Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月4日 対東京ヤクルト・交流戦第6回・最終戦(明治神宮)

打線は今日も集中力を見せてくれました!

前半の3点ものビハインドを、じわりじわりと追い上げて、後半7回に遂に逆転に成功しました!

チームの諦めない姿勢が、私たちファンにしっかり届きました!

ここまでは・・・。

時間をこの時点で止めることができたなら、最高の日曜日になるはずでした・・・。

中継ぎ陣が、鎮火不能の大炎上

終わってみれば、交流戦優勝争いをしている豪打のチームとの力の差を、まざまざと見せ付けられた大敗でした。


  Bs 5 - 12 Ys


多くのファンをその予想のため、睡眠不足に陥れたかも知れない今日の先発

注目を集めましたが、「苦しい時の萩頼み」という私の予想を裏切って、中4日で東京ヤクルト戦2試合目の先発となるオバちゃんが先発のマウンドに上がりました。

004.jpg

前回のスワローズ戦の先発は、5月14日のスカイマークでした。

もう思い出されましたね?

本拠地初お目見えオバちゃん初回4安打3四死球で6失点。犠牲フライで1アウトをもらったところで降板・・・。

全てのBsファンに、その名前を深く刻み込むことには成功したピッチングでした・・・。

そのメッタ打ちを喰らったオバちゃんを、万全とは思えない中4日で登板させるのは、他に誰もいないという理由以外の何かがあったのでしょうか?

よーーーく考えてみましたが、思い当たることはひとつだけ

今日は捨て試合(笑)・・・・・。

いえ、そんなことはないはず!!

オバちゃんが昨日の若者のピッチングに負けじと素晴らしいピッ・・・・・。

逆転されました・・・・・


時間を少し遡ります。

先制したのはBsでした。

初回、先頭の俺達のよしくんヒットで出塁します。

001.jpg

2番・村松様送り、3番栄二様が打席に入ります。

003.jpg

ここで鮮やかにセンター前に運び、1点を先制しました。

20060604182848.jpg


先制してもらったオバちゃんでしたが、1回こそ三者凡退で期待を高めてくれましたが、2回には前回のスカイマークを思い出させる5安打2四死球を集中されて一挙4失点

あっさりと逆転を許してしまいました・・・。

しかし、オバちゃんはスワローズ打線の同情を買ったのか(笑)、自分のペースを掴んだのか、3回から6回の4イニングを粘って無失点に抑えます。

20060604183125.jpg

前回の中日戦では、あの恐竜打線に対して6回途中まで投げて2失点。

本当に波が大きすぎて計算が難しいピッチャーですね~(涙)。

打線の方は、1対4でも諦めません

5回には、ブレイクに向けてまっしぐらの若武者・良太が、第2号ホームランを放ちます!

20060604183331.jpg

先頭打者でしたのでソロは仕方がありません(笑)。その後も的やん、村松様とヒットが続きましたが、本塁憤死もあり得点は追加することはできませんでした。

20060604183445.jpg

しかし1点を返して2対4となりました。

そして、続く6回には1アウトからキタガーがレフト線を破る2ベースヒットで出塁すると、犠飛で2アウト3塁に。

ここでガルちゃんにセカンドゴロのタイムリー内野安打が出て更に1点を返しました。

20060604183625.jpg

これで1点差。3対4です。

そしてラッキー・セブン。スワローズ先発は元最速のイケメン五十嵐亮太さん。

先頭の9番・オバちゃんの代打で登場の我らが光尊様がライト前へクリーンヒット!ノーアウトのランナーとなりました。

20060604183835.jpg

出場の度に何かを起こす男光尊様。今日も何かが起こりそうな予感がプンプンしてきました(笑)。

1番に戻り、よしくんは1塁ファールフライ。でもゲッツーにはなりませんでしたのでGJと言われるかも知れませんが(苦笑)。

1アウトになり、2番の村松様今日3安打目レフト前ヒットで続きます!

