Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月21日 対阪神・交流戦第2回戦(甲子園)

祝!キヨ、プロ野球史上8人目の

1500打点達成!

今日の記事は、この偉大な記録達成に敬意を表し、この話題だけでいいですか?(笑)


 Bs 3 - 5 T


試合の方は今日も残念ながら負けました

060521-j.jpg

これで7連敗となりました。BWなら珍しくないことでしたが、Bs誕生からはワーストになってしまいました。

負けても何も思わなくなった、あのBW3年連続最下位の暗黒時代の感覚が呼び覚まされそうになりつつありますが、必死で耐えています。

悔しがりましょう。でも、チームや選手への愛情だけは忘れずに!

先発は、雨で変則のスライド登板となった若きエース、パ・リーグ防御率トップであった平野よし君が満を持しての登板でした。

高校時代に京都府立鳥羽高校のエースとして踏んで以来の甲子園のマウンドでした。

060521-a.jpg

しかし甲子園球場は、久し振りに帰ってきた卒業生に対して初回から手荒い洗礼を浴びせます・・・。

先頭の赤星さんを討ち取りながら、1ゴロのベースカバーで落球。藤本さんには手堅く送られ、昨日のサヨナラのヒーロー、元広島主砲のシーツさんにセンター前にタイムリーを打たれ先制されます。

続く4番、これまた昨日の勝利の立役者、元広島主砲の金本さんにはセンター前に運ばれ、5番の同じ京都出身の先輩の桧山さんにもライト前へタイムリー。これで2点目。

元日本ハム主力の片岡さんはセンターフライでしたが、8番鳥谷さんはピッチャーゴロかと思われましたが、弾いた打球がマサヒロの逆を突いて転がりタイムリーになってしまい3点目・・・。

ほろ苦い甲子園凱旋登板になってしまいました。

平野よし君は、この回以降2回、3回、4回と3イニングをパーフェクトに抑えて、防御率1位投手としての片鱗は甲子園の超満員の観衆にも示せたかと思います。

しかし、防御率はこれで1.688になってしまいました。小数点以下4位の差で、2位に転落してしまいました。

1位はに、新人王争いの最大のライバルであるファイターズの八木君が替わって躍り出ました。防御率だけでなく勝ち星も一歩先を行かれた感がありますが、まだまだこれからです。

この2人による久々にレベルの高い新人王争いの一騎打ちは、ファイターズファンと私たちBsファンを最後まで楽しませてくれることでしょう。

頑張れ!若さ!

初回に3点を先制されたBsでしたが、打線は今日も昨日と同じ4安打しか打てませんでした。

3回先頭のマサヒロが3塁の片岡さんのグラブを弾いてレフト前に初ヒットを放ちます。

060521-b.jpg

この苦笑いが、どのようなヒットだったかを物語っていますが、ラッキーでした(笑)

ダカヒーはしっかり送りバントを決めて1アウト2塁。今日最初のチャンスでした!

しかし、続く打者はピッチャーの平野よし君でした。幾らチャンスとはいえ、まだ3回。打たせるしかありませんでした。ライナー性のいい当たりでしたが赤星さんがキャッチ。ツーアウトになりました。

ここで左キラーとして1番に起用された大西君が、起用に応えてセンター前にクリーンヒット!

060521-b2.jpg

ランナーのマサヒロ3塁を蹴ります松山コーチの右手が、久し振りにぐるぐる高速回転です!

赤星さんも猛チャージ!そしてバックホーム!マサヒロとの競争です!

本当に久し振りのタイムリーヒットで得点なるか!!!!!

