Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月30日 対西武戦8回戦(群馬県営敷島公園野球場)

この様な結果を、誰が予想できたでしょうか・・・。

打線は爆発!今季最多安打の14安打の猛攻で7得点。

投げてはデビちゃん来日最多の7勝目

連敗を3で止めるとともに、遅ればせながら、ようやく交流戦後初の勝利を見ることができました!

塩ZFA権利獲得川越会長登録抹消・・・。

いろんな意味で「今後が心配」なニュースで幕を開けた6月の最終日の試合でしたが、見事に「終わり良ければ全て良し」で締めくくることができました!!



 Bs ⑦ - 1 L



初回の攻撃は衝撃的でした。約15分ほどで、いきなりの3得点!

その口火を切ったのは、4試合振りにスタメン復帰よしくんのセンター前にライナーで運ぶ先頭打者ヒットでした。

060630(1).jpg

不調のため屈辱のスタメン落ちを3試合経験した俺達のよしくんは、今日は2安打マルチの活躍でした。ランナーがいる場面でのタイムリーもありました

これが本来の調子を取り戻してくれるきっかけになればと思います。

頑張れ!よしくん!

続く2番・村松様ライト前ヒットで続きました。

20060630235342.jpg

村松様も今日は2安打マルチの2打点。遂に打率は0.320になりました!

よしくんのこの当たりで3塁を陥れる積極的走塁により、ノーアウト1・3塁としました。

ここで迎えるバッターは、この日めでたくFA権を取得した3番の漢・塩Zでした。

節目となる足掛け10年・・・。一応お疲れ様と労いの言葉をお贈りしますが、権利行使についてはシーズン終了後に改めて話し合いましょうね(笑)

ここはセカンド・ゴロのゲッツー崩れではありましたが、その間に先制点が入りました。

20060630235627.jpg

4番・キタガーが倒れ、2アウトとなり「初回に1点で先制してよかったなー」とチェンジを予想していたところ・・・・・。

5番・ジェイソンライト前ヒットで繋ぎました。

20060630235733.jpg

ここでも「初回に3安打で1点止まりかー」・・・・・。

ところが、6番・ノリセンター前ヒットが生まれました!

20060630235822.jpg

ノりは今日は3安打猛打賞、2打点の大活躍でした!

この打順で打ちまくり、早く本来の実力を取り戻してもらいたいものです。今日はノリ自身、久し振りによく眠れることでしょう

頑張れ!ノリちゃん!

これで得点は2対0になりました。

さらに7番・ブランボーにもレフト前へタイムリーが飛び出し、この回一挙3得点です!

20060701000031.jpg

ブランボー1軍復帰後3試合で10打数4安打2本塁打4打点の大暴れ!

もう本物と言ってもいいかもしれませんね(笑)

頑張れ!ブランボー!

これで初回は5安打の集中打で先制しました。この間、試合開始僅か15分ほどの出来事でした。

西武先発の銘傑さんへの怒涛の攻めは、3点で許してあげました。


Bs先発は、デビちゃんでした。

20060701000321.jpg

許さんとは対照的に、ヒットは浴びますが「得点はさん」ピッチングが続きます。

打線はその後もデビちゃん力投に応えてヒットと得点を重ねていきました。

5回にはノりにこの日3本目のヒットが、2本目のタイムリーとなりました。

20060701000458.jpg

あわやホームランかという左中間フェンス直撃の大きな当たりでした。

ノりは2塁を蹴って3塁へ進みましたが、惜しくもタッチアウトとなりました(笑)

6回にも3安打を集めて3点を加点ダメ押しでした。

1アウト1・2塁から、よしくんがセンター前にタイムリーヒット

20060701000641.jpg

そして村松様もレフト前へ運ぶ2点タイムリーが生まれました。

20060701000728.jpg

得点はこれで7点になりました。

他にも打点はありませんでしたが、4番のキタガー今日は2安打マルチ

20060701000822.jpg

ようやく4番のプレッシャーにも慣れてきたのかも知れませんね。また、DHで守備がないリズムにも慣れてきたのでしょう。

また、よしくん、村松様とともに同級生トリオの活躍の揃い踏みでもありました!

明日からも楽しみです。

そして、同じく打点はなかったものの今日はノりとともに3安打猛打賞光尊様の活躍をスルーすることはできません!

20060701001111.jpg

今日は一昨日のサヨナラ(エラー)守備機会の汚名挽回に燃えておられたのがヒシヒシと伝わって参りました。

もう一つ、ナカジさんとの守備での競艶も見どころでした(笑)

この勝負は、2回によしくんの痛烈なゴロを見事なまでに美しい「トンネル」を見せてくれたナカジさんに軍配かと思われました・・・。

ナカジさんは、パ・ダントツの14個目の失策を記録しました。

しかし、光尊様も負けてはいません(爆)

まず5回。2・3塁間での挟殺プレーで何故か滑って転んでしまうというパフォーマンス(結果は塩Zに送球して事なきを得ました)を見せて、球場全体の注目を浴びました。

20060701001423.jpg

フィールドに後藤あり」と観衆の心を掴んだところで、続く片岡さんのレフトオーバーのヒットで2塁からホームへ突っ込む赤田さんを、よしくんからのバックホームをカットした光尊様がホームへワンバウンド(笑)のレーザービーム!

的やんの好ブロックもあり、ホームタッチアウト!

15.jpg

一昨日も、松中さんの打球を捕ってさえしていたらこうなったんだよ」との無言の言い訳アピールでした。

やはり強肩ですね!コントロールは時折乱れますが(笑)

そして7回は2アウトで平凡なショートゴロを掴んだ後、その自慢の強肩で投じた1塁への送球が、再びワンバウンドのレーザービームとなると、ファーストの良太では捕れません。

多くの方々から揶揄称賛される魔送球の瞬間でした。

このエラーで、デビちゃんはマウンドを降りました(爆)

11.jpg

硬軟両面のプレーで我々の心をいつも捉えて離さない光尊様の魅力が目一杯詰まった試合になりましたね!

今日の継投は、デビちゃんのあと山省、吉川勝っちゃんノー・ヒットのリリーフで繋ぎ、最後は守護神・大久保様がマウンドへ向かいました。

調整登板でしょうね。2アウトの後におかわりさんにヒットを許してしまいますが、最後は銀仁朗くんをセカンドフライに討ち取って、ゲームセット

16.jpg

セーブはつきませんが、久々の締めくくりでした。

これが復活への第一歩となれば嬉しいです。

頑張れ!大久保様!

既にお気付きかと存知ますが、今日はこのところ結果が悪くて心配され続けている4人の選手達が揃って頑張ってくれました。

よしくん、ノリ、ブランボー、そして大久保様です。

チームの浮沈の鍵を握るのは、彼らを置いて他にはありません。

是非ともこれからもコンスタントに活躍を続けて欲しいと心から願っています!


衝撃のニュースが飛び込んできました・・・。

オリックス川越が右ヒジ炎症で登録抹消


・・・・・幸い重症ではなく、中村監督は「先発を2回飛ばして、球宴前に1度先発できるのでは」と見通しを明かした。・・・・・

目の前が真っ暗になるところでしたが、それ程深刻ではないようなので一応安心です。

そして、ぽっかり空いたローテーションには、取り敢えず明日はキンコくんプロ初先発が発表されました・・・。


7月 1日対 西武ライオンズ戦9回戦の予告先発投手は

Bsキンコくん@チャンスをモノに!
L :帆足さん@今季2度目・でも前回はKO!

キンコくんは、これまで何度か初先発の噂がありましたが、ようやく実現に至りました。

プロ入りの経緯も決して平坦ではなかったキンコくん。プロ初勝利だけは、初先発の明日にあっさりと決めさせてあげたいです。

できれば、今日のヒットの半分くらいは明日に取っておいてほしかったですね(笑)

今日はイーグルスが敗れましたので、ゲーム差は4に広がりました・・・。でも4位・ファイターズとの差は8.5と変わりませんでした(苦)

明日から月が変わります。6月に続いて、カレンダーの選手が活躍するというジンクスが生きていればいいですね!

・・・と、フライングしてめくってみたら・・・

ありゃ、3人のうち2人は昨日甲子園で見ました・・・・・orz

気にせず、頑張りましょう!

今日は月末で「終わり良ければすべてよし」でしたが、明日は月初めということで、「最初が肝心」ですね(爆)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



スポンサーサイト
6月29日 突然!サーパス対阪神戦(甲子園)

昨日のサヨナラ負けで少しヘコんだ気持ちを奮い立たせようと、現在もウエスタン・リーグ首位争いを演じているサーパスの戦いを観るために、やってきました甲子園・・・。

あの、思い出したくない交流戦以来でした。そう言えばあの日もサヨナラで負けたよなー、などと忘れかけた記憶も蘇って参りました。

あの時のリベンジも期待しようと勇んで出かけました!

ところが結果は・・・



 SU 4 - 5× T



私自身、サーパスの試合を見るのは今季2度目。前回はナゴヤでしたので、2回ともビジターです(汗)。

500円を払って中へ入りました。

席はいつもの外野席ではなくて久し振りのバックネット裏でした。いつもとは逆方向からの野球観戦になりました。

思ったよりも観客は多かったように思います。中にはドームやスカイでお見かけする方もチラホラおられました・・・。

スタメン発表は既に終わっていました。

060629-b.jpg

ぐっち、一輝、ハヤカー、マッキー、由田慎太郎、田中君、ゴジラ岡田君、吉原、そしてピッチャーの近藤君という打順のスタメンでした。

今季の1軍経験者は5人・・・。

1軍に負けず劣らずいやそれ以上にワクワクするようなスタメンじゃないですか!?

そして、その中でもぐっち、ハヤカー、マッキーの仕方なく1軍から降格となってしまった3人が、揃って大活躍でした。

ぐっちは1番打者として4打数2安打。楽しみにしていた盗塁はありませんでしたが、2打席目には内野安打で村松様顔負けのヘッド・スライディングも見せてくれました。

060629-d.jpg

そして8回には、貴重な貴重な、同点に追いつくタイムリーヒットも放ちました!


永遠の若手大輔会会長@ハヤカー@早爺も3番打者として2安打マルチ、1盗塁の活躍でした。

060629-h.jpg


そして、我らがマッキー!!

本当なら、1軍での代打の切り札週刊ベースボール今週号参照)であるはずでした・・・。

しかし勝負強いバッティングは、些かも輝きを失ってはいませんでした

060629-e.jpg

チーム唯一の2打点を叩き出した集中力は流石の一言!

3塁の守備でも好プレーを見せてくれました。


先発ピッチャーは期待の星、近藤君でした。やはりに彼は「甲子園」が似合いますね。

060629-c.jpg

4回を投げて交代するまで、エラーのランナーを1人出しただけでした。しかもそのランナーを併殺で討ち取りましたので、ぴったり12人斬り快投でした!!

緩急を上手く使った大胆なピッチングでしたね。1軍での雄姿を早く見たいものですね!


近藤君の後は、「1軍」の投手陣がズラリ・・・・。豪華リレーとなりました。

2番手は、1軍での役割を本やんに奪われた感のあるハギーでした。

思いがけない降格でしたので、もしや故障か?と思われましたが元気な姿を見られて「嬉しかった」です。

060629-f.jpg

ただ、ピッチング内容は「嬉しくない」ものでしたが・・・。

せっかくの3点のリードを、集中打を浴びて4失点逆転を許してしまいました

ストレートは意外にも150キロを計時するなど威力はあるように見えましたが、久々に見る「悪ハギー」でした。


3番手は、元ローテーション・ピッチャーのマエカーでした。左指先の血行障害と報道されて1軍から消えてしまいましたが、元気な姿を見ることができました。

060629-k.jpg

こちらも1軍の貫禄を見せる、という内容からは程遠いものでした。長打も浴びましたし、アップアップに見えました。

1軍復帰には、まだ時間がかかりそうですねぇ・・・。


4番手は香っちゃんでした。

060629-j.jpg

1軍では好不調の波が大きく、ようやく安定しだしてきたかなというときに降格でしたが、この日は完璧な内容を見せてくれました!

パーフェクト・ピッチング! パーフェクト・ソリューション!

このアナウンスが聞こえてきそうでした(笑)

1イニングだけでしたが2三振を奪うなどリズムもよく、味方打線の同点劇をも誘発してくれました。

中継ぎでは実績もありますので、1軍復帰の最有力候補だと確信しました。


試合の行方は9回表サーパスが無得点に終わり、4対4で引分けか・・・と思われましたが、5番手のユウキが1アウトから代打・元赤ヘルの町田さんに内野安打(火の出るような当たりをマッキーがダイブで捕ったまでは良かったのですが、1塁への送球が大きく逸れました)で2塁まで進めてしまいました。

代走は前田忠節さん。バッターは同じく東北楽天からトレードされてきたばかりのさん・・・。キャッチャーはゴンゾー君、センターはぐっち、ピッチャーは重なってはいないけど田中ユウキ・・・・。

センターラインが、元近鉄勢で固められました。

結果は坂さんが高々とレフトへ打ち上げた打球が風にも乗り、ハヤカーの頭上を襲います!

ハヤカー背走して、後ろ向きでグラブを差し出しましたがこれを弾き、2塁から前田さんが還りサヨナラ・・・・・。

昨日の北九州でのサヨナラ負けに続いて、しかも私が観た甲子園では阪神戦2試合連続で、サヨナラ負けを見てしまいました(涙)


実はその前の8回の攻撃に、珍しいシーンを見ました。

サーパス同点に追い付いた直後、なおもノーアウト1・3塁の場面。3塁ランナーは代走の柴田君、打者は一輝でした・・・・・。

ここで、スクイズ!!

一輝はバンドで転がしました!しかし3塁ランナーは走っていません・・・。はぁ?

で、キャッチャーが捕球してランナーが走っていないのを確認して1塁へ送球した瞬間柴田君猛然と本塁突入!!

ディレード・スクイズだったのでしょうか・・・・?

しかし1塁手からの送球でクロスプレーになりましたが、タッチアウト・・・。ダブル・プレーに終わり、再逆転は叶いませんでした・・・

勘違いか、サイン見落としか、はたまた計算どおりのトリックプレーか・・・。見当がつきませんでした。

ただただ、思ったことは・・・。次打者のハヤカーマッキーも当たっているのだから・・・。

「MOTTAINAI」

でした・・・。

060629-i.jpg


でも、ゲーム自体は楽しめましたし、将来のスター達(や星屑たち)を沢山見ることができました。

サヨナラ負けでも1軍のそれとは後味が全く違いましたし(笑)

特にこの方の久し振りのお姿を見られたことが、私にとっての最高の「癒し」になりました・・・。

060629-a.jpg

暫らくはまた、頑張れそうです!!


6月30日対西武ライオンズ戦8回戦の予告先発投手は

Bsデビちゃん@連敗ストッパーに!
L :許 銘傑さん@今季未勝利・初対戦

ライオンズとの対戦も交流戦までは3勝2敗と勝ち越していたんですよね。しかも2連勝中です。

ただ、相手は現在パ・リーグ首位です・・・。

6月最後の試合です。お決まりのこの言葉どおり、いい試合で締めくくってほしいものです。


終わりよければ全てよし


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月28日 対福岡ソフトバンク戦8回戦(北九州市民)

今日は勝ちたかったですねー。そして、勝てると信じて応援していたのですがね・・・。

でも、幾つかの収穫はあったと思います。

仰木さんの眠る北九州の地で、チームが生まれ変われる予感が感じられる敗戦であったと思いたいです・・・。

2度にわたる同点劇。

明らかに昨日までのBsではありませんでした。

しかし、これで交流戦明けは未だ勝ち星を見ることなく3連敗となりました。

イーグルスの勝敗が、いよいよ気になり始めましたね(笑)



 Bs 6 - 7× H



左右の拘りを棄てた昨日からの中村監督様。心の中の何かが弾けたのでしょうか?

遂にクリーン・アップからノり名前が消えました

20060628232226.jpg

中村監督様英断決断なのか、自らの申し出なのかがとても気になるところです・・・。

また、今日は狭い(ホームランが出易い)北九州市民球場でした。

外国人だから当たれば大きいのが行くだろう」との読みで外国人助っ人3人一度にスタメンに使いました

ただ、「当たれば」ということに激しく引っかかるものがありましたが、過度の期待をしないで温かく見守ろうと心に誓いました。


先発は、日曜日の先発が雨で流れた平野よし君でした。

20060628232621.jpg

先発した前々回の横浜戦は負け星こそつかなかったものの5失点、前回の阪神戦では6失点敗戦投手になりました。現在2試合続けて勝ち星から遠ざかっています。

そして、その2試合とも完投はするものの「1イニングだけ」大量失点を奪われていることが何よりも気になります・・・。

そして今日、それはいきなり「初回」にやってきました。

先頭の大村さん、宗りんさんに連続ヒットを浴び、かぶれらさんのセカンド・ゴロの間にあっさりと先制を許します

ゲッツー狙いで4番の信彦さんを歩かせて、ぱなまうんがーさん勝負を選択しますがそれが裏目に・・・。

昨日の吉井組長敬遠策失敗の記憶はまだ生々しく残っておりました。

バックスクリーン右に3ランホームランを被弾してしまい、一気に4失点となってしまいました・・・。

20060628233025.jpg

しかし、その後は立ち直り味方の反撃を待ち続けます。

その気持ちにようやく打線が応えました。

5回の攻撃でした。先頭の6番・ノリが、何もかも吹っ切れたかのように2本目ヒットで出塁すると7番・ブランボーレフト前ヒットで続きます。

ここで打席に立つのは、8番・我らの光尊様でした。

何とかチャンスを広げて欲しいと願いながら、祈りながら、踊りながら、TVに顔を引っ付けて応援しておりました。

願いが通じました。いや、その上を行きました!!

20060628233349.jpg

塁上の、決して足の速くないランナー2人をゆっくりとホームに還す、左中間を深々と破る2点タイムリー3ベース・ヒットです!!

やはり光尊様は、予測不可能の危険な男ですね!

イーサン・ハントと同じ系列に位置する男・・・。

まさに、MI-Ⅲ(光尊いいぞ、3塁打)ですね!


そして、光尊様を還したのは村松様の1・2塁間を破るタイムリーでした!

20060628233852.jpg

0対4から、一気に3対4の1点差へと詰め寄りました。

しかし、その裏の守りで2つの大きなミスが出て1点の追加を許してしまいます。

ミスの1つ目・・・。1アウト2塁からのショート・ゴロで、何故かランナーが3塁へ飛び出します!誰もがラッキーと思った瞬間に見たものは、光尊様の送球がランナーの背中に当たってしまうという大ボーンヘッドでした。飛び出したランナーの本間さんもですが、お粗末なプレーと言わざるを得ません。

ミスの2つ目・・・。平野よし君は、目の前で起きた信じられないミスに激しく動揺したのでしょうか?普通に投じたはずのボールが、右手から離れないという信じ難い出来事でボークの宣告・・・。放送では前代未聞と言われました。私も初めて見る光景でした。

これで3対5となりました。


ここ北九州市は、仰木さんのご自宅があるところです。

チームの皆さんも胸に期するものがあったのでしょう

その直ぐ裏、昨日に続きブランボーの1発が飛び出し、遂に5対5の同点に追い付きました!

20060629000759.jpg

レフトスタンドの頭上、場外へとボールは消えていきました。第3号2ランホームランでした!

ブラボー!ブランボー!

これはもう、本物と言ってしまって良いのでしょうか!?良いのでしょうね!?

信じましょう!・・・・か?

これで平野よし君に勝ち星の可能性が復活しました。6回裏。さあ、ここからビシッと!・・・・・。

先頭から3連打を浴び、再び1点を勝ち越されてしまいました・・・。

平野よし君は、ここで降板しました。

ピンチが残りましたが、ここは昨日に続いて菊様完璧な火消し!
この気魄が、消えかけた打線に再び点火してくれたのでしょうか。

ラッキーセブンBsの攻撃

代打の9番・ダカヒーライト前ヒットで出塁。先ほどタイムリーも放っている1番・村松様が送ると、2番・塩Zセンター前ヒットでチャンスを広げ、1アウト1・3塁の同点のチャンスを掴みました。

しかしここで、3番・ジェイソンはキャッチャーのファールフライで2アウトとなってしまいました。

4番・キタガーは、昨日からここまでヒットがありませんでした・・・。

しかし、菊様の気魄が乗り移ったキタガーの背中を、仰木さんが押してくれました。

20060628235307.jpg

ライト前に落ちる同点タイムリー!!

得点は6対6再び同点に追い付きました!

7回裏も菊様はマウンドへ。そして全く付け入る隙を与えないパーフェクト・リリーフでホークス打線をねじ伏せました

8回裏は、省吾、本やん連続で四球を与え、ノー・アウト1・2塁の絶対絶命のピンチを迎えますが、(達夫&大輔)@かとうが無失点で凌ぎきりました!

そして迎えた運命の9回裏・・・。

大輔は8回の2奪三振で燃え尽きたのでしょうか。

先頭から2人連続でヒットを許し、ノーアウト1・2塁。ここで送りバントの処理を誤り痛恨のフィルダース・チョイス・・・。とうとう満塁になってしまいました・・・。

次打者は三遊間を襲う痛烈な当たりでしたが、これを光尊様が好捕!本塁転送で、サヨナラは許しませんでした。

しかし、続いて迎えるバッターは4番・信彦さん・・・。

何とか奇跡が起きて抑えてほしいという願いも虚しく、先ほどと同じような三遊間への打球を今度は光尊様が弾き(記録はレフト前ヒット)、万事休す・・・。

討ち取った当たりに見えなくもありませんでしたが、公式記録員が内野安打ではなくエラーでもなくレフト前ヒットにしたくらいですから、痛烈な当たりであったのでしょう・・・。熱戦の幕は、ここで下ろされました・・・。

20060629000330.jpg

今日の試合は、追いつ追われつのシーソー・ゲームでファンでなくてもとても楽しめた試合だったと思います。

チームの皆さんの勝ちたい!という気持ちも伝わりました。そして、今日こそ勝てる!とも思えた試合でもありました。

私は、新たな希望が持てる試合であったと総括を済ませて、明後日からの試合に思いを馳せることにします・・・。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月27日 対福岡ソフトバンク戦7回戦(ヤフージャパンD)

今日も1点差に泣きました

投手陣は何とか3失点で凌いだのですが、打線はホームランが2本も飛び出したのにどちらもソロ・・・。

もちろん、クリーン・アップから出たものではありません

ホークス投手陣のキレのある球に奪われた三振は12を数えました。

ただ、主軸が「打ってくれる」ことを待つのみに見える首脳陣の采配・・・。

私たちはその打開策として「手を打ってくれる」ことを期待しているのですが・・・。

交流戦後の白星は、今日もお預けとなりました。



 Bs 2 - 3 H



先発はホークス戦2度目の先発となる吉井組長でした。

060627-01.jpg

しかし、その立ち上がり。1アウトから2番の宗りんさんにライト線を破る3ベース・ヒットを浴び、3番かぶれらさんにあっさりと犠牲フライを打たれて早々に1点を失います

2回・3回と無難に落ち着いたかと思われましたが、4回2アウトからあれよあれよという間にタイムリーと押し出しで更に2点を失いました・・・。

乱れたのはこの回だけ。5回・6回は無失点で切り抜けました。

返す返すもこの回2アウト1塁からのレフト前ヒットを、良太が後ろに逸らすエラーでランナーを3塁に進めてしまったことが吉井組長には本当に気の毒でした・・・。

吉井組長は今季2度目の100球超え(113球)。

6回を投げて 被安打6 与四球4 奪三振3 失点3(自責点3)

4回こそ崩れた(珍しく押し出しもありました)場面はありましたが、いつもどおり先発の役割は充分に果たしてくれました


その後、7回は菊様が。
060627-08.jpg


8回は登板間隔が開くために調整登板で本やんが、それぞれパーフェクトリリーフを見せてくれました。
060627-09.jpg


余談ですが、本やんと的やんとの「やんやんバッテリー」でした。

投手陣6安打で3失点に抑えてもチームは勝てませんでした・・・。


今日の打線結果は別として斬新でした。

のホークス・和田さんに対して左バッターを4人も起用しました。

例の、判で押したような左には右、右には左を並べる作戦からの発想の転換でしょうか。

Bs全6本のヒットのうち、起用された左打者は村松様2本ジェイソン1本と、半分を数えました。

ただ、今日の和田さんのボールにはキレがありましたね・・・。


Bsの最初の得点シーンは2回でした。

先頭の5番・ノリが空振り三振後の6番打者は、今日吉井組長とセットで1軍登録されたブランボーでした・・・。

キヨ負傷で、予想外に早く巡ってきた昇格のチャンスでしたが、今回も何故かキッチリと10日で帰ってきました。

サーパスでは3試合に出場して9打数6安打2打点の大当たり。特に先週の土曜日の対中日戦は3打数3安打1HRでした。

そのホームラン(2ラン)は、実際に見に行かれていたmiyu35さまに伺ったところ、バックスクリーンへ一直線に飛んでいった素晴らしい当たりであったそうです。

今回こそ、打撃開眼での昇格であれば良いのですが、過去には裏切られっぱなしでしたからねぇ(笑)


ところが!


060627-02.jpg

低めギリギリのストレート。決して甘い球ではありませんでした。掬い上げて放った打球は、打たれた瞬間に和田さんが項垂れる当たり。左中間の最深部へ飛び込む第2号ソロホームランになりました!

初回1点を失った吉井組長に勇気を与える同点のホームランでした。

4回には2失点で1対3になりました・・・。

2点のビハインドで迎えた6回の攻撃。

それまでの2打席は、ともに2打席連続でヒットで出塁の1番の村松様手堅く送るバントを決めている2番・塩Zが、先頭打者として第3打席を迎えます。

思えば、土曜日は1番塩Z2番村松様の並びでしたが、入れ替えの基準は何なのでしょうか?

土曜日は塩Z3安打村松様3犠打と、理想的な1・2番の仕事でした。得点には結びつきませんでしたが(笑)。

その打棒好調の塩Zに、ようやくバットを振るチャンスが巡ってきました。

インコースのストレートを思い切り振り抜いて放たれた打球は、そのままレフトの頭上を越えてスタンドへ飛び込む第6号ホームランになりました!