20060604184055.jpg

ここで五十嵐さんをマウンドから引きずりおろしました。スワローズにとっては想定外だったことでしょう。

ピッチャーは、洋行帰りの高津さんに替わります・・・。

3番栄二様はサード・ゴロ。岩村さんにタッチされそうになった光尊様は、柳のようなしなやかな身のこなしでそれをかわして3塁へ!ここでも笑わせて唸らせていただきました!

20060604191120.jpg

ランナーはそれぞれ、進みました。

2・3塁ですが、2アウト

迎えるバッターは、4番・キタガーです。

高津さんは、もはやかつてのセーブ王ではありません。粘りながら最後は甘いボールが来ました。振り抜いた打球は右方向へ!

あと少しでホームランという当たりでした。惜しくもフェンスにダイレクトで当たる2点タイムリーヒットで、5対4

20060604184638.jpg


3塁から光尊様、2塁からも村松様、2人の快足ランナーが(←つっこまないっ!)相次いでホームに還りました!!

ついにひっくり返しました!!

続く塩Zもライトへの2ベースヒットで続き、依然2アウトのまま、ランナーは2・3塁となったところでピッチャー交代。

再びサウスポーの高井さんが登場しました。

ここで中村監督様ガルちゃんにかえてキヨを代打に送り、明治神宮野球場は大きな歓声に包まれました。

しかし、数分後にはその大歓声は、大きな溜息に変わりました・・・。

空振り三振でした。


5対4と逆転に成功したBs。あとはリリーフ陣が、一昨日の汚名返上を果たせば交流戦3カード目の勝ち越しが決まり、スワローズ戦も3勝3敗の五分として対戦を終えることができます・・・。

話は前後しますが、今日もサプライズがありました。

一昨日同点ホームランを打たれた大久保様が、登録を抹消されました・・・。

昨日の試合終了後に中村監督様が大久保様の肩越しに声を掛けた言葉は、既に登録抹消を告げたあとだったので、「しっかり調整して来い!待ってるぞ!」というものであったようですね、きっと。

替わって登録されたのは、久々の吉川の勝っちゃんでした・・・。まさか、クローザーとして上げたとは考え難いです。まさか、今日のように敗戦処理投手の補充でしょうか?

冗談はさておき、これからの勝ちパターンでのリリーフ陣の再編がとても気になります。

主力野手の多くを怪我で欠き、さらに守護神まで抹消・・・。

このチームは、この先どこへ行こうとしているのでしょうか・・・・・。


ラッキーセブンに逆転したBsは、その裏同じくスワローズのラッキーセブンに逆転を許します

簡単に逆転と書きましたが、中身は目を覆いたくなるばかりのリリーフ投手陣の燃えるピッチングの連続でした。

まさに、大炎上ショーでした。

この回だけで8失点。終わってみたら5対12の大敗でした・・・。

これで、対中日に続いて東京ヤクルト戦の負け越しが決まりました。


明後日からは幸いホームに帰って前回は勝ち越した広島東洋との対戦が待っています・・・。

ホームなのでDHも使えます

本当は満身創痍のキタガーに無理をさせたくないのですが、栄二様、塩Zとともに、現在の打線の中心です。キヨが復帰してもキタガー抜きの打線ではBs勝利はありえないでしょう・・・(泣)。

交流戦が、こんなにも辛いものであったとは今年初めて知りました・・・・・。

そして今日が日曜日ということを忘れて、7回の逆転シーンの時に嬉しさの余り浮かれすぎた自分自身を少し反省しています。

浮かれる暇があったら、祈るべきでした(笑)。

また明日もしんどい月曜日になりそうですねぇ。

でも、自分に負けてはいけません。昨日勝ったお蔭で、今日負けても連敗ではありません(笑)!ありがたいことです(爆)。

明日は、6月初めての月曜日ですね~。元気出して行きましょう~!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。