Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月24日 対広島東洋・交流戦第2回戦(広島市民)

皆様、おめでとうございます!!

今日は泣いても良いですか?

勝利がこれほどまでに嬉しいものとは・・・。

10日前に買って以来、冷蔵庫の奥でキンキンに冷えたまま放置されていた缶ビールのプルトップを空けたときの喜びは、暫く忘れられないものになることでしょう・・・。


 Bs ⑦ - 2 C


♪ 宮島さんの神主が おみくじ引いて申すには 今日はBsが 勝ーち、勝ーち、勝っち、勝ち!♪

盗用お許し下さい(笑)。

長かったですねー・・・(しみじみ)。

今日の勝利の2次会は、格別なものになったことでしょう・・・。

060524-i.jpg

今日も先制はBsでした。しかも今日も初回でした。

その前に、今日のスタメンを見ておきましょう。

・・・・・・・!!!。

060524-a.jpg

遂に中村監督様英断炸裂、と言ってよいのでしょうか?

不振を極める主砲のノりは、故障以外では初めてのスタメン落ちの屈辱を味わいました・・・。

1番・ブランボー」の時とは比べものにならないサプライズです!

ファンの多くが、快哉!を叫んだかどうかはわかりませんが、皮肉にも打線は初回から繋がりました。

まずは初回先頭バッターの村松様。いきなりのライトオーバーの先頭打者ホームランでした!!

060524-b.jpg

思えばBsの前身の一つであるBWが最下位低迷していた頃、長期連敗など日常茶飯事だったシーズン終了後、その年の秋に日本一に輝いた福岡ダイエーホークスのレギュラーを棄ててまでFAで入団してくれたのがでした。

勝ち癖が付いたチームから、負け癖が染み付いたチームへ、しかも条件(金銭的)にも低かったチームへと自らの意思で移籍

フランチャイズが日本一の天然芝のスタジアムであったことも有力なチーム選択の決め手となりました。

しかし、弱きを助け強きを挫くを良しとした彼の生き様と、勝利の味を忘れかけたBWナインへ向けたストイックなまでの全力プレーを持ってしても、当時のBWは最下位という定位置から脱出することは、残念ながらできませんでした。

しかし、どんな時でもギリギリまで自分を追い込んでまで準備を怠らない姿勢、そしてその結果大活躍をしても決してスポットライトが当たる場所を好まない彼の人間性に魅せられた多くのファンは、今でも彼に対する感謝の気持ちを忘れたことはありません。

 「この(最下位で苦しむ)チームに、骨を埋める覚悟です。優勝を目指します!」 ← 入団会見で 

それ故、私は村松選手のことは決して呼び捨てで呼ぶことが、今でも出来ません(笑)。

今日の久し振りの7得点のうちの、ソロホームランによるたったの1点が、間違いなくタイムリーの乱れ打ちの呼び水になったことは間違いありません。

続く塩Zもライト線を破る2ベースヒットで続きます。

更に栄二様も守備の迷手・東出さんのエラーで出塁します。

ノーアウト、1・3塁のチャンスで迎えるバッターは、今日から4番ファーストで復帰を果たしたキヨでした。

壊れてもいい!チームの連敗が止まるなら・・・

自らの志願で、復帰予定を前倒ししての強行出場であったと聞きます。

同級生でもあるカープ先発のベテラン・佐々岡さんの投じたボールに、阪神戦の代打の時と同様に決して大振りすることなく、シャープにバットを振りぬきます・・・。

060524-c.jpg

レフトオーバーの2点タイムリーヒットでした!

今までなら、ここで併殺で1点止まり・・・ランナーは虚しく残塁・・・。何度見てきたことでしょうか。

しかし、流石にその場の空気を一瞬で変えてしまう男です。

ここまでの戦線離脱は、全力での走塁で傷めたが原因でした。しかし、一旦プレーしたらそんなことはお構いなしの激走で2塁を狙いますが、レフトの前田さんの好返球で惜しくも捕殺・・・。

壊れてもいい・・・チームのために無言の「有言実行」でした。

この一打で、今日の連敗脱出はほぼ決まったも同然でした。

まさにスーパー・スターの姿が、そこにはありました。

続くガルちゃんも続きたかったところですが、ここは三振に討ち取られ2アウト

初回にいきなり劇的な2点先取だったな、と振り返りながら(笑)今日は6番のよしくんの打席を眺めていました。

今日のよしくんは燃えていました。

見る人が見ないと、そんな表情には見えなかったかと思いますが、私にははっきりとわかりました。これを説明することは不可能ですが、確かにそう思いました(笑)。

ランナーがいる場面で、久しぶりのヒットが飛び出しました!

