Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月31日 対中日・交流戦第5回戦(大阪D)

勝ちましたっ!

4連勝の後の2連敗も、対中日戦の4連敗も、対先発左腕7連敗も、すべて今日でピリオド

最初はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、結果的にはローテーション入れ替えが功を奏しました

デビちゃんにも久々の勝ち星をつけることができました。

野村克也監督曰く「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」・・・・・。

今日はタイムリーが1本もなし。なのに4得点。ドラゴンズは主砲の1発あり、売り出し中の1番打者の粘りのタイムリーあり。なのに負け

その言葉どおりの試合になりました。


 Bs ④ - 2 D


今日のサプライズは、これ。

オリックス中村が1軍登録抹消
オリックス中村紀洋内野手(32)が5月31日、今季初めて1軍登録を抹消された。13日のヤクルト戦(大阪ドーム)で死球を受けた左手首の回復が思うように進まず、26日の横浜戦(大阪ドーム)から欠場。この日中村監督からリフレッシュを打診され、中村も同意した。・・・・・

ノリ自身のブログも最近は悲壮感が溢れていて、読むのが辛くなってきていた矢先でした・・・。

それでも今日からスタメン復帰だと思っていましたので、本当にびっくりしました。

ノリにとっては厳しく悲しい選択だったと思います。これをプラスと受け止めて、完治・復帰後にはまたノリらしい豪快なホームランと、チームでは右に出る者のいない華麗な3塁守備を是非見せて欲しいと思います。

決して焦らず、じっくり調整してください。


替わって昇格したのは、アイカー良太でした。思わぬチャンスが転がり込んできましたね。当たればノリをも凌ぐ驚弾を放てる未完の大器です。ノリが帰ってくるまでの僅かな時間、しっかりアピールできればいいですね!できなければ・・・・・ね!

という訳で注目のスタメン3塁は、愛しの光尊様ではなく、我らのマッキー!でした(笑)。

私はどちらでもOKです!(笑)

今日は相手がサウスポーのマルチネスさんでしたから、マッキーが先発だったのでしょうか?

そして、右ピッチャーの時は光尊様というツー・プラトン(懐かしい響き・・)で、ということでしょうかね?。

繰り返しますが、私の個人的趣味から申しますと、どちらでもOKです。何なら、1イニングづつ交替でもよろしいかと・・・(爆)。

キャンディーズのうち、ランちゃんとスーちゃんのどちらが好きか?という質問の答えにも似ていますよね?どちらも好きだから1人に決められません・・・(わかる人だけついて来てください)。ミキちゃんは?

試合に入るまでが長くなってしまいました(笑)。

060531-a.jpg

あの5.27の奇跡から2試合が過ぎ、2試合とも負けています。あの時にスコアーボードに点灯した、最後のイニングの攻撃での得点を表す数字、4点・・・。

それまで中日戦では4試合でたったの1点しか奪えなかった得点を、今日は3回裏の攻撃だけで一挙に4点も挙げて勝ちに繋げました・・・。


先発のデビちゃんは、ものすごい立ち上がりでした(笑)。

3回まで、被安打 与四球 奪三振1

ただし、許した得点はタイロンさんの1発のみの1点でした。

4回以降降板した6回まで、 被安打 与四球 奪三振1 失点

中の人が完全に替わったかのような、完璧に近いピッチングでした。

一時は、広島戦の6失点×2を思い出しそうな感じもありましたが、結局は前回の中日戦(2失点で敗戦投手に)の時以上の結果がついてきました。

この結果を読み切って、昨日と今日のローテ入れ替えだったのでしょうか?だとすると、スバラシイデスネー!


3回に鮮やかに4点もぎ取った(もらった)打線は、実はタイムリーは1本もなし(爆)。

攻守に堅実なドラゴンズらしからぬ守備のミスが続きました。

3回表の攻撃で、主砲のたいろんさんにライトオーバーのホームランが飛び出し先制を許した直後でした。

先頭の9番・ダカヒーライト前ヒットで出塁。

そして、前回の対戦でも2安打を放っている1番・左キラーの大西君にも連打が出てノーアウト1・2塁のチャンスを掴みます。

大西君は、今日も2安打。対左投手なら今後暫らくはオートマチック・スタメンでしょうね。

今日は、守備でもファンを痺れさせてくれました。攻守に活躍の蔭のMVPでした。

続く2番の村松様のセーフティー気味の絶妙の送りバントがドラゴンズ3塁の昨日のヒーロー渡邉さんの悪送球を誘い、1塁カメラマン席あたりを転々とする間にダカヒーが生還。相手のミスで、あっさりと同点に追い付きました

ノーアウト2・3塁となり、2試合振りのクリーンアップ復帰の3番、栄二様が打席に。

スタンドは、早くもタオルの波が揺れています!!

ここで栄二様は期待に応え、ライト線付近に深く打ち上げました。福留さんもバックホームを諦めました。3塁からPLの後輩の大西君が還り、一気に逆転に成功しました!!

060531-c.jpg

続く打者は、立浪さんも福留さんも崇拝する現在のPL出身選手の元締めキヨです。

キヨの打球は痛烈な、火の出るようなセカンド・ゴロ。

何とか捕球した森野さんでしたが、余りの打球の威力に一瞬体勢を崩します。

その一瞬の隙を突いて、3塁から村松様がホームへ突っ込みました!

際どい判定でしたが、森野さんのホームへの送球よりも村松様足の方が僅かに速く、ホームイン。

これで一挙に3対1とドラゴンズを引き離しました!

キヨのこの1打点は、通算1508打点目となり、東映・ヤクルトで活躍された故・大杉勝男氏を抜いて、単独の7位となりました。

大杉氏といえば「月に向かって打て!」の教えにより偉大なホームランバッターに成長された方として有名ですが、阪急ファンにとれば忘れもしない昭和53年の日本シリーズでの、氏が放ったいろんな意味での「大」ファール(記録上は違っていますが・笑)のシーンが瞼に焼き付いて離れませんね。

キヨはまた、偉大な打者達が立ち並ぶ階段を1段上りました。

5番よしくんは、いい当たりでしたがレフトフライに倒れますが、今日は肩の痛みが再発しDHでの出場となった6番キタガーが2アウトながらライト線を襲う2ベースヒットを放ち、1塁から3塁へキヨ激走しました。

ここで5分間休憩!といいたいところでしたが、キヨは休む間もなく、7番塩Zの四球の時にマルチネスさんのワイルドピッチで再度本塁へダッシュを余儀なくされました(笑)。

キヨの頑張りに触発されて思考回路が若干狂い、いまのプレーは私の脳内ではキヨのホームスチール」として処理されたということは言うまでもありません。一生語り継ぐ所存です(笑)。

これで4対1になりました。

タイムリーなしでも、得点は入るときは入るものですね~。

しかし、得点はこの4点のみでした(爆)。


この「貴重な4点」を、立ち直ったデビちゃんと、その後を受けたハギー@痛、そしてK・K・Oとつないで勝利を手にすることが出来ました。

ハギーは打球を足に受けてしまいました。大丈夫だといいのですが・・・。

最近はO様の調子が今ひとつと言われています。

今日も先頭バッターの、3回にフィルダースチョイスが失点に結びついた森野さんに「夢に描いた一打」のセンター前ヒットで出塁を許し、三振と2ゴロで2アウトを簡単に奪った後、ドラゴンズではただ一人のマルチ安打となるタイムリーを蔵本さんに浴びて1点を奪われました・・・。

060531-f.jpg

1点差なら球場全体が凍りつくところでしたが、それでもまだ2点差でリードでした。

060531-g.jpg


最後はこの方が守る三塁へ打球が飛びました。

060531-e.jpg

中村監督様ファンサービスだったと信じています。

前の打席でヒットを放っているマッキーの代打として立った8回の打席は、盛り上がる隙をも与えず、初球をショートフライ。Bsの最終打者となられました。

そしてその裏、最後のアウトとなるサードゴロを、華麗に捌いてゲームセット

打撃の最後と守備の最後をどちらも一人で締めくくられました。

球場全体から巻き起こる大きな拍手の何分の1かの拍手は、素人目にはわからないくらいに微妙に変化して捕り難くなったであろうゴロを、何でもない平凡なゴロを捕るように華麗なフィールディングで、超ファインプレーに見せないプレーをされた光尊様プロ根性に向けられたものであったに違いありません。

そのことが理解できたのは、我々一部の光尊様ファンと先発で久し振りに勝ち星がついたデビちゃんだけだったのかも知れません。

060531-h.jpg

デビちゃん最後は素晴らしいプレーだったよ。GJだ!

光 尊 様 「いえ、普通のプレーですよ

この、何気ない受け答え職人(いつから?)としてのプライドが滲み出ています。

でも、はにかんだ笑顔には隠し切れない喜びも溢れています。

中村監督様、どうもご馳走様でした(笑)。


ヒーローインタビューはデビちゃんでした。

060531-i.jpg

5月最初の試合であった5月2日のイーグルス戦で1対0の完封リレーで勝利を飾り、お立ち台に立ったのもデビちゃんでした。

そして今日、5月最後の試合でもお立ち台はデビちゃんでした。

060531-j.jpg

始めが肝心」と「終わりよければ全てよし」・・・・。

真ん中が、もう一つであった5月ではありましたが、明日から新しい月を迎えます。いい月(ツキ)を迎えたいものですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

060531-b.jpg

スポンサーサイト
5月30日 対中日・交流戦第4回戦(スカイマークS)

中日との前回の対戦では、不名誉3試合連続の完封負け・・・。

それを考えると、今日は1点を取れたことで大きな進歩と呼ぶべきでしょうか?

セ・リーグを代表する大エースの憲伸さんは、Bsに対して今年はこれで無傷の2連勝。

思えば昨年は0勝2敗だったはずですが、何かの間違いだったような気さえしてしまいました。

ただし、今日はもう少し違う展開にできるチャンスもあったように見えただけに、結果はとても残念でした。


 Bs 1 - 3 D


ただし、首脳陣にとっては今日は落としても止む無し、の試合だったようです。

先発は、てっきりデビちゃんだとばかり思っていましたので、オバちゃんが先発だと聞いた時は思わず絶句しました。

060530-a.jpg

実況によると、デビちゃん屋内球場の方が相性がいいので、明日にまわったということでした。

それも一つの理由でしょうが、安定感のあるデビちゃんを憲伸さんに当てたくないというのがより大きな理由でしょうね。

にもかかわらず「負けて、もともと。勝てれば、ラッキー」と送り出したオバちゃんは、予想を裏切る好投(笑)を見せ、憲伸さんと堂々と渡り合います。

いつものとおり球速は大したことはなかったのですが、コントロールに気をつけたピッチングで崩れそうで崩れません・・・。

6回2/3を投げ 被安打6 与四球3 奪三振4 失点

4回はアンラッキーなヒットや当たりは決してよくないタイムリーなど4安打を集中されはしましたが、失点は1点のみ

吉井組長を髣髴とさせるピッチングでした。

広島戦で、完全に日本向けのピッチングのコツを掴んだのでしょうかね?

キャッチャーの的やんとの英語もようやく理解できるようになり、コミニュケーションを図れるようになったこともプラスだったのでしょうね。

だとしたら、もちろん私得意の結果論ですが、オバちゃんを憲伸さんにあてたことも、多少は勿体無い選択であったような気がします。

結局、7回先頭の立浪さんに四球を与え、森野さんを2飛に討ち取り、シゲシゲさんに送りバントを決められ1アウト2塁。得点は1対1の同点でした。

しかし、次打者はそれまで2打席連続で空振り三振と、オバちゃんには完全に合っていない9番の渡邉さんでしたが、無情にもピッチャー交替でした・・・・・。

当然7回の勝負どころでしたので、代打が告げられることを考えての交替だったと思いますが、代打は出ませんでした

代打が告げられてからでも遅くはなかったのでは?と思いましたが、なぜここで交替だったのでしょうか?

素人故の、素朴な疑問がいつまでも残ります・・・。

交替した大輔は、その渡邉さん、そして蔵本さんに連続でタイムリーを浴び、均衡を破られるどころか1対3と憲伸さんにとってはセーフティー・リードの点差が広がってしまいました。

好投のオバちゃんがあのまま渡邉さんと勝負していたら、結果はどうなっていたのでしょうかね?

デロリアン」に乗って、ちょっと調べてみたい気分です。

いずれにしても、オバちゃんが確実に持ち味・実力を発揮し始めていることは間違いありません。文字通り「大化け」してくれる前兆でしょうか?

今日の好投で、来週は、初勝利を挙げた広島戦の2度目の登板は確実ですね!


8回は孝介さんへのワンポイントで省吾、ハギー@良と繋いでノーヒット。

9回は、昨日の予想が当たり、今日プロ初の1軍登録を果たしたルーキーの岸田君がマウンドへ。

嬉しいプロ入り初登板を果たしました。

060530-b.jpg

先頭の森野さんにいきなりセンター前に運ばれ、卒倒しそうになりましたが(私が)、シゲシゲさんは1ゴロ、前の打席で決勝のタイムリーを放った渡邉さんをレフトフライ。

そして最後は蔵本英智さんを、勝負球であるタテに鋭く曲がるスライダーでレフトフライに討ち取り、見事無失点で初登板を終えました。

とりあえず、ホッとしたと思います(私も)。まずまずのデビューを飾ることができましたね!

暫くはリリーフでの起用が続くことが予想されますが、将来は平野よし君やみっつーらとともに、若い先発ローテーションピッチャーに育って欲しいです。

しつこいですが、気に入ってますので今日も岸田君に贈ります(笑)

060530-c.jpg


  "光"ひろがれ!ひびきあえ!


打線は、今日は1点しか(中日戦を考えたら1点!か?)得点できませんでしたが、絶対に勝つという気魄は、私は感じられました。

4回に1点を失った直後でした。取られたら取り返すを実践することができました。

先頭のキヨは空振り三振。5番キタガーはレフトオーバーの2ベースヒットで出塁します。

060530-d.jpg

思えば憲伸さんの背中を初めて見ることができるランナーが誕生しました。平たく言えば、ランナーが2塁です。

ここで憲伸さんが暴投で、キタガーは3塁に進みます。

1アウト3塁。

初めての得点チャンスを得ました。

ここで6番のガルちゃんは、よく見極めて四球。ランナーは1塁・3塁となりました。

ここで迎えるバッターは、今日はなぜか7番に下がった栄二様です!

しかし、ここは憲伸さんが踏ん張って見逃し三振・・・。絶好の同点のチャンスが潰えたかに見えました。

2アウト1・3塁に変わりました。

続く打者は、同じく今日はなぜか8番に下がった塩Zでした。

中村マジックでしょうか・・・一昨日はホームランも放っており、好調で勝負強いバッターがこの打順にいて、チャンスを迎えています。

ここで打たねば「」が廃る!

バット一閃!センター前へ!

060530-e.jpg

4連勝を支えた栄二様と塩Zの二遊間そして2・3番コンビ。2人が続けて期待を裏切る、ということはありません。

Bs打戦は、初回からこの3回まで憲伸さんから毎回1安打を浴びせてきましたが、ここでようやく複数安打。塩Zが渋くタイムリーを放ち、あっさりと1対1の同点に追い付きました。

しかし、これで憲伸さんは完全に目覚めます。5・6・7・8回をパーフェクトに抑えられました。

奪われた三振は8を数えました。

9回は岩瀬さんを投入。

4回同様にキヨ凡退の後、キタガー今日二本目となる2ベースヒットを放ち、栄二様も今日マルチ安打となる2本目のヒットで続きますが、残念ながら得点はならずゲームセット・・・。

060530-f.jpg

一昨日に続いての敗戦となりました。

これで対中日戦4連敗となりました。・・・

060530-g.jpg

これが再び長期連敗の序曲となるのか、失敗を活かして勝つことができるのか、明日の戦いは非常に重要です。

ところが、明日の先発予想はマルチネスさん。もうおわかりですよね・・・。

顔を見るのも嫌な、サウスポーです(笑)。

現在、左投手先発試合は7連敗中です・・・・・。最後に左投手先発に勝ったのは、4月14日のイーグルスのルーキー、松崎さんまで遡らなければなりません。

マルチネスさんには前回は8安打を放ち、4四球を得ながら0封負けでした。残塁は10と、拙攻の嵐でした。

ネガティブな記録を引っ張り出してしまいましたが、明日はわざわざローテを動かして勝ちに来ている首脳陣です。

デビちゃんよろしく!!

勝ちましょう!

キヨもいます。光尊さまもおられます(出られるかどうかは別として)。そして私も参ります(笑)。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月29日 今日はお休み、明日からリベンジ!

長く続いた連敗が終わり、それから4つ続けて勝ち、そして何だか久し振りに負けた昨日の日曜日でした。

今日は、丁度いい休養と思いたいですね。

それにしても、なかなか気持ちの良い月曜日にはしてくれませんねー。


少ないニュースの中から、このニュースを・・・。

オリ連勝ストップ、前川が登録抹消

・・・・・左腕前川が試合後、左人さし指の痛みを訴え、出場選手登録を抹消されることになった。・・・・・試合直後、前川の中継ぎ降格を示唆していた中村監督だが、登録抹消までは想定外。代役の先発候補は「今のところ浮かんでこない」とチームの台所は苦しい。ブランボー不振で降格が決まったが、グラボースキーの昇格を即決できるほど、打撃の状態は上がっていない。・・・・・中村が30日の中日戦(スカイマーク)から先発復帰の予定・・・・・。

またまた怪我人ですが、今回はピッチャーです。

開幕直後は「左のエース誕生か!?とまで言ってしまったこともありましたが、投げるたびに悪くなっていくかのように失点を続けました・・・。

左の先発候補として、特にサーフが大きく期待を外してくれたので、マエカーには大きな期待(と少しの不安)をかけていました。

060529-a.jpg

春先は精悍に見えた顔つきも、昨日のテレビで見る限りは昔の雰囲気に戻ってしまったかなと思いました。

心なしか、楽天のトカちゃん元BW戦士に似てきたように思うのは気のせいでしょうか?

調整ではなく故障なので1軍復帰には時間がかかると思いますが、しっかり治してシーズン終盤・・・。そう、プレーオフでの秘密兵器として帰ってきてくれることを秘かに待っております。

 頑張れ、マエカー!!

 腐らずに!!



そして、ブランボー不振のために降格ですか・・・。

当初はオバちゃん来日までの5日間の期間限定で1軍に上がったと記憶していますが、思いのほか長い1軍生活となりましたね。

060529-b.jpg

その間に派手な活躍がなかったことだけが心残りですが、スタメンや打席は充分に堪能できたことでしょう(泣)。

再びサーパス再生工場で修行を積んで、今度こそブラン・ボー選手ではありませんが、大変身を期待したいと思います。

去年、交流戦だけで11本のHR

 あの感覚を取り戻せ!!加油!

 
ブルンパ!



この二人に替わってサーパスから上がってくるのは誰と誰でしょうか?


昇格がピッチャーと外野手だと想定しまして、次の選手が候補ではないかと勝手に想像してみました。

まずはピッチャーです。

曲がりなりにもローテーション・ピッチャーだったマエカーの代わりです。サウスポーで先発経験もある高木君が今季初の1軍昇格ではないかと予想します。

060529-c.jpg

サーパスでの直近3登板では、12回を投げて被安打14本と打ち込まれているように思いますが、失点は3点のみ

数字だけの判断ではありますが、去年も8試合に登板して1勝を挙げて、Bsとしては喉から手が出るほど欲しい先発左腕です。何とか早く1軍で通用するピッチャーに育って欲しいと思います。


対抗は、私の注目株である岸田君です。同期の大学・社会人ドラフト指名で入団したルーキー5人衆の中で、軒作君と共にまだ1軍デビューを果たしていません。

キャンプやオープン戦では1軍帯同で登板も果たしていましたが、開幕後はここまで1度も昇格が無く、同期平野よし君、中山君、森山君の昇格を黙って見送ってきました。

しかし、サーパスでの実績は申し分ありません

直近3登板は全てリリーフで、5回・1/3を投げ被安打2失点は僅かに1点のみ。

独特なピッチングフォームから繰り出す切れのいいストレート縦に割れるスライダーが1軍で揉まれて進化すれば、将来のローテーションを張れる逸材との評判です。

先の親子ゲーム、大阪ドームでの対阪神戦では、千葉ロッテのジョニーさん顔負けの、気魄のこもった「うりゃーっ!」という雄叫びを上げながらのピッチングだったそうです。


060529-d.jpg

また、大阪ドームは、彼のふるさとでもあります。

昨年秋の全日本選手権で、大阪代表のNTT西日本のエースとしてチームを準優勝へと導きました

ローテーションの関係で準決勝に勝ち、決勝は登板しませんでしたが、このときの素晴らしいピッチングを当時の中村GMがネット裏に駆けつけて自分の目で見て、即ドラフト3巡目指名を決めたことも記憶に新しいですね。

その全日本選手権の会場は、もちろん大阪ドームでした。地元大阪・吹田市出身の将来のスター候補生です!

  "光"、ひろがれ!ひびきあえ!


打者に移りましょう。

あくまでも独断と偏見に基づいて選びました(笑)。

しかし、実績は充分です。

どなたも異論はないのでは?と推察しております・・・。

060529-e.jpg

オフには声の出し過ぎでポリープの手術、そして肩の故障と、今年は大きく出遅れてしまいました。

しかし、約1月程前からそれまでのバッティングだけでなく守備にも就けるまでに回復し、順調な調整が続いているようです。

先の連敗中には、テレビに映るベンチの暗さを見るにつけ「真ちゃんがいてくれたらなー」と何度思ったことでしょうか・・・。

ベンチのムードを明るく、そして闘う集団へと変えることができる真二の存在。Bsファンの多くは、無くてはならない選手だと考えていると思います。

060529-h.jpg


様々な事情で、一軍とサーパスとの入れ替えの殆どは内野手でした。外野の入れ替えで呼ばれたのは、左のぐっちとハヤカーだけ。

そして最後に右ながら迎君が上がりましたが、少ないチャンスをモノにできず、直ぐにサーパスへ返されました・・・。

しかし、現在のサーパスでの成績は申し分がありません

特に直近の3試合だけを見ると11打数5安打。打率0.455でチームトップです。27日の阪神戦では4打数3安打の猛打賞の活躍でした。

060529-g.jpg

真二は昨年、大西君やマッキーとともに左キラーで名を馳せた勝負師でもあります。

一軍が現在、対左投手先発試合で7連敗中であることを考えると、スタメン起用も面白いのではないかと期待で胸が膨らみます!


対抗は、○○!と言いたいところですが、外野手なので・・・(笑)。光尊様との競艶も夢ではありますが、あくまでも夢ということで(爆)。

真面目にいきます。

直近3試合では、ヒットの本数が真二より1本少ない4安打、打率0.364の迎君です。

060529-f.jpg

ご存知のとおり、前回の昇格時には初打席で初ホームランという超ド派手なデビューを飾ったものの、その後は地味に凡退を繰り返し、ベンチを温める日が続くと思った頃、サーパスへ送還されてしまいました。

真二3安打した日には、迎君5打数4安打でした!

また、直近3試合を5試合以上とした場合には、チームトップ迎君です。

7試合に限ると26打数8安打。打率は0.308です。

サーパスに帰ってからも腐らずに、虎視眈々と再昇格を狙っていたのですね。

去年までとは違う、強かな逞しさを感じさせてくれます。そろそろ本物のブレイクの予感がします!

ここで立ち 迎 戦士達!!


こうして4人を予想してみましたが、他にも一軍で見てみたい選手は沢山います。皆様それぞれにも贔屓の選手や気になる選手もいることでしょう。

2軍から上がった選手が活躍し、彗星の如くスターへの階段を駆け上っていく・・・。

他球団にはそんな選手が沢山います。私たちのBsからも、誰か一人でもそういう選手が出るように、どの選手が一軍に上がっても恨みっこ無しで(笑)、純粋にその選手を応援し、スターへと育てて行きましょう!

それもペナントレース優勝と並んで、私の大きな夢の一つです。


さあ、明日は中日ドラゴンズとのリベンジマッチが始まります。

先陣は、デビちゃんでしょうか。

前回は8回完投で僅か2失点負け投手になってしまいました。

ドラゴンズは、川上さんでしょう・・・。

でも今回はキヨもいますし光尊様もおられます。何も恐れることなく、チャレンジしてほしいと思います。

さー!ドラまちっくに、リベンジだー!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第2位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

「blogランキング」のランキングで、昨日遂に最高記録を更新をご報告させていただいたところでしたが、2日続けて同じ報告をさせていただくことになろうとは、夢にも思いませんでした・・・。

昨日は過去最高の3位を確認させていただきましたが、今日は第2位を確認させていただきました。

そして何と携帯版では、第1位になっていたそうです。

(私の携帯では「サイズが大きすぎて表示できません」(爆)。


多くの方々にコメントやメールで知らせていただきました。

皆様、気にかけて下さったり、励ましていただいて本当にありがとうございました。

もうこれ以上の順位は有り得ないと思います(笑)。

今も眺めていながらも信じられないこの順位は、私には本当に身に余る光栄です

皆様方のお蔭です!

これからも、大きなプレッシャーに負けず(爆)、いつ辞めてしまうかもわかりませんが、できる限りは細々と続けていこうと思います!

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



5月28日 対横浜・交流戦第3回戦(スカイマークS)

昨日の「5.27の奇跡」の興奮の余韻が漂う中、あわよくば今日も・・・。

9回に3点差までなら、キヨがなんとかしてくれる・・・。

しかし、奇跡とは、そう簡単に起こるものではありません。

地に足をつけて、コツコツと頑張りなさい、との神様のお告げなのかも知れませんね・・・。


 Bs 4 - 7 YB


打線はのんびりと、6回までベイスターズ先発の秦さんの前に僅か2安打その割りに2点を取っていたという余裕もあってか、何故か焦りは感じられませんでした。

きっと、どの打者も「そのうちに・・・」と思っていたのでしょうか。

その2得点のシーンは、3点をリードされて迎えた2回の攻撃でした。

先頭は、昨日はの活躍であった4番のキヨ。ここはもう一つの武器でもある四球で出塁です。

5番よしくんはレフトフライ、6番キタガーは空振り三振・・・。

折角のノーアウトのランナーを得ましたが、進めることもできずに打順はこれから下位に下がります。

2アウト1塁

打席は今日ももちろんスタメン・サード光尊様です。

060528-e.jpg

今日も攻!守?に大活躍でした。

まずはこの打席、外寄りのボールを上手く流してレフト線へ2ベースヒット!

