降もポップフライを繰り返すガルちゃんに、解説の我らが秀司も、「まだ花火がポンポン続いてますなー」となかなか味のある解説を・・・。

ああ、1回裏でしたね(笑)

先頭のガルちゃんセンターフライ。完全にマリーンズの俊介しゃんに翻弄されました。

しかし、2番・村松様は幻惑されることなく、ギリギリまで引き付けて思い切り振り切ります。

20060709010204.jpg

打球はライト前へ

村松様は今日は唯一の2安打マルチ・ヒッターでもありました。

続くバッターは3番・キタガー。肩の状態はどうなのですかね?・・・

と思いながら見ておりましたら、出ました!!

レフトスタンドへ突き刺さる第6号、逆転の2ラン・ホームランでした。

20060709010337.jpg

この時には、まさか今日の得点がこの2点だけになろうとは、夢にも思いませんでした。

もちろん、千葉ロッテの得点も1点だけとは「もっと」夢にも思いませんでしたが(笑)・・・。

この様に、9回までで得点シーンは初回のみ。

2回以降はマリーンズ・俊介しゃんとBs・デビちゃん、そしてリリーフ陣との投手戦となりました。

Bsのヒットは5安打。マリーンズは8安打・・・。

Bsのその5本目のヒットが出たのは3回、先頭の村松様の2打席連続となるライト前ヒットでした。

その後、誰一人俊介しゃんからヒットは打たせてもらえませんでした・・・・・。

投手戦じゃなくてマリーンズの拙攻だったのかも知れませんが、気にしないでおきましょう(笑)

デビちゃんは7回のマウンドには上りませんでした。コンスタントに抑えていましたので、またもや不可解な交替かと思いましたが・・・。

デビちゃんは、6回を投げて 被安打6 与四球2 奪三振7 失点1

20060709010835.jpg

球数が112球を数えましたので、これが原因ですか・・・。

しかし、最少得点差を守りきってくれました。さすがはエース、貫禄のピッチングでした。あとはリリーフ陣に自身とチームの運命を委ねます。

で、マウンドには「K」大輔

20060709010947.jpg

本やんをリリーフして試合をぶち壊してしまうきっかけを作ったあの西武戦が頭を過ぎります・・・。

案の定、先頭のゴリさんにヒットで出塁されました。

をいをい!

しかし、続く大松さんをセカンド・ゴロ併殺打に討ち取り、西岡さんもショー・ゴロに仕留めて事なきを得ました!

8回2アウトから紅井さんに四球を与えたところで、マウンドはもう一人の「K」菊様にスイッチ。

20060709011145.jpg

バッターは、虎の子の1点を叩き出したワトソン君の代打・サブローさんでした。

思えばサブローさんは昨年Bs戦で打ちまくり、「つなぎの4番」として一世を風靡しましたね。

今年は不調ではありますが、ここは気持ちの悪い場面でした・・・。

しかし、サード・フライでこの回もランナーを還しませんでした

9回のマウンドにも菊様が。

本来は交替だったでしょうが、先頭の里崎さんまでということだと思います。

なぜなら里崎さんには4月5日に、大久保様が1点リードの場面で登板して同点ホームランを打たれたことがありましたからね・・・。

ですから里崎さんだけを菊様に。

ところが菊様は先頭のその里崎さんに四球を与えてしまいます。

ここで満を持して「O」大久保様予想通り、しかしランナーを背負ってというのは予想外だと思いますが、マウンドへ上ります。

20060709011542.jpg

最近は、登板の度に失点を許している大久保様です。

もう、大久保様心中です。祈るより他はありませんでした・・・。

最初のバッターは大塚明さんでしたが、初球の送りバントを失敗すると何故か強攻策に切り替えました。

しかしファールで2ストライクにすると、最後は外側のフォークが鋭く、空振り三振で1アウト。

ホッとしたのも束の間。続く打者のゴリさんに、まさかのレフト前ヒットが飛び出すじゃありませんか!

里崎さんの代走の快足・青野さんは3塁へ

1アウト1・3塁・・・。正直、逆転も覚悟しなければと思いました・・・。

またもや大久保劇場開幕でしょうか・・・。


絶体絶命の大ピンチ


最高にしびれる場面でした・・・。

しかし、大久保様の表情は今日は虚ろではありませんでした!

ここで次世代の主砲・大松さんを、またもや伝家の宝刀・フォーク空振り三振!!

まだホッとするのは早過ぎます。次打者は西岡さんです・・・。

もう、目を開けていられませんでした。薄目で画面を見て見ぬ振りをしながら、祈りました

2球目でした。やはりフォークを引っ掛けた西岡さんの打球はファーストのブランボーへ!

ボテボテの当たりでした。完全に大久保様の勝ちでした。信じたとおり(笑)無失点で抑え切りました

20060709012238.jpg

大久保様にとっては本当に久し振りの5月31日の中日戦以来の11個目のセーブがつきました。

これで再び「神の領域」まで上り詰めるきっかけとなれば嬉しいですね!


エースの1失点を満身創痍の主砲の一振りで逆転。反対に1点のリードをエースの踏ん張りと信頼が揺らぎつつあった「K・K・O」の執念のピッチングで守り切る・・・。

20060709012353.jpg

素晴らしい勝利だったと思います!

20060709012439.jpg


やはり、Bsには幻のホームランの面影を追うことよりも、コツコツと奪った得点を守り抜く「スモール・ベースボール」の方が勝率が上がるような気がします。

全てはオールスター明けのお楽しみですね!