060524-d.jpg

これでよしくんタイムリーの打ち方を思い出してくれたことでしょう。

顔にそうハッキリ書いてありますが、皆さんにも読めますよね?(笑)

これで初回から、ホームランありーの、タイムリーも2本ありーの、嫁ぎーの。連敗脱出に向けて幸先の良いスタートを切りました。

この大きなプレゼントに応えてほしい、先発のオバちゃん

060524-e.jpg

来日4試合目の先発です。「4度目の正直」をゲットするためには、何と言っても立ち上がりです。

が、いきなり先ほど得点に絡むエラーを記録した東出さんに出塁を許してしまいます・・・。

続くルーキーのそよぎさんは2ゴロ!表の攻撃でエラーとなった同じ形でした。

しかし、こちらの守りは栄二様。まるで守備練習の如く、水が流れる滑らかさで軽快に捌き塩Zへ。

昨日の悪送球が失点に絡んでしまった責任を胸に、塩Zはいつもよりも慎重に1塁へ転送。俊足のそよぎさんではありましたが、見事に併殺完成

立ち上がりが不安であったオバちゃんを大いに勇気付けました。

これで波に乗れたのでしょうか。

2回に天才・前田さんに一発を浴びますが、失点はこの1点のみ

6回を投げ 被安打4 与四球1 奪三振5 失点1

来日4試合目にてようやく彼本来の力を発揮できたようですね!

次回もこのようなピッチングをしてくれたら、計算が立つのですがね!

060524-j.jpg

とりあえず、来日初勝利と初体験のヒーローインタビューでした!

おめでとう!オバちゃん!

2回に1点を失ったBsでしたが、今日は取られたらすぐ取り返す、という野球の定石のとおりすぐさま得点できました。

よしくん2打席連続のタイムリーでした!

060524-f.jpg

よしくんは今日はいつもの目立たないマルチヒットではなく、久々に打点付きの猛打賞の大暴れ!

キヨに触発され、遂に俺たちのよしくんが帰ってきてくれたのですね!よしくん祭りですよね!そう信じていいですよね!

そして終盤には、代打ノリ敬遠され勝負を挑まれた的やんの、この日2本目の2ベースヒットが飛び出して1点を追加します。

的やんは今シーズンの7安打中4本が2塁打です。「新・ミスター2ベース」襲名ですか?。ついに「俊足巧打!的山」の誕生ですね(笑)。

今日はスタメンを外れていたキタガーでしたが、村松様、そしてよしくんの活躍を見て、同級生トリオの血沸騰寸前だったのでしょう。

9回に猛打賞となる3本目のヒットを放った漢・塩Zと四球で出塁の栄二様を塁上に置くチャンスに代打で登場でした。

一振りでした。ダメ押しのダメ押しとなる走者一掃の、2点タイムリー2ベースヒットです!

060524-g.jpg

同級生トリオが、揃って大活躍です!もう、言葉になりません!嬉しいですね!

投げては、あの悪夢の阪神戦初戦に続いて「K・K・O」の揃い踏みで(大久保様の先頭打者HRまでも同じく・苦笑)、カープを退けました。

菊様は、想い出の詰まった市民球場に、タイトルホルダーとなって初めての凱旋登板を果たしました。

育てて下さり、遣わせて下さった広島の皆様に改めて感謝したいです。

ノリの代わりに3塁へ入った我らのマッキーには、この日は快音は聞かれませんでした。また、森山君と田中君は出番なし、ぐっちは代打で登場も1打席空振り三振でした。

しかし、現在の看板選手が実力とおりの活躍で12安打7得点で連敗を9でストップすることができました。。

ただ一人、蚊帳の外になった感のあるノリも、決してこのままで終わることはないと信じています。

心から復活を待ち望んでいます。

しかし、長かったですね~。

中村監督様だけでなく、我々も、ようやくこれで落ち着けますね。

060524-h.jpg


あれ?

もしかして今日も勝てば交流戦初のカード勝ち越しじゃないですか?

喉もと過ぎると熱さ忘れる・・・・・

いい加減にしておきましょう(笑)。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。