光尊様は、今日Bs打線では唯一2安打のマルチヒット昨日に続いて記録され、守備でもエラー昨日に続いて記録されました。

  人は、時に奪うだけではダメなんだよ
  与えることも大切なんだよ・・・


人としての道。ギブ&テイクの精神を、そのプレー振りでそこはかとなく教えるてくださるところが渋いです。

ツーアウトながら2・3塁のチャンスです。

 ※ 何故ランナーが3塁止まりなのかはスルーでお願いします。

このチャンスに打席に立つのは、新外国人選手ブラン・ボー選手(お名前で遊んでは失礼ですが、変身を期待して気分転換に・・・)。

ここは横浜ベンチも熟考です。何せ謎の新外国人選手ですから、データがありません

迷った挙句に下された満塁策を選択し、ブラン選手敬遠です・・・。

ラッキ・・・いや、勝負を避けられて残念です(笑)。

ブラン選手ではなく、今のブランボーなら的やんとの勝負は選ばれなかったところでしたね。

でないと説明が付きません。

今や「恐怖の男」や「びっくり箱」という形容詞は卒業しました。

今?・・・もうお分かりですよね!そうです。「俊足巧打・的山」ですね!(笑)。

Bsファンの誰もがこの敬遠に、心の中でガッツポーズをしたことでしょう。

しかも、ベイスターズベンチの誰かに悟られて気が変わらないように得点シーンを逸するであろう落胆の色を顔に浮かべつつ、四球目のボールが早く投げられることをドキドキしながら息を殺してひたすら待っていました・・・・・。

アンパイヤーの白井さんが四球を告げると、ようやく雄叫びを上げることができました。

そうですね・・・。トランプのババ抜きの感覚ですか?

打率すら確認しなかったのでしょうか?

2アウト満塁で、5割打者の的やんがバッターボックスに立ちました。

逆らわないバッティングでピッチャー返し!高く跳ねた打球が、二遊間のウッチーさん、たくろーさんのグラブの上を通過しセンターへ!

ゆっくりとキヨが、2塁から俊足を飛ばして(突っ込み不要)光尊様続いてホームに還りました。

的やん、期待に応えて1点差に追い付く2点タイムリーヒットでした。

060528-f.jpg


ただ、これで打撃陣に緩みが出たのでしょうか?いつでもひっくり返せるぞ、と。

ところがベイスターズの先発ピッチャーの秦さんが崩れたのはこの回だけ

あれよあれよと3回から6回までを4イニング連続で三者凡退

これではイカンとラッキーセブンの7回。先頭の34歳と1日キタガー

豪快にレフトへ叩き込み、秦さんをようやくここでノックアウト。

060528-g.jpg

キタガー1日遅れのバースデー・ホームランでした。

得点は、ここで再度1点差へと迫る3対4。まだまだ負ける気はしませんでした(笑)

ところが8回に投手陣が崩れ、決定的な3点を奪われてしまいます・・・。

誰もが諦めかけたその時、一人の男が反撃の狼煙を打ち上げました。

そういえば、ちょうど一週間前にもあの悪夢の甲子園で、大勢が決した後であっても、Bsの意地を見つける一発を放ってくれていましたね。

そう、漢・塩Zがまたも怒りの、そして貴重な、貴重な一発を、レフトへ打ち込んでくれました。

060528-h.jpg

これで4対7。9回に「満塁ホームランでサヨナラ」という形だけは何とか作ってくれました・・・。

そしていよいよ9回裏の攻撃。マウンドには、あのクルーンさん・・・。

そして先頭の俺達のよしくんが、クルーンさんの投じた初球をセンター前にライナーで運びました155kmのストレートでした。

060528-i.jpg

よしくんはこれで7試合連続ヒットです。

バッターとランナーは違えども、ここまでは昨日と全く同じ展開でした。

俄然期待が膨らみました!

昨日のアノ奇跡の生々しい空気が球場全体を包んだことでしょう・・・。テレビの中から貞子が出てくるように、その空気は我が家にも届きました

しかし、ドラマはここまででした・・・・・。

神様は、奇跡の安売りはしてくれませんよね。

ここまでスルーだった投手陣にも触れておきましょう(笑)。

先発はマエカーでした。

060528-a.jpg

4回と2/3を投げ 被安打8 与四球1 奪三振3 失点4

今日も5回持ちませんでした。特に初回から5回まで連続で先頭バッターを塁に出しました。

ストレートの最高が147kmを計測するなど、力はありそうに感じましたが、コントロールが甘くなり、簡単に得点を許してしまいました。

次回の先発は、あるのでしょうか・・・。

2番手は、前回登板から一週間も空いたハギーでした。

私は、もしかしたら今日先発も?・・・と思っていましたが。

060528-b.jpg

2回と1/3を投げ 被安打1 与四球1 奪三振4 失点0

結果論から言うと、先発して欲しかったですね(笑)。

3番手は1軍登板3試合目の香ちゃんでしたが、投ゴロで1アウトを取った後、村田さんにソロホームランを浴び、四球をはさみ吉村さんに左中間2ベースヒットを許したところで交替。
060528-c.jpg


4番手は、今日が誕生日だった山省でした。自らバースデーを好投で飾りたかったところでしたが、結果は裏目
060528-d.jpg

いきなり、たくろーさんに2点タイムリーのありがたくないプレゼントをもらってしまいました。その後は3者連続三振を含む、単打1本に抑えたので、悔やみきれない1球になってしまいましたね・・・。

060528-j.jpg

昨日の劇的なサヨナラ勝ちで連勝を今季初めて、また3度目の正直で4に伸ばしたBsでしたが、5連勝はなりませんでした

9連敗の後4連勝。小休止も必要ですよね。

よくここまで巻き返してくれましたよね!

キヨ先発出場後、また光尊様復帰後、初めての黒星になったことだけは残念でしたが・・・。

また明後日から、ですね!

明後日からは、交流戦も後半戦に突入します。まず初めは、先のナゴヤで痛い痛い3戦連続完封負けを喫してしまったドラゴンズをホームに迎え討ちます。

ただし、前回とは舞台や役者が違います。

この前のようなことはないと思います。いや、2度とあってほしくはありません(爆)。

明日から始まる新しい週が、素晴らしい1週間になりますように!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第3位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

「blogランキング」のランキングで、遂に最高記録を更新することができました。

これまでの最高4位から、ついに3位を確認させていただきました。

これは、某HP管理人様にリンクを張っていただいたことでアクセスが本当にビックリするくらい増えて、目に留めていただく方が大幅に増えたことが最も大きな要因だと感謝しております。

そして、勝手気ままに書き散らかした記事を楽しみにしていただいている、想像を絶する数(笑)の皆様方のお蔭です!

改めて、厚く御礼を申し上げます。


5月27日 対横浜・交流戦第2回戦(スカイマークS)

スタジアム全体を包む逆転サヨナラ勝ちの興奮の坩堝の中・・・。ほんの数秒間、ほんの一瞬の間、夜空から雨が落ちてきました。傘を差す間もなく止んでしまった雨でした・・・・・

その瞬間、今までに味わったことの無いような感覚に教われました。嬉しさのあまり手が、足が、ガクガクと震えて暫くは止まりませんでした。そして、涙も溢れ出ました。

人間は、突然の大きな感動に出くわした時には、そうなることもあるのでしょうか?

私の周りの、そこかしこの大勢のファンも、顔をくしゃくしゃにして誰彼となく、互いに抱き合い・・・。そんな風景にスタジアム全体が包まれていたように思えました。

至福のとき、とでも言うのでしょうか・・・。

私の少ない野球観戦歴の中でも最も感動的でドラマチックな勝利の瞬間を経験することができました。

060527-a.jpg


 Bs ⑦× - 6 YB


野球は筋書きの無いドラマ

昔からよく言われ続けてきたこの言葉。

この日のためにあったかのような試合でした。

しかも、そのドラマの始まりは昨年の夏の終わりに、讀賣球団がキヨ自由契約にしたところから始まっていました。

いや、厳密にはその前の年のオフに、仰木さんによる水面下での入団の打診を「泥水を飲む覚悟で・・・」と断ったところを始まりとするべきかも知れません。

「その前の年のオフ」とは、まさに激動であったBsが誕生したオフのことでした。

仰木さんは、新生Bsの目玉としてのキヨの獲得に執念を燃やしていました。

一度は断られたものの、自由契約になった直後には再度接触を図るなど積極的な働きかけを続けられました。

しかしキヨ自身による回答を聞く前に、仰木さんはこの世を去られました・・・。

ファンの間でも彼の獲得に際しては、賛否両論がありましたね。

あれから多くの時間が流れました・・・。

そして迎えたこの日、9回裏。6対3と3点ビハインドのBsの攻撃を迎えました。

ただし、ベイスターズはこの回の頭から、守護神である160キロ男のクルーンさんにピッチャーが替わりました。

敗色濃厚でした。

先頭バッターは今日ノーヒットの9番・ダカヒーに代って代打、我らのマッキーが登場しました。

060527-b.jpg

クルーンさんの初球。150kmを超える剛速球に執念で喰らいつくバッティング!。打球は1・2塁間を鮮やかに抜けて行きました!

勘が鋭い方なら、この時点で今日の奇跡を予感できていたのかも知れませんが、私は恥ずかしながらこのマッキーのヒットが見れて「明日に繋がるなー」と思ってしまっておりました。

続くバッターは、今日3安打猛打賞の1番・村松様でした。

060527-c.jpg

途中、クルーンさんのワイルドピッチでマッキーは2塁に進みます。

ここで4安打目が出て1点でも返して負けたなら、「明日が楽しみだなー」。まだこの程度・・・。

しかしコントロールの定まらないクルーンさん。四球を与えます。

たとえ負けても得点を!

スタンドのムードは徐々に高まってきました・・・。ただ、続く2番・漢、塩Zが見逃し三振に倒れ、「あっちゃー」・・・。

1アウト1・2塁になりました。

最後のチャンスでした。ここで打席は3番・栄二様。今日はクリーンアップに座ってから何度目か、ホームでは初のマルチ安打の活躍でした。

しかも栄二様は、前の打席では現在の防御率からは信じられない好投を続けるベイスターズ先発のアゴ・・・いや、門倉さんをノックアウトするタイムリーを放っていました。

ただし、ここでのピッチャーはクルーンさん。「速球について行けるかなー。」今思えば大変失礼なことを思っておりました(汗)。

詰まらされて内野ゴロならゲッツ・・・・・・いえ、何でもありません・・・。

060527-d.jpg

ところが、流石は頼れるベテラン栄二様技ありライト前ヒット!!

ただし、浅かったのでランナーは還れませんでした

1アウト満塁

ここでタイムリーなら1点差!

Bs得意の追い越さない程度の怒涛の攻撃発動か!?

スタンドのボルテージは今日最高の盛り上がりを見せ始めました。

ポジティブにならなければならないはずの私なのに、まだその奇跡の予感は全くありませんでした。

このチャンスに打席に立つのは誰だろう・・・。

「4番・DH、カズヒロー!キヨハラッ! ナンバー・ファイブッ!!」

うおぉぉーーーーーーっ!

060527-e.jpg

今日は、一時は逆転となるタイムリーも放っていました。

しかしここは、タイムリーか、三振か、ゲッツーか・・・。私の頭の中の冷静なもう一人の自分の予想選択肢は、これだけでした。

それにしても野球の神様は、スーパースターにはそれに相応しい、特別なお膳立てを用意するものなのですね。

ライトスタンドは今日1番のボリュームで応援歌を合唱します!いや、叫びます!いや、絶叫します!

初球は高目のボールを豪快に空振り。2球目はそれよりも高くボール。

3球目でした。

高々とボールが夜空に舞い上がりました・・・。

そのボールが、私の頭上を通り越してさらに上段の方の席に舞い降りるまで、いったいどれだけの時間がかかったのでしょうか・・・。

今日大量に打ち上げられた花火のどれよりも最も美しいホームランでした。

逆転サヨナラ・満塁ホームラン!!!

060527-f.jpg


キヨにとっては通算11本目のサヨナラホームランとなりました。

これはキヨヘルメットの前オーナーでもある、現・楽天監督の野村克也氏が持つ史上最多記録に並ぶサヨナラホームランでした。

今週は本当にバットを振るたびに記録尽くめでしたね。

060527-g.jpg


キヨの入団会見。インタビューで目標を問われた時に最初に口にしたことは「試合を決めるサヨナラホームランを打ちたい」であったと記憶しています・・・。

これがスーパースターというものの存在感なのですね!

ホント、こんな日がね。来るとは思ってなかったんで・・・。ホント、野球を辞めずにやってて良かった・・・。本当に。

皆さんの声援がね、すごく背中に力となってね・・・。普通、クルーンのね、あんな速い球なんか打てないんですけども、皆さんの大声援がバットに当ててくれました。どうもありがとうございました!

自分自身、回ってきたらちょっとヤバイなと思ってたんですけどね・・・。ホンマ回ってきたんでね。ここはもう思っきり振るしかないと思って、皆さんの声援を力に変えて思いっきり振ったら・・・

奇跡が起きました!

ありがとうございました。

060527-h.jpg


・・・・・私は、夜空に浮かびあがるこのホームランの打球を見上げながら、仰木さんのことが脳裏をかすめました

かの仰木さんが、まさに心血を注ぎ、命を削ってまで求め続けたキヨ

本当に仰木さん眼力には、改めて感服します・・・。

このヒーローインタビューの時に、スタンドには冒頭で少し述べたほんの僅かな雨が降りました・・・。

天国の仰木さんの笑い声が聞こえるようでした・・・。

わっはっは!野球ってオモロイやろ!これからも応援してくれよ!

中村監督様も、ホームを1週してナインからもみくちゃにされた後のキヨと最後にガッチリ抱き合い、嬉し涙にむせばれていました

仰木さんも空の上からこの奇跡を見て、嬉し涙を流されたのでしょう。それを見ていた野球の神様が、私たちファンにも届けて下さったのでしょう。

何故か、傘を差した方は一人もおられませんでした・・・・・。

このような奇跡の現場に立ち会えた喜びは、文章力のない私には、他に上手に表現ができません。今は、顔を合わせた全ての方に「ありがとう!」と言いまくりたい気持ちです。

060527-i.jpg


キヨは、先発完投ではありましたが、6失点で負けを覚悟していた平野よし君の黒星を一振りで5勝目の白星に変えてしまいました。プロの凄さが改めて身に染みたことでしょう。

この普通ではない1勝を、ファイターズ八木君追撃のきっかけにしてほしいと思います。次回登板では、必ずやってくれると信じています。

060527-j.jpg



最後の奇跡にかすんでしまいましたが、それまでも私たち「光尊様ファンにとっての奇跡」があったことも簡単に(笑)触れなければなりません。

昨日誰にも内緒でスタメン復帰され、いきなり勝利に貢献する活躍を見せてくれた光尊様

私は昨日行けなかったので、とりあえず早く一目だけでもお会いしようと、早起きしてフィールドシート練習見学会に参加させていただきました。

いつもなら1塁側での見学になるところでしたが、この日は3塁側での見学でした。これは、光尊様の守備位置に最も近い場所を意味します(笑)。ラッキーでした。

おられました。

060527-k.jpg

お元気そうで何よりでした。

唐突ですが、試合に移ります(笑)。

中村監督様は、今日もスタメンで起用してくださいました。私が来ることを知っておられたかのように!

そして、私にとっては生では久し振りとなる今日の第1打席でした。初回に1点をリードされて迎えた3回、先頭バッターとして登場した、我が愛しの光尊様

バットの煌きに見惚れる間もなく、ライナーでライトスタンドに飛び込む今季第1号の同点ホームランでした!

060527-l.jpg

060527-m.jpg

これで今日は充分すぎるくらいに「元が取れた」と思えました(笑)。

第2打席は敬遠(私たち光尊様ファンにはそう見えましたが、何か?)の四球

6回には今季初のエラー(3ゴロを2塁へ悪送球)も記録!持てる魅力を最大限に発揮されます!何というショーマンシップでしょうか!?

このエラーの直後の第3打席には、2アウトからライト前へクリーンヒットこれだから、ファンはやめられません。

惜しくも第4打席は3塁ファールフライに倒れましたが、1軍復帰2試合目とは到底思えない「プチ奇跡」の大活躍でした。

両腕に眩しかった白のリストバンド炎の赤に変わっても、一挙手一投足全てにおいて魅せ続ける男光尊様

赤のリストバンドのトレードマークを、ポジションとともにノリから奪うという恐ろしい野望を胸に秘めてのプレーなのでしょうか・・・。

060527-n.jpg

そんな、大それたことを考える方ではありませんが(笑)、赤のリストバンド似合い始めてきました

あっ、他に赤のリストバンドをトレードマークにして活躍するスーパー・スターがいました!

「SHINJO」

これですね、納得(爆)。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

今日は、私がブログを始めてみようと思ったきっかけを作ってくださった(勝手に私が思ってるだけですが)方のお一人であるみなとあきろーさまと、初めてお目にかかることができ、更にお隣でご一緒させていただきました。

本当にありがとうございました。

毎日欠かすことなく(笑)、楽しくブログを拝見させていただいております。

おみ足、大丈夫でしたでしょうか?

今後ともよろしくお願いいたします!

5月26日 対横浜・交流戦第1回戦(大阪D)

強行復帰でチームの雰囲気をガラリと変え、9連敗とどん底で喘ぐチームを崖っぷちから救い出した男、キヨ

何故か開幕後は巡り合わせが悪く、この日が公式戦の大阪ドーム初出場でした・・・。

「帰って来たで!」

その言葉どおり、わざわざライトスタンドのBsファンに挨拶代わりの一発

チームを3連勝へと導きました。


 Bs ② - 0 YB


今日は大きなサプライズがありました。

午前中にサーパスの試合が大阪ドームで行われましたが、その試合に恐らく一昨日に続いて光尊様1軍復帰に向けて出場されるのではないかと予想しておりました。

情報によると、光尊様の怪我のその後の様子は、ようやく今月末あたりからウエスタン・リーグの公式戦に出場できるくらいに回復してきたと伝えられたばかりでした。

しかし、一昨日にはクラブチーム(NOMOクラブ)との練習試合ではありましたが、ひっそりとスタメンで実戦に復帰されました。

予定よりも早く、復帰のXデーも間もなくかな~と胸をときめかせておりました・・・。

ところが・・・

060526-a.jpg

全国津々浦々に急増し、息を潜めておられる、また、まだ自分がファンであることの自覚症状に乏しい隠れ光尊様ファンの皆様、大変お待たせいたしました!

待ち人来る!!

天災 朗報は、いつも忘れた頃に突然やってきます。

今日、ルーキー森山君に代って1軍登録されました!

今までも何人かの野手が1軍に登録されましたが、誰一人登録即スタメンというのはありませんでした。

しかし、光尊様は8番サードで即スタメンでした!

サーパスの試合にも出場されて1打数1安打だったようです。これが決め手になったのでしょうか?

ダブルヘッダーで、ユニフォームを着替えられて出場でした。

中村監督様意地悪ですね。

心の準備ができていませんでした(笑)。

本当にありがとうございました!これで連敗も恐くな・・・・(自己規制)。

060526-a-2.jpg

怪我をした時まで両腕に装着していたオークリーの白いリストバンドは、今日は燃える赤色のものに替わっていました。

心なしか、頼もしく見えましたよ。

対照的にルーキーの森山君は、1軍成績2打数2安打という成績ながら再びサーパスへ戻りました。正直、もう少し見てみたかったですが・・・。しかし再会は、そう遠くはないと思います!


ベイスターズの先発はハマの番長、大輔@三浦さんでした。

Bsの先発は、番長というよりも、どちらかと言えば生徒会長かクラス委員のイメージの方が強い川越選手会長でした。

060526-b.jpg

今日はエース(暫定も含む)同士の闘いでした。投手戦を予想してはいましたが、ここまで素晴らしい投手戦になるとは思いませんでした。

勝敗は決しましたが、大輔@番長さんも流石にセ・リーグを代表する大エースに相応しい凄いピッチングでした。

しかし、我がBsの選手会長それを上回るピッチングでした!

他校の番長タイマンを挑んだガリベンの生徒会長・・・。その男気に心を打たれたクラスメイトでもある、かつて伝説の番長と呼ばれ県内外の全てのツッパリ達から恐れられていたという過去を持った転校生が、生徒会長の助太刀のために久し振りに一肌脱ぎました・・・。

そんなクサ過ぎる学園ドラマのように放った川越会長を援護するキヨのホームランによる1点を、全身全霊で守り抜きました。

060526-h.jpg

このまま完封だといいなと見ていたら、9回のマウンドへは上りませんでした。中村監督様あくなき勝利への執念でした。慎重の上にも慎重を重ね、大輔と菊様のリレーを選択されました。

会長は、8回を投げ  被安打5 与四球1 奪三振2 失点0

チーム単独トップの5勝目をマークしました。

相変わらず今季通算与四球は、パの先発ピッチャーの中ではダントツで少ない8となりました。

やはり四球が少ないので、今シーズンは大崩れしません。

思えば、昨年の交流戦は、忘れもしない横浜戦(横浜スタジアム)では先発失格の烙印を押され、中継ぎで登板していました・・・。

今では信じられません。本人の努力の賜物でしょうね!

次回は中日戦ですね。前回3タテでやられたリベンジを期待しております!


先ほど触れたキヨのホームランに戻りたいと思います。

2回先頭で迎えた攻撃でした。

打った瞬間は、ライトフライか右へ切れてファールかと思いました。

しかし、打球はぐんぐん加速し、何とスタンドへ飛び込みました!

史上12人目となる4,000塁打あと1と、大手をかけて臨んでいたこの試合でしたが、なんと31試合振りの第3号ホームランとなりました。

今季大阪ドーム初出場でいきなりのHRでした。OP戦の阪神戦で放って以来の大阪DでのHRでもありました。

あと1だった通算塁打数が、一気に4003塁打になりました。

060526-c.jpg

そして今日は、ドームだけでなく、Bs入団以来初のホームのファンの目の前で行われるヒーローインタビューにも応えてくれました。

060526-c2.jpg

8回まではこの1点のみで、1-0でリードが続きました。

逆に6回には、1アウト3塁とベイスターズに同点を許しても仕方の無いピンチもありましたが、川越会長の気魄のピッチングにより、ベイ4番の佐伯さんをピッチャーライナーに仕留め、飛び出した内川さんが戻れずゲッツー!奇跡的に無失点で切り抜けました。

何としても追加点が欲しいBsは、とうとう8回に決定的な1点を追加します。

先頭バッターは、ここまで2打席凡退で、自ら復帰を祝うヒットは打てていなかった光尊様でした。

実戦に復帰してまだ3試合目。今日はお姿を拝見できたことだけでもありがたいと感謝すべきところでしたが、何とジャストミートした打球がライト線を襲います!

故障上がりとは思えない足取りで、立ったまま2塁へ達しました。

060526-d.jpg

ノーアウトでランナー2塁。8回ということを考えれば、ここが最後で最大のヤマ場でした。

ダカヒーは、手堅く送って1アウト3塁。

実況放送で、「ランナーは俊足後藤・・・」と解説されたのにはズッコケてしまいましたが、気が付きました

足の故障で戦線離脱したのに、また本塁クロスプレーをやらせるのですか?

いや、延長戦になったらサヨナラ弾を期待できる数少ない打者だから、替えることはできない・・・。心の声に納得しました。

このチャンスに打席に立つのは、これまたここまでタイミングの合っていない村松様でした。

村松様はセンターの守備位置から川越会長の背中をずっと見て来ました。何とかしてやりたい・・・。この気持ちが打球に乗り移りました。

鋭く弾き返したライナー性の打球が、名手琢朗さんのグラブを弾きました

ボールはセンターへ転がり、待望のタイムリーヒットが生まれました。

連敗中にはどうしても出なかった「あと1本」でしたね。

これで、ようやく得点は2-0になりました。

心配された本塁でのクロスプレーありませんでした。やれやれでした・・・。

060526-e.jpg

この日の全ヒットはBs、ベイスターズともに5本だけでした。

Bsの残りの2本は、よしくんとキタガーがそれぞれ1本ずつ記録しました。

何気に今日も「同級生トリオ」揃って活躍でしたね!嬉しいですね~。


完封ペースかと思われた川越会長は、8回でお役御免。

9回は、先頭の内川さんには大輔@加藤が登板し、空振り三振。雄叫びがテレビで見ている私にも聞こえそうでした。

ここで菊様に交替・・・。

3番金城さんをピッチャーゴロに、そして4番佐伯さんは見逃し三振に斬って取りゲームセット。

060526-f.jpg

今季既に7度も完封負けを喫しておりますが、今日の勝ちで完封勝ちも8度目になりました。

キヨ、大阪ドーム初見参でホームラン、4000塁打達成。

光尊様自ら快気祝いの大活躍!守備機会も1回あり。当然サードで無失策!。今日はノりの守備固めもありませんでした!。

川越選手会長、好投。ハマの番長との投手戦を制す。リリーフ陣も完璧。完封リレー。

見どころの多い、お得感一杯の試合になりましたね。球場へ行かれた方が羨ましいです。

そして最後のビッグプレゼントは、キヨのBs入団以来初めてのお立ち台でした・・・。

天国仰木さんも、目を細めていらっしゃることでしょう。

060526-i.jpg

これでキヨ4番スタメン出場の試合は3連勝。夢にまで見た大型連勝に発展していくのでしょうか・・・。

私は、光尊様ミラクルな活躍がそこに絡んで、何かとんでもなく凄いことが起きそうな、そんな予感に包まれております(笑)。

もちろんいい意味でですよ!(爆)。

明日は平野よし君が先発でしょうか。花火ナイトもあります。

花火のように、威勢がよくて華麗なピッチングを期待したいです!

Bs打戦もそれに応えて必ず多くの花火を打ち上げてくれることでしょう。

一応お断りしておきますが、花火とはポップフライのことではありません。そこんとこ、ヨロシク!

ライバルのファイターズ八木君にはこれ以上離されないよう、彼にプレッシャーを与えられるような素晴らしいピッチングを是非とも見せてください。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


5月25日 対広島東洋・交流戦第3回戦(広島市民)

遅ればせながら、交流戦初の連勝です!