とりあえず、ようやく7月初白星となりました。

明日は7月初の連勝と行きたいですね!!

雨の中、現地組の皆さんは本当にお疲れ様でした!

明日は私も馳せ参じる予定です。


7月 9日 対千葉ロッテ戦10回戦(於大阪のD)の予告先発投手は

Bs本やん@悲劇の投手は返上だ!@HRには気をつけてね
Ms:成瀬さん@交流戦でブレイク@対パ先発はまだ2度目@でも左

本やんは、先発転向後まずまずのピッチングが続いています。

しかし、納得できない途中降板などもあり残念ながら勝ち星には結びついていません・・・。

明日のマウンド・大阪(の)ドームでの前回の先発は、阪神戦でした。

あの時のようなピッチングを再び見せてくれたら、あの日以来遠ざかっている白星は確実について来ると信じています。

本当に頑張ってほしいです!

相変わらずお天気が心配ですね・・・。いや、試合ではなく開門を待っている間です(笑)

明日はTシャツと鳴子が先着プレゼントだそうですね。恐ろしい位に混みそうな予感がするのですが(笑)・・・

いや、Bsの応援をしたい人が殺到しますので(爆)

さぁ、明日もスパークしましょう!!(謎・でも勝ったし)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

本日の始球式はこの方でした。

20060709013200.jpg

背番号は「1032」

これで、トミーズと読むのだそうです。



7月7日 明日から久し振りのホーム・千葉ロッテ戦

今日は七夕ですね。

一年に一度だけ望みが叶えられ、会うことを許される悲劇の恋人達の物語・・・。

野球のことは暫し忘れて、太古の昔から伝えられる神話のロマンに思いを馳せるのも、たまにはいいかも知れませんね。

ところで、この恋人達の名前は何でしたっけ?・・・

女性の織姫というのはわかりますが、男性は牽牛?彦星?どっちでしたっけ?

まあ、どうでもよいのですがね・・・・・。


ん!? ちょっと待てよ・・・

オリ姫・・・・・けん・・・・・

オリックス・バファローズ!?


明日から久し振りにホームですね。

今回のロードでは、誰かさんの予定では5勝3敗と目論んでおられたようですが、結果は・・・。言わずもがな・・・。

前回のホームは雨天中止でしたが、明日もお天気は微妙ですねぇ。

夏はやっぱりナイターと花火でビール!

20060707225016.jpg

と刺激的に宣伝しておきながら、7月のスカイマークでの主催試合はたったの2試合

そのうちの1試合がなくなるのは本当に辛いですね。ただでさえ、来年からのスカイでの試合数については・・・・・。今は考えたくありません

折角切替えた気持ちが、また滅入りますので(笑)

で、明日から2連戦を迎え討つ相手は、昨年のアジア・チャンピオンのマリーンズです。

もう信じてもらえないかも知れませんが、交流戦までは5勝3敗でBsが勝ち越しておりました。しかも、現在3連勝中です!

・・・現在5連敗中ではありますが、明日もしも勝つことがあれば(笑)少しでも状態が上向きになるような気がします。

何とか頑張って欲しいですね!


7月 8日 対千葉ロッテ戦9回戦(於スカイマークS)の予告先発投手は

Bsデビちゃん@真のエースだ!@でもオールスター落選は残念
Ms:俊介さん@Bs戦まだ未勝利・1敗

デビちゃんは、千葉ロッテ戦では3度目の先発になります。

20060707225506.jpg

過去2度は1勝1敗ではありますが、防御率は何と0.00!1失点ですが自責点はありません

初対決での完封勝利から波に乗っていますね。


対する俊介さんも過去は2度先発して0勝1敗です。しかも防御率は何と7.90!失点・自責点ともに12点です。

前回の登板は5月6日・・・。

11対4と大勝の試合でした。

でも、別の意味で今年のBsファンには忘れられない試合でした・・・。


遠い昔のような気がしますねぇ。


今日、パ・リーグは1試合だけ試合があったのですね。

3つ勝ち星を献上し、昨日まで10連勝中のファイターズと首位のライオンズとの対戦でした。

私が見始めたのは試合の途中でした・・・。

するとそこには・・・信じられない光景がっ!!!

Fsの予告先発は八木君じゃなかったはずですが・・・

20060707225936.jpg

あれ、八木君ってサウスポーじゃなかったでしたっけ!?

本当は左右投げ!?詫助ですか!?

20060707230054.jpg

ちょっとユニフォームが窮屈そうですね(笑)

20060707230147.jpg

新人ピッチャーの「ヤギビッシュ」投手でした。

途中まで真剣に、新庄さんの仕業だと思っていました(笑)。

詳細はここです。

さすが、大物ですねぇ。羨ましいです

ファイターズは、本来の彼の背番号と同じ数字の勝ち星連続で並べてしまいました。

この勢いは、どこまで続くのでしょうか・・・。もしや、再来週?・・・ひえーっ!

