Bsとともに・・・
亡き仰木さんの遺志を引き継ぎ闘うオリックス Bsの毎日を、なまぬるいファンの立場で応援し、見守るBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OP戦最終戦レポ・・・続き

昨日は詳しくレポートができませんでしたので、続きをお届けしたいと思います。

オリックス清原「パに新しい風を」-心身ともに充実の21年目

開幕戦の舞台は所沢。プロ生活をスタートした思い出の地だ。「WBCで活躍してくれた選手の次は、僕らがパ・リーグにいい風を吹かせられるようにしたい」と活躍を誓った。

新生BsのOP戦が全て終わりました。

成績は、18試合で4勝11敗3分け 勝率2割6分7厘で第11位でした。が、東京ヤクルトの戦いによると最終的には最下位の可能性もあります。

前年優勝で翌年最下位・・・公式戦でも珍しいです。Bsファンの誰一人予想だにできなかったと思います。

敗戦数11・・・2桁の敗戦はBs以外にはありません(泣)

総得点63(第5位)、総失点98(ワースト1)、本塁打9(第9位)、盗塁14(第4位!)、打率0.255(第8位)、防御率4.81(ワースト2

楽天といい勝負ですが、負けているところもあります。

先発投手陣の整備と長打力不足の払拭という昨年終了時の課題は、お世辞にもレベルアップしたとはいえないOP戦でした・・・。

しかし、昨日の戦い方を見て希望を持てたことも事実です。

打線は12安打を放ち、4点しか取れなかったことはこの際置いておいて(笑)、どこからでも攻撃の起点ができることを実証してくれました。

HRの少なさは上位進出を目指すならば物足りないと思いますが、昨日は2盗塁(村松様とマサヒロ)がどちらも得点に結びつくなど足を絡めた点の取り方ができることを見せてくれました。

060322-e.jpg
気迫のヘッドスライディングでチームの闘志に火をつけてくれました

足を使った攻撃といえば、盗塁だけでなくスクイズもありましたしね(記録はひらりんの内野安打になりましたが)。今年はこってりどっぷりとしたノリキヨのマヨソース野球かな?と思っていましたが、意外とスマートにスピーディーに得点することもできることがわかりました。

できればこの路線、公式戦でも忘れないようにしてほしいと強く思います。

新たな野手として獲得した(損)が今のところHRを期待できないし、2軍スタートが決まりましたので昨年より飛躍的にHRが増えるとは考え難い状態です。ですので、新たな得点力を編み出した(笑)ことは評価したいです。

投手陣のうち先発はデビちゃんが既報のとおり、初回を除いては最高のピッチングを見せてくれたことは収穫です。とりあえず川越会長と共に2本柱は出来ると思(い)えます。

あとはピリッとしないサーフの出来と、今日2軍戦で5回1失点の吉井組長と5番手は誰なのか?平野よしくん?と6番手はマエカーで決まりなのかということと、ミッツーの回復具合とヒバゴンの処遇と先発左腕は誰も入れないのか・・・・くらいしか心配事は思い浮かびません(笑)。

リリーフ陣は、菊様と大久保様は、あまり心配していませんが、大輔@加藤と香ちゃんの不調が気になります。

昨年のように歌君とハギーが健在であれば言うことはないのですが、そうも行かない状況のようですね。特に歌君は出遅れが心配でしたが、昨日登板(3試合目・通算まだ5イニング)があったようです。1日も早い1軍復帰を待っています。

それまでは中山君に頑張ってもらいましょう。

2軍といえば高木君も1軍復帰に時間が掛かるのでしょうかねー。前半戦はずーっと無失点で頑張っていたのですがね。

泣いても笑っても開幕は土曜日にやってきます。ローテーションが決まらないと嘆いても、投げてもらわないといけません。でもローテーション6人が決まりませんね・・・。

迷ったら、かの仰木さんのように何人かを集めて「ビールの早飲み大会」でも開催すれば、かつて吉井組長がそこからサクセスストーリーを出発させたように、新たなスターが生まれるかも知れません。

そんな他愛もないことを思うくらい、若手先発投手不足が深刻です。

厚い厚い野手陣のレギュラー争いの中で、昨日のスタメンはある一つの答えだったような気がします。

外国人が入らない純国産打線は、破壊力には見た目欠けますが、欠けるのは見た目だけです(笑)。実際に助っ人と呼ばれる外国人選手に「助けて」もらう場面は去年から非常に少なかった訳ですし(ガルちゃんのアレはもちろん別ですよ)。

もちろんガルちゃんは帰ってきてくれて期待していますし、私は外国人選手排除論者ではありあません。要は、某讀賣のアノ選手のように契約か何だかわかりませんが、外国人というだけで2軍落ちさせられないというのでは、不調時に必ず周りからもファンからも不満が出ます。純粋な競争原理の許で争ってこそ平等なプロの世界だと思います。

それを示せたことと、ノリの元チームメイトであろうとも2軍落ちをさせることを示したことも評価したいです。(何が言いたい!?)