僅差での勝利ではありましたが、投打の歯車ががっちりと噛み合いました。

打線は数少ないチャンスをモノにし、投手陣が渾身のリレーで繋ぎました。

監督の采配、首脳陣の作戦、実践する選手のプレー・・・それらが一つの目的のために結びつき、そして私たちファンを含めた勝利を願う全ての人々の心を力に変え、交流戦初となる連勝を掴み取りました。

昨日喜びの余り全て飲み干してしまったビール・・・。1本だけ残しておくべきだったと後悔しています。


 Bs ③ - 1 C


今日の先発は4本柱の一人、吉井組長でした。
060525-k.jpg


今日はNHKでラジオ中継があったことを見つけたので、ネットラジオと並行して戦況をチェックしておりました。

たまにはいいですね!ラジオも。

アナウンサーは、一挙手一投足を巧みな言葉で伝えてくれます。テレビ慣れしているせいか、いちいち煩いなー、と初めのうちは思っていたのですが、あることに気が付きました。

アナウンサーが実況するプレーを、頭の中で映像に映し換えている自分がいました。

Bs選手達の表情や飛び散る汗までも何となく脚色しながら、そのプレーを想像します。とても楽しいですねー。

そして、ピンチの時の緊張感もTVの比ではありませんね。まさにラジオにかじりつき、でした(笑)。

あくまでも、たまには。です・・・。テレビよりも疲れました(笑)。

吉井組長に戻りましょう。

今日は初回から連打を浴びるなど、結構ヒットは打たれました。

しかし、それでもマウンドに上っている間にはカープ打線得点は許しませんでした

6回と1/3を投げて 被安打7 与四球 奪三振2 失点

060525-b.jpg

折角の連敗脱出の翌日の試合で、序盤から試合を壊してしまうことはできない!という気魄が伝わるかのような、粘りのピッチングでした。ヒットは浴びても要所は締めて0で終える。

これこそが、ジ・アート・オブ・ピッチングともいうべき、吉井組長作品でしょう。

今日はヒーローインタビューにも応えました。

060525-a.jpg

アナ「相手は大竹投手でしたが・・・」

組長速い球を見ると燃えるんですよね。本当は燃えたらダメなんですけど・・・」

燃えるピッチングをしても、炎上はしない。ベテランは「有限実行」ですね!

あれ!? 意味が違いましたか?(笑)

ラジオは想像を、いやでも掻き立てるものですねー。

吉井組長が、カープのラッキー・セブンの攻撃で1アウト満塁とされたところからベンチとブルペンの渾身の継投策が始まりました。

失点も止む無しの場面で、1番手は菊様でした。

060525-g.jpg

外野フライでも内野ゴロでも1点という場面です・・・。絶体絶命のピンチです。

ここで代打に森笠さんが登場です。えっ!浅井さんじゃないの?と思いましたが、変に突っ込むと1塁ベース飛んでくるので、息を呑んで見詰めて、いや聞いておりました。

見逃し三振!

アナウンサーの絶叫が耳を劈(つんざき)きました!

060525-h.jpg

これで2アウト。続く東出さんはセンターフライ。

昨年新設された最優秀中継賞の第1回受賞者のピッチングの真髄を、カープ・ファン脳裏に焼き付けました。

連日の素晴らしい気魄に満ちたピッチングは、カープ・ファンも心の中で喝采を送って下さったのではないかと想像しておりますが、実際のところはどうなのでしょうか?

私は、そんな菊様誇りに思います

8回は頭から大輔です。最近は徐々に安定してきており、それに比例して首脳陣やファンからの信頼も回復しつつあります。

しかし、1つはアウトを取ったもののヒット2本と四球でこの日2回目の満塁のピンチを迎えます。

カープもこのまま黙って負けるわけには行きません。この場面で末永さんにライト前へ運ばれ1点を返されてしまいました

これで得点は3対1の2点差となりました。満塁のピンチは続きます。

しかし、ここでは井生さんをセカンドゴロ・ゲッツーに仕留め、何とか最少失点で切り抜けました。

9回はもちろん大久保様。今日は昨日と違い、久し振りに緊迫する得点差での登板です。

大久保様は、現在まで登板した2試合連続で先頭打者にホームランを打たれています。

昨日はルーキーで比較的非力なそよぎさんにも打たれましたので、今日は誰が打席でも緊張しました。

バッターは石原さんでした。するとまた、アナウンサーの絶叫が!!

すわ、HRか!?と一瞬凍りましたが、よく聞いてみると左中間へ2ベースヒットでした。ホッとしました(笑)。とりあえず3試合連続は免れました(笑)。

でも、ピンチはピンチです。むしろここでHRなら同点です。その方が恐いです。

と言っている間に代打が告げられました・・・。案の定、切り札浅井さんでした・・・。

恐るべし・・・あの時ではなく、このチャンスが来ることがわかっていたのでしょうか?ブラウン監督です。

カープにとっては最高の場面で代打の切り札が残っていました!

画像が無くてもわかります。恐らく、大久保様は何事もなかったかのように表情一つ変えずに浅井さんと対峙していたことでしょう。

060525-i.jpg

大久保様にとっては、あの阪神戦での金本さんのHRも、昨日のそよぎさんのHRも、遠い過去の思い出に過ぎません。

大久保様が見据えるものは、ただ目の前に立ちはだかる、今、打席に入っているバッターだけです・・・。

浅井さんを見事に伝家の宝刀・フォークで空振り三振に斬ると、東出さんをショートライナー、昨日打たれたそよぎさんはライトフライ。

2塁ランナーをそのままどこにも動かすことなく、ベンチへ帰らせました。

ゲームセット。あの長い連敗が始まる前日、5月12日大阪ドームのヤクルト戦以来の9セーブ目を記録しました。

連日の「K・K・O」リレーでした。昨年の強かった頃の勝ちパターンが戻りつつあることを感じさせてくれました。

060525-j.jpg


打線は、カープが合計11安打に対してBs7安打

しかし得点は1対3でした。

カープ打線は、まるで連敗中のBs打線を見ているかのようでしたね・・・。カープファンの皆様、気持ちは大変よくわかります。めげずに頑張ってください!

Bsの打のヒーローの筆頭は、4回の攻撃で2アウトから先制タイムリーを叩き出した我らがマッキーでした。今日は昨日に続いてサードでスタメンでした。打順は7番でした。

昨日内容が余りよくなかったので、スタメンは無いかなと心配していましたが、中村監督様にはこの活躍が読めていた模様です。

さすがです!連敗脱出を機に、選手起用も継投も全てが冴えてこられましたね!

もう、何も心配は要りませんね!

マッキーのタイムリーは、もちろん映像は無かったのですが、気持ちで打ったヒットでした。私にはまぶたの奥にハッキリと映りました。

060525-d.jpg

さらに続く8番ダカヒーも、昨日の的やんの活躍でお尻に火が着いたのか、連続でタイムリーヒットを飛ばしました。

060525-e.jpg

これで2対0とリードです。

そして続く5回には、先頭の村松様2ベースヒット塩Zが送り、栄二様がライトへ高々と犠牲フライを打ち上げて得点した1点を追加

060525-f.jpg

更に3対0とリードを広げました。

ヒットは、結局この回の村松様以降9回まで、カープ投手陣にノーヒットに抑えられましたので、前半戦のでの得点は本当に大きかったです。

今日のBs打戦の全7安打残りの4本は、漢・塩Z、栄二様が共に1本ずつ。

そして俺達のよしくんが今日もマルチ安打。ただし、残念ながら打点はありませんでしたが(笑)。

今日もスタメンを外れたノリは、今日も守備固め的に後半守備から出場でした。打席はありませんでした。

キタガーも今日は代打もありませんでした。

若手達は、今日もベンチから外へは出られませんでした。

しかし、何とか久し振りの連勝です。悪い流れは、完全に断ち切れたようですね。

060525-c.jpg

長かったロードは、今日でようやく一段落が付きました。明日から横浜、中日戦と続きますが、約1週間はホームでの戦いが続きます。

戦い慣れたDHも使えます。キヨはもう心配要りません。

辛いロードから帰ってきたチームの皆さんを、大阪ドームと神戸で、温かく迎えてあげたいと思います・・・。

  長い連敗の後は、

  できることなら長い連勝を!


連勝で多少浮かれている今だけ、叫ばせてください!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


~ お ま け ~

明日は、ドームで親子ゲームがありますね~。サーパスは、恐らく光尊様が出場されるような予感がします。

私は残念ながら行けませんが、幸運にも行かれる方にお願いがございます。

是非とも光尊様のご様子をレポートして下さいませんか?(笑)。一生のお願いです(爆)。



5月24日 対広島東洋・交流戦第2回戦(広島市民)

皆様、おめでとうございます!!

今日は泣いても良いですか?

勝利がこれほどまでに嬉しいものとは・・・。

10日前に買って以来、冷蔵庫の奥でキンキンに冷えたまま放置されていた缶ビールのプルトップを空けたときの喜びは、暫く忘れられないものになることでしょう・・・。


 Bs ⑦ - 2 C


♪ 宮島さんの神主が おみくじ引いて申すには 今日はBsが 勝ーち、勝ーち、勝っち、勝ち!♪

盗用お許し下さい(笑)。

長かったですねー・・・(しみじみ)。

今日の勝利の2次会は、格別なものになったことでしょう・・・。

060524-i.jpg

今日も先制はBsでした。しかも今日も初回でした。

その前に、今日のスタメンを見ておきましょう。

・・・・・・・!!!。

060524-a.jpg

遂に中村監督様英断炸裂、と言ってよいのでしょうか?

不振を極める主砲のノりは、故障以外では初めてのスタメン落ちの屈辱を味わいました・・・。

1番・ブランボー」の時とは比べものにならないサプライズです!

ファンの多くが、快哉!を叫んだかどうかはわかりませんが、皮肉にも打線は初回から繋がりました。

まずは初回先頭バッターの村松様。いきなりのライトオーバーの先頭打者ホームランでした!!

060524-b.jpg

思えばBsの前身の一つであるBWが最下位低迷していた頃、長期連敗など日常茶飯事だったシーズン終了後、その年の秋に日本一に輝いた福岡ダイエーホークスのレギュラーを棄ててまでFAで入団してくれたのがでした。

勝ち癖が付いたチームから、負け癖が染み付いたチームへ、しかも条件(金銭的)にも低かったチームへと自らの意思で移籍

フランチャイズが日本一の天然芝のスタジアムであったことも有力なチーム選択の決め手となりました。

しかし、弱きを助け強きを挫くを良しとした彼の生き様と、勝利の味を忘れかけたBWナインへ向けたストイックなまでの全力プレーを持ってしても、当時のBWは最下位という定位置から脱出することは、残念ながらできませんでした。

しかし、どんな時でもギリギリまで自分を追い込んでまで準備を怠らない姿勢、そしてその結果大活躍をしても決してスポットライトが当たる場所を好まない彼の人間性に魅せられた多くのファンは、今でも彼に対する感謝の気持ちを忘れたことはありません。

 「この(最下位で苦しむ)チームに、骨を埋める覚悟です。優勝を目指します!」 ← 入団会見で 

それ故、私は村松選手のことは決して呼び捨てで呼ぶことが、今でも出来ません(笑)。

今日の久し振りの7得点のうちの、ソロホームランによるたったの1点が、間違いなくタイムリーの乱れ打ちの呼び水になったことは間違いありません。

続く塩Zもライト線を破る2ベースヒットで続きます。

更に栄二様も守備の迷手・東出さんのエラーで出塁します。

ノーアウト、1・3塁のチャンスで迎えるバッターは、今日から4番ファーストで復帰を果たしたキヨでした。

壊れてもいい!チームの連敗が止まるなら・・・

自らの志願で、復帰予定を前倒ししての強行出場であったと聞きます。

同級生でもあるカープ先発のベテラン・佐々岡さんの投じたボールに、阪神戦の代打の時と同様に決して大振りすることなく、シャープにバットを振りぬきます・・・。

060524-c.jpg

レフトオーバーの2点タイムリーヒットでした!

今までなら、ここで併殺で1点止まり・・・ランナーは虚しく残塁・・・。何度見てきたことでしょうか。

しかし、流石にその場の空気を一瞬で変えてしまう男です。

ここまでの戦線離脱は、全力での走塁で傷めたが原因でした。しかし、一旦プレーしたらそんなことはお構いなしの激走で2塁を狙いますが、レフトの前田さんの好返球で惜しくも捕殺・・・。

壊れてもいい・・・チームのために無言の「有言実行」でした。

この一打で、今日の連敗脱出はほぼ決まったも同然でした。

まさにスーパー・スターの姿が、そこにはありました。

続くガルちゃんも続きたかったところですが、ここは三振に討ち取られ2アウト

初回にいきなり劇的な2点先取だったな、と振り返りながら(笑)今日は6番のよしくんの打席を眺めていました。

今日のよしくんは燃えていました。

見る人が見ないと、そんな表情には見えなかったかと思いますが、私にははっきりとわかりました。これを説明することは不可能ですが、確かにそう思いました(笑)。

ランナーがいる場面で、久しぶりのヒットが飛び出しました!

060524-d.jpg

これでよしくんタイムリーの打ち方を思い出してくれたことでしょう。

顔にそうハッキリ書いてありますが、皆さんにも読めますよね?(笑)

これで初回から、ホームランありーの、タイムリーも2本ありーの、嫁ぎーの。連敗脱出に向けて幸先の良いスタートを切りました。

この大きなプレゼントに応えてほしい、先発のオバちゃん

060524-e.jpg

来日4試合目の先発です。「4度目の正直」をゲットするためには、何と言っても立ち上がりです。

が、いきなり先ほど得点に絡むエラーを記録した東出さんに出塁を許してしまいます・・・。

続くルーキーのそよぎさんは2ゴロ!表の攻撃でエラーとなった同じ形でした。

しかし、こちらの守りは栄二様。まるで守備練習の如く、水が流れる滑らかさで軽快に捌き塩Zへ。

昨日の悪送球が失点に絡んでしまった責任を胸に、塩Zはいつもよりも慎重に1塁へ転送。俊足のそよぎさんではありましたが、見事に併殺完成

立ち上がりが不安であったオバちゃんを大いに勇気付けました。

これで波に乗れたのでしょうか。

2回に天才・前田さんに一発を浴びますが、失点はこの1点のみ

6回を投げ 被安打4 与四球1 奪三振5 失点1

来日4試合目にてようやく彼本来の力を発揮できたようですね!

次回もこのようなピッチングをしてくれたら、計算が立つのですがね!

060524-j.jpg

とりあえず、来日初勝利と初体験のヒーローインタビューでした!

おめでとう!オバちゃん!

2回に1点を失ったBsでしたが、今日は取られたらすぐ取り返す、という野球の定石のとおりすぐさま得点できました。

よしくん2打席連続のタイムリーでした!

060524-f.jpg

よしくんは今日はいつもの目立たないマルチヒットではなく、久々に打点付きの猛打賞の大暴れ!

キヨに触発され、遂に俺たちのよしくんが帰ってきてくれたのですね!よしくん祭りですよね!そう信じていいですよね!

そして終盤には、代打ノリ敬遠され勝負を挑まれた的やんの、この日2本目の2ベースヒットが飛び出して1点を追加します。

的やんは今シーズンの7安打中4本が2塁打です。「新・ミスター2ベース」襲名ですか?。ついに「俊足巧打!的山」の誕生ですね(笑)。

今日はスタメンを外れていたキタガーでしたが、村松様、そしてよしくんの活躍を見て、同級生トリオの血沸騰寸前だったのでしょう。

9回に猛打賞となる3本目のヒットを放った漢・塩Zと四球で出塁の栄二様を塁上に置くチャンスに代打で登場でした。

一振りでした。ダメ押しのダメ押しとなる走者一掃の、2点タイムリー2ベースヒットです!

060524-g.jpg

同級生トリオが、揃って大活躍です!もう、言葉になりません!嬉しいですね!

投げては、あの悪夢の阪神戦初戦に続いて「K・K・O」の揃い踏みで(大久保様の先頭打者HRまでも同じく・苦笑)、カープを退けました。

菊様は、想い出の詰まった市民球場に、タイトルホルダーとなって初めての凱旋登板を果たしました。

育てて下さり、遣わせて下さった広島の皆様に改めて感謝したいです。

ノリの代わりに3塁へ入った我らのマッキーには、この日は快音は聞かれませんでした。また、森山君と田中君は出番なし、ぐっちは代打で登場も1打席空振り三振でした。

しかし、現在の看板選手が実力とおりの活躍で12安打7得点で連敗を9でストップすることができました。。

ただ一人、蚊帳の外になった感のあるノリも、決してこのままで終わることはないと信じています。

心から復活を待ち望んでいます。

しかし、長かったですね~。

中村監督様だけでなく、我々も、ようやくこれで落ち着けますね。

060524-h.jpg


あれ?

もしかして今日も勝てば交流戦初のカード勝ち越しじゃないですか?

喉もと過ぎると熱さ忘れる・・・・・

いい加減にしておきましょう(笑)。


blogランキングというものに登録しています。

良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


5月23日 対広島東洋・交流戦第1回戦(広島市民)

暫く振りの広島の街は、デビちゃんにとっては居心地の悪い街になってしまったのでしょうか?

それとも天才・前田さんのお顔を見たとたん「広島には、ようほらんわい」(達川さん風に)と思って戦意を喪失してしまったのでしょうか・・・。
060523-b.jpg


とにかく、「デビちゃんが先発した試合は、貧打戦」というジンクスは、今日で終わりました。

場所が変わったことで流れも変えたかったBsでしたが、終わってみれば二桁失点の惨敗。連敗も2桁に大手の9連敗・・・。

苦難の道はどこへと続くのでしょうか・・・・・。

060523-a.jpg



 Bs 4 - 12 C


今日は何故かリアルタイムの実況放送がありませんでした。そのため、ネットの速報と他の試合を見ながらの「各地の途中経過」でしか状況がわかりませんでした。

でも、不思議でした。それほど熱くならないんです(笑)。活字で「二併」と見せられても、映像を見ていないので、「あっ、そう」みたいな。

満塁で押し出しでも、ただ「四球」。ああ、コントロールが悪いね、と。

さらに、12安打で12点の広島は凄いなー、Bsは13安打かー、もっと凄いなー、とかも。

まるで連敗中の私に配慮してくれているかのように、今日は放送を自粛してくださったのかと思いました。

お蔭で、何故か客観的に戦況を見ることができました。

しかし、やはり興奮する場面もありました。

今日はデビちゃん先発の割りに、打撃陣が前半から飛ばします。

何と3回表までの攻撃で、7安打でした!

その割りにガルちゃんのタイムリー1本(1点)とエラー&内野ゴロでもらった1点のたった2得点ということは、いつものとおりの効率の悪さながらも、今日こそ打線爆発の予感を抱かせてくれました。

中でも今日も3番に座る栄二様は、2打席連続ヒットで早くも昨日の猛打賞に続いて2安打マルチを決めました。

このまま体力の続く限り、去年のマリーンズでブレイクしたサブローさんよろしく、ベテランの繋ぎの3番としてお任せするのが良いかと思います。

ところが、その裏にデビちゃんが天才・前田さんに3ランホームランを浴びるなどして一挙に6失点・・・orz
これで野手陣は意気消沈したかのように、4回から8回まではたったの2安打のみ

内訳は、よしくんが今日マルチヒットとなる2本目のヒットと、ある選手ヒットでした。どちらもシングルヒットで、残塁を増やしただけの結果ではありましたが・・・。

さらにデビちゃんは、6回にも3つの四球と4本のヒットを集中され、再び6失点・・・orz

060523-c.jpg

安定感を増してきたはずのデビちゃんが、まさかの12失点でマウンドを降りました。このような結果になることを、誰が予想できたでしょうか・・・。


うーっ!もう我慢できません(笑)!

暗い報告はこれ位にして、明るい話題に移ってもいいですか?

Bsは最終回に2点を返しました

12対2から12対4。勝敗には何ら影響しない得点かもしれませんが、一筋の希望の光が私には見えました!

060523-d.jpg

びっくり箱の的やんが俊足(嘘)を活かして2ベースヒットで出塁します。次打者は今日は代打で出場してそのままセカンドの守備に就いているルーキーのルパン森山君の2回目の打席でした。

思わせぶりな書き方をしたので、何となく展開は読めましたよね!?(ある選手

そうです、プロ初打席は代打で3塁ゴロ内野安打、プロ初ヒットを記録しました!

きっと俊足(本当)を活かして疾風の如く1塁ベースを駆け抜けたのでしょうね~。はっきりと目に浮かびます!

 森山君おめでとう!!

そして2打席目が回ってきました。すると今度は、レフト前ヒット!!

060523-e.jpg

プロ入り初打席から2打席連続でヒットを放つとは、彼はこの状況下で神が遣わせて下さった救世主なのでしょうか?(笑)

守備ではプロ初失策もついでに記録したので、そうではないかも知れませんが、今のBsにあっては最もツキのある選手であることは間違いないでしょう。

中村監督様このツキを利用しない手はありませんぜ!

ちょっと言葉が悪くなってしまいました。お許し下さい。

的やんと森山君の連続ヒットでノーアウト1・3塁。1番・ガルちゃんは、犠牲フライで2回のタイムリーに続いて2打点目を挙げてくれました。

今日は全4得点の半分ガルちゃんのバットから生まれたものでした。

続く漢・塩Zも、昨日に続いてのの2安打目でチャンスを広げます。

そしてこのチャンスに代打で登場は、栄二様や塩Zがスタメンの今、代打の切り札となった我らがマッキーでした。

阪神戦では、悔しい代打で2打席の凡退。誰よりも悔しさを忘れていなかった男は、静かにそして熱く、燃えていたことでしょう・・・。

映像が見れなかったことが悔やまれます(正確には夜中に放送はあります)が、気持ちで運んだ右中間へタイムリー2ベースヒット!!

060523-g.jpg

またもや勝負強さを見せつけてくれました!

この集中力、勝負強さ。今のBsにあっては最も勢いのある選手であることは間違いないでしょう。

中村監督様、この勢いを利用しない手はありませんぜ!

またまた言葉が悪くなってしまいました。再びお許し下さい。

そして続くバッターは、今日はショートの守備から出場の田中君今シーズン初打席が巡ってきました。ここで、派手な活躍で一気にブレイクを!

060523-f.jpg

残念ながら三振に終わってしまいましたが、まだまだこれからですね!

最終バッターは、昨日のノーヒットの借りを今日2安打で晴らしたのでしょうか?俺達のよしくんでした・・・。

しかし、今日の打順は今シーズン初の7番でした。「何でオレだけ下げられる・・・」などとは顔に書いていなかったからこそのマルチヒットであったと私は思いたいです。

他球団にとっても7番によしくんが座られると、とても嫌な打線になりますよね!?

怠慢なプレーに見えてしまうプレーも、本当はよしくんなりの必死のプレーの結果であることが多い、ということは私には良くわかっています・・・。

もちろんこれからも私はダンス・・、いや、応援し続けます!

ですから今は何も言わずに、12球団一の、新しいタイプの7番打者像構築を目指して、好きなだけ、気が済むまで、打ちまくってほしいと思います。


昨日打ち込まれたユウキに替わって、久し振りに(今季初でした)香っちゃん登録即登板しました。

2回をパーフェクトに抑えてくれました。

昨年の「KK・KKO」の中継ぎ陣に無くてはならない一人が帰ってきました。少しづつ、いろいろな部分が好転し始めていることを感じます。

昨年のファイターズの11連敗や、往年のマリーンズの17連敗の域には、まだ達していません。

こうなったらいつ連敗が止まるのか、楽しみに待ちたいと思います(笑)。


そして、さらに嬉しいニュースをどうぞ!!

オリックスが阪神秀太獲りへ

いや、この表題のニュースに今は興味はありません・・・。明るい希望が見えましたからね。その記事中に嬉しい文章が書かれていたのです!

・・・・・左足首のじん帯を痛めていた後藤は今月中のウエスタン復帰が望めるまでに回復したが・・・・・


日本全国の光尊様@チャラ夫ファンの皆様、大変お待たせいたしました!

もう少しで我々の目の前に、リニューアルした光尊様が帰って来られますよ!

この暗く重苦しい状況を一瞬で変える救世主になっていただきたいところですが、それは、そこまでは、待てません(笑)。

もしも復帰した時にも連敗が続いていたならば、ということで、どうかよろしくお願い致します。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月22日 対阪神・交流戦第3回戦(甲子園)

先の中日戦に続いての3タテを喰らいました・・・。

これで8連敗・・・。屈辱の関西対決がようやく終わりました。

皆様、本当にお疲れ様でした。

明日からは場所を変えて広島との対戦に替わります。気持ちを新たに頑張りましょう!

ただし、チームの皆様は試合前に「宮島さん」で必勝祈願をしてから臨まれますことを強くお勧めいたします・・・。


 Bs 2 - 8 T


060522-i.jpg


Bsの先発は、昨年まで在籍していた古巣相手に、5月3日東北楽天戦以来今季7度目の先発となる久々のマエカーでした。

060522-a.jpg

その時の成績は
1回と1/3 被安打4 与四球4 奪三振1 失点2

これで先発失格の烙印を押されたマエカー翌日は早くも敗戦処理としての登板が待っていました・・・。

あれから約20日。先発登板も噂されましたが、雨天によるスライドの影響もありました。

そして様々なタイミングが重なり、ようやく甲子園球場の凱旋登板の栄誉を得ることができました。

巷では、連敗脱出を放棄か!?などと揶揄されていましたが、そんな外野の悪態を黙らせるピッチングに期待したいと思いました。開始直前までは・・・。

何日振りでしょうか?初回にタイムリーではありませんでしたが、ヒットを2本も集めて1点先制してくれました!

しかしマエカーは、久々に興奮に酔いしれるファンの火照った心と体を一気に冷ませる、先頭の赤星さんへの四球・・・。

その後はお決まりの盗塁、1ゴロで進塁、犠牲フライ。

案の定ノーヒットで簡単に追い付かれ、3回には逆転を許し、その回の途中でマウンドを降りました・・・。

2回と1/3 被安打4 与四球3 奪三振1 失点2

前回と殆ど変わらない結果でした・・・。残念ながら、甲子園の阪神ファンでマエカー・ファンの方々にも、成長の跡を充分にお見せすることができませんでした・・・。

打撃陣、今日の得点は2点

ただし、久し振りに初回先制点を奪い、連敗脱出の機運を大いに高めることだけは出来ました。数分後には萎みましたが・・・。

先制点を叩き出した1回の攻撃は、鮮やかでした。

先頭のガルちゃんがいきなりレフト前へ運びます。2番は今季2試合目のスタメンのぐっち。しっかりと送ることができました。

1アウト2塁。ここで今日は今季初の3番抜擢の栄二様・・・。ここで鮮やかにセンター前へ抜けるヒットで続きます。今シーズンは、全打順ヒットを目標にしても良いかも知れませんね。

1アウト1・3塁。4番ノり最低限の仕事。センターへ犠牲フライを打ち上げ、久し振りに先制点を叩き出してくれました。

060522-b.jpg

でも、タイムリーが欲しかったですねー。今はそれが打てるのはキヨ唯一人なのでしょうか?