060627-03.jpg

得意の「ソロ」ではありましたが、送って良し・打って良しのマルチ打者に変身した塩Zの一打で、得点は2対3の1点差に迫まりました。

後半への追い上げムードも高まりましたが、7・8・9の3イニングはホークスのリリーフ陣の前にノー・ヒットに抑えられてしまいました。

060627-07.jpg

これで土曜日のファイターズ戦に続いて、2試合連続の1点差負けとなりました・・・。

Bs、ホークスともにヒットは6本ずつ。ただし、Bsはソロ・ホームラン2本で2得点、ホークスはホームラン0本・・・。

タイムリー1本の1点の他には、犠牲フライと押し出し四球による2点で計3失点。

ホームランは、皮肉にもクリーン・アップを挟む2番打者と6番打者が放ったものでした。

期待のクリーン・アップ10打数1安打(3番・ジェイソンの2ベース・ヒット)、2四球(ジェイソン、ノリ)、5三振ジェイソンノリ

3人のうちの2人が、打率2割にも満たないクリーン・アップ・・・。

佐々木信也さんのお怒りも、もっともかと思い始めて参りました(涙)。

本当に中村監督様は我慢強い方ですね!この点は12球団一の監督様と呼べるのではないでしょうか。

が、左右の拘りを放棄した(?)監督様です。明日は更に斬新な打線サプライズなクリーン・アップの実現に大いに期待したいと思います。

本日の全6安打は、前述したブランボーと塩ZのソロHR、ジェイソンの2ベースヒット、良太の三遊間を破るレフト前ヒット、そして村松様の左右に打ち分ける2安打マルチヒットでした。

060627-04.jpg

打率は、今日の2打席目に一時は3割2分台に到達しました。目立ちませんが、2年振りに完全復調ですね!

もう1番固定で良いのではないでしょうか?


今日はノー・ヒットに終わりましたが、すっかりスタメン・ショートが板につきつつある我が愛しの光尊様

今日は、1試合中今季最多の守備機会7を記録!

もちろんノー・エラー!!のおまけ付き(爆)
内訳は、ゴロが6個と最後は三遊間を鋭く襲うライナーをダイブしてキャッチしたスーパー・プレーで締めくくりました。

060627-05.jpg

もう、アノ日の「自分で弾いたボールを見失い、舞い落ちたボールが脳天に炸裂した」頃の面影は、もうどこにもありません・・・。

バッティングがダメでも守備では貢献。今日は、共にバッティングは別として鉄壁の三遊間でしたね!

060627-06.jpg

でも、光尊様にはこのまま「守備の人」にはならないで欲しいです(ハナから無理って!?)

やはり、3拍子揃ってこその光尊様ですからね!

下手をすると、とてもつまらない試合になるところでしたが、思いがけず守備で7回もドキドキ感を味あわせてくださった光尊様・・・。

来年こそ、オール・スターに一緒に行きましょうね!!


6月28日 対福岡ソフトバンク戦8回戦の予告先発投手は

Bs:平野よし君@若きエースの地位確立を!
Sh:寺原さん@前回は好投でした

明日は年に1度の北九州市民球場ですね。仰木さんお墓参りにいらっしゃる方も多いのでしょうか・・・。

餞となる勝利に期待したいですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月26日 明日からホークス戦!

ウチの周りでは今日は梅雨らしく一日中雨が降り続き、夕方になってようやく上がりました。

先週などは「なかなか雨が降らないなー」なんて言ってたのに、いざ雨が続くと「早く梅雨が終わらないかなー」などと勝手なことばかり思っております・・・。

今日は午前中に練習後、チームは博多へと移動だったのでしょうか。

オリックス1軍投手勢ぞろいで一丸練習

26日の練習にオリックス1軍投手陣が勢ぞろいする。普段の月曜は先発陣だけが調整練習を行うが、26日は先発2日後の休養日にあたる川越以外の全スタッフが出席。神部投手コーチは「交流戦とリーグ戦再開の間に間隔も開いたし、試合数が少ないとき。こういうときは、弱いチームはしっかり練習しなければ」と話した。

昨日先発予定だった平野よし君のローテが、雨のためにまた飛びました

スライドもあるのかな?と思っていましたが、明日はないようですね。

今まで異常なまでに完投を余儀なくされてきたのですから、充分に休養とリフレッシュの時間を与えてあげてもいいと思いますね。

明日の予告先発投手は既に発表されています。

対福岡ソフトバンクホークス 7回戦の予告先発投手は

Bs:吉井組長@今季初福岡
SH:和田さん@今季初対戦

ホークス戦のサウスポーは、今まで杉内さんしか対戦がありませんでした。和田さんとは昨年もそれ程押さえ込まれたという印象はないのですし、今季もここまで絶対的な力は感じられません。

対する吉井組長は、ホークス戦2度目の先発です。

060626-01.jpg

前回は、4月21日のスカイマークでの第4回戦でした。

6回と2/3を投げて 被安打4 与四球3 奪三振2 失点0

勝ち投手の権利を得た後、マウンドを降りたものの若いリリーフピッチャーが逆転されたために勝ち星はつきませんでした。

しかし試合は劇的な今季2度目のサヨナラ勝ちでした。その一打を放ったのはキタガーでした。

今回は敵地での登板ではありますが、芸術的なピッチングでチームに交流戦後の初勝利をもたらして欲しいですね!


キヨの負傷の続報です。

オリックス清原、早期復帰へブロック注射

オリックス清原和博内野手(38)が26日、神戸市内の病院で腰の神経部に神経ブロック注射を打つ治療を受けた。清原は右太もも裏の痛みを訴え、25日に出場選手登録を抹消された。再登録が可能になる10日間での1軍復帰を目指すため、患部の痛みを和らげるブロック注射を選択。井筒チーフトレーナーは「痛みが10あったとすれば、5になる効果はあったようだ」と説明した。28日にMRI検査で肉離れがないかどうかを確認した上で、練習を再開する。

別の記事によれば、明日から早くもリハビリ開始だそうです。

060626-02.jpg

今頃の青涛館は、凄い顔ぶれが揃っているのでしょうかね~。

みっつー、ひらりん、マサヒロ、そしてキヨ・・・・・。

本当は、今の1軍にも約2名は怪我の治療を万全にしてほしい選手もいるのですが・・・。

怪我からの復活に懸ける男たちの、もう一つの熱いドラマがそこにはあるのでしょうね。

選手達に直接声を掛けて励ましてあげたいです。


「じっくりと早く!、のんびりと急いで!」と。


そして、キヨが戻るまでの打線については・・・・・

オリ日替わり4番で清原不在を乗り切る

オリックス中村監督日替わり4番で、清原不在の期間を乗り切る方針だ。「中村か北川に任せるのは基本方針だが、外国人を含めて相手チームとの相性などで決めて行く。(左右の)ジグザグ打線を組むことを優先させることもあるし(1人の)4番にはこだわらない」。過去72試合は、清原、中村、北川が4番を打った。今後はガルシアらも加えて対応する。

超攻撃的オーダー」では勝てないことを学習されたのですね!しかも、前回のキヨ抹消時から始まったノリ4番固執も今回は「(一人の)4番にはこだわらない」とのことです。

もう一人、真剣に4番候補がいます。

もうお分かりですね!BW最後の4番のこの方です!

060626-03.jpg

現在、最も当たっている打者です。長打力も勝負強さも、今が旬です。

良太もいいですね!あと、光尊様も!(笑)

見守りましょう・・・。それしか出来ませんし(笑)。あっ、文句は言えるか。


交流戦で見た「見渡せば、まっ黄色」が再び!となるでしょうが、同じ黄色でも爽やかな黄色なので気分は少しはマシでしょう。

チームの皆様!取り敢えず、早く白星を見せてくださいませ!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月25日 残念ながら雨天中止でした

昨日のナイターに続き、今日はデーゲーム

昨夜のパ・リーグ公式戦再開戦に残念ながら敗れたし、今日は若きエース平野よし君の先発試合でもありましたので何としても勝ち星が欲しいところでした。

ところが、券売時間が見合わされたかと思うとすぐさま雨天中止のアナウンス・・・。

今日は昨日以上にかなりの数の入場列が伸びていましたのに、選手達の姿はもとより美しい天然芝さえ目にすることも叶わず、無情にも球場に背を向けざるを得なくなりました。

キヨ抹消、という非常事態という事情もありましたので、チームにとっては喜ばしい?ことだったのかも知れませんが。(これくらいでも無理やり試合したことも、ついこの間ありましたよね?)

中には遠く北海道から(さる吉さま!お写真、ありがとうございました!)、或いは夜勤明けなのに2日も続けて来られた方などもいらっしゃいましたので、本当に残念でした。

私は、多くの方が恐らくそうであったように、折角神戸まで来たのだからといつも観戦をご一緒している方々と三宮のカラオケ店へ直行(爆)

パ・リーグ縛り」や、カラオケ要らずの「一~九&チャンステーマ祭り(コールはもちろん光尊で!)」さらにはチーム改革についての激論などで大いに盛り上がり、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。

雨天中止のストレスを発散させて清清しい気分のまま家路につきました。

あまり関係ありませんが、BW近鉄の時の背景が以前は選手達出演の名場面集であったのに、汎用の「青春ドラマ」に変わっていたのがとてもとても残念でした・・・。

ここだけでしょうか?ちなみに、ジャン○ラでしたが。


昨日は今日と違って、日中はほとんど真夏のような暑さでした。

私はいてもたってもいられず、フィールドシート練習見学会から参加しました。

てんてん。さまご夫妻と外野自由席さまとご一緒させていただきました。お世話になりました)

その時の写真を幾つかご紹介して、今日もブログの行数を埋めたいと思います(笑)


真っ先に、いつもそうなのですが、まず入場してあの方のお姿を探します、抹消されていないか不安だった頃のクセで

でも、私くらいになりますと探さずともオーラでわかるのですがね(笑)

今日も私のためにすぐ近くのバント練習ブースにおわしました

060625-01.jpg

バッティングは終わっていたようで、その後は走塁、ショートでの守備へと移ります。

もちろん見せてくれました、魔送球。突然ケタタマシク鳴る係員の笛がその合図でした。怪我人はナシ。 さすがでしょ?(笑)

私達の目の前でキャッチボールをするのは栄二様

060625-02.jpg

いつ拝見しても、プレーもお姿も「男前」ですね。セカンド守備練習は、特にうっとりします。

本来ならば今日7勝目をゲットするはずだった平野よし君が、引き揚げてきました。

060625-03.jpg

掛けられる声は、来る度に大きくなってきていますね。やはり、実力と人気は比例するのは勝負の世界の常ということを思い知らされます。

オールスター投票締め切り前最後の今日のピッチングは、Bsファン意外にも興味を集めていたと思います。

昨日勝利した八木君との新人王争いの一騎打ちは、シーズン終盤まで我々を楽しませて欲しいものです。

そして、この日唯一サインに応じて下さった選手は、このお方

060625-04.jpg

汗をポタポタと滴らせながら、約30分近く掛けて希望者全員(!)にサインをしてくださいました。

何人かの方のサイン色紙には、実際吉井組長汗のおまけ付きでした。これはこれで貴重ですね~。

最後にこのショットを。

060625-05.jpg

松坂世代の同級生3人の会話・・・・・

選手Aオレは何も悪いことやっちゃいねーって!早くここから出しやがれ~!

選手B反省が足りんやっちゃなー。「絵里花」へ連れて行ってやらへんぞ!

選手C座席と同じぐらい反射してる・・・ま、眩しいな・・・

※ 写真と本文には特に関係はございません。
※ 選手名は個人情報に配慮して伏字としております。

練習を見ていて、2名の選手の姿見当たらないことに気が付きました。

替りに、一昨日までファームであったガルちゃんの姿が久々に見られました。

中村監督様によると「破壊力のあるガルちゃんを「超攻撃的オーダー」で2番に組み入れるための昇格でした。

この後の試合では2番スタメンではなく、途中のチャンスで代打での登場でした。

しかし、そこでは1塁ゴロ併殺打・・・。「破壊」したのは味方の最後のチャンス、でした・・・。

昼間のゲームではマッキーと迎君が調整のために、あじさいのサーパス戦に出場との情報を聞きました。

その後1軍の試合が始まりました。

060625-07.jpg

迎君は戻りましたが、マッキー戻りませんでした・・・・・。

皮肉にも、ファーストも守れるマッキー抹消したとたん、昨日の負傷でキヨまでも抹消となってしまいました。


内野手受難が続きますねぇ。


そして、キヨだけが抹消と思っていたら、ついでに昨日ブルペンに入っていた岸田君まで同時に抹消となり、驚きました。

060625-08.jpg

吉井組長との入れ替えの兼ね合いでしょうね・・・。また這い上がってくることを期待したいです。


昨日ようやく念願が叶って写真に収めることができました・・・・・。

060625-06.jpg

今のチームの現状を見て、何を思われるでしょうか・・・・・。

奇しくも今日、雨天中止となった代わりのプロ野球中継は、イチロー君BW最後のユニホームとなった2000年10月13日のBW対西武戦(グリーンスタジアム神戸)が放映されていました。

もちろん、仰木さんの「背番号72」のお元気な姿も拝見できました。

そしてその日私は、バックネット裏のエグゼクティブ・シートでその場におりました・・・。

もう6年も前になるのですねー。


明日は移動日でお休みです。明後日からは福岡ソフトバンクホークスとの敵地での2連戦です。

交流戦前には3勝2敗1分けで勝ち越していました。信じられませんが

一言が余計でした(笑)

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月24日 対北海道日本ハム戦7回戦(スカイマークS)

結果はともかくとして、頑張りました!


相川良太です!


一時は同点に追い付く第4号の2ランホームランを、今季初めてホームで、レフトスタンドへ叩き込んでくれました!



 Bs 3 - 4 Fs



足踏みしながらも着実にブレイクへと歩を進めていますね!

060624-03.jpg

本当に嬉しいホームランでした。

060624-04.jpg

060624-05.jpg

やはり、使わないと活躍できません。それは、外国人だけでなく若手でも同じことですよね!

そして、1番・斬り込み隊長として抜擢された漢・塩Zは、チーム唯一の3安打猛打賞。チャンスメーカーとして、孤軍奮闘でした!
060624-07.jpg

060624-06.jpg

6月はもうすぐ終わります。同じ6月のカレンダーコンビ栄二様は、今日は3三振と精彩を欠いてしまいましたが、その分まで頑張ってくれていますね。

7月になっても、期待しております!

忘れておりましたが、今日先制のタイムリーを放ったのは、意外にも(失礼!)ノリちゃんでした!

060624-01.jpg

これが毎試合といわず2試合に1回でも出れば、まだまだチームの盛り返しは可能です!

最後に、9回2アウトから逆転の望みを繋ぐ、意地の2ベースヒットを打ったのはこの方・・・

060624-08.jpg

応援団からのコールは「根性見せろ!北川!」でしたが、私は大声で叫ぶことは出来ませんでした

すでに根性は見せてもらっていると感じたからです・・・。

キヨがまた古傷を痛めたそうですね。

これで益々キタガーにかかる負担は増大です。といっても、今でもそうであることは間違いありませんが。

それでも、ファーストを守れるマッキー抹消(上がったのはガルちゃん)したとたんにコレです。本当にツキに見放されているかのようアクシデントですね・・・。

それにしても2番で起用した村松様3つの犠打を決めましたが、ほぼチームトップクラスの高打率の打者に悉く送らせて、打率の低い人に期待する作戦ってどうなんでしょうか・・・。

ここまできたらキタガーとともに、村松様と良太、塩Zという打率の高い人が主軸を打つ方が、却って得点力がアップすると思うのは、素人の考えでしょうかねぇ。

これでファイターズには今季1勝6敗という結果となりました。

今日は平野よし君です!チームは前回、「日曜日の悪夢」を払拭したところですので、明日はチームと私たちに明るさを取り戻させてくれる活躍を期待したいと思います!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月23日 公式戦再開前夜!明日2度目の開幕!

いよいよ明日、06年度パシフック・リーグ公式戦が再開です。

といっても、一斉にというわけではなく福岡ではホークスとイーグルスが一足先に第2の開幕を迎えております。

見慣れたユニフォーム同士の見慣れた対戦ではありますが、交流戦がとても長く感じたからでしょうか?

物凄く新鮮に見えます。

前半戦は、エース・和巳さんと新外国人投手のぐりんさんとの投げ合い。しかも投手戦ですね・・・。

そう入力しようとしたら、今日は4番のパナマウンガーさんにホームランが飛び出しました。

おお!元BW戦士・帰ってきた牧野がパ・リーグのマウンドへ!お帰りなさい!

そして大村さんに挨拶代わりの2ランを被弾!

・・・・・。

待ちきれませんね!遠足を明日に控えた小学校時代を思い出します・・・。

天気も何とか持ってくれそうですしね。

早く明日が来て欲しいです!


予告先発投手も発表されました。これも久し振りで懐かしいですね(笑)


対北海道日本ハムファイターズ7回戦の予告先発ピッチャーは

Bs川越選手会長@目指せ6勝目
060623-1.jpg


Fs:八木君@新人王候補
060623-2.jpg


さらに、予告先発オーダーも発表されました(笑)

オリ攻撃型オーダー、ガルシア2番プラン


オリックス中村監督ガルシア2番プランも明かした。交流戦の1試合平均得点が12球団ワーストの3・1に終わった貧打を反省。相手投手との兼ね合いもあるが、あす24日の日本ハム戦にも超攻撃型オーダーを組む考えだ。「3点じゃ話にならない。最低4、5点取るためにも破壊力のあるガルシアに前を打たせたい」。具体的打順として1番は谷か村松で、3番北川、4番清原、5番中村、6番グラボースキーの並びを挙げた


確約」したり「明かす」ことが大好きな、中村監督様です。

交流戦での貧打を反省して、このオーダーですか・・・。

どこか、目新しいですか?

「3点じゃ話にならない」ので、「破壊力のある」ガルちゃんを2番。

去年ならまだしも、今年のガルちゃんにそれ程の「破壊力」があるとは、残念ながらあんまり思えないのですが、それでは余りにもアレですので言うのは控えます(笑)。

4・5点といわず、6点ソロ・ホームラン6本として計算しました)を是非とってほしいですね!


足はないけど、夢はありますね!


ただ、アレだけ毎日オーダーが変わっていたので、もしかしたら過去に1回くらいこのオーダーでいったことがあったような気もします(笑)

まあ、Bsファンの誰も驚きはしないでしょう。むしろ、その「超攻撃型」というがつくことの方が驚きが大きいと思われます・・・。

余談ですが、イーグルス戦ではカツノリさんがスタメンでも問題なしでしょう(笑)

明日はサウスポーの八木君が先発なので、恐らくオーダーはこうなるのでしょうか・・・。

1 LF よしくん
2 CF ガルちゃん
3 1B キタガー
4 DH キヨ
5 3B ノリ
6 RF ジェイソン
7 2B 塩Z
8 SS 光尊様
9   フミヒロ
P P  川越会長

これなら松山コーチ右腕は、それほど回さなくても済むかもしれませんね・・・・・。

あっ、こういうことか(笑)。


明日は花火ナイトです。

第2の開幕戦の、文字通り夜空に華を添えてくれそうですね。

そして明後日はデーゲーム。

これが終われば、次のデーゲームは9月までありません。丁度良い具合に曇ってくれそうですね、でも雨だけは勘弁してください(笑)

テルテル坊主は既にセット完了・・・。

嗚呼、今夜は眠れるでしょうか・・・

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月22日 公式戦再開まであと2日!

突然ですが、天気予報が喜ばしい方向へと変わりましたね!

スカイマークスタジアムの天気

24日の土曜日は「曇り

25日の日曜日は「曇時々雨

何とか試合が見られるといいですね~。明日は特に「日頃の行い」を意識して過ごそうと思います(笑)


その日の対戦相手であるファイターズ絡みで、気になるニュースを見つけました。

日本ハム・ダルビッシュが清原に謝罪へ

清原さん、申し訳ありませんでした-。日本ハムのダルビッシュ有投手(19)が24日からのオリックス戦を前に、清原に謝罪することを明らかにした。・・・・・
・・・・・清原はダルビッシュにとって大きな存在だった。昨年、不祥事で謹慎処分になった時も高田GMを通じてメッセージをもらった。バッシングが続く中で受け取ったあこがれの人の言葉に感動した。パ・リーグに移籍が決まり「清原さんと戦いたい」と対戦を熱望していた。その相手の初の打席での死球罪悪感から一時はユニホームを脱ぐことを考えたほどだった右肩痛、清原ショックと苦しんできたシーズンをもう1度、リセットするため、男らしく頭を下げる。


それほど思い詰めていたとは、考え及びませんでした・・・

罪悪感から一時はユニフォームを脱ぐことを考えたほどだった」・・・

その翌日、例の「今度ぶつけられたら、相手が誰であってもマウンドへ行って、そいつを倒す!」宣言があったのですね。それで、だるびしゅさんも相当責任を感じてしまったのでしょうね・・・。

私は、もちろんとっくに許してますし、キヨも必ず許してくれると思います。

実は私、ダルビッシュさんのファンです。というか、最近ファンになりました。

20060622223225.jpg


スカイマークの「ライト」の子供達に30分程、にこやかにサインをしてくれました。

こういうシーンを見ただけで、私は単純なので「エエとこあるやん!」になってしまいました(笑)



これ以上種類が増えなかったスケジュール」ですが、では「大西バージョン」があるとか、ないとか・・・。

060622(8).jpg

しかし、先日の大阪ドームで「後半戦バージョン」をゲットしてきました。

060622.jpg

20060622225020.jpg

20060622225055.jpg

20060622225122.jpg

20060622225153.jpg

幾つかの目新しいサービスが増えていますね。ビール派には「ビア・ナイト」は嬉しいでしょう。

真面目に見ると、スケジュール的には8月8日に先の雨天中止分(西武戦・スカイ)が追加されているのは要チェックですね。

しかし最も気になるのは、このスケジュールにも沢山のバージョンがあるのか?ということに尽きます(笑)


最後に、こんなキャンペーンを知っていましたか?

20060622225535.jpg

コンビニでお弁当を買って貰えるシールをはがきに貼って、応募するものです。

でも送ったことすら、忘れておりました・・・。

そして今日、家に帰ると・・・・

20060622225729.jpg



当たってました!!


間違いなくついていますよね!この勢いで、明後日からの公式戦に突入したいです!(何とかジャンボが当たらなかった理由がようやくわかりました)

いよいよ、再開まであと2日です・・・。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月21日 公式戦再開まであと3日

毎日毎日、梅雨とは思えない良い天気が続いていますね~。

しかも連日暑いです・・・。

私の職場では、ようやく今日からクーラーが稼動しました。

でも、いよいよ天気予報の雨マークの足音が近付いてきましたねぇ。


今日はネット上のこのニュースから・・・

オリックス・北川が右肩の精密検査へ

・・・・・もしも手術ということなら、オフにする形にしてほしい。言葉は悪いが、それまでけがの痛みとうまく付き合ってやってほしい」と中村監督。状態を憂慮しつつも、交流戦打率.302と中軸で最も安定感のある野手を外せないというのが本音だ。・・・・・

オリックス北川が再検査、戦線離脱も

・・・・・診断結果はかつて阪神浜中治外野手(27)も負傷した時と同じ「右肩関節唇損傷」の重症だった。今後について井筒チーフトレーナーは「休むのが普通だけど、誤魔化しながらやっていくことになる」と説明。ただし手術については「今のところはないが、その可能性はある」とし、症状が悪化すればシーズン中に戦線離脱することも示唆した。

うーーーーん

何ともいたたまれない気持ちになりました・・・。

選手生命に関わる怪我をしている選手の「選手生命」のことを何だと思っているのでしょうか。

君は、なくてはならない存在なんだ!

そういう気持ちから出た言葉だとは信じておりますが・・・。


ここで書こうかどうか迷っていたのですが、書くことにします。

先日の大阪ドームの阪神戦最終戦での大活躍により、本やんとともにその日のヒーローとなったのがキタガーでした。

お立ち台でのヒーロー・インタビューが終わった後、ファンへの挨拶とサインボールの投げ入れのために2人は私たちの待つライトスタンドに近付いて来ました・・・。

ここで忘れてはいけないことは、その日が阪神戦であったということです。

ホームとはいえ、外野下段にはほぼ阪神ファンが埋まっておりましたので、その時には殆ど人がいない状態だったと思います。

応援団とともにBsファンは、私も含めて上段の一部に固まっておりました・・・・・。

本やんは、当たり前ですが流石に投手です。サインボールを私たちBsファンが待つ外野上段席投げ入れてくれました。

ふとその横を見ればキタガーが、ボールを投げ入れようと大きくモーションを起こしますが、何故かいつもと様子が違います・・・・・。


ぎこちない投球フォームで、

左腕で投げました。



もちろん下段の高いフェンスにも届きませんでした・・・。

跳ね返ってきたボールを、仕方なく右腕に持ち替えて、下から上にアンダーハンドでトスをするように投げました。上段にはもちろん届きません・・・。

上手い具合に下段にもファンがいたのでしょう。申し訳なさげに、下段スタンドへ届かせるのが精一杯でした。

この様子を見て、キタガーの肩が相当悪いことを改めて実感しました。

また、そんな状態の中で頑張ってくれていることに、頭が下がりました

060621-a.jpg

これまでも、毎日痛み止めの薬を手放せない状況の中でのプレーだったと聞きます。

私は中村監督様とは反対に、治療に専念して欲しいというのが本音です。

今この無理が祟って、本当に選手生命が短くなってしまうことの方が耐えられません

何とかならないものでしょうかね・・・・・。


ふと、あの歌が脳裏をかすめました・・・・。

どうしても、何が何でも、笑顔でいてほしい~♪

何が何でも、というのはダメだと思います。

笑顔でいられない、いたくないときも、人それぞれあるんですからねー。


戦力的に欠かせないだけでなく、営業的にも今チームを離れられると痛いようです・・・。

オリックス北川あんぱん大阪Dでも発売

オリックスは7月9日のロッテ戦から、北川博敏内野手(34)にちなんだ「きたがわ びっクリあんぱん」を大阪ドームでも販売する。当初はスカイマーク限定で16日阪神戦、19日巨人戦で販売したところ、連日300個を完売する売れ行きを見せたため。

食べたいのはヤマヤマですが、タイミングが悪いですねぇ。


でも、キタガーの手術が避けられない場合には次の手を考えておられます・・・。

オリックス岡田ウエスタン4号!昇格も

・・・・・打率は2割台前半ながら持ち前の長打力を伸ばしている。同じ一塁手で、右肩関節唇を痛めている北川が21日に精密検査を受けることから、中村監督は「最悪、シーズン中の手術が避けられないと診断されれば、(代役に)岡田が上がってくる」と話した。

まず、一言。キタガーが手術することは「最悪」なのですか!?