あっ、よその連勝を気にする余裕はありませんでした。Bs6連敗を阻止するのが先決でした(爆)

今日で充電は完了です。さあ、明日はスパークしましょう!(謎)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月 6日 対北海道日本ハム戦10回戦(札幌D)

蛇に睨まれたカエル・・・。真っ先にこの言葉が浮かびました。

今日も天敵のファイターズに対して、完封を逃れるので精一杯。

対戦成績は、1勝9敗になりました。

ファイターズが44年振りの10連勝で沸く傍らで、Bsは静かに今季3度目の5連敗・・・。

昨日の実況放送の中で、稲葉さんに3ラン・ホームランを浴びた時点で解説の広瀬さんが断言しました・・・。

「10連勝行くね、こりゃ」

悔しいですが、予言はあっさりと当たりました



   Bs 1 - 8 Fs




先発のマエカーは、久し振りの先発でした。

左手指先の血行障害からの復活です。

もしも勝ち星で復帰を飾っていたなら、もっと大きくドラマチックに取り上げられていたでしょうに・・・。

01.jpg

しかし、久し振りにその勇姿を拝めたのは僅かに43球だけでした。時間にして約50分足らずでした・・・。

1回こそ2者連続三振で期待を持たせましたが、2回には先頭から3連打でまず1点を献上

犠牲フライでもう1点を追加しましたが何とか2アウトに。

しかし、ここでまたタイムリーを浴び、更に2点を追加・・・。

結局2回を持たず、早々に4点を与えてマウンドを降りました。

約一週間前に甲子園で見たときは、まだもう暫く時間がかかりそうだな~と思いましたが、川越会長の予期せぬ抹消でローテの穴を埋めるべく緊急昇格。そして今日の先発でした。

上げようと決断した根拠は何だったのですか?

その2日前には高木君2安打完封したばかりなのに、昇格したのは同じサウスポーのマエカーでした。

やはり今年の「総ての考え方の中心」である「カコノジッセキ重視ですか?・・・

02.jpg


頑ななまでにホームランしか期待しない打線編成と同じく、先発ピッチャーには常にノーヒット・ノーランでも期待しているのでしょうか?

そういう意味では4点は致命的です。

ここまでBsの1試合でのソロ・ホームランは、3本が最高でしたからね(笑)


逆転よりも現実的で切実な目標としての「2試合連続完封負け阻止」に軸足を乗せ替えて、チャンネルをチョコチョコ変えながら、懸命に応援を続けました・・・。

マエカーを継いで登板の山省は、ヒットを浴びながら無失点で何とか役目を果たしました。

そして4回からは、こちらも5月22日以来となる1軍のマウンドにあがったユウキでした。

ユウキも先週、甲子園で拝見しました。9回裏にサヨナラ打を打たれてしまいましたが・・・。

しかし、今日のユウキの滑り出しは最高でした。

いきなり替った4回は、何と三者連続三振でした!

04.jpg

この素晴らしいピッチングに応えたいBs打線

ユウキの好投が良い流れを引き寄せてくれるのでしょうか?

運がよければ、誰かがホームランを打ってくれるかも知れません。

いや、ホームランよりも久しくお目にかかっていないタイムリーを!


願いが叶いました。


7月2日の対ライオンズ戦フミヒロが放った「右越適時三塁打以来のタイムリーヒットが、今Bs何気に最も期待のできる打者に変貌を遂げたブランボーのバットから生まれました!

03.jpg

4回の攻撃でした。これで1対4になりました。

ユウキは5回・6回も一人づつヒットのランナーを許しますが、3回を投げて

被安打2 与四球0 奪三振4 失点0

奪三振4は、金子さん、ひちょりさん、賢介さん、ガッツさんから奪った4者連続三振でした!

今日はストレートにキレがありました。次回は、マエカーに替って先発もあるかも知れませんね!

これで打線は、じわじわと攻め立てて終盤勝負に持って行きたいところでした!

・・・・・。

気持ちとは裏腹に、6回・7回・8回は3イニング連続の併殺でチャンスを潰してしまいました(泣)

特に6回は7月に入って初めての「満塁」のチャンス(笑)。しかもノー・アウトでした。

しかし、ガルちゃんは浅いセンター・フライ。ひちょりさんの肩を考えるとランナーは還れませんでした。1アウト、しかし満塁のまま。

そして先程の打席でタイムリーを放っているブランボーでした。しかし、サード・ゴロ併殺・・・。

これが痛かったですねぇ・・・。

反対に投手陣は7回以降、登板するピッチャー全員が失点してしまいま「しってん」・・・。

気が付けば1対8になっていました(苦)

07.jpg

ファイターズの昨日のMVP響鬼・稲葉さんは、今日も4安打2打点の鬼っぷりでした。

全体でも15安打8点。打ち放題・取り放題でした・・・。

Bsは6安打のみ・・・。唯一の2安打マルチを放ったのはノリでした。

05.jpg

いい笑顔だと思いませんか?「勝利の女神は、笑顔でいるところにしか微笑んではくれません」by野村克也様。

今日はノりだけでなく他の選手にも(光尊様にも)エラーありませんでした

これくらいしか喜べるものがなくて、申し訳ありません(笑)


今年初めて札幌でのBs戦を待ちに待っておられた北海道のBsファンの皆様には、「3タテ」という重い置き土産を残され、たった1つの勝ち星も見せてもらえずにチームはホームへと帰って行きます・・・・・。

06.jpg

しかし、この3連戦の実況放送を見ておりましたら、応援歌の歌詞もハッキリと聞き取れるほどファンの皆様の声は終始届いておりました

選手以上にストレスを感じられた3日間だったことと思います・・・。

本当にお疲れ様でした。皆様の熱い気持ちは忘れません。

今度は私たち、ホームのファンの番です!

でも、天気予報は芳しくありませんね。日曜日は屋根の恩恵を受けられそうではありますが・・・。

綺麗に並んだ黒星は、「台風」に吹き飛ばしてもらうしかないのでしょうか?