2点目は6回でした。

1回に続き先頭のガルちゃんが、あわやレフトスタンドに飛び込むかという物凄い当たりのライナーでフェンスを直撃する2ベースヒットで出塁します。

1番ガルちゃんは、今日は2安打マルチの活躍。本日の全2得点のホームを踏みました。
060522-e.jpg


続くぐっちは右方向へ引っ張るチームバッティングでランナーを3塁に進めました。

060522-f.jpg

今日のぐっちはヒットこそ無かったものの、1塁ベースまでの全力疾走、失敗はしましたが盗塁、と持ち味はアピールできたのではないかと思います。

1塁へは、あと僅かのタイミングでヒットになりそうなスピードで駆け抜けました。見ていて非常に気持ちの良いプレーでした。

1アウト3塁で打席に立つのは3番の栄二様でした。勝負は1対6と大差はついていますが、どうしてもヒットを打たねばならない理由がありました・・・。

そして、粘り強く追っ付けた打球は、ライト前に落ちるヒット

ガルちゃんはゆっくりと歩いてホームに還ることができました。

060522-c.jpg

過日、ひらりんが負傷した翌日に師匠である村松様が、弟子の分までと鬼神の如く猛打賞の活躍は記憶に新しいところです。

今日は、昨日思わぬ骨折で戦列を離れることになった傷心のマサヒロのために、どうしても活躍する姿を見せて励ましてやりたい!。

守備の名手である師が、弟子のためにタイムリーを含む3安打の猛打賞。まさに鬼神の活躍・・・。これも「いてまえ魂」の継承がもたらした一つのドラマに違いありません。

マサヒロの胸にも確実に響いたことでしょう。

060522-c2.jpg


そしてもう一人マサヒロに替わるスタメンショートは、今日から1軍に登録された田中君?それともルーキー森山君?いや、マッキー

いいえ、違います。

マサヒロよ、後のことはこのオレに任せろ!

元々はBW不動のショートストップ。BW最終シーズンには4番も張った男

Bs誕生時は、開幕こそスタメン出場を果たしたものの、堅実かつアグレッシブな守備では敵わず、マサヒロにレギュラーの座を譲りました。

その後は内野は全て守れる器用さと勝負強いバッティングで、栄二様と共に無くてはならないBsの貴重な戦力として今に至っています。

そう、まだまだ若手にマサヒロの代わりなんてさせられないぜ!

漢・塩崎、ここにあり!

060522-d.jpg

打っては2安打マルチ!守備でも、もちろん無失策

ただし、これからずっと塩Zだけが守り続けるという訳は無いと思いますので、その他の若手にもきっとチャンスは与えられることでしょう。

しかし、安心感という意味では右に出るものはいないと思います。これからの暫定レギュラー争いが熱くなりそうですね!


この日、今季3度目の1軍登録で、早速登板があったピッチャーがいました。

060522-g.jpg

今回は間違いなく菊様のフォローという大切な役割を担うと思います。過去の悔しい2軍落ちを忘れずに、今回こそ1軍完全定着を目指して欲しいと思います。


最後に、昨日お願いした夢が一つ叶いました(笑)

元BW戦士で、2軍監督でもあった岡田監督の粋な計らいだったのでしょうか。

重苦しい雰囲気でしたが、もうすぐ終わる・・・。やっと・・・。と思っていた最後のイニングでした。

懐かしいピッチャーがマウンドに!

060522-h.jpg

お元気そうで何よりです。

いきなり栄二様に3本目のヒットを恩返してくれると、ノリにも挨拶代わり四球。いきなりノーアウト1・2塁のチャンスをくれました

セ・リーグに移った相木さんが、「私たちの知っている相木さん」のままだったことにとても安心しました。

JPのように、東京へ上ったとたん別人のように豹変(開幕6連勝)したのを見て、少し寂しい気持ちになっていた矢先でした・・・。

どこへ行こうと相木さんは相木さんでした!これからも変に「セ・リーグずれ」することなく、いつまでも私たちが知っている癒し系の相木さんでいてください!

相木さんの温かいもてなし空振り三振で返したよしくんも立派でしたね(爆)。

そして同じく長い付き合いだった塩Zも、何も言わずにセンターフライ。そしてゲームセット・・・。

相木さんに、甲子園での笑顔をプレゼントしてあげました。


明日は、いよいよ移籍後初デビちゃんが、そして最優秀ホールド受賞後初めての菊様が、思い出の広島市民球場へ凱旋です。

甲子園と違い、カープファンの皆様から温かい拍手で迎えてもらえると嬉しいのですが・・・。

どうなのでしょうね?ファンの皆様の反応がとっても気になりますね。

そういえば去年の広島遠征は、忘れもしない仰木さんの「退場事件」がありましたね(笑)。

後に仰木さんは、「あれはキクチバラと言ったような気がする」とばらしてくれていましたね(爆)。

あ れ か ら も う 1 年 で す ね ぇ ・・・。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


5月21日 対阪神・交流戦第2回戦(甲子園)

祝!キヨ、プロ野球史上8人目の

1500打点達成!

今日の記事は、この偉大な記録達成に敬意を表し、この話題だけでいいですか?(笑)


 Bs 3 - 5 T


試合の方は今日も残念ながら負けました

060521-j.jpg

これで7連敗となりました。BWなら珍しくないことでしたが、Bs誕生からはワーストになってしまいました。

負けても何も思わなくなった、あのBW3年連続最下位の暗黒時代の感覚が呼び覚まされそうになりつつありますが、必死で耐えています。

悔しがりましょう。でも、チームや選手への愛情だけは忘れずに!

先発は、雨で変則のスライド登板となった若きエース、パ・リーグ防御率トップであった平野よし君が満を持しての登板でした。

高校時代に京都府立鳥羽高校のエースとして踏んで以来の甲子園のマウンドでした。

060521-a.jpg

しかし甲子園球場は、久し振りに帰ってきた卒業生に対して初回から手荒い洗礼を浴びせます・・・。

先頭の赤星さんを討ち取りながら、1ゴロのベースカバーで落球。藤本さんには手堅く送られ、昨日のサヨナラのヒーロー、元広島主砲のシーツさんにセンター前にタイムリーを打たれ先制されます。

続く4番、これまた昨日の勝利の立役者、元広島主砲の金本さんにはセンター前に運ばれ、5番の同じ京都出身の先輩の桧山さんにもライト前へタイムリー。これで2点目。

元日本ハム主力の片岡さんはセンターフライでしたが、8番鳥谷さんはピッチャーゴロかと思われましたが、弾いた打球がマサヒロの逆を突いて転がりタイムリーになってしまい3点目・・・。

ほろ苦い甲子園凱旋登板になってしまいました。

平野よし君は、この回以降2回、3回、4回と3イニングをパーフェクトに抑えて、防御率1位投手としての片鱗は甲子園の超満員の観衆にも示せたかと思います。

しかし、防御率はこれで1.688になってしまいました。小数点以下4位の差で、2位に転落してしまいました。

1位はに、新人王争いの最大のライバルであるファイターズの八木君が替わって躍り出ました。防御率だけでなく勝ち星も一歩先を行かれた感がありますが、まだまだこれからです。

この2人による久々にレベルの高い新人王争いの一騎打ちは、ファイターズファンと私たちBsファンを最後まで楽しませてくれることでしょう。

頑張れ!若さ!

初回に3点を先制されたBsでしたが、打線は今日も昨日と同じ4安打しか打てませんでした。

3回先頭のマサヒロが3塁の片岡さんのグラブを弾いてレフト前に初ヒットを放ちます。

060521-b.jpg

この苦笑いが、どのようなヒットだったかを物語っていますが、ラッキーでした(笑)

ダカヒーはしっかり送りバントを決めて1アウト2塁。今日最初のチャンスでした!

しかし、続く打者はピッチャーの平野よし君でした。幾らチャンスとはいえ、まだ3回。打たせるしかありませんでした。ライナー性のいい当たりでしたが赤星さんがキャッチ。ツーアウトになりました。

ここで左キラーとして1番に起用された大西君が、起用に応えてセンター前にクリーンヒット!

060521-b2.jpg

ランナーのマサヒロ3塁を蹴ります松山コーチの右手が、久し振りにぐるぐる高速回転です!

赤星さんも猛チャージ!そしてバックホーム!マサヒロとの競争です!

本当に久し振りのタイムリーヒットで得点なるか!!!!!

060521-b3.jpg

クロスプレーでしたが本塁憤死。しかもマサヒロはこの時に右手首を痛めてしまいました・・・。

病院には行かずにアイシングで様子を見るとのことですが、またまたまた、内野手の負傷です。またまた本塁突入での怪我人発生でした・・・。

ああ、何と本塁が遠いことよ。

私がその場にいたなら、思わずホームベースを引き抜いて放り投げたいくらいの感情に襲われたことでしょう。

いや、冗談ですが、あのTシャツが欲しいのは本当です・・・。

次のチャンスは5回にやってきました。

先頭のよしくんが、見慣れた初球ポップフライ(二飛)で倒れた後、先発の江草さんが突如として制球を乱します。(よしくんの連続試合安打は残念ながら途切れました)

ガルちゃんと負傷のマサヒロの代打、塩Zそしてダカヒー3者連続で四球

ここで迎えるバッターは、先ほどと同じく平野よし君でしたが、勝負どころとみた中村監督様はベンチを飛び出します。

「・・・バッターの平野に代りまして・・・・・・」

「キ・ヨ・ハ・ラ」

レフトビジター応援席の同志達(笑)の盛り上がりが目に浮かびました!

060521-z.jpg

立ち直りの兆しが充分であった平野よし君に代えて。リスクもありましたが、中村監督様勝利への執念と理解しました。

昨日のように回の先頭ではなく、これ以上ないというチャンスの場面で、ここで無得点なら今日も完敗と思われる場面で、ベンチの奥からその巨体を現してキヨが登場しました。

060521-c.jpg

カウントは1-3。昨日に続いて四球かなと、押し出しでも打点つくよなーなどと軽薄なことを考えていたところでした・・・。

060521-d.jpg

しかし江草さんは男でしたついていました(笑)。素直にストレートで勝負してくれたお蔭かもしれませんが、キヨのバットが火を噴きました

火を噴くとは言い過ぎました(笑)。コンパクト振り抜いた鋭い打球がピッチャーの横を通り抜け、センターまで達しました!

ガルちゃんに続き、二塁から塩Zも好走塁で還ってきました!

060521-e.jpg

「これがタイムリーって言うヤツやっ!よう見とれっ!」

キヨ心の叫びが聞こえてくるようでした。気が付いた時には、私はテレビの画面を連打しており、家族から白い目で見られたことは、敢えて触れないでください(笑)。

忘れておりましたが、2打点です。キヨにとっては復帰後初ヒット、初打点が2点タイムリー。

Bsファンクラブ手帳の達成されそうな記録欄にも載っていない、それだけ凄すぎる記録です。

遂に通算1500打点の偉大な記録を達成しました

060521-f.jpg

日本プロ野球の長い歴史の中で、王貞治氏、野村克也氏、門田博光氏、張本勲氏、落合博満氏、長嶋茂雄氏、大杉勝男氏7名しか達成していない偉大な記録保持者の仲間入りです。

以後、達成者はもう出ないのではないかとさえ言われている記録です。因みに現役で第2位の記録でこれを追うのは、450点近く差を付けて金本さん、これに続くのは田中コユキさんと古田監督です。全てベテラン選手です。

当然ですね。100打点を15年続ける必要があるのですから・・・。気が遠くなるような記録ですね。

さらにキヨは、1500打点達成者の中で打点王のタイトルを取ったことのない初めての打者でもあります。

心からお祝いと、Bsというチームで達成していただいたことへの感謝の気持ちをお贈りしたいと思います!

試合に戻らなくていいですか?(笑)

そんな訳にはいきませんので参ります。

その後のチャンスに大西君と栄二様が連続三振でこの回一挙に逆転とはなりませんでした。これが結局最後まで響きました・・・。

反対に阪神は6回に代打濱中さんに2ランホームランを打たれて得点は2対5と再び離されてしまいました・・・。

Bsの次のチャンスはラッキーセブンの7回でした。

ピッチャーは能見さんに代っていました。先頭のガルちゃんが倒れた後、マサヒロ負傷で途中出場の塩Zが本来ビジター側ですが、阪神ファンで埋まる左翼ポール際に飛び込む第2号ホームランを叩き込みました!

060521-h.jpg

いい仕事しますね!第2号もソロというのだけがもったいないですが。さすがは漢の中の漢ですね!

私達は昨オフの契約更改時、まさかのダウン提示に涙するあなたの姿は、決して忘れません。

その後2アウト後に、四球2つをもらい2アウト1・2塁というチャンスでしたが残念ながらタイムリーは出ませんでした。

結局ヒットは塩Zの安打で今日も打ち止め。昨日に続き4安打でした。

得点は昨日より1点増えて3点でしたが、連敗も1つ増えて7になりました・・・。

060521-i.jpg

トンネルは長いですね~。もしかしたら、勝利の女神様は暫くどこか外国にでもご旅行中なのではないでしょうか?

早く帰ってきてくださーい!

そんなBsでしたが(どんなや!)、昨日代走でプロ初出場を果たしたルパン・森山君でしたが、今日も代走で出場しました。

また代走だけかと思われましたが、今日はそのまま栄二様に代り(!)セカンドの守備にも就きました。

代ったばかりの野手のところに必ずボールが飛ぶ」という野球の至言どおりいきなりセカンドゴロが!

私は緊張の余り「あっ!」と声を発してしまいましたが、森山君はさすがに快速ランナーです。フィールディングも軽快でした。

守備は平野恵一に匹敵する」と謳われた守備力です。全く必要のない、杞憂でした。

プロ初の守備機会は、全く無難に捌いてしまいました。これからは、守備の面では光尊様や一輝の方ではなく、マサヒロや栄二様、ひらりんの方に行ってしまう選手だということを確信しました(笑)。

打席の順番も回ってきたのですが、ここは実績のあるマッキーが代打に。何でも一遍には贅沢ですね。楽しみは次回に!と言うことで。

そしてBs選手ではないのですが、昨日の苦い思い出が生々しく残るハギー登板に対して、阪神ベンチは敢えて関本さんを代打に起用・・・。

結果はともかくとして、関本さんが元気に出場してくれたことで私の心は少し軽くなりました。関本さん、体に異常がなくて本当によかったです。これからもご活躍をお祈りしています!できればオリックス戦が終わってから

そして、臆すことなく正々堂々と内角にも投げ込んだハギーにも安心しました。阪神のラッキーセブンからの登板時には、恐らく相当なブーイングがあったものと思われますが、7回は3者凡退に。

8回には先頭から2者連続四球という舞台を自ら整え、代打のかの関本さん、元ファイターズの野口さんを討ち取り、そして赤星さんを空振り三振に。見事な「良ハギー劇場」でした。

昨日あんなことがあり、そして今日の「ハギー対関本さん」・・・。プロ野球の醍醐味を見た思いです。痺れました。


いやー、それにしても本当にキヨの持つパワーはすごいですね!と無理やり話題を戻します(笑)

060521-g.jpg

今日は代打でしたが、確実に雰囲気を変えてくれていました。ベンチの悲壮感は、いい意味で相当薄れたのではないでしょうか。

希望的観測ですが、明日は勝つような気がしてなりません。

根拠?ありませんが、何か?(爆)。

さあ、明日も頑張りましょう!

ところで、明日の先発は誰でしょうかね?マエカーの甲子園凱旋登板でしょうか?それならば、是非とも相木さんの元気な姿も見てみたいのですが・・・。ついでにイクローも。

夢、叶いませんかねぇ。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

【追記】

オリックス阿部真が右手首骨折

オリックス阿部真宏内野手(28)が右手首を骨折し、前半戦絶望となった。阿部は3回表2死二塁から大西の中前打で本塁突入した際に痛めた。その後も試合に出場していたが、右手首の痛みを訴え5回に代打を送られ交代。神戸市内の病院で受診した結果「右手首舟状骨骨折」で全治2カ月と診断された。近日中に手術を行う予定。

悲しすぎます。弱り目に祟り目です・・・。
マサヒロの抜けた穴は、とてつもなく大き過ぎます。

今は、治療に全力を傾けて下さい。チームのことは考えずに。責任を自分に求めないで下さい。

焦らずゆっくりと。私達は待っています・・・・・。

5月20日 対阪神・交流戦第1回戦(甲子園)

なんと言う試合でしょうか・・・。言葉にならない試合でした・・・。

神懸り的な勝利を収めて狂喜乱舞する球場全体を覆い包む阪神ファンの拍手と歓声の中にいて、魂を抜かれたように呆然と立ち尽くすだけのBsファン。

ふと、かつて千葉ロッテが弱かりし頃の17連敗目を思い出しました。

全盛期のジョニーさんが、あと一人で連敗を16でストップ!というところまでいきながら、当時のBWの長距離砲であったキャブレラにレフトスタンドへ手痛い一発を食らい、土壇場で同点に。マウンド上で打ちひしがれ、膝を突いて暫く立ちあがれなかったシーンが、私の頭の中で鮮やかにフラッシュバックしました・・・。

当時はBWファンでしたので、悲しげなエースと千葉ロッテファンに同情し、勝負の厳しさが生んだ悲劇を客観的に眺めておりました。

その連敗中のチームを支え続けた千葉ロッテファンの合言葉・・・

俺達がついてるぜ!

その志を私たちも見習う時がやってきたのでしょうか?。

あの当時の千葉ロッテ程ではありませんが、これで6連敗。今日は久々に磐石の勝ちパターンに持ち込みながら、それでも勝利の女神は微笑んでくださいませんでした

Bs誕生以来の危機を迎えているのかも知れません。


 Bs 2 - 5× T


球場に着き、指定席であるビジター側のファンが気持ちよく応援できるスペースだと思い込んでいた「ビジター応援席」はどこかな?と探していた私を、そのエリアで迎えてくれたのは、縦じまや黄色やピンク色のユニを着て、我がBsファンの隙間に座っているかなりの数の方々でした。

ただ、驚きはしませんでしたが。

その方々のお顔は、「他の席が買えなかったから・・・」という申し訳ないという表情とは程遠く、気のせいでしょうが何故か全員がとてもサディスティックに見えました・・・。

私の座った席のすぐ上にお座りになられた少し年配のご婦人は、阪神選手の応援歌をその選手に向けてではなく、まるで私たちBsファンに聞かせてくださるかのように、これ見よがしに極めて不愉快な甲高いお声で、阪神の攻撃中は終始大声でお歌い続けておられました。

ビジター応援席」の定義・・・・・。散々語り尽くされていましたが、我らパシフィックな人々の常識的な理解とは、全く捉え方が違うことが改めて良くわかりました。

ビジター応援席」だけではありませんね。もちろん頭部に死球で退場となったハギーに対し、「○ね!」「○すぞ!」というあらゆる方向からの罵声・・・。蛍の光(私の嫌いなはよやれコールなんて、かわいいもんだと初めて思いました)・・・。試合終了後の「帰れ!」コールの大合唱・・・。

小さな子供たちを連れてきた親御さん達が率先して叫んでおられました。

球場全体がBsの選手や私たちファンに対する憎しみのオーラに満ち満ちていました。

何故でしょうか?

そこには野球を楽しむ、という空気は微塵も感じられません。

明らかに、間違いなくボールパークではありませんでした。

オーバーかも知れませんが、私には、そう感じられました。

土壇場にHRで追い付かれ、延長でサヨナラHRを浴びて負けたからという理由以上に、身も心も疲れ果てた1日でした。

しかし、傷ついたのはファンだけではありません。チームの皆様こそ、屈辱に耐えて辛い思いをしているはずです。

今こそファンとして、チームを支えるべき時だと思います。球場で、テレビの前で、携帯の速報を見ながら、チームの勝ちを信じて、阪神ファンとは違うオーラで、精一杯応援しましょう!

今こそ、ファンとチームが一つになれるときです!!


それでは、肝心の今日の試合を簡単に振り返りましょう。

ようやくでした。歌を忘れたカナリヤのように点の取り方を忘れたBs打線でしたが、遂に35イニング振りに無得点記録が打破されました。

060520-a.jpg

タイムリーではなくホームランでしたが、待望の、4番の1発不名誉な呪縛から開放されました。ノりの第7号が風に乗り、レフトスタンドへ飛び込みました。

060520-b.jpg

しかもソロではなく逆転の2ラン。中日打線から学んだ効率の良い点の取り方ですね(笑)。2安打で2点も!

何日振りかに見る、0以外の数字!

これで「0点打線」からの卒業となればいいですね!

そして今日はもう一人の主役、初代・甲子園の申し子であるキヨが復活の打席に立ちました。

060520-c.jpg

今日は守備練習の時から、足の具合が心配だったキタガーとともに元気にファーストに入っていました。

フル出場も時間の問題でしょうね。

キタガースタメンでした。

恐らく得四球率(笑)は、今もパ・ナンバーワンであろう確率のとおり、復帰初打席は四球でした。

もう一つの高確率、空振り三振を予想していたのですが、当たらなくてよかったです(笑)。

そして代走が告げられました。

060520-d.jpg

昨日ご紹介したルパン・森山君でした!

記念すべきプロ初出場を果たしました。

これからは私たちの目の前で、イヤというほどダイヤモンドを駆け抜けてくれることを期待します。

森山君の今後のプロ野球人としての将来に、幸多かれと祈りました。

試合は2対1とリードのまま終盤へ進みました・・・。

8回は久し振りに菊様がマウンドへ。赤星さんに粘りに粘られましたが、最後は見逃し三振!

そして大輔が後を受けます。スペンサーさんを1塁ファールフライ、そして前の打席で先制タイムリーを放っている毛布・・・いや、シーツさんを空振り三振!

久し振りに「K・K」がノーヒットで抑え込みました。これは、忘れかけていた勝利の方程式ですよね!?

あとは、9回を守護神・大久保様がアウトを3つだけ取れば連敗は5でストップ。関西対決初戦を勝利で飾ることになります。

そうなるはずの、Bsとしては最高・磐石のリレーでした。

我がBs最大の武器であった「K・K・O」が復活!

となるはずでした・・・。

060520-e.jpg

しかし、先頭の金本さんに対して、2-3からの勝負球が甘かったのでしょうか。

打った瞬間、「向こうへぶち込め」のとおりのホームランで、一気に同点に追い付かれてしまいました。

先の大阪ドームで里崎さんに打たれた同点HRよりも、もっと良い当たりでした。

060520-f.jpg

流石、元・赤ヘル広島の主砲、世界の鉄人ですね!宮島さんの神主様もびっくりでしょうね!

これ以降は四球1つを挟むもののノーヒットに抑えただけに、ヒットではなくホームランであったことが悔やまれます・・・。

延長10回裏。マウンドにはハギーが登ります。Bsファンの全員がもしかしたら・・・と思ったかどうかはわかりませんが、先頭の元日本ハムの中村豊さんにストレートの四球を与え、今日が「悪ハギー」であることを、自ら速攻でアピールしてくれていました

が、続投です。

悪い予感は、残念ながら裏切らないハギーです。

犠打で送られて1アウト2塁。一打サヨナラの場面。ここで代打に関本さんを迎えます・・・。

誰も予想だにできませんでした。頭部に四球!危険球で退場となりました。交流戦ではパ・リーグ2人目となりました。一人目は、もちろん元BW戦士TNNKでしたね(笑)。

060520-g.jpg

笑いごとではありませんね・・・。関本さんが心配です・・・。キヨならマウンドへ突進してケリをつけるでしょうが、関本さんは倒れたままです。

阪神ファンからは怒号の嵐です。

暫くしてようやく関本さんは立ち上がり、一旦ベンチに下がったものの元気に1塁へと走って来ました。

ナイス・ファイト!関本さん!。

たとえスッポ抜けだとしても、頭に死球は最も危険です。ハギーに成り代わり、お詫び致します。

1アウト1・2塁。ここで急遽の登板となったのは本やんでした。

大方のBsファンが予想していたことよりも更に辛い結果となりました・・・・・。

土壇場9回に起死回生の同点ホームランの金本さんに続き、またまた元赤ヘル主砲のシーツさんのサヨナラ3ランホームランでした・・・。

060520-h.jpg

勝利の瞬間をあと僅かのところで逃し、積み重ねた連敗は6に伸びました。

060520-i.jpg

また今晩も眠れぬ夜を迎えることになりました・・・。

しかし、止まない雨はありません。明けない夜はありません。

明日こそ!、ですね。私は行けなくなりましたが、「レフトビジター応援席」に行かれる方々には、是非とも直接の声援でチームの皆さんを支えてください!

私を含め球場に行けないファンは、それぞれの場所から心の中で応援しています!

最後に、仰木さんのこの言葉をもう一度かみ締め、明日を迎えましょう!

  へこたれるなよ!

  何ぼでもチャレンジできるんやからな!

  へこたれたらあかんぞ!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

今日も甲子園のスタンドで久し振りにお会いした多くの方々から、沢山の励ましのお言葉をいただきました。

また、温かいコメントもいただいております。

数日前から始まった、毎日削除作業が忙しい大量の迷惑メールの中には、本物の励ましのメールも時々混じっています。誤って消さないように気をつけています(笑)。

本当にありがとうございます!

チームの状態に重ねて、もう暫くの我慢だと思い、事態の収束を静に待ちたいと思っております・・・。




5月19日 対阪神戦は雨天中止

今日の試合は、残念ながら?雨のため中止になりました。これで今シーズン初の月曜日開催(5月22日)が決まりました。

小雨の中で強行して、これ以上の怪我人が出るのだけは避けたいところですので、Bsにとっては良かったのではないでしょうか。

ついでに昨日までのムードも綺麗さっぱり流してもらえるかも知れません。

多くの方が聖地・甲子園のほんの一握りのスペースである「ビジター応援席」へ乗り込む予定だったと思いますが、明日に仕切り直しとなりました。

先発予定だった平野よし君は、明後日にスライドでしょうか?。そして、明日は川越会長連敗阻止を託すことになるのでしょうか?

明日の天気予報によりますと、朝のうちは雨の残るところもありますが、天気は回復に向かうとのこと。

私にとっては、甲子園は昨年の夏のオールスター、秋の日本シリーズ以来です。しかしデーゲームとなると子供の時に中日・星野仙一投手と阪神・上田次郎投手の投げ合いを見て以来となります。

ただし、仕事の関係で行けない可能性もあるので、余りワクワクし過ぎないでおります。

明日がチームにとっても、ファンにとっても素晴らしい1日となりますように!