また、岡田君が1軍で見られるのはとても嬉しいですが、岡田君を1軍で見るためにはキタガーの症状悪化を願わざるを得ないのでしょうか・・・。

何だか悲しいです。

いろいろと思ったことを書いてしまいましたが、球場に行ってキタガーの姿を見つけると・・・

きっといつもと変わらぬ笑顔なのでしょうね・・・。

060621-b.jpg


もう遅いのは充分わかっています。でもこれ以上絶対に無理しないで下さい!

私たちは、彼の活躍そして怪我がこれ以上酷くならないことを心から願うことしか、これからも出来ません・・・・・。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月20日 公式戦再開まであと4日

交流戦の優勝の行方には興味はありませんが、一応チェックはしておりました(笑)。

今日はBsの試合が無いので、「純パ・モード」の私です。

甲子園では交流戦連覇を決めているマリーンズが、一昨日Bsが勝ちを収めた阪神に完封負け

ケビン投げてましたね~。

で、神宮の東京ヤクルトがファイターズに勝てば、同率優勝となるところでした。

が、ここはファイターズが元BW戦士・セギーの、これまた元BW戦士の木田似顔絵画伯から8回に放った逆転3ランホームランが効いてスワローズの夢を砕きました

投手陣も7人による小刻みな継投で強打スワローズ打線を2点に抑えました。

見事に盟友、マリーンズの単独優勝をアシストしてくれました。

広島ではライオンズの涌井くんと銀仁朗くんの「10代バッテリー」が明後日20歳の誕生日を迎える涌井くんの、10代最後の思い出を作りました。

あの大エース黒田さんとの投げ合いを堂々と制し、2対1で完投勝利を飾りました。

昨年は高卒ルーキーとして1勝しか挙げられなかった涌井くんは、これで8勝目ですね。

そして仙台では、東北楽天が遂に念願の今季初の3連勝を、昨日Bsも勝った讀賣相手に一場さんの完投勝利で飾りました!

イーグルスは、6月だけの勝率は12球団トップらしいですね。

マリーンズは今日は負けましたが、単独で2年連続交流戦優勝を飾りました。

やっぱ、パ・リーグ優勝できたことは嬉しいですね・・・。


さあ、頭をそろそろ切り換えましょう。土曜日からはまた、盟友達との壮絶な戦いが始まりますね。

4日間をかけて頭をペナント・モードに戻さなければなりません。


チームの皆様方の中には、既に動き始めている方もいます。


オリ中村監督、オバ様登板の2軍戦視察へ

オリックス中村勝広監督(57)が21日、ウェス・オバミュラー投手(29)が登板予定のウエスタンリーグ・サーパスvsソフトバンク戦(北神戸)を視察する。同投手はファーム調整中で、内容次第では中継ぎとしての登用を検討する。

内容が悪ければ、1軍の先発でなく1軍の中継ぎとして使いたい・・・。と言うことですよね?2軍でダメだったら1軍で中継ぎ・・・。これって自然な流れですかね?

普通、2軍で中継ぎでしょ

根本的に、球速とコントロールに光るものが感じられないので、緊迫した状況でのリリーフは却って恐い気もしますが・・・。

もちろん敗戦処理なら今でも安心して任せることはできます(笑)

でもサーフが緊急帰国した今、危機感という点ではどうなのでしょうかね~。


オリックス・ガルシアが2軍戦で復調兆し

オリックスのカリーム・ガルシア外野手(30)が20日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(北神戸)にスタメン出場し、適時打を放った。背筋痛で9日に2軍落ちしたが、この日から実戦に復帰し3打数1安打で1打点。「監督にいつ呼ばれてもいいように(1軍への)準備は出来ている」と復調をアピールした。中村監督は21日の同戦を視察する予定で「ガルシアは明日見てみます」と視察の結果次第で昇格を検討する。・・・・・

(ジェイソンについて)
新大砲と期待されながら攻守ともに期待を裏切り、開幕は2軍スタート。ブランボーの不振で4月18日に初昇格したが、12打数無安打で、4月末に2軍に逆戻りした。6月上旬の再昇格も、ガルシアの故障離脱というネガティブな理由。緊急補強の可能性もにじませて編成担当が渡米するなど、逆風が吹いていた。だが戻ってきたグラボースキーは、変身していた
。・・・・・


昨日のデビちゃんのヒーローインタビューでは「もっと外国人野手にもチャンスをあげてほしい・・・」というようなニュアンスのことを聞きました・・・。

ちょっとサプライズでしたね。

私の感覚では、ブランボーにもジェイソンにも、いつまでチャンスをあげるつもりなんだ!という感じでしたから、あれで少ないと思われているとは青天の霹靂でした。

ものの見方というものは、今更ながらいろんな角度で見る必要があるんだなーと妙に納得してしまいました・・・。

そんなことを考えていると、もしやデビちゃんは、日本人野手でチャンスをもらい続け過ぎている誰かのことを暗に批判しているのかな?なんて詮索してしまいました・・・。

でも、そんなことはありません。その対象者は、先ごろ今季初めて、1試合だけスタメンを外れました。1試合だけじゃ、少ないですか?(爆)

今日のサーパス戦は、超豪華なラインナップだったようですね。

投手陣は、先発・吉井組長、2番手・ハギー、3番手・マエカー、4番手・香っちゃん、5番手・高木君、6番手・ユウキ でした。

打線も魅力的です・・・。

1番・ぐっち、2番・大輔@ハヤカーの俊足コンビ。3番はブランボー、4番はガルちゃん、5番はマッキー でした。

そして、6番・田中君、7番・一輝、8番・岡田@GOZIRA、9番・ゴンゾー君 と続きます。


このまま1軍でも、何も違和感は感じないでしょうね(笑)


層が厚いということで。


試合は5対2でサーパスの勝利です!秘かに連敗を4でストップしました・・・。

(期待のGOZIRA岡田君は、ホームランも放っています)

あれ?1軍とよく似た戦い振りですね・・・。

いや、全然違うって??

サーパスは、現在ウエスタン・リーグ首位ですよ・・・・・。


恐れ入りました(爆)


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月19日 対讀賣・交流戦第6回・最終戦(スカイマークS)

Bsの今シーズンの交流戦が全て終わりました。

結果はご存知のとおり・・・。今年を振り返ると一言、辛かったですね・・・。

でも、昨日の阪神戦最終戦に続き今日も讀賣戦最終戦に勝利し、連勝で締めくくることが出来ました。

終わり良ければ全て良し!

私は試合終了と同時に、昨日に続いてこの同じ言葉を更に力強く繰り返しました。

8回を0封で勝利に貢献した先発デビちゃんと、勝負を決めた豪快な3ランホームランのジェイソン。今シーズン初めて、投打の両外国人選手が揃ってのお立ち台

キヨも今季、最初で最後となる古巣・讀賣戦でのヒットを記録することも出来ました。

心の中での区切りをつけて、再開されるパ・リーグ公式戦の「2度目の開幕」を楽しみに迎えましょう!



    Bs ④ - 2 G



交流戦最後の試合を締めくくる先発ピッチャーは、順番どおりデビちゃんでした。

今日もヒットは許しても得点は与えない、いつものデビちゃんのピッチングが冴え渡ります

060619-01.jpg

讀賣打線は小久保さん、ヨシノブさんに加えて慎之助さんまでが抹消。

打線の迫力不足はどうしても否めません。見た目ほど迫力がないBsとどっこい、どっこいかも知れません(笑)。

中でも1・3・5の奇数回のピンチを3度も併殺で切り抜けられたのが特に大きかったですね。

最もタイトだったのは6回でした。2アウトから連打で1・2塁。ここで二岡さんをこの日最速の149kmのストレートで空振り三振に討ち取りました。

尚も8回はヒット、空振り三振、四球で1アウト1・2塁でしたが、元マリーンズの小坂さんのライナー性の当たりを今日もスタメン・ショートの光尊様がダイレクトでキャッチ!!そして再び二岡さんをセンターフライに討ち取りました。

結局、8回を投げて 被安打6 与四球3 奪三振5 失点0で交替となりました。

060619-07.jpg

どうあっても完投はさせないのですね。交流戦最終戦の完封勝利を秘かに期待していたのですがね・・・。


ここで打線に目を移しましょう。

まずは恒例の初回の拙攻です(笑)。

1番のよしくんはサードへの強いあたりでしたが、元Fsの古城さんのファインプレーに阻まれ1アウト。

2番・村松様は四球で出塁。

ここで、昨日のヒーローの一人、3番・キタガーは、ライト前にヒット!

1アウト1・2塁とします。

ところが4番・キヨと5番・ノりは、仲良く空振りの三振・・・。

2年振りの先発のマウンドで緊張があったのでしょう。讀賣先発の元新人王の木佐貫さん。立ち上がりはハッキリとボール先行で苦しんでいましたが、これで落ち着き、好投を見せ始めました

3回まではヒット2本に押さえられてしまいます・・・。

ところが4回。先頭の4番・キヨセンター前へ運ばれます。

060619-02.jpg

5番・ノりは、惜しい当たりでしたがレフトフライ。6番・光尊様は空振りの三振に倒れ、早くもランナーはそのままで2アウト・・・。

ここで7番・塩Zが高く弾むサードゴロ(内野安打)を放つと3塁手の古城さん、すかさず2塁へ送球!すわ、ゲッツーかいな!と思っていましたら送球が大きく逸れて(エラー)、2アウトながら1塁・3塁思わぬチャンスが転がり込んできました。

060619-03.jpg

塩Zは、今日は両チームを通じてただひとりの猛打賞を記録しました!

ここで前回の讀賣戦では豪快な来日初ホームランを飛ばし、相性がいいかもしれないとの理由でスタメンの8番・ジェイソンが打席に立ちました。

060619-04.jpg

気落ちしたのか、木佐貫さん・・・。初球でした・・・。

自慢の一振りでシバキ返された打球は、バックスクリーンに向かって右手のブロックへまたもやライナーで飛び込む第2号・3ランホームランでした!!

060619-05.jpg

先制点が、一気に3点も!

デビちゃんへの大きな援護射撃となりました。

それにしてもジェイソンは、来日以来の全てのヒット、ホームランは讀賣戦で記録しています。

次のホームランは来年ですか?

もしかしたら、複数のセ球団から欲しがられるかも知れませんよ!

更にラッキーセブンの攻撃では、木佐貫さんを継いで5回からマウンドに上がり、まずまずのピッチングを続けていた真田さんから、先頭の村松様が・・・。

060619-06.jpg

ライトスタンドの最前列に飛び込む第3号ソロ・ホームンランで1点を追加しました。

得点はこれで4対0になりました・・・。


勝利まで後1回。9回のマウンドには、菊様が上ります。元マリーンズのすんさんへのワンポイントだったのでしょう。

060619-08.jpg

ところが、すんさんにセンター前ヒットを浴びてしまいます・・・。

しかし、ここからは復活した守護神大久保様の出番です。

簡単に2アウトを取ります。あと一人です!!

ところが、ここから讀賣の「パ・リーグアワー」が始まりました。

代打の元ライオンズ選手会長の小関さん、元Fsの古城さんに連続してセンター前に弾き返されて満塁に・・・。

ここで元Fs&カープの木村拓也さんが、楽天戦での決勝エラーの汚名挽回とばかり、これもセンター前へ運ぶ2点タイムリーを浴びてしまいます・・・。

大久保様3連打で2失点

060619-09.jpg

でも、明日から暫くゲームはありません。「日にち薬」で、パ・リーグ公式戦再開後にはまた、完璧なピッチングを何度も見せてくれるでしょうことでしょう。

060619-10.jpg

今日は、讀賣で最後の働き場所を見つけた元パシフィックの侍たちへエールを送ったということで、この件は私の中では完結です(笑)

最後は大輔がマウンドへ。

たった1球を投げただけで、鈴木さんをサードゴロに討ち取り3つ目のセーブが手に入りました。

060619-11.jpg

試合は4対2で昨日に続いて連勝です。

先週の月曜日から続いた「死の8連戦」でしたが、終わってみれば4勝4敗でした。

始まる前は3連敗中でしたので、まさか五分で終わることが出来るとは正直思っていませんでした・・・。

これで今年の交流戦は終わりました。

いろいろとあった交流戦でしたが、嬉しかったことも辛かったことも、全てひっくるめて楽しい思い出になりました。

昨日、今日の連勝のお蔭です(爆)

060619-13.jpg


明日からは土曜日までの4日間はパ・リーグ公式戦「2度目の開幕」に向けて英気を養いたいと思います。

この4日間は、ウチよりも今日イーグルスに敗れて交流戦初優勝が露と消えたスワローズのファンこそが、最も辛い毎日を過ごすことになると思います・・・。

060619-12.jpg

何か昨日と今日の連勝で、まるで交流戦に優勝した気分で過ごすことができますねぇ(笑)

終わり良ければ全て良し、ですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月18日 対阪神・交流戦第6回・最終戦(大阪D)

全てのBsファンに捧げます。

終わり良ければ全て良し!

060618-a.jpg

今年、とても苦手なものが3つ

一つ 日曜日。

一つ サウスポー。

一つ 阪神・・・・・

3つとも克服しました。

更に大阪ドームの日曜日初勝利も飾りました!

・・・えっ!今ですか?

もちろん録画を見ながら、祝杯をあげております(笑)



    Bs ⑤ - 1 T



Bsの先発は、今シーズン2度目の先発となる本やんでした。

前回の先発は横浜・最終戦でした。負け投手にはなりましたが・・・

結局5回と2/3を投げてマウンドを下りました。

被安打3 与四球1 奪三振6 失点(被本塁打


このピッチング内容が認められて、今日の2度目の先発が実現したのでした。

20060619093808.jpg

そしてその女房役として、今シーズン初めて先発のマスクを被ったのはフミヒロでした。
20060619093916.jpg

今日は、2人とも心に期するものがあったのでしょう。ともに今シーズンは1軍と2軍を行ったりきたりの生活。

本やんには、数年前にはBW炎のストッパーそして小さなエースの両方ともで称される大車輪の活躍がありましたが、その後は怪我にも泣かされて鳴かず飛ばず・・・。

Bsでのここまでは、1軍でもさほど重要でない場面のリリーフが主な仕事でした。

フミヒロにも、国を背負って立ったことがあるというプライドがあります。

巷では、どいつもこいつも「ドイツ、ドイツ」ですが(笑)、フミヒロといえば・・・

言わずと知れた「シドニー」ですね。

しかし、Qちゃんとヤワラちゃんが金メダルを取って日本中を湧かせたのは、いつのオリンピックでしたっけ?・・・「今は昔」の寂寥感・・・。

最近は、1軍に昇格しても試合にはほとんど出場する機会もないまま10日置きに1軍登録と抹消を繰り返し、昨日ブランボーに替わってひっそりと登録されたばかりでした。

心無いファンからは、「何しに上がってきたんだ」などという本人の責任とは何の関係もない形で批判まで受ける始末・・・。すみません

復活を虎視眈々と伺う2人が、今季初めてバッテリーを組み、今季1勝も挙げられないで最終戦を迎えた阪神戦に挑みました。


立ち上がりから2人の息はピタリ。飛ばしに飛ばします。

2回まで、打者6人に対して4者連続を含む奪三振何と5つ!

4者とは、3番から6番です。

これ以上ない立ち上がりを見せてくれました。


しかし、本やんにとって今日の味方打線初回の攻撃は、前回の横浜戦と同じ悪夢が待っていました・・・。

横浜戦では3安打0点今日も2安打1四球、1アウト満塁のチャンスで1点も取れませんでした。

反対に、横浜戦同様に本やんは3回にこの日の初被安打を、伏兵のベテラン矢野さんのソロホームランという形で先制点を許してしまいます・・・。

流れが阪神行っても何の不思議もない状況になりつつありました。

しかし、いつもならこの時点で今日の負けはほぼ確定、というところですが、今日は交流戦最後の阪神戦。阪神戦での勝利に、皆飢えておりました。ファンは全く諦めませんでした!

その気持ちがナインに伝わったのでしょう。

5回の攻撃、先頭の9番・フミヒロ今季初安打となるセンター前ヒットを皮切りに、打者一巡の猛攻が生まれました!!

20060619095358.jpg

1番・塩Zは、しっかりと送って1アウト2塁に。ここで2番の村松様にレフトへ同点のタイムリーヒットが生まれます!

20060619095517.jpg

更に、同点に追い付いただけでなく、続いて今日はノりと入れ替わった3番のキタガーもレフト前へライナーで落とす逆転のタイムリー2ベース・ヒット!!立派に父の仕事っ!!

20060619095707.jpg

更に4番キヨにも久し振りにレフト前にヒットが飛び出し、今季初の5番に入ったノりの当たりは痛烈なサード・ゴロ。これを元・Fsの片岡さんが大きく弾いて記録はエラー)、1点を追加します。

(今岡さんだったらゲッツーでチェンジ、とかは一言多いので黙っておいて下さい!)

得点は3対1になりました。

6番・ジェイソンはショートフライに倒れて2アウト

続く7番は、先ほどの打席でヒットを放っている良太の打席でしたが、ここで中村監督様代打によしくんを起用・・・。

ライトスタンド上段席からは一斉に、「エーーーーーッ!」という悲鳴が轟きました・・・。

流石の私でさえ、この代打策には首を捻らざるを得ませんでした・・・。

よしくん苦手な(笑)、チャンスで、しかもランナーがいる場面でしたので尚更です。

ただ、2アウトでしたので得意の(涙)ゲッツーがないことだけが心の拠所でした。

思い切った「代打策」のシナリオが、結果如何では「大駄作」になり得る場面でした。

しかし、ここでよしくんが我々の目の前に提示してくれた答えは・・・

20060619100559.jpg

よしくんヒット」とも言うべき(良い方の)、火の出るような流し打ちのライト前ヒットでした!

今シーズンの大阪ドーム最高の35,904人の超満員の観客(これも、えー!?席結構空いてたよとかはナシで・汗)の目の前で、「エーーーーッ!」を数分後に「おおーーーーーっ!」に変えてしまいました。

よしくんも佳亮ちゃんのパパですからね!立派な父の日の仕事でした!

2アウトではありますが、チャンスがどんどん繋がりました。

今日の光尊様は8番でした。8番とは、下位打線で言えば4番打者(ホントか?)。

周囲の不安をよそに2日連続のスタメン・ショートに抜擢して下さった言わばチームの父中村監督様の期待に、中村チルドレン絶句)としては何としても応えなければなりません。

ここで光尊様の打球は当たり損ねのような当たり・・・。ボテボテと転がりながら、ピッチャーの脇を抜け、二遊間をも抜けるヒットになりました。

ダメダメに見えた当たりでしたが、ダメ押しともいえる、2点タイムリーヒットになりました!

20060619101320.jpg


得点は5対1になりました。

そして9番・フミヒロに、このイニング2度目の打席が廻ってきました。

20060619101752.jpg

フミヒロヒットから始まったこの回の怒涛の攻撃は、同じくフミヒロによる豪快な空振り三振で幕を閉じました・・・。

いつもなら1点でも多く得点を!でしたが、今日は2点でKOではなくて、OKでした。

本やんの快投は続きます。

結局5回、2アウトで菊様にマウンドを譲るまで阪神打線に与えたヒットは3本のみ

今日はその頑張りが認められ、今季初の「お立ち台」へと誘われました。

結局5回と2/3を投げてマウンドを下りました。

20060619102300.jpg

被安打3 与四球1 奪三振6 失点(被本塁打


横浜戦でのピッチングとは失点が1違うだけで、後は全て同じ数字上記の横浜戦での成績を改めてご覧下さい)。かたや敗戦、かたや勝利

この差が「天国と地獄」との境界線になるのでしょうね・・・。

本やんからのリレーは、全国の疲れたBsファンお父様方へ贈るビッグなプレゼント!!

昨日は阪神の誇る「J・F・K」がその仕事を果たしましたが、今日はBsが誇る「K・K・O」が完璧な復活の狼煙を上げました。

20060619102404.jpg

いきなり2アウト1・2塁で金本さんとの元赤ヘル対決の場面でした。当時の中継ぎエース対4番でした。

Bsファンだけでなく、宮島さんの神主様も是非ご覧になりたかったことでしょう。

痺れる場面でした。しかし、結果は「をも断ち切る伝家の宝刀の切れ味鋭く空振りの三振!もちろん私たちは、菊様ににシビレました!

菊様は1回1/3を投げ、ノーヒット。4つのアウトのうち2つの三振を奪いました。

そして大輔です。

20060619102728.jpg

今日も豪快な投球でした。150km超えも連発・・・。1回を投げ、同じくノーヒット。3つのアウトのうち2つの三振を奪いました。

そして最後は「帰ってきた守護神大久保様が再登録後、初のマウンドへと降臨されました。

20060619102906.jpg

ミニ・キャンプの成果の発表会でした・・・。

今後のBsの順位変動の最も重要な鍵を握っているといっても過言ではない、大久保様の右腕。

心配は無用でした!

球速はMAX149kmまで達しました。昨年の最盛期の数字です!!

三振こそありませんでしたが、1軍登録抹消前は登板の度に必ず出したランナーも今日は無し

また、昨年は年間を通じて西武・和田さんに浴びた、たった1本の被ホームラン今年は既に5本・・・。これももちろん今日は無し

昨年を思い出しました。3人でピシャリ・・・。まさに虎を牛耳る快投乱麻のピッチングでした!

得点差が大きかった為セーブはつきませんでしたが、復活の足がかりは今日で充分感じることができましたね。お疲れ様でした!

20060619103416.jpg


ヒーローインタビューは、先発で勝利投手本やんと、逆転タイムリーを放ったキタガーでした。

20060619103627.jpg

本やんの久し振りなバカ丁寧謙虚な(笑)インタビューが懐かしかったですね。

20060619105646.jpg

後半戦でも、素晴らしいピッチングを期待しています!


最後に今日も裏のMVP愛しの光尊様のご活躍に触れない訳には参りません(笑)

今日は「攻・守・走」全てにおいて存在感を示されました。



上記でも触れさせていただいたとおり、ダメ押しとなる今日Bsただ一人の2打点を記録した、センター前2点タイムリーヒットを放たれました。



昨日に続き、今日もショートでスタメンでした。守備機会は全部で4回全てゴロでした。

ただし、俊足の赤星さんを一人で1日2回も。藤本さんとシーツさんは各1回。全てをアウトにすることができました

しかし、4回が4回とも「送球」はキタガーのファインプレーと言っても決して言い過ぎでないくらい、計ったようにギリギリ捕れる高い高い送球でした(爆)



2点タイムリーを放ったその時です。1塁からよしくんが3塁へと向かって走りましたが、タイミング的には微妙でした。

それを見た光尊様は、セカンドへ到達する直前にクルリと方向を変えて1塁に戻ります(笑)。

傍目には自分がセカンドに間に合わないから慌てて戻ったかという、2塁から1塁への全力疾走。またもや「神話」になりそうな場面でしたが、実は計算され尽くした「プロの技」だったのでした・・・。

自分が挟まれることでよしくんを3塁に進めることに成功し、翻弄された阪神内野陣のミスをも誘い、光尊様自身も1塁に生きました・・・。

(いや、よしくん光尊様助けるために3塁を飛び出して囮となった、でも同様にドラマは成り立つのですがね・笑)

ある意味、今日も光尊様祭りだったのかも知れません。どっちみち、私たち光尊様ファンにとれば今日もGJ!といふことには変わりはありますぇん!


話は突然変わりますが・・・・・

阪神ファンの忘れ物です。いや、置き土産ですかね。

20060619105405.jpg

20060619105450.jpg

武士にとっての刀は命。打者にとってのバットも、野手にとってのグラブも命。同様に、現地ファンにとってのメガホンも命・・・。

小さい頃から私は教わってきましたが、命は粗末にしてはいけませんね。何をか況や・・・・・。


長かった交流戦も、いよいよ明日でフィナーレを迎えます。

今日だけでなく明日も、「終わり良ければ全て良し!」で行きましょうか!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月17日 対阪神・交流戦第5回戦(大阪D)

たら」とか「れば」の出番すら、なかったのではないでしょうか?

今日もBsは、沢山の方々を幸せにしました・・・。

連続カード負け越しが3で止まりましたので、今日も観衆の大部分を占めた阪神ファンを。

1軍復帰2日目にして今季初ホームラン、そしてプロ入り初の2打席連続。初の1試合2発のりんさんを。

「オバちゃんとオク様の対決」を難なく制したオクスプリング投手を。

そして、このところ上手くいかなかったものの、今日は揃い踏みで勝利のリレーの「J・F・K」のお三方。

数え上げたら、キリがありません。

これで阪神戦は昨年から9連敗。もちろん今年はまだ1つも勝てていません・・・。

熱い戦いが期待された「関西対決2006」でしたが、私には全く熱さは感じられませんでした。

むしろ、寒いくらいでした・・・。

私たちを幸せにしてくれる日は、いつまで待てば来るのでしょうか・・・・・。



    Bs 1 - 5 T



060617-a.jpg

オバちゃん」と「オク様」との世紀の対決として幕を開けた今日の試合でした。

スーパーマーケットでお一人様3本までの128円のサラダ油が勝つか、イカリ・スーパーのエクストラバージン・オリーブオイルが勝つか、というくらい非常に興味をそそられる対決でした。

060617-b.jpg

ともに先頭バッターをヒットで出塁させたところは互角でしたが、それ以外は勝負になりませんでした

オバちゃん今日もピリッとしませんでした。

初回のピンチは何とか切り抜けたものの、早くも2回には藤本さんにタイムリーを浴びて先制を許します

4回には死球、ヒットときて、1軍復帰2日目でスタメンのチャンスをもらったりんさんにライトスタンドへライナーで飛び込む今シーズン初ホームランを喰らいます。

スリーラン・ホームランで、早くも失点は4・・・。

昨日に続いて、序盤に大量点を与えてしまいました。

結局1アウトを取り、左の藤本さんのところで交代しました。

060617-c.jpg

3回1/3を投げ、被安打5 与四死球3 奪三振2 失点4

今日も勝てませんでした・・・。

それに引き替え「オクさま」は、流石に気品のある投球。

6回に「J」へバトンを渡すまで被安打は僅かに3。与四球は3、奪三振は3、失点は1。

軍配の行方は、あえて書く必要もないでしょう。


オバちゃんは広島戦で好投・勝利投手になってからこれで4試合連続で先発失敗です。そろそろ見切られても仕方がなくなりました。

若手のピッチャー(例えば金子君、例えば岸田君)にチャンスをあげても良いのではないでしょうか?