そして、今後の戦い方について、気になるニュースがありました。

・・・・・新井チーフ兼打撃コーチも「監督と話をしてオールスターまでは今の戦力でいくつもり」と後半戦から若手への大胆な切り替えを示唆した。

オールスターが終わるまで、お楽しみは先延ばしなのですねー。

そんなに焦らさなくてもいいじゃないですか!(笑)

しかし、ハヤカーとか真ちゃんとかマッキーも当然「若手」でいいですよね!?(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月 5日 対北海道日本ハム戦9回戦(札幌D)

天敵中の天敵であるファイターズ金村さんに簡単に捻られ、3安打完封負けでした。

交流戦終了後は3連敗から始まり、一つだけ勝ってまた4連敗・・・。

平野よし君の、敗戦の責任を一人で背負って今日も最後まで一人で投げきるかのような健気な姿に、落涙を禁じ得ませんでした。

7月中に白星を目にすることは、冗談ではなく本当に叶うのでしょうか・・・。



 Bs 0 - 4 Fs



先発は、今年ただ2人ルーキーながらライバルの八木君とともにオースルターに選ばれた平野よし君でした。

交流戦明け2試合目の先発でした。

ただ、プロ入り後パ・リーグではこのファイターズ戦だけが先発がなかったので、今日で5球団一通りと対戦したということになります。

20060705234142.jpg

去年のファイターズは響鬼・稲葉さん、威吹鬼・ガッツさん、轟鬼・せぎーさんという「鬼三人衆」がいましたが、今シーズンは全員が「鬼」に見えます(笑)

鬼退治に向かう意気込みの桃太郎・平野よし君ですが、現在8連勝中のファイターズは簡単に勢いは止まりません。

その響鬼・稲葉さん。まずは2回には浅めのセンター・フライでタッチアップ。タイミング的には微妙でしたが、積極的な判断が光り先制のホームを踏まれました。

更に3回。ランナー2人を置いて、低めの難しいボールをうまく捌かれると打球はライトスタンドの最前列に飛び込む3ランホームラン・・・。

通算149本目のホームラン。150本までリーチorページ・ワンです。

3回を終わって0対4と大きく離されてしまいました。

平野よし君の「大量失点病」は、今日も発病と言ってしまえるのでしょうか?

いつもどおり、失点後の4回以降はしっかりと立ち直り追加点は許さず、自分のピッチングを披露しました。

揺ぎ無いピッチングスタイルを確立してしまいましたねぇ。


しかし、まさに「たった一人」にやられてしまいました。

もう死語になりつつありますが久し振りに言ってしまいましょう・・・。


「稲葉うわー!」

打線は、4失点を合図に閉店の準備のように淡々と打席に入っては淡々とベンチに下がります。

3回までは散発ながら毎回の3安打(短打)でしたが、4回以降9回まではパーフェクト。1安打も打てませんでした。

散発の3安打完封。ファイターズの42年振りの9連勝に華を添えました。

20060705234931.jpg

42年前といえば「東映フライヤーズ」ですよ、奥さん!

張本に白に尾崎に土橋に水原監督ですよ!大杉が月に向かって打っていた時代ですよ!

  ※ 私はリアルで見た訳ではありません、念のため(笑)

金村さんにはまたもや土をつけることはできませんでした。これで勝敗だけを見ていきますと、BWからの通算では3年越しの14連敗になりました・・・。

今回もキング・オブ・天敵の金村さんの、約2年振りの完封勝利を力強くアシストする役回りに徹しました・・・。


対する平野よし君は、8回完投 被安打8 与四球2 奪三振7 失点4

よく投げたと思いますが、今の打線には4点は重過ぎました。いや、今日の打者の表情を見ていると1点でも重かった気さえします。

20060705235407.jpg

将来、パ・リーグを背負って立つピッチャーに成長してもらうためには、乗り越えるべきハードルはまだまだ高いです。

しかし、一旦自分のペースをつかんでからのピッチングは、本当に安心して見ていられます。

中でも、ホームランを打たれた次の稲葉さんの打席では、最後は内角のストレート勝負で見逃し三振に斬ってとったシーンには痺れました!

20060705235658.jpg

最後の白星を掴んでから久しくなってきましたが、どうか腐らずにこれからも自分のピッチングを磨いてください。

オールスターが丁度よい節目であり、気分転換であり、今後のエネルギーとなることでしょう。


がんばれ!平野よし君!!


昨日監督様の口から出た「守りの破綻」に対する懸念・・・。今日も記録に現われたエラーや記録に現われないミスが随所にちりばめられた完敗劇でした。

守備「」期待通りであったノリに連夜のエラーがつきました。

ノりくらいの選手でも集中力が切れる最近の数試合です。ノりのためにもファンのためにも、少し休ませてあげませんか?


ネガティブなことばかり書いても仕様がないので、良かったこともご紹介させてください(笑)

今日のBs打線の全3安打を放ったのは、この3人でした。

1回1アウトからセンター前に運びました。直後の盗塁は刺されて251個目にはなりませんでしたが村松様でした。

20060706000407.jpg


2人目は、昨日のノーヒットとエラーの借りを何としても返したかったこの方。

しかし、本当に返さなければならないのは一昨日「携帯電話事件」を起こしたにもかかわらず、昨日も今日もスタメンで起用して、挽回のチャンスを与えてくれた「首脳陣に対する恩」でした・・・。

2回、2アウトからでしたが粘りに粘ってライト前に弾き返しました。

20060706000807.jpg

シングルヒットではダメです。昨年のように「大きいのをまとめて6本ほど」打ってくれないと、チームメイトは許してはくれないでしょう。

3人目は、3回、先頭でセンター前にポトリと落とすヒットを放った光尊様でした。

20060706001015.jpg

守備では今日もエラーはありませんでした。しかし、間一髪でアウトにできず内野安打になったり、得点を許してしまったり、ゲッツーを取れずにピンチを広げてしまったプレーが幾つかありました・・・。

アグレッシブでミラクルなバッティングと守備を、私たちは期待しています!