060519-g.jpg


昨日のニュースで、どうしても取り上げたいものがありました。

吉井7回1失点の好投も無援に泣く「また頑張る」
7回3安打1失点と好投したベテラン吉井が打線の無援に泣いた。6回の先頭打者・森岡に安打を浴びるまでノーヒット投球。それが決勝点につながる不運が加わった。打撃でも5回2死一、二塁の場面で左前安打を放つなど攻守でチームをけん引。今季2敗目を喫したが、試合後は「中盤の大事な場面であんな投球しとったらアカンわ。まあ、また頑張る」と一切、言い訳をしなかった

060519-e.jpg

SASUGAです。超ベテランが、たった1失点でも責任を自らにのみ求める潔さ

立ち上がりから気前よく、ポンポン相手に得点をご奉仕する不甲斐ないピッチャー達には威圧的なまでの謙虚さですね。

かつて大量二桁に迫る失点を重ね、マウンド上で立ち尽くす姿からからは別人です。あの時はストッキングを全て見せる田吾作スタイルでした。

仰木さんから新たな生を受けて蘇った男の美学を垣間見た気がしました。


オリックス北川がティー打撃再開
オリックス北川博敏内野手(33)が18日、中日3回戦前(ナゴヤドーム)の練習で、一塁ベース上での捕球とティー打撃の練習を再開した。16日の同1回戦で右足首をねんざし、17日は技術練習は取りやめた。首脳陣は1軍登録を抹消せず、1軍に帯同させて回復を待つことを決めた。

登録抹消も心の底では覚悟していましたが、どうやら回避される模様ですね。でも、完治しないまま出場して、折角の調子を崩してしまわないか、或いはその箇所を庇って違うところを痛めはしないか、心配ではあります

中途半端を止めて、完治させてから・・・と言うのは意地でも球団は避けたいようですね(笑)。


そして、今日のニュースです。

5月19日 公示

登録   清原和博  森山 周

抹消  嶋村一輝  鈴木郁洋



オリックス森山周がプロ入り初1軍昇格
オリックスの大学・社会人ドラフト4巡目ルーキー森山周(まこと)内野手(24=ヤマハ)がプロ入り初めて1軍に昇格した。19日、清原とともに出場選手登録された。50メートル5秒7の俊足が武器の森山に、中村監督は「こういう現状だから足で揺さぶるのも選択肢。スタメン? 絶対ないとは言いきれない」と期待を寄せた。代わって、鈴木と嶋村が2軍に降格した。

今年のルーキーでは、平野よし君と中山君に続いて3人目の嬉しい初の1軍登録です。

もちろん、野手では初めてですね。

060519-a.jpg

キャンプと高知でのオープン戦まではずっと1軍でした。紅白戦ではヒットも飛ばすなど即戦力野手としての片鱗を見せてくれていました。

ところが関西に帰ってきたとたんに1軍から姿を消し、サーパスでも教育リーグの出場は全くありませんでした。

情報によると、古傷の左足の故障再発だったそうです・・・・・。

ようやく故障が癒え、サーパスでウエスタンリーグに初出場を果たしたのはつい先日、5月9日でした。

ショートで途中出場した5月9日・10日は、両日1打数ノーヒットに終わりましたが、セカンドで初スタメンの14日は4打数2安打1盗塁、18日は3打数1安打

ここまでのプロ通算(2軍)成績 9打数3安打1盗塁  打率0.333

光尊様、ひらりんという左打者の内野手を故障で欠く中で、経験は少ないながらも急遽1軍へ白羽の矢が立ちました。

060519-b.jpg

キャンプ直前にお会いしてサインをいただいたときには、

サイン、まだないんですよねー。普通ですみません・・・

申し訳なさそうに、結婚式場で記帳をするかのような、文字通り署名をしてくださいました。

飾り気のない、イケメンとは程遠い風貌ですが、アマ時代は「守備は平野クラス」と評価された守備力と、球界屈指の俊足が売り物です。

060519-f.jpg

ひらりん突然のセンターへのコンバートの遠因森山獲得だという噂も流れましたね・・・。

足の速さを生かして、次々と塁を盗むことを期待して、そして独特の形で整えられたもみ上げから、「ルパン」というニックネームがつけられたのは記憶の新しいところです。

早く姿が見たいなー、と思っていたらいきなり1軍で、もしかしたら明日見られるかも知れませんね。

地元兵庫・報徳学園出身。みっつーの1コ下の後輩でもあります。

光尊様がお戻りになられる日までの期間限定かも知れませんが、出場のチャンスを掴んだならば、私たちファンが「もっと見たい!」と思わせてくれる走・攻・守の全てでアピールしてほしいですね!

頑張れ!ルパン森山君

来る人あれば、去る人もあり・・・

一輝とフミヒロがサーパスへ旅立つことになりました。

一輝は1打数1三振。フミヒロは3打数0安打・・・。チャンスをものにできなかった本人が悪いとも言えますが、私の個人的な感想を言わせてもらうならば、余りにもチャンスが少なかったなー、というのが正直なところです。

特に一輝は、私が宣伝しまくっていただけに、肩身が狭いです(爆)。

フミヒロも、交流戦では突然何かを起こすという雰囲気を生かして、せめて横浜スタジアムまでは1軍に帯同させて欲しかったです。

しかし、入れ替わりが激しいということは喜ぶべきことと前に誓ったので、涙をこらえて彼ら2人を送り出すことにします・・・。

再び、お会いできるその日まで。ファイト!

そして、必ず不死鳥のように蘇って来い!

フェニックス一輝!!フミヒロも。


もう一人の1軍復帰を忘れておりました。

060519-d.jpg

当面は代打からの出場になりそうですが、久し振りの甲子園を懐かしむのも良いですが、私たち地元ファンとも久し振り(約1ヶ月振り)の再会になることも、忘れないでいてくれていたら嬉しいです。

できれば、挨拶代わりに「レフトビジター応援指定席」までぶち込んでいただければ、この上ない喜びとなるに違いありません。

皆さん。関西に帰ってきた愛しいチームと共に、明日からまた頑張りましょう!

060519-c.jpg
(注)本文とは関係ございません。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

昨日の近況報告以来、コメントやメールでの励ましを沢山いただきました。

皆様の優しいお気持ち、心から嬉しく思います。ありがとうございます!

暫くは我慢して、事態が収束するのを待ちたいと思います・・・。


5月18日 対中日・交流戦第3回戦(ナゴヤD)

一昨日は散発の4安打。昨日はその倍、8安打。そして今日は最も多い9安打!

しかし結果は3日間とも同じ・・・3試合連続完封負けでした。

今日の恐竜打線は、一昨日完封負けを喫したBsの4安打を下回るたったの3安打

しかし、2塁までランナーが進んだ最初で最後、たった1度きりのチャンスでキッチリと中心打者の井端さんがタイムリー。

チームの勢いの差を、まざまざと見せ付けられました。

中日は、逆にこれで4試合連続完封勝ち。40イニング連続無失点だそうです。

060518-h.jpg

敵地での関西対決を目前に、何とか1勝して甲子園に乗り込みたかった我がBs。結果は屈辱の5連敗、今季早くも7度目(交流戦4度目)の完封負けになりました・・・。


 Bs 0 - 1 D


昨日ともに2安打マルチ大西君とマッキーの1・2番コンビ、そして井端さんとの守備対決を楽しみにしていたマサヒロも何故か今日はスタベンでした。

しかし、今日の1・2番も昨日の2人に続きともに2安打マルチの大活躍でした。

1番は、一昨日のフェンス激突の記憶も新しい師匠・村松様でした。

060518-a.jpg

悔やまれるのは、5回2アウト満塁という今日の最大のキーポイントで1本が出なかったことですね。

この悔しさは、本人が最もわかっていることでしょう。明日からの阪神戦で晴らしてもらいましょう。

今日の2番は、栄二様。今季初の「様・様コンビ」の1・2番が実現しました。

060518-b.jpg

栄二様は、昨日は確かクリーン・アップの5番でした。が、今日繋ぎの2番でスタメンでした。

状況に応じて変幻自在に活躍のできる栄二様だから良いですが、今年は多いですね、こんな感じが・・・。

今日1・2番は全9安打中4安打。しっかり機能していました。

2日続けての1・2番で4安打。これで何故毎日0封負けなのか・・・。情けないというよりも、もはや神秘的ですらありますね(笑)。

あと、今日ヒットを放ったのは塩Z、ダカヒー、そしてピッチャーの吉井組長!・・・。
060518-d.jpg
バッティング、教えたって・・・というのは禁句ですか?

ブランボーは今日もフルイニング出場です。2試合連続ヒットです。もちろん、どちらもシングルですが。

俺達のよしくんは今日も1日1本。これで連続試合ヒットを6試合に伸ばしました。ただし、今日ももちろん打点はありません。・・・orz


今日の時短100回転的サクサク攻撃に大きく貢献したのは、Bs打線の「初球打ち」作戦でした。

よしくんの初球攻撃は有名ですが、今日はミーティングで徹底されたのでしょうか。

さあ、ここで問題です!

今日のBsの打者が、初球を打ったのは何回あったでしょう?

答えがわかった方は、空メール・・・

正解は、私が見逃していなければ

 延べ11回 ありました。

ちなみに11打数2安打でした。この作戦が正しいのか失敗なのかは、私は素人なのでわかりませんが、再三にわたる初球凡打は、間違いなくドラゴンズの先発ピッチャー、入団3年目でプロ通算1勝1敗、今シーズンも0勝0敗の佐藤充さんにとって大きなアシストになったように見えました。

そしてそれは同時に、言い方は非常に悪いのですが、Bs先発のベテラン吉井組長イニング間の休息を奪うという究極の妨害工作に見えて仕方がありませんでした・・・。

もちろん結果論ですが、そんな馬鹿なことを考えてしまう位に初球攻撃の効果は感じられませんでしたし、芸術的な技を駆使して力投を続けた吉井組長に、白星でなく黒星をつけてしまったことが残念でなりません・・・。

060518-e.jpg

今日は7回を投げ 被安打3 与四球1 奪三振3 失点1

今日は平野よし君が先発で、3タテを阻止にいくと思っていたので、ローテをまた崩して先発が吉井組長に変わると聞いた時は、正直唖然としました。

「巨人・阪神戦は、普通と違う」・・・中村監督様の口癖です。

今日の力投は、「普通」と判断された吉井組長プライド・魂の叫びを見た気がしました。

デビちゃん、平野よし君、川越会長、と並んで信頼できる先発ピッチャーの一人です。この4人は4人柱としてローテを崩さずに1年間投げ続けて欲しいです。

私たちファンも気が重い毎日ですが、チームの皆さんはもっと辛いはずです。

明日からは日本一の超アウェー。甲子園での3連戦です。いよいよキヨが復帰です。

選手達も戦力としてだけでなく、精神的支柱としてのキヨに大いに期待するでしょう。

そこに居るだけで空気までも変えてしまう男、キヨです。生まれ故郷の甲子園を、復活のだんじり祭りの場に変えてもらいましょう!

いきなり2ランHRで1,500打点達成・・なんてことになると、季節は一気にキヨの季節へと変わっていくことでしょう!

そうなればお祭り男、メキシカン・ダイナマイトも、きっと燃えてくれるでしょう!

060518-c.jpg
屋根なんて関係ないぜ!俺の頭上にはいつも真っ赤な太陽が輝いて眩しいぜ

さあ、誰が連敗を阻止する救世主になるのでしょうか!?

さあ、誰が現在連続29イニングの無得点記録を打破するのでしょうか!?

さあ、誰が6試合ぶりの勝ち星をゲットすることができるのでしょうか!?

考えると、楽しみで夜も眠れませんね(笑)

さあ、前だけを向いて。関西対決を大いに楽しみましょう!

でも、お天気はかなり心配ですねぇ・・・・・。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

私宛てにメールを送ることができるリンクを張ったところ、意味不明の内容や、私を中傷する内容のメールが大量に届きました・・・。

そのほか、時を同じくしてこの2日の間、私の名を語ったりアドレスを細工して私の仕業に見せかけて、他の方のブログのコメントや掲示板(私がアクセスしたことのないところも含む)に書き込む事件が数件起こっております・・・。

PC管理者の方に相談したところ、恐らく私の職場にある不特定多数の方(誰かは特定不能)が触れるどれかのPCを使ってのいたずら(以前他の方も同じ被害にあっています)の可能性が今回も高いらしいですが、それ以上のことはわからないそうです。

抗議をいただいた方には理由をご説明して謝罪しておりますが、もしかしたらもっと多くの被害があるかも知れません・・・。

どこかのブログ等で、私の今までの記事からは想像できないような内容の書き込みが、もしも私の名前であったとしたら、それは私が書いたものではありません。

人ごとだと思っていたことが自分の身に起こったことに、今とても大きなショックを受けています・・・。

恨みを買うようなことは、何も心当たりはありません。

初めてのことで大変困惑しておりますが、せっかくここまで続けてきたこのブログは、めげずに続けて行こうと思っています。

ご迷惑をお掛けした各位には、この場をお借りして心からお詫びを申し上げます。

5月17日 対中日・交流戦第2回戦(ナゴヤD)

昨日は散発の4安打。今日はその倍、8安打。しかし結果は昨日と同じく2試合連続完封負けでした。

昨日とは違って再三得点圏にランナーを進めましたが、やはり今日もあと1本が出ませんでした・・・。終わってみれば10残塁・・・。

4連敗、今季6度目(交流戦3度目)の完封負け、交流戦1勝6敗tとなりました・・・。


 Bs 0 - 7 D


あっと驚くオバちゃん先発初回だけで4安打2失点2回以降はノーヒットでしたが、4回でマウンドを降りました。注目の立ち上がりは、2試合続けてダメダメでした。

その後のハギーはタイロンさんに3ランHR、ユウキも2打席連続となる2ランHRを浴びました。

去年の交流戦の最初はいなかった中日の4番打者は、7得点中6打点の鬼っぷりでした。

Bs打線においては、昨日負傷した唯一の3割打者であるキタガーの捻挫が予想以上に酷く、登録抹消の可能性も示唆されており、当然今日は欠場でした。

怪我人が増えましたねー。オーダーが組めるくらいの数になってきました(涙)。

060507-e.jpg

これで20イニング連続で無得点

これで27イニング連続でタイムリーが出ていません・・・。

悪い数字ばかりが踊ります・・・。


考えれば考える程、心がめげて参りますので、負けたことは忘れます!

こんな日もあるさっ!

さあ、今日の試合の良かった探しに突入だーっ!(笑)

今日の日替わり定食ならぬ日替わりオーダーは、あっと驚く先発ピッチャーのオバちゃんとともに、瓢箪から駒・・・。

負傷のキタガーに替わって、我らがマッキー1番、スタメン・ファーストのチャンスが転がり込んできました。

060507-a.jpg

しかも今日は2安打マルチ!1本目は引っ張ってレフト前、2本目は流してライト前へ。

引っ張って良し、流して良しのシュアーなバッティングを見せてくれました。

現在Bsの打者の中で技術だけではなく、最も運やツキをも兼ね備えている選手だといえますね!いわゆる「」ですね!

シーズン終盤を迎えてもこの状態が続いて欲しいです。そうなれば立派に「ブレイク」ですよね!

これからも期待しています!


もう一人のマルチ安打は、初めてマッキーと1・2番コンビを組んだ大西君でした。

060507-b.jpg

奇しくもこの日は、師匠である「鈴木貴久」さんの命日でもありました・・・・・。

いてまえ魂の全てを若手に伝授するという志半ばで、若くして惜しまれながら逝ってしまわれました。

その教えの最後の後継者は、愛弟子であった大西君でした・・・。

相手ピッチャーがサウスポーのマルチネスさんということも幸いしました。期するものは並々ならぬものがあったことでしょう。

お前の怪力で スタンドぶち込め! 豪快に今日もまた 行け!貴久(大西)!

懐かしいヒッティング・マーチが敵地で響き渡ります。

それを力に変えた大西君は第1・第4打席で、今日は得意の右打ちを捨て、あくまでも拘って、あくまでも豪快に、バットを振り切りレフト前へと引っ張りました。

天国の貴久さんは何点を付けて下さったでしょうか?

豪快にスタンドへはぶち込めませんでしたが、2本もヒットを放っても笑顔一つ見せない大西君。

060507-c.jpg

それでいいのです!私の目には100点に映りましたよ!

これからも「いてまえ打線」の最後の後継者として、打撃道の求道者として、精進し続けて欲しいと思います。

そして貴久さんの分まで精一杯しぶとく球界に生き残って欲しいと思います。

マッキーと大西君NEW1・2番コンビは、全8安打中半分の4安打

得点に絡むことはできませんでしたが、充分機能しましたね。じっくり育ててみませんか?

残りの4安打は、ブランボーと栄二様とノリよしくんは今日も1日1本。5試合連続ヒットです。

そして今日は最後のバッターになってしまいましたが、待ちに待ったこの方に今シーズン初打席がプレゼントされました。

060507-d.jpg

今日はいつもの守備固めではなく、代打での出場でした。

しかし、見るからに「三振しそうオーラ」をプンプンさせながらの打席でしたが(笑)、案の定空振り三振に終わってしまいました。

昨年の1軍での成績は、3打数3三振

これで2年越しの4打席連続三振になってしまいました(笑)。

本人の名誉のために申し上げますが、ファームでは安打製造機」です。しかし、それがそれ以上でもそれ以下でもないところがいつも歯がゆいのですが、このダメっぷりこそが嶋村一輝の最大の魅力でもあるのです!

この、殻を破ろうともがきながら破りきれずに再びサーパスへ・・・・・。しかし、気付けばサーパスで打ちまくり、忘れた頃にいつの間にか1軍に(しかしまた気付けばサーパスへ)。

落とされても落とされても、諦めずにその度に這い上がるこの泥臭いド根性。決して宗リンさんやナカジさんや西岡さん達の様にスマートではないけれど、これが一輝の愛すべきダメっぷりの裏側に見えた時こそ、私たちは「一気に一輝魅力惹きつけられてしまうのです・・・。

そのオーラは、光尊様にも似て怪しげに異彩を放っています。

Bsファンではない光尊様ファンの方々(笑)にも、「自信」を持ってお勧めできるキャラです。

でも、キヨ1軍復帰後も1軍に留まっているかは「自信」がありません・・・。

もしかしたら今回の1軍最後の思い出作りの打席だったのでしょうか?そうではないことを、心から祈っております!

注目の華麗なるショートの戦いは、今日はショートゴロ内野安打は共にありませんでした。しかし、井端さんはマサヒロの自身の痛烈な当たりを横っ飛びでキャッチ、というファインプレーがありました・・・。文字通り、いいプレーでした。

明日も楽しみですね!

さて、明日の先発は誰になるのでしょうねー?

今日のまさかのオバちゃんは、全く予測できませんでした。平野よし君かマエカーか、或いはユウキも多少は考えていました。

ということは、明日こそは満を持してパ・防御率トップ平野よし君が先発するのでしょうか?

今までになくプレッシャーのかかる大事なマウンドだと思いますが、持てる力を全て発揮して素晴らしいピッチングを是非見せてください!!

私も少し心を軽くして、明日の試合を楽しみたいと思います。


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月16日 対中日・交流戦第1回戦(ナゴヤD)

流石はドラゴンズのエースです。セントラル・リーグ防御率トップのピッチャーです。

無四球完封。お手上げでした。

奪ったヒットは散発の4本のみ。しかもそのうち3本までもが内野安打でした。

2塁ベースと3塁ベースには、Bsのランナーの足跡は試合終了まで付けることができませんでした。

まさに手も足も出ませんでした


 Bs 0 - 2 D


と、相手の憲伸さんを褒めるのは当然として、Bs先発のデビちゃんも充分過ぎるくらいに責任を果たしてくれました

060516-a.jpg

二桁に迫る9安打を浴びながらも犠牲フライとタイムリー1本で2失点と粘りのピッチングを見せてくれました。

そして、今日も孤立無援・・・・。

たったの2失点、しかも完投で負け投手。

誰かさんのように初回6失点でも負けは負け、とはいうものの余りにも可哀想過ぎやしませんか?

相手ピッチャーとの兼ね合いで、打線が抑えられることも多いのはわかっていますが、たまには良い思いもさせてあげて欲しいものです。

こうなったら、今度の広島里帰りの時に宮島さんでお祓いを受けることくらいしか、流れを変える方法が思いつきません・・・。

サーフの分まで頑張って孤軍奮闘してくれているデビちゃん。期待以上の働きをしてくれていると思います。次回もよろしくお願いします!


本日の4安打打線を振り返りましょう(笑)。

まずは、唯一の外野に飛んだヒットを放ったのは1回のライト前へ渋く落とすヒットの俺達のよしくんでした。

060516-b.jpg

この時点で、これが最初で最後のクリーン(汗)ヒットになるとは夢にも思いませんでした。

その後、盗塁を試みたよしくんが刺されたことには敢えて触れないでおきたいと思います。お察し下さい。(笑)

4回の村松様のヒット以降の3安打は、全て内野安打でした。

060516-c.jpg

三遊間深めのゴロに対して気魄のヘッドスライディングでヒットに。いちいち言わなくてもユニフォームの汚れが語っていますね。

村松様は、守備でも超美技を見せてくれました。

8回先頭のアレックスさんのセンター頭上を襲う打球を背走し、ジャンプ一番キャッチ!と同時にフェンスに背中から激突して転倒!

一瞬、あのシーンが頭をよぎりました・・・。

弟子に続いて師匠までもか!?

ガルちゃんやよしくんも心配して駆け寄りますが、村松様は自ら立ち上がりました。右肩を気にしていたようですが、トレーナーと共にストレッチをしただけで何事もなかったようにプレー再開。

060516-g.jpg

大事に至らなくて本当によかったです・・・。

4安打打線に戻ります。

続くヒットは8回のガルちゃんの二遊間へのゴロの内野安打でした。

060516-d.jpg

しっかり走ってくれましたね。井端さんのフィールディングとの競争に勝ちました。

そして最後は9回表。ダカヒーの代打、我らのマッキー足で稼いだヒットでした。

060516-e.jpg

高目のボール球に釣られてボテボテのファーストゴロ・・・・。ベースカバーの憲伸さんとの競争でしたが、僅かにマッキーの勝ちでした。

残念ながら、これが本日のヒットの全てでした。

これで3連敗。借金2。交流戦は1勝5敗(最下位)となりました・・・。

060516-f.jpg

まあ、今日の相手はセ・リーグ防御率1位投手でした。

しかし!

明日?明後日?はパ・リーグ防御率1位投手が、この窮状を救ってくれることでしょう。

そう、夢を見ましょう!

ところで・・・・・

今日TV中継を見ておりましたら私も知らなかった意外な情報を耳にしました。

それは、昨日までパ・リーグのチーム最少失策チームが、何とダントツでBsであるとのことでした。

Bsのチーム失策数は14個。そして、2位は21個のファイターズだそうです。

意外でした。でも、よく考えてみると光尊様も今シーズンまだ未失策でしたから(笑)。

悔しい敗戦後ではありますが、何だかチョッピリ嬉しくなりました

そうそう、注目していた井端さんとマサヒロとの華麗なショートの守備対決ですが、目に見えるところでは、ドラゴンズに与えたショートゴロ内野安打は1本に対してBsが得たそれは2本

もちろん単純に比較はできませんが、一応マサヒロも守備の名手であることに引けは取らないように見えました。色眼鏡?はい!入ってますが何か!?

明日からも、じっくりとこの対決を楽しみたいと思います。


キヨの登録はどうやら阪神戦からになりそうですね。関西対決に向けて大いに盛り上げて欲しいところですが、直前であるこの中日戦に勝ち越すと盛り上がり方も大いに違うと思います。

最近は朝が辛いです・・・。

明日こそ勝って、気分良く明後日の朝を迎えさせて欲しいです~。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月15日 交流戦開幕後初めての休日

ただ今、交流戦最下位だそうですね・・・。交流戦で勢いをつけたチームとは裏腹に、我がBsはイマイチ波に乗り切れていませんねぇ・・・。

波乗りといえばこの人ですね。

20060515235442.jpg


オリックスのセラフィニが再来日
左肩の治療のため米国へ一時帰国していたオリックスのダン・セラフィニ投手(32)が15日、関西空港着の航空機で再来日した。今後は、神戸市内の室内練習場で調整を続ける。

実を言うと、もしかしたらこのまま帰ってこないのではないかと少し思っておりました。

しかし、ちゃんと帰ってきてくれました。開幕後は期待を裏切り続けたサーフでしたが、帰国そして再来日をきっかけに本来の力を取り戻してくれていたら、往復の航空券代は安いモンです。

私は再びサーフに期待したいと思います(代わりのオバちゃんアレだったので)。

巷では(?)昨日のアレの話題で持ちきりのオバちゃん・・・。

20060515235808.jpg

今日は早速首脳陣との反省会が開かれたようです。

オリックス・オバミュラーが首脳陣と会談
・・・・・今後の先発起用に疑問符がつく結果だったが、神部投手コーチは「2試合では判断できない」と話した。次回登板は21日阪神戦(甲子園)が予定される

オク様対オバちゃんの対決は本当に実現するのでしょうか?実現して欲しいのはヤマヤマですが、実際には江草さんになりそうですね。

サーフが帰ってきたことで、早くもオバちゃんの真価が問われる登板となりそうですが、3度目の正直で来日初勝利を掴んでくれることも心の片隅では期待しています・・・。

明日からは交流戦初のロード・ゲームが始まります。DHが使えない試合が9試合続くことになりますね。投手のバッティングという1年でこの時期だけの楽しみもあります。

キヨの復帰も時間の問題でしょうね。使われ方も気になります・・・。

ロードの第1ラウンドは中日ドラゴンズです。

今までのことは忘れて(笑)、明日が交流戦開幕のつもりで再度頑張ってほしいですね!

先発は、Bsはデビちゃんでしょう。対する中日は、エース・憲伸さんでしょうか。

中日川上、オリックス戦初勝利に闘志
16日の先発が予想される中日川上が、オリックス戦初勝利を目指す。昨年の交流戦では2試合に先発して、2敗。・・・・・

セントラルを代表する大エースが、オリックス戦未勝利で2敗というのは意外ですね。昨日ルーキーのヤクルト松井さんにやられたBs打線。明日、もしも憲伸さんを打ち崩したとしたら、中日ファンから怒られそうですが、最高に相性が悪いことが証明されてしまうのでしょうね。

さて、どういう結果になるのでしょうか。

私個人的には、セ界ナンバーワンショートの井端さんと、井端さんと誕生日が同じマサヒロとの守備対決を秘かに楽しみにしています。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月14日 対東京ヤクルト・交流戦3回戦(スカイマークS)

初回から打線大爆発!!スワローズ打線が!!

サーフの緊急帰国で失意のどん底にあった全国のBsファンを、千葉での好投により救い出してくれたおばちゃん

しかし地元初先発となった今日は、試合開始から約26分後にようやく1アウトを取ったところで降板・・・。一旦は救ってくれたファンを、再びどん底よりも深い場所へと静かに沈めてくれました。

昨日3点。今日6点。今日も1回表の攻撃で、全てが決まってしまいました。


 Bs 4 - 9 S


先発はBsが期待のおばちゃん。スワローズはルーキーで、高校時代は我がマサヒロ同級生の松井さんでした。

松井さんには悪いですが、今日は楽勝だなと思っていました・・・。

ところがそう思っていたのは唯一人、私の大学の後輩、古田監督だけだったのかも知れません(泣)。

060514-b.jpg

おばちゃんが本拠地で初めて投げた球数は僅か28球。で6失点。計算上は、約5球足らずで1点を失ったことになります。どうでもいいですが。

間違いなく「今季最悪の、悪夢の1回表」となりました。

1アウトしか取れずにノック・アウト。おばちゃんがショボいのか、スワローズ打線がとんでもなかったのでしょうか・・・・。

060514-c.jpg

ベンチで何を飲んでいるのでしょうか。できれば今日は「ヤクルト・タフマン」でも飲んで、次回登板への反省材料を整理してほしいものです。

もし次回の先発があるなら来週の甲子園です。あくまでもローテから外れなければ、の話ですが。今度は私がついていますから、大丈夫です!よね!?