オバちゃんがノックアウトされて、継投が始まりました。

2番手山省でした。無失点で繋ぎました。3番手ヨシカーの勝っちゃん。これまで登板機会と登板回数は少ないものの、失点は0でした・・・。

ところが、ここで再度りんさんに2打席連続となる手痛いホームランを浴びて、初失点。得点は5対0になりました・・・。

最後の2イニングスを託されたのは、金子君でした。

060617-d.jpg

いきなり最初のバッターは、りんさんでした!ここまで2打席連続ホームランを放っています!

しかし、ここはチェンジアップで空を切らせました!!

その後この日3つ目となる死球を、矢野さんに与えてしまいます・・・。因みに1つ目は今岡さん、2つ目は赤星さんでした。

ここで開き直ったのか、今日先制タイムリーを放っている藤本さんをレフトフライ、1番に還り鳥谷さんを、空振りの三振に討ち取り無失点で切り抜けました。

9回も先頭の赤星さんをヒットで出塁を許しますが、3番シーツさんはショートゴロ併殺、金本さんを歩かせましたが、元Fsの片岡さんをセカンドゴロで終え、2回を無失点好リリーフを見せてくれました。

コツコツと地道に、良いピッチングを重ねていって欲しいですね!

しかし、今日はマウンドに上がったピッチャー全員が四死球を与えました。全部あわせると9個に上ります。

これで勝てと言う方が、所詮は無理な話でしたね(泣)


打線は今日も貧打・・・・・。5安打のみでした。

ヒットを放ったのは4人だけでした。

中でも、唯一人2安打マルチと一人チャンスメークに奔走してくれました。

060617-e.jpg

これで6試合連続ヒット。打率は、レギュラークラスの中では最も高い0.318

村松様は、ようやく実力と打率がイコールになってきましたね!

その他の3人は、何れも1安打のみでした。

一人目は、俺達のよしくんでした。

060617-f.jpg

1回の裏、先頭打者で1・2塁間を一瞬で抜くヒットでした。

2人目は、キタガーでした。

060617-h.jpg

今日の唯一の1点を叩き出してくれました!

ライト戦を破るタイムリー2ベース・ヒットでした。

ここまでくれば、お分かりですよね!?

昨年の初年度となるBsを支えた「同級生トリオ」が揃ってヒットを放ったのでした・・・。

そのトリオ以外でヒットを放った最後の3人目は、漢・塩Zでした。

060617-g.jpg

9回2アウトからのヒットでした。自分が最後のバッターにはならない!という意地が打たせたヒットでした!


昨日に続いての阪神戦の敗戦でしたが、Bs的には昨日に比べても盛り上がるところは乏しく、不完全燃焼の試合だったように思いました。

060617-i.jpg

ここまできたら、もしも「タラ・レバ」を言わせていただけるとしたなら・・・・

ピッチャーが、ノーヒット・ノーランをしてくれタラ

満塁ホームランを2・3本打ってくれレバ

・・・・・きっと勝てるでしょう。

止めましょう。虚しいだけでした(涙)


ところで、今日は大阪ドームへ行って驚いたことが3つありました・・・。

1つ目は、今日のシートノックの時でした。あれ!?キタガーがいません。ああ、肩が悪いからね・・・。仕方ないよね・・・。あれ!?ブランボーがいない!!

必死で探しても、やっぱりいません。トイレかな?・・・。そう思った瞬間でした・・・。

携帯サイトをチェックしていませんでしたので知りませんでした・・・。

見つけました・・・。

お帰り!フミヒロ!

060617-j.jpg

今日は、1軍登録即出場でした。「上げたら即、使え!」ファンの声を聞き届けてくれた首脳陣に感謝です・・・。


2つ目は、同じくシートノックでした。いつものように光尊様チェックをしていた時のことです。ショートの守備位置におられる光尊様をずっと見ておりました。

リストバンドが、また赤に戻ってる!」・・・いえ、これが「驚いたことではありません

060617-k.jpg


ショートの守備位置に・・・

お一人でおわします。

案の定、4月4日以来2回目の、大阪ドームでのスタメン・ショートでした!

2回には鳥谷さんの打球をキャッチしてそのままベースを踏んで1塁へ送球してひとり併殺完成

3回は赤星さんの、4回には藤本さんの、5回には濱中さんの痛烈な(←何か?)ゴロを蝶が舞い、蜂が刺すの如き華麗さ全てをアウトに!!!

ただし、同じ5回にはセカンドゴロから塩Zからの送球を受けて2塁封殺後の1塁送球を久し振りの魔送球。1塁側ネットを直接揺らしました(爆)

しかしこれは、わざと生かした藤本さんの盗塁失敗を演出し、マンネリの観衆に喝を入れるという光尊様独特のファンサービスであったということは、万人の認めるところでしょう。

どの部分が「驚いた」かは、読まれる方にお任せいたします(笑)


最後の3つ目の驚いたことは、コレでした・・・。

何も言いません。まずは写真をご覧下さい。

060617-l.jpg

御馴染みの7回のSkyです。何故か阪神ファンに媚を売っているように見えてしまいました・・・。いつもは全員「紺色」のシャツだったはずです。

何となく、裏切られたような気持ちになりました・・・。

考え過ぎでしょうかねぇ・・・。


阪神との今年の対戦は、いよいよ明日が最終戦です。

終わり良ければ全て良し」・・・この言葉を試合終了後に声高に叫ばせてください!

皆様、最後まで望みを捨てずに頑張りましょう~!!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月16日 対阪神・交流戦第4回戦(スカイマークS)

あの1イニングがなかったら・・・・・。

失点がせめて半分で終わっていれば・・・・・。

今夜はチーズ鱈と生レバーを肴に、ささやかな晩酌で明日の勝利の前祝をすることにします・・・。

阪神13安打、Bsも負けじと11安打。僅か2安打の差ではありますが、その差はとてつもなく大きいようです。

阪神に勝利できるチャンスは、まだ2回も残っています!

そう考えて、今日の負けは脳内で消去したいと思います(笑)



    Bs 3 - ⑥ T



まず驚いたのはスタメンでした。

よしくんスタベンです。今シーズン初めて、スターティング・ラインナップから名前が消えました・・・。

そして、レフトには迎君が、ライトには良太がそれぞれ入りました。

そして阪神先発は下柳さん。もちろん連夜のサウスポーではありましたが、センターは村松様が入りました。

昨日スタメンを疑問視された大西君とブランボーは、ともに今日は外れました

また、キヨが今日はDHスタメンでした。

久々に「マヨ・ソース・紅しょうが」のクリーン・アップが実現。

その後をつい最近までクリーン・アップを張っていた栄二様と塩Zが固めます。

なかなかワクワクするスタメンじゃないですか!!

結果的には期待していた部分が機能したところも見られたので、このスタメンを決断された中村監督様を初めとする首脳陣の皆様を私は評価したいと思います、僭越ですが(笑)。

Bs先発は、若きエース平野よし君でした。

前回登板の横浜戦で6回まで無失点7回に一挙4点を取られて降板・・・。楽勝ムードに水を差し、その試合は負け投手にこそなりませんでしたがチームはサヨナラ負け

また、遡って前回の阪神戦でも4回3失点でKO・・・。自らの1塁ベースカバーでの落球もありましたね。

リベンジの材料は決して少なくありませんでした。

胸に期してのマウンドであったことでしょう。

060616-1.jpg

ところが、1回裏味方打線が満塁のチャンスを得たと同じように、2回表に満塁のピンチを迎えてしまいます・・・。

Bs打線は、その初回の満塁のチャンスはモノにすることは出来ず、何となく嫌なムードが漂いました。

その直後でした。2回表、阪神の攻撃。

ヒット、四球、見逃し三振、ライトフライ。ランナーは1・2塁ですが2アウトまできましたので、事なきを得そうだと安心していました。

しかし、そんな思いをあざ笑うかのようにここから阪神の怒涛の攻撃が始まりました・・・。

9番の藤本さんから4番・金本さんまで突然の5連打一気に6点を失いました・・・。

この試合の前の防御率は2.18でしたが、何が何だかわからないうちにビッグイニングを作られてしまいました。

結局得点を与えたのはこの回のみでしたから、何とも勿体無いイニングになってしまいましたね・・・。

普通あれだけ打ち込まれたら、立ち直るのは大変だと思います。しかし、平野よし君の場合は、それが出来ます。

やはり、並大抵のルーキーではありませんね!

しかし、2試合連続で1イニング限定ながら大量失点・・・。これからの登板での悪癖にならないかがチョッピリ心配です・・・。

しかし、何もかもが平野よし君にとれば貴重な経験です。全てをこれから咲かせる大輪の花のための肥やしにしてほしいですね!

9回を完投し、被安打13 与四球2 奪三振5 失点6

060616-2.jpg

ミスター・完投」の称号のとおり、今日も一人で投げきってくれました。

物凄いスタミナですね。一昔前のエースたるべきを体現しています。これからは、「セの黒田か、パの平野佳」と並び称賛されると嬉しいですね。

でも、エースならやっぱり勝ってもらわなければ困ります。

これからも頑張ってもらいましょう!


2回に大量6点を失いましたが、同じようにBs打線が阪神先発の下柳さんを攻め立てます。

6失点の直後、2回裏の攻撃です。

先頭の7番・塩Zセンター前ヒットで出塁、8番・迎君は、今季初ホームラン以来のヒットとなるセンター前ヒット。9番・ダカヒーライト前へ!これがタイムリーとなりました。

060616-3.jpg

ただし、タイムリーを放ったもののダカヒーは、平野よし君炎上詰め腹を切らされ、守備から的やんに交替させられてしまいました・・・orz
尚も、ノーアウト1・3塁。1番・良太は残念ながらショート・ゴロに倒れました。しかしこの間にランナーが一人還りました

060616-4.jpg

この回は2点を返して2対6としました。

更に3回の攻撃でした。

先頭の5番・キタガーがショートへの深い当たりが内野安打となり出塁。しかし、6番・栄二様はセカンド・フライに倒れ、7番・塩Zは1塁ゴロでランナーを進めたのみ。

2アウト2塁になりました・・・。

ここで打席に入るのは、前の打席でヒットを放っているでした。

老獪な下柳さんの変化球を捉えた打球は、下柳さんの差し出すグラブの脇を抜けてセンターへと到達しました。

2アウトでしたので、キタガーは早めのスタートを切っていました。余裕を持ってホームに還ることができました。

2打席連続のセンター前ヒットでしたが、今度はタイムリーになりました。

060616-5.jpg

誰だかわかりますか!?

外野手のサバイバル・マッチ」・・・数少ないチャンスで、確実に結果を求められる過酷な戦いです。

実績がない若手選手は、失敗したら次のチャンスが再び与えられる保障はどこにもありません

そんな中で、にとっても応援する私たちにとっても、本当に嬉しいヒットになりました!

060616-6.jpg

そうです。迎君のことです!!


得点はこれで3対6。まだまだ先は長いです。今日の下柳さん(交替していたら、その他の中継ぎピッチャー)の出来ならば、3点差は逆転できない得点差ではありません。チャンスはあります!

・・・この言葉をイニングごとに繰り返して、とうとう9回裏まで来てしまいました・・・・・。

平野よし君は、2回を除いて9回まで阪神打線を「完封」していました。何とか報いてあげたいところでした。

しかし、4回までで2試合振りの二桁、10安打を放った打線は、5回先頭の塩Zの3塁線への絶妙なセーフティーバント安打を最後に、9回3アウトまでノー・ヒットに終わりその得点差を埋めることは出来ずに終わってしまいました。

放った安打は全部で11本

残念ながら猛打賞は出ませんでしたが、2安打マルチヒット3人を数えました。

一人目は、今日から「きたがわびっクリあんぱん」の発売を自らアピールすることに成功したキタガーでした。

060616-7.jpg

久し振りに4番の重責から解放され、今日は5番でした。一昨日はホームラン、昨日も2安打、そして今日も2試合連続で2安打の活躍です。

肩の状態は、ずっと悪いままだと思います。他の打者の皆様方、キタガーを途中でお役御免で休ませられるように、たまには大量得点を取ってあげてください(涙)

2人目は、ある時は1番、ある時は2番、またある時は3番、その次の日は5番・・・そして今日は7番の塩Zです。

派手さはありませんが、常に与えられた仕事を黙々と、しかし全力で取り組む姿勢に、自らの姿を重ね合わせる全国の働くお父さん達の共感を呼んでいます(←本当か?)

060616-8.jpg

前述のとおり、今日はセーフティー・バントヒットも決めました。

数年前は、こんなことを思うとは全く想像できませんでしたが、あえて言わせていただきます・・・「カッコいい!」と。

そして3人目迎君でした・・・。

2打席連続でヒットを放った後の第3打席は、残念ながら空振り三振でした。

何とか今日はもう1本ヒットを打って猛打賞、そしてブレイクへの足がかりにしてほしい!・・・・・との願いも虚しく、8回1アウトランナーなしの場面の第4打席は、ジェイソンが代打に指名されてしまい、あえなく交替になってしまいました・・・。

できれば見てみたかったです・・・。いや、ジェイソンの弾丸ライナーも、です(笑)

060616-9.jpg

でも、よしくん代役(ここまでで勘弁してください・涙)を果たせたことは、多くのファンにもアピールできたことでしょう


     今だ!気合で決めてやれ!

    お前の鋭い一撃を!

    スタンドの期待を胸に秘め
 
    今こそかっ飛ばせ!



あの2回の6点が半分だったら・・・。「たら、れば」は禁句ですね・・・。

阪神には未だ勝ち星を挙げることができません・・・。悔しい負けが続いています。

でも諦めるわけには行きません。明日からは大阪ドームに場所を移しての闘いになります。

明日の先発は「オバちゃん」でしょうか・・・。阪神は「オクさま」のような気がしますが、どうでしょうか・・・。

もしかしたら、夢の対決遂に実現するかも知れませんね(笑)

そうなれば、まさに「関西対決」にふさわしい対戦になること請け合いです!

交流戦も残り3試合になりました。最後まで頑張りましょう!!

明日と明後日は、私もドームで声援を送ります。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月15日 対讀賣・交流戦第5回戦(東京D)

どちらが連敗中のチームだか、わかりませんでした。

序盤は、両チームの先発投手による投手戦。

しかし、4回を境に川越会長だけが別人になりました・・・。

交流戦中の防御率は僅か1.59を誇っていた会長の、いつもの姿はそこにはありませんでした。

思いもよらぬ6失点で、今季の恐らく最後の交流戦のマウンドを降りました・・・。

打線もここ7試合で最少の5安打ノリ自身による復帰を祝うホームランは、あだ花となってしまいました・・・。



    Bs 1 - 8 G



先発の川越会長乱調は、全く思いもよりませんでした。

060615.jpg

相手の読売は8連敗真っ只中でした。しかも会長は、前回の1失点完投敗戦のリベンジに燃えていただろうと信じて疑いませんでした。それなのに・・・。

立ち上がりはピンチもありましたが、併殺で切り抜けるなどいつもどおりの安定したピッチングに思えました。

ところが4回、先頭の二岡さんに早くも今日2本目のヒットを打たれたところから、川越会長のピッチングが豹変します・・・。

4番・元マリーンズのすんさんには、センターオーバーの2ラン・ホームランを浴びてしまいます。

フォークボールの落ち際を上手くすくわれました。これは失投とは呼べないように見えましたが・・・。

これで2点を先制されてしまいました。

ここまでで抑えたかった会長でしたが、続く慎之助さんにレフトへの2ベースヒットを許し、斉藤さんはあえて送り1アウト3塁。

ここで昨年のライオンズの小関選手会長にレフト前に落ちるタイムリーヒットを打たれ、この回3点を献上してしまいました・・・。

更に5回です。1アウトから2番・仁志さんに当たり損ねながらショートへの内野安打で出塁を許すと3番・二岡さんには猛打賞となるライトオーバーの2ランホームラン被弾してしまいます。

これで5点目を失いました。

6回表にはようやくBs攻撃陣1点を返しました!

しかしその直後、先頭の6番・斉藤さんが右中間を破る2ベース・ヒットで出塁すると、7番・元ライオンズ・小関選手会長のファースト・ゴロで3塁へ進みます。

そして8番の元ファイターズ・古城さんにライト前へ弾き返されて6点目の失点・・・。

打たれだしたら止まらない、まるで去年の悪い時のようなピッチングでした。

一昨年にはこの様な不甲斐ないピッチングが続いていた時、テレビカメラの目もはばからず、当時のBW伊原監督は延々とベンチ内で説教をくれていました・・・。

あの頃の記憶が、鮮やかに蘇ってきました。

6回を投げ 被安打12 与四球0 奪三振3 失点

記録に表れない拙い守備(レフト方面?)もありましたし、討ち取った当たりが運よくヒットになる等、アンラッキーでかわいそうなところもありましたが・・・

明らかに今季これまでのの数字、ではありませんね・・・。

20060616022718.jpg


その原因について、私なりに考え、答えが見つかりました。

打たれた打者を振り返れば一目瞭然ですね。

スンさん()2打点、小関さん()1打点、古城さん(Fs)1打点、二岡さん2打点・・・。

6失点中4失点が、昨年までのパリーグ東西対抗の東軍出身者でした。

球筋が、まだ充分に憶えられていました・・・・・。


余談ですが、讀賣9回の守りは壮観でしたね。

上の3人に加えて、ピッチャーは守護神・豊田さん()、キャッチャーは実松さん(Fs)、セカンドに小坂さん()まで登場しました。

実に9人中6人パ・リーグ出身者で占められている讀賣・・・。讀賣というよりも、東軍と言った方がわかり易いかも知れませんね。


ビバ! パシフィック!!


久し振りに大量失点での敗戦になってしまいましたが、その後の継投にも注目しておりました。

7回は、岸田君が2番手としてマウンドへ。二岡さんの4安打目となるヒットの後、元マリーンズのすんさんにはこの日2本目のセリーグ単独トップに躍り出る第21号の2ランホームランをライトへ叩き込まれてしまいました・・・。

20060616022847.jpg

これで得点は1対8に。

8回金子君でした。2アウトを簡単にとった後、四球を与えてしまいますが、落ち着いて後続を討ち取ることが出来ました。

20060616022947.jpg


今日は大久保様ミニキャンプを終えられて1軍登録されました。

復帰即登板があるかも、と期待していましたが今日は出番がありませんでしたね。当たり前ですね、守護神なのですからね!

因みに登録を抹消されたのは、吉井組長とハギーでした。

吉井組長は次回先発登板まで10日以上空くので抹消は当然ですが、ハギーがわかりません・・・。

明日からは、いよいよ阪神戦です。中継ぎは一人でも多い方がいいはずなのに、中でもタフさにかけてはBs投手陣の中でも最高クラスであるハギーが抹消とは驚きました・・・。

もしや、故障でも杞憂であれば良いのですが、気になるところです・・・。


打線の方は、讀賣15安打に対してBs5本だけでした・・・

讀賣先発がサウスポーの高橋尚成さんでしたのでBs式教科書のとおり、スタメンにはズラーリと右バッターが並びました

ブランボー1安打、キタガー2安打、ノリ1安打、良太1安打

ソロ・ホームラン1本を除けば、残り4本は全て短打。3塁踏ませてもらえませんでした・・・。

キタガー満身創痍の中、本当によく頑張ってくれていますね!!「北川びっくりアンパン」早く食べたいです!
20060616023539.jpg


ブランボーについては、ボテボテのヒットが1本あった他は、ライト・フライと見逃し三振2つでした(涙)

昨日のジェイソンのように、打つまで使い続けるのでしょうかね?

今日は不動のサードであったノリが、5月23日以来のスタメンに帰ってきました

20060616024038.jpg

早速、3番でした・・・。

ライトフライ、空振り三振と続きて迎えた第3打席。得点は既に5対0でした。

Bs打者としての3本目のヒットが、左中間スタンドへ飛び込む久々の第8号ソロホームランとなりました!!

20060616024112.jpg

流石は歴戦の勇士です!スタメン復帰で即・・・


結果を出しました!!


20060616024432.jpg

1点を返し、勝負は後半へと繋がると思われましたが、その直後には再度1点を追加され追撃ムードは一気に萎んでしまいました・・・。

皮肉にもノリ本人による快気祝いの1発は出たものの、好調だった打線は最後まで湿ったままで終わってしまいました。

一つの打開策として「左には右」や「右には左」という意識を、いい加減捨てるということを考えてみてもよろしいんじゃないでしょうかねぇ・・・。


相手投手の尚成さんは、今季初勝利です。もちろん、あの大怪我から復帰しての勝利ですから、一プロ野球ファンとしては素直に拍手を贈りたいと思います。

でも、何人目でしょうか・・・。対Bsで初勝利(笑)。

まあ、反対に考えたらそれだけ沢山の方を幸せにしているとも言えるのでしょうけどね・・・。


讀賣は9連敗を免れました。Bsは3連勝を逃しました。

でも、何だか気分的には讀賣が3連勝で、Bsが9連敗を喫したような、そんな塩辛い気持ちがするのは何故でしょうか?

ちょっとネガティブになり過ぎましたね(爆)

対讀賣3連戦に取り敢えず2勝1敗と勝ち越しました。次回の今季交流戦最終戦となる来週月曜日に勝てば、通算成績でも3勝3敗の五分にするチャンスは残っています!

ねっ!?これで魔の日曜日勝てなくても月曜日楽しく過ごせるでしょ!?(笑)


さあ、明日からはいよいよホームでの阪神戦です。本当の意味でのホーム・ゲームなのかは微妙なところという不安はありますが、イーグルス負け越してきた阪神です。

イーグルスが弱らせてくれた今こそ、Bsには大きなチャンスなハズです。


イーグルスの皆様、ありがとう!


でも、反対にウチは讀賣に息を吹き返させてしまいました怒っておられるでしょうね~ゴメンなさい(爆)。
20060616025506.jpg


明日はいろんな意味でのリベンジを期待したい平野よし君が、先陣を切ってくれることでしょう!

私は明日はテレビ前指定席での応援です。

全国のBsファンと全国のアンチ阪神ファン(笑)の皆様方、ともに頑張りましょう!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月14日 対讀賣・交流戦第4回戦(東京D)

家族の反対に耳を貸さず、ずーっと買い続けた宝くじが遂に当たりました!

そんな気分です(笑)

今日の打のヒーローのひとりは、あのジェイソン

来日してから約4ヶ月と半月・・・。もはや見ることなく終わるのかとさえ思われた、自慢の一振りでシバキ返した弾丸が、ライトスタンド3階席で大きく弾みました・・・。

これでもう「J損」ではなく「J尊」になってくれるのでしょうか?

昨日に続いて投打が噛み合い、讀賣に連勝です。

対GT・7連戦をスタートから2連勝。見事な滑り出しですね!(笑)

讀賣はこれで8連敗です・・・。大変申し訳ありませんが、明日でBs記録に並んでいただきましょう!



    Bs ④ - 2 G



今日の最初の得点シーンは、久し振りに初回でした。

先頭よしくんが倒れて1アウト。2番・村松様レフト前に弾き返します。と、村松様は1塁を蹴ってもスピードを緩めることなく加速します!

最後はヘッドスライディング。平凡なレフト前ヒットで2塁を陥れました。記録は2ベース・ヒットです。

(因みに讀賣のレフトは、清水さん@癒し系守備≒よしくん?

このチャンスで3番・塩Zはファーストへのファールフライに倒れました。

初回はチャンスを潰すもの・・・という感覚に慣れかけていたところでした。

目の覚めるような1発が飛び出しました!

20060615000307.jpg

4番・キタガーが、主砲の仕事!左中間の最も深いところに飛び込む第5号・2ランホームランでした。

デビちゃんと並んで、普段から打線の援護の少ない先発の吉井組長に、今日はいきなり2点をプレゼントすることが出来ました。


先発の吉井組長は、今日も持ち味を存分に発揮したピッチングを披露してくれました。

060614.jpg

しかし、初回2点先制の直後に二岡さんに、4回には元マリーンズのすんさんにソロ・ホームランを浴びて2対2の同点に追い付かれてしまいます。

結局、ランナーがいない場面で2本のホームランを打たれたものの、タイムリーはなし

6回を投げて 被安打6 与四球 奪三振4 失点

全国ネットの中継で、その存在感を遺憾なく示すに足りる堂々たるピッチングでした。

これで6勝3敗です。昨年の勝ち星に並びました。勝ち星は並びましたが、防御率は比較になりません。

20060615000733.jpg


吉井理人ここにあり!

4回に同点に追い付かれた直後、5回表のBsの攻撃です。

点を取られたら直ぐ取り返す、が最近よく出来ていますので気合を入れて応援です!

先頭は?・・・・・7番・ジェイソン・・・。

性懲りもなく昨日はブランボー、今日はジェイソンが何故か日替わりでスタメン。

ライトは外国人選手枠という決まりでもあるのでしょうか?

1アウトを、それも三振を覚悟していました・・・。

ところが!

宝くじの下一桁が一致!