いや、本来そんなことよりも昨日の守備位置のことを言いたかったのです(笑)

懸案のセカンドは塩Z、センターにはひらりん、ライトに村松様という布陣。よしくんのレフトはスルーです。後半は必ず守備固めで誰かと替わりそうですし。

この守備は昨日はバッチリ当たりました。お伝えしたように、ひらりんは超々スーパーキャッチを披露してくれましたし、塩Zも「あんなに上手かったっけ?」と思わず唸るくらいの2度に渡るファインプレーを見せてくれました。

060322-d.jpg
瞬間はもちろん撮れませんでした。ビジョンの「えびぞり」映像でどうぞ。

マサヒロ同じくファインプレーを何度もしていたのに、もう慣れてしまって(笑)・・・申し訳ない思いで一杯です。もう、安心しきってます。頼り切っています。

これと同時に、1番塩Z、7番村松様・・・・。入れ替えても全然OKですが、塩Zの驚異的高打率で出塁を期待しての起用でしょう。現在は村松様も打率が低くないのですが、村松様、マサヒロと続く足のある下位打線も魅力的でした。

そうなると・・・・・・・

そうですあの方が・・・・・

実は私が名古屋に行っていた日曜日の横浜戦。ホテルのPCだったので落ち着いてじっくり見なかったので見落としていました。

  遊 阿部真 → 後藤

目を疑いましたが事実でした。首になった筈のショートに遂に帰ってきました。

中村監督様に「守備は全く問題ない」と言わしめた守備力を、開幕が近づいたことで昨年の開幕オーダーを確認したかったのでしょうか?再びショートへコンバートということなのでしょうか?

ということは、2塁でレギュラー構想は一気に崩れ去り、マサヒロの守備固めならぬ守備緩めとしての起用が決まったということなのでしょうか?

と思っていましたら・・・・

一昨日の千葉ロッテ戦では

  二 平野 → 後藤

また目を疑いましたが事実でした。二塁は首ではなかったのですね!すぐに定位置へと帰ってきました。

と思っていましたら・・・・・

試合前の練習風景です。

060322-a.jpg
最初はマサヒロと一緒に・・・

060322-b.jpg
途中からはノリと一緒・・・

中村監督様は、彼をどうしたいのでしょうか?ありとあらゆる可能性を試して、1パーセントでも出場機会がありそうな守備位置を血眼で捜し求めているように見えます。大きな愛情を感じます

まだ試していないところ、たとえばレフトとか・・・もついでに練習させていただければ、私は嬉しいです(笑)。もしくはピッチャー

キヨにとってもチームにとっても「終わりよければ全て良し」でしたね。

打って走って、という元気な姿を再び見せてくれました。怪我なく頑張ってほしいです。

060322-c.jpg
タイムリーの瞬間!

昨日はOP戦最終戦ということで、1軍の全選手・スタッフが整列してファンに挨拶をしてくれました。写真が小さくてわかりにくいと思いますが、キヨは私たちライトスタンドのファンに向かって高々と拳を突き上げてくれました。

060322-f.jpg

060322-g.jpg


OP戦の結果は芳しくはありませんでしたが、土曜日からは横一線。全チーム一斉に「よーいドン!」です。

新生Bsとして、パ・リーグに新しい風を、いや嵐を巻き起こしてほしいと心から願っています!

本当に待ち遠しいですね!

blogランキングというものに登録しています。
良かったら(1日1回クリックしていただければ嬉しいです!

こんな稚拙なブログではありますが、沢山の皆さんがクリックしていただいたおかげで、瞬間的に 最高で驚きの第5位! にランクさせていただいたこともありました。

毎日更新を続けていくうえでの大きなモチベーションとなっております!本当にありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。多謝!

~ お ま け ~

昨日の大阪ドームの内野指定席の様子です。上段内野と上段外野の自由席はほとんど満席に近い状態でしたので、この状態が凄く異様に映ります。ホームチームのファンとしては本当に残念でした、いや恥ずかしかったです。この状態を見て、球団には来年以降の何らかの改善を考えてほしいです・・・。

060322-h.jpg




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。