1回表から、まさかのリリーフ登板(笑)は本やん。しかし本やんも宮出さんに2ランホームランを許し、得点は0対8

その後、勝ち試合の緊迫した場面でのロング・リリーフ兼敗戦処理のハギーも登板。

060514-d.jpg

ノーアウト満塁のピンチを自ら作り、自ら抑えるファンサービスも見せてくれました。

そして今日先発の噂もチラホラあったマエカーも、新たな役割で登板。

060514-h.jpg

ゲッツー崩れで1点を失いました。やはり意地でも無失点リリーフは見せてくれないようです。

そして最後はユウキが登板。これが予想外の(失礼)素晴らしいピッチング!

8回から登板した2イニングで5つの三振を奪います。共にランナーは背負いましたが、9回は三者連続三振

これで勝ち試合での登板チャンスが巡ってくるでしょう。


打線の方は、昨日は1点を取るのにアップアップでしたが、今日はBs打線らしさ爆発です。

二桁の11安打なのにタイムリーは1本も出ませんでした。しかし何故か4得点・・・。

不思議ですねー。野球の神様は、時に意地悪になりますねぇ。

今日猛打賞は、クリーンナップで気を吐くキタガー。そして2安打マルチは、今日はスタメンの村松様。そして漢・塩崎でした。

しかし、中でも嬉しかったのは期待の若手の一人、ぐっちに今シーズン初ヒットが生まれたことでした。

060514-g.jpg

今日の3打席目でした。外よりのストレートを巧みなバットコントロールで芸術的な流し打ち。

060514-e.jpg

イチロー君を髣髴とさせる打撃センスを見せてくれました。「近鉄の星~」の応援歌が今のところ唯一歌える選手として人気もあります。もっともっと打席を与えてあげたい選手の一人でね。

060514-f.jpg


そしてヒットは出ませんでしたが、今日はシドニー@フミヒロ初マスクと初打席がありました。

Bsファンの中では、梅雨と言えばあじさいの花、と同じように、交流戦=フミヒロという季節の風物詩的な図式が定着しつつあります。

060514-j.jpg

ユウキを巧みなリードで操り、2イニングで5奪三振の立役者となりました。

060514-k.jpg

名前のテロップが出る前に、初球を打ってセカンド・ゴロに倒れました。今年はせめて打率が身長を越えるように、まずは師匠のノりを目標にがんばって欲しいです。

そしてマッキーは、今日も相手が左ピッチャーに替わったところで代打で登場です。しかし今日は残念ながらヒットを打つことはできませんでした・・・。

また、一輝が今日も守備固め(?)で登場です。

060514-i.jpg

今日は何と恐れ多くもマサヒロの後を受けてのショートです。

それができるのは、光尊様以外にはあり得ませんでしたが、流石は光尊様とよく似た香りのオーラを放つ男です。

今日も守備のみで打席はなし。このような使われ方ばかりなら、知らない人が見ると「守備の上手い選手」と思われそうですね(笑)。

斉藤秀光や或いは前田忠節さんのポジションですか?すでに中村監督様はそのように位置づけられているのでしょうか?

本当にそうなるように(行く末のことではなく、守備の上達に期待を込めてと言う意味で・・・)、これからも見届けていきたいと思います(笑)。

でも、持ち味である「ファーム限定安打製造機」と呼ばれる自慢の打撃も見る機会を是非ともお与え下さい。

それにしても、昨日は12安打、今日は11安打と2試合連続で二桁安打を放ちながら連敗・・・。

このままだと、やはりあの方に気合を入れていただくしかないのでしょうか?

オリックス・清原が1軍合流へ-「状態良ければ登録」

左内転筋を痛めて戦列を離れているオリックスの清原が14日、中村監督と話し合い、15日に1軍に合流する見通しとなった。・・・・・

つながりが悪いだけで、チームの、特に打線の状態は決して悪くないと思いますが、中村監督様は、藁をも掴む気持ちなのでしょうね。

てこ入れの必要は、打線ではないような気がしますが、それは素人考えだからでしょうか?

怪我の回復の状態を気にしながら万全でない状態で、しかもDHがない状況で、何に期待するのでしょうか?やはり、ベンチで喝を入れていただくことがどうしても必要なのでしょうか?

そのあおりで、ろくにチャンスももらえないままにサーパスに行く不幸な選手は一体誰ですか?

キヨには時間がかかっても万全に戻ってから、大活躍を期待したいです。

まさか悩める4番にじっくりと調整期間を与えて、心身ともにリフレッシュを図っていただくことも以前は考えてみましたが、今更それはないのでしょう。

うーーーん。いろいろと考えると複雑ですね・・・。

仕方ありません。

全ては歓声のために!

ですから。

明日はお休みで、火曜日からは中日・阪神・広島とセ・リーグホームへ乗り込みます。暫くはホームでの試合はありません。

マエカーやデビちゃんや菊様、そして中村監督様古巣との対決も見たいです。交流戦ならではの楽しみが膨らみます。

交流戦での勝ち越しがまだない我がBsです。DHが使えない試合が9試合続きます。ここが前半戦の正念場になりそうですね。

今日で再び借金生活になってしまいましたが、このまま雪だるま式に借金まみれにだけは絶対にならないで欲しいと心から願っております。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月13日 対東京ヤクルト・交流戦2回戦(大阪ドーム)

打線は活発でした。ヒットは二桁の11本。何と今季初となる先発全員安打でした!

しかも先発ピッチャーは7安打完投。中でも8イニング連続でスコアーボードに「」を並べる素晴らしいピッチング!

強打スワローズ打線を昨日に続いて3点に抑えました!

初めにお断りしておくのを忘れておりましたが、

今日は負けました・・・。


 Bs 2 - 3 S


060513-01.jpg

先発は、川越選手会長でした。一昨日は敗れはしましたが若い平野よし君の力投、そして昨日は最年長の吉井組長が魂のピッチング・・・。

燃えない訳がありません!!

しかし、いきなり初回に炎上してくれなくてもいいのですが・・・orz

先頭の若き安打製造機・青木君@由田と同期にセンター前へ運ばれ、すぐさま盗塁。2番リグスさんは3塁への内野安打。ノーアウト1・2塁でWBC日本代表選手の岩村さんにBsファンの願いも空しく、左中間へ先制の3ランホームランを浴びてしまいます・・・。

2アウトになってもラロッカさんにヒットを打たれ、この回4安打で3失点。

もしや今日こそ二桁失点!?西武の二の舞!?・・・先が思いやられます・・・。

しかし、2回から会長は人が変わったかのように立て直します。そのまま試合終了まで得点を許さず、ヒットも散発の3安打に抑えました。2回から終了までの8イニング連続無失点です。

文字通り、明らかに中の人が替わりましたね(笑)。もしかして誰かが中1日で?それなら最初からその人に投げてもらいたかったです(爆)。

3ランがタイムリーくらいで終わっていたなら・・・・。そうならないところが、川越選手会長の「くをりてぃ」なのでしょうかねぇ・・・。

だから、誰も責めることはできません。

060513-10.jpg

打線は、冒頭でも書かせていただいたように、結果的には先発全員の11安打の猛攻を見せましたが、初回から8回まではスコアーボードに「たこ焼き」by 福ちゃん を並べます。

3塁ベース上にランナーを置いたことは4・6・8・9と4イニングもあったのですが、ランナーが還ったのは9回のみ。それも2アウトからでした・・・。

9回の攻撃をおさらいしてみましょう。

その前にちょっぴり嬉しいことが

060513-08.jpg

ノリ四球の影響で、8回の守備よりセカンドに一輝が入りました。明らかに守備緩め(笑い)ですが、私の目の前では今季初出場でしたので、興奮のあまりそんなことは気になりませんでした。

ライトスタンドから見るその背中のオーラには、明らかに懐かしの光尊様のそれ似た怪しげな、それでいてクセになる、久々にそんなかほりがしました・・・。

そして、神様は私にプレゼントを下さいました。その一輝へのセカンドゴロを、華麗なフットワークを、拝むことができました。

ありがとうございました。

申し訳ありません。もう一度9回裏に戻ります(笑)。

スワローズのピッチャーは、藤井さんから元BW戦士・木田画伯とつないで最後のイニングには守護神サウスポーの石井ひろとしさんが上がっています。

先頭の塩崎は空振りの三振に倒れますが、続く今日ヒットのなかったブランボーが、誰も本気で期待していない中、レフト前にヒットで出塁しました。

続いて、同じく今日ヒットのなかったマサヒロにも連続でヒット、しかもレフト線を破る2ベースヒットで続きます!。これで1アウト2・3塁となり、ホームランなら同点という場面になりました。(このマサヒロのヒットで、先発全員安打達成です!)

中村監督様は、ここでバッターを日高に代えて栄二様を送ります。

スタジアムのボルテージは一気にヒートアップしました。

栄二様は、粘った末に値千金の四球を選び、1アウト満塁のチャンスを得ました!

ここで栄二様に代えてフミヒロ代走として送られました・・・。

060513-11.jpg

しかーし!何故代走がフミヒロですか?ぐっちじゃなくて。そういえば、さっきも一輝が見られて興奮したせいで忘れていましたが、守備固めならまだ他にも選手がいるのでは・・・?はなはだ疑問・・・。

そうか、中村監督様お見通しなのですね!ぐっちではなくてフミヒロでもいいのです。何故なら、次のガルちゃんフミヒロ歩いてホームに還してくれるはずでしたから!

しかし、ガルちゃんパニクって空振り三振・・・・orz

2アウトになってしまいました・・・。

ここで中村監督様は再びベンチを出ます。

そして村松様に代えての代打を告げます・・・。

2番、村松に代わりまして牧田。バッター ショウゴ マキタッツ!ナンバー60!

きたーーーーーー(絵文字がわかりません)! とにかくきました!

今季ホームで初打席となるマッキーが打席にはいります!

興奮はピークです。私の中で。いや、正確には少しオーバーな表現ですが。

060513-12.jpg

060513-05.jpg

060513-13.jpg

060513-17.jpg

060513-15.jpg

中村監督様は、お見通しなのですね!ガルちゃんは倒れてもいいのです。何故ならマッキーが後に控えているのですから!

今度は、本当です!しぶとくセンター前に落とす2点タイムリーヒット!!

土壇場、9回2アウト満塁から起死回生、奇跡のタイムリーが飛び出し2対3の1点差に迫り、尚も1・3塁。一気に一打同点のチャンスです。

感動で涙が出そうになりました(笑)。しかし、恥ずかしいので笑って誤魔化している自分がいました。

中村監督様神采配炸裂ですね!やはり、全てお見通しでしたね!

マッキーの代走には再昇格後初出場となるぐっちが指名されました。場合によっては1塁から長駆サヨナラのホームを踏むことも充分可能です。

060513-19.jpg

中村監督様神采配が冴えまくります。

しかし、キタガーがショートゴロに倒れ、ゲームセット。万事休す・・・。

追い上げる時はお約束のように1点差まで。と決まっているかのような、Bsの伝統でもあるのでしょうかねぇ・・・。

060513-07.jpg

やはり、中村監督様全てお見通しだったのですね・・・。

交流戦初の勝ち越しを懸けた第3ラウンドは、明日へと持ち越されました。

明日は何が何でも勝たせて欲しいですね!!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


5月12日 対東京ヤクルト・交流戦1回戦(大阪ドーム)

ようやく交流戦初白星です!

昨日までパ首位のライオンズを首位から引きずり降ろす、怒涛の3試合連続二桁得点で3タテするなど絶好調で乗り込んできた古田スワローズ・・・。

どうなることかと多少の不安を胸にライトスタンドへ赴きました。

出迎えてくれたのは、満面の笑みを讃えた「ヤクルトおばさんおねいさん」でした。まさか敵地のライトスタンドで「ヤクルト」を堂々と販売するとは・・・・。

もちろん買いました。

 Bs ⑥ - 3 S

試合前に、必勝祈願。東京ヤクルトを飲み干してやる!とばかりにヤクルトとジョアを飲んだからでしょうか?

060512-a.jpg

060512-b.jpg


昨日の鬱憤を晴らすかのような素晴らしい試合になりました。Bsファン限定の

今日の分が少しくらい少なくなってもいいから、昨日に打って欲しかったと言うのは完全なる憎まれ口です・・・。

今日いっぺんに6点も得点してくれたことを素直に喜びませう。

失点すると、すかざず得点。見ていても序盤・中盤・終盤と得点を重ねてくれましたので、最後まで飽きずに楽しめました(笑)

先発の吉井組長に久し振りの白星がつきました。嬉しいことです。

6回を3失点でした。失点はラミちゃんのソロとリグちゃんの2ランで、どちらもホームランでした。

それでも、炎上というほどの失点ではありませんでしたし、絶好調の今のスワローズ打線を「たったの3点」に抑えたと考えるならば、充分ナイスピッチングと言っていいと思います。

060512-c.jpg

勝ち星を十中八九手にしながら、スルリと逃げていったこともあった白星が、ようやく吉井組長手の中に戻ってきました。

よかったですね!人ごとでなく、嬉しいです(笑)。

前日の平野よし君の好投の影響もあったのでしょうか?

平野よし君が好投した翌日のピッチャーは好投する・・・。これも勝利の方程式になるかも知れませんね!!

7回・8回の2イニングスは、今日は大輔@加藤が登板しました。今日は全く危なげないピッチングでした。完全復活への序章であれば言うことはありませんね。

9回は久し振りにセーブのつく場面での登板となる大久保様でした。予想に反して、3人でピシャリ。9セーブ目です。


打撃陣に目を転じましょう。

昨日の3安打完封負けの悪い流れを断ち切る先頭打者ヒットを放ったのは、敵地で3連勝した千葉ロッテ戦以来となる1番ガルちゃんでした。

先の千葉ロッテ戦3連戦。WBCを思い出させる1番・センターガルちゃんというサプライズから始まって、終わってみたら3連勝。今日まで、1番にガルちゃんが入った試合は全て勝利4連勝になりました。
    
コレは中村監督様の単なる思い付きの「サプライズ狙い」ではなく、緻密に計算された末に導き出された作戦だったのでしょうか?

もしかしたら、本当にそうかも知れませんね(笑)。

ガルちゃんは今日は2安打マルチ。これで不動の1番バッター誕生となるのでしょうか?

そして、今日はノーヒットに終わってしまいましたが、ハヤカーやひらりんが、加えて光尊様(一応)という俊足のバッターが1軍にいない今、2番に村松様を並べることは、得点力を上げるためには欠かせないと私は思うのですが・・。

それ以外に足を絡めた攻撃ができる選手はいません。足が絡まる選手はあまた、おりますが。

1点を先制された2回裏の攻撃ではブランボーの犠牲フライで、2ベースヒットで出塁のよしくんが還りあっさりと同点に追い付きました。

そして4回にはマサヒロが逆転のタイムリーを飛ばして2対1。

マサヒロは今日が誕生日でしたが、奇しくもセのナンバーワンショートストップの中日・井端さんも今日が誕生日でした。

セ・パを代表する好守のショートストップが同じ誕生日だとは、何か運命を予測しているかのようで感慨深いものがありますね。

060512-g.jpg

060512-h.jpg


そして5回には、遂にノりに大阪ドームで今季第1号となる2ランホームランが飛び出して4対1に。

ホームランが出るのがわかっていたら、ノリ・タオルを持って行きましたのに・・・。今日に限って忘れたところでのホームランでした・・・。

続く6回には吉井組長がリグスさんに手痛い2ランホームランを浴び4対3の1点差に詰め寄られます・・・。

しかし再度7回にはキタガーと塩Zにダメ押しとも言うべきタイムリーが生まれ、得点は6対3となりました。

060512-d.jpg
漢・塩Zタイムリーの瞬間

キタガーは猛打賞の大活躍でした。遂に打率が3割を超えました。もちろんチームトップですね!

昨日は投打の歯車が合わないと書きましたが、1夜にして歯車がバッチリ合ったという感じです。

昨日と今日で何か変わったことはなかったでしょうか?

自問自答してみますが思い当たりません・・・・。いや、思い出しました

ヤクルトを飲んだのでした・・・。選手たちも、だからこそ「飲んでかかって」いけたのでしょう。

060512-f.jpg

060512-e.jpg

明日もライトスタンドで声援を送ります!

今晩の祝杯及び晩酌は、明日のためにも是非ともヤクルトでお願いしたいと思います。 
blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月11日 対讀賣・交流戦2回戦(大阪ドーム)

交流戦開幕2連敗です・・・。

セリーグ首位の讀賣戦ということもあり、決して気合が足りなかったとは思えません。

いろんな意味で空回り、というか勿体無い1日に思えてなりません。

でも収穫はありました。

懐かしいパ・リーグの、特にライオンズやマリーンズ、ホークスのかつてのスター達沢山会うことができました!

ただ、それだけでした(泣)・・・。


 Bs 0 - 2 G


まずは試合開始前の練習で驚きました

スタメンでのサプライズは慣れっこになっていますが、最近のサプライズは1・2軍の入れ替えです。

060511-a.jpg
久し振りのぐっちです

言われなきサーパス行きを命じられてから、どれだけの時間が経ったのでしょうか?

最近の7試合中6試合でヒットを放ち、一足先に1軍に昇格したマッキーに次ぐ高打率を残し、期待だけでなく結果を出して晴れて再昇格となりました。

昇格したことを知りませんでしたので、球場でBs唯一のソックスを見せるスタイルの選手を見つけたときは本当に嬉しかったです。

でも、誰が落ちたのでしょうか?・・・・。

反射的54番の姿を探しました。

060511-d.jpg
我らの一輝!

おお!居ました!元気そうで、嬉しくなりました!

となると、誰が居ないのでしょうか・・・。

まさか?上がったばかりだぞ、とは思いますが万が一ということもあるので・・・・。

060511-b.jpg
シドニー@フミヒロ

060511-c.jpg
我らがマッキー!

2人とも、心なしか生き生きと練習していましたね。早くたっぷりと出番を見たいですね!

あれ?ひょっとして・・・

37いませんでした・・・。

故障でないなら、ハヤカーを落とす理由が素人の私には思いつきませんが。

ある種、サプライズです。でも、1・2軍の入れ替えは喜ばしいことだとポジティブに思うことにしたはずです。と自分に言い聞かせ、気を取り直して・・・。

自らの努力で1軍に返り咲いたぐっちには、今度こそブレイクしてほしいですね!

そのためには試合に是非使ってあげてくださいね、拝啓中村監督様

でも、ハヤカーを落としたのは勿体無いと思いますがねぇ・・・。

いろいろと情報が錯綜し、予想が難しかった今日の先発ですが、最終的には讀賣は工藤さん(元ライオンズ及びホークス)、Bsは平野よし君という対決になりました。

060511-e.jpg

讀賣は、9人のうち5人パ・リーグ出身者です。余計なこと言わなくていいですか?

その工藤さんをBs打線が打てません・・・。

3回までノーヒット・1四球に抑えられます・・・。

4回のマウンドに向かう工藤さんでしたが、投球練習用に1球を投げたところで何故か尾花ピッチングコーチ(前ホークスピッチングコーチ)を呼びます。キャプテンの小久保さん(元ホークス)を中心に小坂さん(元マリーンズ)らも集まります。

すると場内アナウンスが信じられない事実を観衆に告げます。

「ジャイアンツのピッチャー・工藤に替わりまして、西村・・・」

060511-g.jpg

ええっ!?ラッキ・・・いや、工藤さん大丈夫ですか!?

何でも、マメがつぶれたとか。

マメにここまでコツコツと頑張ってきましたからねー。

球界の貴重なベテランです。もっと見たかったのですが、本当に残念です。次回東京ドームでは、同じベテランでも桑田さんを見せてください

ということで急遽マウンドには、かつて甲子園を湧かせた広島・広陵高校出身の若手・西村健太郎さんが上がりました。

これで勝ったと思いました。

それが大きな誤りでした・・・・。

緊急登板にもかかわらず、4回から8回まで僅か3安打栄二様のセンター前ヒット、大西君の左中間を破る2ベースヒット、ノりのライト前ヒット)しか打てませんでした。

まさかまさか。この回は抑えられたけど、次はきっと・・・。と思いながら結局攻略することはできませんでした。

悔しいというより、正直何故か勿体無いと思いました。

9回は昨年までのライオンズの守護神、豊田さんがマウンドへ。

久し振りに見る「儀式」が、とても懐かしかったです。あんなにカッコよかったでしたっけ?

でも、ユニフォームの色がライオンズブルーから光沢のある嫌な黒色に替わったことの違和感は、最後まで拭いきれませんでした。

讀賣9回のバックスクリーンに名を連ねるメンバーも、選手が何人か交替したにもかかわらず5人がパ・リーグ出身者でした・・・。

060511-h.jpg

ピッチャーは豊田さん(元ライオンズ)、サードは黒田さん(元ライオンズ)、ショートは小坂さん(元マリーンズ)、レフト小関さん(元ライオンズ)、DHすんよぷさん(マリーンズ)。余計なこと言わない方がいいですよね。

ビバ!パシフィック!

Bs先発はローテーション的には吉井組長が最有力と思っていましたが、左に弱い讀賣にあえてマエカーのスライドやローテ無視で目立つ讀賣戦であえて売り出し中の平野よし君を大抜擢とい予想もありました。

060511-f.jpg

結局正解は平野よし君だった訳ですが、ヒットこそ7安打を打たれてしまいましたが、また完投してくれました。

成績は、9回を投げ 被安打7 与四球1 奪三振7 失点2 でした。

今日も安定感抜群の投球でした。充分すぎる合格点です!本来、勝ち投手の成績ですよね・・・。

でも負け投手です・・・。勿体無い・・・。

昨日の雨で「確変」が流されてしまったのでしょうか?投打のバランスが崩れ始めてきました。

明日からは、パ首位を独走していたライオンズを3試合連続の二桁得点で撃破し、3連勝と波に乗る東京ヤクルトとの3連戦です。

お蔭でライオンズは遂に首位陥落で、ファイターズが替わって単独首位に立ちました。

Bsが勝てるでしょうか(笑)。

やるしかないですね。

明日も、もしかしたら現場に向かうかも知れません・・・。

その時はまた、よろしくお願いいたします。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月10日 讀賣戦は雨天中止

本日の交流戦・対讀賣戦第2回戦は雨天により中止となりました。

残念ですが、天候だけはどうすることもできません・・・。

でも、喜んでいる方が一人

オリ清原「戻った時はド派手プレーを」

左足内転筋痛と左手小指打撲のため登録抹消されているオリックス清原和博内野手(38)が10日、巨人戦(スカイマーク)の雨天中止を喜んだ。「これでもう1回(巨人と対戦できる)チャンスが増える。ラッキーや」。
 この日の中止は6月19日以降の予備日に組み込まれる。今回の巨人連戦は負傷欠場するが、約1か月半後なら復調して古巣とホームで対戦できる。
・・・・・

なるほど。

060510-a.jpg

本人もそうですが、営業的にも讀賣戦でキヨがいないのはクリープを入れないコーヒーのようです(古いですか?)から、苦労してチケットを買われた方には本当にお気の毒ですが、かえって良かったのかも知れませんね。

この試合は、交流戦の最終週(6月19日~22日)の予備日のどこかに組み込まれるそうです。

この順延については、この頃にはこちらのキヨだけではなく向こうも日本人エースの上原さんや元清原軍団の高橋尚さんの故障が癒えていると思うので、戦略的にはどちらが得なのかはわかりませんが・・・。


ところで交流戦は予告先発がありません

今日は誰だったのでしょうね?

順当にいけばマエカーかなと思いますが、楽天戦の先発でKOされた翌日にリリーフ登板ということがありましたので、中継ぎ降格なのか再度の先発チャンスなのか予想できませんでした。

当日まで誰が先発なのかわからないので、予想する楽しみは確かにあるとは思います。

しかし今日のような状態だと、予想を楽しむ以前に不安の方が先に立ち、思ったよりも楽しめませんね(笑)。

こういう時に、かの仰木さんならばアッと驚く「」の先発・・・というのもアリかも知れませんが、流石に昨日炎上したばかり(雨なのに?)なのでそれはあり得ませんよね?。

060510-b.jpg


明日は神戸から場所を移し、ドームでの開催です。

昨年のドームでの讀賣との交流戦と言えば、村松様1,000本安打を達成した試合が思い出されますね(その日は内野指定で見ました)。

記念のヒットを放った後に、1塁上でキヨに祝福されていました・・・。

村松様のプロ入り初ヒットは西武戦。その時も1塁手はキヨだったそうで、「節目のを感じます」とのコメントを読んだ記憶があります。

その「」によってかどうか、2人は別々の道で長い年月を経て、遂に今シーズンからチームメイトになりました。

060510-c.jpg

私は、明日は去年のように内野指定ではなく、もちろん外野上段自由席で声援を送ります。

今年のドームでの讀賣戦といえば、コレですね。

3月11日のオープン戦を思い出します。

060510-d.jpg

その日は2回目の「サンクス・仰木デー」で川越選手会長の力投やキタガーのホームラン、キヨのヒットから4連打で4得点

そうそう、ノーアウト満塁で山省のパーフェクト・リリーフもありましたね。

ナニワのゴジラ・岡田君のOP戦とはいえ、1軍の初打席も見られました。

オープン戦にも拘わらず、最後は小刻みな投手リレーを見せて讀賣打線を0封しました。

060510-e.jpg

結局、讀賣先発の工藤さんからは1点しか奪えませんでしたが、後続のピッチャーを打ってBsが4-0で讀賣を下しました

結構おいしいところが詰まった、見応えのあるゲームでしたね!