ライトオーバーの2ベース・ヒット!来日以来1軍で17打席目にして初のヒットが生まれました。

打率を示す表示に、遂に「0より大きな数字」が灯りました。

20060615001040.jpg

そのお目出度い勢いが、続く8番・ダカヒーの心にもをつけました。

20060615001158.jpg

左中間の最も深い場所、あと僅かでホームランという当たりでしたが、惜しくもフェンス直撃勝ち越しのタイムリー2ベース・ヒットになりました。

ジェイソンは、来日初ヒットに続き、来日初得点も記録しました。

20060615001318.jpg

これが勝利打点になりました。ダカヒーらしい勝負強さが戻ってきましたね!

20060615001403.jpg


7回には、今日もダメ押しの追加点が入りました。

先頭は?・・・・・7番・ジェイソン・・・。

先ほどのヒットで気を良くしての打席だったのでしょう。

あれで覚醒してくれたらいいなーと、いつもは用事をこなしながら見る外国人打者の打席も、このときばかりはTVの前で正座(笑)。

  飛ばせ遠く! 放て高く! 打つぞ自慢の一振りで

  闘志込めて シバキ返せ! スタンドへ弾丸を!


その息継ぎに困る応援歌を酸欠気味に歌い続けた甲斐がありました

ライトスタンドの上段の遥か上方の席(3階?5回?)へ飛び込む特大のホームランが飛び出したではありませんか!

20060615001645.jpg

嬉しい来日初ホームラン。そして来日初打点。そして初マルチヒット

本来なら何度も何度も経験し、見せて欲しかった全てを、今日1日で記録しました。

打球は、大阪ドームなら間違いなく上段席スタンド・インでしょう。

しかも弾丸ライナーでした。まさに度肝を抜かれました(笑)

・・・遂に宝くじが大当たりです!

これがダメ押しとなりました。得点は4対2に広がりました。


8番・ダカヒーが倒れた後、9番・吉井組長の打順の時に代打が告げられました

東京ドームは大歓声に包まれました。

声の主は、レフトスタンドのBsファンだけではありませんでした。讀賣ファンからも、いや球場に詰め掛けている殆ど全ての方からの声援だったと思います・・・・・。

  「ピンチヒッター キ・ヨ・ハ・ラ」

思えば昨年の夏の終わりに突然の戦力外、そして自由契約の通告を受け、子供の頃から憧れ続けてきた讀賣を追われたキヨ

それを仰木さんの献身的な計らいにより、最後の花道を飾るために我がBsにやってきたキヨ

様々な思い出のシーンが走馬灯のようにキヨの心にフラッシュバックしたことでしょう。

遂に9年間の汗と涙が染み込んだ東京ドームに、西武でもなく讀賣でもなく、Bsのユニフォームに身を包んで、今は怪我を抱えてはいますが、控え選手ではなく主砲としての看板を背負ってキヨが帰ってきたのです・・・・・。

キヨは、讀賣球団のファン感謝デーの際に退団セレモニーを行いたい意向に背を向けてしまい、ファンに対してマトモな挨拶が出来ずにいたことが心残りとなっていたのでしょう。

讀賣ファンによる大歓声は、讀賣在籍時のキヨに対する活躍に対しての労いとこれからの残り少ない現役生活の前途に対する祝福に満ちたものであると私には感じられました

キヨもそれを感じたのではないでしょうか。

平凡なショート・ゴロに倒れましたが、1塁ベースから3塁ベンチへ帰る前には讀賣ファンで埋め尽くされたライトスタンドへ向けてヘルメットを自ら高く掲げ、昨年まで支えてもらったことに対する感謝の意を表しました。

20060615002523.jpg

見ていてジーンとしてしまいました・・・。

ベンチに戻ったキヨは、今までの心残りがようやく晴れたかのような本当に清清しい笑顔でした。

20060615002622.jpg

心なしか、目元が潤んでいるように見えたのは、私が既に泣いていたからでしょうか?

仰木さんが入団に向けて奔走されたことで、キヨという球界のスーパー・スターを我がBsに迎え入れることが出来たのだという幸せを、改めて噛み締めたいと思います・・・。


吉井組長の後を受けて登板した2番手は、大輔でした・・・。

驚きました。昨夜はクローザーで素晴らしいピッチングを見せてくれたのに、今日は7回からの登板でした。

20060615002859.jpg

先頭の元ライオンズの小関選手会長にいきなりセンター前に運ばれましたが、後続の代打亀井さんを見逃し三振、清水さんを1塁ライナー。飛び出した小関さん戻れずWプレー!

すっかり自信を取り戻したようですね!頼もしい限りです!

恐らく、近く大久保様が戻られるので、元のセットアッパーへと体慣らしを兼ねているのでしょうか?

では、今日は最後は誰が!?

ところが予想に反して8回も大輔が。

で、最後は誰が!?

・・・9回も大輔がマウンドに上りました・・・。

結局3回を投げヒットは小関さんの1安打のみ。ほぼ完璧な内容で讀賣打線に引導を渡しました。

しかし、何故に3回も?? 疑問が残りました。

中村監督様は試合後のインタビューで「いろいろと事情がありまして・・・」と言葉を濁らせておられました・・・。

明日は、大輔使えないでしょう。ゆっくり休んで、次回は阪神戦でも同様の活躍をお願いしますね!!

これで、讀賣戦2連勝となりました。残念ながら今日は5試合連続二桁安打にはなりませんでしたが、今日も先制・中押し・ダメ押しと効率的な得点でしたね。

明日はノリが1軍に合流します。

誰が抹消されるのでしょうか?

筆頭候補(笑)は今日は初めての大活躍。チームただ一人のマルチヒットも記録。

さて、あすの公示が今から楽しみですね・・・。

ただ、ノリは久し振りの1軍ですが、これまで実戦から遠ざかっています。それでもいきなり4番・サードでスタメンなのですかね?サーパス戦で実戦感覚を取り戻してから、という選択肢はないのでしょうか?

あっ、試合に出ながら治療・調整する。それがスタイルでしたね(汗)

無理を押しての1軍合流でないことを、心から祈りたいと思います・・・。

また、同じく明日合流が予想された大久保様でしたが、今日はサーパスの阪神戦に登板しましたが、ここでも喜田さんにホームランを打たれてしまいました・・・。

今後の合流のスケジュールに支障を来たすのでしょうか?。


ちょっと暗くなってしまいました。すみません(笑)。

徐々にではありますが、確実に流れがよくなってきているBsの戦い振り。

交流戦の結果は別として、もう直ぐ再開するパ・リーグ公式戦に向けて明るい兆しが見えて来ましたね!

何とか残り5試合もいい試合をして、勢いをつけてペナントレースに臨みたいですね!

明日は川越会長前回の0対1完投負けの悔しさを晴らすべく、頑張ってくれるでしょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月13日 対讀賣・交流戦第3回戦(福島県営あずま)

交流戦の最後を飾る(無理やり)、対GT・7連戦緒戦を快勝で飾りました!

投げては先発ピッチャーが僅か1失点で凌ぎきり、後を託されたセットアッパーが気魄の空振り三振でピンチを切り抜け、最後は暫定クローザーが3人でピシャリ

打っては、毎回ランナーを出しながら今日も低調かと思われた5回、2アウトからタイムリーで追い付き、更にホームラン逆転!

9回にも満塁のチャンスを掴むと、ダメ押しのタイムリー犠牲フライで追加点。

投打の歯車がガッチリと噛み合った、久し振りに胸のすく勝利を見せてくれました。

まだまだ始まったばかりの対GT・7連戦ですが、幸先のよいスタートを切れましたね!(笑)



    Bs ⑤ - 1 G



快勝したこの日の試合でしたが、先制したのは実は讀賣でした。

Bs先発はデビちゃんでした。

20060614003524.jpg

2回、1アウトから6番・斉藤さんに1塁線を破られる2ベースヒット。続く7番・清水さんは、送らずに強行。ライト前ヒットとなりランナーは1塁・3塁になります。

ここで8番・元マリーンズの小坂さんはライトフライ。これが犠牲フライとなり1点を先制されました

しかし、その後は8回2アウトから連打で2人のランナーを許して交替するまでは、再び2塁を踏ませない素晴らしいピッチングを見せてくれました。

今日のデビちゃんは、7回・1/3を投げ

被安打6  与四球 与死球1  奪三振2  失点

連敗中のチームに勇気を与えてくれました!

20060614003756.jpg

デビちゃんが投げる時は、総じて打線は低調になることが多かったのですが、先発10試合目にして初めて、今日は5点を取ってもらえました(笑)。

ようやく報われましたね。これで勝ち星は5勝5敗のイーブンに戻しました。

防御率もようやく、そして再び2点台に戻しました。

夢の防御率2点台カルテット」の再結成です!!

防御率が2点台で5勝以上の先発ピッチャーが4人もいるのです。さあ、ここから巻き返しましょう!!


・・・まとめてしまいましたが、続けます(笑)


デビちゃんが残したピンチを引き受けてマウンドに上ったのは、もちろん菊様でした。

2アウトではありましたが、塁上には二岡さんと元マリーンズのすんさんが。

そして迎えるバッターは、5番・慎之助さんでした。ホームランなら逆転の場面でした・・・。

ここで菊様燃え上がります!!(炎上ではありません)

ぐぉーーーーっ」という燃え上がる音が聞こえるようでした!

渾身のストレートをファールされましたが、2球目はスライダーに手が出ず簡単に追い込みました。1球外して、4球目・・・。伝家の宝刀・外へと逃げながら落ちるスライダー!
慎之助さんのバットも必死で追いかけますが、虚しく空を切りました。

20060614004427.jpg

久し振りに手に汗握るシーンでした! 当然ですが、連敗中には見れなかったシーンでした(笑)。

前回の登板での菊様・・・。

そう、金曜日の横浜でした。今日と同じく8回に先発の平野よし君からバトンを受けた菊様は、たくろーさんへのワンポイントとしてマウンドへ上がりました。

しかし、ここで四球を与えてしまいます。その後、替った大輔が村田さんに痛恨の犠牲フライを打たれて5対0から追い付かれました・・・。

そのあとの出来事は、思い出したくありませんね(涙)

その悔しさをぶつけた菊様でした!

20060614004805.jpg

最後は同じく大輔が、今日は3人を完璧に抑えて前回の苦い経験を振り払うことに成功しました。

20060614004915.jpg

今日は久し振りに「KOリレー」がはまりました。まるで去年の良い時を思い起こさせるピッチングでしたね。

これが良いきっかけとなって、良い流れが来ることを祈りたいです。


打線に目を転じましょう。

1回から4回までは毎回ランナーを出しますが、いつものようにホームは遥か彼方でした・・・。

デビちゃんの好投に報いたいBs打線でしたが、5回にようやく先頭バッターが塁に出ました。ダカヒーのレフトへの流し打ちでした。

9番・デビちゃんは絶妙の送りバントを決め、ランナーを進めます。

1アウト2塁。ここで1番・よしくん。ヒットが欲しいところでしたが、追っ付けて右へ。セカンドゴロでしたが、ダカヒーを3塁へ進めることだけは何とかできました。

ここで、今日は2番・セカンド復活の栄二様

これぞ栄二様!というライト前へ狙い澄ましたかの如きタイムリーヒット!!

060613.jpg

中盤で、2アウトからのベテランの一振りで、同点に追い付きました。

20060614005427.jpg

そして、続くバッターは昨日までの栄二様に替わり3番に入った漢・塩Zでした。

長らく2番・塩Z、3番・栄二様という布陣が続きましたが、今日初めて入れ替わりました

ここで同点に追い付かれて気落ちする讀賣先発の内海さんを、塩Zのバットが捉えます

20060614005642.jpg

思い切り振り切った打球は、一握りしかいないBsファンが待つレフトスタンドへ吸い込まれました。

第5号・2ランホームラン!

塩Zにとれば、5本目にして初めてランナーがいる場面でのホームランになりました。

連続ソロホームラン記録は、4本で途切れてしまいました(笑)

同点に追い付いた直後にホームランで一気に逆転!3対1になりました。

20060614010057.jpg

こんなに効率の良い攻撃は、いつ以来でしょうか?

内海さんには、さぞかしショックの残る逆転となったことでしょう。


得点機は、9回にもありました。

先頭の6番・大西君がライト線を破る2ベース・ヒットで出塁すると、途中出場の7番村松様送りますが、これが内野安打となりランナーは1・3塁に。

8番ダカヒー空振り三振ですが、この間に村松様盗塁に成功。1アウト2・3塁とプレッシャーを与えます。

ここで途中出場のマッキーに替えて、我らが光尊様代打で登場!!

球場は大いに沸きます(何故か、観衆の皆様は光尊様のことをキヨ~とか出せーとか間違って叫ばれておられましたが・・・。)

ところが讀賣ベンチの作戦は光尊様を恐れて(笑)、満塁策敬遠でした・・・。

1アウト満塁。ここで打順は1番に戻って、今日ここまでノーヒット俺達のよしくんでした・・・。

誰もが連続試合安打が止まってしまうだろう、それより連続試合併殺打が何試合か調べなければ・・・・・。

アンチよしくんファンの意地悪な視線を感じて、意地を見せてくれたのかも知れません(笑)

大方の予想に反して、そして私の期待通りによしくんはショートの頭上を越すタイムリーヒットを放ちました!

20060614010901.jpg

これで4対1ダメ押しになりました。

よしくんは、これで9試合連続ヒットとなりました。海の向こうのイチロー君にはきっと及ばないと思いますが、もう少しだけを見させてくださいね!

できれば、1日1本が1日1打点となれば、きっと今よりもみんながもっともっと幸せになれると思いますので、頑張ってほしいです。あまり過度の期待はせずに、応援しています!(笑)

なおも1アウト満塁が続いています。2番・栄二様は、ここまで先制のタイムリーを含む2安打1打点の活躍でしたが、ここでもキッチリとライトへ打ち上げて犠牲フライ

20060614011200.jpg

ダメ押しのダメ押しとなる5点目が追加されました。

2アウトになりましたが、ランナーは1・3塁。チャンスは続き、打席は3番の漢・塩Zが向かいます。

塩Zは、ここまで初安打となる初回のレフトへのシングルヒット、5回のレフトへの2ラン・ホームラン、8回のライトへの3ベース・ヒットと既に猛打賞の大活躍でした。

ここで2ベース・ヒットが飛び出すと、サイクルヒットになります!

テレビの前で正座をして祈っていましたが、残念ながら3ゴロ・・・。

夢はまたの機会に、ですね。

しかし今日のヒーロー・インタビュー塩Zでした。

20060614011504.jpg

今日はデビちゃんでも栄二様でも良かったと思います。みんな遜色がありませんが、ホームランが効果的だった塩Zが選ばれました。


しかし、栄二様と塩Zは久し振りに二遊間に復帰したとたんに、今日の大活躍。

私も記事中に「若手にチャンスを!」と声高に叫んだこともありましたが、そんな風潮に強烈な答えを示しているかのようです。


  俺達を超えるなんて、10年早いぜ!

20060614012318.jpg

そんな声が聞こえてきそうですね。大変失礼致しました

明日からも、どうぞよろしくお願い致します!!

20060614012229.jpg

今日は久し振りの勝利を、ありがとうございました!!


嬉しいニュースも入ってきました。

ノリが明日1軍に合流し、どうやら明後日に1軍登録される予定だそうです。

そして、大久保様も明日のウエスタン登板が決まっているそうです。

状態は非常に気になるところではありますが、是非ともチームの現状を打破する起爆剤になってほしいと思います。

落ちるところまで落ちたなら、あとは上がるしかありません。

しかし私は今日の勝ちで、流れは既に良くなったと信じていますが(笑)。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月12日 対横浜・交流戦第6回・最終戦(横浜S)

あれは、いつだったでしょうか?

1試合でホームランを3本も打ったのに、全てソロのために負けたことがありましたね・・・。

今日は相手が同じようにホームラン3本、しかも全てソロ。なのにベイスターズは勝ちました

Bsのヒットは今日も二桁の10本

この横浜スタジアム3連戦全てで二桁安打、しかも3試合ともベイスターズのそれを上回っています・・・。

なのに・・・横浜で3連敗。もはや「たそがれ」ることしか、我々に残された術はなくなってしまったのでしょうか?

Bsはこれで4連敗・・・。6月に入って2勝8敗です。

9連敗の時のあの憂鬱な感覚が、何となく思い出されてきました。



    Bs 1 - 3 YB



今日は日本プロ野球で試合が開催されたのは、ここ横浜だけ

世間の関心は、ワールド・カップのサッカーにシフトしているのかも知れませんが、我々Bsファンには、とっても、とっても大切な今日の試合でした。

この試合が終わると、残りの交流戦はいよいよ2カード。今更何位が目標というのはありませんが(涙)、その2カードは前回対戦ではともに1勝も出来なかった讀賣と阪神です・・・。

讀賣もウチ同様にチームの状態が悪く6連敗中であり、本来はチャンスのはずなのですが、今のBsは他所の状態云々を言える立場・状態にはありません。

何とか今日勝って、その勢いで敵地に乗り込みたいところです。

先発及びスタメンは、全てスライド(笑)。

楽しみなオーダーです。ワクワクしました!妄想が膨らみました!!

ただし、勝負の行方は、実質的には負けた土曜日と同様に初回の攻防で決まってしまいました・・・。

土曜日と全く同じでした。先頭のよしくんが、いきなりレフトへ弾き返してヒットで出塁します。

よしくんは、これで8試合連続ヒットとなりました。

続く2番・村松様三遊間を破りノーアウト1・2塁の先制のチャンスを掴みます。

一昨日に続き、今日も先制の絶好のチャンス!3番は今日も栄二様・・・・・。


一昨日栄二様は、サードゴロ併殺打でした。が、その間に1点が入り先制しました。

ただし、その後もヒットが出て4安打に!。しかし、得点はその1点だけ。

反対にその裏のベイスターズの攻撃も、同じく4安打。ただし、守備の乱れも絡んで4得点

結局この時の差が最後まで響いて、後半徐々に追い上げたものの及ばず敗れてしまいました・・・。


今日は、同じ轍は踏むまい中村監督様も手堅く、3番の栄二様を2番と見紛うかのようにサインは送りバント・・・。

しかし、2番を離れてかなりの日数が経過していました・・・。栄二様の最高の芸術作品とも言うべき技の一つでもある送りバント。久し振りであったためか、まさかの失敗・・・。

仕方なくヒッティングに切り替えです。併殺打の可能性も出てきました。

ところが、ここで栄二様の放った打球が詰まりながら小飛球となり、センターと2塁ベースの間にポトリと落ちるヒットになりました!

足の速いセンターなら捕られる可能性が高い打球だったため、セカンド・ランナーのよしくんはボールが落ちたのを見てからスタートを切りました。

惜しくもヒットが3本連なったにも関わらす、まだ得点は入りません・・・。

しかし、これでノーアウト満塁の大チャンスです!!

一昨日の4番はキヨで、ヒットを放ちましたが、今日の4番はキタガーでした。

YB先発のピッチャーは秦さんでした。前回の対戦では、その秦さんからホームランを放っています!

まあ最悪、一昨日の栄二様のように併殺で1点だけということはないだろう。ここは最低でも外野フライで先制できるだろう・・・。

何の疑いもなくそう信じて見ておりました。


ところが!


キタガーの打球はピッチャーゴロ・・・。キャッチャーそしてファーストへと転送され、併殺打・・・。

続く5番・光尊様レフト・フライで3アウト・・・。

一昨日よりも悪い形で無得点に終わってしまいました。


その裏、ベイスターズの攻撃。

マウンドは、アドレナリンが沸騰寸前本やんスライド登板でした。

初回の味方の拙い攻撃を見せられても、それを吹き飛ばす立ち上がりに見えました。

060612-a.jpg

先頭のたくろーさん、2番の小池さんに対し、何と連続三振!!

一瞬、このリズムで投げ続ければ、きっと打線も応えてくれるだろう・・・と思った矢先に3番・金城さんにライトオーバーのソロホームランを与えてしまいした。

結局、初回は3安打0点の直後に、1安打で1点という形でベイスターズに簡単に先制を許してしまいました・・・。

続く2回にも先頭の5番・塩Zセンター前ヒットで出塁しますが、6番・良太がセカンド・ゴロ。またもや併殺打でチャンスを潰してしまいました・・・・。

対照的に横浜には2アウトから、古木さんに右中間の最上段まで運ばれてしまいました。これで被安打は2なのに失点は2・・・。効率の良過ぎる失点が、チームのダメージを大きくしたのでしょうか・・・。

この1回・2回の攻防が、今日の勝負の分かれ目となってしまったのでしょうね。


Bsの得点は、1点のみ。4回の攻撃で、2アウトからでした。

2アウト後、6番・塩Zがこの日、両チームを通して初の四球で出塁しました。

その後、7番・良太三遊間を破るヒットで続きます。

ノー・アウト1・2塁のチャンスです!

ここで併殺打なら目も当てられませんが、本やんの球を受けている8番・ダカヒーは、何とか本やんのために!と燃えていたことでしょう。

060612-b.jpg

見事、嫌な流れを振り切り、センター前へタイムリーを放ちました!!

これで1対2と、1点差に迫りました。ただし、得点シーンはここだけでした・・・。


今日はマルチ安打を放ったバッターが3人出ました。

1人目村松様でした。一昨日の猛打賞に続き、今日も2安打1四球の活躍。

060612-e.jpg

しかし、気が付けば8回からはピッチャーの打順との兼ね合いで、ベンチに下がりました・・・。その時点で2安打している打者が、です・・・。

2人目は、今日唯一のタイムリーを放ったダカヒーでした。

060612-d.jpg

一時は、ピタリとバットから快音が消えてしまいましたが、この3連戦からまた当たりが戻ってきました

開幕直後は、狙え!首位打者!とか言っていた時もありましたよね。その感じを思い出せたということなのでしょうか? これからも期待したいですね!

しかし9回、タイムリーを打った場面と同じく、2塁にランナーをおいた場面で代打を出されてしまいました・・・。それまでタイムリーを含む2安打している打者が、です・・・。

しかも代打で登場したのは、日本でまだ1本もヒットを打っていないあの方ですよ・・・。

頑張ったと思いますが、結果は見えていました・・・。はい、そうです

空振り三振でした・・・。

中村監督様は、本当に一か八かという博打がお好きですねぇ。最近は、殆どが不発ということが虚しさをより強くさせてくれていますね・・・。

最後の3人目は、その2塁ランナーだった良太でした。

4回の三遊間を破るヒットに続き、9回は先頭打者としてセンターオーバーの2ベース・ヒットでチャンスを作りました。

しかも、その相手ピッチャーはアノ人でした。

060612-f.jpg

あわやホームランか!という非常に大きな当たりでした。

残念ながら大活躍とは行きませんでしたが、我々ファンの期待には充分応えてくれていると思います。

060612-g.jpg

今までキヨしか大きい当たりを打てなかったくるーんさんまでも打った良太順調にブレイクへの道を歩んでいますね!

次回からは讀賣、阪神と全国中継もあることでしょう。そこでの大活躍にいやが上にも期待が高まります

早くこの目で打席を見たいです!!


本やんは、結局5回と2/3を投げてマウンドを下りました。

被安打3 与四球1 奪三振6 失点2(被本塁打2)

060612-c.jpg

ホームランを2本も、しかもどちらも2アウトから、というところは責められて然るべしではありますが、連打で大きく崩れることはありませんでした。

試合は作ったといえると思います。今季初先発、しかもスライド登板という条件を差し引けば、次回の先発も見てみたいと思えるピッチングだったと思います。

まぁ8連戦が確定した今となっては、頭数が足りないのでイヤでも先発があるとは思いますが(笑)。

本やんのあとは、お馴染みになりつつある小刻みな継投でした。

もしや、交替を頻繁に行うことで相手の戦意を喪失させることがこの継投の真髄だとしたら悲しすぎますが・・・。

本やんの残したピンチはヨシカーの勝ちゃんが凌ぎ無失点

7回は、金子君、山省、ハギーで一人一殺(笑)。

勝負を諦めていない継投ではありましたが、見ているこちらまで集中力が切れそうでした。

しかし最後は、アイカー@亮二さんの打球を、アイカー@良太が捕るという、大変レアなシーンが見られたことで全てが許せました(爆)

で、8回は誰が?と思っていたら、ハギーが続投・・・。良ハギーか、悪ハギーかを見極めようとした瞬間、代打の鶴岡さん(not Fs)にレフト中段に被弾

横浜シリーズ初戦の村田さんのサヨナラ以来久し振り(笑)のホームランでした。


3塁・栄二様、ショート光尊様の注目の新・三遊間

守備機会は、光尊様へのゴロが1度あったきりでした。

もちろんその時は、何の問題もない華麗なプレーで、期待する向きも多いであろう(笑)「波風」も全く感じることなく処理されました。

ただ、打撃面はともに3番と5番のクリーン・アップに抜擢されていましたが、栄二様は初回にヒットが出ましたが、光尊様はノーヒット・・・。

残念ながら、よしくんとともに仲良く続けて来られた連続試合安打は、光尊様だけが7試合で途切れてしまいました。

明日から再び気持ちを切り換えて、攻走守全てで私たちを魅了してください!