塩Zは、昨日の欠場で「ワキバラ痛」の悪化も心配しましたが、今日は元気に1番・スタメン・セカンドでした。

20060706001216.jpg

今日はヒットはありませんでしたが、フルイニング出場送りバントを一つ決めました。

故障の具合は完璧ではないでしょうが、何とか頑張ってくれているようですね!


7月 6日対 北海道日本ハム戦10回戦の予告先発投手は

Bsマエカー@5月28日以来の先発
Fs:立石さん@今季2試合目の先発・Bs戦初登板

マエカーは、よく考えたら今季ホーム開幕戦のオープニング・ピッチャーだったんでしたね。その時は1対0で敗れましたが、今から思えばあれを勝っておれば、今年のファイターズ戦は少しは違った結果になっていたかも知れませんね(笑)

しかし、その後は波に乗れずにズルズルと後退・・・。挙句には左手指の血行障害で1軍から抹消されてしまいました・・・。

とにかく、先週甲子園で見たときも完璧ではなかったように見えたマエカーが、再びローテーションに返り咲くことができるかも知れないチャンスでもあります。

目の色を変えて、頑張ってくれることでしょう!

明日ですか?

もちろん大丈夫ですよ!理由はありませんが(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



7月 4日 対北海道日本ハム戦8回戦(札幌D)

一昨日の重苦しい負けから一日を挟んで迎えた今日の試合でした。

今日の試合は、恐らく全国で全てのBsファンが固唾を呑んで見守っていたことでしょう。

雨が降って地が固まったのかどうかを・・・

・・・・・・・・。

どうだったのでしょうか?どなたか教えてください。



 Bs 3 - 7 Fs



試合開始に先立って、オールスター・ゲームに出場する監督推薦選手の発表がありました。

Bsからは、3名も選ばれました。

ピッチャーの若きエース・平野よし君とともに、師匠の吉井組長そしてダカヒー今日のバッテリーでした。

20060705001807.jpg

日本に帰ってきてからは初めて久しぶりのパ・リーグ選手としてのオールスター出場です。

全国の中年男性、中でも「オッサン」と呼ばれている方々の希望の星です。

経験に裏打ちされた頭脳的な、そしていつもの若さ溢れるピッチング」をオール・スターの晴れ舞台で是非とも披露してください!

しかし、今日は久し振りに打ち込まれてしまいました・・・。


6月16日の対阪神戦。平野よし君と組んだ試合でした。

この試合で1イニングで6点を取られてしましたが、この試合を境にダカヒーの先発マスクは激減しました。

その試合の次の先発マスクは6月27日のホークス戦。この日も、今日と同じく先発ピッチャーは吉井組長でした・・・。

よくわかりませんが、事実上この状態を「干されている」と言うのでしょうか?・・・

ところが今日、オールスターでのパシフィックのキャッチャー部門のファン投票で選ばれた里崎さんに加えて、もう一人の選手としてボビーさんは我らのダカヒー選んでくれたのです!

当該球団の監督の評価が、他球団の、しかも日本シリーズ、アジアシリーズのチャンピオンチームの監督の評価とこれほどまでにかけ離れていることには正直、驚きました・・・。

早くから来年のドラフトでの補強ポイントは、既に捕手が最優先との情報も聞こえてきます。

FA権利を獲得済みダカヒーは、最近の扱われ方と今日のオールスター監督推薦などを考えて何を思うのでしょうか・・・。

20060705002630.jpg


前置きが長くなってしまいました。試合に入りましょう(笑)

先制点は、Bsでした。

2回表。先頭の4番・ノリ四球で出塁しました。

ノリはこの日から、手袋を復活させていました。しかし、今日はその手袋の効果は現れませんでした・・・。

続く5番は、今日もジェイソンでした。

最近は、好感度が急上昇ですが、打球の角度も急上昇ですね!

20060705002835.jpg

右中間深くにアーチを架ける第4号2ラン・ホームランでした。

しかし、2対0で迎えた4回裏。吉井組長がガッツさんの同点の2ランと新庄さんのタイムリーで2対3と逆転を許してしまいます・・・。

しかしその直後、5回表。

今日も7番のブランボージェイソンと同じく右中間に大きなあたり!取られたらすかさず取り返す同点のソロ・ホームラン!

20060705003042.jpg

第5号です。1軍復帰後、6試合で4本です。打率も急上昇です

ジェイソンともども、現在の打線では間違いなく中心バッターです。期待度を示すメーターは、振り切ってしまっています(笑)

明日からは彼ら2人前に、いかにしてランナーを貯めるかが、戦い方の基本になるのでしょうかね?