060510-f.jpg

奇しくも明日、讀賣先発は工藤さんのような気がします。Bsは吉井組長を予想しています。

と見せかけて、ユウキかも・・・。

あの日のように再び素晴らしい試合が見れること、そして明日こそ雨が上がって良い天気になることを同じくらいに祈りたいと思います・・・。

ドームですので心配は要りませんが、雨は嫌です

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月9日 対讀賣・交流戦1回戦(スカイマークS)

合併騒動の激動の末に新生Bs誕生と時を同じくして産声をあげたセ・パ交流戦が、2年目を迎えました。

楽しみ方は人それぞれ、興味は尽きません。待ちに待った、という人も多かったことでしょう。もちろん、私も楽しみにしておりました。

しかし、開幕戦は華々しかった昨年の白星スタートの再現とはいきませんでした・・・。

 Bs 4 - 8 G

ヒーローインタビューは、凱旋登板でもあったJPでした。

060509-h.jpg

昨年は我がBsのエースとして、唯一人の二桁勝利を挙げるなど獅子奮闘の活躍をしてくれました。

そのインタビューでは、

「古巣相手に投げることは、とても感慨深かった」

と通訳を通じて話してくれましたが、我々ファンにとっても手痛い恩返しをしてくれました。

060509-b.jpg

潔く、負けは認めます。さすがは去年のBsのエースで、オフに突然いなくなってしまったJP!ナイスピッチングでした(笑)。

ただ負け惜しみを言わせてもらうなら、敗れこそしましたが、この試合までのセ投手成績・防御率1.76(第4位)のJPに対して4点を奪ったことでBs打撃陣が好調を維持していることが確認できたので、明日からも楽しみです。

もう一つだけ負け惜しみを言う我がままを許してもらえるなら、何故もっと早くそして強く雨がふ・・・・。やっぱり、言わなかったことにしてください

先制点はBs初回の攻撃でした。

1番の村松様が先頭打者としてセンター前ヒットで出塁し、盗塁で2塁へ進みます。2番ハヤカーは無理やり引っ張って進塁打。願ってもない1アウト3塁のチャンスでした。

このような場面で幾度内野フライや浅目の外野フライ、または三振で3塁ランナー釘付けという場面を見てきたことでしょうか・・・。

しかし、ここのところの打撃陣の勢いは本物です。

060509-c.jpg

キッチリと3番よしくんがセンターに犠牲フライを打ち上げ、いとも簡単に先制点を挙げることに成功しました。

Bs先発はデビちゃんでした。今やBs投手陣の3本柱の一人です。予告先発はありませんでしたが、ここは鉄板でした。

060509-a.jpg

ただし、昨年の広島時代に讀賣との対戦は2勝4敗と決して得意な相手ではないということは、実況放送で知りました・・・。

しかも、いつもの安定感ある立ち上がりのペースが、降り頻る雨によって大いに乱されました。

先制点をもらった直後、2回でした。3つの四球と2本のヒットで一気に1対3とひっくり返されてしまいます。

中の人は会長ですか?

しかし、雨は平等にJPにも襲い掛かります。

4回Bsの攻撃です。

先頭の3番よしくん内野安打で出塁し、4番ノりは3塁手の小久保さんのエラーで続き、ノーアウト1・3塁のチャンスを迎えます。

ここで5番キタガーはセンター前に弾き返すタイムリー

060509-d.jpg

これで1点を返して2-3になりました。

一気に畳み掛けるかと思われましたが、続く6番塩Zには手堅く送らせて1アウト2・3塁とチャンスを広げます。

ここで雨脚が強まり、審判団は野手を引き揚げさせて一時中断に入りました・・・・。

この天気を考えると降雨コールドも考えられるので、早く同点にだけは追い付いておきたいと焦りましたが、雨は一向に止む気配はありませんでした。

ここで少しチャンネルを変えてみてビックリ!

お隣の甲子園球場は、全く雨は降っていませんでした。

恐るべし、山の天気!

自然の不思議に思いを馳せていると27分が経過し、ようやく試合再開です。

ピンチで待たされるピッチャーと、チャンスで待たされるバッターとの戦いになりましたが、軍配はバッターに。

7番打者が1・2塁間を破り、遂に3対3の同点に追い付きました!

060509-e.jpg

7番バッターとは、JPの投球の全てを知り尽くした男・昨年のパートナーであったダカヒーでした。

4回以降はどちらのピッチャーも落ち着き、中盤は投手戦の様相を呈してきました。

試合が動いたのは7回でした。

先頭の矢野さんに左翼線を破られる2ベースヒットを打たれ、小坂さんがすかさず送り、1アウト3塁のピンチを迎えます。

雨は引き続き強く降っています。今から思えばここで・・・・。いや、続けます。

ハラ監督はここで勝負に出ます。2回に逆転の2点タイムリーを放った鈴木さんに代えて清水さんを代打に指名しました。

これに呼応する形で中村監督様は、デビちゃんを諦め菊様をマウンドに送ります・・・。

中村監督様は、阪神監督時代の巨人阪神戦を思い出されていたことでしょう。颯爽とベンチを飛び出し、いつもより多少凛々しいお顔でアンパイヤーに交代を告げられました。

デビちゃんは、6回・1/3を投げ被安打6 与四球4 奪三振4 失点3 という成績。

完璧とは言えませんが、試合は作ってくれました。

しかし同点のまま試合の後半にマウンドを降りるデビちゃんを見るのは、今年はこれで何度目でしょうか?

意地悪しないで、いい加減勝ち星をプレゼントしてあげましょうよ!!

・・・絶体絶命のピンチは続きます・・・・。

雨の影響でしょうか。菊様は折角の左対左対決にも拘らず、折角の清水さん相手というにも拘わらず(?)、ストレートの四球を与えてしまいます。

ピンチが更に拡がりました。

迎えるバッターは、お帰りなさい!小関・前ライオンズ選手会長です。1点は覚悟しました・・・。

しかし、菊様気魄が勝りました。ショートゴロで飛び出した3塁ランナーの矢野さんを挟殺・・・・!

苦しみながらも最大のピンチを凌ぎました!GJ!!

2アウト1・2塁で二岡さん、という場面に変わったところでピッチャーを一昨日のヒーロー、ハギーにスイッチします、何故か・・・。

私たちファンは、2試合も続けてハギーがいいピッチングをする訳がないであろうことは知っていました。

首脳陣の皆様には何故それがわからないのでしょうか?とっても不思議です・・・・。

しかし、期待を裏切る素晴らしい活躍をすることもある今年のハギーです。信じて見守りま。。。。。言い終える前にセンター前にタイムリーヒットを打たれてしまいました。

均衡が破れました。3対4です。 Oh! bad Haggy・・・・・

続く8回にはとうとう大炎上。ハギーがこの回だけで4安打に押し出しまでついて2失点。替わった本やんも登板直後に2点タイムリーを浴び2失点。

前半の息詰まる接戦がウソのように、3対8と大差を付けられてしまいました。

8回のその裏には、俺達のよしくんがレフトスタンドへ豪快に運ぶ第3号ソロホームランを叩き込みますが、焼け石に水でした。

それはこの日、JPから放った唯一の長打でした・・・。
060509-f.jpg

しかし、今日のよしくん3打数3安打、1犠飛、1本塁打、2打点の大活躍でした。

打率は、とうとう2安打キタガーと並び 0.296 とし、チームトップ・タイになりました。

村松様は今日も1安打で打率を1厘上げて 0.305 としました。

去年は散々叩かれた「同級生トリオ」ですが、ここのところの快進撃はこのトリオの活躍によるところが非常に大きいと思います。

新戦力が期待はずれで苦しい思いをしているということは、去年の自分達の経験から痛い程わかる3人です。

新戦力に替わって・・・という意気込みより、「Bs生え抜き」というプライドがここまでの活躍を支えているのでしょう!

何と言っても去年の「3枚看板」でしたからね!

この状態(新戦力が期待はずれ、ではなく)が、今シーズン最後まで続くことを信じたいです。

ほかにはマサヒロが2安打で、超低空飛行だった打率がようやく2割6分台に乗りました。ダカヒータイムリーヒット1本。塩Zにもヒットが出ました。

そうそう、昨日予想した1軍登録選手は、一人は私の期待通りマッキーでした!

9回には代打で今シーズン初出場を果たしました。

060509-g.jpg

彼のことをあまりご存じない方も多いと思いますが、今後是非注目していただきたい選手です!

頑張れ!マッキー!@牧田勝吾

そして、もう一人はピッチャーだろうと思い、難しいのであえて予想せずに冗談でお茶を濁していたところで名前を上げただけのフミヒロが昇格でした(笑)。

彼の頭に残っているセ・リーグの打者達のイメージが古めかしくなっていないことを心から祈ります・・・。

今年こそは、打率の上がらないノリに対して、「中村フミヒロ~」と叫ぶ野次だけは飛ばされないように、リードだけでなくバッティングでも是非頑張ってほしいと思います。

頑張れ!シドニー!@鈴木郁洋!

昨日冗談で書いた、「ヒロ・カルテット」ですが、あと一人超大物の「○○ヒロ」もいましたね。

彼が上がってきて5人になったら、何と呼べばいいのでしょうか?


明日も天気予報は悪いそうですね。でも、パの他5球団が全て敗れてBsだけが勝つと、順位が大幅に変動し、一気に上位も夢ではありません。

しかし今の上位が揃って勝ち、Bsが負けると本当に痛いです。今日のように・・・。

いや、そんな小さいことより(笑)、パが一致団結してセに勝ち越せるように、貢献しましょう!


blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!







5月8日 その後のひらりん

多くの方が心配されているひらりんのその後の容態について、球団の公式ページにもようやく情報がアップされました。

平野恵一選手のケガについて

5月6日のロッテ戦(千葉マリン)にてファウルボールを捕球の際、負傷退場した平野恵一選手は、千葉県内の病院で検査を受けた結果、
胸骨損傷・腰部肉離れ・両股関節捻挫・右手首捻挫で全治3週間と診断されました。
昨日7日に神戸に戻り、現在は自宅で安静にしている状態です。


別にこれくらいの情報なら、既に多くのニュースサイトで報道されているものと何ら変わりはありません。

私たちが知りたいのは、事故から3日目の今、彼がどの程度の回復具合なのか?ということですのに。

何だかがっかりです。命に別状はないとはわかっていても、まだ安心できません

と嘆いているところでした・・・。

突然ですが、皆様は球団の有料携帯サイトに登録されていますか?

宣伝する訳ではありませんが、私は今日ほど登録していて良かったと思ったことはありませんでした・・・。

もったいぶっておりますが、実はこの携帯サイトには選手が自ら日記を書いていて、それが読めるコーナーがあるのです。

その日記にはキタガー、ハヤカー、大輔@加藤とともに、ひらりんも名前を連ねています。

賢明な皆様ならもうお判りですね?

そうです。ひらりん事故後初めての日記をアップしてくれていたのです!

ここにその日記を転載したいのはヤマヤマなのですが、有料サイトの情報なので差し控えなければならないのがとても残念です・・・。

事故の瞬間とその後の様子、激痛に耐えたその日の夜のこと、心配してくれたチームの先輩や後輩のこと、そしてこれからのこと・・・・。

想像していたとおり日記の書き出しは、自分のことはさておいて、私たちファンに心配をかけたことを詫びる言葉から始まっています・・・。

仕事の合間に読み始めてしまったため、涙を抑えるのに苦労しました。

私たちが知りたかったことの全てを、事故の翌日に、それまでもいつも長めの文章ですが、痛みに耐えながら、更に長い文章で私たちに知らせてくれました。

お蔭でかなり安心することができました!

復帰がいつになるかはわかりませんが、いつか必ずセカンドでもセンターでも、あの「」のように空を飛び、誰もが信じられないようなスペシャル・スーパー・キャッチが再び見られるまでの快復を、焦らず待ち続けたいと思います。

過去にも大怪我から這い上がってきた彼のことですから、今回も再び「不死鳥」の如く蘇ってきてくれることを信じています!

060508-z.jpg

最後に、この日記にはタイトルが付けられていました。それくらいは紹介してもいいですよね?

「命ある事に感謝。」

私もひらりんの身に最悪の事態が起こらなかったことに、心から感謝したいと思います。


いよいよ交流戦が明日から始まります。

開幕を前に、2名の選手が登録を抹消されました・・・。

一人はピッチャーの山省

060508-b.jpg
成績を残せなかった、というより余りにもチャンスが少なすぎました。本人も無念でしょう・・・。臥薪嘗胆で頑張ってほしいです。

そしてもう一人は野手・・・・。

期待の星!・・・だった、迎君です・・・。

060508-a.jpg
今シーズンの初打席で初ホームランの記憶は、まだ色褪せていません。その後はヒットを打つことはできませんでしたが、見切りが早いですねぇ・・・。

迎君は、下での実績は抜群ですから、次回に声がかかるのもそう遠くはないと思います。

決して腐らず、その日のための準備を怠らないでいて欲しい、そう願っています!

ここで、立ち ム・カ・エ! 戦士達!

実績がない選手は、結果が残らなければどんどん次のサーパス組と入れ替え・・・。考えようによっては、いいことかも知れません。

次は誰が1軍で見られるのかなー?ポジティブに考えましょう(笑)。

ポジティブに考えた結果、導き出された今回の昇格選手(私の予想)は、ひらりんとは反対に、ようやく怪我からの復活を果たしたこの方ではないかと期待しております。

060508-v.jpg

本来ならば確実に1軍スタートだったでしょう。この写真の打席(オープン戦の楽天戦)を最後に治療に専念し、開幕後も暫くリハビリで野球ができない日々を過ごしたとのことでした・・・。

しかし、ようやく2週間ほど前にサーパスで試合に出始めると、それまでの思いをぶつけるかのように打ちまくり、規定打席未満ではありますが、チームトップの打率4割超)を維持しています!

マッキーも、どちらかと言えば、いえ100%、系統的には「村松様・ひらりん@ストイック系」の選手だと私的には勝手に分類しています(笑)。

060508-y.jpg

Bsの中でも、謙虚さ、礼儀正しさ、ファン思い、丁寧な受け答え、真面目、練習熱心、そして地味・・・ということに関しては屈指の選手だと思います。

機は熟しました。いよいよ出番です!

と、明日公示されるといいなぁ・・・・。

それとも、交流戦の申し子のあのキャッチャーだったりして(笑)。

いえいえ、嫌いじゃありません(爆)。

もしそうなら、夢のカツヒロ・ノリヒロ・マサヒロとともに、ヒロ・カルテット結成ですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月7日 対千葉ロッテ戦8回戦(千葉マリンS)

平野ショックが癒えぬままに迎えた今日の試合。チームそしてファンの気持ちが一つになりました。

勝利を平野のために!

みんな本当に良く頑張りました。来日初登板オバちゃんも勝ち星こそつきませんでしたが、勝利投手と言って良い粘りの投球を見せてくれました。

ショックを引きずって何時までもクヨクヨしていることは、ひらりんも決して望んではいないでしょう!

結果的にマリーンズに敵地で3タテです。素直に勝利を喜びましょう!

 Bs 4 - 0 M

前半から中盤までは、サンデー晋吾さんとオバちゃんとの息詰まる投手戦でした。

オバちゃんは来日初登板が小雨交じりで強風の中、という悪条件になってしまいましたが、冷静なピッチングで得点を許しません。

060507-a.jpg

球速はMAX140Kmと、決して速球でグイグイ押すタイプではありませんが、要所ではコーナーギリギリにコントロールされたボールが行きます。

特に3回は、1アウト3塁で3番フクーラさんというピンチでした。

相手はパ・リーグでも次元が違う現在の首位打者です。当然、先制点を覚悟した場面でしたが、何とフクーラさんを空振り三振に、続く4番の紅井さんを見逃しの三振に斬って取りピンチを凌ぎました。

060507-b.jpg

結局同点ではありましたが、100球を越えた5回で来日初のマウンドを降りました。

5回 被安打3 与四球4 奪三振6 失点0

緊急補強のピッチャーですが、もしかしたら「オバ」だけに日本で「大化け」してくれるかも知れません。次回登板も楽しみですね!

オバちゃんからバトンを受け、6回は菊様がマウンドに上がります。しかし、マリーンズ打線につかまり、ヒット2本を集められ、1アウト1・2塁のピンチを与えてしまいます・・・・。

ここで中村監督様がマウンドを託したのは・・・・

ハギー!

・・・絶句。・・・緊迫した終盤、同点でハギーですか!?

2連勝で余裕があるからかもしれませんが、大輔がイマイチな今、他にはいませんね。

苦しい時の「萩」頼みの真骨頂ですね・・・・。

私も覚悟を決め、気を取り直して、しっかり目を見開いて画面から目を逸らすことなく見届けることにしました。

ところがそんな失礼な不安を他所に、ハギーはサブローさんを空振り三振に取ると一気に調子に乗りました

調子に乗りついでに、続く橋本さんを歩かせて自ら2アウト満塁という絶体絶命の場面を演出します。

そして、いやらしい(変な意味ではありません)幸一さんを、ひらりんよ、見てくれ!とばかりに渾身の唸るストレートで見逃し三振に!!

060507-d.jpg

この気合が、Bs打線に火をつけました。

その火が同じく好投を続ける晋吾さんにまで飛び火して、遂には炎上させてしまいました(笑)。

7回の攻撃。先頭の6番ブランボーがショートゴロに倒れると着火スイッチが入りました。

7番 漢・塩崎 左中間へ2ベースヒット

060507-e.jpg
8番 ダカヒー 右フェンス直撃の先制タイムリー2ベースヒット!とエラー

060507-f.jpg
9番 マサヒロ ライト前タイムリーヒット

2対0となり、ここで晋吾さん無念のノックアウト・・・ピッチャーは藤田さんに。

1番 ガルちゃん空振り三振で2アウト

2番 村松様  四球

060507-g.jpg
3番 よしくん センター前に落とすタイムリーヒット

060507-h.jpg
4番 ノリ   左越えタイムリー2ベースヒット

藤田さんも炎上し、ボビーさん堪らず薮田さんに交替。惜しみなく勝ちパターンのリレーで5番キタガーを2ゴロに討ち取り、ようやく3アウト。

得点は、気が付けば一気に4対0となり大勢が決しました・・・。

反対に、7回に続き8回もハギーはマリーンズ打線を完璧に押さえ込み、9回守護神・大久保様に最後のマウンドを託します。

今年の最先端トレンド。「K・H・O」リレーです。

060507-i.jpg
大久保様はいつものように先頭バッターを出塁させるというハードルを自らに与えて(さぶろーさんに2ベースヒット)から本当のピッチングを始めます・・・。

ハギーが今日は「いいハギー」なら、大久保様も「いい大久保様」でした。

後続をあっさりと討ち取り、最後は伝家の宝刀・カミソリフォークで純さんを空振り三振。

大差のリードや負け試合が続いたので、当番間隔がかなり空いてしまいました。このため、セーブがつかない場面ではありましたが、久し振りに大久保様らしいピッチングを見ることができました。

060507-j.jpg

060507-l.jpg

結局、マリーンズを敵地で三タテ。しかも今日は完封リレー

均衡を破る先制タイムリーも放ち、リードも冴えたダカヒーの活躍が地味に光りました。

そして忘れてはいけないのは、ひらりん師匠村松様の活躍でした。

名誉の負傷で戦列を離れた愛弟子の分まで、全霊を懸けて走・攻・守の全てにわたり全力プレーを見せてくれました。

060507-c.jpg
今日は病床のひらりんに捧げるチーム唯一の猛打賞でした。

そのストイックなまでのプレーに対する姿勢は、ひらりんでさえも優るとも劣らない気魄を感じさせてくれました。

それはたとえテレビ画面であってもジンジンと感じることができました・・・。

そのひらりん容態に関する続報です。

負傷のオリックス平野恵が神戸に戻る

オリックス平野恵一内野手(27)が7日、遠征先の千葉市から神戸に戻った。平野恵は6日のロッテ7回戦(千葉マリン)での二塁守備でダイビング捕球をした際、フェンスに激突し、胸部骨軟骨損傷、右腰部肉離れ、右股関節ねんざなどの重傷を負った。一夜明けた7日、午前10時過ぎに車いすに乗ってチーム宿舎ロビーに現れたが「何とか自分で歩けるようになりました」と明かした。その後、小林球団本部長補佐に付き添われて帰神。全治3週間と診断されたため、この日ロッテ戦に先発のウェス・オバミュラー投手(29)と代わって1軍登録を抹消された。

まずは一安心というところですね。大げさかも知れませんが、命に別状がなくて本当によかったです。初代おっさん・小林晋哉さんも付き添いご苦労様でした。

復帰には期限を設定せずに完全に治してから戻ってきてくれればいいです。焦らずゆっくりと静養してくださいね。

あっ、自らそう宣言してリハビリに励んでおられる方もいらっしゃいましたね・・・。思い出しました。

登録抹消の危機を乗り越え、千葉ロッテ3連戦で全試合タイムリーを放ち、3戦で合計7安打と打ちまくり完全復活に大きく近付いたノりの活躍に刺激され、焦って中途半端な状態で復帰することだけは避けて欲しいと思います。

もう少しの間迎君や一輝チャンスをあげてください。必ずブレイクしますから(多分)。お願いです!

今日のヒーローインタビューは、ピンチでの登板で炎上することなく力で抑え込み、見方打線に火を付けて集中打を呼び込み、予想に反して(笑)千葉ロッテ投手陣を炎上させ、見事勝ち投手となったこの方でした。

060507-k.jpg
全国の隠れハギー・ファンにお届けします。イメージからは程遠く、実際にもシャイな性格のためファンでさえ滅多に見ることができない素敵な笑顔癒されてください

私からは、久し振りにこの言葉をお贈りしたいと思います。

 「Oh! good job! good Haggy!
  意訳:今日のハギーは良いハギー

今日で交流戦前のパ・リーグ公式戦が一旦終了しました。まさかの貯金2です。

まさか、というのはいい意味で、です。

交流戦が楽しみですね!

まずはセ・リーグ首位をひた走る讀賣をホームに迎えうちます。懐かしい面々と会えるのは非常に楽しみですね。

筆頭は、もちろん昨年のBsのエース・JP。お元気そうですね。ご活躍は風の便りで伺っております。その節はお世話になりました。

そしてライオンズの守護神だった豊田さん。そしてアジアチャンピオン獲得を支えた強打者・すんよぷさん。また惜しまれながら不可解な金銭トレードで全てのマリーンズファンが悲しんだ小坂さん。かつてのホークスの主砲・小久保さんはキャプテンですね。ライオンズの昨年の選手会長・小関さんも1軍で活躍し始めましたね。他にも中年の星、元ホークス工藤さんもいらっしゃいます。そうそう、ピッチングコーチの尾花さんも昨年までホークスでしたね。

さながらパ・リーグ同士の紅白戦みたいですね~。彼らとの再会には胸が高鳴ります。

残念ながらこちらは、讀賣選手との再会を果たしたかったはずのキヨを欠いてはおりますが・・・。

予告先発はなくなりますが、こちらはデビちゃんが先陣を切ってくれることでしょう。セ・リーグ時代よりも一段と進化した姿を是非見せ付けてほしいと思います。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月6日 対千葉ロッテ戦7回戦(千葉マリンS)

昨日に続いて今日も二桁得点。12安打で11得点、今シーズン初の2試合連続の二桁得点でマリーンズに連勝

カード勝ち越しと同時に、念願であった交流戦前の5割以上を確定しました。

しかし、非常に大きな代償を払った結果でもありました・・・・・。

 Bs 11 - 4 M

もう既にご存知だと思いますので、その代償のことを書く前に先に今日の試合の流れを振り返りたいと思います。

今日も打線は頑張りましたが、昨日の平野よし君とのエース争いに燃える川越選手会長の頑張りも見逃せませんでした。

060506-b.jpg

今日の実況放送で初めて知ったのですが、川越選手会長はこの日の登板まで規定投球回数に達しています(38回・1/3)が、その中で与えた四球は僅かに3個だということでした。

投球回数に違いはありますが、ホークスのエース・カズミさんは21個、WBCのMVP・松坂さんでも10個、川越会長に次ぐのは現在パ最多勝の渚さん、直行さん、康友さんの8個ですから、いかに飛び抜けているかがわかっていただけると思います。

ちなみに、平野よし君は10個、デビちゃんは9個でした。

無駄な四球から痛打・・・。そんな悪い先入観を持っていましたので、この記録を見た時は愕然としました。

今年の好調(と呼んでもいいですよね?)には、このような裏付けがあったのですね。

そこに着目が遅れたことは、大変失礼いたしました。

強風で有名な千葉マリン・スタジアムの今日の風は、昨日より更に強い風速12メートルを計測していましたので、各ピッチャーはコントロールをするのに大変苦労されていました。

川越会長も今日は珍しく3個の四球を与えてしまいましたが、それでも今シーズン通算6個はパリーグ規定投球回数クリアーの投手の中では最少です。

 投球回数6 被安打6 与四球3 奪三振0 失点0

マリンの風を知り尽くしているはずのマリーンズ先発の俊介さんですらコントロールに苦しみ、5回途中でまさかの7失点でノックアウトでしたからね。

本当に素晴らしいピッチングでした。

060506-k.jpg

これで再び平野よし君、デビちゃんとの「エースの称号」を懸けた争いに堂々と踏み止まりました。

また、チームにとっても昨日・今日と表ローテ同士のがっぷり四つの闘いに連勝したということは、今後の戦いにおいても非常に良い影響を与える結果になったと思います!

打線のヒーローは今日も目白押しです。写真のアップが大変で、嬉しい悲鳴を上げております(笑)

まずは先制点となる1点目。そして追加点の2点目2打席連続でタイムリーを放ちました。

今日は「よしともDAY」か!?と思わせた俺達のよしくん

060506-a.jpg

060506-c.jpg

昨日の猛打賞に続き、今日も2安打マルチ。気温と共に打率も急上昇!キタガーに次ぐチーム第2位の0.284になりました。

一昨年までの定位置である3割の定着へ向けて、更に打ちまくってほしいです!

3点目は、6回に俊介さんから2アウト満塁で押し出し四球をいただきました。厚く御礼を申し上げました。

そして迎えるバッターは、今日も1番がお気に入りのガルちゃんです。

フルスイングした打球はあれよあれよと風に乗り、センター大塚さんの頭上を越えました。

060506-f.jpg

走者一掃のタイムリー2ベースヒットとなり得点は一気に6対0になりました。

怒涛の攻撃は止まりません。

続く久々のスタメンに燃える村松様のバットから放たれた鋭い打球がライト線を襲い2塁からガルちゃんが還り7点目

060506-g.jpg

ここで俊介さんはマウンドを降りました。

060506-h.jpg

8回には、2打席連続となるタイムリーで8点目を叩き出してくれました。

村松様は、日頃のスタベンの鬱憤を晴らすかのように今日は猛打賞の大活躍でした。

昨日の栄二様といい、久し振りのスタメンであるにも拘わらず、いとも簡単に固め打ちができる技術と精神力には本当に頭が下がります。

現在は内・外野の控えとしての起用が続くこの2人は、Bsには欠かすことのできない貴重な戦力であることを私達ファンに絶対に忘れさせることがありあません

プロ中のプロですね!

8回はその村松様から始まり、3者連続タイムリーというダメ押しのダメ押しの攻撃がありました。

9点目キタガーが3塁戦を破る2ベースヒット!

060506-i.jpg

キタガーは、今日は2安打マルチ。あと一歩で3割復帰です。

そして続くノリキタガーと全く同じく3塁戦を破る2点タイムリー2ベースヒット!

060506-j.jpg

ノりも、よしくん同様に昨日の猛打賞に続き今日も2安打マルチ。ようやく本気でお目覚めでしょうか?

GWに入る頃には登録抹消が噂されていたことが信じられない連日の大活躍ですね!

もう「守備の人」とは言わせませんよね!