今日のTV放送の実況は、TBSの大ベテラン・深澤弘アナウンサーでした。

久し振りに聞く懐かしい声色に酔いたかったのですが、「バッファローズ」と136回、「ブルーウェーブ」と1回、塩崎か相川のことを「塩川」という間違いが1回・・・。

それを聞かされるBsファンの身にもなってほしいと思いましたが、誰かと同様に、苦言を呈することができる人はいないようで、最後まで変わりませんでした。

解説の駒田さんも気づかなかったことですしね、仕方ありませんね。

060612-h.jpg

今日の負けは悔し過ぎました。

しかし、それよりも2安打を放っている村松様とダカヒーを替えてしまったことには未だ納得がいきません・・・。

今日は眠りが浅くなりそうです。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月11日 対横浜は雨天中止(横浜S)

本日の横浜6回戦は、降雨の為、

12時40分に中止と決定いたし

ました。


だそうです・・・。

先発予定は、予想どおり本やん登録即先発でした。

替りに抹消されたのは、予想に反して昨日好投した香っちゃんでした・・・。

予想というより、私の希望は外国人野手だったのですが・・・。

今日の中止で、久し振りに明日は普通の月曜日を迎えることができます(笑)。

私も気が緩み、コメントをいただきましたてんてん。さまみずなさまと同様に、他球場の試合を巡視しつつ、時折ウトウトしつつ、久し振りにのんびりと休養することができました。

休養」って大切ですね~。チームの皆様にとっても、今日が有意義な休養となられたことを心から祈っております。

でも、喜んでばかりはおられませぬ(苦笑)。

先に中止となった讀賣戦(ホーム)が19日に入った場合は、最高で明日から8連戦ということになります・・・。

それはそれで厳しいですがねぇ。

まあ、先のことは先で考える(笑)ということで、今日の中止・休養が栄二様やキヨ、キタガー、塩Z(そして中村監督様)にささやかな充電の時間がプレゼントされたのだという風に、受け止めたいと思います。


幻となってしまった今日のスタメンを確認しておきましょう。

 1 LF よしくん .283 3本
 2 CF 村松様  .308 2本
 3 3B 栄二様  .294 3本
 4 1B キタガー .292 4本
 5 SS 光尊様  .349 1本
 6 2B 塩Z   .276 4本
 7 RF 良太   .381 3本
 8 C  ダカヒー .226 1本
 9   本やん

見たかったですね~。見どころ満載の今日のスタメンですね~。

外国人選手は「リョータ・アイカーただ一人です(爆)

栄二様と塩Zの守備の負担を考慮して、それぞれサードとセカンドへ配置換ですね。

って、やっぱり休ませてあげることは、どうしても叶わないのですね・・・。

(ベイスターズは、たくろーさんを今日はスタメンから外して休養させる予定でしたが・・・)

代って守備の要・ショートのスタメンは、我らが光尊様でした!

060611-a.jpg

ショートはクビになりました()・・・

自虐的に答えておられた昨年の週刊ベースボールで、全国の光尊様ファンの涙を誘ったインタビューでの一言でした。

それからの守備位置は転々・・・。

サード → セカンド → ファースト(スタメンは無し)

そしてこの日、今季3度目のショートでのスタメンでした。

ただし、昨日初めて守ったファーストを除いては、エラー記録していない唯一のポジションがショートです。

元々はBWでもショートとして育てられてきた光尊様非常事態につき、光尊様守備力再度評価されたと理解させていただいてもOKですか?

それだけに、今日携帯の速報で「スタメン・ショート」を見た時には感無量でした。危うく携帯画面が、滴る涙で水没状態になるところでした。

全てのプレーに対して、いや一挙手一投足全てにおいて全力で「魅せる男光尊様・・・。

そして、そのプレーはご本人の知らない場所で、ご本人の想像の約5.3倍ほどの数の全国の光尊様@チャラ夫フリークスを、決して裏切ることなく確実に熱狂させて下さいます。

出場の度に凡人の想像を遥かに超える「奇跡」を、私たちの深層心理深くに刻み続けて下さる男、光尊様・・・。

是非とも、ショート守備も頑張ってください!

060611-c.jpg

マサヒロが帰ってくるまでとは流石の私もそこまでは思っておりませんが、できれば数試合波風の立たない程度で乗り切って下されば、私たちも鼻高々になることでせう。

蛇足ですが、今季3度目のスタメン・クリーン・アップの5番でしたね。

過去2試合は、3番で2打数ノーヒット、5番で4打数1安打でした・・・。

今度こそ、ランナーがいる場面でド派手な勝負を決める一撃で、光尊様ファンが心から待ち望む「お立ち台」へ駆け上ってほしいです。


気が付けば、今日もまた光尊様ネタで行数を誤魔化してしまいました(爆)。


次は、期待の良太@アイカーです。

7番・ライトです。現在の打者の中にあって「希望」の象徴です。

060611-e.jpg

最もHRを期待してしまう選手ですが、今季はサーパスでは1度もホームランがなかったバッターでした。

ところが、一軍へ呼ばれたとたんに試合で3本・・・。

このペースでホームランを打ち続けると・・・。ホームラン王に手が届きますかね!?

060611-d.jpg

たまには、こんな夢のような妄想も楽しいですね(笑)


最後は、投球が安定しつつあった香っちゃんを抹消してまで上げた、本やん・・・。

オリックス本柳が1軍に合流

オリックス本柳がこの日の横浜遠征から1軍に帯同した。出場選手登録はまだだが、合流初日からブルペンで投球練習。「(先発のチャンスは)ありますかね? アドレナリンが体中にわきあがっている状態なので、あればいいなと」。前回4月26日に1軍登録されたときは、中継ぎ7試合で防御率5・40と好結果は出せずじまい。今回は11日の横浜戦が先発の谷間にあたるため、今季初先発の機会を心待ちにしていた。

なのに、本やんにとっては無情の雨・・・。

明日にスライドでしょうか。

060611-f.jpg

アドレナリンが枯れていないことを祈りたいですね!(笑)


明日は、久し振りに傷心ではない「月曜日」を迎えることが出来ます。しかも、2回目の「マンデー交流戦」ですね。

前回の「月曜日」の試合は・・・・・いらんことを思い出してしまいました(涙)。


明日からの一週間、野球とは関係なく(笑)、元気に頑張りましょう~!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月10日 対横浜・交流戦第5回戦(横浜S)

初回の攻撃。4安打を集めて先制!!今日こそ、違うぞ!

ただし、得点は併殺の間に還った1点だけでした。

その数分後には同じく4安打で4点を失い、あっけなく逆転・・・。

その後もランナーは出るもののタイムリーはなく、2本のホームランも判で押したようにソロ・・・。

今日も同じでした・・・・・。



    Bs 4 - 7 YB



1回表Bsの攻撃。

先頭打者のよしくんは、いきなり左中間を破る2ベース・ヒットで出塁。

2番・村松様ライト前にヒットで続きます!これでノーアウト1・3塁先制のチャンスです。

3番・栄二様は、サード・ゴロ併殺打。しかしこの間によしくんが還り1点・・・。今日も先制です。

060610-a.jpg

この後もキヨ塩Z連続でセンター前ヒットでベイスターズ先発のアゴ倉門倉さんを攻めます。

しかし、ガルちゃんに代わって久し振りに1軍登録・スタメンのジェイソンは、空振り三振・・・。

4安打を集中した割には1得点のみ打点は0。今日の試合の行く末を既に暗示していたのかも知れません。


その裏の守り。Bs先発は、予想通りオバちゃんでした。

060610-b.jpg

今日は、最近影を潜めていたかに見えた、オバちゃんを語る上でのキーワード「立ち上がり」が鮮やかに炸裂しました。

1点先制で気分よくしていた首脳陣、野手、そして我々ファン冷や水を浴びせるに余りある逆転劇

ただし、オバちゃんだけのせいではなく、守備の乱れも絡みました。

記録に表れたエラーや表れない拙い守備の数々・・・。討ち取った当たりがなかなかアウトに出来ないもどかしさ・・・。みんなイライラしていたことでしょう。

みんなで足を引っ張り合っていましたね・・・。

結局Bsと同じく4安打でしたが、タイムリーエラーなど拙いプレーも重なって4失点

しかし、今日はいつもと違うぞ!

失点直後の得点でした。

2回表、先頭の7番・アイカー良太が惜しくもレフトスタンドには僅かに届かず、ダイレクトフェンスの2ベース・ヒットで斬り込みます。

しかし、的やんとオバちゃんが倒れて、ランナーそのままで2アウト

ここで1番に打順が還ります。ランナーがいる場面での俺達のよしくん・・・。

しかし、多くの方の予想を裏切り、センター前へタイムリー!

060610-c.jpg

アンチよしくんファンのお口に、少しの間チャックをすることが出来ましたねっ!

よし、ここから少しづつ点を返して後半勝負だ!

と思った矢先にオバちゃん遂に炎上

060610-d.jpg

結局2回もたず6失点でマウンドを下りました・・・。

その後は中継ぎピッチャーの品評会の如く、いや、言い方が悪いですね。オールスターのように短いイニングで次々とピッチャーを繰り出しました。

060610-f.jpg

2番手は岸田君。先週のスワローズ戦以来、久し振りの登板で、無失点の投球でした。

060610-g.jpg

3番手は、びっくりしました。金子君でした・・・。1軍再登録後、初めての登板でした。ここまで登板がなかったので、いよいよ明日、プロ初先発か!?と楽しみにしていたのに・・・。ここで登板でした・・・。

ということは、明日は噂どおり登録即先発本やんになるのでしょうかね?

※ 業務連絡(良かったですね!明日遠征されるmiyu35さま!

しかし、金子君自らのボークや暴投1点を献上してしまいました。

その後は山省、ヨシカーの勝ちゃん、香月の香ちゃんと繋いでいきます。

オバちゃん6点以外は1点しか与えていない、今日のリリーフ陣でした。


打線は一気呵成にという攻撃は皆無

ただ、昨日の2本のソロホームランに続いて今日も2本のソロホームランが飛び出しました。

3回に、自らのタイムリーエラーの借りを返した栄二様第3号

060610-e.jpg

6回には、売り出し中良太にも第3号が飛び出しました!

060610-i.jpg

良太は、3塁スタメン。その後は守備固め(話題の)光尊様が入られるとライトへ。

内外野を守れて一応)、長打力のある若手一応)野手。魅力的ですね~!

ブランボーやジェイソンを行ってますね。もう、外国人野手に頼る必要は全くないように思いますが、どうでしょうねー??

ジェイソンは、今日はスタメンで2打数無安打

060610-h.jpg

未だ、来日以来1軍で1本もヒットを打てていません・・・。

ブランボーは、今日は代打で1打席。ランナーがいると併殺打の可能性が高いので、今日はランナーがいない場面で。ただし、見逃し三振でした・・・・・orz

いっそのこと、良太外国人登録で、登録名を「マイケル中村」さんに習って「リョータ相川」にするというのは如何でしょうか(笑)。

これで外国人大好き中村監督様も、何の躊躇なく良太を使い続けることができると思いますが・・・。

宝くじが当たる確率と、良太活躍する確率を一度冷静に計算してみて欲しいと思います。


得点はこの2本のソロ・ホームランによる2点を追加しただけで、今日は「全員イニシャルがK」のベイスターズの4人の投手陣の前に沈黙しました・・・。

13安打4得点。昨日に続いて二桁安打でした。

村松様は、今日はただ一人、久し振りの猛打賞と気を吐きました。

060610-k.jpg

光尊様は、代打で途中出場で2打数1安打。チャンスでは凡退でしたが、今日もヒットを打たれました。

060610-l.jpg

これで打席は少ないものの、6試合連続ヒットです。すっかり「安打製造機」ですね!!打率も、すんごいことになっております(笑)。目指せ首位打者


2日連続で二桁安打を打っても、ヒット数は約半分のベイスターズの、7安打で7点という超効率的な攻撃の前に、今日も屈しました。

ベイスターズの守護神のクルーンさんが最後のマウンドに上り、最終バッターとなったのは因縁の対決となったキヨでした。

その2球目には161kmの日本最速タイも出ました。

最後は、146km(!)のフォークにバットが空を切りました

060610-j.jpg

これで9連敗以来の3連敗になってしまいました・・・。

明日は横浜戦の最終戦です。が、投げるピッチャーがいません・・・。

梅雨なのに、雨は降りませんねぇ。


しかし、試合以外のところで、そろそろ何らかの嵐が吹き荒れそうな予感がします・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



6月9日 対横浜・交流戦第4回戦(横浜S)

今日の先発は若きエース平野よし君

この試合が始まるまでの防御率は1点台・リーグ堂々の2位

好投に引っ張られるように、打線は久し振りに「」となり5点差を付けました。

あとは、完封までのカウントダウンをゆっくりと見守るだけでした・・・・。

ところが・・・。

8回に一挙5失点で追い付かれました。

そして延長10回裏。これがセ・リーグの若き本塁打王のパワーと言うものを見せていただきました。



    Bs 5 - 7× YB



平野よし君は立ち上がりからいつもどおり、安定したピッチング。

序盤は味方打線の拙攻を見せられながらも(笑)、淡々と自分のピッチングを続けました。

060609-a.jpg

そのリズムがこれまたいつもどおり、打線にも良い流れを呼び込みます・・・。

初回、先頭のよしくんセンター前ヒット。2番・大西君、空振り三振。3番・栄二様レフト前ヒット。4番・キタガーセンター前ヒット

ワン・アウト満塁のチャンスを掴みます。

が、5番・ブランボーセカンド・ゴロ併殺打・・・。

2回には1アウトから良太が、3回も同じく1アウトから大西君が、それぞれレフトオーバーの2ベースヒットでスコアリング・ポジションに出塁しましたが、後続が凡退・・・。

今日も昨日までの流れを引きずっているのかと悲しくなってきました・・・。

ところが、平野よし君の好投に打線がようやく呼応

タイムリーあり、ホームランあり、犠牲フライあり・・・。

拙攻を繰り返してきた打線がようやくバラエティーに富んだ得点を見せてくれました!

その口火を切ったのは、4回の攻撃。先頭の5番・ブランボーのレフトへの2ベース・ヒットでした。

060609-b.jpg

そして6番・塩Zがライト線を破るタイムリー・3ベース・ヒット先制!

060609-c.jpg

これが1点目

7番・良太は惜しくも3塁ライナーで倒れますが、8番・ダカヒーがライトへ犠牲フライ

060609-d.jpg

これでこの回、2点目平野よし君防御率を考えれば、大きく勝利に近付きました。

更に6回の攻撃です。

先頭の4番・キタガーがレフトへぶち込む、第4号ソロホームラン!

060609-e.jpg

これが3点目でした。

5番・ブランボー凡退の後、6番・塩Zキタガーと同じような当たりでレフトスタンドへ叩き込む第4号ソロホームランを放ちます!

060609-f.jpg

これで4点目塩Zは、2打席連続で打点を記録しました。

Bs打線は、この後も攻撃の手を緩めません。

続く7番・良太もこの日2本目のヒットをライト前へ運び出塁。

8番・ダカヒーは倒れて2アウト

ここで9番、ピッチャーの平野よし君がセンター前にポトリと落とす、記念すべき、嬉しいプロ初安打が生まれました。

060609-h.jpg

ベイスターズ先発の元西武・土肥さんは、6回途中4失点。ここでマウンドを下りました。ピッチャーはソニアさん(誰?)に替りました。

2アウトながら、ランナーは2塁・1塁。

ここで迎えるバッターは、1番の本家・よしくん

060609-g.jpg

よしくんらしい、詰まり気味ですが測ったようにセンター前に落ちるタイムリーヒット!これで遂に5対0。この日最大の5点差がつきました。

よしくん久し振りの打点がついたので、少し照れてましたね(笑)。

平野よし君の出来からして、今日は楽勝だと確信しました

060609-i.jpg


ところが・・・・・。

8回に、突然乱れます・・・。それも一気に4失点です。ヒットにはなりましたが、守備が乱れたところもありました。塩Zの平凡なゴロを弾くタイムリーエラーもあり、気の毒な面もありました。

しかし、縦割れのスライダーほぼ真ん中に集まりはじめて連打を浴び、それが長打にもなりました。明らかに平常心を失い、コントロールを乱したように見えました。

何が何だかわからないうちに降板。残ったランナーも犠牲フライで還られ、勝ち星まで消えてしまいました・・・。

本当に野球は、何が起こるかわかりませんねぇ・・・。テレビの前で、しばし凍りついてしまいました。


それでも、勝ち越しのチャンスが9回に巡ってきました。

大西君と光尊様が1アウトから連打で出塁しました!絶対に諦めないという執念が生んだ最後のチャンスでした!

が!! 運にもツキにも見放されたかのように・・・

その2人が連続で本塁憤死・・・


松山コーチは、いつからメガネをかけるようになったのでしょうか?でも、そのメガネの「度」は本当に合っているのでしょうか?

2度ともホームの遥か手前でキャッチャーにボールが帰ってきていました・・・。

送球が逸れることを期待した一か八かの勝負だったのでしょうが、テレビで見ているとどちらも全く惜しくないタイミングでしたので、主審のアウトのジェスチャーを冷静に見ることが出来ました(涙)・・・。

大西君はスライディングしませんでした。それだけ遥か手前でアウトとわかりました。

060609-j.jpg

2人目の光尊様は、完全に無理とわかっていてもスライディングをされました。またどこか怪我をしていらっしゃらないか心配です。

060609-k.jpg


とにかく、勝負の神様からは完全にソッポを向かれたようですね。


平野よし君のあとは菊さま、大輔と何とか9回終了まで同点で繋ぎ、試合は延長戦へ。

10回裏のマウンドは、ハギー

私の嫌な予感は、本当によく当たります

先頭の2番・小池さんを討ち取ったものの、3番・たくろーさんにはセンター前に運ばれ、そして4番のホームラン王・村田さん。

絵に描いたように右中間へ、今季両リーグを通じて1番乗りとなる第20号・・・。

サヨナラ2ランホームランでジ・エンド

060609-m.jpg

060609-l.jpg

平野よし君は、前回の横浜戦ではキヨサヨナラ逆転満塁ホームランという信じられない勝ち方を経験し、今日は5点差をひっくり返されて最後は同じくサヨナラホームランという信じられない負け方を経験しました。

これからの長いプロ生活での糧にしてください。

チームにとっても天国から地獄・・・。ショックの大きすぎる連敗になってしまいました。

しかし、打線は久々に猛打爆発の14安打(5得点は少ないですが)。明日にもつなげて欲しいです。

明日はオバちゃんでしょうか?

勝ち負けの序列から推察すると、明日は「白の番」です。

今はそれにしか、すがるものがありません・・・。

がこぼれないように、いま必死で上を向いています

今晩は早く休んで、出来るだけ早く気持ちを切り替えようと思います・・・。

ビール飲んでもいいですか?


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




6月8日 対広島東洋・交流戦第6回・最終戦(スカイマークS)

33回目の誕生日を自ら祝うかのように、今季最少1失点完投の素晴らしいピッチングでした!

しかも選手会長らしく、不安の残る中継ぎ陣を休ませる完投

ただし、4回1アウトランナーなしの場面。嶋さんに対する初球が、何かに魅入られたように真ん中へスーッと入りました・・・・・。

この1球に、川越選手会長泣くことになろうとは、このときは夢にも思いませんでした。


    Bs 0 - 1 C


先発の川越選手会長は、今日が33回目の誕生日でした。

奇しくもこの日の午後3時、既に発表された九州地方や四国地方に続き、近畿地方の今年の梅雨入りが宣言されました。

今日のスカイマークS上空は、試合開始直前から試合終了後まで時折激しさを増しながら、ずーっと雨が降り続きました

昨日までとは打って変わって、いかにもな梅雨の空でした・・・。

選手の皆さんも大変でしたが、スタンドへ出かけられた皆様方は、本当にお疲れ様でした。

誕生日に無様な姿は見せられない!と、今日の川越選手会長は雨にも関わらず、本当に素晴らしいピッチングで序盤から飛ばしました。

001.jpg

初回、先頭の東出さんに初球を狙われ、レフト前ヒットで出塁を許します。次打者松本さんも初球を送りバント。

僅か2球で、スコアリングポジションにランナーが進みました・・・。

しかし、3番・嶋さんを1ゴロ、4番・新井さんはピッチャーゴロに仕留め、上々の滑り出しを見せてくれました。

結局今日は9回を一人で投げ抜きましたが、塁上に立たせたランナーは4人だけでした。

全27アウトのうち、内野ゴロが12本。奪三振は6

アウトの半分以上が内野ゴロか三振。いかに素晴らしい内容であったかが窺い知れると思います。

それなのに、勝ち星を手にすることは出来ませんでした・・・。

それだけに4回の「あの1球」だけが・・・。悔やんでも悔やみきれない1球になってしまいました。

先頭の2番・松本さんを3塁ファールフライに討ち取り、2打席目となる3番の嶋さんが打席に入ります。

最初の打席は、1塁ゴロに討ち取っていました。

その初球でした・・・。

何故か中途半端な球速のボールが、スーッと何かに魅入られたように真ん中に入っていきます。

強振した嶋さんのバットの芯がボールを捉えると、そのままライトスタンドへ一直線

1点を先制されてしまいました。

しかし、今日の会長ならこの1点だけに抑えてくれるかも知れない・・・。なかなか爆発してくれない打線も、2・3点くらいなら取ってくれるでしょう。勝利の可能性は、まだまだ高いはず!!

そう信じて見ておりました。

何より恐いものは、カープ打線の爆発よりも、たった1点のビハインドでもあっても途中で強制終了をさせることもあり得る、試合開始から降り続く雨でした。

「相手ピッチャー」と「降り続く雨」。

勝たねばならない相手が2つも目の前に立ちはだかります・・・。その焦りが、Bs打者の逸る気持ちを空回りさせたのでしょうか?・・・


相手ピッチャーは、カープの新外国人投手であるダグラスさん。言わずと知れたデビちゃんの後釜で獲得した、同じように長身のピッチャーです。

しかし、既に現在セ・リーグトップ・タイの7勝を挙げているピッチャーです。

その実績どおり、Bs打線に付け入る隙を与えてくれません。

100球を越えたあたりの6回でマウンドを降りましたが、僅かに散発の4安打に封じ込まれました。

しかし、手も足も出ないと言うよりは、Bs打線拙攻で助けたとの見方の方が正しいかもしれません・・・。

それは、川越会長今日も無四球であったのに対して、ダグラスさんは4安打に加えて3四球もくれました。にも拘らず、チャンスで今日もあと1本が出ませんでした。

昨日の勢い、と言うものは今日の雨で綺麗に流されてしまったのでしょうか?

結局、7回以降はカープの小刻みな継投にかわされ、この間僅かヒット1本しか奪えずに最終的には完封されてしまいました・・・。

昨日はBsが見事に完封リレーで逃げ切り、今日はカープがお返しとばかり1点を守り抜いての完封リレー。

川越会長は、9回を一人で投げ切り

被安打5 与四球0 奪三振6 失点1

060608-2.jpg

ダグラスさんを上回る素晴らしい投球内容でした!

文句のつけようのないピッチング。にもかかわらず、最後に待っていた誕生日プレゼントは「黒星」・・・。

まさかこの様な結果になるとは、私も想像できませんでした。

060608-7.jpg

これで、今季8試合目の完封負けです。そして4試合目の0対1での敗戦です。

9連敗・4連勝のあとは、図ったように●●○というペースを刻んでいます。

ということは、明日は負け・・・。いや、明日は平野よし君ですので、完封勝ちが期待できますね(笑)。


Bs打線は、カープ打線と同じく今日は5安打でした。

よしくん、光尊様、キタガーにヒットが出ています。そして暫くヒットの出なかったダカヒーは、今日は久々に2安打マルチ!


その他にも今日は、サプライズがありました。

ぐっちと田中君抹消し、迎君とブランボー登録されました。

ぐっちは昨日、代走で盗塁を決めたばかりでしたが、結局1軍通算は9打数で1安打のみに終わりました。

田中君は、一輝の1打席に次いで郁洋と並ぶ2打席のみでの降格でした。しかし、出場試合数一輝の5試合をはるかに下回る、僅か2試合のみでした・・・。

2人とも、再びサーパスで打ちまくって、もう一度1軍での晴れ姿を見せてください!

替わって上がったのは、2度目の昇格となる迎君

060608-3.jpg

前回の無念の降格後も、サーパスに戻ると直ぐに打ちまくっていました

特に今日の昇格の決め手となったであろう直近の5試合に限ってその成績を見てみると、

23打数 12安打 6打点 2本塁打  打率 .522

もちろん5試合連続ヒットです。しかも3安打が2回、2安打が3回

驚異的な成績でした!!

実は今日のブログのおまけで、迎君のこの成績のことをご紹介しようと思っていたところだったのですが、それよりも早く1軍からお声がかかったのですね。

本当に嬉しいです。

この神懸り的な活躍に応えての今回の昇格でしょう。そして今日登録即スタメンでした。

旬の選手を即使う中村監督様、ありがとうございました!

結果は1打数0安打とヒットは出ませんでしたが、2四球と粘って2度出塁を果たしました。

前回のスタメンでは、いきなりホームランを放つド派手なデビューを飾りましたが、今回は渋く2四球ライトの守備でのファインプレーでその存在をアピールしました。

言わずもがなですが、Bsの誇る若手期待の一番星です。

今回こそ、1軍定着に向けてのコンスタントな活躍(チャンスがあっての活躍ですが・汗)を望みます。

大丈夫でしょう!きっと、それに立ち向かえる選手になりました!


一方、同時に昇格したブランボー・・・。

060608-4.jpg

迎君と同じく直近5試合の成績を見てみました。

9打数 3安打 3打点 0HR  打率0.333

悪くない数字ですが、直近の2試合は欠場しています。

しかもこのくらいの数字で昇格なら、他に上回る成績の選手は何人もいます。

「当たれば、もの凄いぞ!」

・・・宝くじを買った、ということですかね・・・。

ブランボーは今日は途中出場。マッキーの代打で登場した最初の打席では四球でしたが、7回のノーアウト1塁のチャンスでは、いい当たりではありましたが惜しくもセカンドゴロ

4-6-3のダブル・プレーに終わりました・・・。

見ていて痛々しい気持ちになったのは、私だけでしょうか?


3回の村松様の打席での疑惑の判定では、中村監督様時間にして約5秒にわたる猛抗議も実らず完璧な3塁強襲のヒットがファールに・・・orz。

060608-5.jpg

その次の打席では、鬱憤を晴らすかのように、アウトにはなりましたが1塁へのヘッドスライディング。まさに泥にまみれても飽くなき勝利への執念を見せてくれた村松様でした。

また、強まる雨脚により2度にわたる中断・・・。その度に降りしきる雨の寒さコールド負けに対する恐怖と戦い、震えておられたであろう現地へ行かれた皆さんのことを思っておりました。本当にお疲れ様でした。

060608-6.jpg

文字通り寒い試合だったかもしれませんが、私には川越選手会長と現地で応援されていた方々の熱き思いは、確かに届きました。

川越会長の今日のこの好投は、次回または次々回または次々々回必ず報われることと信じています!