060521-b3.jpg

クロスプレーでしたが本塁憤死。しかもマサヒロはこの時に右手首を痛めてしまいました・・・。

病院には行かずにアイシングで様子を見るとのことですが、またまたまた、内野手の負傷です。またまた本塁突入での怪我人発生でした・・・。

ああ、何と本塁が遠いことよ。

私がその場にいたなら、思わずホームベースを引き抜いて放り投げたいくらいの感情に襲われたことでしょう。

いや、冗談ですが、あのTシャツが欲しいのは本当です・・・。

次のチャンスは5回にやってきました。

先頭のよしくんが、見慣れた初球ポップフライ(二飛)で倒れた後、先発の江草さんが突如として制球を乱します。(よしくんの連続試合安打は残念ながら途切れました)

ガルちゃんと負傷のマサヒロの代打、塩Zそしてダカヒー3者連続で四球

ここで迎えるバッターは、先ほどと同じく平野よし君でしたが、勝負どころとみた中村監督様はベンチを飛び出します。

「・・・バッターの平野に代りまして・・・・・・」

「キ・ヨ・ハ・ラ」

レフトビジター応援席の同志達(笑)の盛り上がりが目に浮かびました!

060521-z.jpg

立ち直りの兆しが充分であった平野よし君に代えて。リスクもありましたが、中村監督様勝利への執念と理解しました。

昨日のように回の先頭ではなく、これ以上ないというチャンスの場面で、ここで無得点なら今日も完敗と思われる場面で、ベンチの奥からその巨体を現してキヨが登場しました。

060521-c.jpg

カウントは1-3。昨日に続いて四球かなと、押し出しでも打点つくよなーなどと軽薄なことを考えていたところでした・・・。

060521-d.jpg

しかし江草さんは男でしたついていました(笑)。素直にストレートで勝負してくれたお蔭かもしれませんが、キヨのバットが火を噴きました

火を噴くとは言い過ぎました(笑)。コンパクト振り抜いた鋭い打球がピッチャーの横を通り抜け、センターまで達しました!

ガルちゃんに続き、二塁から塩Zも好走塁で還ってきました!

060521-e.jpg

「これがタイムリーって言うヤツやっ!よう見とれっ!」

キヨ心の叫びが聞こえてくるようでした。気が付いた時には、私はテレビの画面を連打しており、家族から白い目で見られたことは、敢えて触れないでください(笑)。

忘れておりましたが、2打点です。キヨにとっては復帰後初ヒット、初打点が2点タイムリー。

Bsファンクラブ手帳の達成されそうな記録欄にも載っていない、それだけ凄すぎる記録です。

遂に通算1500打点の偉大な記録を達成しました

060521-f.jpg

日本プロ野球の長い歴史の中で、王貞治氏、野村克也氏、門田博光氏、張本勲氏、落合博満氏、長嶋茂雄氏、大杉勝男氏7名しか達成していない偉大な記録保持者の仲間入りです。

以後、達成者はもう出ないのではないかとさえ言われている記録です。因みに現役で第2位の記録でこれを追うのは、450点近く差を付けて金本さん、これに続くのは田中コユキさんと古田監督です。全てベテラン選手です。

当然ですね。100打点を15年続ける必要があるのですから・・・。気が遠くなるような記録ですね。

さらにキヨは、1500打点達成者の中で打点王のタイトルを取ったことのない初めての打者でもあります。

心からお祝いと、Bsというチームで達成していただいたことへの感謝の気持ちをお贈りしたいと思います!

試合に戻らなくていいですか?(笑)

そんな訳にはいきませんので参ります。

その後のチャンスに大西君と栄二様が連続三振でこの回一挙に逆転とはなりませんでした。これが結局最後まで響きました・・・。

反対に阪神は6回に代打濱中さんに2ランホームランを打たれて得点は2対5と再び離されてしまいました・・・。

Bsの次のチャンスはラッキーセブンの7回でした。

ピッチャーは能見さんに代っていました。先頭のガルちゃんが倒れた後、マサヒロ負傷で途中出場の塩Zが本来ビジター側ですが、阪神ファンで埋まる左翼ポール際に飛び込む第2号ホームランを叩き込みました!

060521-h.jpg

いい仕事しますね!第2号もソロというのだけがもったいないですが。さすがは漢の中の漢ですね!