こうして大量11得点で勝利した訳ですが、この結果はたまたまではありませんでした・・・・・。

大きな代償が・・・

3回マリーンズの攻撃中でした・・・。この時点ではまだ序盤、2点でした。

四球で出した先頭バッター幸一さんを、大塚さんのショートゴロ併殺で2アウトランナー無し。

続く西岡さんはライト前にしぶとく運び、再びランナー1塁となり迎えるバッターはゴリ・今江さん・・・・。2アウトとはいえ、昨日のようにワンヒットで西岡さんはホームに還る危険性があるので気は抜けない場面でした。

今江さんが放った打球が高く打ちあがりました。内野フライです!ピンチを脱しました!

しかし、この強風でボールがどんどん、どんどん、1塁方向へ流されていきます・・・。

打球を追うのは、今日はセカンドのひらりんでした・・・・。

千葉マリンは、スカイマークのようにフールドシートがグランドにせり出しています。客席に入るかどうか、微妙なところでした

しかし、ひらりんは打球を追い続けます。

が、風は容赦なくひらりん落下点に入ることを許しません

ボールの落ち際には、更にスタンド寄りに流れていきます。

ひらりんにとっては、本能です。

3日前に、大阪ドームで左中間を痛烈に破らんとするイーグルス・礒部さんのライナーを、怪我をも恐れぬ決死のダイビングで見事キャッチするひらりんのスペシャル・スーパープレーを見たばかりです・・・。

そして今、まさにそのダイビングをここで!!!!

ボールは見事キャッチしました・・・・・。

しかし、フィールドシートの壁に頭から激突し、その場に倒れたままです!!!!

球場は騒然となりました。私も血の気が失せました。

それでもボールを離さないひらりん・・・。別の角度からスローで、そのプレーの一部始終を見終わったときは、涙が溢れてきました・・・。

足を動かしていたのが見えた時は、本当に嬉しかったです。それほど酷い激突の仕方でした

救急車で病院へと運ばれましたが、野球どころではないという雰囲気でした。しばらく情報がないので、気が気ではありませんでした・・・。

しかし、容赦なく試合は続きます。そして今日の激勝へと繋がりました。

残された選手達は、「平野の分まで・・・」という気持ちで戦った、とヒーローインタビューで川越会長は明かしてくれました。

今日の本当のMVPは、たった1つのファウルボールを命を懸けてキャッチした平野恵一選手であることは、誰の目にも明らかです!!。私達Bsファンの誇りです!

オリックス平野恵が負傷退場

・・・・・胸部、腰部、鼻骨部、両股関節部、右手首のレントゲン検査を受けた結果、「骨には異常なし」と診断された。・・・・・

不幸中の幸いでした・・・。試合への復帰など今はどうでもいいです。

1日も早くお怪我が癒えるよう今は心からお祈りするばかりです

決して無理なさらず、安心して完治までゆっくりと治療・休養してください。

今こそ選手層の厚いBs野手陣の本当の腕の見せ所です。ひらりんが身をもって示してくれた1球に対する執念に、何としても応えようではありませんか!

明日からの熱い戦いが、ひらりんへの最高の良薬となるように!

5月7日 対千葉ロッテ戦8回戦の予告先発投手は

Bs:オバちゃん@挨拶代わりの快投を!
M :小野晋吾さん@大好きな日曜日

明日が交流戦前の、パ・リーグ公式戦最終戦となります。

例え負けても5割は確保しましたが、ひらりんのためにも絶対に勝ってください!

オバちゃんにとっても来日初先発初登板の大切な日です。負けられない要素がいろいろと重なりましたが、今後を占う意味でも本当に重要なターニングポイントになるような予感がします。

ただ、お天気が心配ですが・・・・・。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

ひらりんが担架で搬出される時に、マリーンズファンからも巻き起こった「平野コール」の大合唱・・・。さすがはマリーンズ・サポーターです。ありがとうございました。私もかくありたい・・・心からそう思いました。


5月5日 対千葉ロッテ戦6回戦(千葉マリンS)

昨日、一昨日と昨年の最下位の東北楽天に不甲斐ない試合をしてホームのファンをがっかりさせた我がBs

一夜明けてビジターへ移ったとたんに今季最多安打・最多得点・最多得点差昨年の5冠(交流戦・パ・プレーオフ・ファーム日本選手権・日本シリーズ・アジアカップ)のマリーンズ相手の3連戦の緒戦に爆勝

行楽地へと向かう人達を尻目に2日間続けてドームに通い、1つも勝ち試合を見れなかった私は、もう爆笑するしかありませんでした・・・。

 Bs 10 - 1 M

打線の頑張りを振り返るのは後にして、今日のMVPはやはり「若きエース平野よし君の好投に尽きると思います。

060505-a.jpg

9回 被安打4 与四球3 奪三振8 失点1

千葉マリン独特の強風(今日は8メートル)を上手く利用した頭脳的なピッチングでした。

ここの風を知り尽くしているマリーンズのエース清水直幸さんにも堂々と投げ勝ちました。

また防御率が1.56に下がりました。これでパ・リーグトップに躍り出たのではないでしょうか?

前回の連敗ストップに続き、今日も連敗ストップ。本当に孝行息子が現れましたね!

あっ、今日は子供の日でした(笑)。

060505-m.jpg

新人王争いにまた大きく前進しました。インタビューの受け答えもだんだん上手になりましたね。風格が漂ってきたように思います。


それでは、本日の「真紅蒼の魂打線」を振り返りましょう。

子供の日というだけに大活躍でしたね、仰木チルドレン達が。

4月14日以来の今季2度目の二桁得点を記録しました。打ちも打ったり、今季最多の16安打で10得点でした。

得点帝国」のシャウトが続いたので、レフトスタンドのファンの喉の具合が心配になりました(笑)。

猛打賞は3人も

2本のタイムリーを含む3打点を挙げ、打率も2割の大台に乗せたノり

2点タイムリーを放った、久々のスタメンの栄二様

そして3番だけど0打点。でも2得点俺達のよしくんも久々の固め打ち。

そして共に2安打づつの仲良しコンビ・・・。

今日のサプライズでもあった1番DHガルちゃん、2番センター大西君の、有名な「オトコマエ・ブサイク」コンビでした。

共に2安打のうち、1本目は初の連続アーチでした。

ノリ・キヨの「マヨソース」コンビのアベックホームランより先を越してしまいましたね。

060505-f.jpg

パ・リーグ第2位タイとなる第6号でした。左ピッチャーからというのも価値が上がります。

060505-j.jpg

流石に左キラーです。今日は右の清水直さんからもヒットを放ち、左に替わったとたんにHR全て左からの第3号です。

オトコマエ・ブサイク」コンビは本当に仲良しです。HRと2ベースヒットを仲良く記録したと思ったら、9回にはこれも仲良くアベック連続三振でした(笑)。

ファンとしては、これからも仲良く打ちまくって、ノリ・キヨに次ぐ新しいコンビとして全国区でブレイクして欲しいですよね!

そしてもう一人、忘れてはならないのはノリと共に大不振にあえいで、中村監督様睡眠時間を奪ってきた、悩める大砲・ブランボー

5日間限定の昇格のはずでしたが、楽天3連戦では意外にもチーム最多の5安打を記録し最後の意地を見せてくれました。

そして今日、遂に出ました!行くぞここで、ホームラン!

060505-i.jpg

先の大阪ドームでは、余りの不振に球場スタッフにも名前を間違えられるくらいに舐められておりましたが、

060505-n.jpg

これで二度と間違えられることはないでしょう。

待ちに待った今季第1号でした。

再昇格後、目立つ左足の黄色いレガース。何かのおまじないでしょうか?ひらりんが着けているものと同じ黄色が眩しいです。

それとも、やはり交流戦が近付いてきたことが好調の原因なのでしょうか?

ブランボーにとっての魔法のキーワード「交流戦」。去年は打ちまくってくれましたからね。今年もそこに照準が合ってきたと理解してもいいですよね。

その他、村松様とマサヒロにもヒットが出ました。

大勝で浮かれる中で、あえて言わせていただきたいことが・・・。

一つ目です。事なきを得ましたが、今日は大西君とダカヒー送りバントのサインが出ましたが、どちらも1回目にファウル。2回目にはどちらも成功しましたが、最近は1回目で送りバントが成功したのを見たことがありません・・・。

流れが良くなるも悪くなるも、こういう小さなプレーを当たり前にできるか、できないかで決まるという部分も大きいので、しっかりと練習してほしいなーと思いました。

そして最後にもうひとつだけ。

これだけ大差の試合で若手の迎君や一輝を使わなければ、いつ使うのですか

もちろん代走と守備固め(?)で出場したのは知っています。あれ程大差が付いたのなら、もっと早めに出場させるチャンスはあったと思います。

こんな試合だからこそ、文字通り失敗を恐れないプレーができるのではと思うのですが・・・。

これ以上は、私は評論家ではないので差し控えたいと思いますが、中村監督様を心からお慕い申し上げておりますので、きっとわかっていただけるものと信じております。

ただし、一輝には是非とも2アウトランナー無しの場面の代打から、ということでお願いいたします(笑)。

060505-o.jpg

昨日作った借金は一夜にして完済。再び勝率5割に戻しました。

交流戦前の最後のパ・リーグ公式戦のカードです。取り敢えず明日勝って勝ち越しを決め、悪くとも勝率5割で交流戦に臨みたいものですね。

5月6日 対千葉ロッテ戦7回戦の予告先発投手は

Bs:川越会長@新人の子に負けるな!
M :渡辺俊介さん@世界のナベシュン様

遠征されている知り合いの4名の方は、しっかりとTV画面に映っておられました(笑)。

こんな試合を見られて、遠征の長旅の疲れも吹き飛んだのではないでしょうか?

本当に羨ましいです!

できれば「ブレービーの新ボード」とともに画面に映られることを秘かに期待しております。

明日も頑張ってくださいね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!

5月4日 対東北楽天戦8回戦(大阪D)

一昨日は1得点で完封勝ち。昨日も1得点。でも負け。

今日も9回2アウトまで1得点・・・。

幾らゴールデン・ウイーク(大型連休)とはいえ、打線はお休みが長すぎました。

9回2アウトになってようやく打線は目覚めたのですが、今度は投手陣がお休みに入ったようです。

苦労の末に5割に復帰したのに、東北楽天に負け越しを喫するとは・・・。

全くの想定外でした・・・・・


 Bs 4 - 5 E


今日は球場入りするまで球団のHPを見ておりませんでしたので、いきなりのサプライズが私を迎えてくれました。

昨日の帰り道、駅でガルちゃんと共に偶然遭遇したジェイソンが、守備練習に本来いるはずのライトにおりません。

まあ、DHの選手が守備練習を免除されるのはよくあることですが、ガルちゃんもいないとなると・・・・。

何となく不思議だなーと思っていますと、なにやら内野から妖しげなオーラが立ち込めているではありませんか!

それは、我が愛しの光尊様のオーラにどことなく色が似ているように思えます。

えっつ!早期復帰!?

いや、よく見ると背番号が二桁・・・・。

サプライズ!!!

060504-a.jpg

これは、光尊様ファンの私に、せめて光尊様の怪我で戦列離脱のショックを和らげて下さい、との中村監督様からの温かいお心遣いに違いありません。

ノり無理やりゴールンウイークに間に合わせましたが、キヨもいない、さらに光尊様もいないとなると、球団の営業面でのマイナスは計り知れませんからね・・・・(本当か?)

サーパスでは一輝よりも故障が癒えたマッキーの方が爆発的に打っていたので、次に内野手が上がってくるとしたら恐らくマッキーだろうと物凄ーーーく楽しみにしていたということは、あえて申し上げることは致しません。

Bsのプリンス・我らの一輝には、プチ光尊様と呼ばれる(誰に?)そのキャラクターで、港町神戸だけでなく、港町海浜幕張あたりでも嵐を巻き起こして欲しいものです。

ただし、一言だけお願い。

結果を期待せず、まずは使ってあげてくださいね!(爆)

明るい話題の反面、今から思えば昨日の出来事は・・・・。

「まあ、頑張ればいつかはいいこともあるぜ!オレだって去年の今頃はサーパス暮らしだったさ。でも、ミスター秀司のお蔭でキッカケを掴んだとたん、去年の大活躍さ!」

「それより梅田の地下にあるタチグイの串カツは美味いぜ!!」

と、ガルちゃんは、自己体験を語り聞かせて傷心のジェイソン君を慰めるために、昨日夕暮れの梅田の街へと消えたのですね・・・・。

今日は昨日約束してくれたホームランは見せてもらうことはできませんでしたが、仕事キッチリ1安打だけは私のために打ってくれましたので、更に胸が熱くなりました(胸板が厚く、ではありません)。

060503-a.jpg

ゴルシア 効果ですよね!?

試合は、無敗の男、イーグルス愛敬さんにノラリクラリとかわされ、4回にキタガーの左中間を深々と破り前述のガルちゃんを迎え入るタイムリー3ベースヒットで還した1点のみで9回2アウトまできてしまいました・・・。

9回2アウトランナー無しの時点で、6安打1得点でした。

対するイーグルスには、9回まで9安打5得点。

ただし、5得点のうちスカッと爽やかに取られた失点は、高須さんのタイムリーと鉄平さんの目の覚めるようなHRだけでした。

あとの3点は・・・エラー絡みで献上した3点でした。

この3点が、いや1点が痛かったです・・・。

先発は吉井組長でしたが、お天気を気にしなくてもよいドームでの2度目の先発でしたが、やはり登板間隔に問題があったのでしょうか?

060504-b.jpg

何故かリズムが悪く、ピッチングのリズムの悪さが守備に影響したのか、はたまた守備のリズムの悪さがピッチングに悪影響を与えたのかは不明でしたが、あれよあれよという間に、小刻みに失点を重ねました。

今季最短の4・2/3回 被安打5 与四球1 奪三振0 失点3 で、マウンドを降りました。

その後の投手リレーは、省吾のワンポイント火消し、6回・7回はハギー悪・2失点)と来て、8回からマウンドに上ったのは・・・・・

これもサプライズ!

060504-c.jpg

いよいよ、ハギーの背中を追いかける気でしょうか?

昨日先発、そして今日は敗戦処理連投・・・・。

スーパーマルチピッチャーへの道を歩み始めました。大丈夫でしょうか?

まっ、ええかー

昨日で打たれ足りなかったということか!?スタンドからは黄色い声援や涙色の声援が飛びかっていました。

しかし結果は流石マエカー。伊達にローテーションを張った男ではありません。

060504-d.jpg

交替直後に先頭のホセさんに猛打賞となる痛烈なセンター前ヒットを浴びたり、1塁ゴロをベースカバーが遅れて内野安打にしてしまうなどハプニングはありましたが、マサヒロいつものファインプレーに助けられるなどして、余裕で無失点に押さえ込み、9回の反撃に望みを繋げてくれました。

ガルちゃん1ゴロ、ノりピッチャーゴロ・・・・。

9回2アウトランナー無し。やはり愛敬さんの不敗神話は生きていました。あと一人でプロ初完投勝利というところまでやってきました。

誰もが最悪の連休を予感していました。

しかし、実はここからが本当の試合開始でした!

Bs伝統の「追い付かない程度の怒涛の攻撃」の始まりでした・・・。

5番 キタガー センター前ヒット 2アウト1塁
6番 よしくん レフト前ヒット 2アウト1・2塁
7番 ブランボーショートゴロ内野安打 2アウト満塁
8番 ダカヒー ライト前へ2点タイムリー! 2アウト1・2塁

愛敬さん、まさかの降板・・・。福盛さん緊急登板・・。

9番 マサヒロ 三遊間を破るタイムリー!  これで4対5の1点差
1番 ハヤカー 空振り三振

私の地元のヒーロー・愛敬さんのヒーローインタビューでの「やっちゃいました!」は微笑ましかったのですが、Bs投手陣が無駄な1点を「やっちゃわなければ奇跡の逆転サヨナラ!最高のゴールデン・ウイーク!となるところでしたが、そこまでは無理でした。

お蔭で観客も、少しはいい試合を見られた、という感覚になったようです。

しかしあのまま最終回も3者凡退で負けていたなら、グランドにゴミを投げ込む輩も続出したことでしょう・・・・。

それだけが救いでした。でも、明日に繋がる攻撃だと思いたいですね。

060504-e.jpg


5月5日 対千葉ロッテ戦6回戦の予告先発投手は

Bs:平野よし君@目指せ自身の連勝&チームの連敗ストップを!
M :清水直さん@エースでえーすよね?

明日は観戦仲間でもある3名の方々が千葉へと遠征されます。テレビでしっかりチェックしたいと思います!

私たちホームのファンにも届く、楽しいGWの思い出を作らせてください!

最後に、昨日今日と、またまた球場でたくさんの方々からお声をかけていただきました。いつもこのブログを楽しみにしていただいていると伺い、本当に嬉しく思います。

ありがとうございます!

今後ともよろしくお願い申し上げます!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!


5月3日 対東北楽天戦7回戦(大阪D)

昨日は完封勝ちしたものの得点は1点今日も1点・・・。

そう易々と勝てる訳がありません。

これからしばらく続くであろう貯金生活に胸をときめかせていたのも束の間、1夜にして勝率5割逆戻りです・・・。


 Bs 1 - 3 E


今日の先発は、ここのところいいピッチングを続けながら打線の援護なく勝ち星に恵まれない「悲劇のエースマエカーでした。

060503-b.jpg

ところが今日は、予想だにできなかった2回途中ノックアウトでまさかの早期降板・・・。

1・1/3回 被安打4 与四球4 奪三振1 失点2

2回途中で2点を失い、尚も1アウト満塁のピンチで早々と本やんにスイッチでした。

今年の昨日までのマエカーのピッチングの素晴らしさを支えてきたのダイエット効果とともに四球の少なさではないかと見ておりましたが、今日はコントロールが定まらず、2回途中にもかかわらず4つも出してしまいました。

魔法が切れたのか(笑)、中の人が変わったのか・・・・。

中の人が「戻った」というのが最も正解に近いようですね。

060503-c.jpg

こういう時にこそ、打線が爆発して2桁得点などでマエカーを大いに盛り立てて欲しかったのですが、今日はイーグルス投手陣の前にたった1得点、それもタイムリーなし、でした・・・。

山村さんは今日は素晴らしいピッチング!・・・だったのでしょうか?

結果はそうなりますが、ライトスタンドで見ている限りは凄みというものは感じられませんでしたので、いつでも打てるだろう・・・、そう思ってのんびりしているうちに気が付けば8回・・・。

そして慌てても時既に遅し

完敗という感じではなく、かといって惜しい試合という感じでもありませんでした・・・。

それくらい微妙な試合、に感じました。

今シーズンの中では屈指の、面白くない試合だったように感じました。

それでも良かった探しを無理やりに・・・。

まず、今日の少ないヒット(全6本)の中にあって、何とか浮上のきっかけを掴みたいノりは昨日に続いて2安打マルチ

060503-f.jpg

ところがその2本は、どちらも回の先頭打者としてのヒットでした。

多くのファンが望む、ランナーを還す打棒の覚醒に期待しています。

そして今シーズン初登板となったユウキは、まずまずのピッチングを見せてくれました。

060503-d.jpg

2回をパーフェクトに抑えてくれました。これからも登板は増えることでしょう。

僕達のひらりんは、今日も鳥になりました

3回。左中間を破ろうかという強烈な打球でした。

ひらりんは鳥のように空中を舞うかのようにダイビング!そして見事キャッチ!!

何気なくスーパープレーを見せてくれるひらりんらしいプレーでしたね!

明日も引き続き、よろしくお願い致します。

試合には直接関係ありませんが、先日のみっちぃ様たちの「ガルシアとの遭遇」事件は、本当に羨ましかったです。

数日後にスーパーでこんなものを発見!

060503-a.jpg
バニラクリームの「ゴルシア」

クリーム・ゴルシア

ネタ的にもそして肝心なお味のほうも、なかなかイケそうです。

そして今日、ガルちゃんホームランを期待して、ライトスタンドで観戦をともにさせていただいた方々にお披露目しましたところ、大受けでした(笑)。

何故か、いいことが起きる予感がしました!!!

しかし今日のガルちゃんはチャンスで四球を選んだものの、バットからは快音は聞かれませんでした・・・・。

試合にも負けてしまいました・・・。

そして、意気消沈で帰りの電車に乗ろうと駅のホームに上がった瞬間、信じられない光景が目の前に!

060503-e.jpg

いいことが起きました

一緒に乗り込んだ電車の中は、ガルちゃんのサイン会状態でした・・・。

そして乗り換えのために降りた大阪駅での別れ際。

遂に勇気をもって話しかけてみました・・・・。

※ 原文そのまま

 わたしPlease take it to the bridge for me tomorrow!」

 ガルちゃんオー!ワカリマシタ!ガンバリマース!

固い握手を交わし、別れました。

ガルちゃんは私にも「明日のホームラン」の約束をしてくれました。

彼は、約束は決して破らない陽気で熱いメキシカンです。

皆様も楽しみにしていてください!!


5月4日 対東北楽天戦8回戦の予告先発投手は

Bs:吉井組長@天気の心配はなし
E :愛敬さん@無敗の男@私の地元出身の隠れたヒーロー

前回のドームでの吉井組長のピッチングといえば、4月5日・・・。

大久保様が9回に3点差を追いつかれ、吉井組長の勝ち星を消してしまったあの試合以来となりますね・・・。

今度こそ、吉井組長の勝ち星を大久保様がキチンと守るという前回のリベンジを果たしてもらいたいと思います。

また、相手の愛敬さんは大久保様と同じ歳で社会人の松下電器時代の同僚でライバルでした。

私の住んでいる市の出身ですが、市内でも余り知られていません。

某在阪セの球団なら、今頃は地元の大応援団が作られていたのでしょうが・・・。

しかし、先日のホークス戦では見事なプロ初先発勝利を収め、今は「遅めの旬」を迎えているようです。

しかも、プロ入り以来今だ黒星が付いていない大変貴重な投手でもあります。

もう少しで日本記録にも手が届くところまで来ています。

それだけに明日の対戦はとても複雑です・・・?。

私は明日もドームへ行く予定です。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



5月2日 対東北楽天戦6回戦(大阪D)

投手戦なのか拙攻同士の攻防なのかは最後まで分からず仕舞いでしたが、勝利の女神はBsに微笑んでくれたようです。

これで3連勝

貯金も復活できました!順位もひとつ上がって4位になりました。

正直に言わせていただくとしたら、これほど簡単に再び貯金生活に戻れるとは思っていませんでした・・。


 Bs ① - 0 E


今日の勝利投手は先発のデビちゃんでした。

060502-b.jpg

調子は今ひとつだったように思います。

8回を投げて 被安打6 与四球3 奪三振4 失点0

3回以外は毎回ランナーを背負う苦しいピッチングが続きました。

しかしその都度イーグルスの拙い攻めに助けられ、結局最後まで無失点を守り抜いてくれました。

相手がイーグル以外のチームであったらと思うとゾッとします・・・。

しかし、デビちゃんの登板日はどう言う訳かいつも決まって打線が低調になります。

それでもキレずに我慢の投球を積み重ねてくれたデビちゃんに改めて惚れ直しました(笑)。

060502-g.jpg

3戦連続で先発投手に白星が付きましたね。

いい傾向です。

相手の一場君も若さ溢れるピッチングで終盤までBs打線を抑え込みました。

しかし、これも、こちらの拙攻によるところが大きかったのですが・・・。

まずは恒例の今日のサプライズなオーダーです。

060502-a.jpg

キヨに続いて1軍登録抹消か?という噂もありましたが、4番ノリが復活です。

キタガー4番がうまく機能していただけに、これが吉と出るか凶と出るか、緊張して見ておりました・・・。

そして光尊様降格で代って上がってきたのは、これも驚いてしまいましたがブランボー

噂によるとおばちゃん来日までの5日間限定企画らしいですが、間違いなく最終テストを兼ねたものでしょう。

昇格即スタメンでした・・・・。

今日は何と言ってもひらりんのプレーが、スムーズな勝ち試合の流れを澱ませることになってしまいました。

初回と5回の2度にわたって、先頭打者としてヒットで出塁した漢・塩Zを2度とも進めることに失敗し、得点のチャンスを悉く潰してしまいました。

また、2度にわたって本塁突入がタッチアウトとなる惜しいプレーも続いてしまいました。

060502-c.jpg

延長も覚悟し始めた8回にもこれと同じようなシーン(俺達のよしくんの浅目のセンターフライにキタガーが本塁へ突っ込む!)がデジャブーのように出現しましたが、3度目の正直今度はセーフ

060502-e.jpg

結局これが決勝の犠牲フライになりました。

しかし、得点の瞬間に乱舞する私の脳裏をかすめたのは・・・・

「クロスプレーで怪我してないか!?」

でした・・・・。2度あることは3度あるとも申します。

ノりも光尊様も、負傷したのは3塁コーチャーの松山コーチ黄金の右腕が超高速でぐるぐると回った時でしたからね。

でも、流石はキタガーです。5回の本塁憤死がうまい具合にリハーサルになっていたのでしょうね。

よく走ってくれました。中の人はハヤカーだったのでしょうか?お疲れ様でした。

あっ、そういえば話の流れで軽く流してしまいましたが、よしくんの勝利打点は今季初でしょうか?だとしたら、本当にお目出度いことです。

今日は久々に2安打マルチも記録しました。

060502-h.jpg

私以上に奥様と佳亮ちゃんがお喜びでしょう!おめでとうございます。

そして、復活にかけるノリとブランボーの2人と塩Z2安打マルチを記録しています。

そして勝利をも手にすることができました。今日の試合は、もしかしたらいろんな意味でターニングポイントとなる試合だったのかも知れませんね。

1点リードを守り、早く試合を終わらせるために、再び最終回のマウンドへは守護神・大久保様が向かいます。

いきなり先頭のホセさんをストレートで見逃し三振に斬ってとり、今日は劇場は無しかと思った直後に、続くケンシさんに猛打賞となる3本目のヒット・左越え2ベースヒットを許します・・・。

続くジャイアン・タケシさんのセンターフライで代走の森谷さんが3塁へ。

2アウト3塁。バッターは2安打しているおっきーさんに代えて雄二さん!

060502-d.jpg

ファウルで何度も粘られましたが、結局最後は伝家の宝刀・フォークで空振り三振!

大久保劇場は今日もハラハラ、ドキドキ。最後はビシッと決めても無表情。

いつもながら、しびれますね。いろんな意味で(笑)・・・・・。

大久保様にも連夜のセーブが付きました。7セーブ目です。

幸先よく、5月を白星でスタートすることができました。

5月3日 対東北楽天戦7回戦の予告先発投手は

Bs:マエカー@勝たせてあげたい!
E :山村さん@ドームのマウンドは久し振り?

マエカーデビちゃん同様に、登板する日は大概打線の援護は少ないです。

明日こそ大量点に守られて悠々と完投勝利というニュースを発信したいですね!

明日は私もドームへ行きます。

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に最高で驚きの第4位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!

本当にありがとうございます!


これからもよろしくお願い致します。多謝!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。