これでカープとの対戦が終わりました。私は昨年はスカイで、今年はドームで1試合しか観戦することはできませんでしたが、あの「スクワット応援」はとても迫力があり見ていても楽しかったです。

同じく現在リーグ5位のチームを応援しているファン(笑)としては、あの一体感は本当に羨ましく思いました・・・。

また来年の対戦が今からとても楽しみです(笑)。

広島東洋カープとの今年の対戦成績は、これで3勝3敗の全くの五分に終わりました。

交流戦勝ち越しのチャンスは、だんだんと遠のいていきますね・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!




6月7日 対広島東洋・交流戦第5回戦(スカイマークS)

今日はカープの大エース黒田さんが相手。

今のBsの状態では勝ち目は少ないだろうと、正直思っておりました。

ところがどっこい!

打線が小刻みに1点ずつ取った3点を、崩壊したはずの中継ぎ陣が慎重かつ小刻みに繋いで守り抜き、

何と0封勝ち!!

結果的に5人のピッチャーの総力で、相手エースの黒田さんを上回る素晴らしいピッチングのリレーになりました。

最後は、前回ヤクルト戦では期待を裏切って試合をぶち壊した大輔が、暫定的クローザーとして最後、カープの誇るパワフル和製クリーンアップを3人で締めてゲームセット。

中村監督様には、1日遅れのバースデープレゼントとなる嬉しい白星になりました。


    Bs ③ - 0 C


まずは、何をさておいても先発の吉井組長です!

060607.jpg

今日は相手がセ・リーグを代表するエースということで、吉井組長も燃えるものがあったと思います。

その黒田さんは、噂に違わず素晴らしいピッチングでBs打線圧倒します。

その素晴らしいピッチングのリズムに呼応するかのように、吉井組長毎回のようにヒットは打たれますが決して連打を許しません

若い打者が多いカープ打線に対しては、裏の裏のそのまた裏をかくような老獪なピッチングで、翻弄しました。

まさに、酸いも甘いも知り尽くした芸術的なピッチングでした。

決して盗作ではありません

ただ、アクシデントのため、5回でマウンドを降りたのは後々の継投を考えると大変不安ではありました・・・。

成績は、5回を投げて散発の4安打無四球。2奪三振。失点は0

文句の付け様のない、内容でした。

右足をマウンドの穴に引っかけたため、念のため大事を取っての交替だったそうです。ピッチングへの影響が気になるところですが・・・。


その吉井組長の素晴らしいピッチングに何としても応えたい気持ちはヤマヤマなれど、いかんせん相手は黒田さん

そう簡単には打たせてもらえそうもありません・・・。

ところが、2回です。何と初ヒットを放ったのは、誰あろう愛しの光尊様、その人でした。

20060607224251.jpg

やはり、出場の度に勝敗を越えた部分での奇跡を起こし続ける男、光尊様

更に、2打席目の4回の打席でも連続でヒット

20060607224404.jpg

この時点でもしかしたら、勝つ(または大敗の予感がしました。

今日は疲れの溜まった栄二様休養させるため(?)、セカンドでのスタメンでした。

連続試合失策記録途絶えたものの、内野安打メーカーとしてフィールドを縦横無尽に走り回られる最近の光尊様でしたが、最も苦手なはずのセカンドの今日は、エラーも内野安打もなしでした!

もっとも、守備機会が少なかったというのもありますが(笑)。

心なしか、今日はマッキーと三遊間を組んだ塩Zが、溌剌とプレーしているように見えたのは気のせいでしょうか?

結局、黒田さんから放ったヒットは、僅かに4本その内の2本光尊様が放たれました。

ただし、そのどちらも得点には絡みませんでしたが(笑)、黒田さんの頭に血を上らせることは充分にできたのではないでしょうか?

残りの2本のうちの1本は、3回のよしくんセンター前ヒットでした。貴重な先制点をアシストしました。

先頭の9番・ダカヒー四球の後でした。ネガティブなBsファンなら、ここは間違いなくゲッツーを予想したことでしょう・・・。

しかし、1番・俺達のよしくんは「らしからぬヒットを、「らしく詰まりながらセンター前に落としました。

20060607224801.jpg

ノーアウト1・2塁とチャンスを大きく広げる貴重なヒットになりました。

続く2番・村松様はピッチャー前に、1球目失敗の後の2球目を上手く転がして送りバント成功

ここで3番・キタガーは、1打席目に続いてバットをへし折られるショートゴロに倒れますが、タイミングよくスタートを切ったダカヒー生還しました!

20060607224921.jpg

タイムリーヒットにはなりませんでしたが、何とか先制点を奪うことができました。

20060607225013.jpg

やはり、「笑門福来」効果ですね!

1対0のまま6回まで試合は進みます。ここまで黒田さんの前に僅か散発の3単打

ここで4安打目が生まれます。しかも初の長打、ホームランでした!

20060607225127.jpg


1アウトランナーなし。4番・キヨがエース黒田さんと3度目の対峙です。

スイングとしては決してホームランを連想させる振りではありませんでしたが、スライダーの落ち際を上手く「払った」という感じでした・・・。

低い弾道ながら、何とそのままレフトスタンドの最前列に飛び込みました。ランナーがいない場面でしたが、黒田さんとカープベンチにとっては痛い痛い1点となりました。これが2点目でした。

20060607233530.jpg

キヨの第5号のホームランは、Bsにとっては願ってもない中押しとなりました。

アクシデントでマウンドを降りた吉井組長からのリレーで勝負!との覚悟を決めた中継ぎ陣にも大きな勇気を与えたことでしょう!

黒田さんは、後続を2者連続で空振り三振に討ち取り意地を見せますが、この回でマウンドを降りました・・・。

キヨはその後も替わったカープの横山さんから8回に、センター前へタイムリーヒットを放ちました。これがダメ押し点になりました。これが3点目でした。

今日は中押しのホームランダメ押しのタイムリーという大活躍でした。

あの「奇跡の5.27」以来のお立ち台に立ちました。

20060607233408.jpg



6回からは渾身の投手リレーでした。

山省 0回・2/3  被安打 2

吉川 0回・1/3  被安打 1

菊様 2回・0/3  被安打 0

大輔 1回・0/3  被安打 0

先発の吉井組長とリリーフ陣の合せて5人のピッチャーで完封リレーを達成です。

勝因の一つには間違いなく、5人のピッチャーの誰一人として今日は四球で出塁を許さなかったということがあると思います。

これが、あのヤクルト戦で崩壊したリリーフ陣とは思えない今日の活躍でした。見違えるようです(笑)。

なかでも、前回は散々の出来であった大輔の顔が、今日は自信に満ち溢れていたように見えたことが印象的でした。

顔を見た瞬間に、今日の勝ちを確信しました。

20060607234259.jpg

カープの最終回は3番から始まる攻撃でしたが、力でねじ伏せて予想どおり3人で討ち取りました。

ミニキャンプ中の大久保様に代わって暫定的なクローザーとして、初セーブを挙げました。

もともと球威Bs投手陣の中でも最高のものを持ったピッチャーです。

あとは、単調なピッチングをしないこととコントロールミスをしない集中力があれば、次世代のクローザーとして花開く素質も充分です。

この非常事態の中で、是非とも何かを掴んでほしいと思います!

20060607235129.jpg

ようやくスカッとする勝利を味わうことが出来ましたが、ここまでのパターンでいくと明日は負け・・・。

9連敗、4連勝と来たあとは、1勝2敗が繰り返されています。

何とか明日勝って連勝、そして交流戦初の勝ち越しを決めて欲しいものです。

明日はその夢を川越会長託しましょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月6日 対広島東洋・交流戦第4回戦(大阪D)

今日は中村監督様お誕生日でした。

最高のプレゼントチームの白星だと思われましたが、遠慮して気持ちだけ受け取られました・・・。

逆にカープ・大竹さんには、待望の今季初白星をプレゼントされました。

監督生活で通算6度目の誕生日だそうですが、6月6日の試合結果はこれで5敗1分け・・・。勝率0割・・・。

成績が奮わないので、当初予定されていたセレモニーも大幅に縮小(あったのでしょうか?私が到着してからは、それらしいことは何もありませんでした)。

中村監督様にとっては、今年も寂しい誕生日になってしまいましたね・・・。


 Bs 2 - 4 C


それにしても平日のナイターにもかかわらず、レフト下段は試合開始前には満員札止め、その後も続々と上段席へとカープファンは詰め掛けます。

甲子園のビジター席の5倍ほどの人数がいらっしゃったのでしょうか?

当日券でも十分に入場でき、誰の気兼ねもなくビジターなのに思う存分の応援、ホームのような感じが味わえることが人気の秘密でしょうか。

Bsファンよりも遥かに多い数のカープファンが、わざわざ中村監督様誕生日をお祝いにやってきてくださったのかという錯覚すら、残念ながら起こりませんでした。

上段・下段が一体となったカープの名物応援「スクワット」。

それはそれは凄い迫力でした。ここだけの話ですが、私もあの中に入ってなまり気味の足腰を鍛えたいと思いました。

P1090896.jpg

見た目の勢いでは、完全に負けていましたね・・・。

どちらがホームかわからない雰囲気の中、試合は進みます。

060606.jpg


Bs先発は、デビちゃん

前回のカープ戦登板は、育ててもらった広島市民球場での凱旋登板でしたが、無残にも1イニング6失点を2回も演じるなどいいところなし。

しかし、その後は再び安定した投球を取り戻し、いまやBs先発陣4本柱の一人として信頼を集めています。

今回こそは、恩返しを!と意気込んでいたことでしょう・・・。

20060607111156.jpg

ところが、カープ打線にはこちらの胸算用とは裏腹に、「デイビー与しやすし」という印象が定着してしまっていたようです・・・。

7回を投げ 被安打11 与四球2 奪三振4 失点4

結果的には可もなく、不可もなくという数字ではありますが、中継ぎ陣崩壊により先発をできるだけ長く引っ張らざるを得ない現状の弱さを見せ付けられました。

1回から7回のうち、3者凡退は6回の1イニングだけ

しかし6回までは2対2と、打たれ強さを発揮して充分に試合を作ってくれました。1度でも逆転してリードする展開になれば、結果も違うものになっていたかも知れません・・・。

Bsにとっては、今季最も失点する確率が高い「魔の7回」。今日もアンラッキー・セブンになってしまいましたねぇ。

3安打と1犠飛で、決定的な2点を奪われてしまいました・・・。

デビちゃんは、遂に勝ち星より負け星が1つ先行です。これにキレず、次回登板でもしっかりと試合を作るピッチングをしてもらえるように、今日最大の労いを与えてあげたいです。


2点しか取れなかった打線にあって、その2点を叩き出したのは「6月のカレンダー・コンビ」、栄二様と漢・塩Zの2人でした。

2回にカープのコング・栗原さんにバックスクリーンへ運ばれて1点ビハインドの4回の攻撃。

先頭の1番・よしくんライト前ヒットで出塁します。

続く2番・村松様は強行しますがバウンドの高いピッチャーゴロ。惜しくもアウトにはなりますがランナーは2塁に進みました。

ここで登場の3番・栄二様

20060607110209.jpg

カープ大竹投手の投じた5球目をライト前に鮮やかに弾き返します!

この打球でよしくんが還り、同点のタイムリーヒットになりました!

20060607110303.jpg

私が観戦した大阪ドームでの試合では、3試合連続同じような写真を載せている気がしますが、決して使い回しではありません(笑)。

チームが苦しい状況の中、何とかしてほしい場面でキッチリと結果を出してくれています。本当に頭が下がりますね。

しかし、ここで一気に畳み掛けたいBsでしたが、続く期待の4番・キヨはサードゴロ併殺打に倒れてこの回は同点止まりで終わりました。


せっかく同点に追いついたのも束の間、直後の5回に3連打で1点を失い、再度引き離されたその裏の攻撃です。

先頭の5番キタガーセンター前ヒットで出塁です。

続く6番光尊様セカンドへの内野安打で続きます。

ノーアウト1・2塁。この日初めて2人のランナーが塁上に立ちました。

ここで迎えるバッターは7番・ガルちゃん。力みが心配されましたが、ここはよく選んで四球

ノーアウト満塁と最大のチャンスが到来しました!

打席は、今日は8番の漢・塩Zです。先のスワローズ線ではクリーンアップの5番に抜擢されて活躍したばかりの打者が今日はこの打順で登場です。

ここで期待に応えられなかったなら、ではありません。

20060607110639.jpg

1・2塁間の隙間を渋く破るライト前ヒットで、1点を返しました!

取られたら即、取り返す。並々ならぬ勝負への執念が実を結び、再度同点に追いつきました。

20060607110755.jpg

ノーアウト満塁のチャンスが続きます。私はこれで、逆転を信じて疑いませんでした・・・。

ところが、このチャンスで9番・ダカヒーはピッチャーゴロ。キャッチャー、そして1塁手へとボールが渡りWプレーという痛恨の一打になってしまいました・・・。

続く、前の打席にヒットを放っているよしくんも、いい当たりでしたがライトフライに倒れ、ノーアウト満塁の最高のチャンスを作りながらも残念ながら1点止まり・・・。

今日の攻撃のポイントは、ここに尽きました。

ただ、押せ押せのムードだけは作りましたので、後半に望みを繋げました・・・。

ところがこの後は、カープの継投にかわされてヒットは8回の村松様の1本のみ。そのヒットも今日3回目の併殺打で得点することはできませんでした。


Bsの継投は、デビちゃんが4点を失った後の8回は山省が2安打を浴びつつも何とか無失点にしのぎ、9回はホーム公式戦では今季初となるヨシカーの勝ちゃんが登板。

20060607111309.jpg

2・3・4番と続く場面で、3番・嶋さんにヒットを許しますが、4番新井さんを2ゴロ併殺に打ち取り3人で締めるナイスなピッチングを見せてくれました。

勝ち試合での貴重なセットアッパーに定着してくれるといいですね!


試合は2本のタイムリーで得点も取りましたし、投手陣炎上で大量失点でもありませんでしたので、怒りが込み上げてくるような負け方にはなりませんでしたが、何かスッキリしないものが残りました・・・。

20060607111429.jpg


中村監督様へのプレゼントとして、この方「1塁ベース」を引き抜いてプレゼントして下さったり

20060607111553.jpg

この方の代打登場で、ライトスタンドでもつられてスクワットをさせられたりといったサプライズが無かったことが原因ではないかと思われます。

20060607111710.jpg


中村監督様への無理やりのプレゼントとして、今季ワーストとなる8個目の借金だけが残ってしまいました。

20060607184904.jpg

本当にやるせないお誕生日でしたが、恐らく誰も言わないと思いますので(涙)私が一言だけ。

お誕生日おめでとうございます。辛い日々が続きますが、あのドラフトでのガッツポーズの時に見せてくださった爽やかな笑顔がもう一度見たいです。応援しています。がんばりましょう!

ファイトだ!中村勝広監督様!!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月5日 今日はお休み・明日からホームでカープ戦

やはりしんどい月曜日でしたね~(苦笑)

ちょっとは元気を取り戻そうと明るいニュースを必死で探しましたが、読めば読むほど暗くなるニュースがほとんどでした・・・。

オリ大久保登録抹消、不調で本人申し出

オリックス守護神の大久保勝信投手(29)が4日、不調のため1軍選手登録を抹消された。中村監督本人が『ファームでやり直したいので時間をください』と申し出てきたと説明。今後は直球の球威を取り戻すためにミニキャンプを張り、2軍戦にも登板する。最短10日間での復帰を目指すが中村監督はその間、菊地原、加藤、萩原の3人を試合展開に応じて代役ストッパーに起用する方針を明かした。・・・・・

期待の大輔が、そしてハギーも、いきなり昨日の登板で打ち込まれため、自動的に暫定的な代役ストッパー菊様になりそうです。

菊様の球威を持ってすれば、充分に代役は務まると思います(願望含む)。

大久保様は、10日間のミニキャンプで再起を目指すことになりました。

自ら登録抹消を申し出た大久保様の心中は察して余りあります・・・。

060605.jpg

しかし、昨年「奇跡の生還」を果たした彼のことですから、不屈の闘志で再び蘇りBsの勝利を締めくくるマウンドへと帰ってきてくれることでしょう。

私は、そう信じています!

2軍戦にも登板するとのこと・・・。こんな時に大変不謹慎ですが、現在首位争いを演じているサーパスにとっては、これ以上ない戦力が加入することになります(笑)。

益々、サーパスから目が離せなくなりましたね(笑)。



オリックス、中継ぎ陣崩壊で逆転負け

・・・・・イニング別失点も昨年は初回の「93」が最多だったが、今季は7回の「45」。深刻な中継ぎの惨状に中村監督は「これだけ崩れてるんで2軍から呼んで1人増やします」と6日広島戦(大阪ドーム)から投手13人制を敷くことを明かした。とはいえ決定的な打開策はなし。我慢の日々が続く。

ピッチャーを1人追加ということです。

先発ピッチャーが1人足りない状況は、以前から変わっていません。それよりも中継ぎ1名増員が急務となってしまいました。

誰が上がるのかという予想は、今回は容易いですね。

恐らく先発もリリーフも経験があるピッチャーでしょう。

20060605205456.jpg

20060605205524.jpg

本やんユウキでしょう・・・。

しかし、失敗を恐れずに若手のきんこ君に経験を積ませて育てるという道も、少しだけ考えてほしいところです。

20060605205640.jpg

この内から1名が、あの方に替わって登録されると思います。

あの方とは・・・。間違いなくキャッチャーのフミヒロ選手でしょう・・・。

これだけの緊急事態で、捕手3人制贅沢でしょうし、使われ方を見ていると上手く活用できていないように、私には思えました・・・。

奇しくも前回の入れ替えの時は、力を入れて予想してみましたが、蓋を開けると全くの予想外であったフミヒロ選手昇格がその答えでした。

この昇格に驚かれた方は、私だけではなかったと思います。

今回の昇格は、10日間だけのことかも知れませんが、今後のチームの行く末を占う意味でとても大切であると思います。

できれば実績のみの人選ではなく、そこから何らかの「希望」が見出せる今回の入れ替えとなるように、切に望みたいです。


さあ、明日からホームです!私も現場で、また力一杯声援を送ることが出来ます!

関東のファンの方には特に辛い週末でしたが、新しい週に替わって流れも変わって、今週末の横浜では、また元気な姿が見られるといいですね。

その前に、明日からのカープ戦で是非ともいい流れを作って欲しいものです。

さあ、私たちホームのファンの熱い応援で、チームに元気を与えましょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月4日 対東京ヤクルト・交流戦第6回・最終戦(明治神宮)

打線は今日も集中力を見せてくれました!

前半の3点ものビハインドを、じわりじわりと追い上げて、後半7回に遂に逆転に成功しました!

チームの諦めない姿勢が、私たちファンにしっかり届きました!

ここまでは・・・。

時間をこの時点で止めることができたなら、最高の日曜日になるはずでした・・・。

中継ぎ陣が、鎮火不能の大炎上

終わってみれば、交流戦優勝争いをしている豪打のチームとの力の差を、まざまざと見せ付けられた大敗でした。


  Bs 5 - 12 Ys


多くのファンをその予想のため、睡眠不足に陥れたかも知れない今日の先発

注目を集めましたが、「苦しい時の萩頼み」という私の予想を裏切って、中4日で東京ヤクルト戦2試合目の先発となるオバちゃんが先発のマウンドに上がりました。

004.jpg

前回のスワローズ戦の先発は、5月14日のスカイマークでした。

もう思い出されましたね?

本拠地初お目見えオバちゃん初回4安打3四死球で6失点。犠牲フライで1アウトをもらったところで降板・・・。

全てのBsファンに、その名前を深く刻み込むことには成功したピッチングでした・・・。

そのメッタ打ちを喰らったオバちゃんを、万全とは思えない中4日で登板させるのは、他に誰もいないという理由以外の何かがあったのでしょうか?

よーーーく考えてみましたが、思い当たることはひとつだけ

今日は捨て試合(笑)・・・・・。

いえ、そんなことはないはず!!

オバちゃんが昨日の若者のピッチングに負けじと素晴らしいピッ・・・・・。

逆転されました・・・・・


時間を少し遡ります。

先制したのはBsでした。

初回、先頭の俺達のよしくんヒットで出塁します。

001.jpg

2番・村松様送り、3番栄二様が打席に入ります。

003.jpg

ここで鮮やかにセンター前に運び、1点を先制しました。

20060604182848.jpg


先制してもらったオバちゃんでしたが、1回こそ三者凡退で期待を高めてくれましたが、2回には前回のスカイマークを思い出させる5安打2四死球を集中されて一挙4失点

あっさりと逆転を許してしまいました・・・。

しかし、オバちゃんはスワローズ打線の同情を買ったのか(笑)、自分のペースを掴んだのか、3回から6回の4イニングを粘って無失点に抑えます。

20060604183125.jpg

前回の中日戦では、あの恐竜打線に対して6回途中まで投げて2失点。

本当に波が大きすぎて計算が難しいピッチャーですね~(涙)。

打線の方は、1対4でも諦めません

5回には、ブレイクに向けてまっしぐらの若武者・良太が、第2号ホームランを放ちます!

20060604183331.jpg

先頭打者でしたのでソロは仕方がありません(笑)。その後も的やん、村松様とヒットが続きましたが、本塁憤死もあり得点は追加することはできませんでした。

20060604183445.jpg

しかし1点を返して2対4となりました。

そして、続く6回には1アウトからキタガーがレフト線を破る2ベースヒットで出塁すると、犠飛で2アウト3塁に。

ここでガルちゃんにセカンドゴロのタイムリー内野安打が出て更に1点を返しました。

20060604183625.jpg

これで1点差。3対4です。

そしてラッキー・セブン。スワローズ先発は元最速のイケメン五十嵐亮太さん。

先頭の9番・オバちゃんの代打で登場の我らが光尊様がライト前へクリーンヒット!ノーアウトのランナーとなりました。

20060604183835.jpg

出場の度に何かを起こす男光尊様。今日も何かが起こりそうな予感がプンプンしてきました(笑)。

1番に戻り、よしくんは1塁ファールフライ。でもゲッツーにはなりませんでしたのでGJと言われるかも知れませんが(苦笑)。

1アウトになり、2番の村松様今日3安打目レフト前ヒットで続きます!

20060604184055.jpg

ここで五十嵐さんをマウンドから引きずりおろしました。スワローズにとっては想定外だったことでしょう。

ピッチャーは、洋行帰りの高津さんに替わります・・・。

3番栄二様はサード・ゴロ。岩村さんにタッチされそうになった光尊様は、柳のようなしなやかな身のこなしでそれをかわして3塁へ!ここでも笑わせて唸らせていただきました!

20060604191120.jpg

ランナーはそれぞれ、進みました。

2・3塁ですが、2アウト

迎えるバッターは、4番・キタガーです。

高津さんは、もはやかつてのセーブ王ではありません。粘りながら最後は甘いボールが来ました。振り抜いた打球は右方向へ!

あと少しでホームランという当たりでした。惜しくもフェンスにダイレクトで当たる2点タイムリーヒットで、5対4

20060604184638.jpg


3塁から光尊様、2塁からも村松様、2人の快足ランナーが(←つっこまないっ!)相次いでホームに還りました!!

ついにひっくり返しました!!

続く塩Zもライトへの2ベースヒットで続き、依然2アウトのまま、ランナーは2・3塁となったところでピッチャー交代。

再びサウスポーの高井さんが登場しました。

ここで中村監督様ガルちゃんにかえてキヨを代打に送り、明治神宮野球場は大きな歓声に包まれました。

しかし、数分後にはその大歓声は、大きな溜息に変わりました・・・。

空振り三振でした。


5対4と逆転に成功したBs。あとはリリーフ陣が、一昨日の汚名返上を果たせば交流戦3カード目の勝ち越しが決まり、スワローズ戦も3勝3敗の五分として対戦を終えることができます・・・。

話は前後しますが、今日もサプライズがありました。

一昨日同点ホームランを打たれた大久保様が、登録を抹消されました・・・。

昨日の試合終了後に中村監督様が大久保様の肩越しに声を掛けた言葉は、既に登録抹消を告げたあとだったので、「しっかり調整して来い!待ってるぞ!」というものであったようですね、きっと。

替わって登録されたのは、久々の吉川の勝っちゃんでした・・・。まさか、クローザーとして上げたとは考え難いです。まさか、今日のように敗戦処理投手の補充でしょうか?

冗談はさておき、これからの勝ちパターンでのリリーフ陣の再編がとても気になります。

主力野手の多くを怪我で欠き、さらに守護神まで抹消・・・。

このチームは、この先どこへ行こうとしているのでしょうか・・・・・。


ラッキーセブンに逆転したBsは、その裏同じくスワローズのラッキーセブンに逆転を許します

簡単に逆転と書きましたが、中身は目を覆いたくなるばかりのリリーフ投手陣の燃えるピッチングの連続でした。

まさに、大炎上ショーでした。

この回だけで8失点。終わってみたら5対12の大敗でした・・・。

これで、対中日に続いて東京ヤクルト戦の負け越しが決まりました。


明後日からは幸いホームに帰って前回は勝ち越した広島東洋との対戦が待っています・・・。

ホームなのでDHも使えます

本当は満身創痍のキタガーに無理をさせたくないのですが、栄二様、塩Zとともに、現在の打線の中心です。キヨが復帰してもキタガー抜きの打線ではBs勝利はありえないでしょう・・・(泣)。

交流戦が、こんなにも辛いものであったとは今年初めて知りました・・・・・。

そして今日が日曜日ということを忘れて、7回の逆転シーンの時に嬉しさの余り浮かれすぎた自分自身を少し反省しています。

浮かれる暇があったら、祈るべきでした(笑)。

また明日もしんどい月曜日になりそうですねぇ。

でも、自分に負けてはいけません。昨日勝ったお蔭で、今日負けても連敗ではありません(笑)!ありがたいことです(爆)。

明日は、6月初めての月曜日ですね~。元気出して行きましょう~!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月3日 対東京ヤクルト・交流戦第5回戦(明治神宮)

昨夜の悪夢を吹き飛ばす快勝でした!