もう本物かどうか、疑うのは失礼ですね。

明日もよろしくお願いします、ブランボー様!!(爆)

で、3対3の同点になりました。

が、取られたらすかさず取り返したら、間髪入れずに取り返されました・・・orz

中盤までは互角の戦いをするものの、試合が終わってみれば大差で負けているというのが最近の負けパターンになりつつありますねぇ。

吉井組長は6回を投げて 被安打10 与四球0 奪三振1 失点6(自責点4)

相手は7連勝中と絶好調のファイターズ打線でした。百戦錬磨の吉井組長を持ってしてもその勢いは止められませんでした・・・。

ファイターズはこれで8連勝。何と20年振りだそうですね。

ちなみに20年前の開幕戦のメンバーは、島田誠、白井、ブリューワ、パットナム、津末、田村、二村、田中幸雄、高代、エース津野・・・・・。

監督は現GMの高田繁さんでした。栄光のオレンジ・ハムズ時代でしたね。

話しが逸れてしまいました。またBsに戻ります(笑)

今日も一昨日と同じく、中盤から後半に掛けて2つのエラーや記録には表れない残念なプレーが続出しました・・・。

ただし一昨日は辛い思いをした光尊様は、今日は頑張ってノー・エラーでした。が、ノー・ヒットでもありました。

結果的に遣らずもがなの失点が、逆転への意欲を削ぎました・・・。

20060705003900.jpg


悪い流れを払拭するために、どのような形でも今は目の前の1つの勝ち星に対して屈託なく喜ぶことが、チームにとってもファンにとっても今最も必要なことと思います。


敗戦の中ではありましたが、偉大な記録が達成されました!

3回、センター前ヒットで出塁した村松様が、打者栄二様の時にスタート!

余裕のあるセーフで、今シーズン6個目の盗塁成功です。

この盗塁が、プロ入り以来走り続けて積み重ねてきた通算250盗塁になりました!

20060705004158.jpg


おめでとうございます!

今日はブランボーとともに2安打マルチコンスタントに出塁して、コンスタントにチャンスを作ってくれています。

守備でも目立ちませんが堅実なプレー貢献度は計り知れません。

20060705004604.jpg


一昨日のある意味主役」であったガルちゃんと栄二様・・・・・。

今日は揃ってスタメンでした。

ガルちゃんはノーヒットでしたが、栄二様意地の1安打

罰としてのスタメン外しがなかったことで、私も一応胸を撫で下ろしました。

2人とも、今日の活躍をチームの誰よりも誓っていたことでしょう・・・。

2人とも途中交替もなく、フルイニング出場でした。

遺恨なく(ガルちゃんと栄二様との間ではありません)プレーできていたのでしょうね。

ひとまず安心でした。何か、勝敗よりも大事に思ひましたので(笑)


ただ、塩Zが今日スタメンを外れましたが、やはり故障の影響なのでしょうか。

大事を取っただけなら良いのですが、長引くようならまたまた眠れない日々がやってきます(笑)


7月 5日対 北海道日本ハム戦9回戦の予告先発投手は

Bs平野よし君@オールスターへの弾みに!!@連敗ストップも
Fs:金村さん@エース@でも今季はまだやられてません

去年あれだけやられた天敵の金村さんですが、今年はまだ1回の対戦ではありますが、負けていません。いや、試合には負けましたが(笑)

あの時(4月1日)は初回に一挙4点をもぎ取ったんですよね。その直後に川越会長一挙4点をお返ししてしまいましたが(涙)

それ以来の対戦です。

明日こそ勝てるでしょうか?

大丈夫!何となくそんな気がします(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!






7月3日 オールスター・ファン投票で3名選出!

昨日の屈辱的な敗戦後のニュース殺伐としたものばかりでした・・・。

やれ「携帯電話」だの「意見」だの「怒号」だの「心の風邪」だの・・・・・

負けが込むと、暗いニュースが増えますねぇ。

今が底だと思いたいですね。


景気付けに、何か明るいニュースでもと探しておりましたら・・・

久々に明るいニュースが飛び込んできました!

そういえば、今日が今年のオールスター・ゲームファン投票結果の発表の日だったのですね。

オリックス菊地原10年目、球宴初出場

オリックス菊地原が3日に発表されたオールスターのファン投票で、パの中継ぎ投手部門の1位に選出された。プロ10年目で初の球宴出場。広島からオリックスにトレード移籍した昨年からセットアッパーとしてチームを支え、当時の仰木彬監督(昨年12月15日に死去、享年70)から「菊地原をオールスターに出してやりたい」と言われていた。

 菊地原はこの日、遠征先の札幌市内で会見し「今年ファンの方から頂いた47万2568票プラス1票を仰木監督から頂いたと思い、頑張ってきます」と前監督の思いに応える。


060703-01.jpg

泣かせてくれるセリフですね・・・・・

丁度泣きたい気分だったので、泣かせていただきました(笑)

チームが「空中分解」などと囁かれる今こそ、改めて「結束」の原点である仰木さんの御霊の前に、チーム一丸となっての巻き返しの決意を誓って欲しいです。

10年目での初選出は、様々な思いがあることでしょう。温かかった広島の皆さんに対しての感謝の気持ちも忘れてはいないでしょう。

しかし、自分をスポットライトの当たる場所へと送り育ててくれた仰木さんに対する恩義は、私たちの想像以上のものがあったのですね・・・。

本当に胸が熱くなるコメントでした。本当に嬉しいです。

監督推薦ではなく、ファンが与えた名誉です。本番では、堂々と菊様らしさを全国にアピールしてください!

きっと天国の仰木さんも喜んでくださることでしょう。

そして間違いなくこう言われることと思います!