私達は昨オフの契約更改時、まさかのダウン提示に涙するあなたの姿は、決して忘れません。

その後2アウト後に、四球2つをもらい2アウト1・2塁というチャンスでしたが残念ながらタイムリーは出ませんでした。

結局ヒットは塩Zの安打で今日も打ち止め。昨日に続き4安打でした。

得点は昨日より1点増えて3点でしたが、連敗も1つ増えて7になりました・・・。

060521-i.jpg

トンネルは長いですね~。もしかしたら、勝利の女神様は暫くどこか外国にでもご旅行中なのではないでしょうか?

早く帰ってきてくださーい!

そんなBsでしたが(どんなや!)、昨日代走でプロ初出場を果たしたルパン・森山君でしたが、今日も代走で出場しました。

また代走だけかと思われましたが、今日はそのまま栄二様に代り(!)セカンドの守備にも就きました。

代ったばかりの野手のところに必ずボールが飛ぶ」という野球の至言どおりいきなりセカンドゴロが!

私は緊張の余り「あっ!」と声を発してしまいましたが、森山君はさすがに快速ランナーです。フィールディングも軽快でした。

守備は平野恵一に匹敵する」と謳われた守備力です。全く必要のない、杞憂でした。

プロ初の守備機会は、全く無難に捌いてしまいました。これからは、守備の面では光尊様や一輝の方ではなく、マサヒロや栄二様、ひらりんの方に行ってしまう選手だということを確信しました(笑)。

打席の順番も回ってきたのですが、ここは実績のあるマッキーが代打に。何でも一遍には贅沢ですね。楽しみは次回に!と言うことで。

そしてBs選手ではないのですが、昨日の苦い思い出が生々しく残るハギー登板に対して、阪神ベンチは敢えて関本さんを代打に起用・・・。

結果はともかくとして、関本さんが元気に出場してくれたことで私の心は少し軽くなりました。関本さん、体に異常がなくて本当によかったです。これからもご活躍をお祈りしています!できればオリックス戦が終わってから

そして、臆すことなく正々堂々と内角にも投げ込んだハギーにも安心しました。阪神のラッキーセブンからの登板時には、恐らく相当なブーイングがあったものと思われますが、7回は3者凡退に。

8回には先頭から2者連続四球という舞台を自ら整え、代打のかの関本さん、元ファイターズの野口さんを討ち取り、そして赤星さんを空振り三振に。見事な「良ハギー劇場」でした。

昨日あんなことがあり、そして今日の「ハギー対関本さん」・・・。プロ野球の醍醐味を見た思いです。痺れました。


いやー、それにしても本当にキヨの持つパワーはすごいですね!と無理やり話題を戻します(笑)

060521-g.jpg

今日は代打でしたが、確実に雰囲気を変えてくれていました。ベンチの悲壮感は、いい意味で相当薄れたのではないでしょうか。

希望的観測ですが、明日は勝つような気がしてなりません。

根拠?ありませんが、何か?(爆)。

さあ、明日も頑張りましょう!

ところで、明日の先発は誰でしょうかね?マエカーの甲子園凱旋登板でしょうか?それならば、是非とも相木さんの元気な姿も見てみたいのですが・・・。ついでにイクローも。

夢、叶いませんかねぇ。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

【追記】

オリックス阿部真が右手首骨折

オリックス阿部真宏内野手(28)が右手首を骨折し、前半戦絶望となった。阿部は3回表2死二塁から大西の中前打で本塁突入した際に痛めた。その後も試合に出場していたが、右手首の痛みを訴え5回に代打を送られ交代。神戸市内の病院で受診した結果「右手首舟状骨骨折」で全治2カ月と診断された。近日中に手術を行う予定。

悲しすぎます。弱り目に祟り目です・・・。
マサヒロの抜けた穴は、とてつもなく大き過ぎます。

今は、治療に全力を傾けて下さい。チームのことは考えずに。責任を自分に求めないで下さい。

焦らずゆっくりと。私達は待っています・・・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。