投打に、走攻守に、素晴らしい集中力を見せてくれた試合になりました。

チーム全員が並々ならぬ決意を持って臨んだ試合だったと思います。

現在の肩の怪我の具合は選手生命に関わる程の重症と伝えられたキタガーが、何とスタメン出場せざるを得ない緊急事態でした・・・。

昨日の最悪な試合終了の直後、中村監督様は全員を集めてを飛ばされたそうです。その効果が直ぐに表れたのでしょうか。

久し振りに胸の支えが取れた思いです!


  Bs ④ - 0 Ys


昨夜の悪夢を忘れられるくらいチームの皆さんは充分な睡眠が取れたのでしょうか?

私は普段より多めに寝ておりましたので、昨日の試合のことはすっかり忘れておりました(笑)。

少し心配しつつ、見守った試合でした。

今季3度目の、4月30日以来、スタメンからノリ・キヨ両方が消えました。

060603-a.jpg


しかも、このニュース・・・。いよいよ緊急事態です・・・。

オリックス北川右肩重傷「投げられない」
右肩を痛めているオリックス北川博敏内野手(34)の症状が重症であることが2日、判明した。中村監督が「投げられないし思っていたより悪い。選手生命にも関わってくる」と明かした。チーム関係者は「阪神の浜中選手が以前に痛めた関節唇を損傷している可能性がある」と指摘。現時点で打撃に大きな影響がないため、中村監督は「当面は代打かDHでの出場になる」と説明した。北川は5月30日の中日戦(スカイマーク)で、谷繁の小飛球に飛び込んで右肩を強打していた。

なのにキタガーは、スタメンで出場でした。キヨに疲れが溜まっているためだそうです・・・。

掛けるべき言葉が見つかりませんでした。

060603-c.jpg

それでもキタガーは普段どおりの笑顔でした・・・。


昨日の重苦しい空気を変えるべくマウンドを託されたのは、ルーキーの平野よし君でした。

もうルーキー、ルーキーといちいち言う必要はありませんね。

叙情的な解説で、お茶の間では御馴染みの関根潤三さんからも「このルーキーは、ルーキーじゃないね」とのお墨付きを頂戴しました。

昨日まで12球団トップの5完投ミスター完投の称号を、大輔@松坂@総本山さんから禅譲してもらえそうなピッチングを続けています。

060603-b.jpg

今日のマウンドは、5月27日以来です。5月27日といえば、あの奇跡の日でしたね。

あの日も打ち込まれながら経験を積ませるという名の下に交替は叶わず、最後まで投げ抜きました。

そのお蔭で白星が転がり込んだため、今後もチョットやソットでは交替させてもらえないでしょうから(笑)、益々更に完投が増えそうな予感がします。

今日はいつも以上にプレッシャーがあったと思います。

結局9回を一人で投げきりましたが、三者凡退は8回の1イニングのみ

常にランナーを背負いながらのマウンドでした。

しかし、打たれても粘り強く得点を与えないというBs投手陣の精神的支柱吉井組長の教えを実践するかのようなピッチングで、遂に最後まで失点を許さずにゲームを終わらせました。

060603-j.jpg

最大のピンチは3回の1アウト満塁でした。

迎えるバッターは、4番のラミちゃん、そして5番のラロちゃんと続く打線です。

恐怖で気が遠くなりそうになりながら、いつでも目を閉じられるように目を細くして見詰めました・・・。

149kmのストレート!!

ラミちゃんをセカンド・フライに討ち取ります。これで2アウトです。

148kmのストレート!!

ラロちゃんは大きな当たりでしたが、レフトフライでした。

海の向こうからやってきた力自慢の2人の男たちに対して、臆することなく速球勝負。

リードしたダカヒーもいつも以上に強気でしたが、クビを振ることなくそれに応えて力でねじ伏せた平野よし君も、本当に負けず嫌いですね。

痺れました!!(笑)

ファイターズ八木君に並ぶ6勝目防御率は再び1点台となり、八木君を飛び越え、和巳さんをも飛び越えて、再度一気にパ・リーグトップに返り咲いたと思います。

また、6完投と3完封勝利は12球団ナンバーワンです。

チームの苦しい状況のときに、この素晴らしいピッチング。本当にもやは若きエースと呼ぶに相応しい、凄いピッチャーに成長しましたね。

060603-i.jpg

全てのBsファン希望の星です!


スワローズ先発は、洋行帰りの石井ぴんさんでした。

初回こそ、先頭のよしくん大西君の1・2番が連続ヒットでチャンスを掴みましたが、結局この回は無得点に終わり、3回まで完璧な0が並びました。

4回。先頭の4番・キタガー遊ゴロ内野安打で出塁すると、続く5番・塩Zはボールを見極めて四球2度目ノーアウト1・2塁のチャンスを得ます。

6番・ガルちゃんの時に、石井ぴんさんは何と暴投!!・・・。

米野さんも捕れず、更に弾いたボールの行方を見失って右往左往する間に、2塁からキタガーが一気にホームを駆け抜けました!

060603-d.jpg

思いもよらない形で、先制点が転がり込みました!

その後、ガルちゃんは浅いセンターフライでランナーは還れず。7番・良太も同じように浅目のセンターフライでしたが、塩Zは今度はスタート。

しかし、センターの青木さんからの好返球で本塁憤死・・・。

(スローで見たら完全にセーフに見えましたが、抗議もありませんでした)


1対0で試合は8回まで続きます。

スワローズのピッチャーは、6回の攻撃で代打が出た関係で、7回からは前回のスカイマークでやられた松井光介さんが上がっています。

先頭の1番・よしくん四球で出塁。2番・大西君は手堅く送ります。3番・栄二様ショート・ゴロに倒れてチャンスは潰えたかに見えました・・・。

ランナー2塁ですが、2アウトでした。

4番・キタガーが打席に入ります。

キヨが出られないために、無理を押してのプレーが続いていました。しかし、画面上はいつもと何ら変わらない明るい表情でナインを引っ張ってくれていました。

既にここまでで2安打。先ほどの先制のホームを踏んだのもキタガーでした。

3度(みたび)バットが火を噴きました!

060603-e.jpg

四球目を叩いた打球は右中間を深々と破るこの日初めてのタイムリーとなる2ベースヒットになりました。

貴重な追加点で、2対0になりました。

試合に出られる状態とは言い難い状態で出場したこの日。3安打の猛打賞の大活躍。まさに「いてまえ魂」の体現でした。

続く塩Zも、この日2本目となるヒットがレフトオーバーの連続タイムリー2ベースヒットとなり、続きます。

060603-f.jpg

これで3対0

更にガルちゃん三遊間を破り、2塁から塩Zが先ほどの本塁憤死(本当はセーフ)のリベンジで、勝負に出ます!

タイミングは微妙でしたが、今度はセーフ!

060603-g.jpg

ガルちゃんのヒットで3連続タイムリーとなりました。

060603-h.jpg

これで4対0です。

満塁ホームランでもまだ同点です。・・・冗談のつもりですが、今日はシャレになりませんね(汗)。


9回最後のマウンドにも平野よし君は上がります。

先頭の今日のBs勝利の蔭の立役者、8番・米野さんを追い込みながらもしぶとくセンター前ヒットで出塁を許してしまいます。

9番ピッチャーの打順で、取って置きの代打・全日本代表の宮本キャプテンが打席に立ちました。

ここで続かれると昨日の悪夢少し思い出されるところでした・・・。

しかしここで平野よし君は・・・・・。

空振り三振!!!

続く1番・青木さんは1ゴロ

キタガー取りましたが、セカンド送球はいつものボールではありませんでした。何とか2塁でランナーを封殺することはできましたが、Wプレーにはできませんでした。

しかし、あの状態でも2塁に投げてくれたことで私の胸は熱くなりました。

そして最後のバッターの昨日のヒーロー、2番・リグスさんをセンターフライに討ち取りゲームセット!

060603-k.jpg

結局8回を除いて毎回のランナーを許しましたが、ホームには誰一人として還すことなく、完投シャットアウト勝ちでした。

もちろん、バックのファインプレーの連発に支えられてのものであったことは言うまでもありません。

昨日に続いて守備固めとして3塁守備に入った我らがマッキーは、同じく昨日に引き続き、連日のファインプレーでTV解説陣を唸らせました

昨日のKoba様からいただいたコメントに対する返信でも書かせていただきましたが、神宮球場のホットコーナーでのあの好守備は、現スワローズ3塁ベースコーチである、元BW戦士の馬場選手華麗な守備を彷彿とさせました。


最後に、球場を引き揚げる中村監督様は途中で通るブルペンでも勝利のタッチをして帰られましたが、今日は仕事のなかったリリーフ陣の最後に並んでいたのは大久保様でした。

去り際に、足を止められ大久保様の肩に後ろから手をあてて何やら一言、二言お声を掛けられました・・・。

大久保様は振り返りこそしませんでしたが、大きく1度だけ頷きました。

060603-l.jpg

  監督様 「今日も僅差なら行ってもらうつもりだった。

  守護神 「・・・・・・」 (黙って頷く)

大久保様は、揺ぎ無い信頼を寄せてくださる監督様の気持ちに心を打たれたに違いありません。

そして、その信頼に応えるために、いつものように不動明王の劫火の炎でどんなピンチをも焼き尽くすピッチングを改めて心に誓ったことでしょう。

私の多大な脳内妄想が入っておりますが(笑)、明日もし登板があるなら、この会話予想が正しいかどうかの答えは、結果として自ずと出ることでしょう。


今日、もし負けていれば3連敗になるところでした。昨日が昨日だけに、再び長期連敗になったとしても何の不思議もないくらい、チームの状態はどん底といえるでしょう。

しかし、この崖っぷちで全員で掴み取った内容ある素晴らしい勝利でした。

今日は、本当にチームの皆様全員に「ありがとう」と言いたいです。

明日もできることなら勝って、スワローズとの対戦を五分にして対戦を終わりたいですね。

でも、明日の先発は全く読めません。楽しみでもあり、不安でもあり・・・ですね(笑)。

明日も頑張りましょう!!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月2日 対東京ヤクルト・交流戦第4回戦(明治神宮)

逆転サヨナラ負けでした。

今日は8安打で7得点。これだけ効率の良い得点で大量得点を奪ったのは、いつ以来でしょうか?。

川越会長投打に渡る活躍もあり、前半は笑いが止まらない楽勝ムードでした。

7対3と、最大で4点もあったリードを守れなかった救援陣。

今後の戦い方を大きく左右しかねない敗戦でした・・・。


  Bs 7 - 10× Ys


スコアーからも、試合の壮絶なさまがわかりますね。

060602-i.jpg

守護神の大久保様が、最終回に同点ホームランを浴びてその後のピッチャーがサヨナラ・ホームラン打たれて負けたのはこれで2回目です。

その前にホームなのでサヨナラにはならなかったけれど、同じく同点ホームランと決勝ホームランというのもありましたね。

金本さんに同点打、シーツさんにサヨナラの、思い出したくもないアノ甲子園であり、里崎さんに同点、紅井さんに決勝は大阪ドームでした・・・。

同点打の後、勝負を決められたのは大阪ドームではハギー、甲子園は本やん、今日は山省でした。

9回裏、先頭バッターをヒットで出塁を許した時は、いつものように「ここまでがウォーミング・アップ」・・・と安心していたのですが・・・。

1アウトは取ったものの・・・

060602-h.jpg

まさに、叩き込まれた、という感じでした。岩村さんでした。

僅差で逃げ切り・・・という目論みは、見事に打ち砕かれました。

公式戦での被本塁打昨年は僅かに西武和田さんに浴びた1本のみでしたが、今年は既にこれで5本目・・・。

防御率は、守護神のそれとは呼べない数字が、更に悪くなってしまいました。

これで、リリーフ陣の再編が強いられそうな気がしますが、あの不動明王の如くマウンドで仁王立ちする姿を私はもう一度、できるだけ早く見たいです。

思えば去年は、マウンドに「奇跡の生還」を果たした年だったのでした・・・。

昨年の鬼神並みの大活躍は、ファンの皆様なら誰でもご存知でしょう。しかし、その前年までの3年間は、怪我・手術・リハビリの苦しく辛い日々を過ごしていたのです。

前に何かの読み物で読みましたが、その手術についてチームのトレーナーは「簡単ではない手術、それを右腕の3箇所同時に行う手術でした。恐らく世界初だと思います。成功しても投げられるとはその時はとても思えませんでした・・・。」

昨年夏、サインをいただいたときにチラリと見えた右肘辺りの手術跡。無口な本人が多く語らずとも、投げられなかった3年間の辛さを本人に代って物語っているかのようでした。

その苦しみに耐えて復活した大久保様です。このままでは絶対に終わるはずはありません。私はあの3年間も、復活を信じて待ち続けました。

今回の不調は幸い、故障とは伝えられてはいません。

3年ぶりの大活躍をした昨年の蓄積疲労は当然あるのでしょう。

このままで終わる大久保様ではありません。私は信じています!


さあ、お待たせしました。それではお送りしましょう!!

栄二様ファンの皆様のみならず、現在のBs打戦の主砲栄二様バットが火を噴きました!ホームランでした!

060602-j.jpg

初回、スワローズ先発の藤井さんから鮮やかに左中間の最深部へ飛び込む2ランホームランでした!

ソロ以外のホームランは、キヨのアレを除くと、本当に久し振りのような気がします。もしかしたら今シーズン初か?(笑)というくらいの感じでした。

060602-k.jpg

1本のホームランで2点も入りました(爆)。本当に頼りになります、今年の栄二様です。


なかなか追加点が奪えないBsでした。

もう1点をもぎ取ったのは、5回、2アウト1塁の場面でした・・・。

今日は7回途中までスワローズ打線を、エースらしく2失点に抑えた川越会長でしたが、このときはまだ無失点でした。

何とか援護したいBs打線。この打者が立ち上がりました。

応援歌は、懐かしのイクローでした。

060602-a.jpg

前進守備のライトの頭上を越える大きな当たりでした。1塁からガルちゃんガニマタでも快足をとばして、一気にホームまで還ってくれました。タイムリー2ベースヒットでした!

こんな打者がいたのですね。いつ2軍から上がってきたのでしょうか(爆)?

これで明日の代打、確実ですね!


7回には、ついに今季初スタメン・サード良太がやってくれました。

060602-c.jpg

これまで、何度かブレイク手前までは行くのですが、なかなか殻を破れずにここまで来ました。

060602-d.jpg

特にBW時代にはチャンスを掴むと怪我を繰り返すという「プチ多村」ぶりマニアの間では(笑)有名でした。

若武者、アイカー。

気が付けば、永遠の若手・ハヤカーらと同じく、随分沢山の若手から挨拶されるようになりました

今日スタメンでいきなりホームランを含むマルチ安打!

この日解説の平松さんだけでなく、あらゆる名解説者から「この打者は雰囲気あるね~」と絶賛され続ける最大の武器「雰囲気」。

これが「風格」へと孵化することを、私たちはどれだけ待ち望んでいることでしょうか?

060602-e.jpg

背番号をオバちゃんに奪われ、未だに「背番号53って誰だっけ?新人?」と言われたり、「何で応援歌の前にわざわざファンファーレが入るの?必要?」と揶揄されることもあるアイカーではありますが、今度こそ本当のブレイクになればファンの誰もが認める「未完」振りを遂に卒業です!

この一打に懸ける若武者・相川 技の見せ所 一撃さあ飛ばせ!


昨日、「1番でしかヒットを打たない」と嘆いたとたん、今日は6番でタイムリーを含む3安打猛打賞ガルちゃんでした。

060602-b.jpg

幾ら力のない三振を繰り返しても、凡打の山を積み重ねても、私たちは塁上でのこの笑顔を見るために応援を休まないのでしょうね!

今日は左から2安打、右でも1安打。ガルちゃんの大好きな蒸し暑い季節がやってきましたね!さあ、サンバを踊りましょう!(サンバは違う国やろ!)

060602-g.jpg


ベサメムーチョ!カリーム!
(意味は特にありません。勢いです)


8回にガルちゃんのタイムリーを生むきっかけは、村松様3塁打でした。

昨日のシングルヒットの打者をエラーでホームまで還した借りは忘れてはいません。

060602-f.jpg

この日は、代打で登場の村松様。いきなりレフト線へ叩いて流しました(笑)。

打球に対する処理をもたつくレフトのラミちゃんを尻目に、村松様一気に3塁を陥れました。

3塁ベースコーチの松山さんが止めなければ、昨日の雪辱に燃える村松様は、なりふり構わずホームへ突っ込むところでした。

このヒットも、技術もさることながら気持ちで打ったヒットでした。そしてガルちゃんのタイムリーで、ようやくベースを一周し自分の中の気持ちにケリをつけました・・・。

ここまでは、久し振りに効率よく得点を重ねる素晴らしい攻撃が見られ、一時は7対3と大きく引き離しました。

060602-l.jpg

最後は後味の悪い敗戦になってしまいましたが、攻撃面での収穫は大きいものがあったと思います。

明日の試合も大いに楽しみですね!!

ポジティブに頑張りましょう!!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


6月1日 対中日・交流戦第6回・最終戦(大阪D)

今日から6月です。月初めにいいスタートを切りたいところでしたが・・・。

昨日はBsがワンチャンスをモノにしてビッグイニングを掴み、勝利を得ることができましたが、今日は全く逆の結果となりました・・・。

セ・リーグとの交流戦6カードのうち、ついに1つ目が終わりました

日本シリーズで当たらない限り、次にこの対戦が見れるのは1年後です。

そう考えると、1勝5敗と手くらいしか出せずに大きく負け越して悔しい気持ちよりも、何だか少し寂しい気持ちの方が強かったです。

ドラゴンズのチーム及びファンの皆様、また来年お会いしましょう!(あれ?日本シリーズは?)

試合終了後の私の頭の中では、甲子園球場で聞いたものとは違う「蛍の光」が、スーパーマーケットの閉店時間のように、悲しげに奏でられておりました・・・。


 Bs 1 - 5 D


060601-l.jpg


好投の先発吉井組長は、途中まで素晴らしいピッチングでした。

ドラゴンズ打線を5回まで被安打は、僅かに散発の3 与四球1 奪三振1 失点0

ところが、いつもなら慎重に交替のはずの6回のマウンドへ今日は向かいました・・・。

しかし、1番蔵元さんヒットの後、2番井端さんがバスターを決めノーアウト1・2塁とされます。

続く3番はキヨの後輩、孝介さん。ライトへ痛烈なタイムリー2塁打で同点に

ここから4番たいろんさんのゴロ、5番アレックスさんのライナーをジャンプ一番好捕と、塩Z2つの懸命な守備で吉井組長を支えます。

何とか追加点を取りたいドラゴンズベンチは、今日はスタメン落ちだった立浪さんを光信さんにかえて代打に送ります・・・。

神部コーチは一度マウンドに向かいますが、ここは続投

060601-j.jpg

キヨとは高校時代甲子園で一緒に戦った後輩ですが、名球会では先輩の立浪さん。

挨拶代わりとばかりに、キヨと1塁ベースとの間の僅かな隙間に狙いを澄ましたかのように、打球が音速で通過しました。

これで塁上のランナー2人が還り逆転。さらに次打者7番の森野さんの打球がセンター前に抜けると、バックホームを焦った村松様が捕球を誤り、ボールを大きく後ろに逸らし、その間に打ったバッターの森野さんまでがホームを駆け抜けてしまいました・・・。

5回まで3安打の吉井組長、この回だけで5安打を集中されました。

ビッグイニングの5失点・・・。これで万事休すでした・・・。

ただ、ドラゴンズに得点を与えたのはこの回だけ。

7回からは、大阪ドーム初見参のルーキー岸田君がマウンドに。

060601-k.jpg

7回は先頭の9番渡邉さんをエラー(※注1)で出塁を許すものの、1番蔵本英智さんを2ゴロ併殺、2番井端さんを1ゴロで斬って取り、3人で切り抜けました!

8回は3番の孝介さんを空振り三振!に討ち取りましたが、4番たいろんさんを四球。5番おちょあさんにセンター前に運ばれ、岸田君傷口が広がらないうちにここで交代を告げられました。

残ったランナーを背負いマウンドに上った山省が立浪さんと森野さんの左2人を討ち取りこの回は無失点山省GJでした。岸田君にも当然自責点は付きませんでした(笑)。

9回は、前回の苦いマウンドを払拭したい香っちゃん。四球で走者を出しましたが見事ノーヒットに抑えました。


打線の見所は、 これくらい・・・。

060601-i.jpg

決して昨日の写真の使い回しではありません(爆)。

昨日は決勝の犠牲フライ。今日は先制、唯一のタイムリー栄二様

頼りになる3番打者です。高打率に加えて高打点率(笑)!

060601-h.jpg

もう、押しも押されぬ「主砲」ですね。

その他の打者で特筆は、今日は森野さんに擬似ランニングホームランを与えてしまった村松様

あのエラーの直後の打席で、意地を見せるヒットを放って貧打線の中唯一の2安打マルチを記録です。

確かにあの守備は痛かったことは間違いありませんが、それまでどれだけの好守備で私たちを興奮させてくれたかは計り知れません。長いシーズンです。こんなこともありましょう・・・。

この2本目のヒットは、ただただ自分自身への不甲斐なさや怒り、プライドが打たせたものでした。いかにも村松様らしい場面を見たような気がしました。

あと、ガルちゃんは久しぶりに1番として起用され、そして久しぶりにヒットを放ち、最初で(しかも最後の)第一生還者賞(舌を噛みそう)を受賞しました。

藁をも掴む気持ちだったのでしょうか?今日は久しぶりにストッキングを全て見せる「田吾作スタイル」で臨みました。

効果覿面というところですが、ヒットは1番起用の時にしか出ない困ったちゃんになってきました(笑)。

前回は0封された佐藤さんは、やはり素晴らしいピッチャーでしたね。交流戦3試合に登板して取られた得点は僅かにこの日の1点のみ。

交流戦前のセ・リーグ公式戦では勝ち星がなかったのに、交流戦では無傷の3勝目です。

交流戦後も、是非ともがんばって欲しいものですね。Bs名誉のためにも(笑)。


その他、4番キヨ、5番よしくん、7番光尊様にもヒットが出ました。

試合の振り返りはこれくらいにして(笑)、その他の出来事をご報告したいと思います。

まずは本文中にも触れたエラー(※注1)の詳細です。

7回先頭の渡邉さんのサード・ゴロでした。私が少し目を逸らした隙に「それ」は起こりました・・・。

「北摂さん、今の見ましたか?」

一緒に観戦させていただいている、あきさまご夫妻に呼びかけられました。

えっ?」  と私。

後藤選手が。

ふとグランドに目を移すと、一塁にはランナーが

短い会話でしたが、意味はすぐにわかりました。

ただ、リプレイが出なかったので、どのようなプレーなのかは見られずに残念な思いをしましたが、今から思えば、バックスクリーンにリプレーを流さなかったことに球団の光尊様に対する並々ならぬ愛情を感じることができました。

家に帰って、真っ先にそのシーンをチェックしました。

060601-a.jpg


見事なヘディングでした。

光尊様キャッチフレーズを考えていたときに、あきさまの口から何気なく発せられた言葉・・・。

「平成の宇野」

その言葉が現実になった瞬間でした。

直接か、自分のグラブに当てた後かの違いはあれど、頭にバウンドしたあとのボールの転がり方の、何と美しいことよ!

まだ屋根が付いた球場のなかった時代でした。いまはその姿を大きく変えてしまった後楽園球場で見た(テレビで)シーンと、今ここで起こったシーンが、時代を超えて、世代を超えて、そしてとてつもなく多くの時を経て、まさに再現されたのでした。

しんくろにしてぃー でした。

060601-b.jpg

天を仰ぐ光尊様。大エースの星野仙一投手から「あとで覚えとけ!」とグラブを叩きつけられたうーやんも同じく夜空に瞬く星を眺めていたことでしょう・・・。

しかし、光尊様の見つめる先には、無機質な、銀色に鈍く光る、故障で動かなくなってしまった可動式の屋根しかありませんでした・・・。

しかし私たちにはどれだけ目を凝らしたとしても見えない星空を、光尊様だけは確かに見つめられ、お心を静めていらっしゃったことだろうと思います。

私も思わずハンカチを濡らしてしまいました。

これで名実ともに偉大なる宇野勝選手に近づけたのなら、(一部の熱狂的な光尊様ファンフリークだけの)球史に残るプレーとして末代まで語り継がれるということは、何の疑いの余地もありません・・・。

ぐわんばれぇ!! 光尊さま!!


続いて、試合前のセレモニーではキヨ通算1500打点を表彰するセレモニーが行われました。

060601-c.jpg

花束贈呈のプレゼンターは、キヨの敬愛する落合博満監督が務めて下さいました。

060601-d.jpg

華々しい場面を極力嫌う落合監督が、この役だけは快諾されたそうです。私も嬉しかったです。

060601-e.jpg

このシーンを見るために、今日は球場に行ったも同然です(結果論です)。

奥様と福嗣さん同伴でなくてよかったですね。


今日でBsとの対戦が終わり、寂しく思ってくれているドラゴンズの選手が一人いらっしゃいました。

060601-f.jpg

WBC決勝のキューバ戦で放ったあの代打ホームランは、日本人のプロ野球ファンならば一生忘れられないでしょう。

久しぶりに地元大阪に帰ってきた福留さん

まもなくゲームセットです。いよいよこれで来年までここには来れないのか、と思った瞬間に急に大阪ドームの記念になる「お土産」が無性に欲しくなりました

でも、もう売店は開いていないでしょう・・・。

周りを見渡して、これだ!と思ったときには無意識にズボンの左後ろのポケットに押し込んでいました。

誰にも知られずに、内緒で密かに持って帰ろうと思っていましたが、ライトスタンドの私たちには見つかってしまっていました

060601-g.jpg

いえ、もしかしたら私たちBsファンに向けた無言のメッセージだったのでしょうか?

風船に込められたBsファンの熱き想いは確かに受け止めた!

(ただ足元の邪魔になったから、ということは明らかに私の思考回路からは外れている憶測でしたので除外させていただきました。ご了承下さい)


さあ、明日からは神宮球場で東京ヤクルト戦が始まります。前回の悪夢の9連敗のスタートとなった相手との再戦です。

リベンジできるように祈りましょう!!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。