「ほんまによう頑張ったなぁ、キクチバラ!」


ファン投票選出者は、Bsからは菊様の他にもう2人が。

オリックス清原が3度目最多投票

・・・・・清原の両リーグ通じての最多得票獲得は、西武時代の90、91年以来3度目。清原は現在、右太もも裏痛で、北海道遠征中のチームを離れて神戸でリハビリ中。この日は便せん2枚にしたためたファンへのメッセージを広報に託し「一日も早くチームに復帰して、オールスターに出られる様、もう一度頑張ってみます」と戦列復帰への決意を明かした。

060703-02.jpg

やはり全国区のスーパースターですね。

最多得票獲得というのは、BWならイチロー君が何度もありましたが、Bs史上初の快挙です。

私は素直に嬉しいです。全国のBsファン以外のプロ野球ファンからもその姿を見たいと熱望されているキヨです。

やはり、仰木さんご尽力が報われたと思える一つの嬉しいニュースだと受け止めたいと思います。


そして、もう一人

オリックス谷は右ひじ靱帯炎症

・・・・・2年ぶりのファン投票選出に、広報を通じて「全力プレーをお見せできるよう、しばらくは右ひじの治療に励みたいと思います」と談話を出した。

060703-03.jpg

皮肉にも右ひじ故障が発覚して登録抹消されてしまいましたので、本番に出場できるかどうか微妙なところでしょうね・・・。

しかし、復帰に向けての大きな大きな勇気とモチベーションを与えてもらったというのは間違いないと思います。

よしくんも、仰木さん最も愛された選手の一人です。お子さんのおられなかった仰木さんにとっては、我が息子のように接しておられたと聞いています。

昨年から続く不甲斐ない成績で、最も苦しんでいるのはよしくん自身です。

何とかオールスターまでには間に合わせてもらい、よしくんを選んでくれた多くのファン天国の仰木さんに、「これぞ佳知!」という姿を見せて欲しいと願っています!


そうそう、よしくん抹消で思い出しました(笑)

代って登録されたのは、今季2度目の1軍。帰ってきた一輝でした。

先週の木曜日に甲子園でお会いしましたが、昨日早速今季2打席目の打席が、なんと「光尊様の代打」という形であっさりと訪れました。

060703-05.jpg

060703-04.jpg

結果は空振りの三振でした・・・。

これで昨年の3打席連続三振に続き今季も2打席連続三振。プロ入り以来1軍では5打席連続三振となりました。

彼の名誉のために、あくまでも念のために申し上げますが、2004年のルーキーイヤーにはウエスタン・リーグで0.336の高打率をマークして新人賞も獲得した若手のホープです。

フレッシュ・オールスターにも2年連続で選ばれています。

以前の昇格時にもご紹介しましたが、一輝オーラは「光尊様のそれ」に近い香りを私は感じます。

昨日の「光尊様の代打」となったところにも、それが如実に表れていると思います(笑)

光尊様の守備には昨日、ある種の烙印が押されてしまいました。

まさか、この先一輝光尊様守備固めになることも考えられるのでしょうか・・・。


アン・ビリーバボー

ですが、見てみたい好奇心は確かにありますね(笑)

今更説明する必要はありませんが、は「ファームでは安打製造機」です。

1本ヒットが出れば、あとは「打ち出の小槌」の如くヒットを量産するはずです!

私はそのヒットがいつ産声を上げてくれるのか、今も首を長~くして待っています・・・。

皆様にもその来るべきXデーの到来を、一緒に祈っていただきたくお願い申し上げます。

そうすると、1分30秒ほどその時が近付くのではと期待しております(笑)


7月 4日対 北海道日本ハム戦7回戦の予告先発投手は

Bs吉井組長@お願いします!!
Fs:ディアス@今季初対戦・2勝3敗の右腕

ファイターズとの対戦データを書くと、全て分の悪いものばかりなのであえて書きません(笑)

今までの対戦は全て忘れて(笑)、新たな一歩を踏み出しましょう!

楽しみですね~!!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


7月 2日 対西武戦10回戦(インボイス西武D)

手に汗握るシーソーゲーム。

勝負は後半に!と思っていたら、ピンチでもないのに何故か好投の先発投手を途中で交替・・・。

全ての歯車は、ここで音を立てて狂い始めました

気が付けば、今季7試合目の二桁失点での大敗。

故障者続出で最悪の状態のチームにとっては、まさに泣きっ面に蜂という試合になりました・・・・・。



 Bs 3 - 11 L



満身創痍のチームが勝つために最も大切なことが2つ序盤の先制点序盤での失点を防ぐこと・・・。

まず打線が答えを出しました。

初回、先頭の塩Zが左中間への2ベース・ヒットでライオンズ先発のギッセルさんを揺さぶります。

好調だった塩Zも、疲れからか珍しく11打席連続でヒットがありませんでした。おまけに昨日はショートの守備でもエラーが飛び出し、FA権取得後独特のプレッシャーかと心配しておりましたが、心配のし過ぎでした

060702-01.jpg

2番・村松様はショートゴロで塩Zを進めることができずに嫌な感じでしたが、3番・キタガーが決めてくれました!

060702-02.jpg

昨日は完全休養だったのでしょうか。スタメンも途中出場もありませんでした。こちらも、もしや怪我の状態が悪化したのかと心配しておりましたが、大丈夫でした。(本当は大丈夫でないのは承知しておりますが・・・)

幸先よく1点を先制しました!


打線が鮮やかに先取点をプレゼントしてくれたからには、今度はBs先発の本やんが答えを出す番です。

060702-03.jpg

ところが本やんは、いきなり先頭打者の元赤ヘルの福地さんに3ベース・ヒットを浴びると2番打者の片岡さんにレフトへ2ランホームランを被弾・・・。

簡単に逆転を許してしまいました・・・。

更に2回にも「サード・中村」さんに2試合連続となるソロ・ホームランをレフトにぶち込まれ、1対3に。

3イニング目にしてようやくスコアー・ボードに「」を灯しましたが、期待を裏切る立ち上がりでした。

本やんらしく、被安打はたったの3本でも失点は3。確実に被安打が失点に結びついてしまいました・・・・・orz


しかし、今日の打線一味違います!

4回、2アウト・ランナーなしの場面から、8番の光尊様が初球を逆らわないバッティングでセンター前に運ぶと、続くバッターは今日は久々にスタメン・マスクの9番・フミヒロが打席に。

心無いファンなら他球場の経過は?とチャンネルを変えられたかも知れませんがフミヒロの心は「燃え盛って」いました!

2球目を捉えた打球は、右方向に大きな当たり!

ライオンズの先頭打者3塁打を放ったライトの福地さんの頭上を襲う当たりでした!「まさか」という感じが手に取るようにわかる慌てた守備にも助けられてグラブに当てながら打球はライトフェンスへ転々・・・。

福地さんだけでなく、Bsファンビックリ仰天タイムリー3ベース・ヒットとなりました!

060702-04.jpg

フミヒロ松山コーチ、そんなに驚かんでくださいよー
松山さんだって、お前・・・・(笑)」

もしかしたら、フミヒロ救世主ですか!?

メラメラと燃え盛るオーラが、ハッキリと目に見えますね!

更に塩Zの打席で、リズムに乗り始めていたライオンズ先発のギッセルさんも完全にノーマーク(笑)のフミヒロ計算外の一打動揺したのか、痛恨のタイムリー・ボークを犯して思いがけず1点を追加してもらいました。

060702-05.jpg

2アウト無走者からのまさかの「2点」で、3対3の同点に追い付きました!!

ギッセルさんはフミヒロに対しての第2打席も四球でした。でも、キャッチャーからの牽制で絵に描いたように刺されてしまいました・・・。心が確実に「荒ぶって」参りました(笑)!!

あとは、本やんが安定してくれるのを待つばかりでした・・・。

その本やん、どうなることかと思いましたが、3回以降は完全に立ち直りました

7回1アウト。3対3の同点でマウンドを降りるまで、被安打4 与四球0 奪三振3 失点3 という充分過ぎる内容でした。

060702-06.jpg


うーーーーん。

打たれていないのに、しかもテンポよく投げていたのに何故交替なのか・・・。何か腑に落ちない交替に感じました。

結果論ではなく、何故か自ら流れを手放すような予感がしました・・・。

そんなことには全くお構い無しの本やんいつものようにマウンドを自らの手で丁寧に均して、後を託す大輔に一言激励の言葉を残してマウンドを降りました・・・。

060702-07.jpg


悪い予感は的中しました。

この不可解な交替が、現実に今日の悪夢の幕開けとなりました。

大輔は和田さんにヒットとおかわりさんに四球で続けて出塁させると、元赤ヘル主砲で元ライオンズ友の会会員の江藤さんを三振に討ち取りましたが、2アウト1・2塁となり代打の平尾さんをストレートの四球で満塁・・・。

で、菊様に交替・・・・・。本やん交替が完全に裏目です。徒にピッチャーを使い、徒に苦しいピンチを作り、更に投手を継ぎこみます・・・。

そして何故か同時に替えたキャッチャーの的やんが信じられないパスボール1点目

気持ちが楽になった赤田さんは、三遊間に2点タイムリー3点目・・・。

悪い予感を首脳陣の皆さん感じておられなかったのでしょうか・・・・。


野球とは、何と奥の深いものであったことか。


本やん不憫でなりません・・・。


ところでその前の7回のBsの攻撃で、ノーアウトランナー1塁(フミヒロ四球)の場面で、塩Zに代打が(大西君)が出されました・・・。

この場面では前述のとおり、ランナーは牽制死、バッター三振で、一気に勝ち越しへのテンションが下がり、流れを完全に手放したかに見えましたが。

一体何があったのでしょうか?もしかしたら怪我ですか?詳細を待ちたいです・・・・・。


ダメージの大きな3点を取られたところで、実質的にはジ・エンドでした。

みんなの集中力は、既に切れてしまっていました・・・。

ヨシカーナカジさんに2日連続のホームランを献上。更に連打を浴びてランナー3塁の場面で敬遠の場面で、その敬遠のボールを暴投?パス・ボール?で更に1点を追加・・・。

光尊様タイムリー・エラーを2つも記録・・・。

気が付けば8回だけで打者一順の5失点合計失点は11点にも及びました。

お金を取って見せる試合とは到底思えませんでした・・・・・。

060702-08.jpg


途中まで、今日は勝てるかも!という気持ちが強かっただけに、何とも後味の悪い負けとなりました。

明日は得意の必罰人事で、多くの入れ替えがあることでしょうね。ただし、首脳陣は故障者続出を楯に無風でしょうが・・・。

・・・このチームは何処に行こうとしているのでしょうか。

明日はお休みです。明後日からは天敵の、しかも今日も勝って現在7連勝中で絶好調のファイターズとの3連戦が今季初の札幌で待っています。

何とかプロの意地7月初めての白星を見せて欲しいものですね。


嫌なことは早く寝て忘れるに限ります(笑)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。